一昨日、ようやく関西に戻って来られました。

色々あって、滞在が長引き、
病室に父とずっと泊まり込むことになって、看護師さん達とずいぶん
顔見知りになりました。

どんな手間でも、いつも笑顔で対応してくれるすごい人から、
できるだけやりたくない気持ちが出てる人まで、色々でした。
毎日打ち合わせで担当患者を決めるので、最終的に責任をもつ人がいないことが、
患者との問題を生む原因だけれど、夜勤だなんだとイレギュラーな時間を
勤務するのだから、しょうがないのだということもつくづくわかりました。

最初は4人部屋の窓際だった父。
ちょうどお盆前の異常気象で連日36度以上だった時、日差しの入る窓際の
父の空間は、エアコンの部屋でもすごい熱気でした。
家族が行けない時、暑くて苦しいと訴えたけれど、
皆さんから苦情がないのに、あなただけのために温度を下げることは出来ませんと
言われたとのこと。
他の方は、動けるので、日中涼しいどころにいくことも出来るとか、
マットレスが悪くて蒸れているとか、
窓際の日差しが当たる場所は温度差があるとか、
寝たきりの人で避難できない
ということが理解されなかったわけです。

忙しくない時は、ナースコールをするとすぐに来てくれますが、
あちこちでコールが鳴っていると、すぐには来てくれないのは、
当然なのですが、呼んでいる側はとても不安になります。
暑くて死にそうなのに、水のコップが手の届かないところにある。
喉が渇いたとナースコールをしてもなかなか来ない。
やっときたと思ったら、「担当ではないので少し待ってください」と消えてしまったらしい。

後に、看護師側の説明としては、
患者が飲みたいと言っても、水を禁止されてる人もいるので、
担当者じゃない場合は調べないと、勝手に水をあげられないのだとか。


多くの心的ストレスで精神的に不安定になったことで、
個室に移り、同時に家族が付き添うことになりました。

入院に至るまでも、かなり大変な目にあって母と姉が疲れ果てていたので、
泊まりこみは私がしました。
個室で看護師さんとのコミュニケーションもとれるようになり、
入院10日後に、エアーマットというものに替えてくれた時、
「まさかこんなに悪いマットに寝かされているとは思わなかったの。
私が実際に確かめれば良かったのわ。ゴメンナサイね」
と年配の看護師さんに言われた時、
ああ、こんな風に10日間誰も気がついてくれないって手違いが
やっぱり普通にあるのかと知りました。

私には知識がないので、通気を良くするエアーマットが寝たきりの人に良いことを
この時知ったわけで、家族か看護師さんが気が付かなければ
そのままだったわけです。
えー!とも思いましたが、10日で気がついてくれたのは運が良かったと思うことにしました。

家族が体験することで、父のストレスを看護師さんに通訳でき、
結果的にかなり分かってもらえたのではないかと思います。

個室料金は1日2万円を超えるので、10日で20万円以上が吹っ飛ぶわけです。
これを、どこまで許容できるか、今後まだまだかかる病院と介護費との兼ね合いなので、
悩ましいところですが、
大部屋だと看護師さんも忙しそうだし、他の方への配慮もあるので
なかなかコミュニケーションが取れないのと、
本人が訴えていても、我がままと捉えられがちな、小さなストレスの積み重ねが、
実は「前を向こうって気持ち」を打ち消すものだったりするのを感じました。
父のように「寝たきり」であったり、「耳や口や目が見えない」ような方々の場合、
全部を個室にしなくても、最初を個室にし、家族と病院生活を共有するのは、
けして散財ではなく、とても必要なことだなとつくづく思いました。


同時に、治療後をどうするか、あちこちに相談してまわってました。
高齢者が多いということは、我が家と同じような人々があふれていて、
どこも予約してから数ヶ月待ちだということ。
なるべく早く動かなければいけないことも知りました。
ソーシャルワーカーさん、ケアマネさん、どんな棲み分けかも知らなかった私です。
この2週間でとても勉強させてもらいました。

