この家の主はフランチェスコと言いました。

子供たちは日本のアニメが大好きと聞いてたからNARUTOコスプレグッズさしあげたのです。
くみこさんにこれが何かを通訳してもらおうと
「これは木の葉隠れの里の額当てで3アイテムを3人で分けてもいいんだけれど、
一人で全部付けると『カカシ先生』になります。って言って言ってw」
くみこさん、この話題まったくわからずでえ?カカシ?聞き返してる間に、
「wooo!KAKASHIーSENSEI!♡」
通訳しなくても通じてたwやっぱりジャパニメーション強し(爆)

こちらにお邪魔したのは、実はチーズ作りを習うためでした。
今年はチーズをなんとしても家で作ろうと思っとるのです、私。

主のフランチェスコは畑をやりヤギを飼い、ソーセージ作リもチーズ作りも
家も家具も何から何まで手作りしちゃう人。
でもチーズ作りはお母さんにかなわないとかで、
本日はお母さんが先生フランチェスコ助手で教えてくれます(←マンマに素直な人w)

d0180447_23185996.jpg

まずは3Lの朝絞りの山羊の乳を35度になるまで温めてます。
この温度が非常に大事!って言われました。
でも、この人たちは温度計使わず鍋を触って温度を見るのですねえ。ハイジのおじいさんみたい♪

d0180447_23190590.jpg

これがチーズ作りに使う道具だそうです。
容器。うしの第四胃袋から摂った消化酵素(液体)。この家に代々伝わるチーズ作り棒☆

d0180447_23193203.jpg

ティースプーン1/3杯入れます。

d0180447_23193789.jpg

棒で混ぜまぜしたら、

d0180447_23194281.jpg

火を止めてフタをして、隣のコンロに移動させます。
コンロが熱を持ってて35度よりも上がってしまうので、移動させるのですって!
そして10分~15分休ませる。

おっ。チリチリと鈴の音。お山に行っていたヤギが次々戻ってきました♪



すごっ。このヤギ(鶏も)全部飼ってるそうな(ハイジだって2匹だったのに)。
どこ行ってたの?って尋ねたら、持ち山を毎日ヤギが好きに散歩に行って
程よく夕方帰ってくるのですって。うー自分の山・・・。



乳搾りさせてもらったりして。
最初上手くできなかったハイジのイメージがあったけど、あらら簡単ではないの。
そしてなんだか触り心地良くてなごむw
くみこさんの息子くん、ほら小学生でも案外簡単にできる!



あ、でもおばあちゃんがやると全然違う!プロすごし☆
最後の方のハイジは、きっとこのくらい上手になってたのだね~(って全てハイジ目線w)

d0180447_23234252.jpg

早く絞り終わってくんない?と言われてるよーなw

d0180447_23234918.jpg

みんなで絞ったお乳、いざっ!
布で漉すくらいのダイレクトミルクです♪まだ温かい♡
慣れない人だとヤギ臭く感じるものでしょうか。
私スペインでこんなミルク何度も飲んでるからかヤギ臭いって普通の感覚が
わからなくてすみません。美味しいです♪


さてさて。
15分以上いやきっと40分位たってる気がしますが、チーズのその後。
フタを開けてみると~・・・あ、固まってなかった!
だ、大丈夫なのかなってドキドキ見てると、
おばあちゃん、落ち着いて
「そんな時はちょっと沸かしてもうちょっと消化酵素を足す」ってw

d0180447_23241969.jpg

そうか、固まらなかったらもう一度リベンジで後から足してもOKか。それは気楽。

また15分後見てみる。おっ固まってるよーな?

d0180447_23240549.jpg

木の混ぜ棒をゆっくり刺してみると、ほら乳が固まっていて切れてる感じ。
これで棒を手放してそのまま立ってるなら出来上がりだそうです。
ドキドキ。

d0180447_23241122.jpg
ああっ!
倒れてしまった。。。え?だめ?

