季節は巡り、イカナゴの解禁日が一昨日2月26日、昨年より9日も早くにやってきました!
去年は不漁と、稚魚を保護して次の年に期待って自主規制もあってお高かったので、炊くのを辞めた「くぎ煮」。
今年もお高い!今のところ1kg2000円くらい。
あーん、でもこれを食べないと春が来た気がしないです。
どうしようどうしよう・・・1kgだけ炊こうかな。

と、魚屋さんに行ってみたら、
交通事情任せでいつ来るかわからない輸送トラックを待って、もう一時間待ってる人々の行列が・・・(汗)
めげて本日は帰宅しました。
明日もう一度トライしますっ!(鼻息)


さて、11月末に漬けたたくあん。
1月15日に出してみて、まだ少し浅いかなって言ってたあれ。



2月に入って絶好調の旨さです♡

d0180447_16180736.jpg

やっぱり3ヶ月漬けとくのがいいんだなあ。
今回は砂糖の8割を干し柿と柿の皮で代用してみたんです。
夏に育ててた茄子の苗の直根を干したものも入れましたよ。
ウコン、昆布、唐辛子。
糠と塩。

マンションの植込み部分での大根育ては失敗したので、大山から送ってもらった大根。
今年は、先住植物を全部取り除いて、植込みを土中から改良して、もう一度トライしてみますよー!
絶対育つはず!マンションだってきっと。
これでダメなら、日当りイマイチってことを認めて、来年は諦めようw

d0180447_16181583.jpg

毎日毎日炊きたてご飯とたくあん。冷ご飯に刻みたくあんとほうじ茶でお茶漬け。
私の身体、たくあんで出来てるかも(あ、嘘ついちゃった。鹿肉でできてますw)


秋に、ネズミモチの丸薬を作った時に発見したことがあるんです。
ミキサーって大概のものを裏ごしした如く滑らかにしてしまうってこと。
で、
こしあんって裏ごししなきゃいけないって信じていたのですが、やってみたら、
ミキサーでできるじゃーんw

d0180447_16182021.jpg

簡単にウイーンでこし餡で来ちゃいました。
厳密に和菓子屋さんには怒られるのかもしれないけれど、家庭用だからこれでええやんね。

しかも、友人に食べてもらった感想が「こし餡って皮を取り除くせいで味が薄くなるせいか、
お砂糖しっかり入れないと物足りないものなのに、これって味が濃いね!」って。
そうなのです。
私、お砂糖3割りしか入れてないのに、美味しかったです。
これにちょっとごま油たらして、中華餡に♡
今週末、あんまん作ろ♪




[PR]
by africaj | 2018-02-28 16:41 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(7)

猪と鹿が揃ってやってくる時はそうそうないのだけれど、美味しい食べ方をしたいのと、
美味しいうちに美味しく食べたい思いもあって、
「美味しい」瞬間を留めておけるソーセージがいいんじゃないかと思いまして。
ソーセージ作りにまで足を突っ込んだのが去年。

ついに今年も作りました「イノシカ腸」w

d0180447_09211871.jpg

太めの豚腸を使ったので迫力がさらに増した「イノシカ腸」w
今年は最後足しで猪の背脂をゴロゴロ切って入れ、他にチェダーチーズと胡桃もゴロゴロ入れたの♪
肉汁がすごくて、いや~美味すぎましたっ!
大きいから一人2本って思ってたけれど、3人で10本ぺろりと食べてしまいました(汗)


スロベニアの牛肉ソーセージをベースにしたので、ニンニク、粉ミルク、胡椒とナツメグが効いてます。
牛肉は高温で火を入れると臭みが出るから低温でじっくり火入れするそうな。
鹿肉も同じなので、低温で火を入れてからフライパンで焦げ目を付けました。

d0180447_09205151.jpg


独学だったので去年は準備から作業まで大変に思えたけれど、一度やると案外と気後れしなくなるもんですねえ。
今年はちゃちゃっと用意してサクッと作れましたよ♪
お手伝いのパパもぐんとスキルアップ。
肉挽いて、調味作業して、腸詰めなのですが、3時間かからなかったもん。

