d0180447_11152598.jpg


鳥取の興奮?冷めやらぬまま、今度は西洋ミツバチを飼ってる方のおうちへ。
「今まだ暖かいうちにどうぞ」って言われてる間に、わあ今週いきなり寒くなるんだーって
慌てて伺ったので、ここ数日「ミツバチ三昧」でしたw

鳥取の話もひょんなことからでしたが、この方との出会いも
先日柚子の里に連れて行ったスペインの友人が繋いでくれた縁。
しかも、スペイン経由なのにすごくご近所でびっくり。
到着した家を見てさらにびっくり。
私、この家見たことあるぞ!って。
なんと、スペインから帰国したばかりの7,8年前に、この家を建てるまでのblogを読んだことがあって、
コメントも一度したことがあったからw
「良かったら一度見に来て下さい」ってなコメントいただいた記憶ありです。
さらにさらにびっくりなのは、ヨットマンの彼は
私がスペイン時代の旅を半年ほどヨット雑誌で連載していたのを、
毎月ずっと読んでくださっていたのですって。

7年前から何度も何度も会うかもしれない機会を逃してきて、
今ヨットでも家でもなく「ミツバチ」で繋がったなんてっ(笑)

こういう縁って、じゃあ今回会えなくても、
またどこかで必ず会う運命だったりするのでしょうか?



d0180447_11153699.jpg

完璧な養蜂ファッションw
私達もネットの付いた帽子をかぶって、いざっ♪
もう秋だからそれほど危なくはないのだけどねと言ってましたが。

d0180447_11154340.jpg


西洋ミツバチは巣から蜜を奪う輩を攻撃するのが、日本ミツバチとの大きな違いなのですって。

なので、
巣を扱う時はこうして煙をかけて大人しくさせるそうです。

どうして煙かけるだけで大人しくなるんだろう??
調べてみたら、二酸化炭素がミツバチにとって鎮静作用があるという説と、
もう一つ、ミツバチって煙を察知すると「山火事だ!」って勘違いするから、
急いで巣に戻って、頭を穴に突っ込んで蜜を飲んでおとなしくなるという説があるのだそうな。
でも、まだその理由は解明されてないのですって。
「山火事避難説」かわいいから信じたいw
でも、山火事で巣に戻って大人しくしてたら燃え死んじゃうよ?
蜜を取り込んで急いで引っ越ししようとか、
巣の上昇温度を下げようと羽をばたつかせるとか、ないのかなあ?

d0180447_11160615.jpg


あはは。頭突っ込んで蜜ナメてる子、いました(笑)
この姿が妙にかわいかったですw

西洋ミツバチ、「西洋」って付くけれど、アフリカの蜂なのですって。
乾季と雨季のある場所で、雨季になると蜜集めができなくなるから、
乾季に精力的に蜜を集めるようになったミツバチ。
日本に連れてこられたのは明治の頃で、乾季と思って飛べる時期に貪欲に蜜を集める為、
上手に飼うと蜜集めしやすく、ここでも、たった一箱の巣箱で1年で36kg(60kgだとクレームきた汗 聞いてるようで聞いてないのバレるw)
の蜂蜜が採れるとか。
60kgすごいよね!!!?
一年間の甘み全部を蜂蜜にした上で、販売も少々してるんですって。

d0180447_11155489.jpg


左上は、そばに設置された強敵スズメバチのトラップ。
右上は、燻煙器。
左下は、最近養蜂業で恐れられている、蜜蜂の奇形を産むダニを回避させる「香り」。
    薬もあるけれど、食べるものに使いたくない人用のハーブアロマだそうな。
右下は、蜂の習性を利用してなにかと養蜂をラクチンにする為に、女王蜂を入れて巣の中に入れておくクリップ。
    蜜はもらえるけど、動き回れないようにですって。

d0180447_11161381.jpg


花粉団子を足にいっぱい付けてお帰り~♡
この姿大好きなのっ。
これが見たくて蜂が飼いたいと言っても過言ではないかも(笑)


d0180447_11162120.jpg

この巣わくは、オーストラリアで売られているもので、
普通いちいち巣を取っては遠心分離機にかけて蜜を取る作業が、
自動的に蜜が下のケースに貯まり、コックを開けると、水道から水のように蜜だけ出てくるらしいw
ひどいww
働けど働けどわが暮らしラクにならざるぢっと手を〜な巣(もらい泣き)

でもね、自動で蜜を集められたら、人間の苦労も蜜蜂のストレスも減るからだそうな

d0180447_11162862.jpg



これは普通枠の半分サイズなのですって。
蜜や蜜蝋がついたら、重くなりそうだから、
私は、このハーフサイズがいいな♪

d0180447_11163839.jpg


珍しい発酵蜂蜜を味見させてもらいました。
偶然できたものらしいのですが、
泡立っていて、ふんわり舌に乗るので柔らかい甘みが不思議で美味しい(驚)

d0180447_11164375.jpg

これが、偶然を産んだ鍋。
蜂蜜を採集してお鍋に入れておいたら、鍋から泡が溢れ出る勢いで発酵してるらしく。

d0180447_11165059.jpg

これ・・・すごいでしょう?
スズメバチの生命力にあやかるはちみつ漬けだそうな。
ハブ酒みたい。
検索すると結構でてきました。こんなものがあるとは・・・(汗)
毎日ヨーグルトに入れて食べさせた友人の子供が、すごく元気になった
らしいです。
半信半疑で蜂蜜につけて観察していたら、
死ぬ直前にフワって煙みたいなものを見たそうで、それが効くのかなあ?
って言ってました。
ハチに詳しい息子に言わせると、それは「フェロモン」で、
蜜蜂もスズメバチも、死ぬ間際に「オレはここで死ぬ」ってフェロモンを出して
仲間に知らせるのですって。
そのフェロモンを付けられたら急いで逃げないと、巣から一斉に
ハチ達が襲ってくるんだそうな。ひょええええ(滝汗)

