やばいです。
計画通り20日で育ってくれないと、後釜の白菜の方がすくすくで「けつかっちん」(汗汗汗)
初めて育てたんですが、
二十日大根って「ほんとに20日で育つのね」なんて言葉を何人かから聞いたことがあったんだけどな、あれえ?

d0180447_11255129.jpg

白菜本葉7枚になったら地植え予定なのですが、もう4枚目。あと5日くらいかなあと思ってるのに、
なんか、ひょろひょろでどう見ても徒長してる二十日大根さん。大根にならん!!
急いで、今ごろですが(汗)検索かける。

実が大きくならない原因は「増し土をしていない」え!種の袋になんにも書いてなかったよー!!(焦)
双葉のすぐ下まで土寄せするんですって!!!!
徒長する原因は「土がふわふわ」「日当たりが良くない」「水のやり過ぎ」
んー、日当たりは朝11時には日陰になっちゃう場所なの、これが大きいのかなあ(そう思うと白菜も育てられないから、今は考えない)

失敗かあ。
今から土かけてると白菜が遅れるので、今回は「貝割れ菜」で食べちゃおw

d0180447_11263181.jpg

こちらフェンネル君。
フェンネルの種もコリアンダー同様2つくっついてるんですが、
バラけないで種まきしちゃったのが遅く発芽したくせに、他を抜かして一番のスピードで成長してるんです。

アブラナ科の植物は競争が好きって聞いて、大根と小松菜を一緒に蒔いて育ててるんですが、
フェンネルも数個一緒に蒔いて、あとで間引く方が育てるのうまくいくのかなあって発見♡
きっとコリアンダーもなんだろうな。
人間の都合で種の形が変えられてることって多いそうな。
発芽しにくいって言われる人参の種だけれど、本当はイガイガが付いていて、イガイガ付きのまま土に植えると発芽しやすいのですって。
売ってる種は、取扱上イガイガを取っちゃってるから種が発芽までにリアクション取りにくくなっちゃってるのだそうな。
(つまりイガイガは外界を感知するアンテナの役目。これを折られるから芽が出にくくなっちゃう。でもイガイガ折らないように売るの大変だかららしい)
そう思うと、一つの種に2つの芽がくっついてる植物(コリアンダーやフェンネル)って、2つが競うように出来てるんだろうなって思うのです。

よりたか農法は「自分で考える農法」なんですが、ほんと、知らぬ間に「人の手が加わってる」ことでオリジナルと違ってる事多いんですよね。
教えられた通りにやってるとうまくいくけど、脱線するとうまくいかないようになってるの。
でも、うまくいかない先に「本当の植物の息吹き」が見えてくる。
うまくいかないには必ず理由があって、「え!?本当はこうだったの?」ってことが多くて、それを考え推理していくのが楽しいです。
植物の声が聴こえるようになりたいなあ。

d0180447_11265199.jpg

昨日の晩ご飯は秋の味満載でした♡
栗ご飯は、ここ数年ずっと川原渉シェフのレシピです。
レシピは書けないですが、なにが気に入っているかというと、
昆布出汁を使うこと。
塩味をしっかりつけること。
艶と旨味を加えるために薄揚げを炊き込む時に乗せて、炊けた時に取り除くという隠し技。
この3点が大きな差になって、
男衆に「栗ご飯?ああ季節ものだものね」って反応から、「旨ああああい!」って言ってもらえるようになりました♪

今回の栗がまた甘い栗だったので、ほんと美味しかったあ。
え?栗多い?えへへ、渋皮煮作りの副産物ですからw

あ、知ってました?
最近の栗って「美味しい」のに、「虫食い」ないのが不思議だなあって思ってたんです。
もしかして、薬いっぱい撒いてるのかなあ?とか心配してたんですが、
剥かなくても「虫食い」を選別する機械ができたんですって。テクノロジーすごい!

d0180447_11265810.jpg

それと、子持ち鮎。
季節ですからねー。
ここら辺は琵琶湖が近いからかなあ。
東京に居たころはこんなに鮎を食べなかったのですが、春は稚鮎、夏は鮎、秋は子持ち鮎・・・って季節を知らせてくれるので、
一度は食べることにしてます。
季節はもうすっかり秋ですね。

そうそう、夏野菜を整理する時期なのですが、面白いことを知ったんです。
茄子の主根を乾燥させて、たくあんを漬ける時に入れると良いのですって。
今日は茄子の苗の整理をして、そこに白菜を植える準備をするので、根っこを乾かすことにします。
ああ、大根上手く育つといいなあ(祈)



[PR]
by africaj | 2017-09-25 12:22 | うちごはん | Comments(2)

先日は、「肉じゃがに生卵」という我が家のおうちルールを紹介しましたが、
友人の知り合いは、すき焼きにジャガイモを入れるらしいw
「それ、肉じゃがでは!?」と言われるそうですが、彼の中では純然たる「すき焼き」だと胸を張る。
そっちは考えたことがなかった~っ!(爆)
それぞれにお家ルールありますね☆

