カテゴリ:おでかけ( 55 )

桜が咲きましたね!
4月になる前に満開を迎えるかも?という噂。
寒すぎるところから今週は一気に25℃まで行くと言われている関西です。

土曜日がついに猟期お休みとなり、身体の空いたパパ。
久しぶりにパパの居るのんびりの春のお天気の土曜日。ちょっとうきうきです。
旅行前に体力づくりせねばの私、体重キープに運動せねばなパパなので前夜から案出し。
テニスの壁打ちに行こう!って約束するも、ああ土曜日じゃ混んでてダメだーと変更。
山登り!・・も土曜日は人いっぱいだからやめようと却下。
「よし!中華街までサイクリングして豚まん食べて帰ってこよう!」というチャレンジになりました。

あそこは電車で行くものだと思ってたので、自転車で行ける自信なしですが、
以前パパと息子が行ってきたこともあって、「近い近い!平地だから大丈夫」って誘いにのって・・・w

六甲山の麓というのは、地震後に新しくスタイリッシュになってるところが目立ちますが、
縞々に昔の地域が残っているのです。
自転車で突っ切ると、車や電車じゃわからないそんな感覚を楽しめる♪
とにかく、麓を繋いで一直線に由緒ある神社が多いのもまた楽し。

「ヤタガラスを祀ってる珍しい神社を見つけた。すごくきれいにしてある神社だよ」って
以前から誘われていた神社に到着。

d0180447_12355645.jpg


うわーーーーーーー!満開の枝垂れ桜♡

d0180447_15423505.jpeg


ピンクが濃くて美しいですね~(ため息)

d0180447_09315681.jpeg

「ほら、ヤタガラスがいっぱいでしょ」って境内を見ると三脚のカラスのマークばかり!

三本の足は天地人を表す神の使いと言われていますが、
もともとキトラ古墳内などのモチーフにされた「ヤタガラス=神の使い」は普通のカラスで、
「三本の足」になったのは平安時代からなのですって。
三が出てきたのは、元は中国道教が由来の「奇数は陽を表す」ということと、
中国の神話、太陽に棲むカラスから来ているそうで、ま、なんにしろ三本になるとぐっと神秘的♪

d0180447_15442668.jpeg


赤ちゃんの初宮詣の神事をやってました。
弓で破魔矢を射るところのようです。風流ですよね~☆
こういう神事の残る地域に生まれた人は幸せだなあと最近思います。(なにもない地域で育ったので)

d0180447_15443784.jpeg


手水鉢にやたらリアルなヤタガラスw

で、最後に絵馬のかかっているところを見たら!
もうね、写真を貼り付けた絵馬は金メダルおめでとーラッシュでした(驚)
おお!なんと日本中からファンが詰めかけると噂の、有名な「弓弦羽神社」でありましたかw


元町まではまだまだ。
チャリチャリこいで、いくつもの商店街を通り抜けて。
ミシンミシンと言いつつ17年近く経つ私に、ついでにと途中の商店街の中に
パパの発見したミシン屋さんに連れてきてくれました。

壊れたミシンの修理も承ってる古びたミシン屋さん。
足踏みのシンガーミシンが飾ってあって、伊東四朗似のおじさんが一人でやってました(笑)
ちょっとだけミシンの相談。

商店街での買い食いやおしゃべり。自転車で昭和探しをするのは楽しいなあ♡


ようやく到着!神戸の中華街です。
超有名なぶたまん屋さん「老祥記」は行列でしたが、ちょっと並んだらすぐ買えました。

d0180447_15441394.jpeg


久しぶりだー。
いつも行列すごくて敬遠してたから、30年ぶりだわ(←敬遠しすぎw)

d0180447_15440308.jpeg


台湾とかでお目にかかる、脂染み出す薄皮タイプ。

d0180447_09331850.jpeg

味も旨味も濃い!びっくり。
おやつに嬉しい♡

この後移動して、「ニューミュンヘン」で唐揚げつまんでビール飲むって昭和のお決まりコースを辿りw

自宅までコギコギ戻りました。

d0180447_15515833.jpeg


ソメイヨシノももう3分咲きです。

中華街まで自転車で行けるものなんだー・・・って、ちょっと感動した、暖かい春の週末の遠足でした♡


P.S.
これ、iPhoneで撮ってiPadでblogアップ。
画像的にどうですか?いける?


