実は今日、冷蔵庫が届くんです(わくわく)
年末に家出した事件で「冷蔵庫が小さいからドカンと来られると辛いんだーっ!」と訴えたことでw
本当言うとずーっと訴えていたんですが、勿体ないから棚上げだったんです。

帰国して初めてのマンションの一室はどこに冷蔵庫を置けばよいのかわからないようなキッチンで。
小さな部屋にキッチンと食卓とサロンがぎゅっとくっついてたので、
圧迫感がなくて開閉にスペースを取らなくてモーター音が小さいこと第一優先。
大きくても375Lまで。機能より置けるもので選びました。
息子が7歳の時のこと。

その後スポーツクラブに入ったので、夏に大きなペットボトルを凍らしたいのにスペースがない。
まあ、割高だけどコンビニで冷凍ものを買えばいいか。

夏は冷たいものが飲みたいけれど、麦茶を作るとビールが冷やせない。
麦茶は作らない もしくは ビールは飲む1時間前に冷凍庫で冷やす・・・とか。
冷凍うどんの買い置きは諦めライフ。

引っ越してスーパーが遠くなったので、なるべくまとめ買いするようになったけれど、
引越し先の方が冷蔵庫スペースが少し余裕出たので「大きいの欲しい!」と訴え始めたんですが、
勿体ないって結論にw

息子が成長期に入る&パパが晩酌をするようになる&パパも息子もお弁当を持っていくようになる
そういうことで、買いもので持ち帰る買いもの袋の数が最初2個だったのが常に4,5個に増えて。
お酒の瓶を冷やす時は他のものはマス取りゲームのように動かすか牛乳を買い控えるとか。

そのうち自給自足を目指し始めたきっかけは、
消費税が三党合意で8%、すぐに10%に引き上げと決まったからw
買うしか選択肢がないって、されるがままに従うしかないのか!?それって恐ろしすぎるってね。

まずは、旬の時に買いだめしての保存食作りから。
瓶詰めで常温保存を模索始めたら、微生物の発酵って方向に突っ走り始めた私です。
畑を借りて自分で野菜を作り始めたら、いっときにドカンと収穫なので保存食作りが連日続いて辛いではないかっ!
今日はおやすみ~って仮置きできる大きい冷蔵庫が欲しくなって、また買い替え運動を起こすも、あえなく撃沈ですw

さらに進んで、パパが狩猟免許を取ると元旦の計で発表し、その秋にはジビエがやってくる家になったわけです。
最初は喜んでましたが、いつ捕れるかわからない上に捕れるとすごい量持ち帰ってくるって、
いつも通り食材買ってると、ジビエが入らない事態になるので、徹夜で冷蔵庫の中身を料理してスペースを空けることになり。
だんだんと冬は常にジビエが入る用スペースを作るようになって慣れてきたら、
骨付きで1週間3℃以下で熟成させた方が美味しいとか色々研究を始めちゃって、やっぱり冷蔵庫大きいのがほしい!!

この前みたいに足4本とか来ると、どんなに頑張っても足2本分しか入らないよ~(滝涙)
わーん、ちょっとはこの、入れなきゃ腐るのに入らないって気苦労に気づきやがれ!
って、ついに家出と(爆)


もうダメだ!
いや、大きな冷蔵庫でこの状況が救われるなら
新しいのに買い換えるかって珍しく話が進んできて振り返ると、
なんだ、冷蔵庫寿命10年きっちり使い切ってましたw
そういえば最近、妙に野菜がしなびる気がしたのだよ。

できるだけ大きいのを♡ってスペースの寸法を測ったら、475Lが限界でした。
しかし売り場を見に行って仰天ですよ。
気がつけば時代は、粉類もお米も冷蔵庫で保管を勧めるようになって、作りおきが大流行。
それに合わせて冷蔵庫の主流は500L以上なの。
475Lの選択肢がえ、みっつ??Panasonicはうちの家に合う寸法出てないとか言われちゃって、えーーー!?
日本のおうちってそんなに広くなってない気がするんだけど、台所だけ大きくなってるんだろうか??