「大丈夫。出来てるできてる」だそうです。
立つほど固まってなくてもチーズ作れるってわかる方が大事よねw

じゃあ、手早くばーっと混ぜてって言われて・・・

d0180447_23242874.jpg

グリグリ回すと、もうモロモロであるよ。これが下に沈むのをすこし待ちます。

d0180447_23243777.jpg

沈んだら鍋に両手を突っ込んで、固形物を手繰り寄せて丸くしていく。
この作業が楽しくそして難しい!(これ私の手です)
しかもこの作業が味の決め手になるんですって!緊張~(冷汗)
でもね引き寄せていくとくっついて水気が押し出されて一つの塊になっていくのです。
それを手で持てるくらいまでぎゅーっと固めてそーっと持って、容器に入れる!
残った固形物もまた固めてすくって上に乗せてを、なくなるまで全部やります。

写真ないけれど、その後に容器の中で指でモロモロに一旦崩して

d0180447_23245579.jpg

それから水を完全に出すように、上から押さえるのです。
この、もろもろと崩すのがちょっと驚いたことです。

d0180447_23250259.jpg

そしたら、一度方から出してひっくり返して、型に入れ直してまた水を絞りきる。

d0180447_23251680.jpg

塩をパラパラ振ってなじませていきます。
こちらがその時の動画。殺菌と味付け両方のためだそうな。



くみこさんが塩について解説してくれてます。
どれがイタリア語でどれが関西弁か全部ナチュラルに話してるでしょ(笑)

d0180447_23252321.jpg

左が容器に入れたてチーズで、右が水を絞って塩をすり込んだ完成形。
翌日から食べられて、冷暗所に置いて1、2ヶ月後に食べてもいいそうな。
☆長く置く場合は、雑菌を繁殖させないために
 一週間毎にリコッタを作った後の水で表面を洗うのだとか。


ふう。
チーズ作りはこれにて終了。
すくい終わったお鍋の液体で、続いてリコッタチーズを作ります。
それは次回の記事にて!

つづく~。
 


[PR]
by africaj | 2018-05-21 01:03 | おでかけスペイン+イタリア・2018 | Comments(2)

ただいま!

長旅から帰ってきました。
旅の最終日に腰を痛めてしまい、腰サポーターを急いで買って保護しながらだったので、
帰宅後腰を休めつつ横になったり起きたり・・・本日はかなり良くなって、ぎっくり腰まではいかずにほっ。
帰った日は、息子は友人と奈良へ茶摘みのアルバイト中。
息子は息子で、作ってきたお茶をいっぱいお土産に持ち帰ったので
今我が家は色んなマニアックな食材で溢れておりますw

さて、本日は簡単に冷凍鹿肉を使って赤ワイン煮とサラダとパンの夕食。

d0180447_23305784.jpg

前菜に、イタリア中部で買ったパルミジャーノ・レッジャーノ
13ヶ月、18ヶ月、24ヶ月、30ヶ月、40ヶ月、60ヶ月の食べ比べをしたのです。

d0180447_23310335.jpg

若いもんたち。13ヶ月はミルキー。18ヶ月は味の濃いチーズって感じで美味しいです♪

d0180447_23310760.jpg

24ヶ月でジャリジャリしてきました!ふむふむ、よく食べる美味いパルミジャーノだ。
30ヶ月で「うまーっ!」と家族みんながうなりましたwぐーんと旨味が増してるの!
自称「パルミジャーノおたく」のパパが、今まで食べてた中で一番美味しい♡と興奮するくらいっw

d0180447_23311301.jpg

40ヶ月はじゃりじゃりが増えてくるんですねえ。素直さがなくなってクセがでてきます。
60ヶ月はどんなに美味しいのかと期待したんですが、これはもう別物になってました。

旨味が強いけれど、ジャリジャリのボロボロでしっとりさがもうない。
熟成進みすぎて例えるならパエリアのお焦げ的?
美味しいけど、それだけでずっとは食ばる感じじゃないの。
すでに赤ワインとは合わなくて、チンザノとかとろっと甘いリキュールとあうような?
上にジャム乗せたりしたらよいのかも?そんな「素直じゃない味」でしたw

まだ色んなものを整理中&男所帯で家の中がくすんでるので今週は家の掃除!洗濯!
庭の野菜が全部花咲いちゃって大変なことになってるので(緑が綺麗だけどw)夏野菜の場所を整えねば(汗)
ですけれど、
インスタではせっせと旅行記を書き上げたので、こちらで総まとめしながら
今回の旅を綴っていこうと思います。しばらくお付き合いくださいませ。