[PR]
by africaj | 2018-03-25 14:00 | おでかけ | Comments(8)

紅葉の時に絶対行ってみたいカフェがあるからと、友人家族と9月から約束して訪れたのは、
「さいどやま」だと思っていた再度山。
訪れて「ふたたびさん」と読むと初めて知った日曜日。

d0180447_15585932.jpg

広葉樹の森でした。
我が家の周りの山はほとんど針葉樹の植林で、あまり楽しいきのこも見つからないのですが、
ここは歩いていてすごく楽しい♡
きのこがいっぱいはえるというのが頷けます。
来年の10月はきのこ狩りね!
鬼が笑いそうな11ヶ月後の約束をかわしたりしてw

d0180447_15590541.jpg

気候の乱高下激しい今年だったけれど、フタを開けてみると紅葉の発色がキレイ。

上手に写真に収められなかったけれど、大きな白い椿の木が一本、咲き誇っていました。
赤いイメージの椿。
太いフェルトペンで描けそうな単純な花だなあと、さほど興味を持ったことがなかったのですが、
大木に咲く満開の白い椿はドキドキするほど幻想的で、魅了されてしまいました(感動)
ずーっと見ていたかった。

d0180447_15591067.jpg

あらゆる葉が暖かな色に姿を変えていました。
広葉樹の森が好きです。

d0180447_15592591.jpg

H.P.の四季折々の写真があまりに美しくてずっと行ってみたかった「鯰学舎(ねんがくしゃ)」。


ただ、情報が少なく金額はかなりお高い謎すぎるお店。
あれ!?はなれ家ってカフェがあるぞ!
でもカフェもいまいち情報が少ないので、どんなとこか興味津々で、
11時に現地集合ね!って友人家族と待ち合わせました。
歩いて5分の所に住んでいるのに、車でわざわざ遠くで待ち合わせするのもまた楽しいw

d0180447_16045817.jpg

なんだろう、この雑然とした空気。好きに何時間でもどうぞって構わない感じw
トランプ持ってくればよかった。
大貧民とかここでしたかったw
ってそそられる丸テーブル♪
テラスでは犬連れのお客さんがのんびり。ざっくばらんな雰囲気。

メニューにバターコーヒーなるものがあって、男衆がオーダーしたのに、
出てきたのは普通のコーヒー。
あら、ごめんなさい。間違っちゃった?
って、バターコーヒーの豆を持ってきてくれて匂いを嗅がせてくれて終わるw
コーヒーはそのまま。
これまたザクッとした対応(爆)

d0180447_15593794.jpg

奥に小さなレストランがあって、
そこからカレーと豚のポトフの2種類は運んできてくれるからカフェでも食べられるようになってました。

昭和の香りがする場所。
きのこ狩りにくる時はトランプも持ってまた来よう♪

d0180447_15595404.jpg


[PR]
by africaj | 2017-11-30 16:47 | おでかけ | Comments(0)

d0180447_11152557.jpg

今年も、畑師匠のところで黒枝豆を収穫させてもらいに行きました♪
私が畑に詳しくなってきたら、ますます「丹波篠山」の土地の凄さがわかって羨望の眼差しです。
同じ兵庫でも、ここは寒い!
野菜がよく育つ所は人が住むのにキツい所なんだなあと思いつつ、ここに住みたい~。

d0180447_11153466.jpg

2歳のこの子、畝がきっと登山のようなのかなあ。
見るといつも転げてて笑った笑ったw

同じ友人と行く同じ畑、年に一度のイベントって定点観測みたいで面白いなあ。
大きなお腹だった一昨年、生まれた去年、もう歩いてる今年。ふふふ♡

d0180447_11155438.jpg

里芋も収穫。
一個の萎びた里芋が、こーんなに増えるなんていいなあ。
来年再び畑借りることにしようか。

d0180447_11154626.jpg

左の葉っぱはホースラディッシュですって。
本当はもっとわさわさなって、その根っこが西洋わさび。
右は綿。
雨に濡れると、綿菓子が湿気たのと同じ風に表面が固まるんですねえ。面白いw

d0180447_11161495.jpg

お待ちかね、黒枝豆~♪
もう枝豆として流通は終了でお店ではもう売られてない、晩秋の黒枝豆は、
豆が乾き始めているので、食べる時は30分以上水に漬けて吸水してから茹でるのですが、
表現できないこの旨さ甘さ奥行き。
解禁日から3週目くらいが枝豆としてベストですが、
丹波篠山を車で流していると今まだ畑の隅では売ってる(しかも収穫したて)ので、ぜひ3週目を過ぎた黒枝豆も
食べてみてほしいです。
きっと枝豆への考え方が変わりますよー。

d0180447_11163678.jpg

今年もありがとう(喜)

d0180447_11162723.jpg

今の黒枝豆は皮が汚いから売れないのですって。
もらった人、何この汚いのって思うからって。
茹で方も知らないと固いままになっちゃう。
だから知ってる人だけのお楽しみです。
吸水してから茹でるの忘れずに!
畑横でまだ売ってるので買ってみてくださいねー。

d0180447_11164225.jpg

さて、畑師匠からの課題。
これ、コリンキーが完熟したものだとか。
でかい!赤い!

師匠、産直に売りに出す時に食べ方を付けないと売れないらしくて、料理法教えてって。。。
さあ、どうしましょ。
ネット検索すると「ジャムにすると美味しい」ってあるけれど、えージャム!?


