スペインの「かりん羊羹」を先日は紹介しましたが、続いてかりんもの第二弾。


「かりんのジュレ」っ☆

d0180447_16190446.jpg

かりんと砂糖とレモン汁しか入ってないですが、こんなバラ色のジュレに♪
実ははちみつ漬けする「かりんシロップ」の匂いが苦手な私。
追熟中のかりんをクンクンしても、いい匂いに思えないから、私にとって苦手系統なのかもしれません。
それが、火を通すと「ああ、いい香り♡」ってなるから不思議なのです。
かりん羊羹も本当に好き。
そして、このジュレ♡

d0180447_16191241.jpg

そのままでももちろんだし、これをお湯に溶いて飲むととても美味しい。

こんなにプルプルですが、かりんにお砂糖とレモン汁が入っているだけです。

かりん     1個(360gくらい)
水       最初に倍量(蒸発したら随時足していくのでアバウトでOK)

グラニュー糖  とれた汁(私は今回400ml)に対して8割(320g)
レモン汁    1/2個分

1)かりんを種も皮も付けたまま、痛みだけ取り去って銀杏切りにスライスする。
2)水とかりんを鍋に入れて煮ていき、沸騰したら弱火にして、かりんが柔らか~くなるまで1時間~1時間半煮る。
注! かりんは絶対いじくらない。ここでいじると、透明なジュレにならないので。
3)ザルにキッチンペーパーかフィルターをセットして、かりんごと入れて5時間~一晩かけて自然放置で汁を漉す。
4)汁と砂糖とレモン汁を入れ、強火で煮立てていくと、だんだんと赤く色づきとろみが出てくる。
  しっかり赤く色づくまで混ぜながら煮詰めて、煮沸した容器に流し込み粗熱を取って、冷蔵庫で冷やす。

 
喉にも良いし、美味しいのでやってみてくださいな♪


夏にしいたけ菌入り椎ノ木を買って、
本当に出るのかなあって半信半疑で適当に水かけて観察してたら・・・

d0180447_16193223.jpg

先週あたり赤ちゃんが顔出したと思ったらみるみる来たっ!!

d0180447_16192404.jpg

わーわーわー♡
可愛いのがいっぱい出てきた~(感動)
ああ、自家栽培きのこでしいたけ祭りするのを夢見てます~♪



それから、野生の麹は目下こんなことになっております。
見守って1週間、湿度には一応気をつけてるのですが、お米がすっかり乾いてる状態で
この先麹としてもふもふするのかしないのか。
うまくいっているのかいないのか、よくわからないので記事にできないままですが・・・
(あまりに毎日進展も変化も薄いと記事にできない 汗)

d0180447_16194007.jpg

成功したらもちろん、このまま失敗となっても記事にしようと思うので待っててくださいね。


[PR]
by africaj | 2017-12-01 16:51 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

日本ミツバチの楽園は、私の楽園でもありました~w
枇杷だけじゃなくって、あっちでもこっちでも食べられるものがいーっぱいでほくほく。
「面白い方ですねー」「そう、面白い人なんです」
ってあっちで話してるの聞こえつつ、そっちのけ(笑)
こういう時に「美しい方ですねー」とか言われたいもんですが、ねー(爆)

d0180447_09073584.jpg

ギボウシ、またの名うるい
今が食べごろと聞いていたので探していました。
観賞用のものは薬を吸ってるものも多くて不味いのだそうで、山でみつけたものじゃないと美味しくないそうで。
こちら、ミツバチの楽園なので安心して私も食べられます。
すーっと伸びた花芽の、曲げられる柔らかい部分を・・・

d0180447_09074587.jpg

お料理の仕方は実は知らないので、こんな感じかなとやってみます。
1分ほど状態を見て塩ゆでして、冷たい出汁に漬けてしっかり冷ましました。
あまり火を通さない方が風味が消えないかなと。
ひろうすを炊いた熱いお出汁に、火を止めた後すぐ、同じくお出汁で漬けてたフキと
ギボウシの花芽を乗せて温めておいて、食べる時に盛り付けましたよ。

ほゎ♡びっくり、アスパラガスみたいな味でした。
美味しかったあ。

マンションのさつきはエグみがありましたが、この楽園のさつきはナチュラルな味。
花びらが甘酸っぱいのです。

d0180447_09130503.jpg

15個ほど摘ませていただきました。

d0180447_09081088.jpg

サツキの花は、熱を通しても色が褪せないので、
ジャムによし、シロップによし。

1)砂糖と水少々で煮えたぎらない程度で煮ていくと、甘酸っぱいサツキの花の味と色が出てくる。
2)火を止めて花びらを取り除く。
3)花びら取り作業でやや冷めたぐらいの温度でゼラチンを軽く入れ、水につけて粗熱取ったら冷蔵庫で冷やす。

優しい甘酸っぱいサツキのゼリーのできあがり♪
これで花びら10個ほど、この容器1つ分でした。


d0180447_09075532.jpg

熱でも色あせないとのことなので、クラッカーに焼きこんでみることにしました。
最初ね、ローズマリーに合わせて細く切って、散らそうかと思ったのですが、
どうみても紅しょうが(爆)
サツキの花をまんま使うのも野暮ったいので、こんな感じで散らしてみました。

d0180447_09080205.jpg

んー、想像とは違うものになりましがw
ちょっと色味があるのも可愛いかな?


うちのマンションの桜の木の・・・

d0180447_09081703.jpg

本当にいち部分に密集して生えてるこれって、キクラゲ???
桜の木にはえるイメージなかったのでびっくり。
微妙に高いところで手が届かないのですが(側の階段から撮ってます)、食べてみたーい!





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-22 09:55 | 食べることの冒険 | Comments(2)