ゆず大根を漬ける。 mamalife

今日は節分。
さっき恵方巻き食べて、豆まきしましたよー。
恵方に向かって祈り事して、太巻きにかぶりつく・・・ここまではいいんですが、
「無言で食べきる」って、これが年々苦痛になってきました。
我が家ってみんなおしゃべりなのか、無言で食べるこの面白くなさが辛くて。
しかも、太巻きって集中して食べてると半分くらいで嫌んなる。
今年は最初だけ立って恵方にお願い事してかぶりついたらOKってことで、
座っておしゃべりしながら食べましたw


すごく美味しいから作ってみてって、ゆず大根のレシピを教わったのです。
でもびっくりするほど砂糖が入ります。
売っている柚子大根も甘いですもんね。
千枚漬けを作りたいと思って調べたレシピも、同じほどお砂糖をかなり入れます。
今までも何度か作ったのですが砂糖を控えたせいで「ゆず入りただの大根漬け」だったのでw
今日は砂糖をきちんと入れて作ってみることにしました。

d0180447_23243350.jpg

千枚漬けとゆず入り大根、レシピを見比べると塩の量は同じ。
千枚漬けの方が酢の量が多く、砂糖の量も多い。
ゆず入り大根は酢が控えめで、砂糖の量はめっぽう多い。

漬け汁をちょっとずつ作って味比べしてみました。
うーん・・・どっちも甘い(汗)
普段お砂糖をほとんど使わないので、強烈過ぎました。
ベースからお砂糖を美味しいと思えるほどに少しずつ減らしていって、
酸っぱくない程度にさっぱりするまで酢を少しずつ足していって。

完成したレシピがこれです。

大根   300g
塩    8g
酢    20cc~22cc
砂糖   25g
柚子の皮


一度塩漬けするレシピもありますが、
これはそのまま、大根を調味液&柚子の中に入れて袋の空気を抜いて漬けておくだけ。

d0180447_23244668.jpg
半日経った浅漬け。
2日目さらに美味しい♪

柚子を昆布と鷹の爪に変えれば「千枚漬け」のレシピ♪
聖護院カブの時期なので、今年は漬けてみようかとこんなものまで買ってしまいました~(てへ)

d0180447_23244053.jpg

でかっ!
キャベツの千切りもできるって言うから、まあいいかw


休日のもいちゃん♡

d0180447_14454755.jpg

猫は和むなあ。

d0180447_14460728.jpg

冬の床暖は猫をダメにしますな。怠惰すぎ。人間もだけどw


[PR]
by africaj | 2018-02-03 23:20 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

本日は「かがみ開き」の日。
あずきを煮る日です♪

d0180447_12591521.jpg


家にあった小豆をかき集めたら500gありました。
新物じゃないから色にばらつきがあるけれど、家庭用だから問題なしさ♪
今年一掃して、新物を買おう。
最初に渋抜き。
古い時は渋抜き2回しっかり。
ストーブがあればその後コトコト煮られるけれど、ガスなので1時間弱火で煮てあく取ってから
火から下ろして蓋して3時間ほどキルトにくるんでます。
半分はあんこ用に冷凍。半分は今日のおぜんざいに。

隣のガスコンロで、お節に入れた蛸のやわらか煮の残り汁で、切り干し大根をコトコト。
夕ご飯は粕に漬けておいたブリを焼こう。
今日は作るもの全部が茶色い日ですw

d0180447_12592482.jpg

11月末に漬けたたくあん。
外に樽を置いているので寒くて延ばし延ばしにしてたお味見ですが、
あちこちでたくあんの話題を見かけるおかげで意を決して取り出してみましたよ~。
今年は塩を4%弱にしたので、若い漬かり具合でも塩抜きしないで食べられる感じ。
うんうん、母が漬けたたくあんはこんな出だしの味だったはず。
そして「たくあん美味しくなった~♡」って驚く味になっている頃にはもう無くなりかけだったw
そう思うと、2月頭くらいまで待ったほうが良さそうですよね。