あ、でも去年の記事を見ると5月に作ってるんですね。
そうか、ソーセージは寒い時期に作ると温度管理が簡単だからラクチンだったのかも!
5月だと、何をするにも氷枕が外せなかったのが大変だったのを思いまだしましたw

d0180447_09210664.jpg

ネジリを入れる時が一番緊張もし、楽しくもあり。

d0180447_09485583.jpg

ポメリの粒マスタードたっぷりのせて、ウイスキーで一杯♪
くーたまりませんっ☆

いやしかし、ソーセージ、だんだん慣れてきたので、豚とかでももっと作ろうかな。
こんなに美味しいなんて♡
ってか、ソーセージやベーコンのネット販売本気で考えてみようかしら。。。


おまけ。
「スキアッチャータ・ア・ラ・フィオレンティーナ」
オレンジ果汁とオレンジの皮のすりおろしを山ほど入れて、オレンジの香りに包まれて食べるケーキ。

d0180447_09223410.jpg
カーニバルの時に食べるフィレンツェのお菓子を最近教えてもらったのですが、
なかなか美味しくて、配合を変えて色々作って楽しんでます。
配合が少し変わるだけで、フィナンシエみたいな焼き上がりになったり、ふんわりスポンジケーキ風になったり。
作るたびに発見があって、まだ「これで確定!作ってみて!」ってレシピをここに書くに至らないのですが、
久しぶりに気に入ったケーキで、1週間に4回も焼いてしまいましたw


[PR]
by africaj | 2018-02-25 10:01 | ジビエ料理研究所 | Comments(3)

おとなしく家で。

りんご病か?って書いた夜、熱も38度近くまで上がって頭痛も。
その翌朝は全身に痒みのある発疹が広がっていて、唇に出て来るのも時間の問題って感じ(不安)
月曜日はみんな一斉に詰めかけるからと病院の受付始まる少し前に大急ぎで行ったのに、
内科と皮膚科と血液検査で半日かかりました。

皮膚科のおじいさん先生、酷いのです~。
「頬が腫れてる?ここ?」って頬骨のところを真面目につまんだのですよ!ありえないw
先生違います。下です、ここって指差したら、じーっと見て「ああ、ここか」って。
でもよく見たら、おじいさん先生の頬も老人だから垂れてこぶとり爺さんのようであった。
見慣れてるから気が付かなかったのか?いや、間違えないでしょー普通は(苦笑)

結局、原因不明の「蕁麻疹」って診断。
血液検査では、白血球が3年前の検診で5000あったのが、目下3000に減ってました。
ウイルスの侵入で2000の白血球が討ち死にしたのかと、Nスペの「人体」の影響かイメージが浮かぶw
原因不明とはいえ少し理解できるとほっとしますね。
ウイルスが落ち着くまで身体が戦っていて、過剰反応でヒスタミンが出ている。
その間抗ヒスタミン剤で落ち着かせて嵐が過ぎ去るのを待つ・・・のだと。
家にある市販薬より強い抗ヒスタミン剤を一週間分もらいました。
効かなかったら倍量飲んでいいらしいの。
市販薬含め抗ヒスタミン剤はそうびびらず連続や倍量まで飲んでいい薬なのね(メモメモ)


飲んですぐは効かないらしく、発疹も引かないし頭痛もまだあるし。
しょうがないから、おとなしく家で鹿をさばいてましたわw

d0180447_17290358.jpg


だってやることがこんなに。
早くやらねば悪くなっちゃうから(汗)
ちなみに、冷蔵庫にこうして書くってほんとに便利です♪すっかり愛用中。

d0180447_17285284.jpg

奥の大鍋で、焼いた猪の骨でスープとってるところ。
奥が猪、手前が鹿です。
鹿もも肉を裁かねば。

d0180447_17295027.jpg

肉を削いだあとの肋骨も出汁用だったけど、塩麹とみりん醤油&すりおろしニンニクで漬け込んでグリル。
昼ごはんにしちゃいましたw
肉は少ないのですが、骨と肉の間のテープ状の皮をぴーっと剥がして食べるのが美味しいのだ♪
今年はじめての猪だから、大事に食べつくしてますよ162.png

d0180447_17292991.jpg

日曜から煮続けていた猪骨のスープに中華街で買ってた中華生麺と、常備菜の煮豚でラーメン。
蕁麻疹と頭痛で夜は倒れてたので、パパが作ってくれました。
これが死ぬほど美味しかった!!(感涙)

d0180447_17294286.jpg

シンプルにネギとチャーシュウで。
猪骨ラーメンの旨味の濃いことよ162.pngどこのラーメン屋でもこれは食べられないって旨さ。

d0180447_17300470.jpg

土曜に来て血抜きして、日曜にミルクに漬けて臭みを完全に取って、洋酒とハーブに漬け込んだレバー。
一刻を争うから、病院から帰宅後、頭痛酷かったけれど、レバーペーストを仕上げました。
使い切ってほっとしましたよ。
病気も辛いけど、貴重な食材が美味しいタイミング逃して悪くなるのはもっと辛い。この日は頑張った~。