それが元気のもとなのだろうか???謎ですが・・・、
もらってきましたよ~っ!うちの息子のために。
さて、寝坊のんびりペースの奴になにか変化はあるだろうかw


ミツバチは、
巣に一匹しかいられないという、女王蜂の掟があり、
子供の女王蜂が生まれると、お母さん女王蜂は出ていくのですが、
その時に働き蜂を半分引き連れて行ってしまう。
これを「分蜂」と呼ぶのですが、
西洋ミツバチを飼う時は、
働き蜂が半分減ってしまわないように、「分蜂」をさせないのがコツなのですって。
だから、女王蜂の羽を半分に切ってしまえば、
働き蜂が旅立ちの準備ができて、外の木で蜂球(お団子状で固まって待つ習性)を作っても、
女王蜂を待っても飛び立てなくて、働き蜂は諦めて古巣に戻ってくる・・・と。
そして女王蜂の卵を全部潰してしまうのだとか。
それで、巣をどんどん大きくして巨大蜂帝国を作らせるのだって。

それは確かに、蜂の習性を知り尽くして、人間の知恵でコントロールする
見事な「養蜂技術」の数々で、
人によっては、そういうことが面白かったりするのだろうなと思ったのですが、
私は「ミツバチ」の生態を観察するのに苦労は惜しまないけれど、
蜂蜜をたくさん採る為に研究することには、どうも興味ないんだなあと
よくわかったのでした。




読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by africaj | 2016-11-26 20:40 | みつばちと小さい生きもの | Comments(12)

海外に住むお友達に、蜜蝋ラップというものを教えてもらったので、
鳥取で作ってきました。
使い捨てラップの代わりになる、洗える布製のラップ。
蜜蝋が布に染ませてあるので張りがあり、湿度を高い確率で保持できて、
手で温めると柔らかくなり、形作った後室温で形が保たれるの。
水で、石鹸つけて洗って1年は使えるそうな(お湯だと蜜蝋とれちゃうからねー)

こんな風に・・・輪ゴム要らない。

d0180447_21162257.jpg

可愛い布で作ったら、何に使うにもうれしくなりましたっ♡
色んな形にきっちり留まってくれるのが楽しい♪

d0180447_21165137.jpg
手でぎゅっとするだけ。
固まるのがなんだか可愛いの~っ♪

d0180447_21170446.jpg

パンの発酵の時に使ったら、ちゃんと乾かないでいてくれました(喜)

1年に一度だけハチミツを採集する、日本ミツバチの
巣の蜜蝋はものすごく貴重で、生産者に売ってもらっても50gで1500円なのですって。
鳥取の、滞在したこの町は、日本ミツバチを「町おこし」にしたいそうなので、
まだ日本で知られていない「蜜蝋ラップ」を教えてあげてきました。
協力隊の若者たちも興味津々。
生産者さんも見に来たり、真剣。
私は気楽だけど、町の特産物にできるかは使う量と採算ですもんね。
町おこしの目玉にするには大変かな。

d0180447_21152394.jpg

一番大変な作業は、蜜蝋をチップ状にすることでした。
すりおろそうと簡単に思ってましたが、実際は大根おろし器にくっつくくっつく(汗)
プラの厚みあるやつだと、穴に埋まっちゃって作業が倍に増えていくのー。
貴重だから溶かして無駄を出すわけにもいかず、ナイフで薄切りにして
指で砕いてなんとか(滝汗)
って、みんなでお喋りしながらやったから、それも楽しかったんですがw

d0180447_21153133.jpg

チップをばらまいてオーブンペーパーかけて、アイロンで。

ラップほど完全密閉じゃなく通気性があって、新聞紙で包む代わりに
野菜を巻いて保存するのにも良いのだそうです♪

d0180447_21174948.jpg


こんな感じ。
お野菜巻いてもやっぱり可愛い♡
あ、この白菜、鳥取で240円だったのです(狂喜乱舞)
関西じゃまだ高いから、本当に久しぶりの白菜でしたっ♪鳥取すごいっ!

d0180447_21172513.jpg


ね、シャリ感あるから紙のようでもあるでしょう?面白いっ♡
おにぎりやサンドウィッチをこれで包むと、程よく湿度をキープしながら蒸れなくて
いいんですってっ。
次に紅葉見に行く時のおべんと、竹皮で包むのも好きだけど、おにぎりをこれに包んで持っていこ♪

d0180447_21495801.jpg

ぎゅっぎゅってするだけで、器の形になってくれるのもいいでしょう?
活躍してくれそう。うれしいな♪



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by africaj | 2016-11-22 22:00 | 暮らしが楽しくなる実験 | Comments(22)