でもね、
息子が17才。
あと数年でいなくなると、そのあと冷蔵庫ってそんなに大きいのいらなくなるかなあとか
そういうことも考えて、買い替えタイミングとしては息子12才くらいで大型にして、その10年後に小型にするのが
良かったんだろうなあなどなど、理想を言うとそんなことに気がついたのでありました。

しかし現物を見ると、大型になって機能も進化してるのに、消費電力が格段に安くなっててびーっくり!!
じゃあ、別に2人の生活になっても冷蔵庫を小型にする必要ないのかなw


ってことで、新しい大きな冷蔵庫がくるってんで、
昨日からどうやって整理しようかわくわくと勉強中なのでした♡わーい♪



からすみの君に「生からすみ」の作り方を教えていただいたので、年末にひと腹だけ作ってみました。
普通は塩漬けにして水を出すところ、塩麹に漬け込む「生からすみ」。

d0180447_09132923.jpg


菜の花の生からすみ和えを作ってみました。
生からすみは食べる前に追い塩麹して。

d0180447_09133895.jpg

カラスミの塩気と塩麹の甘みが菜の花の美味しさを持ち上げてくれて、お・い・し~♡♡♡
これはいい肴ですわあ(感動)

菜の花ね、いつもと変わらない値段でした。
他の野菜が高騰してるから、安く感じるくらいで不思議w

d0180447_09135610.jpg

お餅を焼いたら、あ!ミッキーだ♡

d0180447_09140444.jpg

うふふ。美味しかったです♡

無病息災でありますように。


[PR]
by africaj | 2018-01-16 10:39 | うちごはん | Comments(3)

本日は「かがみ開き」の日。
あずきを煮る日です♪

d0180447_12591521.jpg


家にあった小豆をかき集めたら500gありました。
新物じゃないから色にばらつきがあるけれど、家庭用だから問題なしさ♪
今年一掃して、新物を買おう。
最初に渋抜き。
古い時は渋抜き2回しっかり。
ストーブがあればその後コトコト煮られるけれど、ガスなので1時間弱火で煮てあく取ってから
火から下ろして蓋して3時間ほどキルトにくるんでます。
半分はあんこ用に冷凍。半分は今日のおぜんざいに。

隣のガスコンロで、お節に入れた蛸のやわらか煮の残り汁で、切り干し大根をコトコト。
夕ご飯は粕に漬けておいたブリを焼こう。
今日は作るもの全部が茶色い日ですw

d0180447_12592482.jpg

11月末に漬けたたくあん。
外に樽を置いているので寒くて延ばし延ばしにしてたお味見ですが、
あちこちでたくあんの話題を見かけるおかげで意を決して取り出してみましたよ~。
今年は塩を4%弱にしたので、若い漬かり具合でも塩抜きしないで食べられる感じ。
うんうん、母が漬けたたくあんはこんな出だしの味だったはず。
そして「たくあん美味しくなった~♡」って驚く味になっている頃にはもう無くなりかけだったw
そう思うと、2月頭くらいまで待ったほうが良さそうですよね。




野菜が高い!
って去年もこの時期に言った気がします。
去年は庭端で黒キャベツを育てていて、あまり煽りを食わなかったのですが。

d0180447_12593106.jpg

今年は、予定していた白菜は↑巻かないまま成長も止まってるし(涙)
フェンネルも株が太らないで終わりそう。
唯一、適当に撒いた春菊が雑草のようには生い茂っていて、軽く見てたんですが、
先日スーパーで春菊すらお高いのを見てから宝の山に見えてきましたw
無肥料だからか、「大葉春菊」って品種だからか、癖が少なく甘みが強いので
鍋物や汁の実以外に、サラダにもおひたしにも美味しく食べてます。

育てるのが苦手の人もね、春菊は半日陰でも植木鉢でもどこでも逞しく育つのでオススメですよー!
だって、来年のこの時期も絶対「野菜が高すぎる!」って言ってると思うのでw(←思い起こせば毎年同じ)


[PR]
by africaj | 2018-01-15 15:18 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

本日10日、十日えびすですっ♪
本日は各自忙しいので、早起きして家族で早朝そうそうにえべっさんへお参りに。

d0180447_12263446.jpg

まだほとんど縁日は開いてないので、人もほどほど。
それでもけっこういます。
お目当ての、先着5000名に配る「開門神事参拝の証」は、今年はもうなかった~(残念)

去年は福男見物に朝4時起きで、6時開門で走る福男の後ろから参拝したからもらえたんだな。
目下7時半。
1時間半に5000人参拝したってこともすごい!さすが全国放送される福男選びの日!
悔しいなあ。来年は6時に家を出ようw