[PR]
by africaj | 2017-11-06 11:47 | おでかけ | Comments(2)

新米が出回り始めたから、早くしないと刈られちゃう~って、
重く頭を垂れた稲たわわな風景を見に行ってきました。

d0180447_10553876.jpg

見つけた絶景ポイント。
こんな風景の見えるところでバルが開けたらいいなーw
妄想ばかりしてます(笑)

d0180447_10560901.jpg

スペインで秋の金色の麦畑を見た時に「ヨーロッパ」を感じて感動しきりでしたが、
こうして稲穂の、黄緑と金色交じる景色に「日本」らしい懐かしさを覚えます。
小麦の国も素敵だけれど、お米の国も素敵だなと年を追う毎にしみじみ感じるようになりました。

d0180447_10562201.jpg

お彼岸の時に、葉もなくアスパラガスのようについーっと茎を伸ばして咲く、不思議なお花の曼珠沙華。
畑のあぜ道に列をなして咲いているのも、日本らしい。

d0180447_10565761.jpg

柿がたわわ。
スペインでもKaqui(カキ)って名前で売られていました。
「カラオケ」と共に彼の地で出会った日本語w
今は買っている干し柿用の「渋柿」、田舎暮らしになったら好きなだけあるんだろうな。

d0180447_10572916.jpg

この地の山寺まで来たのは始めてでした。
村の人達で草抜きして大事にしているそうな。

d0180447_10573654.jpg

小さな村に驚くほどにきちんとした、古くて立派なお寺さん。

d0180447_10574312.jpg

裏に睡蓮の池とお地蔵様が。
摩尼車を回しながらお地蔵様と対面していると、清々しいの。素敵だなあって眺めていると・・・

d0180447_10575404.jpg

「Africa~、キノコあるよー!」ってパパの呼ぶ声に、行ってみるとこんなのが!?
え?キノコなの?
叩いてた木魚のバチが飛んできて刺さってる・・・わけないかw(爆)

後日談:これは「マントカラカサタケ」
すき焼き、網焼き、フライ、食用で美味しいんですって!!
くー、また食べられるキノコを逃してしまったあああ涙。
いや、今から開くから週末取るのが食べごろかなあ。

d0180447_10580759.jpg

これまた立派な三重塔を見つけました。

d0180447_10584222.jpg

平安時代に建てられた現存する中では一番大きいのですって。
小さな村なのに・・・守られてる気がするなあ。

d0180447_10585794.jpg

境内の影と木漏れ日の織りなす風景に見とれてしまいます。

d0180447_10590317.jpg

素敵な石仏さま、みーっけ。

d0180447_10591829.jpg

なんだか彼岸花の境界の、向こう側へ行ってきたような時間でした。
さあ、村に戻ろうか。

d0180447_13130144.jpg


コスモスも咲き乱れてましたよー♪
「秋桜」、今この季節の花ですものね。

d0180447_13140993.jpg

コスモスの足元を、対象的な色で咲き乱れるツユクサもまたはっとさせてくれました。
なんてきれいな青でしょうか。

d0180447_10595560.jpg

栗もわんさか落ちてましたー♪
見て見てっ、こーんなに大っきいの(驚)美味しそうっ♡

d0180447_10592830.jpg

あれ、この真っ白な小さなお花は・・・

d0180447_10593657.jpg


わあ、一面の蕎麦の花っ!!
蕎麦も育ててるなんて知らなかったなあ。
帰りに是非蕎麦屋さん寄ってみよって、おやつに十割そば食べたら美味しくて感動☆
関西は蕎麦屋がやたらとオシャレでお高くて困るのよ。
って思ってたので、オシャレじゃまったくないけど関東に迫る値段と味♡新そばの季節が楽しみになったなあ。


d0180447_11000943.jpg

高く広い空をい~っぱい眺めてきた、秋の午後の数時間トリップでした。


[PR]
by africaj | 2017-09-28 13:01 | おでかけ | Comments(4)

龍野の古民家と町並み。

そろそろ探してもいい頃なのか、気持ちが動き始めました。
このblogを始めた時から移り住みたい田舎をつらつら探していたわけですが、
どうも具体的なイメージが固まらないし、息子の件が落ち着かないし、
いつでも移り住めるようスキルを磨く方に専念していたんです。
しかし案外とマニアックに色々出来てしまうと
「都会のマンションでこれだけ出来るなら、これでいいかも?」って気持ちも芽生え、揺れていたのですがw

きっと息子が成長したからなのかな。
私達も本人も、もうあと3年もすれば2人と1人に違えて道を歩む予感がするようになりました。
私とパパも次のステップに向かって良いのかな。
ゆっくりですが、家なのか土地なのか、ピンとくる出会いを探してまわろう♪

