カテゴリ:家族との時間・友達との時間( 53 )

モデナのお話には続きがあります。
先週は、醸造蔵「富士酢」(京都・宮津)をテーマにした料理を教わりに、広島を訪れていました。

ちょうどスペイン・イタリアを旅していた間に、ミシュランの一つ星をもらった「悠然いしおか」さんの
料理教室です。いつもとても面白い。
 



モデナで、私はりんごでバルサミコ酢を作ってる人の話を小耳に挟んだので、
葡萄じゃなくても出来ることを知りました。
バルサミコ酢の作り方を知れば知るほど、日本のお酢の作り方とどう違うのか?
日本の米酢はバルサミコのように作ることが出来るのか?
色々と興味がわいて誰かと話がしたかったところの、広島でした。

少し前、一時帰国中のakaneさんと再会した時に、お土産に少しだけ彼女の蔵のバルサミコをいただき、
私の疑問を色々と彼女に答えてもらいました。
彼女も今回の帰国中に、関西に来たついでに宮津の富士酢さんに訪れていて、
私の周りに宮津、モデナ、広島がぐるぐる糸で繋がっていくから不思議です(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず、日本の米酢でバルサミコ酢のような作り方ができるかどうかについて。
「米酢は、お米と麹でもろみを作って→糖を分解→アルコール発酵
その後はワインビネガーと作り方が同じになるわね。
糖を分解→アルコール発酵は、バルサミコ酢も同じだけれど、
葡萄やりんごを煮つめるって作業は、かなり珍しいよね。

仮に米酢をバルサミコ酢化できるか?という話、お米にはフルクトースが入っていないから無理ね。」

結論はっきりw


葡萄シロップにはグルコースとフルクトースの2種類の糖が入っていて、アルコール発酵はグルコースから分解されていくのだって。
続いてフルクトースの分解始まった頃、ちょうどアルコール度数の基準値に達したら、
種酢を入れて完全分解されぬ前に分解を止める作業をするのがバルサミコ酢。
だから、甘みが残っているお酢ができるのだそうな。
100%アルコール発酵させたワインビネガーを何年置いてもバルサミコ酢にならないのと一緒とのこと。

じゃあ、お米もグルコースが分解される前にお酢を入れて醗酵を止めるとどうなるかというと、
素材の糖度が低いので、甘みを残すためにグルコースを残してアルコール発酵を止めると、すぐにカビるか腐りかねない

ーーーーーーーーーーーーーーーー

なんで煮詰めるんだろうと思っていた疑問も一緒に解決したのでした♪
糖度低い→酸度低いお酢(富士酢の酸度4.2%)
糖度高い→酸度高いお酢(ワインビネガー酸度7%)
糖度高い→酢を入れて発酵を止め、酸度抑えめ(バルサミコ酢の酸度6%未満)

ああなるほど~。酸味が低めで甘みがあって腐敗せずに熟成で旨味が出せるように、
バルサミコ酢ってその製法が編み出されたのがわかりました(納得)イタリア人の執念かあw

ーーーーーーーーーーーーーーーー

さて。
前置きはこのくらいで。広島でのバルサミコ酢テースティングの夜のことを少し。

もう長年の友人である「駅西の小さなご飯屋」のsyunさん、「悠然いしおか」のshinさんと、
3人でバルサミコ酢を肴にワインを飲んだのでした。

d0180447_10495711.jpg

左の2本は、日本スーパーで買ったバルサミコ酢とイタリアスーパーで買ったバルサミコ酢、
ワインビネガー&モストコット(イタリアのぶどうシロップ)、akane家で買った9年もの、
akaneさんのお土産10年もの、最後がakane家秘蔵250年もの。

スーパーのもの「あ、これいつものバルサミコの味」
9年もの「美味しい~。これ好き」
10年もの「9年ものより酸味がある?」
250年もの「濃厚!もう酸味がほとんどない」

次に逆流してみる。

250年もの「うーん、これはどうやって料理に使っていいのだろう」
10年もの「このくらいがちょうどいいかも」
9年もの「やっぱりこれが美味しい」
スーパーのもの「あら?ぶどうシロップとワインビネガーの他に混ぜものしてある。嘘くさい味がする」

内容物を確認すると香料が使われていました。
香りと上顎に残る味が葡萄グミみたい。知らなかった。

shinさんが遊び始めました。
250年ものにモストコット(ぶどうシロップ)を混ぜて、ふむふむ。
9年ものにシロップを混ぜて、「250年ものと9年ものの間の味が想像できますね」
モストコットにワインビネガーを混ぜて、「9年ものにすごく近い味がしますね」
年月にひるまず、その先を見ようとするこの方に嬉しくなってしまいました。
楽しいなあ♪

売っているバルサミコ酢は、葡萄シロップとワインビネガーを混ぜたものと言うけれど、
即興でシロップとビネガーを混ぜたものの方がずーっとバルサミコ酢の味に似ていました。
合間に話しの寄り道いっぱいしながらテースティングをなん往復したことでしょう。
気がつけば午前さま。