正月飾りや去年買った福笹、ぜーんぶえべっさんにお返しして、
さて参拝。

d0180447_12272354.jpg


福男騒ぎはもう収まって落ち着いた境内。

d0180447_12282026.jpg

私は今年は気合入ってます。
一生懸命お願いしました。
神様に手を合わせて祈る毎に、決意が固くなるのを感じます。
叶えるというのは、神様が施すのではなくて、自分の中で思いをハッキリさせることが大事なんでしょうね。
逆に考えると、ハッキリするまで何度もきっと参拝すればいいのでしょうね。

d0180447_12294918.jpg

西宮のえべっさんが面白いのは、「招福大マグロ」を飾ること。
なんでマグロが神の使いになったのでしょう?
といいつつ、ぺたり。

d0180447_12300611.jpg

それから福笹を今年も買って。
魔を破る破魔矢のキリリとした空気も好きですが、福を呼ぶ福笹の柔和でポジティブな雰囲気が今は好き。

d0180447_12305199.jpg

この「おみくじ」がまた可愛いの♪
で、新年そうそうに二度目のおみくじw

d0180447_12313657.jpg

む、下鴨神社の「中吉」の方が良かったわ。
ってことで、これは境内の木に結わえちゃうけど。

d0180447_12322783.jpg

赤い毛せんに金色きらきらって、ああ綺麗だなーって朝からテンション上がってほくほくっ。
見てるだけで楽しいです♪

お、あっちではTVカメラが中継してるぞっ。
今年の福男がインタビュー受けてました。
帰ってニュース観よ♪
去年は関東からきた大学生だったんですよねw

d0180447_12331437.jpg
福男一等賞は樽酒にフィナンシエ100個ですって(笑)
二番福は米俵w
昔ながらな商品なのですねー♪
で、三番福が・・・

d0180447_12332793.jpg

鯛の尾頭付き~~~っ!!!
なんか笑うw

d0180447_12333949.jpg

で、私達は朝ご飯まだだったので、屋台でちょいと♡
朝からワンカップとどて煮でにこにこのパパw
私ら広島焼き。ダサいけどおいし~のだこれがね♪
食べ終わって退散の時におじちゃんに「来年もまた来てやー」って言われて、こっちも挨拶して。
ほんと、えべっさんが一年に一度のハレの3日間。
ありがとう。来年もまた来るねー。


[PR]
by africaj | 2018-01-10 13:18 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

昨日はとても楽しい夕食になって、七草粥がはじめて夕食で大成功っ♪
葛餡かけると華やかで、とたんにみんなよく食べましたw

d0180447_13041012.jpg


飄亭の朝粥、私も初めて食べた時に感動したのです。
ほんのちょっとしたことで、こんなに違うお粥になる。
京都には学ぶことが多いと思った20代の時でしたが、50代になってその奥行きに底なしを感じてます。京都すごい!

七草粥を夕飯におかずと一緒に出すってなかなか難しいので、
おかずを先に食べてから、〆に七草粥を出しました。
食べるタイミングに合わせて、最後に熱々のおかゆを出すのに炊飯器はやはり便利ですねえ♪
炊く時に水加減を少なめにしておいて、炊きあがってそのまま保温。食べる時に熱湯で緩めたのでラクっ。
餡は、葛を溶くまでを作っておいて、最後に葛餡にしたところでふるまいましたよ♪

(七草粥 3~4人分)
お米        1.5合
水         おかゆモード1合分(白米3合目盛り)
七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな。すずしろ)

1)食事時間に合わせて炊飯器のお粥モードで白粥をやや水を少なめにして、固めに炊く。
2)七草は洗って、鍋に塩小さじ1入れた湯で40秒ほどしっかり茹でて、水に晒して絞る。
  →刻む時に7つ道具で七草のおまじないをする♪
3)食べるまで保温しておいて、熱湯で緩めて椀によそう。


(葛餡)
☆だし        水    1L
           昆布   10cm✕10cm
           かつお  ひとつかみ山盛り 

お出汁の美味しいとり方は以前の記事を見てくださいね。
昆布は極弱火でせめて20分かけて火を入れていくことを昆布屋さんも薦めてます。
時間のない人は、前夜から水出しで昆布水を作ってさっと火入れするのでも、「可」です。

shinさんはかつお節は風味付けでいきたいので、かつを節を入れたらひと呼吸で漉してますが、
飄亭さんは鰹風味を強く出したいらしくて、かつお節入れてすぐ火を止めてから2分置いて、漉すとレシピにあります

だし        2カップ
薄口醤油      大1
濃口醤油      大1
葛粉(片栗粉でも) 大1と半分
だし        (2カップから取り分けて)大3 