今は薬3日目。薬のおかげでもう蕁麻疹も頭痛も消えているのですが、
どうかあと4日でちゃんと収まってますように(ぱんぱんっ)


p.s.
絵画教室、先週は石とガラスの写生でした。
次回は人物。
進み方、はや~い(汗)

d0180447_17390864.jpg


コツを教えてもらえるって、やっぱりうれしいものですねー♪
その通りにやってみると途方に暮れることなくやるべきことが見つけられて、いい。

d0180447_17391400.jpg

色んな石で練習したりしてw
今こんな風に描いている私が、一年後はどのくらい上達してるでしょう。
比べたいから、最初の絵からできるだけ載せてみます。



[PR]
by africaj | 2018-02-21 23:20 | ジビエ料理研究所 | Comments(12)

昨日はすごい日でしたね〜。しかも2時に集中!どっちも羽生羽生w
オリンピックで羽生くん宇野昌磨くんが演技してる時に、藤井蒼汰君と羽生さんが対戦してたんですよね!
2時過ぎにフィギュアの勝敗が見えたって瞬間に、2時半からの将棋の後半戦チャンネルを探したんですが、
将棋って中継してないんですね!世紀の対戦だったのに〜。
見たかったなあ。。。
フィギュアの話題でもちきりだけど、藤井くん羽生さんを破って6段になるなんて〜すごい177.png

d0180447_23375880.jpg

去年作った塩鱈を戻して、グラタンを作りました。
そして今は冷蔵庫で来年用のバカラオを作ってますw

d0180447_23375329.jpg



去年もレシピ載せましたが、今回は焼き白菜
白菜をオーブンで焼くと、甘み凝縮でさらに美味しいんですよー。(もしくは干し白菜

(3人分)
白菜          1/4株
2日水で戻したバカラオ  半身の上身から10cmほど
日本酒         100cc
銀杏          12粒
マカロニ        120g(1人40g)
ホワイトソース     3カップ


1)白菜を200度で20分焼く。→半分に切ってから縦1.5cm幅ほどの細切りに。
  バカラオは1cm幅細切り。
  銀杏は殻にヒビを入れ、封筒に入れて600w40秒ほどチンして、薄皮も剥いておく。

2)鍋に白菜とバカラオを入れ、酒をふり、蓋をして強火にかけ、
  沸騰したら中火で10分煮る。銀杏を入れて置いておく。

3)マカロニを茹でたら、グラタン皿に具の全てを入れ、
  鍋に残った煮汁とホワイトソースを混ぜ合わせて皿ごとに具と混ぜる。

4)チーズパン粉をかけて230度で表面に焦げ目がつき、フツフツするまで約30分焼く。

d0180447_23380478.jpg

まだまだ寒いので、アッツアツのグラタンが美味しいですね〜?

d0180447_23381659.jpg

地味にスコーンも作り続けてます。
これはカッテージチーズを入れるレシピ。

カッテージチーズを入れたスコーンは、ふんわり上品なスコーンになりました。
生クリームバター多めだとサクサク感増して、これも美味しいですが、
普段食べるなら、カロリーも少なめで上品なタイプのスコーンが私は好きみたい。
レシピも確定したので、これでスコーン作りも一段落しますw

ところで、カッテージチーズですが
カッテージチーズを少量、例えば50g欲しいって時に、
ヨーグルト200gをレンジで2分チンして、キッチンペーパーに包んで重量の半分の重し(100g)をして10分〜15分脱水させると、出来ちゃうって知ってました?
よりモロモロとカッテージチーズらしくしたかったら、レンジにかける時間を少し長くするとできますよー。


さて・・・
昨夜夜中に狩りから帰ってきたパパ。
猪と鹿を持ち帰ってきました。
私は朝の3時まで、捌いたり焼いたり漬け込んだり血抜きしたり。

年明けからしばらく獲れない日々、しかも猪はこの冬初めてで嬉しい悲鳴あげてます?