我が家のおうちルール第2段!!
「かた焼きそばにタバスコ」ですっ♪

d0180447_09341806.jpg

揚げそばにはタバスコ&お酢で、油っぽさ少ないかた焼きそばはタバスコだけ、かけるルールなの。
この酸味と辛味、サイコーです♡
ピッツァには、酸っぱくなるからかけるの好きじゃなくて、唐辛子オイルを作ってるのですが、
タバスコラブな息子が書いた「タバスコ記事」で知って以来の使い方、まずは生牡蠣にかけて。美味しい~♪
クラッカーに野菜のオイル漬けのせてタバスコひと振りとかも♪
でも、お酢の代わりに中華料理に使うのがかなり気に入っております~♡

d0180447_09342612.jpg
かた焼きそば(3人前)

麺        3玉
生姜       少々
豚細切れ     200g(塩少々+酒少々)
キャベツ     1/4個
ニラ       1/3束
人参       1/4本
もやし      半袋
(今回は椎茸も入ってる)

塩昆布      2つまみ
ウェイパー+水  250ml(ちゃんと鶏がらスープならさらに美味しい)
ナンプラー    数滴
片栗粉      大さじ2杯半

小麦粉      分量外

1)野菜は食べ良い長さ形に切る。人参とキャベツは大きさをできるだけ揃えて。
  もやしは、洗って熱湯をかけておく(←こうすると水気も出ず、最後に入れるだけでOK)
  豚肉に軽く塩を振り酒を振り揉み込んでおく。
  調味料は調合しておく。
2)袋に小麦粉を入れ麺の両面に小麦粉をはたいておく。
3)フライパンに油を入れて麺を広げ、押し付けながら焼き、皿に取る。
4)フライパンを熱して油を入れ、しょうがが香り立つまで炒めたら、肉と肉汁を焼きすぎないよう炒めて器に取る。
5)また油を入れて強火で人参とキャベツ、塩昆布を入れて炒め
  →火が通ったら肉汁ごと肉を入れてて軽く混ぜる
  →もやしを入れ、手早く混ぜ
  →調味料を入れて好きなトロミ具合まで火を通したら
  →火を止めてニラを入れて混ぜる。
 

麺を焼く時に、カリカリさせたいのですが、長めに焼くと3つも焼いてると時間かかるし、
油を多くして揚げ焼きみたいにすると簡単ですが、仕上がり油っぽいし、
小麦粉を表面にはたいて押し焼きするのがベストな仕上がりになるコツっ♪
タバスコふってみてね♡

d0180447_09343504.jpg

いかなごくらいの稚鮎、こんなん獲っちゃ、いかんやろー!ってほど小さい。
でも売れ残っるともっと可愛そうなので、稚鮎の時期逃しちゃったしで買ってきました。
で、これだけ小さいけど美味しく出来ました~♡
網から落ちるのでオーブンペーパーですが、本当なら余計な甘露は落としたいところ。
今回、辻調さんの本に載っていた、焼いてから30分蒸して、3日煮るという方法でゆっくり作りました。
そうすると味がしっかり染みるという。
これだけ小さいとそこの違いがわからず、美味しいw
来年10cmほどの大きさで炊いてみたいもんですっ。

d0180447_09344555.jpg

去年6月16日に作ってる梅シロップ。
氷砂糖で作ったのですが一年ものだとこんな色になりました。
梅シロップって、一年置いておくとすごくまろやかになって酸味も柔らかい美味しいものになるってご存知?
これは今からのお楽しみに。
今年仕込んだら、それは来年に♪

d0180447_09345364.jpg

さて、取り出した梅はもう酸味が柔らかい、梅酒の梅のようなものになってるのです。
そのまま食べて美味しい。
寒天に一粒入れて冷たいデザートにしたり。
ちょっと焼き込んでみようかなと思ってるところです。

さあ、明日は長らく計画していた、バカバカしく面白いホームパーティーをするので
準備や掃除で大忙しです♪


p.s.
息子のサワードウ3日目です。

d0180447_09352927.jpg

なんか不思議なことに、半分は泡立って浮き上がり、半分は下に沈んだまま。
でも、よく見ると浮いているものが徐々に下に落ちて堆積してる気もします。

d0180447_09353630.jpg
すっかり苺の色を飲み込んで泡々です。
しかも匂いがいちごヨーグルト!面白〜いw
もう十分これでいいんじゃないかと思うのですが、今日も静観なのですって。
この状態の酵母はまだすごく弱くて、乳酸菌と酢酸菌に負けちゃうらしいです。
だから、彼らバクテリアに負けない体力を付けるために活性化させなきゃいけないんだとか(興味津々)
だからまだ「成功」かどうかは6日後の状態までわからないのですって。ドキドキです(祈)



面白かった!と思われた方はクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-02 10:41 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(0)