1)葛粉は塊を潰しておき、だしで溶いておく。
2)だし2カップを加熱し、薄口醤油と濃口証うを加えておく。
3)食べる直前に出汁を強火にかけ、沸いた所で火を弱め、溶いた葛粉を少しずつ加えては混ぜてとろみをつける。
4)白粥に七草を盛り、葛餡を上から静かに椀に満たす。


☆少しアラレをかけたら、もっときっとゴージャスですね♡



七草粥に合わせるおかずも、こちらも書き留めておきます。
夕飯にボリュームもあって美味しかった「揚げたてひろうす」です。

(7つ分)
木綿豆腐        1丁(350g)
人参          3cm幅
干し椎茸        2つ
木耳          2枚
卵白          1個分(卵1個使用でもok)
片栗粉         大2
酒           大1
醤油          小2
塩           小1/2

お好みで   銀杏7つ 百合根14~21枚

(当日朝にしておくこと) ☆木綿豆腐の水切り(最低3時間~半日)
              キッチンペーパーに包んでざるに乗せ、上に落し蓋か皿を乗せて、軽いものを乗せておく。
             ☆干ししいたけを戻す。水に漬けてラップで蓋して置いておく。
             ☆木耳を戻す。水につけておく。

d0180447_13042206.jpg

1)水を切った豆腐を手で握りつぶして、ボウルに入れ、短めに太い千切りにした人参・しいたけ・キクラゲ
  卵白、調味料を全部混ぜる。
2)お団子作って、中に銀杏一つ、百合根2~3枚入れ、大きいスプーン一つに一個乗せてスタンバイしておく。
  (スプーン7本要ります←私の方法なので真似しなくてもいいですがw)
3)食事をする直前に180℃の油に落としていって3~4分からりと揚げる。

熱々を火傷を恐れながら、しょうが醤油でいただいちゃってください。
豆腐ってこんなに美味しいのー!?って肉食男子も感動しますw

d0180447_13043294.jpg

京都・森嘉のひろうすったら、百合根がい~っぱい入ってて福袋みたいなので、私も大好きなのですが、
なにせお高い!
是非自分で作っちゃってくださいませ♡百合根もっともっと入れても良しですw
(本物のひろうすはお出汁と炊いて美味しいようにカスカスさせてるので、この手作りひろうすと違うものですが)


さて、知り合いの子がみんな20才になる今年の成人式。
残念ながら雨も風も強くって、これはせっかくの晴れ着が大変だろうなと思いつつ。
年末年始で溜まった出し終え昆布を戻した干し椎茸とコトコトと炊き合わせながら、
我が家にクロモジが舞い込んできたので、目下頭を捻っている本日なのでした。

クロモジでお菓子用楊枝でも削るかな?いや、お茶とかホットワインかなあ?
良いアイデアあったら募集中♪

d0180447_13065383.jpg

[PR]
by africaj | 2018-01-08 14:19 | うちごはん | Comments(7)

七草粥のおまじない

今日は七草粥の日です。

せり・なずな・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・すずな・すずしろ

自分で探してきたかったけれど、

d0180447_15065999.jpg


せり、ぺんぺん草のなずなに、すずなとすずしろくらいしかわからないから買ってきました。

d0180447_15131267.jpg
みんなの知識 ちょっと便利帳」さんから写真を拝借。

ふむふむ。
似た葉っぱが2つあったので、謀られたかと思いましたが、ホトケノザってなずなに似てるんですね。
どっちもたんぽぽのような葉っぱ。
ゴギョウもわからなかったけど、道でよく見る気もしますね。

私がFBで入っている野草の会で
七草についての詳しい話が回ってきたので、今年は伝統にのっとってみることにしました♪

ところで、その野草の会の月間料理コンテストのグランプリを経て
私、2017年の年間グランプリに輝きました☆
こいつは新年から縁起がいいやっ♪
なに料理でいただいたかというと・・・これ。
ヴィジュアルインパクトでいただいたようなものですねw
味の想像つかないものだし(シロップが美味しかったです)。
でもこれはひとえにblog「肴」のduoさんのおかげ♪ありがとー♡


で、
で、七草を続けますと、
昨晩1月6日に摘んで、野草の方は調理するのだそうです。ほんとうは。

7種類の野草を揃え、
7種類の調理道具を用意するのだって。

d0180447_15070746.jpg

刻んで茹でるのにそんなに使わないけど、無理やり使おうw
葉っぱを切るのにハサミとか、傷や痛みを取るのにペティナイフとか。
鍋、まな板、菜箸、包丁、すくうもの で7つ。