では、イタリアの旅の途中からまた続けますね。


[PR]
by africaj | 2018-05-14 00:10 | 食べることの冒険 | Comments(10)

季節は巡り、イカナゴの解禁日が一昨日2月26日、昨年より9日も早くにやってきました!
去年は不漁と、稚魚を保護して次の年に期待って自主規制もあってお高かったので、炊くのを辞めた「くぎ煮」。
今年もお高い!今のところ1kg2000円くらい。
あーん、でもこれを食べないと春が来た気がしないです。
どうしようどうしよう・・・1kgだけ炊こうかな。

と、魚屋さんに行ってみたら、
交通事情任せでいつ来るかわからない輸送トラックを待って、もう一時間待ってる人々の行列が・・・(汗)
めげて本日は帰宅しました。
明日もう一度トライしますっ!(鼻息)


さて、11月末に漬けたたくあん。
1月15日に出してみて、まだ少し浅いかなって言ってたあれ。



2月に入って絶好調の旨さです♡

d0180447_16180736.jpg

やっぱり3ヶ月漬けとくのがいいんだなあ。
今回は砂糖の8割を干し柿と柿の皮で代用してみたんです。
夏に育ててた茄子の苗の直根を干したものも入れましたよ。
ウコン、昆布、唐辛子。
糠と塩。

マンションの植込み部分での大根育ては失敗したので、大山から送ってもらった大根。
今年は、先住植物を全部取り除いて、植込みを土中から改良して、もう一度トライしてみますよー!
絶対育つはず!マンションだってきっと。
これでダメなら、日当りイマイチってことを認めて、来年は諦めようw

d0180447_16181583.jpg

毎日毎日炊きたてご飯とたくあん。冷ご飯に刻みたくあんとほうじ茶でお茶漬け。
私の身体、たくあんで出来てるかも(あ、嘘ついちゃった。鹿肉でできてますw)


秋に、ネズミモチの丸薬を作った時に発見したことがあるんです。
ミキサーって大概のものを裏ごしした如く滑らかにしてしまうってこと。
で、
こしあんって裏ごししなきゃいけないって信じていたのですが、やってみたら、
ミキサーでできるじゃーんw

d0180447_16182021.jpg

簡単にウイーンでこし餡で来ちゃいました。
厳密に和菓子屋さんには怒られるのかもしれないけれど、家庭用だからこれでええやんね。

しかも、友人に食べてもらった感想が「こし餡って皮を取り除くせいで味が薄くなるせいか、
お砂糖しっかり入れないと物足りないものなのに、これって味が濃いね!」って。
そうなのです。
私、お砂糖3割りしか入れてないのに、美味しかったです。
これにちょっとごま油たらして、中華餡に♡
今週末、あんまん作ろ♪




[PR]
by africaj | 2018-02-28 16:41 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(7)

d0180447_14450103.jpg

塩麹と甘酒を仕込み中。
甘酒は炊飯器に、塩麹はヨーグルトメーカーに入れておけばいいだけなので放ったらかしですが。

甘酒はすごいなと思います。
飲み続けていると身体が冷えない。
肌もしっとり。
以前NHKの実験では、3週間で明らかに肌のキメが整ってました。
免疫力も高めるはず。

塩麹もすごい。
これは魚を漬け込むと5日たっても悪くならないのに驚きます。
肉の冷凍をほとんどしないのですが、鶏肉だけはします。
その時ジップロックに塩麹を重量の10%入れて軽く揉んでから冷凍すると、
美味しさが違うのにも驚きます。
これが全部、麹菌ががんばってることだと思うと、人間に効果的なのも頷けるというもの。

そして大事なのは「継続は力なり」。
生水を飲む習慣とともに、麹生活も私の「安上がり健康法人体実験」の二枚看板。
とりあえず結果は十年後に持ち越しw



絶賛、冷蔵庫収納見直し中です。

庫内って案外とデッドスペースが多いのをなんとかしたかったのです。
ネットで検索すると、いろんな片付けの方法があるし、
100均には便利なアイデアグッズが売られているし。
新型が来てまだ定位置が決まらない、使い方が定まってない「今」しかない!と頑張ってます。