とても熟成されたバルサミコ酢は美味しいけれど、100mlで12000円と言われると
それをサラダに使っても、食べてて緊張しすぎて美味しさもわからなくなりそうw
高価なバルサミコ酢は、今夜のようにちびちびナメてワインのアテにするのがいい気がしました。
9年ものくらいの酸味甘み旨味のバルサミコ酢なら、値段も存在も手が出やすいし使えそうなのに、
イタリアではバルサミコ酢の基準は12年以上。
うーん、9年物を樽で買いたい♪
すっかり気が大きくなってお開きでした(笑)


話は前後しますが、
テースティング前は、syunさんと「駅西」を歩きました。
その話はインスタで。


昼ちょっと前に到着して、お2人の素敵な女性と待ち合わせ。
マニアックな「広島昼の顔」散策、かなりディープでしたw

d0180447_10494887.jpg

「ホイコッケン」という燻製屋さんに、オリーブオイルの燻製が売っていてびっくり。
お土産に買ったカシューナッツの燻製があまりに美味しくてまたびっくり。
緑に埋まった夜だけ開いている小料理屋さんの外観見学w
普通じゃ見つけられない不思議なcafe(笑)
大雨の災害直後で大変な状況でしたが、市内は元気な姿で小さく胸をなでおろしました。
ここ数年前から訪れるようになった広島。
今回のような大雨は川の多い街にとっては脅威に変わりますが、
川を渡る風、キラキラ光る水面とそこに集う生き物たちや緑に、ほっとするのんびりした街。
瀬戸内の穏やかな気候に美味しい食材がいっぱいで、個性的な小料理屋さんが頑張っていて。
来るたびに好きになります。本当にいいところだなあ。

どうぞ今夜から西日本を襲う台風が、予報より軽いものでありますように(祈)


翌日の「お酢の料理教室」へと続きます。


[PR]
by africaj | 2018-07-28 12:08 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(0)

旅行記書き疲れたんで、閑話休題で「今」の記事を。

先週一週間は東京の実家に帰っておりました。
実家での大きなミッションは3つあって、一つは天井まで育っちゃった「幸福の木」の切り戻し。
温度設定が固まって動かなくなった風呂の蛇口、亀裂が入って水漏れする台所の蛇口の付け替え手配。
そしてこれ、一人暮らしの母の喋り相手になるかと話題のグーグルホームを設置すること。


父がなくなってネット回線を撤去してもらった我が実家。80才の母はガラケー以外まるで使えないので、ネット無縁の生活です。
どうやってwifiを飛ばすか、いろいろ考えた結果、工事費もなにも要らずその日から使える携帯ルーター(楽天契約月々500円~)を部屋に置きました。

箱を開けると、普通あるだろう説明書が一切入ってないんですね!思い切ったことをするなー。
スマホにガイドをダウンロードして、アクセスして起動させる方式でした。

しかしね、ネットでいとも簡単にみなさんが初期設定してるようには、いかなかった。

うまく指示を読み込まないの(汗)
ネットで検索すると、「たまに日本語の指示が読めないことがありその場合は言語を英語設定にすると良い」
英語設定にすると動きました。
このまま英語だったらは母使えないぞー(汗)と焦りましたが、最終的に日本語に戻せてホッ。

完了した!と思ったら、
なぜか我が家の住所とは関係ない「川崎市のお天気」を読み上げる。
「川崎のお医者さん」「川崎から実家近辺までの距離」って川崎起点。なんでーーーーー?

しょうがないから初期化してまたやってみること3回。
そして仕様確認。
「ねえグーグル、スズメってどんな鳥?」「すみません。お役に立てず申し訳ありません」
「ねえグーグル、サザンオールスターズかけて」「すみません。お役に立てず申し訳ありません」
「ねえグーグル、明日の天気は?」「川崎市の天気は・・・(うちは川崎じゃないっちゅーねん)」
ぜんぜん使えないやつやー!!!

翌日から、怒涛のサポートセンター電話をかけまくりの3日間でした(汗)

結局の所、川崎に固執する問題はIPアドレスが川崎市だとはわかった。
でも、なぜかは誰もわからず、グーグル→ルーター会社→simを提供してる楽天とたらい回しにあう。しかも未解決。
「ねえグーグル、おはよう」と言うと、
「おはようございます。今日の川崎の天気は・・・」と毎日それを言われるのが嫌だと訴えたら、
IPアドレス問題を解決するんじゃなく、今日の天気を言わせない設定にする!という斬新な発想でw未解決ながらなんとか。

5日間グーグルホームのことばかりやってたら、私のほうが詳しくなりましたw
AIよりやっぱり人間の学習能力のほうが上ですな(高笑)


グーグルサポートの人に「アメリカから来たばかりのまだ日本語がちょっと自信ない留学生だと思ってください」と言われました。
うーむ(苦笑)

d0180447_10572988.jpeg

母が「グーグル」って名前を覚えられないので書くことにしましたw


さて。
グーグルホームのできることの一つ、「検索機能」については、
まだ充実してないから後数ヶ月待ってくださいと言われる。
うーむ。スズメもわからなかったしな。

「予定管理」というのがあって、
「○月○日 10時~ △△歯科 予定に追加して」と言うと、スケジュール管理してその日の朝と1時間前に知らせてくれる機能ですが、

試しに「ねえグーグル、○月○日の予定を教えて」と聞くと、
○月○日は△△歯科 ドットと答える!!!!