赤薔薇歳徳神(としとくじん)の方向、今年は南南東やや右だそうな。
そっちにむいて、
「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に 七草はやす ストトントン」
って文言を唱えてまな板たたいて邪気を追い払うんだそうです。

「唐土の鳥」って、お正月の夜に中国から飛んでくる鳥で
子供に血を滴らせることがあって、そのままにすると子供が患うと信じられていたのだとか。
平安時代頃までは7種の雑穀を食べていたものを、
室町時代にこんな風に七草を揃える様になったのだそうですよ。

西洋のおまじないはよく知られていますが、こんな日本古来からのおまじないって
なかなかしっくりきますよねえ。
ってことで、いざっ♪
(でも朝早起きしてお粥炊く気合いはなかったんで、今夜w)



しかし、夕食にお粥というのも、毎年ですがおかずに困ります。
お粥自体も、夕飯には食べたくないって顔するので、
今年は工夫して飄亭の朝粥風に、葛餡かけた七草粥にしてみようかなと思ってます。

すばらしくもネットに「特別に教えていただいた」レシピとして出ておりました♪
おかず作りながらお粥に気を回してられないので、
炊くのは炊飯器のお粥モードで。

今日で年末年始の崩れたリズムをたてなおして、明日からしゃっきりいきましょうねっ☆



[PR]
by africaj | 2018-01-07 15:54 | 世の中のお勉強 | Comments(6)

「年末年始ノート」を2011年から作っています。
一年に10日しか出番のないノートですが、日常と違うこの期間の動きを書き留めてきたので、
7年でずいぶんと無駄のない気持ちのよい過ごし方ができるようになりました。

思い出すのに時間がかかる「年末年始の買い物リスト」と買った場所と値段を書き留めています。
作る料理はだいたい決まっているので、盛り付ける皿なども書き留めてます。
年末からの献立ても。
氷頭なますを取り出した後の残りのあらを塩ジャケと潮汁にして、いつ食べたか等までw
野菜を細工したあとの残りクズの再利用とか、出汁を取ったあとの昆布とか、
はまったアイデアを毎度書き留めるのは面倒ですが、労力一度きりで同じことを同じタイミングで毎年悩む無駄がないわけで。

4日を区切りに、26日からの動きを振り返ります。
今年も書き留め完了。
来年へのバトンです。

初詣は元旦、2日ときて、混雑しないでスムーズに進む日と時間を色々試して去年から4日に。
京都の下鴨神社は特に混むので、できるだけ世間の動きの裏をかいてw

d0180447_12130838.jpg

一年に一度ですが、毎年同じ光景を見ること。
この焚き火に当たってまずほっとして、もう一年経ったことを思うことって大事ですね。

d0180447_12131749.jpg

いざ、御本殿へ。
d0180447_12132738.jpg

4日は蹴鞠始めなので、午後からは人がごった返して大変そうです。
せっかくだから見てみたいのですが、年明けから人混みに揉まれるのは勘弁してほしいし。

d0180447_12133326.jpg

着物の人が年々増えていくように思います。
良いことだっ♪

d0180447_12134208.jpg

おみくじ引くところまでが初詣ワンセットw
パパは絶対引かない人。私と息子は引く人。
息子は小吉、私は中吉だったのに、どう見比べても息子のほうがいい事書いてあるのはなぜだ?
でも、私の欲しい言葉があったから境内に残さずにお財布に忍ばせることにしましたよ。
「生きる技術とは 一つの攻撃目標をえらび そこに力を集中することである」
去年は広げた手、今年は整理して2つに集中します。(え?2つw)

ところで、毎年おみくじで息子との写真を撮っていると背がどんどん私を追い越していくのです。
気がついたらもうこんなに!
今年は18歳ですもんね。
年明けの決意として高卒の肩書きを放棄することと今年は動くことを掲げましたが、どうなるのでしょう。
彼は私とは違う性格と感覚を持ち、私とまるで違う道を歩んでることだけはわかります。
まだ何度もやり直せる若さがあるのだから好きに生きるがよろし。
皆、自分の人生を自分の責任を持って歩んでいくべきで、どうか後悔のない人生を歩んでと願うばかりです。


そして、今年も「とらや」さんに来ました。

d0180447_12140025.jpg

ここの特別感たるや、すごいのです。

d0180447_12141018.jpg

すべてに手を抜いていないところ。

d0180447_12141991.jpg

置いてあるものひとつひとつに老舗の意気込みみなぎってて、
お正月に訪れると、背筋が伸びます。

「とらや」さんって、東京赤坂が本店だとずっと思っていましたが、

とらやは室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。
後陽成天皇の御在位中(1586〜1611)より、御所の御用を勤めています。
明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して、京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。