ちまちまと「一日イチ整理」デッドスペースをバスター。
黙々とやってると、飽きるとそこでやめそうだから人目に晒して綴ろうかと。
皆のアイデアや目指したい画像をざっと検索しやすいので、「お片付けインスタ」はじめましたよーw
料理は載せない、家もしくは思考をキレイにしていく&猫をテーマに、黙々と綴っていこうと思ってます。


他の人みたいに素敵な写真まったく満載じゃないけれどw
1年でどのくらい収納の見直しができるか。できれば一日一つ改善していこって思ってます。
よろしければお知恵を貸しに、もしくは一緒にお宅の整理を始めに、遊びにお越しください♡

今までクイックルワイパーだったのを、新しくコードレスの掃除機を買ったら、
掃除時間が2/3に短縮されたのです。
30分なら10分、45分なら15分って僅かなのにたラクになりました!(驚)
小さなメモに書いていたものを、冷蔵庫の扉に書いてコントロールパネルのように使ったら、
二度手間がかなり減って驚いてます。嫌でも目に入ることが大事なんですねえ。

案外と気がついてないけど、もっと変えられる、変われるのかなって思うと
気持ちが華やぎます♡
って、自分がデッドスペースだったって整理されちゃったりして(冷汗)
いやいや、そんな「チャーリーとチョコレート工場」みたいなんは無しでw
変わった自分はきっと今よりいい感じになれそうでしょう?
トライトライ♪なのです☆


[PR]
by africaj | 2018-02-01 16:22 | わたしの時間 | Comments(6)

実は今日、冷蔵庫が届くんです(わくわく)
年末に家出した事件で「冷蔵庫が小さいからドカンと来られると辛いんだーっ!」と訴えたことでw
本当言うとずーっと訴えていたんですが、勿体ないから棚上げだったんです。

帰国して初めてのマンションの一室はどこに冷蔵庫を置けばよいのかわからないようなキッチンで。
小さな部屋にキッチンと食卓とサロンがぎゅっとくっついてたので、
圧迫感がなくて開閉にスペースを取らなくてモーター音が小さいこと第一優先。
大きくても375Lまで。機能より置けるもので選びました。
息子が7歳の時のこと。

その後スポーツクラブに入ったので、夏に大きなペットボトルを凍らしたいのにスペースがない。
まあ、割高だけどコンビニで冷凍ものを買えばいいか。

夏は冷たいものが飲みたいけれど、麦茶を作るとビールが冷やせない。
麦茶は作らない もしくは ビールは飲む1時間前に冷凍庫で冷やす・・・とか。
冷凍うどんの買い置きは諦めライフ。

引っ越してスーパーが遠くなったので、なるべくまとめ買いするようになったけれど、
引越し先の方が冷蔵庫スペースが少し余裕出たので「大きいの欲しい!」と訴え始めたんですが、
勿体ないって結論にw

息子が成長期に入る&パパが晩酌をするようになる&パパも息子もお弁当を持っていくようになる
そういうことで、買いもので持ち帰る買いもの袋の数が最初2個だったのが常に4,5個に増えて。
お酒の瓶を冷やす時は他のものはマス取りゲームのように動かすか牛乳を買い控えるとか。

そのうち自給自足を目指し始めたきっかけは、
消費税が三党合意で8%、すぐに10%に引き上げと決まったからw
買うしか選択肢がないって、されるがままに従うしかないのか!?それって恐ろしすぎるってね。

まずは、旬の時に買いだめしての保存食作りから。
瓶詰めで常温保存を模索始めたら、微生物の発酵って方向に突っ走り始めた私です。
畑を借りて自分で野菜を作り始めたら、いっときにドカンと収穫なので保存食作りが連日続いて辛いではないかっ!
今日はおやすみ~って仮置きできる大きい冷蔵庫が欲しくなって、また買い替え運動を起こすも、あえなく撃沈ですw

さらに進んで、パパが狩猟免許を取ると元旦の計で発表し、その秋にはジビエがやってくる家になったわけです。
最初は喜んでましたが、いつ捕れるかわからない上に捕れるとすごい量持ち帰ってくるって、
いつも通り食材買ってると、ジビエが入らない事態になるので、徹夜で冷蔵庫の中身を料理してスペースを空けることになり。
だんだんと冬は常にジビエが入る用スペースを作るようになって慣れてきたら、
骨付きで1週間3℃以下で熟成させた方が美味しいとか色々研究を始めちゃって、やっぱり冷蔵庫大きいのがほしい!!