野菜が高い!
って去年もこの時期に言った気がします。
去年は庭端で黒キャベツを育てていて、あまり煽りを食わなかったのですが。

d0180447_12593106.jpg

今年は、予定していた白菜は↑巻かないまま成長も止まってるし(涙)
フェンネルも株が太らないで終わりそう。
唯一、適当に撒いた春菊が雑草のようには生い茂っていて、軽く見てたんですが、
先日スーパーで春菊すらお高いのを見てから宝の山に見えてきましたw
無肥料だからか、「大葉春菊」って品種だからか、癖が少なく甘みが強いので
鍋物や汁の実以外に、サラダにもおひたしにも美味しく食べてます。

育てるのが苦手の人もね、春菊は半日陰でも植木鉢でもどこでも逞しく育つのでオススメですよー!
だって、来年のこの時期も絶対「野菜が高すぎる!」って言ってると思うのでw(←思い起こせば毎年同じ)


[PR]
by africaj | 2018-01-15 15:18 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

今年中に書いておきたいことも、心残りにならないように記事に。

カラスミの作り方を教えていただいたblogの友人「カラスミの君」から届いた玉手箱。

d0180447_22490164.jpg

より海老というらしい、地物の海老を旦那さまと剥いてたくさん作られたという
海老の佃煮のおすそ分けが、お人柄を感じるしみじみな美味しさ。じーん。

d0180447_22482893.jpg

剥いた海老の殻を焼いて作られた「えび粉」。
この丁寧な手仕事が好きです。
えび粉は、トムヤムクンやエビカレーを作る時に活躍するのですが、
はたと、揚げ餅に海老塩を振ったら「超贅沢かっぱえびせん」?等とアホなこと思ってるafricaですw(←でも、やる気)

カラスミもいただき、ありがたく年末に堪能中。
さすが、安定の美味しさ♡(感謝)


私のからすみはと言うと、
クリスマスが終わってから干し始めました。
手作りならではで、あまり硬くせずにいただくのが好きとはいえ、出来上がりは年明け。

d0180447_22493801.jpg

一晩お酒に浸けて塩抜き完了した状態です。
ここから干していくと、もっと色が濃くなってきます。
時間をかけての熟成物は食べるまでの変化も楽しみですよね♪

さて、8月に作った奈良漬けも食べ始めています。


黒瓜、カワズ瓜、白瓜を漬けたわけですが、どうなったか?
柔らかかった黒瓜は、浸かるのも一番早くて、10月くらいに食べちゃいましたw
期待ほどパリパリしてないけど思ったより柔らかくなくて、とても美味しく食べました♪

d0180447_22495555.jpg

残りが左が白瓜、右がカワズ瓜。

d0180447_22500473.jpg

すでに透明感が出て美味しそうです。
お店はこれをまた新たな漬け床に移し替えるのだそうです。
するともっと飴色になるのかな。
私は容器の置き場所的にも粕的にも移し替えまで無理なので、このまま食べることに。

白瓜がとにかく美味しかったです!
カワズ瓜は、驚くことに少し酸味が出てました。
奈良漬けなのに酸味を感じた時は驚いて、発酵したのか傷んだのか?と思ったんですが、
白瓜は酸味がなかったので、瓜自体の味なのでしょうねえ!?

とてもとても美味しくて、男衆も美味い美味いと食べるし差し上げても驚くほど喜ばれるので、
来年はもっと漬けようと思いました♪
奈良漬けってきっと「甘い」から嫌いな人が多いのだなってわかりました。
家庭で漬けると甘さ控えめにできるのが、とにかく良いのです。


次に10月に作っていた柿酢。

11月末に漉したので、結果的に2ヶ月発酵させました。

d0180447_22501720.jpg

こんな感じになりましたよ♪
今年は大成功。

d0180447_22503982.jpg

いま我が家にあるお酢と味比べしてみると・・・
この、紅麹の「紅酢」に系統が似ていて、それでいてこんなにツンと来ない。
旨味が強くてほのかな甘みがあって、しっかりお酸ですがマイルドです。
このまま飲んで良し。
来年はもっと仕込もうと思います♪