それから、私、この四日間、毎夜蕁麻疹が出るんです。
薬飲まないと熱が出るは寝汗かくは、その割に朝まだ残ってるので、抗ヒスタミン剤を飲みます。
すると30分ほどですーっと引くんですが・・・身体で何が起こっているのだろう。
何を食べても・・・なので不思議です。更年期障害の一つかなあ?

P.S.
と言ってたら、発疹と共に関節痛と左頬が腫れてきました。
熱も上がってきて…
え??りんご病?
明日、病院行ってきます(汗)





HOTな食べ物教えて!






[PR]
by africaj | 2018-02-18 10:00 | うちごはん | Comments(4)

今、オリンピックでハーフパイプをやってるおり、ショーンホワイトが予選で98.5出してます。
「フォーティーン・フォーティーはまだ出してません」って解説。奥の手無しでこの点数かw
家にハーフパイプある人は違うわ。

あ、決勝で平野くんがんばってるー♡ショーンを上回ってる!!


息子が一昨日、面白かった~と帰ってきました。

どんなテーマで、何してきたの?って聞いたら、
「昔を探して答えを出せ」ってテーマだとかで。
その漁村はまったくの陸の孤島で、時代に取り残され独自の生活がまだ続けられているそうな。
皆が顔見知りだから鍵さえもかけなくていい暮らし。
仕事はないので若者はすでにいなくなり、老人ばかりの村。
そして、石巻、女川と言えば津波の被害がかなり凄かった地域。
色んな事色んな話を、村に毎日通って村人に声をかけ、話をいっぱい聞いてくる作業だったらしい。

滞在したのは、「モリウミアス」という廃校の小学校を改築した
これまた面白い施設なので紹介しておきます。



今回は「モリウミアス」は滞在しただけなのですが、なにか面白いことをしようとしてるのが
伝わります。復興も兼ねてだと思うので、意気込みが違うのだと感じます。

ここに滞在していると、子供達の声を久しぶりに聞いたと、
村の人達が食材を毎日届けてくれたのだとか。
野菜、わかめ、牡蠣、ムール貝、ホヤ(種類は少ないw)
ホヤを初めて食べた息子、「あれは・・・美味しさがよくわならなかった」とつぶやいてました。
毎日カキフライ。「俺、カキフライ好きだけど、3日も連日で食べると辛いね」としみじみ(ぷっ)

参加した子たちは7人。息子が一番大きくて、一番小さな子は小4だったそうな。
現地ではipadも携帯も全部取り上げられる。
二段ベッドが並ぶ20人大部屋でみんなで寝泊まり。
夜は暇だから、毎夜「千夜一夜物語」のように息子がおはなし会を開いたらしく、
最後の日にはみんなわくわく待つようになって「陛下」と呼ばれていたらしい。
「陛下、今夜はどんなお話をなさるんですか?」って(爆)
小公女セーラかシェヘラザードかw
ああ、「千夜一夜物語」はパパの十八番で、家族で旅をして暇だとパパは男シェヘラザードになるのです。
やはり影響大だな。ほぼファザコンです。
でもいいのでしょうね。
彼の、自分の中の難しさを超えられるような気がします。しっかりイメージして、模倣からよね。

むこうでは名前ではなく、最初に自分にニックネームを付けて呼び合ったのだとかで、
息子は何故か「四十四世」(笑)
ルパン三世を直前に見ていたからかなあ?
ああそういえば、最近クラッシックに熱中してい、見ていたBSで、
ヨハン・シュトラウス二世の曲紹介で、作曲者「(父)」って書いてあるのをみて、
これってヨハン・シュトラウス「二世」ってことは、父は「ヨハン・シュトラウス」ってことだよね?
名前書いてあげればいいのに!後世で「カッコ父」で終わらされてるって知ったら「俺が元!」って怒りそうと笑ってた。
それから「○世」って言い方にすごく興味持っていたので、それかなw

村を歩いて話しかけると、招き入れて家に上げてくれて、お茶と何かを出してくれたのですって。
その村は歴史研究にマニアの域を超えるほどになったおじいさんがいて、過去から津波を予測していたそうな。
隔絶されていて陸の孤島だと皆がわかっているので、大型の発電機を市に申請し続けて、
何度断られても頑張って買ってもらったので、大変な時期もそれに救われたのですって。
津波の時の逃避ルートを研究し、各家を誰がフォローし誰が引率するかを作り、
日々避難訓練をしていたのですって。
だから、全員が助かった村なのですって。