この前みたいに足4本とか来ると、どんなに頑張っても足2本分しか入らないよ~(滝涙)
わーん、ちょっとはこの、入れなきゃ腐るのに入らないって気苦労に気づきやがれ!
って、ついに家出と(爆)


もうダメだ!
いや、大きな冷蔵庫でこの状況が救われるなら
新しいのに買い換えるかって珍しく話が進んできて振り返ると、
なんだ、冷蔵庫寿命10年きっちり使い切ってましたw
そういえば最近、妙に野菜がしなびる気がしたのだよ。

できるだけ大きいのを♡ってスペースの寸法を測ったら、475Lが限界でした。
しかし売り場を見に行って仰天ですよ。
気がつけば時代は、粉類もお米も冷蔵庫で保管を勧めるようになって、作りおきが大流行。
それに合わせて冷蔵庫の主流は500L以上なの。
475Lの選択肢がえ、みっつ??Panasonicはうちの家に合う寸法出てないとか言われちゃって、えーーー!?
日本のおうちってそんなに広くなってない気がするんだけど、台所だけ大きくなってるんだろうか??

でもね、
息子が17才。
あと数年でいなくなると、そのあと冷蔵庫ってそんなに大きいのいらなくなるかなあとか
そういうことも考えて、買い替えタイミングとしては息子12才くらいで大型にして、その10年後に小型にするのが
良かったんだろうなあなどなど、理想を言うとそんなことに気がついたのでありました。

しかし現物を見ると、大型になって機能も進化してるのに、消費電力が格段に安くなっててびーっくり!!
じゃあ、別に2人の生活になっても冷蔵庫を小型にする必要ないのかなw


ってことで、新しい大きな冷蔵庫がくるってんで、
昨日からどうやって整理しようかわくわくと勉強中なのでした♡わーい♪



からすみの君に「生からすみ」の作り方を教えていただいたので、年末にひと腹だけ作ってみました。
普通は塩漬けにして水を出すところ、塩麹に漬け込む「生からすみ」。

d0180447_09132923.jpg


菜の花の生からすみ和えを作ってみました。
生からすみは食べる前に追い塩麹して。

d0180447_09133895.jpg

カラスミの塩気と塩麹の甘みが菜の花の美味しさを持ち上げてくれて、お・い・し~♡♡♡
これはいい肴ですわあ(感動)

菜の花ね、いつもと変わらない値段でした。
他の野菜が高騰してるから、安く感じるくらいで不思議w

d0180447_09135610.jpg

お餅を焼いたら、あ!ミッキーだ♡

d0180447_09140444.jpg

うふふ。美味しかったです♡

無病息災でありますように。


[PR]
by africaj | 2018-01-16 10:39 | うちごはん | Comments(3)

本日は「かがみ開き」の日。
あずきを煮る日です♪

d0180447_12591521.jpg


家にあった小豆をかき集めたら500gありました。
新物じゃないから色にばらつきがあるけれど、家庭用だから問題なしさ♪
今年一掃して、新物を買おう。
最初に渋抜き。
古い時は渋抜き2回しっかり。
ストーブがあればその後コトコト煮られるけれど、ガスなので1時間弱火で煮てあく取ってから
火から下ろして蓋して3時間ほどキルトにくるんでます。
半分はあんこ用に冷凍。半分は今日のおぜんざいに。

隣のガスコンロで、お節に入れた蛸のやわらか煮の残り汁で、切り干し大根をコトコト。
夕ご飯は粕に漬けておいたブリを焼こう。
今日は作るもの全部が茶色い日ですw

d0180447_12592482.jpg

11月末に漬けたたくあん。
外に樽を置いているので寒くて延ばし延ばしにしてたお味見ですが、
あちこちでたくあんの話題を見かけるおかげで意を決して取り出してみましたよ~。
今年は塩を4%弱にしたので、若い漬かり具合でも塩抜きしないで食べられる感じ。
うんうん、母が漬けたたくあんはこんな出だしの味だったはず。
そして「たくあん美味しくなった~♡」って驚く味になっている頃にはもう無くなりかけだったw
そう思うと、2月頭くらいまで待ったほうが良さそうですよね。