昨日訪ねたのは薄口醤油発祥の地「龍野」。
見せてもらったのはこんなおうち。

d0180447_13413229.jpg

町家をリフォームした物件。
暑い暑い日でしたが、古民家はほの暗く、障子の光が青く涼しげで感覚的に涼しいおうち。
日本の気候風土に根付いたおうちの数々の工夫が素敵。

d0180447_13421371.jpg

階段の棚が懐かしくて格好いい♡
おばあちゃんの家、こうだったな。

d0180447_13415189.jpg

少しモダンに、天窓を取り入れたり、水回りは今風になっていたりで時代差が融合してました。
茶室が奥にあって、小さな中庭を囲んでお部屋が明かりを取り込んでる。
スペインのパティオ(中庭)のようでもあり、静かでほっとする空間。

d0180447_13422727.jpg

小さな井戸は使えるのかな?
和室からの風景も極上。

d0180447_13423850.jpg

リフォームが終わったら、奥の塀は塞がれるそうで、
小さな日本庭園と向こうの菜園は仕切られてしまうらしい。
菜園を作るスペースはないのが残念。
ま、田舎だからそばにきっと借りられるところはいっぱいあるのだろうね。

とても素敵な家でした。
IHの調理台が私にとっては残念で致命的だったのだけれど。

家・・・私達の住みたい家はどんな風にしましょ。
くるりくらが出ていったら、「ぐりとぐら」の暮らしにまた戻るのだから大きくなくていいのです。
古民家を改築なのか、一から設計して自分たちで作るのか。
夏は風が通って涼しげで、
冬は仕切って狭いスペースにしちゃってぬくぬく暮らせる工夫がしたいな。

d0180447_13430265.jpg

町並みを見ててくてく。
涼しげに用水路が流れていて、柳もゆうらり。
最近見なくなったから、柳があるって嬉しいなあ♡

d0180447_13432337.jpg


d0180447_13431691.jpg

龍野・末広醤油さんの薄口醤油、好きでずっと使ってます。
ここがお店なのかぁ(嬉)

d0180447_13442611.jpg

ここから子どもたちの楽しげな声が聞こえてきます。

d0180447_13443382.jpg

すごっ(驚)
水練場!?格好良すぎて吹き出しちゃった(爆)

水練場と言えば、NHK「坂の上の雲」でもっくんが久しぶりに故郷に帰ってふんどし姿で
大暴れしてたシーンを思い出すのです。
木製の飛び込み台とかあったりして・・・なんて、お城の小高い坂道から中を覗き込むと
今風のプールに、日よけ対策バッチリの今風のお母さんたちが待っていて、シュールでしたw

d0180447_13435860.jpg

小っちゃな地域に3つかな?お醤油蔵がひしめいていて、麹の匂いが漂ってます。
見上げると、これは「カネヰ醤油」さんの煙突。
「ヒガシマル醤油」さんもここでした♪

d0180447_13440568.jpg

あはは、まさかの「醤油もろみ自動販売機」!!
そんなに日常的に使うもん?

d0180447_13441473.jpg

ずーっと街を水が流れているので風も涼しい。
きっとここならミツバチも水に困らないな。
そうそう、童謡「赤とんぼ」の作詞者・三木露風は、子供の頃にここで過ごした郷愁を詠んだのですって。
秋はきっと赤とんぼが群れで飛ぶのかな。

d0180447_13444215.jpg

本当に小さな地域なのに、お寺さんもたっくさん。
ここ、中のハスの柔らかそうな丸みが美しくて、手を合わせに入ってみました。

d0180447_13444984.jpg

ハスって、こんな風に育てられるものなのですねえ。
お庭でも育てられるのかなあ。
この青みがかった緑の葉っぱ、桃色の丸実あるつぼみといい、種のおもしろい形といい
毎日見ていたい大好きな植物なのです。

d0180447_13450144.jpg

懐かしい日本がまだ息づく風景にちょっと感動しました♪



[PR]
by africaj | 2017-08-04 15:24 | おでかけ | Comments(14)

新緑の京都散歩。

d0180447_10460235.jpg


友人と竹のトンネルを抜けて向かった先は、

d0180447_10461622.jpg

新しくオープンしたという、発酵食レストラン。
漆の食器がとても素敵。
発酵食と漆はとても相性が良いのですって。わかるような気がします。
んー、この汁椀が欲しいなあ。

美味しかったのは、福井の老舗から取り寄せた古式製法のさばへしこ。
色々へしこも食べてきたけれど、確かにここのはハッとするような美味しさ。
併設してるマルシェで売っていたの、やっぱり買ってくればよかったな・・・と後ろ髪引かれてます。

燻製煮卵に、ふぐの子のぬか漬けを乗せたものも美味しかったな。
燻製煮卵って自分で作れるのかしら。美味しいものですねえ。
そこに乗せなくても十分まったりねっとりと美味なふぐの子、日本酒が飲みたくなりました。

