d0180447_13502763.jpg

やまぼうしの実。
公言通り続けてるウォーキングで見つけた実。
水彩画にしよって拾ってきたのですが、野草の会で食べてた人がいたなあって一個お味見してみました。
え~~~~~~甘い!
マンゴーみたいなバナナみたいなサボテンの実のような、あ、ポーポーの実のような味でした☆

d0180447_13535147.jpg

「ミゾソバ」が美味しいって聞いて探してたら、お花は似てる「ママコノシリヌグイ」を見つけました。
オオイヌフグリに匹敵するひどい名前(もらい泣き)
逆棘があるのです。これで尻拭いなんて、どう見てもイジメ?
カワイイお花、これは食べられるのかなあ?

d0180447_13533591.jpg

誰かがみかんの皮を捨てたのかと思ったんですがw

d0180447_13534305.jpg

やや、これもキノコ!
これはなんていうキノコだろう。

きのこきのこって思いながら探してるからか、近年まれにみるほどのキノコ発見率です♪
でも、まだタマゴタケが見つけられなーい。食べてみたいな~。


昨日の晩御飯の話に変わりますが、
私、メニューにあれば必ず頼む豚足好きなんですw
スペインは豚足好きな国でね、「王子の手」なんてウィット効かせた名前でメニューに乗ってるんですよ(笑)
帰国してからの方が豚足が手に入らずに、食べる機会が減って悲しかったんですが、
国産豚足の冷凍を先日見つけたのです。わああーい♪

d0180447_13522534.jpg

焦げ目を付けた生の豚足を、大豆と一緒に氷砂糖と醤油&紹興酒なんかと1時間くつくつと。

d0180447_13523641.jpg

こーんなんできましたっ☆

d0180447_13524362.jpg

道の駅で見つけた「マコモタケ」と、量が足りなかったので軽くレンチンして乱切りしたじゃが芋で、

d0180447_13525271.jpg

うまうま「うま煮」~♪
d0180447_13530017.jpg

がっついたのは言うまでもありませんw
豚足ももちろん美味しいんですが、大豆の美味しさが異常♡
バル開いたら、スペインみたいに「mano de principe(王子の手)」ってメニューにしたいなー(妄想)

そうそう、卵スープと共にこういうひと皿だと酢の物が欲しくなるので、他にもう一品付けたのですが、
いかんせん料理するには手が回らなくて、水洗いもずくにポン酢かけてごま油垂らしてみたのです。
そうしたらね、クラゲの前菜のような存在になって、結構中華w
みんな気に入ってくれました。手抜きながらもオススメですよ~♪


Por fin...
d0180447_18552675.jpg




[PR]
by africaj | 2017-09-29 15:38 | 点心とチャイナ | Comments(8)

私の入ってる野草サークルで、杏の種、もらってくれませんかー?って投稿している方が居て、
「杏の種といえば、杏仁豆腐じゃないですか!」ってさんざん盛り上がってたのに、
杏の種を割ってまで仁を取り出そうと言う人は居なかったらしく・・・
手を挙げたの私一人だったらしく(手、挙げちゃいましたw)

d0180447_13011347.jpg

まんまと我が家に、たくさんの杏の種がっ!

先日くまたろうさんが送ってくれた「杏」の種(くまたろうさんが送ってくれたのは杏w)も、
これが杏仁豆腐になるのかと思うと捨てられずw
途中から取り置いてました。

d0180447_13014368.jpg

右がくまたろうさんの杏。
でっか~い(驚)
改めて、立派な杏を送ってくださったのだなあと感謝です。
きっと仁もたっぷり入ってるのかなあ?


さて。
種を割るにはコツが有るようです。
種を形成した最後のところが穴になるそうで、その先端の穴にキリを突っ込んで
トンカチで軽く叩いて割るんだそうです。
むむむ、うまくできるかしら(ドキドキ)

papricaさんがコメントで、スプーンにのってるボックリ見てると(松ぼっくりのヴァレーニエのこと)、
揚げたバッタを美味しそうに食べるのと共通したものがあると言っていたけれど、
確かに、なんかだんだんマニアックに走っている気が・・・私も明らかにしてます(爆)
しかも、協力してくださる人がどんどん現れますし。
天命でしょうか。
あ、ほら、「五十にして天命を知る」ですし(って、どんな天命だ?)