野菜が高い!
って去年もこの時期に言った気がします。
去年は庭端で黒キャベツを育てていて、あまり煽りを食わなかったのですが。

d0180447_12593106.jpg

今年は、予定していた白菜は↑巻かないまま成長も止まってるし(涙)
フェンネルも株が太らないで終わりそう。
唯一、適当に撒いた春菊が雑草のようには生い茂っていて、軽く見てたんですが、
先日スーパーで春菊すらお高いのを見てから宝の山に見えてきましたw
無肥料だからか、「大葉春菊」って品種だからか、癖が少なく甘みが強いので
鍋物や汁の実以外に、サラダにもおひたしにも美味しく食べてます。

育てるのが苦手の人もね、春菊は半日陰でも植木鉢でもどこでも逞しく育つのでオススメですよー!
だって、来年のこの時期も絶対「野菜が高すぎる!」って言ってると思うのでw(←思い起こせば毎年同じ)


[PR]
by africaj | 2018-01-15 15:18 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

バリっとクープが開くと、やはり気持ちがいい♪

d0180447_22173563.jpg


冬場のパン作りが一番好きです。
ゆっくりゆっくり発酵するので、小麦粉がしっかり分解されて旨味がぐーんと増して、
そのままをおやつに食べて美味しい。
そういえば先日2才になる子が遊びに来た時、このパンが気に入ってこればかり食べ続けてたんです。
赤ちゃんの舌は正直だから嬉しくなりました。
小麦粉を食べて育つサワー種を、生水に塩と粉(小麦粉と全粒粉とそば粉とライ麦入り)だけで焼くパン。
気分でヒマワリの種やくるみを入れるけれど、
パンの味はすべて微生物の作り出す酸味と旨味と甘味だから、すごく自然に舌に馴染みます。

焼きたてはたまらない香りだけれど、一日置いたほうがさらに旨味が増す。
ずーっとカンパーニュだけを焼き続けて3年が終わろうとしてます。


これは、暮れに仕込んだカラスミ。

d0180447_22174119.jpg

年末仕込んで寒風にさらして2週間。
作りたてのカラスミはしっとりねっとり、そのままスライスで食べるのが何より美味しいのです♡
続いて焼き餅に挟んで食べてみました。
うわぁ、カラスミの塩気でお餅が甘く美味しい~~~♡
翌日はカラスミおにぎりでw
手作りするとほんとに安く出来ちゃうので、止められません♪


これは年末に干し上がった干し柿。
いっぱい作ったので、半分は「柚子巻き柿」を作ることにしましたよ。

d0180447_22174734.jpg

これで6個。巻き簾にラップしてから2✕3で種取って開いた干し柿置いてます。

d0180447_22175143.jpg

柚子皮をたっぷりとこんな風に置いて・・・

d0180447_22175615.jpg

ギューギュー詰めてしっかり巻きます。
ラップでさらにぎゅーっと巻いて端をキャンディーみたいに捻って、ジップロックに入れたら冷凍。
このまま数ヶ月置いて、寒風に晒したのと同じ状況で冷凍して糖の粉をふくのを待とうと思います。
私は冷凍に数ヶ月置いて粉を吹かせたんですが、検索すると「冷凍してから冷蔵して1週間待つと粉が吹く」とあるので、
そっちの方が早いのかも。
他の干し柿で試してみますね♪

干し柿に柚子が加わると、甘さを引き締めて美味しいのですよ~。
こうして巻いたものは、薄切りにしてお茶請けに♪

d0180447_22180692.jpg

本日1月6日は、東方の三博士が星を頼りにイエスの馬小屋に到着した日。
スペインは今日でお正月気分が終わるのでした。

日本は明日が七草粥。
それから、うちは10日えびすに正月飾りを燃やしに行きます。
15日のどんど焼きに燃やしに行く家も多いでしょうね。
我が家はだから、11日の鏡開きにおぜんざい食べて、お正月行事は終了。
楽しいけどイベント多すぎる年明けですよねw


[PR]
by africaj | 2018-01-06 23:16 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