お豆腐の味も印象深かったな。
京都の長岡のお豆腐屋さんから取り寄せてるそうな。

お茶は乳酸発酵茶が長生きの秘訣と脚光浴びてる阿波番茶。

そう考えると各地の名産品を集めた贅沢なプレートです。
んーしかし発酵食っておかずと言うより酒の肴なんだなあと・・・ご飯を食べるタイミングに迷うランチw
あの「へしこ」を知ることができたのは、訪ねた甲斐ありかな♪

d0180447_10462443.jpg

d0180447_10463180.jpg

特に6月の竹の緑って、心が洗われますね。
嵯峨野をてくてく。

嵯峨野ってお寺さんが多くて、「落柿舎」に最後にたどり着くと、
入場料それほど高くないとは言え、規模も小さそうと、しばし考えて次回に回して。
気がつくともう10回以上そんなことをやって一度も見ていない。
今回は初っ端なら見るかと思いきや、やっぱり躊躇。
「落柿舎」すごく好きとか、見るべきって方がいたら教えてください。
入場料250円の壁がどうしても越えられないw

嵯峨野から戻って錦市場で夕ご飯を買って帰りました。
なんか昔のほうが活気があった気がするのですが?
立ち食い一口サイズばかり売っていて、アトラクション化してた気が・・・。
そんな中、たまご屋さんの「う巻き」が美味しかったです♡

d0180447_10464486.jpg

入ってすぐのところにある「有次」さん。
キャーキャー言いつつ、値段を見て無口になるを繰り返しつつ、やっぱりなんか買いたい!
この冬、我が家のナッツ割りを息子がオニグルミを割ろうとしてぶち折ってしまったので(涙)
茶碗蒸しに銀杏を入れられない数ヶ月を過ごしてたのを思い出し、ぎんなん割りを買いました♪
ぎんなん専用って融通の効かなそうな道具にこの大きさって、収納少ないキッチンなので悩みます。
ま、格好いい道具を握るウキウキは心の栄養かなって自分にプレゼント♡
ちょっと嬉しいです。るん。



P.S.
息子のサワードウ15日目。
ついに「もうパンが焼ける状態」完成だそうです。

d0180447_10471139.jpg

一度これでパンを焼いてみましょうか。
味見すると、「なちゃ」よりかなり酸っぱいですよ。
どんなパンが焼けるのでしょう?


読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-14 12:11 | おでかけ | Comments(6)

徳島へ、お泊り。

土曜日から一泊で友人がおうちを建てているのでお手伝いに行っていました。

家族ぐるみの付き合いなので、息子も連れて行きたかったのですが、
運悪く、通信制高校の数少ない登校予定日「遠足」の日。
夫婦で車で行って翌日仕事なのでパパが車で帰り、私だけ一泊してバス帰りってイレギュラーに動きました。

集合1時半って、下手すると一日中寝てるような息子に微妙な時間で大丈夫かなと思いつつ、我らは早朝7時には出発。

目覚ましコールしなくていい?って聞いたら、「しなくていい」って返ってき、
ちゃんと起きて、ちゃんと鍵閉めて行けるか(寝過ごすのは今もあるけど、鍵がないってこととか、
どうしても鍵をかけ忘れる奴で、外出先から怒ったら学校到着直前にまたバスで戻って閉めてたら大遅刻したとか
数限りなく繰り返してようやく『鍵をかける』概念が定着した奴なので)訝しみながら
残していったらミッション無事終了だったので、ほっ。
これから彼は任せておけるかもしれない・・・。

いっつも3人で行動していたのにねえ。
そのうち、子供を残して夫婦だけ泊まりに行くなんてことになるんだろうな。
そうなればそれで、にゃんこの心配をしなくて良くなるかと思うと嬉しかったりするw

9時過ぎに到着して何をしたかって、本当に午前中、午後と黙々と壁に漆喰を塗るための下地を塗り続けてたので
写真なしw
一泊して翌日何をしたかって、午前中壁に漆喰を塗るための下地を・・・(以下同文w)

「広い壁に延々と塗る」って、悪戯の罰としてトムソーヤが延々外の柵にペンキ塗ってたイメージあって、
トムになりきってなんだか楽しくなっちゃうのですw
広~い空間にペタペタ塗るなんて、大変だけどなかなか出来ない気持ちよさ♪
めっちゃはかどったので嬉しかったー。
肩バキバキになったけど。こんな労働でここまで肩が張るなんて、年だなぁ(涙)

d0180447_17005014.jpg

頑張って働いたからって、ごちそうしてもらった晩ご飯♪
地もの魚介類の釜飯と汁よりワカメが多いお味噌汁っ♡美味しかった~。

そのお店で見つけた可愛い子たちです☆

d0180447_17010446.jpg

ふふ、5羽並んでじーっと待つ。

d0180447_17010995.jpg

エサもらう時だけ口開ける必死さが可愛くてたまらんw
顔より口のほうが大きいかも(ぷっ)

d0180447_17011609.jpg

やーん、去っていった方向をじーっと見てずっと待ってるのです。
お母さんもお父さんも事故らないでちゃんと帰ってきてあげてね(祈)
君たちもよく落ちる子いるから焦っちゃダメよー。
なんか気持ちが伝わってきて涙出てきますw(最近涙もろい)