出来ることと出来ないことが明白で、
出来ないことに苦しみ悲しみますが、出来ることを一生懸命やってあげるしかない。
腹をくくりました。


滞在中、毎日美味しいものを作り続けました。
「この御飯がなかったら、耐えられなかった」と、皆が毎日感謝してくれて、
自分がメアリー・ポピンズにでもなった気分でした(笑)
がんばりましたよー。


帰りの飛行機の便が決まって、パパに電話をかけたら、
それまで「こっちは大丈夫だから心配しないで」と言っていたパパが、
「君がいないと、このうちには、バカ猫とバカ息子しかいないんだよー」と泣き言出てた(笑)

バカ猫は、男所帯でちょくちょくご飯が忘れられたからか、
私がいないからか、トイレじゃないところで大小織り交ぜてやっちゃったらしく、
暑いさなか、2人で泣きながら掃除したとかで・・・。

バカ息子は、家事分担をしてるのに、忘れて翌朝までやらなくて、
翌朝はやるかと見てても、やらなくて、雷を毎回落とさなきゃいけなかったらしく・・・。

パパも頑張ってたんだなあ。
それでも2人で頑張って、食べて、洗濯して、一回はお掃除もしたんだって。


帰ってきたら、観葉植物がカリカリになってました。
何年も生きてたアジアンタムが、2週間でお釈迦とは(涙)

カイちゃんのおしっこの匂いが、まだ取れてないようで廊下まで臭うし。

最初は私が買っておいた食材でお料理を作ってたみたいですが、
後半は、息子の証言によると、
「うな丼と焼き肉丼と牛丼を作ってくれたよ」って、丼攻め。
外食は、
「スシロー・スシロー・スシロー・ラーメン・スシロー・スシロー・マック・ラーメン・・・」
そんな感じだったらしい(爆)
由緒正しい男所帯食に、潔い男らしさを感じましたね(笑)
もしもの時用にと、山程買いおいたカップラーメンも、残すは5個になってました。
仕事から帰って御飯作るって、そりゃあ大変だよね。ご苦労様でした。

でも、へとへとになって帰ってきた、野菜好きの私のために、
ゴーヤチャンプルーをパパが作ってくれて、
息子が後片付けしてくれました(喜)


今週末から、私はまた父の方に行くんですが、
この1週間は2人にいっぱい野菜を食べさせなくてはっ!

畑もまだまだトマトが採れてるので、
本日はトマトの水煮を作って、大量に穫れてるナスを焼きナスや煮浸しにしました。
一週間、楽しみますっ♪
[PR]
# by africaj | 2014-08-18 14:17 | 雑記

誰もが通る道ながら、
それぞれにたぶん一番に辛いことなのだと思います。

たいがいの事は、見方を変えればなんてことないものですが、
身内の病だけは、どうにも前向きにとらえることができない。
この夏は私にもそういったことが訪れています。


2週間前、癌の父がついに動けなくなり、しかしなぜか入院が出来ず、
献身的介護にぎっくり腰となった母は、数日後、心不全寸前だからと
入院宣告を受けた。
この場合、母が入院したら父はどうなるのだろう。
そこからいっきに色んなことが、ありがたくも動き出し、
介護ベッドの搬入、ヘルパーさんの出入り、姉も毎日のように通っている。
それでも、母の心労は減ってはいない。
昨日、なんとか父が入院できることになったのでホッとしたのもつかの間、
いきなり今日の午後から入院しなさいと言われて、バタバタと病院に入ったら、
持ってこいと言われた箸と湯のみを忘れた。
夕食の時間に、配膳が来たのはいいけれど、
身動きの取れない父の前に、箸なしで食事が置かれたという。
箸がないことを言ったのに、結局対応してくれることはなかったと。
箸もない、食べさせる人もいないで、父はほとんど手を付けることもなく、
回収された。
下のことも、誰もケアしてくれる人がいず、夜通し我慢したと。