仁が晴れて取り出せたら、本物の杏仁豆腐作ってみますねー♪




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-03 13:36 | 食べることの冒険 | Comments(6)

昨日作ったのは、スペアリブの豆鼓蒸し。

昔も書きましたが、萬珍樓飲茶館のスペアリブの豆鼓蒸しが好きで、
長年どうやったらああなるのか秘密が知りたくって。
そしてね、
昨日はついに!
これだーっ!!ってものにたどり着いたのですよ~。

d0180447_09324619.jpg

前回記事を書いたのは、もう2014年のことですね。
あの時も「これならうまくいくんじゃないか?」と作ってみて、美味しいけどこれじゃないって書いてますw


工程が1つきっと足りないんだって思ってて、ずーっとヒントを探してたんです。
途中でまた萬珍樓に食べに行ったし(美味でした)
基本的に使ってるスペアリブが細い!きっと子豚なんだわ。ここまでは自分で真似するのは無理だなあなど考えたりw
で、
もう2017年ではないかーっ!(苦笑)

前回の方法は、タレを作って1時間以上漬け込んで味を染み込ませてから、蒸すという方法。
一応ネットでざっと検索するもほぼこのタイプ。
これでも悪くはないけれど、肉汁が思った以上に出てしまうので、その分肉も痩せるのです。

で、ついに見つけたのですよ!
揚げて→煮て→蒸す 
これかもしれないと思って作ってみたのです。

d0180447_09323967.jpg


元のレシピが色々台湾チックなので、自分なりのレシピにしてみた覚書です。

(3~4人前)
スペアリブ      600g ←肉屋さんで買う時に、3cm長さに切ってと頼んでおくと良いです。

調味料1
醤油         小2
砂糖         小1/2
ごま油        大2

片栗粉        大2

調味料2
豆鼓         大2
ニンニク       3個
唐辛子        2本
白ネギ        1本
ごま油 小1

調味料3
|水          200cc 
|豆鼓         大2    
醤油         小2
胡椒         少々
紹興酒        大2
砂糖         小1/2

(下準備)
・ニンニクみじん切り ・豆鼓は200ccの水に入れてふやかしておく ・唐辛子細切り
・葱は厚さ1~2mm輪切り

1)ビニール袋にスペアリブと片栗粉以外の調味料1を入れて揉み込んでから、片栗粉をまぶす。
2)160度に熱した油で30秒ほど表面の色が変わる程度に揚げる。
3)中華鍋に大匙1のサラダ油(分量外)を熱し調味料2:ニンニクと唐辛子、葱、豆鼓を中火で炒めて香りを出す。
4) 続いて、調味料3とお肉を入れ、水が沸騰してから味を絡めるように混ぜつつ、とろみが付くまで中火で数分煮る。
5) 器に移して30分強火で蒸す。

そんなに大きな蒸籠を持ってないので、
スペアリブが入りきるステンレスのボウルと、それが入る大きなお鍋を用意、
お湯を沸かしたら、小皿を台にしてステンレスのボウルを置き、ふきんで包んだ蓋をしました。

サラダ油で十分ですが、中華の時はピーナッツ油を使うと香りもいいし美味しいのでオススメ♪


揚げて煮て蒸すって、そこまでのことをやったことがなかったので唸りましたw
でも、ここまでやるから肉汁閉じ込められて美味しいのか。
恐るべし中国(台湾ですが)四千年の技(感動)


参考にしたのはこちらのレシピです。
お気に入りレシピにたどり着いてない料理がまだまだある中、
これはついに得心いって、スッキリ。ほんとうに美味しかった!♡


d0180447_09322818.jpg
合わせたのは、ジャガイモの千切りとピーマンの千切りのお酢炒め。
ジャガイモも細く切って炒めると独特の歯ごたえで美味しいのですよね♡


p.s.
息子のサワードウ7日目です。

d0180447_09331057.jpg

昨日よりまた表面に泡が出てきだしましたねえ。

d0180447_09332140.jpg

うん、やっぱり泡がゆっくりのペースですが出始めてます。
これは予想外だなあ。これから何が起こるのでしょう?
匂いは苺ではなくなりました。
パン酵母的なよい香りっ♡
あと2日なので、このままカビが生えなければ腐敗から逃げ切れます。酵母くん頑張ってー!!