ずっと辛い話しか聞かなかったので、そんな村があったのか!って
嬉しくも心強くも感じました。
100%やられたわけじゃなく、人智が上まわった場所もあったんですよね。

3日前に予兆があったけれど、たいした津波じゃなかったそうな。
それで、「備えよう」としていた人達も油断したせいで、被害が酷くなったのですって。
その村は、そのおじいさんが「いやこれでは終わらない」と判断したから皆で備えていたのですって。

まだ、長老の意見で統率されている世界。
それが息子の一番に感じた「昔」だったそうです。



帰宅した息子は、また少し巣立ちが進んでました。
何かが違うのです。
頼りがいが出たような。親への寄りかかりが薄くなったような。

そして、パパもある決断をしていました。
今年、用事で少し長期の旅に行くことになるのですが、息子は連れて行かないって。
私的には、行きたがるし悲しむかなってちょっとドキドキしましたが、
「俺たちの旅にあいつが付いてくると、またダメになるから、もういいんだ」って。
それは、今回の彼の変化や成長を見て本当に感じるのですよね。
彼は私達の元にいないほうがいいなと、私も薄々感じていて、
春からばあばの家に行くことを勧めようと思っていたのです。

去年、「タイムスリップ」と称して息子の思い出の場所へ旅したタイ。
あれがやはり良い儀式で、我が家の子育てもまた新たな段階に行きたいので、私達も頑張り時です。

頑張って、置いていかねば(母性本能で台無しにしないようにしないと・・・)


[PR]
by africaj | 2018-02-14 11:56 | 息子のはなし | Comments(4)

秋に、友人にもらったぎんなん。
殻剥き状態でもらったので、茹でて皮を剥いて冷凍しました。
殻付きだと、長く保つので普通はそのまま置いていて、使う度使う量だけチンしてたのですが、
スタンバイで冷凍庫にあると、どんどん料理に使う自分を発見☆
冷蔵庫が新しくなって、冷凍に便利なものを探しているところなのです。
ぎんなんの冷凍は味も変わらず使えることがわかって、ちょっと嬉しいです。

d0180447_10293339.jpg


昨日は鹿すじ肉のお出汁でおでんを作ったのですが、ぎんなん串も入れました。

まだ息子は宮城の森から帰ってこないので、パパと2人。
熱燗ちびちび。
おでんのはじめに、ぎんなん串があるってちょっと嬉しかったんです☆
いいなあ、気がきいてる(自分で作っておいて悦に入るw)

これも剥いたぎんなんが冷凍されてたから。
茶碗蒸しやかぶら蒸し、グラタンに入れる以外たまに炒りぎんなんをあてにするくらいで、
忘れているうちに、中が乾いて固くなることもあるし、
ちょっとの手間だしって、本日は朝からぎんなん仕事。

d0180447_10295138.jpg

ほらこれ。
去年、京都で買ったぎんなん割りの出番ですっ♪

d0180447_10300990.jpg

すごい!こんなに割りやすいかってくらい気持ちよくお仕事してくれました♡

d0180447_10301780.jpg

網杓子でくるくるしながらお湯で茹でると、薄皮がきれいにむけて。
水気を取って冷凍。
これで春までもうちょっとぎんなんが楽しめます♪

d0180447_10302347.jpg

むきむきついでに、小玉ねぎの皮をむきむき☆
今夜のご飯を作ってしまう。
先日、イタリア・バルサミコの里に住む方から教わった「ぶどうのシロップを使った豚スペアリブと小玉ねぎの煮込み」。
味が染みるよう、余計な脂を取り除くのにも半日寝かせます。


おまけ☆
先日のお散歩の風景。
寒すぎて1月は一回しか山歩きしなかったのですが、やっぱり運動がんばらんと!ね。
先日、Nスペ「骨」に感動して、ますます週1できれば週2の裏山歩きを誓ったafricaさんなのです。
なにせ、「免疫力」「精力」「記憶力」のための若返り物質を出しているのは骨だというお話で、
日常的な骨への軽い振動が鍵だと聞いては、やるしかないw