ジビエ研究は延々と続いてますが、もう書ききれないので
年明けに。
続いて、他のことも年内に書いておきたいのですが、これから年越しそば。
間に合うかな?
でもご挨拶はその時までとっておきますー。
後ほど。

[PR]
by africaj | 2017-12-31 21:57 | 食べることの冒険 | Comments(2)

先週の忙しさったら!
blog書けないどころか、パソコン開けることも出来ず。

水曜日は最後の畑の学校で岡山行ってました!ついに終了~。
とうとう2017年の猟期解禁だし。
色んな事がすべて集中した1週間。
これではいけないと反省したので、12月は入ってくる予定を最小限に留める努力中。


さて。

d0180447_14370269.jpg

干し大根が程よく萎びましたよー。
春までに食べきるつもりなので、「へ」の字に曲がるくらい干して塩軽めで。

d0180447_14375889.jpg

お米やさんにもらった糠に、塩、ザラメはほんの少し。

d0180447_14380655.jpg

ざらめを入れない代わりに、干した柿の皮を山ほど。
それから昆布に唐辛子。
今年は、旨味が出ると農家さんオススメの「茄子の根っこ」を干して刻んで入れてみました。
例年と味変わるかなあ?

d0180447_14381408.jpg

干した大根葉で隙間と上にしっかり詰めて出来上がり!

d0180447_14382168.jpg

さあ、七草粥くらいから食べられるようになるはず。たくあん恋しーっ!

3年目の正直です。
一昨年はレシピ通り作ったらしょっぱくて、塩抜きしたり3ヶ月ほど熟成させたり。
でも買えない美味しさに感動☆
去年は塩を控えたのに砂糖量は変えず、柿皮多かったせいで、
甘みが前に出ちゃって、後から塩水を足して調整をやり直したのでした。
最終的には美味しくできたんですが、一発で味を決めたいなと。


今年は好みの塩の量を割り出したつもりですが、浸かり具合はどうかわかるのは年明けです(ドキドキ)
塩抜き必要なく、かといって塩が薄くもなく・・・奥行きに甘みがあって渋い味。
自分の好きな味にどんぴしゃ・・・のはずなんだけどな。


さて。
台湾に行っている間の11月15日に猟期が解禁になりました。
そして、初の獲物は鴨!

d0180447_14392745.jpg
今回は友人宅に持っていって、長期滞在中のイタリア人に料理してもらったので、
それは次の記事にて。


今年はソーセージ詰める機械買おうかなあ。。。
フランス料理をもっと研究したいところですがどうでしょう。
またジビエ料理研究所、オープンです~♪


[PR]
by africaj | 2017-11-27 15:29 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(0)

今日は本当は人と映画を見に行くはずでした。
昨晩、どうする?待ち合わせは何時?というメッセージを入れたら、
「友人と私は直接現地に行くつもり」という返信に、?が100個くらい付きました。
その映画は、「この映画知ってる?見てみたかったの私。あなたも興味ありそうかと思って」って
数年ぶりに連絡が入ったその子に教えられた1日上映もので。
私はてっきり、誘われたんだと思ってたのでした。
映画は社会派ドキュメンタリーだったので、笑えるものじゃなさそうだし、
どっちでも良かったのだけれど、久しぶりに連絡くれたのが嬉しかったので、「じゃあ行くわ」って返事したのです。
その後ランチしようかって話てたはずだったのだけれど、映画のあと1時間後には別の用事が入ってると言われ。

私、今どんな状況に陥ってるのかしら?とかなり悩んで、
「私、誘ってくれたんだと思ってたわ。映画とあなたと会うことセットで行くことにしたのだけれど、
そうじゃないなら、この映画を見に1時間半かけて会場に行くほどには興味はないな。
あなたは、友人がいるなら私が取りやめても問題なさそうだし、明日は行くのをやめることにするね」
と返事をしました。