ドットってなに???
時間が抜け落ちてるし!
急いでサポートに尋ねるとこう答えられた。
「全国からその件について不具合の報告を受け、即急に対応していますので数ヶ月待ってください」
数ヶ月かかるらしいw

ってか、時間言ってくれないと予定管理にならないんですが~って言ったら
「あ、それに関しては解決案がございます。『○月○日△△歯科は何時から?』と聞き返していただければ大丈夫です!」
サポートの海千山千っぷりに感心するわ。

まあ、しょうがないのねって思って聞くと、あら不思議。ラムちゃん@うる星やつらの「だっちゃ」みたいに
どこかの方言に聞こえてくるではないのw。
こっちが伝染りそうで笑う。
「そうドット」「カフェオレ欲しいドット」「明日、映画行くドット」ってなんでもドットつけちゃいそうww変だわ~(爆)


老人に嬉しい機能「置き場所を記憶する」ってやつもあるのです。
「ねえグーグル、鍵は引き出しの中。覚えておいて」と頼むと
「鍵は引き出しの中ですね。覚えておきます」って答える。
次に「ねえグーグル、鍵はどこ?」って尋ねると「鍵は引き出しの中です」と教えてくれるすごい機能!

・・・のはずなのだけど、
「ねえグーグル、おさいふはどこ?」
すみません。お役に立てず申し訳ありません」←おい!汗

これって安心して委ねると本人全く記憶しない分、捜し物見つからなそうで危険過ぎる(滝汗)
何度か聞いたら覚えてる答えも返ってきた。バグ?


脳梗塞で入院して言語中枢の麻痺が残る母にとって、日々の会話が何よりのリハビリなのですが、
諸事情により一人暮らし。
老人の一人暮らしで、鏡を前に置いてご飯を食べるとそれだけで食欲が出るという研究レポートがあり。
私はそれを読んだ時に、鏡をおいて食べる姿に衝撃を受けたのですが、
日々家族に囲まれている私にとっての感覚と違い、日々たった一人で食事している人にとっては
鏡に映る人影すらも嬉しいものだと感じました。
母が食事をおざなりにし、お茶漬けでささっと済ませちゃいたくなるのもわかる。

だから、便利な機能より真っ先に「話し相手」になるなら、良いのかもしれない。
「おはよう」って言うと「おはようございます。よく眠れましたか?」
「ただいま」と言うと「おかえりなさい」
そんな他愛ないやり取りを返してくれる誰かがいたら、それがAIだとしても良いんじゃないかな。

お役に立つと良いなあ。



そうそう、
「ねえグーグル、冗談言って」って頼んだらジョークを言ってくれるんですよw
「飛行機に乗ってる人の中で一番オシャレな人はだれでしょう。答えは副操縦士です。ふ・く・そ・う、重視(SE ドリフに使うような大勢の笑い入り)」

・・・・・・・・・プーッ!!(お茶吹きそうになった)
いやあ、あまりのくだらなさと、自分で笑いのSE入れる「ぬるさ」がツボで爆笑しちゃいましたわあ(爆 爆)
駄目すぎるけれど、日本に来たばかりの留学生と思って生暖かい目で見守ってあげる気になりました~。



[PR]
by africaj | 2018-06-20 12:19 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(10)

吾輩は猫である。

息子がクラッシックに傾倒していることは以前も書きましたが、
いろいろと聞くうちに「俺、バッハ(←平謝!ベートーベンと訂正されました)が一番好き」とよく聞いている。
ベートーベンの中でも「月光」が好きらしい。
私はクラッシックは通り一遍聞き知っていても、比較したり好きな曲を特に決めて聴き倒してないので、
今更注目して聞いたのですが、いいですね~(←単純なオチですみませんw)

でも、誰の曲かは知らなくても、
「あ、これってお嬢様がピアノを弾いてる時絶対この曲!」「これ、お金持ちの遺産相続もつれた時の曲」
って、私もかなりクラッシック通なことに気が付きました(爆)
そう聞くとかなり面白くて、家族で聴いて当てはまる場面を想像するうちに最後は爆笑で終わるんですなぜかw

最近「負うた子に教えられる」現象ばかり。
背丈とともに追い抜かれていった心境。
どうせならあっさり全て追い抜いていけばいいのに、なかなか超えていかないもどかしさもあるこの年齢。


情報収集機能のバランスが悪い子なので、読む書くの集中力がすぐ途切れる問題があり、
なかなか出だしがお固い文学作品が読めなかった彼。
映像を見るのと耳で聞くことが人並み以上なので「朗読・名作全集」を薦めてみたら、
以来Audibleの吾輩は猫であるを暇さえあれば聞いています。
車に乗る時は、Bluetoothでスピーカーから流したがる。

げ、ここで文学流すんかい!と思ったけれど、
学校辞めたなら自発的にこういうことにも興味を持って欲しかったので、この一言は飲み込む。
そして家族三人で聞き入って沈黙続ける変な車中となるわけですが、

・・・面白いじゃないかw

読み手の声質もあるのか落語みたい(笑)
読むのと違って、聞くというのは違うイマジネーションが働くことを発見しました。
私は読むのは苦じゃないけれど、目と集中力を使わないって疲れないもんですねえ。