d0180447_17024164.jpg

6時過ぎ、おはよーって起きていったらお友達夫婦はもう起きてて朝ご飯の用意とか洗濯とか忙しくしてました。
昨夜はお風呂屋さん行って帰ってきてからずーっと夜の11時過ぎまでお話してたから眠いでしょうに。
私だけお寝坊w
友人が焼いたパン、フレンチトーストにして旦那さまが朝ごはん作ってくれました。
豆乳ヨーグルトにカカオ100%だけど苦すぎないベジタリアンのチョコレートってもん入り。
コーヒーの代わりにオルゾ。
麦茶飲んだ友達のスペイン人が「オルゾそっくりね」って言ったことがある、そんな味のノンカフェインな飲み物。

d0180447_17024753.jpg

メープルシロップかけてくれるサービス付きw
もちろんそのものが美味しいのだけど、愛いっぱいの朝ごはん美味しいなあ♡




おうちが海の近くだったから、お茶の時間に海でひと休みしたのだけれど。
africa~!野草あるぞーってパパに呼ばれて行ってみました。

d0180447_17014679.jpg

あれ、これってハマダイコンだよね?

d0180447_17020096.jpg

鞘がへんちくりんw
一つ玉はたまねぎみたいだし、3つ玉、4つ玉色々ある。
食べてみるとサクサクしてて、大根の味とほの甘さもあって美味し~♪
ってことで、鞘だけ摘んできました。

d0180447_17031295.jpg

塩で揉んで30秒ほど湯通し&冷水に取ると辛味が抜けて美味しいと言うからやってみました。
でもね、ほとんどはもう種が出来始めてて繊維が強く固くなっちゃってて食べられなかったです残念。
あと1週間早かったら全部食べられたのにな。
若いさやはサクサク。ネットで調べてもやっぱりみんな「鞘が最高に美味しい」って声に溢れてました。
来年5月中旬くらいに収穫してみたいなー。

d0180447_17021306.jpg

これは、砂浜一面を覆い尽くしてた「ハマエンドウ」。

d0180447_17022219.jpg

カラスノエンドウでは失敗しましたが、これはあれより大きくてかなりしっかりお豆さん。
食べてみると、甘みがあって美味しい~♡

d0180447_17030215.jpg

えんどう豆より小さいので、いーっぱい採ってバスに揺られた2時間ずっと鞘から豆取りして、
なんとか100g強くらい。効率は悪いw
そして、帰宅後直ぐ用意して、その晩の夕飯は「ハマエンドウ釜飯」にしました。

d0180447_17032185.jpg

塩と昆布味。
ちびっちゃーいえんどう豆が可笑しいです(笑)
でもね、小さいくせにしっかりした味してて美味しい豆ご飯でした~。
これですり流ししたらどれだけ香り豊かだろうって思ったけど・・・三人分のすり流し作るのに
どれほど鞘が要って、豆取り出すのに半日は掛かりそうだから永遠にそんな日は来てほしくない気も…(苦笑)

d0180447_17032739.jpg

帰宅したら、遠足で作ってきたという「マイカップヌードル」が置いてありました。
食べていいよって。
へー、カップヌードル工場ってこんな体験させてくれるのですね。
一緒に食べようって言ったら、じゃあそうしよって。
可笑しいパッケージっ(ぷっ)



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-29 17:50 | おでかけ | Comments(2)

庭の苗の植え替えを頑張って終わらせた!
後半はソーセージ作りでお出かけしてる暇なし。
今日1日くらいゴールデンウイークらしく過ごそうよ〜ってパパを誘って
行ってきました、カヤック乗りに♩

d0180447_22124225.jpg

我が家のお気に入り湖、レイク・サウザンジョージにて♡
スペイン語だと、ラーゴ・ミルホルヘ。
まあ「千丈寺湖」って名前もありますけどねw

d0180447_22154383.jpg

カヤックって水に近いのでアメンボになった気分。
お手軽に日常から抜け出して別世界。
木々のトンネルくぐって、緑のシャワーいっぱい浴びてきました。

朝、ポットに入れてきたホットコーヒー飲みながら、流れに任せて静かに進むと、
湖の生き物たちが油断して顔出すので面白いですっ♪
エンジン付いてるとこうはいかない。

d0180447_22154938.jpg

藤が滝のようでありました♡

d0180447_22155624.jpg

風がない絶好のカヤックデー。
2人で漕ぐと案外スピード出て、これまた楽し。
川下りとかハードそうでまだ未体験。
いつか四万十川を合言葉にしつつ、今日もサウザンジョージにてだらだら乗りましたw
座って漕ぐのは楽ちんです。