かかっているのは大きな大学病院で、ベッドがないから4人部屋なので、
気を使いつつ、辛い気持ちを母に小さな声で夜中に電話してきたと。
心不全寸前で無理は禁物と言われている母だけれど、
父がかわいそうで眠れないと、夜中の3時に母から私に電話がかかってき、
朝6時、病院が開くのを待って父のもとに駆けつけていった。

要介護の人間に病院はどう扱うものなのか、
ヘルパーは付いてくれないのか、まだ何もわからない。
これでは父は病院で食事が食べられない。
そんなことがあるのだろうか。
今週動けない用事があった私は、明日ようやく駆けつけられる。

離れて暮らすわが家なので、パパと息子の二人暮らしも頑張ってもらわないと。
私もいつまで出来るかわからない親孝行なので頑張らないと。

すべての夏の予定はとりやめ。
皆が協力体制に。
隔週で東京との往復。

更新はしばらく書ける気分の時だけになりそうです。

・・・畑・・・トウモロコシ、食べられて良かったです。
トマトは水やりが殆どいらなくてよかった。
手が回らなくなるのもしょうがない。
その時出来る事を続けていくことになりそう。
うまく合間を縫ってトマトの水煮、作れるといいなあ。
そういうことが気晴らしになる。
そして、冬のことを考えて夏に仕込む、この当たり前の有り難みをつくづく思うのです。
[PR]
# by africaj | 2014-08-01 10:10 | 雑記

トマト三昧。

梅雨時に食べて味が薄くて心配したスペイントマト、
今最高に美味しくなってます!!
やっぱり、トマトは夏に美味しくなるんですねっ。
ちゃんと、スペインで食べるのと同じ味になりました~っ!
d0180447_22253591.jpg
大型のRAFトマトがわんさか穫れてっ♪
サラダ用のトマトなので、青みが残ってるうちに収穫します。
まだ固めな感じで食べるのが断然好きっ。
熟すと甘くなるけれど、そのちょっと手前、酸味と甘味のバランスが美味しいっ。

d0180447_2230547.jpg
スペインのトマトの食べ方で代表的な「トマテ・アリニャード(トマトのマリネ)」。
生のにんにくをあらみじん切りにして、塩コショウ、シェリービネガー、EXオリーブオイルで和えただけ。
・・・て、今回は淡路島で買った紫玉ねぎも薄切りにしてますが。
生にんにくとトマトを合わせたこと、ありますか?
すっごく美味しいので、是非やってみてください。

d0180447_22403148.jpg
こちら、炒め用のトマトは、畑から穫ってきてさらに数日追熟させるから真っ赤っ赤♡
このザル一杯になったら水煮を作ろうと思うのに、
ポモドーロ、ガスパチョ、ラタトゥイユ・・・どんどん使うから
なかなか山盛り一杯になりません。
そして昨日、やっとやっと山ほどになったので・・・

d0180447_22474110.jpg
初めて、自家製の水煮を作りましたっ♡
皮を湯剥きして。
種と汁気を絞って。
瓶にびっちり詰めて、脱気して。。。

挟んだバジルが、赤い実を引き立ててとてもきれいな瓶詰め☆
炒め用のトマトはやっぱり熱を加えても実がしっかりしてますね。
一度に4瓶くらいづつですが、あといくつ作れるかな。
冬に開ける時、きっと夏の香りがしてうれしくなるんだろうなあ(ワクワク)
[PR]
# by africaj | 2014-07-31 23:13 | 季節の手仕事・発酵もの

夏の食卓。

暑い!!
連日のうだるような暑さ、すごいですね。

さっぱり和食だけど、食欲そそるもの~と魚屋さんをうろうろしてたら、
本日のメニューが決まりましたっ。
d0180447_2233432.jpg
焼きナスの冷たいポタージュ。
畑の長なす、じっくり焼くととろけるように柔らかくなって甘い。
オリーブオイルと生クリームをちょっとづつたらして。