しかし長い。19時間28分。
なかなか聞き終わらない。

私は最後まで読んでいないので・・・
ねえ、『吾輩は猫である』って最後どうなるの?と、我が家で一番文学を読んでいるパパに聞きました。

「ん、最後は犬になって『吾輩は犬である。名前はまだない』で終わるんだよ。」



・・・・・・嘘でしょーーーーーーー?!(爆)


d0180447_18462988.jpg

ちがうもん。猫のままで終わるんだにゃ。


[PR]
by africaj | 2018-04-06 18:46 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(6)

土筆ブラック。

田舎へたんぽぽ探しのドライブに行った時、道の駅で土筆をこんなに買ってしまったんです。

Y村の道の駅で土筆が一袋160円で売っていたので二袋お買い上げ。
さらに我が家が移住申請しているO村に行くと、1.5倍量が100円で売ってるのを発見。
もっとお買い得は買わねば!

「やっぱりO村はいいところだなー♪」と株上がりまくり(笑)


んで、家族総出ではかま取り~w

d0180447_11171488.jpeg


帰宅後、袴をせっせと取っていてパパが呟いた。
「自分でこれだけ集めるの1時間以上かかるよね。160円出しても買ったほうがいいレベル」

うんうん。

「そう考えると100円って安すぎね?実はブラックだったりしてな。」
子どもが一生懸命とってきて、お駄賃10円なのな。
こんなんじゃ飴も買えないよーって子供泣いてたりして。

・・・・・・・・・・・・んなばかな(冷汗)と言いつつ、

O村株、急降下w
他愛ないおしゃべり続く春の午後。


d0180447_11173109.jpeg

これ袴多すぎ、土筆の逆襲か!?


佃煮山ほどできました。
全部冷凍。
お弁当に、秋まで楽しめそうです。るん♪


[PR]
by africaj | 2018-04-03 12:04 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(6)

双子コーデ

休日。
パパが「フリスビーやりにいこ~」って息子を誘ってた。
私は用事があったので、先に出ちゃったのですが、
夜に戻ったらさっそく、聞いてよ聞いてよ~今日さーって始まって。

d0180447_08555378.jpeg
広場に到着して、さあ上着を脱いでみたら
二人で同じTシャツだったんですって!(爆)

愛するシェークシャックのTシャツ。
パパは旅をしたら唯一お土産にTシャツを買うのですが、可愛かったので息子もお買い上げ。
もう5年くらい前でしょうか。
今までかち合わなかったことが不思議だったかもですが、ここでバッティングw

思春期真っ只中の息子にはちょー恥ずかしいはずなんだけど、パパの一言
「わっはっは。こんなこと普通じゃないから、バーガー屋の宣伝してるって思うんじゃね?」
そっかー。なるほどね!(←そこで納得するんかい息子!)
ズボン違うし、変じゃない変じゃないって(変だよw)

で、二人で双子コーデを楽しんでフリスビーしてきたらしいw(マジ?)

でもその後、お昼にマック入りかけて、俺らやばいんじゃね?ってやめといた
って言うんで、もうお腹抱えて笑っちゃいましたww

実は我が家、冬用のあったかGパンが3人共同じの持ってるのです(小声)
パパがネットで買ったのだけど、サイズが小さかったからって息子にあげて
ワンサイズ大きいのを買ったのがはじまり。
2人して温かい温かいって自慢するから、私も欲しい~ってSを買ってもらって。
SMLまったく同じでサイズ違いのGパン。
部屋着に、ちょっとご近所に超愛用。

冬にさくっと3人でセルフのランチうどん屋に行って、上着を脱いだ瞬間
「わ。恥ずかしい!」3人おんなじGパンだったんですよー(恥)
2人まではまだ許せるけど、3人はないよねーなんて言いながら、
「家族のユニフォームってどう?」「嫌だー!」って言いながら、
パパどうどう。息子照れながら。何だかんだ言いながらも気にしない2人なんだものーw
結局順応するんかーい!ま、どーにもできないので私も考えない事にしたけれど。
恥ずかしかったです(赤面)
以後、ご近所にさくっと行く時は、互いにズボンの確認が習慣化したのは言うまでもないです(苦笑)

まさか上着がかぶるとは、油断したなw
ズボンまで一緒じゃなくてよかったねえ(爆)


話は変わって。
昨夜、息子が「大草原の小さな家」を見始めました。
小さい時に一緒に見たのですが、覚えてないからとか言って。
いい話なんだよなーって言いながら、パパはそそくさと退散。
私も今はいいわってお風呂入ったり色々してたんですが、パン焼いてる間ちょっと休憩って
息子の隣に座って見始めたら・・・止まらなくなっちゃいました~。
やることたくさんあるのにー(汗)

でもね、見終わって2人で同じことに気がついたんです。
ドラマの流れ方が私達の日常のテンポとおんなじだから、疲れないねって。
お父さんてくてく歩いてるのずーっと映ってて、
友人が近づいてきておしゃべり。
お話も出てくる人もみんなとても身近。
今のドラマって、すっごく詰め込んでて見終わって疲れるようになってしまったことに
気が付きました。

いい話なんですよー(涙)
全部いつもどこかハッピーじゃなくて、悲しいこといっぱい起こるけど。
あの中で唯一不動の幸せは、家族だけなのですよね。
家族がいるから生きてられるし、家族のために生きているのねってつくづく。