まさに「日本史とともに歩んできた菓子屋」。とらやのH.P.の年表を見るとたまげます。
こんなお店が今もきっちり頑張っているって嬉しいことですよね。頑張れ~!

d0180447_12142663.jpg

京都特有の甘くこってり濃厚な白味噌ぞう煮。
1月3日~20日までしか食べられない縁起物だから今年も奮発。
かつお節の風味が効いてて、はあ~ありがたや。

d0180447_12143230.jpg

お店のインテリアのこだわりは、このマークの完成度そのもの。

d0180447_12143951.jpg

ライトがとらやのマークだもの。
d0180447_12145976.jpg

どこもかしこも格好いいのです。ため息。

d0180447_12150616.jpg

お庭も小さいながら、格好良いのです。
白い椿、やはり綺麗。

d0180447_12151258.jpg

あ、こんなところにもとらやマークw

d0180447_12151889.jpg

さて、お正月も終わり。
新しい年を動きはじめましょうか。

[PR]
by africaj | 2018-01-05 13:39 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)

d0180447_14261716.jpg

例によって、うちにはお正月用のお重がないので、塗りの大皿と小さな普段使いのお重に盛り付けて。
こんな感じで元旦の朝を迎えましたよー。

d0180447_14263227.jpg

元旦は、パパの実家の方のお醤油味の鴨雑煮。
大根は大ぶりの楕円、人参、しいたけ、三つ葉、白髪葱に柚子です。
昆布からじっくり出汁を取ったものに、たっぷりの鰹節で取った出汁に鴨の旨味。
一番のごちそうはお出汁。
最後の一滴まで美味しい美味しいっていただける幸せ。

d0180447_14264094.jpg

今年は赤かぶと不思議カラフルな蕪を頂いたので、菊花蕪にして春菊を葉に見立ててみました。
いただいたカラスミ、パパの数の子、私の得意なニシン。
黒豆はフジッコの「丹波黒黒豆」ですwだって程よい量、程よいお値段、そしてすごく美味しい♡
今回頑張った「蛸のやわらか煮」美味しく出来ました!見た目も素敵でしょう?
でも手間ひまに比べての元旦の存在感や喜び度を考えると、来年はやっぱりイクラがいいなあ。
イクラのルビーのような赤って、やっぱりお目出度さを盛り上げますよね。
秋に醤油漬けを作って冷凍しておいて、解凍するだけだし。
おせち料理は、程よい下準備で、色のキレイなものを甘み酸味程よく飽きないものを、
程々の量揃えて、2日でほぼ食べきるくらいが良いなと思ってます。
家族との距離と似てるかなって、
「今年一年程よく楽しくそれぞれが響き合う」そんなオリジナルな願いを込めてる我が家のお節です♪

d0180447_14264955.jpg

今年はローストディア。
3%の塩をすりこんで、胡椒とハーブをまぶしてオイルマリネ1日したものに
牛脂を巻き込んでタコ糸をかけて表面を焼いてから、
60℃の低温調理をしたのです。
ローストビーフとさして変わらない。牛脂がいい仕事してくれた気がします。
すごく美味しい。

でも、塩3%だとそのまま食べて美味しい塩味に仕上がります。
ローストビーフみたいな仕上がりにソースやマスタードで食べる方が良いから、
次回は塩1%すりこんで作ることにしましょ。

d0180447_14270284.jpg

お正月のお花は息子が活けてくれました。
その周りを行進する東方の三博士ですw
6日までちょっとずつ、もうすぐ馬小屋に到着~♪


さて、元旦はなんと、アニメ「ガールズ&パンツァー」TV版を12話大人見しとりましたw
日本には古来から華道茶道と並び女子のたしなみとされる「戦車道」があるという面白い設定でね。
女子高生達が部活に、おしとやかに戦車スポーツを極め、全国大会でスポーツマンシップに則ってぶつかり合うお話です。
主人公は戦車道西住流家元の娘なのだけれど、硬派な流儀にそぐわないゲーム展開をすることから母とそりが合わず、戦車をやめる決意で家を出て一人暮らしを始めると、転校先の高校の統廃合か残るかの命運をかけて戦車道全国大会で優勝しなければいけない成り行きになり…って、バカバカしい展開なんだけど、ちゃんと筋通ったストーリー。
常に劣勢のゲーム展開から戦略とチームワークでどうやって勝っていくかが、毎回面白くって12話計6時間があっと言う間の、元旦でしたw