家出たらもう山なんだから(つまり山に家がある)登ればいいのだし。
でも、意識してないと下ってばかりになっちゃうんですよね。どんなに山がそこにあろうと。

d0180447_10303334.jpg

ひと度分け入れば(ってそれほど大げさな山じゃないけどw)冬の森は白い綿帽子がキラキラでわくわく。

d0180447_10304037.jpg

色味少ない青い世界は幻想的なのです。

d0180447_10304663.jpg

落ちるのを忘れた赤い実がたまにあって、森に差し色添えてるのも可愛い。

d0180447_10305373.jpg

あ、お気に入りメレルの山靴も黄色でした☆
キーンの青いヒモと組み合わせて、さらに好きな靴に仕立ててます♡黄色+青も大好き。

d0180447_10310054.jpg

森を歩いてきたら、葉っぱ模様のパンを焼きたくなって
600才のサワードウ・なちゃで南フランスの穴あきパン「フガス」を焼きましたよ♪
中は塩漬け黒オリーブとローズマリーです♡



[PR]
by africaj | 2018-02-11 11:29 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)

黄色い人。

皆さんはどんな色が好きですか?

先日、水彩画教室用にバッグを買ったんです。

d0180447_00021357.jpg

見て見て♡こーんなの♪
うきうきっ。

最初にこれが気に入ってから、色んな色があったので迷って迷って、結局この色に。
なぜ決め兼ねたかというと、普段使っているバッグも

d0180447_00022066.jpg

同じ色(汗)


黄色ばっかりだしー
って言ったら「いいじゃないもう、黄色がトレードマークで。
あああの人は黄色が好きなのねってことにすれば」ってパパに言われて、
なるほど、抗うのはよそうと(笑)

でも、あれですね。
黄色がいくら好きとはいえ、もう持ってるから次は違う色に~
って感じで気を使って選んできたつもりだったのに、気がつくと、そのわりに・・・

d0180447_00022781.jpg

携帯も(未だガラケーw)

d0180447_00023800.jpg

スケジュール表も・・・

d0180447_00024496.jpg

部屋着なんて上から下から中まで(苦笑)

d0180447_00025177.jpg

好きな一角も・・・


d0180447_06483055.jpeg


そういえば車もだったわw


d0180447_09425396.jpg

そういえば、いつも寝てる部屋の壁紙もでしたw
壁が黄色で天井は白なの。考えてみたら車と同じ配色ではないかっ!
無意識にいいなあと思うものを選んできたけれど、そうか白&黄色が好き♡

d0180447_00025838.jpg

結婚指輪代わりに18年間してる琥珀の指輪も。。。

今更気がつきましたが(今まで気がついてなかった)、集めてみると私って山吹色ばかり(爆)
そう言えばお財布も・・・って見たら

d0180447_00030593.jpg
これは緑だったw
これの前に使ってた財布が山吹色だったので、選ぶ時にちょっと気を使って緑にしたんでした。ははは。
これだけ黄色だと一点は緑にして良かった、などと妙にほっとしたりして(苦笑)


いつも無意識に選んでたので、真面目に集めてみてびっくり。
こんなに黄色が好きだったなんて・・・自分で笑っちゃいました(爆)
でもいいや。
好きな色に包まれてると、幸せになるから。
もう「黄色い人」でいくの。よろしくお願いします(?)


[PR]
by africaj | 2018-02-07 00:32 | わたしの時間 | Comments(12)

この方の「料理歳時記」を繰り返し繰り返し読んで、線を引いて、
これを作ろうあれを作ろう、イメージしたり、書き留めたり、バイブルのようにしてます。
辰巳浜子さん、辰巳芳子さんのお母様の書かれた本。
724円。写真もなく、文字びっしりですがすごい情報量です。
これを全部写真付きで今風の本に仕立て直したら何冊になるのだろう。
裏を見てみたら「およそ400種の材料をとりあげ・・・」と書いてありました(驚)
読んでも読んでも終わらないわけだわあw

d0180447_19190010.jpg

でも、昭和の私の子供時代の雰囲気が詰まっていて、懐かしいのです。
昔ながらの食べ物の知恵、お惣菜のコツが四季ごとに載っていて、
母の世代の人にもっともっと聞いておけば良かったと思うことが、いっぱい書いてあって
読んでいて満たされていくんです。

その中で、お出汁を取った後の昆布を低温でゆっくり揚げる食べ方が載っていました。

d0180447_19190656.jpg

お正月にいっぱい昆布の出汁がらが出たので、佃煮が大量にできてしまったし
冷凍庫の出汁がら昆布すでにたくさんあるし・・・と、そのやり場に困って
昆布出汁を日常的に作ることを躊躇するという本末転倒になりかけていたところでした。