「それは気が付かなかった。悪いことしたわ。
あなたがこの映画に興味があるかと思って、ただオススメしたつもりだったの」って返事に、
やっぱりよく理解できませんでした。

自分が見てない映画を、誘うつもりはなく、ただオススメする世の中になったんだろうか?
最近、知人以上で友人未満という人とSNSで繋がることがものすごく多くて、そういう人達のシェア情報も山ほど来るし。
何度か会ってても友人になりきれない人のお誘いを、会うべきか会わぬべきか、
自分のことを思ってくれているのか、単に「イイね」の延長線上なのかわからなくていちいち悩んできたのですが、
断ると申し訳ないかなと思いやる以前の関係というのもあるのですね。

少し前の私は、この状況に悩みながら、ドタキャンは申し訳ないからと一応相手に合わせて行ってみて、
行かなきゃ良かったって凹んで帰ってましたが。
もしくは自分の思いを伝えようとメールのやり取りで最悪に終わるか。
最初から考え方が違う人と出会い繋がる事が増えてきたことに気づきました。
いや、努力したって無理。友達になる人は一度会うだけでもう、
友達スタートラインに一緒に立ってるものだもの。
自分がどうしたいかで決めて、
嫌なら行かない下手に気を使わないって深追いしない方が、
友だちになりきれてない関係とも上手に繋がっていける秘訣ですね。

これがわかるのに、長いことかかってしまいましたー。


その代わりに丸一日あいた日曜日。
お天気だー♪今日は大根と柿を干しましたよっ。

たくあんを漬けるようになってから、夏を過ぎると色々干し溜めするようになりましたw

d0180447_15274502.jpg

柿の皮は大事。
砂糖をできるだけ減らすのに、柿の皮をいーっぱい干します。
茄子の根っこが旨味を出すと聞いたので、株を引っこ抜いた時にきれいに洗って干しておきました。
リスの冬ごもりのように冬のたくあん漬けの準備。コツコツ干して溜まっていくと豊かな気持ちになりますね♡

d0180447_15275125.jpg

我が家のテラス大根はほぼ失敗なので、
漬物大根をちょうど買いに行くって人にお願いして、送ってもらいました。
岡山の人が鳥取の山に買いに行って、兵庫に送ってくれた旅してきた大根。ありがたや。
でも、自分で作らないと労力も送料も大変だなあと身に沁みたので、来年は方法を考えよう。

d0180447_15275825.jpg

パパが道の駅で買ってきてくれた干し柿用の渋柿♪

d0180447_15280344.jpg

朝からせっせと干しましたよ♡
大根葉の茎がボキボキで束ねて干すことができなかったから、こんな風。
への字に曲がるくらいまで干します♪

d0180447_15281016.jpg

渋柿剥くのに1時間かかって、焼酎に付けて紐にぶら下げてぇ(汗)

d0180447_15281623.jpg

柿の皮はたくあん用にしっかり干しますよー。

d0180447_15282360.jpg

作業が終わった頃にピンポーン♪
箱を開けたら、暖かそうな秋の色合い。
秋の収穫物って可愛い形が多いですね♡
今週は友人と2人で稲霊で野生の麹を育てる計画してるんです。
椿の灰が欲しい欲しいとあっちでもこっちでも言ってたら、畑の師匠がわざわざ灰を作って送ってくれました(感謝)

悲しい関係もありますが、
一緒に麹を育ててくれる友人や灰を送ってくれる師匠や、温かい関係に恵まれてることに、ほっ

うまく育てられるかドキドキの1週間になりそうですよ。


[PR]
by africaj | 2017-11-19 16:22 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