松葉サイダーは見た目は変化ないので写真なし。明日まで置いて飲んでみようと思います。
読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-06 10:54 | 点心とチャイナ | Comments(2)

昨日は猟仲間とバーベキューだったパパ。
「お土産あるからねー」って予告で覚悟してましたが、遅くに持ち込まれた塊たち。

d0180447_11375660.jpg

12月に獲った猪だそうです。
3kgの塊。
戦いは終わったと思っていたので、久しぶりに見ると怯みます(汗)
しっかし、なんと美味しそうな部位。
ゴールデンウイークはパパは仕事だし、息子はいないし、
ソーセージ作ってみようかなあと思うんですが、色々調べたり取り寄せたりせねば(焦)

d0180447_11522702.jpg

猟期は終わっても、パパは入ってませんが害獣駆除隊は一年を通して活動しているそうで、
朝に仕留めた4歳のメスです。
私が鹿を喜んで(←!!!)料理すると思われてるようで、我が家用に取り置いてくれたとか(毛皮と蹄付きまんまで)w
みなさまの優しさが重い(苦笑)
私、休猟期だから皮剥ぎしたくないって、パパにこの状態までしてもらいました。ほっ。
さらにタケノコもあったので糠で煮ながら、肉にかまう夜。ひー。

久しぶりのジビエに、頭がまわらないので時間稼ぎも兼ねてw
レストランの熟成方法を真似て、今回は骨を取らずまんまを2週間冷蔵庫で熟成させようと思います。
熟成は骨付きのままさせるのが一番無菌で良いんですっ。
と、わかっていてもお正月近辺は冷蔵庫にスペースがなかったので出来なくって。
熟成後なにを作るか、色々計画を立てねば!です~(忙)


土曜日は、そろそろ冷凍庫の霜取りを兼ねて冬の間に出た猪鹿の半端ものや蓄えものをリストアップせねば~と
場所取ってる鹿骨でスープストックとか、1人でせっせと作ったり整理してたところでした。

d0180447_11382388.jpg

冬に作った柚子菓子の冷凍ものと、半端に残った製菓用無糖チョコで。
低温で乾かしてから、コーティング。
チョコが途中で足りなくて半分だけになってしまったぁ。
買い足すとチョコを始末した意味なくなるし悩むw
ま、ドライピールだけでも美味しいからこれでいっかな?

d0180447_11381212.jpg

今朝はパパに手伝ってもらい冷凍庫の霜取りようやく終了!ほっ。
これだけせり出してたんで、実際よりかなり入らなくてイラついてたんでしたw
整理し直して、食材をリストアップして、やっとほっとしました。
4月5月でできるだけ食べきるように献立を考えます。

パパが狩りを始めてから冷凍するお肉や骨が多いのですが、冷凍庫だとすぐ忘れちゃって。
猟期が終わっても上手に使っていけるよう、まだ模索中です。

冬に当分の挽肉やベーコンを作る。
骨はオーブンで焼いて砕いて冷凍しておく。
お肉は真空パックして冷凍したら、用途を書き加えておく。
そして、禁猟期に入った春に、一度冷凍庫の霜取りをしてリストアップする。

ようやくここまでは年間行事として使い勝手よくなりました。
夏の野菜の収穫を瓶詰めして上手に冬に使うこと。
冬のジビエを冷凍して、夏に上手に使うこと。
まだ使いきれなかったり忘れてたりなので、もう少し目安を見つけたいところです。