短冊に切って、160度より少し低めから低温でゆっくり揚げる。
それだけです。

じっくり揚げるとカラッとしてきます。
サクッサクに揚がった昆布に塩をふりかけていただきました。

「甘いものだらけのお菓子より、どんなに美味しいか、そして栄養もあり、
第一に公害のない手作りのお三時です。子供だけではありません。お年寄りも大好きです。
お酒のおつまみにも好評です。」

本にもそう書いてあります。
本当にね、お酒のおつまみに一瞬でなくなりました♪
こんな食べ方があったかと、また辰巳浜子先生に教わってしまったあ♡

出汁がら昆布の使い道に困っておられたら、是非やってみてくださいね。



[PR]
by africaj | 2018-02-05 19:37 | 食べることの冒険 | Comments(6)

息子の話は久しぶりです。
この時期、恒例の「レポート出さないと進級できない」問題が発生しており、
ついに高校をやめるそうな。
毎年毎年やめるのやめないの、
いや今やめるのは得策じゃない。せめて後悔した時に戻れるように休学に・・・という先生の言葉、
日本は学歴がないと厳しいという周囲の言葉になんとか留まって今まで来たわけですが、
面の皮一枚で繋ぎ止めて進級した後、心を入れ替えることなく、年明けから大変になるのを何度経験しても、
じゃあ最初からやっとこうって思考にならないんだもの。

これはあれだよね。
本人は根っから「やる気がない」
続けてる方がエネルギーの無駄ってレベルだからもう、なにも言うまい。

とりあえず、20才になったら出ていってねと伝えてあるので、
あと3年どうするのかな、彼は。
その後一人でも食べていけるようにスキルを身に付けろよとは言ってますが。


自分でも、自分がこのままじゃダメだって思ってるみたいです。

先日、彼が属している「大学のプロジェクト」で
『自給自足から社会を学ぶ体験』に参加したい人のレポート選考があって、
選ばれると交通費滞在費支給の5日間の合宿に参加できる。それに選ばれておりました。

なんて書いたの?と聞いたら、
「僕は今までスペインでも日本でも色んな体験をいっぱいしてきた。色んな所へ旅をしたし、
季節ごとに栗拾いしたり鹿を撃ちに行くのに連れて行ってもらったりだけど、
それはいつも両親が計画して連れて行ってくれることで、僕が自分から考えて選んでやったことじゃない。
だから、その体験は貴重なものとして残ってはいるけれど、僕の中に僕のものとして形になってはいないと思う。
僕は今年からは自分が動いて身体の中にきちんと形になる体験をしようと決意したので、参加したい」との趣旨を書いたらしい。

なんだ、わかってたのか。
生き方うまい子なら、親の計画に自分も参加してちゃっかり自分の体験にできちゃうものですが、
息子は誰かのお膳立てだと、どうもお客様のままでいる子。
お出かけすると、自分がどこに行こうとしてるのかや今日一日することすら、親にお任せのままで。
興味を持って自分が先頭に立とうとしないで、いつも「付いてくる」だけってのが親には歯がゆかったのです。

でもね、ひとたび一人でルートを考えるとなると、わざわざ苦労する方を好んで選ぶ。
関西から現地(女川駅から広がる森)への交通費を調べて申請しろという最初の課題に、
ネットで普通に調べると、飛行機で行って最寄り空港まで予約した送迎バスに来てもらうとあるのを、
敢えて、それじゃあ初めて行くのに宮城でもどこでもいいことになる。
ちゃんと街の風景も空気感も感じずに、現地だけに直行するんじゃ行く意味がないって、
電車と市営バス、もしくは徒歩で行けないかって調べまくって、
思うように交通が見つからず、遂にはわからなくなって課題提出が遅くなってました。
(結局電車に拘って行けるところまで行ってから車に拾ってもらう話に纏まって、旅立ちましたが)

まあ、同じレポート提出が遅れる話でも、
通信制高校のレポートは結局自主的には一枚も出さなかったけど、
このプロジェクトの課題は一応熱意持ってやってるんだし、
やる気ない子ってわけじゃないの…よね?