8月のはじまり。

暑い!
こんなに冷房を昼も夜もかけている夏は人生で初めてかもしれません。
とはいえ、冷房温度でパパは26度にしたい人。
私的には27度だとちょっと寒くて28度だとちょっと暑いって、そのくらい。
26度だと寒すぎて肩こっちゃうし足が冷たくてだるくなっちゃうのですが
ほんと家族で快適温度が違うってツライ~。
早く秋になって欲しいもんです(ため息)

d0180447_22175331.jpg


昨日の夜の続き。
ウリはこんな風にくり抜いた中に塩いっぱい詰めて水出ししてます。
今日は随分水が抜けてました。

d0180447_22182633.jpg

お弁当用にきゅうりのキューちゃんも作りました。
夏のお昼ごはんやお弁当は、お漬物大活躍ですからねえ。

d0180447_22181260.jpg
そうそう、育ててた4本のとうもろこし、収穫したらこーんなんでした(汗)
こんな実入りの悪いとうもろこしになったの、初めてです。
日当たりの悪さ、数が少ないと受粉の不十分になるし、狭い庭で育てるのはキツイのかなあ。
でも、実は甘いのですよー。大事にすり流しで味わって食べることにしますっ。

d0180447_22180544.jpg

雑草のスベリヒユです。
これ、サラダに炒め物に、茎を干して戻して食べるとゼンマイみたいになって万能野草。
わざわざ見つけてきた雑草を庭に移植したら、すごい元気に育ってますw
食べられるほど増えるのを期待☆

d0180447_22183439.jpg

お昼は、今年はじめてのかき氷を食べに行ってきました♡
甘酒パイナップルって、甘酒にパイナップルを漬け込んでなじませたものをミキサーにかけて
た~っぷりっかかってるのです。

あ~美味しかったっ。そして気持ちよく冷たくなりました♡
ごちそうさまでした。
も一回くらい食べに行きたいなー♪





[PR]
by africaj | 2017-08-01 22:56 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(0)

覚えてますか?
早春の時期に私がザー菜を収穫して塩漬けしていたことを。

d0180447_21210947.jpg

この冬、苗をもらってしまって、わからないながら育てたザー菜。

10度をキープしないと中国産のように瘤コブにならないという難しさですが、

それなりに漬けられそうなほど太ったので収穫したのが2月。


d0180447_21194939.jpg

それが、これ。

このクッソ暑さとは真逆の、寒い寒い零下近い畑が今は恋しいほどですw


少ない情報を頼りに、しょうがないからザー菜を漬けることにしたのですが(←わからなすぎて、やる気がわかない)


d0180447_21200835.jpg

d0180447_21202850.jpg

日付を見ると、2月23日に漬けるのスタートっ!

塩分濃度を3回に分けて上げていき、1ヶ月仮漬け。

その後3月には本漬けだったのに・・・タイ旅行に行ってしまいそのまま冷蔵庫に放置してました。。。


すっかりもう面倒で、

今まで眠ってもらってたのですが、夏の冷蔵庫のキャパオーバーで眠らせとくこともできなくなり、

昨日恐々引っ張り出してみました。

d0180447_21204410.jpg


すっかり半透明。

薄切りで食べてみると当然塩っぱいけれど、あのザー菜の味!

発酵が進んで、旨味が増していてこのままで十分美味しくて、びっくりしました。
なので頑張って本漬けしましたよー♪


d0180447_21205918.jpg
仮漬けの漬け汁に唐辛子やパプリカ、八角、花山椒、シナモンをゴリゴリして

漬け汁と合わせた真っ赤っ赤な汁を瓶に並々満たして・・・

d0180447_21384526.jpg

これからまた、年を越すまで常温で眠ってもらいます。

さて、ザー菜になるでしょうか?