夫婦とも、たぶん足を使うスポーツが苦手みたい。
マラソンとか論外。自転車も平地以外イヤだし。
二人でやってきたの、パラグライダー、ヨット、カヤックみんな腕だけ使うスポーツだと気付きました(ぷっ)
座ってコントロールするだけで動いてってくれるって、やっぱりラク♡
パラグライダーは息子が生まれてやめたのです。自分だけの命じゃないって思うようになったというか。
二人で飛ぶのが楽しかったのですが、1人が息子の相手をして、1人が飛ぶのも寂しくて。
ちっちゃな息子も入れて家族でできるスポーツがいいなあってスペインで気軽だったヨットは、
日本ではお金かかりすぎるから止め。
息子が巣立つとまた2人なので、2人乗りカヤックずーっと死ぬまで楽しめていいなあって今一番のお気に入りです。

d0180447_22160778.jpg

3時間も湖の上にいました~。

折りたたみなので、ちっちゃな軽にも余裕で入る。

d0180447_22161334.jpg

お弁当は、黒キャベツと胡桃&チーズの薄焼きフォカッチャ。
コーヒーとみかん♪
草に腰おろして食べて、最高でした♡

d0180447_22162186.jpg
やや、見回すとわらびいっぱい生えてるーーーーーっ!(興奮)

d0180447_22162770.jpg

えへへ、こんなに摘めましたー♪
イタドリも詰んできて、明日の晩御飯に~。


レイク・サウザンジョージ。
もしくは千丈寺湖(兵庫県三田市)

d0180447_23392422.png

色々湖を遠出もしてきたけれど、ここは無料駐車場&船着き場とスロープありで快適なのです。
そして入江や橋や公園なんて冒険心そそるお楽しみが程よい距離で散りばめられてるのも好き♪
なにより、水の上に浮かぶとびっくりするほど静かなのです。
カヤックやるならオススメ♪ジョージはいいよw





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-02 23:27 | おでかけ | Comments(0)

宮島てくてく

宮島をきちんと訪れるのは初めてです。
大河ドラマ「平清盛」は老害になる前までは好きだったので、
厳島神社のくだりも大好きで、行ってみたかったのです~♪

d0180447_12180756.jpg

思ったよりも海にせり出してるんですねえ、鳥居。
1168年平安末期だそうです。今で8代目だそうな。
長い年月変わらず多くの人に守られてきた場所というのは、美しいなあ。

d0180447_12181988.jpg

屋根が美しいのが印象的でした。
檜皮葺き(ひわだぶき)。
緩やかな曲線と柔らかな茶色は世界で日本だけの手法。
この檜って樹齢70年以上のものを使うらしいのです。
約850歳の神社を修復するのに、70年かけて木を育ててるわけです。
1人の人間の生涯では追いつかない「悠久」が横たわってるんですねえ(拝)

d0180447_12190374.jpg

水面の建造物ってやっぱり発想が楽しい♪
松江城のお堀みたいに小舟でくぐらせてほしくなりますねw
清盛ってすごいなあ。

d0180447_12191154.jpg

あの五重塔は、
宮島のどこからも見られるように作られてるのだとか。

d0180447_12193499.jpg


今回、大尊敬するtanaさん と宮島で~となのですっ♡
tanaさんはね、週に数回魚屋さんに通い一匹買いして数日に分けきちんと食べきる、
魚の魔法使いのような方っ。
しかも、夕飯は2時間かけて支度し2時間かけて食べることを心がけておられる。
息子さん2人が巣立って、旦那さまと2人の食卓になっても変わらずというのが
素敵ではないですかっ。
それだけ話すことがあるのも、話したい関係というのも。

なにより「そのまんまtanaさん」で接してくださる格好つけや壁のないお人柄。
つまり「気風がいい」。
気持ち良い風の吹いてる方で、惚れます♡
私が穴子好きというのも、ちゃんと知っていらっしゃる♡
「穴子行きましょ」って。
ほいほい行っちゃう~(どこまでもw)

d0180447_12195035.jpg

おおー、美味しそう!!
神社裏奥になる天ぷら屋「津久根島」さんの穴子天丼、サクサクの衣、
穴子はふわふわよりもっちりしてたのが私的にヒットでした。
特筆は、天つゆ。甘さ控えめサラッとしてるのが見た目でもわかると思いますが、
くどくないので飽きないの。旨い~っ♡

さらに、お昼食べながらtanaさん独り占めで
魚ライフの基礎知識を教わってしまった。もう役得ですね♪

みなさんにもちょびっとお裾分けしましょうか。
ええっとね、
大きな魚は、買ってきたら5日で食べきると考えるといいんですって。
例えば土曜日に手に入れたら、
最初にすることはお腹を出して綺麗にすること。そして二枚卸し。
骨のない半身は、月曜日までの3日間かけて生のお料理を楽しむと。
残る骨付き半身は、
干物なら食べる前日か二日前倒しの土、日、月どこかで一汐して冷蔵庫で干す。
夏などは味噌漬けも安心でおすすめだそうです。

tanaさんは、今のようになるまでに魚屋さんとのお付き合いで沢山の知識を得てきたのですって。
私、実は、
魚屋さんで買うと「これオススメ持ってけー」って笑顔で言われると
断れない気弱さがwあってですねえ。
でも、食べきれる自信がなくてグジグジ迷うのも嫌だし、判断できなさも情けなく、
日本の魚屋さんに苦手意識があったのです(スペインの魚屋だと断れるのになあ)
でもきっと、スーパーで買っちゃうって、本当は対面でプロから教わる機会を逃してるんだろうな・・・と。
こうして教えていただいたらちょっとできそうな気分w
禁猟期は、大きな魚を買って数日で食べきる生活を目指そうかな♡
まずは、近所で良い魚屋さんを本気で探してみますよー!!