とりあえずは、このクソ寒い2月にわざわざ女川駅の先に広がる森で自給自足しに行くわけだし、
その3日後から、またも北海道で炭焼き職人さんについて一ヶ月ほど修行をやる気みたいだし。
やる気ないわけじゃないのですよね。



どうやったって通信制高校のレポートをやる時間なく3月になっちゃうので、もうダメ。
私だけがまだ拘ってるんですよね。学校辞めていいんだろーかと。
当分ちょっと落ち着きません。

普通に学校行ってくれてたら良かったなーって思うこと多いですが、ここまできちゃいました。←今ココ。

d0180447_14043800.jpg

自分の道の方向、わかってるのかなー。つい心配しちゃう母。


p.s.
いちから一歩一歩自分の足で歩いていくなら、この子は興味が掻き立てられて進めるのでしょうね。
誰かが手を差し伸べた瞬間、思考停止してその人の後ろについていっちゃうんだわ。
そうか、私と同じタイプで、私よりかなり重症なんだと気がつきました。

次女の私はいつも誰かに連れられていたから、人と一緒だと
おしゃべりに夢中で全く道も時間さえ、酷いと目的地の名前さえ相手に委ねてついてっちゃう。
きっとこの人が知ってると思うと、もう脳は動こうとしないのです。
これがたった一人だと、周囲をすごくよく覚えて道も覚えられる不思議。
車もそう。助手席にいると、何十回往復してても全く道を覚えてなくて
パパに呆れられます。自分で運転すると一度で覚えるのに。
さっき書いてた息子の困った点と私の傾向、同じで苦笑いです。
それを自覚してからは、旅は一人でするようになりました。
その方が自分の全感覚がフル稼働して、断然面白いのがわかったし、
すごく記憶に残って経験が積み重なったのでした。

私と同じなら、私が信じてあげないといけないですね。
パパに似れば良かったものを、ね。
パパはラクで暖かい方をネコのような嗅覚で見つけて、素直に渡り歩く羨ましい人。
私、苦労する方ばかり行っちゃうから。息子もお気の毒。



[PR]
by africaj | 2018-02-04 14:17 | 息子のはなし | Comments(4)

ゆず大根を漬ける。 mamalife

今日は節分。
さっき恵方巻き食べて、豆まきしましたよー。
恵方に向かって祈り事して、太巻きにかぶりつく・・・ここまではいいんですが、
「無言で食べきる」って、これが年々苦痛になってきました。
我が家ってみんなおしゃべりなのか、無言で食べるこの面白くなさが辛くて。
しかも、太巻きって集中して食べてると半分くらいで嫌んなる。
今年は最初だけ立って恵方にお願い事してかぶりついたらOKってことで、
座っておしゃべりしながら食べましたw


すごく美味しいから作ってみてって、ゆず大根のレシピを教わったのです。
でもびっくりするほど砂糖が入ります。
売っている柚子大根も甘いですもんね。
千枚漬けを作りたいと思って調べたレシピも、同じほどお砂糖をかなり入れます。
今までも何度か作ったのですが砂糖を控えたせいで「ゆず入りただの大根漬け」だったのでw
今日は砂糖をきちんと入れて作ってみることにしました。

d0180447_23243350.jpg

千枚漬けとゆず入り大根、レシピを見比べると塩の量は同じ。
千枚漬けの方が酢の量が多く、砂糖の量も多い。
ゆず入り大根は酢が控えめで、砂糖の量はめっぽう多い。

漬け汁をちょっとずつ作って味比べしてみました。
うーん・・・どっちも甘い(汗)
普段お砂糖をほとんど使わないので、強烈過ぎました。
ベースからお砂糖を美味しいと思えるほどに少しずつ減らしていって、
酸っぱくない程度にさっぱりするまで酢を少しずつ足していって。

完成したレシピがこれです。

大根   300g
塩    8g
酢    20cc~22cc
砂糖   25g
柚子の皮


一度塩漬けするレシピもありますが、
これはそのまま、大根を調味液&柚子の中に入れて袋の空気を抜いて漬けておくだけ。

d0180447_23244668.jpg
半日経った浅漬け。
2日目さらに美味しい♪

柚子を昆布と鷹の爪に変えれば「千枚漬け」のレシピ♪
聖護院カブの時期なので、今年は漬けてみようかとこんなものまで買ってしまいました~(てへ)

d0180447_23244053.jpg

でかっ!
キャベツの千切りもできるって言うから、まあいいかw


休日のもいちゃん♡

d0180447_14454755.jpg

猫は和むなあ。

d0180447_14460728.jpg

冬の床暖は猫をダメにしますな。怠惰すぎ。人間もだけどw


[PR]
by africaj | 2018-02-03 23:20 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(2)