(ザー菜の漬け方)

1)ザー菜は、外側がかなり木質化しているので剥いでしまい、

  8~10cmほどに切り分けて、太いものは半分に切って、3日ほどしっかり乾くように干す。

2)その後7%の塩水で塩漬けする。

3)10日後に5%の塩を足す。

4)10日後に最後の5%の塩を足す。

5)その10日後(私は4ヶ月後ですがw)に、本漬け。

(漬けていた塩水を適量とり、生姜と砂糖、唐辛子パウダー、パプリカパウダー、八角、シナモン、

  花山椒、をすり鉢ですって塩水と合わせ、塩水をぎゅーぎゅー搾ったザー菜を瓶に入れ直し、

  本漬け用液を満たす。

6)半年~一年漬ける。


最後にぎゅうぎゅう「搾る」ところから、「搾菜」という名前なのだとかw


参考にしたレシピはこちら。

唯一最初から工程をわかりやすく書いてあり、たすかりました~♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

タグを貼り付ける
[PR]
by africaj | 2017-07-18 22:17 | 食べることの冒険 | Comments(2)

人生の前半は、誰でも目で見えるもの、耳で聞こえる音、手で触れるものの中で暮らしてたなと思います。
今は、目を凝らさないと見えないもの、耳をそばだてて初めて聞こえる音、
感覚を研ぎ澄まさないと手で感じられないものが面白い。

私の子供の頃はまだまだ不便だったおかげで、それは普通に母も含め皆が自然とやっていたこと。
お金でなんでも買える「便利な毎日」の豊かな時代になったら、
お金で買うことしか考えなくなって、誰かの情報がないとわからなくなって、
自分の感覚で探す機会がなくなって、
自分では出来ないものプロセスを知らないものが増えてしまった暮らし。
知らぬ間にどんどん行動範囲が囲われ人が従順になってきている気がし、ちょっと驚いてるのですが
皆さんはそんな感覚ないですか?

でも毎日変わらず、
地球と周囲の星が動いてて、月と太陽の引力が作用して潮や地下水が満ち干きをしてる。
それに呼応して魚が産卵し、植物は根を張り、
虫も動物も全てがそれぞれの役割の中でつながっていて、四季があり自分がいる。
なのに実感がすぐ薄れてしまう。。。
近視眼的に人の中だけでものを考えて小さくまとめてる。

知らないだけ忘れちゃっただけで、きっと
ちゃんと思い出し知らないことも勉強すれば、自然の繋がりの中に戻れるはず。
「地に根を張る暮らし」を営めたらいいなと思いつつ、まだまだそこに至らないけれど、
いつの日か地に足を付けられたら、
もう研究はせず、自分の感じるまま四季折々繰り返す暮らしを始めたいです。そうなれたら素敵。

d0180447_15335806.jpg


なぜ調べて研究してるの?とよく聞かれますが、自分でもよくわからなかったんです。
調べないと先に進めないから研究してる。
でもどこへ進もうとしてるのかが自分でもはっきりしてませんでした。
毎日思うままにblogを書いていたら形がはっきりするかと去年からほぼ毎日更新していて、やっと向かってる方向が見えましたw
そしてこのblogって、私の成長記録なのだと気がつきました(笑)
はてさて、ちゃんと目的地にたどり着くでしょうか。


らっきょうを漬けましたよ。
去年多めに漬けたら、まだ食べ切らないので今年は1kgだけ。

d0180447_11575524.jpg

らっきょうって真珠色。きれいな白ですねえ。
らっきょうが終わったら次は梅仕事だ♪

d0180447_11581137.jpg

5種類のサラダリーフ、案外成長が遅い・・・と思ってたら、

d0180447_11582172.jpg


葉っぱをごぼう抜きして、きのこが育ってるーっ!?
これは食べられるんだろうか。。。
横にいるハチはなにしてるんだろうか、不思議な光景。
ハチ、昨日の夜からここから移動しないの。

p.s.
さっそく息子の友人キノコ博士から返信がw
「ナヨタケ」だそうな。
食べれるか?と聞いたら、
「キノコは食べられると分かっているもの以外は食べないのが鉄則」ですって。
ごもっともw

d0180447_11583318.jpg

去年の9月に種をまき12月に収穫してぬか漬けにした「たくあん」、
2月に食べてみて甘い!塩が足りなかった!と嘆いてましたが、試しに塩水を足して2ヶ月漬け込んでみましたら、
すっかり美味しくなってました。
失敗したと思った時に対処法がわかると、次から安心して作れますねっ。
美味しくてあっという間にあと2本。
今年も作りたいから、テラス栽培頑張ってみないと!