香港で食べたので、おさらいを兼ねてチュンピンを作ってみましたよ♪

d0180447_11383450.jpg

チュンピンは初めて作るのですが、工程は初心者クラスくらいのシンプルさ。
粘土細工のようで楽しい♡
面白いのは、油を付けて二枚を重ねて伸ばすところです。
これ、いくらでも伸びるのですが、伸ばすしすぎると剥がす時穴があくので、
やはり必要な厚みに、直径の目安を頭に入れてが一番のポイントかもですね♪

d0180447_11384212.jpg

タコスのようですが、外側に焦げ目を付け、包む側はしっとりであるために二枚重ねで焼く。
ここが中国人のこだわりなんだなあと、感心しながら作りました。

d0180447_11385070.jpg

重ねた部分を剥がすと、外は焦げ目あり、内側はしっとり。
甜麺醤がないので、八丁味噌に味醂をたっぷり入れて火にかけて練った甘い味噌を作って。
チュンピンの小麦粉の甘みにびっくり。香港で食べたものより美味しいではないか!(自画自賛w)
色々巻いて楽しく食べました♪


しかし、
やっぱり常に動いてるか考えてるかで「ヒマな時間」が作れないのです。
タイから帰ってきて、どこに隙間があるか探してたのですが、ない!
絵が描けない!
自給自足主婦というのは、ずーっと途切れないまま日々を送っているのだなあとつくづく。

あー、ハンモックが欲しいなあ。
揺られてダラダラしてたら、ダラダラ出来る気がするのに。
いや、その前に行けばご飯が出てくるビービーバンガローみたいな食堂が欲しいなあ。。。
いやいやこの日常では無理なので、もっと建設的なことを考えてみよう。

そこで、主婦業にも週末のお休みを導入する宣言をしたのでありましたw

「パパのお休みに合わせて、土曜日を完全なるお休みといたします!」

blogも土曜日はお休み。
昼と晩ごはん作りもおやすみ。

さて、かいちゃんの彫刻は彫れるでしょうか?
乞うご期待。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-04-23 13:16 | 点心とチャイナ | Comments(0)

小籠包 

東京で手ほどきを受けた小籠包を、さっそく家で作ってみました。

初めてだから、要領を得ず、
朝いちで鶏ガラスープを取るところから、ガッツリ一日かかってしまいました(汗)
せっかくだからと、ひき肉使わず包丁で自分で叩いて作ったし。
点心って、あらゆる技法を駆使しててすごいですよね。

d0180447_13171327.jpg
で、ようやくここまで辿り着きました(ふぅ)

夕食までのタイムスケジュールを立てて、
スープと肉餡と皮をタイミングはかっては作って寝かせ。
合間に、畑行ったり、病み上がりで学校行った息子が早退するからって迎えに行ったり、
りんごのケーキ焼いたり、東京の母が具合悪くて精密検査受けるって電話かけっぱなし、
もう夕食に間に合わせられないかと挫折しかけましたが、
なんとか30個包み終えましたよー(安堵)


d0180447_13331080.jpg
作りたての小籠包は、蒸し時間も7分と短いのです♪

d0180447_1333491.jpg
むふふっ。
やっぱり鶏ガラからちゃんと取ったスープは美味しいです~♡

30個、嫌ってほど食べましたよーっ♪
しかし、夕食これだけってわけもいかない、微妙な満腹感。
トマトと卵の炒めものに、チンゲンツァイの炒めものを考えてましたが、
そんなに入らなくて、配分に失敗したなー。
次回は、30個作ったら半分冷凍するのがいいかな。



いやしかし、初めて作るわりには上手にいきましたが、
理想の小籠包からすると達成度6割かなあ。
やっぱり、もっともっと皮はうすーくなくては!!
習った時の種の手触りはもっと柔らかかったから、水分量かなあ。
50度以下の水を使うか、以上の湯を使うかで
皮のありようも違ってくる、小麦粉。
鼎泰豊の小籠包の皮は、水を使うとのこと。
私の教わったレシピでは、ぬるま湯。

ようやく穴子の料理法に活路を見出したと思ったら、
小籠包の皮が立ちはだかったか。
悔しいから、ぜったいものにしてやるーっ!!(闘士)
大根の研究も、まだもうちょっと続いてます。

はぁぁ、料理は・・・・・・・・面白いね(わくわく)






[PR]
by africaj | 2014-11-08 14:12 | 点心とチャイナ