今時の萌えアニメかと思ってスルーしてたんですが、これは違う!本気で作ってる!とか言う。
でも戦車興味ないしとか言っとった私。
ことは遡り2年前の年末ですが、外出から戻った私を駅に迎えにきてくれたパパと息子が
映画行くけど一緒にどう?と誘われてくっついてったら、これの映画版だったのでした。
わけもわからず一緒に見たら、お、面白いではないかー!
ほとんどスポ根もの学園もの若者の青春もの、「エースをねらえ!」や「スラムダンク」と変わらん(古い!)
とすっかりハマってしまった母w

今年新作映画が出たというので、観に行きたいよーって自ら息子を誘ったら、
すでに友達と観に行った息子が
「今回映画値段なのに時間短いし、ママはまずTV版を見て設定わかってからの方が絶対面白いよ」と諭され、
今回の映画は短いからビデオ出てからで十分だと思うけど、どうしても行きたいなら付き合うからってw
で、正月から息子と一緒にじっくりTVシリーズを大人見するに至ったのであった(爆)
パパも大好きなんで、結局3人で超盛り上がって見てしまいました。面白かったー。
舞台は大洗の街が細かいところまでシンクロしてるのだって。
アニメに出てきたものをレストランが再現してたりするそうで、ファンの聖地になってるとか。
恥ずかしながら、私も大洗シーサイドホテルで戦車ケーキ食べたーい♪

こんなの。
d0180447_15384961.jpg
かわいい♪


[PR]
by africaj | 2018-01-02 15:28 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

行く年来る年に思う。

d0180447_00574944.jpg

年越しは例年DVD三昧をします。
大晦日はカルト・ムービーが見たくて、年が明けると嬉しくなるものが見たくなりますw
たった2日でこんなに心境が変わるのが、やっぱり年越しなんですよね♪
今年はスタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」を。
すごく有名だけれど、タイトルでなんとなく見る気がしなかった映画ですが、
見たら、タイトルからのイメージとまったく違うってわかりました。なんだいっ!
「博士の」って、「の」ってなによ。
橋石さんブリジストンみたいに「異常な愛情」って単なる博士の名前やん!
ドイツ人にそんな名字があるのかは知らないけれどw
超ブラックなブラックユーモアで出来た映画。
えー?えー?ええええ!?って息つく暇なく、変な人続々出てきて、でもあり得るその変さが怖い。
1963年制作だから、冷戦真っ只中の危うさを思いっきり皮肉ったのがわかります。
今見ると、これまた洒落にならないからブラックが突き刺さって苦笑するしかなく。
でも、キューブリックすごいなって何度も呟いてしまいました。
面白かったです。


一年の垢を落としに行った温泉で、
偶然聞こえて来た、何かのCMのコピー。
「みんな、自分を好きになりたくてがんばってるんだ!」
これね、今年の色々考えたことの最終的な答えだと気がついて、がーんとなりました。

私も、たぶん「自分を好きになりたくて」今までずーっと頑張ってたことに気がつきました。
嫌いとかじゃなく、自分のことが好きだわーってしみじみ思うほどに好きになりたくて
きっと頑張っていたのだなって。うん。
息子が今進めないままなのも、
「自分を好きになりたくて」頑張ってもがいてるからなのだな。

そして、パパは自分が大好きなので、頑張らないで楽に生きてる人w
ほんと、羨ましいわ。

自分が好きになれた人から、その先に進むってことにも気がつきました。
それが今年のわかったこと。

私は、51年かけてようやくちゃんと自分を好きになれそうな予感がします。
きっと次に向かえるのだ。
よーし、来年はいっぱい夢を見ますよーっ♡


皆さまにとって、2018年が素晴らしい年になりますように。
来年もよろしくお願いいたします。
良い年をお過ごしくださいませ(ぺこり)





[PR]
by africaj | 2017-12-31 23:50 | わたしの時間 | Comments(0)