前日、鯛茶漬けにしたので、皮と頭や骨が残りました。
翌日はこれで2品。

d0180447_11584524.jpg

皮を酒塩に浸けてから、竹串に巻いて魚焼きグリルで炙って。
もちもち美味しくてみんな大好き♡

これとアボカドの梅あえ、新生姜の甘酢漬け、ひろうすと野菜の炊いたんで一杯やって。

d0180447_11585482.jpg
頭や骨は簡単に潮汁。
頭の鱗を綺麗にとってから湯に生姜や日本酒と共に。
最後に白髪ネギ。

山椒若葉と桜えびの新生姜釜飯と一緒に〆。

数年前よりも、
お金をあまりかけず、時間も手間もほどほどに料理の流れを上手に考えられるようになったのを感じます。
四季折々上手に作れるようになりたいですっ。


p.s.
息子のサワードウ9日目です!!!

d0180447_11590776.jpg

今日が静観最後の日です!
わかりますか?
水面に泡、下部の小麦粉部分は二層になってます。
最下部の小麦粉部分には気泡が目立つようになりました。
ピンク色した、上の小麦粉部分はサラサラしてます。

そして、フタを開ける時プシュッて言ったんですよー!なんとガスが発生してるっ(喜)

実は今朝、起きるのが遅い息子を待ちきれなくて開けちゃったんです。
観察しようと息子が開けた時はもうプシュって言わなくて「ダメじゃん」って怒られちゃいました。ごめ~ん(平謝)

d0180447_11591735.jpg
思ったほど産膜酵母はできてません。
匂いもシンナー臭が減って形容は難しいですがよい香り。不快じゃない香りっ♪
ここまでの作業ね、蓋をしっかり締める事が大事と書いてあったのです。
なぜか分からず調べたら、どうやら酵母菌が出す二酸化炭素で容器が満たされると防カビになるのですって。
ほんと、自然界はうまいことできてますねえ(感心)

プシュって言ったのは、酵母菌が糖を分解してアルコールと二酸化炭素に変えた証拠なのですよね。
小麦部分の気泡も二酸化炭素。
うんうん、うまくいってる♡


さて、ここまできたら8割成功ですが、まだ失敗の可能性もあるのですって。
明日から餌やりして、酵母菌と乳酸菌と酢酸菌だけの世界を作り上げていく作業らしい。
うーん、面白いぃぃ!
息子~、がんばれー(嬉)



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-08 16:41 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

d0180447_10110330.jpg

干したザー菜を塩水に漬けました。
徐々に塩分をあげなら発酵させていくらしいです。
美味しくできたら嬉しいけれど、どうでしょう。


2月ほとんど、パパとの2人暮らしでした。
彼が生まれて16年間、考えてみたらこんなに長い間居なかったことがないので、
どうなるかと思ったんですが、
一番変わったのは、外食が多くなったこと!
パパと2人で飲みに行ったり、
ショッピングや映画に行くことも増えて、帰りに串かつ摘んでいこーかって。
家帰ってあとはお茶漬け食べて寝ようかーってなるw
晩御飯作るの大変でしょ?軽く食べに行こーかとか。
食べたいものを注文して、食べて帰ると、
案外野菜が足りてなかったりするのに気が付きながら、まあいいかとかw

3人生活だと、「作んなきゃ」って思いこんでるフシがあるのかな?
外食でも「野菜摂らせなきゃ」「バランス考えなきゃ」って、二人が注文したものの
抜けてるものを私が注文する感じなので、私が食べたいものを頼むことも少ないかも。