それと、タコとキュウリの酢の物。
やっぱり、夏は酢の物が食べたくなりますね。
モロヘイヤや、そうめんカボチャの酢の物も夏の味。
d0180447_2234674.jpg
「今が旬」と書かれて売ってた、鱧の卵。
好物の鱧。
身の方はもう何度も梅肉添えを作ってますが、卵は初めて買いました。
他の魚卵と違う香りなのですね。
上品でとても美味しいっ♡
夏大根をたっぷりのお出汁で薄味に炊きこみました。
d0180447_224212.jpg
3品摘まんで、〆は鮎めし。
鮎のほろ苦さも、暑気払いになりそうで。
骨やお腹は取り除いて。
千切りの紫蘇のせて、レモンをぎゅっ。

今日のような夏らしい食事をしていると、
暑い暑い夏も、やっぱりいいなあって思えます。
[PR]
# by africaj | 2014-07-31 22:21 | うちごはん

江戸っ子まねっ子

世の中、イタリアのスローライフに憧れる人が多い中、
私の目指すものはそっちとは違うんだなーって思ってました。
いや、素敵とは思うんですが、憧れはしないの。

自分はどこを目指してるのか、ずっと考えてたのですが、
最近わかったんですっっ!!
私の恋する生活は、「江戸っ子ライフ」(爆)

知れば知るほど、たまりませんっ。べらんめい口調で話したくなってきますね(笑)


きっかけは、博物館の「北斎展」を手伝ったことは明白。
そこから、北斎の本を読み、博物館のセミナーを聞き、ますますはまったのですが。

そうなると、めぐり合わせはあるもので、
江戸好きと友達になるから不思議(笑)
私よりいくつ年上かわからない・・・たぶん20歳は離れてるのかも。
着付けも組紐も染色も・・・なんでもできてなんでも知っている素敵な方です。

そして、
d0180447_1853993.jpg
どーんと借していただき、
さらにどっぷりのまっただ中です。

「宵越しの金は持たねい!」って、
子供の時も、20代でも30代になっても理解できなかった。
そんな恐ろしいこと、そんなもったいないことって。

なんでか、今ならわかる。
そういう人生でありたい、格好いいと思えるから不思議。
そして、ワクワクするほどに憧れてしまうんです。


「江戸っ子の道楽」がまた格好いい!
ああ、私も道楽しよ~。道楽したーいっ!って言ったら、
「オレ達、食い道楽してると思うんだけど?」ってパパに言われました。
確かに、畑始めたのも食道楽の一環だしね(笑)
あと、旅道楽?

いやいや、もっとキリッと粋でバカバカしい道楽がしたーい!!
これから探しましょっ(笑)


d0180447_1837677.jpg
江戸好きの友人に見せてもらい、すっかりトキメイて買った本。
和柄のクロスステッチ。
目下野望は、ソファーのクッションを全部この和柄クロスステッチで作ることです。
でも、忙しすぎてまったくできない。
眺めてるだけで幸せ。でも、いつか作るぞー!!


d0180447_18395235.jpg
そして、物書きの姉が、時代ものを書き始めたのもまたタイムリー。
妖怪がいっぱい出てくる江戸ものです。
「のっぺら」そして、2巻目「ひょうたん」もまた面白かったり怖かったり。
江戸言葉を使って物語を作れるなんてすごい!関心しきり。
今まで時代ものを読んで、自分がその言葉を使って文章を書けるかどうか
という視点で考えたことがなかったのですが、
これはやはり、身内だから、でしょうか。
話を書きながら、空想で江戸の街を走り回ってるんだから、羨ましすぎて。
そして、素敵な江戸ワールドを作り上げているので、続編が楽しみなのです。

ま、そういうわけで、
私のこれからの人生のテーマは「江戸っ子まねっ子」でいこう!と決めたのでございます♪
[PR]
# by africaj | 2014-07-26 19:00 | わたしの時間