世間より我が家の周囲の紅葉は遅いんだろうか。
今更ですが、今日UPしないともう季節外れになりそうな勢いでクリスマス勢力が息を吹き返してるので(汗)

d0180447_12593758.jpg

うちの周囲はまだ、きれいなんですよ。

本当は昨日の記事にしようと思ってたのですが、あまりにテンパっていて座ってる時間すらなく、
美しいものと肉肉しいものが合体した記事になってしまいましたが・・・(しくしく)

ついに鹿が我が家にやってきたんですーーーーっ!足が2本とその他もろもろが(汗)

d0180447_13015118.jpg

どこのマタギだ!?って感じですが、都会のマンション暮らしですw一応言っとく。
パパが皮を剥ぐまではしてくれたので、そのあとは頑張りましが
右の状態(さらに血抜きの為に氷水に一晩漬けます)までいくのに2時間半!腰痛くなった(ぜーぜー)

12月頭の土曜日は息子も行こうかなって初めて興味を持ったので、2人で狩猟チームの待つ山へ行ったんです。
解禁になってから2回は空振り続きで、この日で3回目の猟。
なんと!鹿が3頭連れ立って息子とパパの方に走ってきたそうな。
息子はパパの邪魔にならないように瞬時にかがみ、パパが損傷少なく一発で仕留めて、チームとしても初金星。
鉄砲の破裂音の大きさに耳をふさぎながら、一瞬の出来事を目を丸くして見てた息子が一言
「アント・・・かっけーーーーー・・・」
それが嬉しかったなーって、後から思い出してパパが何度も言ってました。

すご~い。
ドラマのようだ(ますますパパが好きになるな、息子は。そして母また溝を開けられるんだ イジイジw)

その後なんと!夕方も一頭、パパが仕留めたそうで、この日は3歳のオスと1歳半のメス2頭。
息子は、早朝のチームミーティングに始まり、山入り、仕留めた後の解体も全部お手伝いできて
「すごかったーすごかったー」大興奮覚めやらぬままの週明けです。

しかしね、
この子がこんなに男臭い世界に邁進していくとは思わなかったなー。
周囲のちびっこがチャンバラやってても、見向きもしないで絵ばっかり描いてる子だったので。
ま、今も絵を描いているけれど。

ということで、日曜日も朝から肉は熟成作業、レバーなどは一刻も早く血抜きをしないといけなくててんやわんや。
下処理の要らない若いメスをチームの皆にさしあげたらしく、3才のオスが我が家にやってきたので、下処理必死(汗)
そして夕食は「シカの晩餐」でした。

d0180447_13021949.jpg

ハツの串焼き、にんにく味噌で。
美味い!!!

d0180447_13022777.jpg

レバーが難物。
一日中、氷水→水洗い→牛乳漬け→水洗い→牛乳漬け→水洗いして、軽く焼いてにんにくバターを絡めて食べました。
これは、こんなあっさりの食べ方じゃまだ臭みがあってダメだあ!!
にんにく醤油でしっかり焼くくらいすると美味しかったです。

その後、くさみ抜きをもうひと踏ん張り。
牛乳に浸けて→水洗い→血を絞り出し→水洗い→牛乳に2時間半漬けたら、におい抜けましたぜーぜー)もう夜中じゃ。
ここからレバーペースト作るためにハーブやワインで漬け込み。

d0180447_13023529.jpg

オスと言えど背身は柔らかくて癖がないので下処理いらないので、
パパがニンニクやハーブとで「ローストディア」を作ってくれました。

当初マスタードで食べる予定でしたが、美味しいんだけど
臭みもなく味もあっさりなのでマスタードじゃ鹿の味が負けちゃって。

d0180447_13024278.jpg

一番美味しかったのは、先日紹介したカリン羊羹と、粗塩をぱらりで。
スペインで、レアの牛肉と出てきたのを食べて、美味しくてびっくりした味なのです。肉と合うなー。
やっぱりヨーロッパ風に果物と組み合わせるのが、一番シカの旨味を邪魔せず持ち上げてくれることを再認識。

P.S.
サラダありましたからねー。
この写真だけだと、我が家肉しか食べてなく見えますがw


さて本日。

d0180447_13025240.jpg

レバーペースト用に仕込んだレバー。
今日は作らなきゃ。

d0180447_13025927.jpg

すぐに焼いて乾かした足の骨2本です。
電ノコでパパに切ってもらわねば。
クリスマスがあるから今年もあの作業、卵白使ってコンソメ作りましょうかね。


やっぱりジビエの季節になると忙しいなー(汗)がんばろ。
麹もまだ育ててますよー(あまり進展ないけど しくしく)



[PR]
by africaj | 2017-12-04 13:50 | ジビエ料理研究所 | Comments(2)

紅葉の時に絶対行ってみたいカフェがあるからと、友人家族と9月から約束して訪れたのは、
「さいどやま」だと思っていた再度山。
訪れて「ふたたびさん」と読むと初めて知った日曜日。

d0180447_15585932.jpg

広葉樹の森でした。
我が家の周りの山はほとんど針葉樹の植林で、あまり楽しいきのこも見つからないのですが、
ここは歩いていてすごく楽しい♡
きのこがいっぱいはえるというのが頷けます。
来年の10月はきのこ狩りね!
鬼が笑いそうな11ヶ月後の約束をかわしたりしてw

d0180447_15590541.jpg

気候の乱高下激しい今年だったけれど、フタを開けてみると紅葉の発色がキレイ。

上手に写真に収められなかったけれど、大きな白い椿の木が一本、咲き誇っていました。
赤いイメージの椿。
太いフェルトペンで描けそうな単純な花だなあと、さほど興味を持ったことがなかったのですが、
大木に咲く満開の白い椿はドキドキするほど幻想的で、魅了されてしまいました(感動)
ずーっと見ていたかった。

d0180447_15591067.jpg

あらゆる葉が暖かな色に姿を変えていました。
広葉樹の森が好きです。

d0180447_15592591.jpg

H.P.の四季折々の写真があまりに美しくてずっと行ってみたかった「鯰学舎(ねんがくしゃ)」。


ただ、情報が少なく金額はかなりお高い謎すぎるお店。
あれ!?はなれ家ってカフェがあるぞ!
でもカフェもいまいち情報が少ないので、どんなとこか興味津々で、
11時に現地集合ね!って友人家族と待ち合わせました。
歩いて5分の所に住んでいるのに、車でわざわざ遠くで待ち合わせするのもまた楽しいw

d0180447_16045817.jpg

なんだろう、この雑然とした空気。好きに何時間でもどうぞって構わない感じw
トランプ持ってくればよかった。
大貧民とかここでしたかったw
ってそそられる丸テーブル♪
テラスでは犬連れのお客さんがのんびり。ざっくばらんな雰囲気。

メニューにバターコーヒーなるものがあって、男衆がオーダーしたのに、
出てきたのは普通のコーヒー。
あら、ごめんなさい。間違っちゃった?
って、バターコーヒーの豆を持ってきてくれて匂いを嗅がせてくれて終わるw
コーヒーはそのまま。
これまたザクッとした対応(爆)

d0180447_15593794.jpg

奥に小さなレストランがあって、
そこからカレーと豚のポトフの2種類は運んできてくれるからカフェでも食べられるようになってました。

昭和の香りがする場所。
きのこ狩りにくる時はトランプも持ってまた来よう♪

d0180447_15595404.jpg


[PR]
by africaj | 2017-11-30 16:47 | おでかけ | Comments(0)