パパがお休みと知ると、朝なかなか起きなかったりw
パパを残して、友達と飲みに行ったり、レイトショー観に行ったり。

なんという気楽な生活っ(笑)
ああ楽しかったw
そうだ元々こういう暮らしだったのが、息子が生まれて私頑張ったんでした。
子供と接する機会なんて皆無で同世代以上の中で生きてたから、
生まれた息子を抱っこした時が、何十年ぶりかで子供に触ったのでしたw

今夜息子が帰ってくるのです。
脱いだ「お母さん」コートどこに置いたっけな、ないぞないぞー(汗)




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-24 11:09 | 食べることの冒険 | Comments(6)

d0180447_11412720.jpg

ついにザー菜を収穫しましたっ!
売ってるザー菜の様には丸っこく瘤にはならなかったです。
10℃で育つと太ってコブコブになるらしいのですが、中国にはそんな気候の土地が
あるのでしょうか。
ああでも、私達がスペインで住んでいた所は冬でも10度下ることがなかったから
温暖な海沿いで育てるといいのかもしれないな。
でも、暖かすぎると塔が立って育ち過ぎちゃうらしいし、難しいお野菜みたい。

d0180447_11413333.jpg

こちら北イタリアのお野菜「黒キャベツ」もついにちょっとだけ採れました♪
これは晩御飯の付け合せにしましょ。
どんな味かなあ(わくわく)

d0180447_11413928.jpg

ザー菜は外側がかなり木質化してるので剥いてしまい、
8~10cmほどに切り分けて、太いものは半分に切って、3日間ほど干すらしい。
その後塩漬けして、完成まで半年かかるのだそうな。
夏を越したころひょっこり記事にするかもしれません。
うちのblogそういうのばっかりだわw


さて、日曜日の晩御飯はまた牡蠣三昧でした。
土曜日にパパが狩りに行くのですが、手ぶらの時は牡蠣のお土産買ってきてくれるんです。
殻付き1kg700円は安いものねえ。
すっかり私も身を取り出すのが早くなりましたw

d0180447_11415471.jpg
前菜に、牡蠣のムニエル。
牡蠣ってバターと合わせても美味しいのさ~♡

d0180447_11420181.jpg

畑の収穫ベジーズを付け合わせに♪
黒キャベツと芽キャベツは塩とオリーブオイルを入れて茹でたもの。
子宝菜は切った断面に小麦粉をはたいて、牡蠣と一緒にバター焼きに。
ほろ苦い子宝菜はコクのあるバターで焼くのが一番好きかも。

d0180447_11422287.jpg

前菜食べてる間、アヒージョをとろ火でくつくつ。
おしゃべりしながらぷっくり火が通るのを待つのも楽し♪

d0180447_11420955.jpg

牡蠣って、和風と洋風でまったく違う顔をするから面白いなと思います。
たぶん、牡蠣の旨味ってオイルと出会うと化学変化を起こすんじゃないかなあ。
などと思いつつ、今回も美味しゅうございました♪



そうそう。
今朝はあっちからもこっちからも電話がかかってきて、てんやわんや。
最初は通信制高校から、「まだ帰ってきませんか~(汗)」って電話。
さすがに3/9を超えると単位評価が出なくなるのだとか。
それまでにレポート提出と、残り1日分の学年末試験を受けないとって話でした。

でも、単位制なので最低6単位あれば学年は上がれるんですって。
で、息子は高校2年進級は確定したんだとか。

3年間で40単位をとならきゃいけないので、1年生で6単位だと
2年3年にしわ寄せがくるというシステム。
こういう融通がきくのは素晴らしいことですよね。
自分次第ってのは泣いても笑っても、健全だなあ。

しかし、残りのレポートを提出しないと、この1年間提出してきたことは
帳消しになって、また来年リセットでやり直しらしい。
息子、やばいぞ、早く戻ってこーい(汗)

と思ってたら、30分後くらいに珍しく息子から
「金曜日に帰ることになった」って連絡入ったのでしたーっ!!

色んな意味で喜んでる朝ですw







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-20 12:58 | 食べることの冒険 | Comments(4)