今年中に書いておきたいことも、心残りにならないように記事に。

カラスミの作り方を教えていただいたblogの友人「カラスミの君」から届いた玉手箱。

d0180447_22490164.jpg

より海老というらしい、地物の海老を旦那さまと剥いてたくさん作られたという
海老の佃煮のおすそ分けが、お人柄を感じるしみじみな美味しさ。じーん。

d0180447_22482893.jpg

剥いた海老の殻を焼いて作られた「えび粉」。
この丁寧な手仕事が好きです。
えび粉は、トムヤムクンやエビカレーを作る時に活躍するのですが、
はたと、揚げ餅に海老塩を振ったら「超贅沢かっぱえびせん」?等とアホなこと思ってるafricaですw(←でも、やる気)

カラスミもいただき、ありがたく年末に堪能中。
さすが、安定の美味しさ♡(感謝)


私のからすみはと言うと、
クリスマスが終わってから干し始めました。
手作りならではで、あまり硬くせずにいただくのが好きとはいえ、出来上がりは年明け。

d0180447_22493801.jpg

一晩お酒に浸けて塩抜き完了した状態です。
ここから干していくと、もっと色が濃くなってきます。
時間をかけての熟成物は食べるまでの変化も楽しみですよね♪

さて、8月に作った奈良漬けも食べ始めています。


黒瓜、カワズ瓜、白瓜を漬けたわけですが、どうなったか?
柔らかかった黒瓜は、浸かるのも一番早くて、10月くらいに食べちゃいましたw
期待ほどパリパリしてないけど思ったより柔らかくなくて、とても美味しく食べました♪

d0180447_22495555.jpg

残りが左が白瓜、右がカワズ瓜。

d0180447_22500473.jpg

すでに透明感が出て美味しそうです。
お店はこれをまた新たな漬け床に移し替えるのだそうです。
するともっと飴色になるのかな。
私は容器の置き場所的にも粕的にも移し替えまで無理なので、このまま食べることに。

白瓜がとにかく美味しかったです!
カワズ瓜は、驚くことに少し酸味が出てました。
奈良漬けなのに酸味を感じた時は驚いて、発酵したのか傷んだのか?と思ったんですが、
白瓜は酸味がなかったので、瓜自体の味なのでしょうねえ!?

とてもとても美味しくて、男衆も美味い美味いと食べるし差し上げても驚くほど喜ばれるので、
来年はもっと漬けようと思いました♪
奈良漬けってきっと「甘い」から嫌いな人が多いのだなってわかりました。
家庭で漬けると甘さ控えめにできるのが、とにかく良いのです。


次に10月に作っていた柿酢。

11月末に漉したので、結果的に2ヶ月発酵させました。

d0180447_22501720.jpg

こんな感じになりましたよ♪
今年は大成功。

d0180447_22503982.jpg

いま我が家にあるお酢と味比べしてみると・・・
この、紅麹の「紅酢」に系統が似ていて、それでいてこんなにツンと来ない。
旨味が強くてほのかな甘みがあって、しっかりお酸ですがマイルドです。
このまま飲んで良し。
来年はもっと仕込もうと思います♪


ジビエ研究は延々と続いてますが、もう書ききれないので
年明けに。
続いて、他のことも年内に書いておきたいのですが、これから年越しそば。
間に合うかな?
でもご挨拶はその時までとっておきますー。
後ほど。

[PR]
by africaj | 2017-12-31 21:57 | 食べることの冒険 | Comments(2)

祭日は一人きり。

この三連休は地域のお祭でお神輿が出てます。
街中はてんやわんや。
一騒動終わってから買い物に行こうかな。

我が家は連休がないのです。
世の中がお休みの時はほとんどパパはお仕事。
昨日も今日も早起きして自転車で行くというので、私も早起きしてお弁当作りしましたよ。
続いて息子が映画館のアルバイトへ。
彼にはおにぎりを2つこさえてあげて。
朝はまだ早いし、私だけ休日を楽しみましょ♪