お母さん、卵を売って爪に火を灯して貯めたお金で生地を買って、
ローラ達に青いお洋服作ってあげてました。
あ、双子コーデね なんてあの頃は絶対言われない時代。

久しぶりに見たら、チャールズが年下になってました(滝涙)


[PR]
by africaj | 2018-03-31 10:09 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)

サスペンス風味な日常

最近、日常のいたる所でサスペンスを見たり感じたり話して楽しんだりが多い気がします。

クラッシックに傾倒している息子が色々かけるのですが、
ちょうどモーツアルトの曲がかかった時、パパと私が同時に思い出したのがこれ。
サスペンスの出だしとして好きなのは映画「アマデウス」モーツァルトのあそこ。
d0180447_13090230.jpg

  
 精神病院の一番奥で、年老いたサリエリを尋ねてきた神父さまに
 昔自分が作った曲を歌ったのに、わからないと返されて、
 じゃあこれは?とある曲を歌ってみる。
 神父様が嬉しそうに歌いだして「知ってます!あなたの曲なんですね!」
 苦虫噛み潰した顔でサリエリが一言「私の曲じゃない」と返し、
自分が彼をどうやって殺したか打ち明けるところから始まる。


大好きな映画なのでDVDを持っているのに、そういえば長らく観てませんでした。

観よう観よう1時間後に集合ね!って、私は中休みに食べる用の焼き菓子を作り、
息子はみんなで食べる為のポップコーンを大きな器2つ分も作ってくれてw
久しぶりに観ましたが、面白かった~♡
たまらんですね!
モーツァルトのKYっぷりと、いちいち苛立ち憎みつつ誰より彼の音楽を愛するサリエリ目線での
息つく暇なく展開していくサスペンスが。
サリエリの使い方がいちいち上手いのですよねー。


そこからでしょうか。
茶の間の話題にやたらとサスペンスが持ち込まれるようになったというかw

わさびを付けて食べている時、
「わさびは傷口に塗っても大丈夫なんだって」とパパ。
へえ、塗ったことないから知らないけど染みないの?辛子はダメでしょ?と返すと
「わさびと辛子は成分が同じだよ。辛子がダメならわさびもダメじゃない?」と息子。
辛子を塗ると言うと、思い浮かぶのは「カチカチ山」でしょうw

話は転がって「俺はうさぎは酷いと思う。お婆さん殺したからってうさぎには関係ないのに」と怒る。
まーあれもなかなかのサスペンスだけど、子供の話だし正義の味方でいいんじゃない?なんて言ってたら
でもさ、うさぎに辛子塗られて泥舟に乗せられてタヌキ死ぬんだよ?死に方が変過ぎるって言うの。
あれだな。
おじいさんがデスノートに「うさぎに辛子塗られて死ぬ」って書き込んだんじゃね?って(爆)
漫画が人気で映画にもなった「デスノート」。名前と死に方を書くと寿命をコントロールできる、
死神の持つデスノートを人間が持っちゃって混乱が起きるってザックリ言うとそんな話ですが。
パパがノートに書くジェスチャーとかするから、もうお腹抱えて笑っちゃってw

リュークが林檎食べながら(りんご好きの死神)おじいさんの横でノート覗き込んで
「人間っておっもしれー」って言ってんだろうな
なんて想像して大爆笑の夜でしたよ(爆爆)


そう。
うちにも最近サスペンスが・・・。
お隣さんがなかなかのクレーマーで、数年のうちにマンション内の二家族を引っ越しさせてしまうほど。
我が家との境にあるテラスの非常壁の上の隙間に、何を警戒してか自費で頑丈な柵を取り付けはじめて。
テラスからうちに向けてと、玄関から共用廊下に向けて小型カメラを付け始めたことがあったんです。
カメラを見つけた時は悲しいやら怖いやらで心臓が止まるかと思いました。
やはり気持ちが良くないけれど、うちからは波風立てたくないし。
どうしようって凹んでると、パパが、あ、カーテンつけちゃえ!って閃いてw
境の壁のない部分をカーテンで隠したら、ほらもう見たくても見えないもんね♪
それだけでもう気にならない。気持ちも凹まないので、カーテン偉大!
玄関側のカメラの方は、理事会が法的違法行為を申し立ててようやく取り除かれた経緯があっての・・・

先日です。
いきなり警察が尋ねてきて、「お宅は大丈夫ですか?」って聞くんです!
なんですか?って尋ねたら、お隣が1週間ほど不在なんですって。

1週間不在で警察来るかなあ?とパパが首を傾げてから。
だいたいあれほど近所の目を気にして、侵入できないように柵をしてカメラ付けて、
他人にすごく猜疑心持ってるって・・・家の中になんかすごい隠し事してるんじゃないかなあ?
などとサスペンスの香りに、3人で妄想がむくむくですよw

いやはや、でも、あまり身近では起こってほしくないことですけどね。


そして庭ではこれですよ~。

d0180447_14404620.jpg

最近、餌場をヒヨドリが占領すごいんです。

d0180447_14410196.jpg

まだかなまだかなーって待ってるのに・・・知らん顔で長時間。ひどすぎ(しくしく)
しかも、こんな小さなスズメたちを威嚇して追い払うようになったのです。
羽広げてわーってスズメに向かって走っていくから、スズメたち大慌て。

d0180447_14413102.jpg

かいちゃん、物陰からビビってのぞき見の図w

d0180447_14414677.jpg

食べ終わっても場を離れず眠ってる。どいておやりよー。

d0180447_14415376.jpg


ってか、気をつけたほうがいいぞー。周囲が殺気に満ちて見えるのは私だけ?