三十日の朝です。

一夜飾りにならないように。
今日までに正月飾りをつけました。
いつも、付ける時は皆で揃って来年の福を祈ります。

d0180447_10364284.jpg

手作りの正月飾り。
稲わらの袴を揃えるのは、「皆が揃って円満に」の願いだと聞いて感動したのに、
数日後に家出しちゃって、どうなるんだろーって思いましたが、
無事にみんなでまたお飾りに来年の願をかけられました。
心なしか今年はみんなお手伝いしてくれる気もするし。
そしておせちも鹿ですw
こうして、ちょっとずつ喧嘩しながら妥協したり修正して、揃って丸を作る。

d0180447_10365491.jpg

いつも数の子はパパの担当。
大きな数の子を切るより、小ぶりの方が好きなのですが、皮むきが大変(汗)
今年は息子初めてのお手伝いです。
嬉しいなあこういう光景。

d0180447_10370328.jpg

今日が今年最後のゴミ出しの日。
なので昨晩に冷蔵庫の整理をしたのです。
ピールを漬けている瓶をどけると正月用の野菜が入るとわかったので、
この忙しい年末にピールを焼いてしまいました。
ダラダラ過ごすお正月のお菓子に案外いいかもしれないので、ま、いいか♪明るくなるしね♡

さて、今日は初めておせち料理に取り入れる「蛸の柔らか煮」を作ります。
この秋はいくらがバカ高くて買わなかった為、
正月用に冷凍しておくはずのいくらもなくて。
すると、真っ赤なものがないのですよねー。
彩りが寂しいので、蛸でも煮るかなと。
いつもあまり頑張らないことにしてるおせち料理作りですが、蛸を柔らかくするのはちょっと大変。
いくらを解凍するより、今年はちょっと手の込んだおせち料理作りです。

色々と優先順位の順番でやってきたら、あらら
年賀状書きは明日だな。
許してね。


[PR]
by africaj | 2017-12-30 11:01 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(0)

この会社の回し者じゃないんですが、
あまりの効果にちょっと感動した今年だったので。

我が家はマンションで、お風呂には窓がないのですよー。
だから、最後の人は絶対パッキンで水気をなくして、扉を5mmほど開けて換気2時間するのは必須。
お風呂のお湯を入れっぱなしに翌日まで置いておくなんて、恐ろしいことはもっての外だから
風呂のお湯を洗濯に使うことは諦めてます。

母の小さな毎日の努力を、男衆はあまり気がついてない!
だから、何度かお風呂に入り忘れてくれちゃって、
翌日に蒸気ムンムンのままの浴室を発見することが度重なると、
みるみるタイルの目地が黒ずんでくるのです(涙)

大掃除の時は毎年カビ取りで色々なことを試してきましたが、どうも「これだ!」ってのがなかったのです。

普通のカビ取りスプレーは、それなりにしか落ちないし。
去年はオキシクリーンに感動した年で、洗濯での男臭の除去に劇的効果だったけれど、
カビも落ちるとのことで、「濃い液に浸したキッチンペーパーで塗布してラップする」を試したのです。
白くなったけれど、一説によるとこれは単なる表層の「漂白殺菌」効果で深部のカビは死んでないと知り、がっかり。

さて今年はどうしようと迷ってて、
本当は今流行りの50度以上のシャワーをかけると根絶するってのを試したかったけれど、
うちのシャワーの温度設定が45度までではないか!がーん。
寿命がこの数年いつ来てもおかしくないって言われてる古いタイプだからかなあ?
で、調べてるうちに面倒になってきて、
カビ取り剤も色々新しいのが出てるし今年はドラッグストアの強力そうなのを手軽に試すことに。
それがこれ。

d0180447_22504997.jpg

これね、すすすすごかった!
目地が悲しいほどに黒かったのが、真っ白になったのです!!!
ジェルだから液垂れしないのが、見るからに効きそう。
普段、菌活ライフなんで、塩素系化学薬品っぽいもの久しぶりですよw
ちょっと怖いから換気扇回し伊達めがねしてゴム手袋にマスクって、完全武装して作業して。
待つこと30分。
その後、200円くらいで売ってたセットのブラシでガシガシ磨いたのもポイントなのかなあ?

真っ白!

うそみたいに取れてしまって、新居のようになったのですよーっ♪
でも、600円くらいとやや高めなのに、容量は少なくて、全面やるには3本ほど要るかも。
だから、本当にひどいところをこれでキレイにして、
まだポツポツ気になるくらいのところは普通のお安いスプレーをって併用しました。

こんなにきれいに落ちるなら、来年は風呂に入り忘れたって言われても、大丈夫そう♪
毎度憂鬱だったカビ、来年もこのペーストを買おう♡

ちょっとこれは無理かもーって諦め掛かってる人に、特にオススメしたいですーっ。


[PR]
by africaj | 2017-12-28 23:26 | 暮らしのちっちゃな知恵袋 | Comments(2)