d0180447_14135365.jpg

朝の光の中で、勉強するのは大好きです。

d0180447_14140927.jpg

庭仕事して、蔓を絡ませていたヘクソカズラに実がついていたのを見つけて、
そう言えばくまたろうさんが実を描いて~と言ってたので、剪んでスケッチもしましたよ。
ちょっとだけ水彩の感覚がわかってきた気がします。とりあえず暇を見つけて描き続けます~。
学名はPaederia scandensと言うそうな。
やっぱり「悪臭」って意味なんですって。かわいそw

d0180447_14141861.jpg

あ!もいちゃんに盗まれたぁw

d0180447_14142866.jpg

山ほど貰った渋柿。
柔らかくなるまで置くと渋が抜けるので、スプーンですくって食べるとすごく甘くて美味しい♪
でも、一斉に柔らかくなられると食べきれなくて、半分は瓶に入れて柿酢にすることに。
糖分が多いので、あっという間にブクブクこんな状態です。
もうお酢の香り。
12月くらいまで熟成させたら漉します。
去年は11月末から作り始めたので、どうやら失敗しちゃって酸味の少ないただの酢になっちゃいました。
でも、上手に作れるとすごい旨味のある酢になるのです。今年は成功するでしょうか?

d0180447_14143587.jpg

こちらは、サワードウのなちゃ。
しばらく冷蔵庫にいてご飯も少なめで不元気だったので、常温で一日2回ご飯をあげて3日目。
泡が大きくふくふくした状態に戻りました。
ほんと、ものを言わないけれどわかりやすいですw

d0180447_14144242.jpg

ひまわりの種と胡桃入りのサワードウのカンパーニュ焼けました。

今日はこんな日。
これからトマトソースを煮て、明日用シチューを作って、買いものしてきます!
家族のいないお天気の休日もいいもんだなぁ♡



[PR]
by africaj | 2017-10-09 14:36 | わたしの時間 | Comments(6)

稲霊 と 栗ざんまい

友人が手伝っている畑に「稲霊」が降りたと喜んでいました。

d0180447_15000247.jpg


昔から、稲霊が現れるとその年のお米は豊作だとか、美味しいと言われてきたそうです。
現代では、稲の栄養を取ってしまう病原菌と嫌われるのだそうですが・・・。
これ、実は稲に付いた野生の麹菌なのですって。
「これで麹を作ってみたいのだけど、誰か欲しい人いますかー?」って尋ねていたので、「欲しい~」って手を挙げた私は
稲霊で起こした麹を欲しい~と言ったつもりだったんですが、

d0180447_14503605.jpg

まんまが送られてきたのでした(汗)
すっかり繁殖中w全部緑のもふもふになってますし~。

私、外国だからだとか、高額だからだとか、貴重だからだとかで「手に入りにくい」ものは作るけど、
味噌とか麹とか、まだまだ美味しいものが庶民値段で買えるものは「作らない」主義なのでw
(スペインでは味噌が貴重だったので作ってましたが、日本だと美味しい味噌買えるから作らないの)
麹を自分で作るとか、全くその気なかったもんで・・・今のところ全くの無知なのに、
いきなりハイレベルな話に突入してる予感(滝汗)

今月流石に忙しいので、温度管理の方法とか、麹の作り方とか勉強に費やして、
満を持して11月決行・・・してみようかな?
もし成功したら、せっかくだから野生麹菌でみりんとか味噌とか作る冬になるかもしれません。
猟の解禁と、麹作りと・・・この冬も忙しそうだ~。


こちら、あの「小布施」から届いた栗♡
去年は栗不作に泣きましたが、今年は買った栗もう6kg!

d0180447_14504322.jpg

ツヤッツヤ。
さっそく一晩水に浸してぇ。
半分は三度目の渋皮煮、少々を栗ご飯用、残りは茶巾絞りの栗きんとんにしようかと。

d0180447_14505377.jpg

栗剥きしながら食べてたのは、友人の手作り栗あんを栗クリームに仕立てて、
先日作った渋皮煮をトッピングした・・・モンブランと言うにはおこがましいので「マロンパイ」♪
すべてが甘さ控えめだから、優しい味っ。美味しい~♡

d0180447_14510029.jpg

小布施の栗は、蒸してほじって、裏ごし終了。
和三盆と炒り混ぜて・・・

続きは明日~w

[PR]
by africaj | 2017-10-03 15:39 | 食べることの冒険 | Comments(6)