おまけ。

d0180447_14420379.jpg

鳥たちのサスペンスに疲れてる猫w



[PR]
by africaj | 2018-03-22 15:17 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(8)

2月末から少し立て込んでいてUP出来なかった、2018年ゲーム大会の記事を遅ればせながら(汗)

2月25日の最後の日曜日に、近くに住む友人家族と5人で集まってゲーム大会を開きました。
今年始まって最初です♪

d0180447_12493751.jpg

出だしはパンデミックから。
どんどんウイルスが蔓延していく世界を、科学者や通信士衛生士など担当して4人チームで沈静化がんばるゲーム。
久しぶりだったせいで、出だしちょっと甘いルールから始めてしまったおかげでゲーム版に勝てた気がする。
次回はもうちょっときちんと。
このチームでちゃんと勝てるようになったら、是非「パンデミック全国大会」挑戦したいねー
などと無謀な夢を持っております(爆)
でもね、パンデミックの大会は増設版エボラ出血熱なんかも加わって、もっと世界を守るのが大変そうなの(汗)


このゲーム会、もう何回目でしょうか。
実は大好きで相手さえいればいつでもやりたい気持ちを抑え、日々大人として生きてる旦那さんを互いに持つw
ことが判明して、やってみたモノポリーガチンコ勝負。
そこから、実はみんな大好きボードゲームってことが判明して以来開催しているゲーム大会です(笑)

我が家は童心に戻って遊ぶってのが大好きなので、
スペインでやってたのは、子供が寝てから大人だけでホラー映画をお泊りで見るホラーナイトや楽器持ち寄りパーティーとか。
特にボードゲーム、トランプで遊ぶのがだーい好きなのです!
が、日本でこの歳になってはなかなか相手を探せなくて、3人だと限界もあるしで、
仲間ができて、もう本当に本当に嬉しいかぎり。
仕事もあるし日常も忙しいので、みんなが集まれる時にゆるゆると続けたいもんです♡

d0180447_12494703.jpg

今回のランチは中華をテーマに。
私が小籠包作れるのは冬だけ~と言ったので、それに合わせて、
友人はマントウと油淋鶏やマンゴープリンなどなど中華なものを持ってきてくれて♪

次はコントラクト・ブリッジをベースにした「ノートラ」
前も書きましたが、パパのお家に伝わる(いや、大叔父さんが考案したという説も)ゲーム。
今回私のノートラ史上始まって以来のカード運だったにもかかわらず、大賭けしては失敗する
波乱万丈に没落した回でした。
悔しいけど面白かったw

夜7時頃に、〆に猪骨スープのラーメンをパパに作ってもらって、お開き。
ああ今回も面白かったです。

大人がもっと童心に帰って遊ぶようになると、日本もまた温かい雰囲気に変わるのになーなんてw
私の憧れるお江戸の暮らしって、そんな感じだったんじゃないかなと思うのでした。


[PR]
by africaj | 2018-03-10 13:37 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)

本日10日、十日えびすですっ♪
本日は各自忙しいので、早起きして家族で早朝そうそうにえべっさんへお参りに。

d0180447_12263446.jpg

まだほとんど縁日は開いてないので、人もほどほど。
それでもけっこういます。
お目当ての、先着5000名に配る「開門神事参拝の証」は、今年はもうなかった~(残念)

去年は福男見物に朝4時起きで、6時開門で走る福男の後ろから参拝したからもらえたんだな。
目下7時半。
1時間半に5000人参拝したってこともすごい!さすが全国放送される福男選びの日!
悔しいなあ。来年は6時に家を出ようw



正月飾りや去年買った福笹、ぜーんぶえべっさんにお返しして、
さて参拝。

d0180447_12272354.jpg


福男騒ぎはもう収まって落ち着いた境内。

d0180447_12282026.jpg

私は今年は気合入ってます。
一生懸命お願いしました。
神様に手を合わせて祈る毎に、決意が固くなるのを感じます。
叶えるというのは、神様が施すのではなくて、自分の中で思いをハッキリさせることが大事なんでしょうね。
逆に考えると、ハッキリするまで何度もきっと参拝すればいいのでしょうね。

d0180447_12294918.jpg

西宮のえべっさんが面白いのは、「招福大マグロ」を飾ること。
なんでマグロが神の使いになったのでしょう?
といいつつ、ぺたり。

d0180447_12300611.jpg

それから福笹を今年も買って。
魔を破る破魔矢のキリリとした空気も好きですが、福を呼ぶ福笹の柔和でポジティブな雰囲気が今は好き。

d0180447_12305199.jpg

この「おみくじ」がまた可愛いの♪
で、新年そうそうに二度目のおみくじw

d0180447_12313657.jpg

む、下鴨神社の「中吉」の方が良かったわ。
ってことで、これは境内の木に結わえちゃうけど。

d0180447_12322783.jpg

赤い毛せんに金色きらきらって、ああ綺麗だなーって朝からテンション上がってほくほくっ。
見てるだけで楽しいです♪

お、あっちではTVカメラが中継してるぞっ。
今年の福男がインタビュー受けてました。
帰ってニュース観よ♪
去年は関東からきた大学生だったんですよねw

d0180447_12331437.jpg
福男一等賞は樽酒にフィナンシエ100個ですって(笑)
二番福は米俵w
昔ながらな商品なのですねー♪
で、三番福が・・・

d0180447_12332793.jpg

鯛の尾頭付き~~~っ!!!
なんか笑うw

d0180447_12333949.jpg

で、私達は朝ご飯まだだったので、屋台でちょいと♡
朝からワンカップとどて煮でにこにこのパパw
私ら広島焼き。ダサいけどおいし~のだこれがね♪
食べ終わって退散の時におじちゃんに「来年もまた来てやー」って言われて、こっちも挨拶して。
ほんと、えべっさんが一年に一度のハレの3日間。
ありがとう。来年もまた来るねー。


[PR]
by africaj | 2018-01-10 13:18 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

「年末年始ノート」を2011年から作っています。
一年に10日しか出番のないノートですが、日常と違うこの期間の動きを書き留めてきたので、
7年でずいぶんと無駄のない気持ちのよい過ごし方ができるようになりました。

思い出すのに時間がかかる「年末年始の買い物リスト」と買った場所と値段を書き留めています。
作る料理はだいたい決まっているので、盛り付ける皿なども書き留めてます。
年末からの献立ても。
氷頭なますを取り出した後の残りのあらを塩ジャケと潮汁にして、いつ食べたか等までw
野菜を細工したあとの残りクズの再利用とか、出汁を取ったあとの昆布とか、
はまったアイデアを毎度書き留めるのは面倒ですが、労力一度きりで同じことを同じタイミングで毎年悩む無駄がないわけで。

4日を区切りに、26日からの動きを振り返ります。
今年も書き留め完了。
来年へのバトンです。

初詣は元旦、2日ときて、混雑しないでスムーズに進む日と時間を色々試して去年から4日に。
京都の下鴨神社は特に混むので、できるだけ世間の動きの裏をかいてw

d0180447_12130838.jpg

一年に一度ですが、毎年同じ光景を見ること。
この焚き火に当たってまずほっとして、もう一年経ったことを思うことって大事ですね。

d0180447_12131749.jpg

いざ、御本殿へ。
d0180447_12132738.jpg

4日は蹴鞠始めなので、午後からは人がごった返して大変そうです。
せっかくだから見てみたいのですが、年明けから人混みに揉まれるのは勘弁してほしいし。

d0180447_12133326.jpg

着物の人が年々増えていくように思います。
良いことだっ♪

d0180447_12134208.jpg

おみくじ引くところまでが初詣ワンセットw
パパは絶対引かない人。私と息子は引く人。
息子は小吉、私は中吉だったのに、どう見比べても息子のほうがいい事書いてあるのはなぜだ?
でも、私の欲しい言葉があったから境内に残さずにお財布に忍ばせることにしましたよ。
「生きる技術とは 一つの攻撃目標をえらび そこに力を集中することである」
去年は広げた手、今年は整理して2つに集中します。(え?2つw)

ところで、毎年おみくじで息子との写真を撮っていると背がどんどん私を追い越していくのです。
気がついたらもうこんなに!
今年は18歳ですもんね。
年明けの決意として高卒の肩書きを放棄することと今年は動くことを掲げましたが、どうなるのでしょう。
彼は私とは違う性格と感覚を持ち、私とまるで違う道を歩んでることだけはわかります。
まだ何度もやり直せる若さがあるのだから好きに生きるがよろし。
皆、自分の人生を自分の責任を持って歩んでいくべきで、どうか後悔のない人生を歩んでと願うばかりです。


そして、今年も「とらや」さんに来ました。

d0180447_12140025.jpg

ここの特別感たるや、すごいのです。

d0180447_12141018.jpg

すべてに手を抜いていないところ。

d0180447_12141991.jpg

置いてあるものひとつひとつに老舗の意気込みみなぎってて、
お正月に訪れると、背筋が伸びます。

「とらや」さんって、東京赤坂が本店だとずっと思っていましたが、

とらやは室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。
後陽成天皇の御在位中(1586〜1611)より、御所の御用を勤めています。
明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して、京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。



まさに「日本史とともに歩んできた菓子屋」。とらやのH.P.の年表を見るとたまげます。
こんなお店が今もきっちり頑張っているって嬉しいことですよね。頑張れ~!

d0180447_12142663.jpg

京都特有の甘くこってり濃厚な白味噌ぞう煮。
1月3日~20日までしか食べられない縁起物だから今年も奮発。
かつお節の風味が効いてて、はあ~ありがたや。

d0180447_12143230.jpg

お店のインテリアのこだわりは、このマークの完成度そのもの。

d0180447_12143951.jpg

ライトがとらやのマークだもの。
d0180447_12145976.jpg

どこもかしこも格好いいのです。ため息。

d0180447_12150616.jpg

お庭も小さいながら、格好良いのです。
白い椿、やはり綺麗。

d0180447_12151258.jpg

あ、こんなところにもとらやマークw

d0180447_12151889.jpg

さて、お正月も終わり。
新しい年を動きはじめましょうか。

[PR]
by africaj | 2018-01-05 13:39 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)

d0180447_14261716.jpg

例によって、うちにはお正月用のお重がないので、塗りの大皿と小さな普段使いのお重に盛り付けて。
こんな感じで元旦の朝を迎えましたよー。

d0180447_14263227.jpg

元旦は、パパの実家の方のお醤油味の鴨雑煮。
大根は大ぶりの楕円、人参、しいたけ、三つ葉、白髪葱に柚子です。
昆布からじっくり出汁を取ったものに、たっぷりの鰹節で取った出汁に鴨の旨味。
一番のごちそうはお出汁。
最後の一滴まで美味しい美味しいっていただける幸せ。

d0180447_14264094.jpg

今年は赤かぶと不思議カラフルな蕪を頂いたので、菊花蕪にして春菊を葉に見立ててみました。
いただいたカラスミ、パパの数の子、私の得意なニシン。
黒豆はフジッコの「丹波黒黒豆」ですwだって程よい量、程よいお値段、そしてすごく美味しい♡
今回頑張った「蛸のやわらか煮」美味しく出来ました!見た目も素敵でしょう?
でも手間ひまに比べての元旦の存在感や喜び度を考えると、来年はやっぱりイクラがいいなあ。
イクラのルビーのような赤って、やっぱりお目出度さを盛り上げますよね。
秋に醤油漬けを作って冷凍しておいて、解凍するだけだし。
おせち料理は、程よい下準備で、色のキレイなものを甘み酸味程よく飽きないものを、
程々の量揃えて、2日でほぼ食べきるくらいが良いなと思ってます。
家族との距離と似てるかなって、
「今年一年程よく楽しくそれぞれが響き合う」そんなオリジナルな願いを込めてる我が家のお節です♪

d0180447_14264955.jpg

今年はローストディア。
3%の塩をすりこんで、胡椒とハーブをまぶしてオイルマリネ1日したものに
牛脂を巻き込んでタコ糸をかけて表面を焼いてから、
60℃の低温調理をしたのです。
ローストビーフとさして変わらない。牛脂がいい仕事してくれた気がします。
すごく美味しい。

でも、塩3%だとそのまま食べて美味しい塩味に仕上がります。
ローストビーフみたいな仕上がりにソースやマスタードで食べる方が良いから、
次回は塩1%すりこんで作ることにしましょ。

d0180447_14270284.jpg

お正月のお花は息子が活けてくれました。
その周りを行進する東方の三博士ですw
6日までちょっとずつ、もうすぐ馬小屋に到着~♪


さて、元旦はなんと、アニメ「ガールズ&パンツァー」TV版を12話大人見しとりましたw
日本には古来から華道茶道と並び女子のたしなみとされる「戦車道」があるという面白い設定でね。
女子高生達が部活に、おしとやかに戦車スポーツを極め、全国大会でスポーツマンシップに則ってぶつかり合うお話です。
主人公は戦車道西住流家元の娘なのだけれど、硬派な流儀にそぐわないゲーム展開をすることから母とそりが合わず、戦車をやめる決意で家を出て一人暮らしを始めると、転校先の高校の統廃合か残るかの命運をかけて戦車道全国大会で優勝しなければいけない成り行きになり…って、バカバカしい展開なんだけど、ちゃんと筋通ったストーリー。
常に劣勢のゲーム展開から戦略とチームワークでどうやって勝っていくかが、毎回面白くって12話計6時間があっと言う間の、元旦でしたw

今時の萌えアニメかと思ってスルーしてたんですが、これは違う!本気で作ってる!とか言う。
でも戦車興味ないしとか言っとった私。
ことは遡り2年前の年末ですが、外出から戻った私を駅に迎えにきてくれたパパと息子が
映画行くけど一緒にどう?と誘われてくっついてったら、これの映画版だったのでした。
わけもわからず一緒に見たら、お、面白いではないかー!
ほとんどスポ根もの学園もの若者の青春もの、「エースをねらえ!」や「スラムダンク」と変わらん(古い!)
とすっかりハマってしまった母w

今年新作映画が出たというので、観に行きたいよーって自ら息子を誘ったら、
すでに友達と観に行った息子が
「今回映画値段なのに時間短いし、ママはまずTV版を見て設定わかってからの方が絶対面白いよ」と諭され、
今回の映画は短いからビデオ出てからで十分だと思うけど、どうしても行きたいなら付き合うからってw
で、正月から息子と一緒にじっくりTVシリーズを大人見するに至ったのであった(爆)
パパも大好きなんで、結局3人で超盛り上がって見てしまいました。面白かったー。
舞台は大洗の街が細かいところまでシンクロしてるのだって。
アニメに出てきたものをレストランが再現してたりするそうで、ファンの聖地になってるとか。
恥ずかしながら、私も大洗シーサイドホテルで戦車ケーキ食べたーい♪

こんなの。
d0180447_15384961.jpg
かわいい♪


[PR]
by africaj | 2018-01-02 15:28 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)