お腹いっぱいになったので、お山をてくてく腹ごなししながら
見晴らしのいいCafeへ連れてってくれました。

d0180447_12201871.jpg


牡蠣屋さんがやってる、古民家Cafe「牡蠣祝(かきわい)」さん。

d0180447_12202792.jpg

どーん!
と、五重塔がある。
背後には瀬戸と宮島の町並みが一望できる絶景かな絶景かな~♪

d0180447_12195762.jpg

(牡蠣エキスは入ってないらしい)チョコレートケーキw、美味♪
美味しさ以上に、フォトジェニックでテンション上がりますね♡

d0180447_12200475.jpg

チョコと粒胡椒のマリアージュ♡

d0180447_12201152.jpg

tanaさんのレモンチーズケーキ♡
ちょっとした草花添えるのってホント大事ですね♪

宮島に向かう電車の中も、フェリーでも、昼ご飯食べてても、歩いてても、
口が溶けちゃうかってほど喋りましたが、ここでも尽きないw
お料理だけじゃなく人生のことや、子育てのこともいっぱい。
先輩としてのアドバイスじゃなく、今の気持ちを話してくださるのが素敵なのです。
一番耳に残ってるのは、
「今は男の子が大人になるのが難しい時代」とおっしゃっていたこと。
ほんと、女の子は問題なくしっかりと大人になっていくのにね。
そして、そんな時代に男の子を育てるお母さんは、私だけじゃなく皆大変なのですね。
「もしもなんてこと、あるわけないけれど、女の子のお母さんだったらどうなってたと思う?」2人で首をひねって
真面目に考えて、真剣に答えて、互いに吹き出して、そんなひとときでした(笑)

d0180447_12203539.jpg

どこを向いても、確かに五重塔ありますねえ(笑)

d0180447_12204381.jpg

ここが一番間近かも?

d0180447_12205052.jpg

私もtanaさんも、シカちゃんにはちょっと顔向けできないことがあり・・・
こそこそと退散w

あ!厳島神社見られなかった!!!
ということで次回に取っておくことになった宮島観光でしたw
tanaさんに感謝感謝です♡

おわり♪


tanaさんの宮島の記事はこちらです♪







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-06 15:40 | おでかけ | Comments(2)

広島の夜は魚とともに。

教室を終えて夕方ホテルに戻ると、
眠いと感じていなかったのに、1時間夢の中に落ちていました。

待ち合わせの時間少し前に目を覚まし、顔を洗い、
大人の魚料理の店へ食べに行くという、また夢のような夜のお楽しみへ♪

tanaさんのblogを見ていると、広島がどんなに魚介類に恵まれた街かと驚かされます。
もちろん神戸近辺だって明石とか負けちゃいないはずですが、
少なくとも我が家の周囲では、市場は一般に開放していないし魚屋さんは高すぎるところばかり(涙)
スペインにいた頃は、日本のようなお刺身盛り合わせが欲しいよおと思いつつ、
ないから一尾買いして捌いては、今夜は御飯と味噌汁に
「平目のお作りのみ!」「鰯のお刺身のみ!」とか、「鯛茶漬けのみ!」とか。
一日がかりで魚と格闘するので疲れて、一品料理な夕食になってました(笑)
でも、魚が新鮮で安かったので、さばく機会がたくさんありました。
日本では魚屋さん基盤のスーパーがお気に入りですが、「刺身用」と売られていても、
鰯などの小魚は自分で刺し身にする気にはなれない鮮度。
だから、魚屋さんが元気な広島に敬意ばかり。

この夜はtanaさんオススメのお魚料理が美味しいお店「とみ助」さんでした。
中でもオススメ中のオススメ
d0180447_16425538.jpg

カワハギの薄造り。
この身の大きさ、かなり大きいカワハギですよね!?
新鮮な身と肝のふわとろに舌鼓打ちまくりですっ♡

d0180447_16430236.jpg

小鰯の刺し身。
解禁になった、禁漁に入ったってtanaさんとshinさんが
季節ものを見落とさず記事にされるので、いいないいなって見てましたw
これまた脂が乗ってとろっとした鰯♡
これはスペインで私が刺し身を作ってたそのものの味!懐かしいです(涙)
海側に住んでいたので、漁船がかもめを引き連れて帰ってきてたら
鰯が大漁でね♪そんな日は市場に鰯を買いに行ったもんでした。
朝の漁で捕れた鰯じゃないと、こんな味にならないの。

d0180447_16430954.jpg

口休めのお野菜ですが、奥の緑の「ピーマン味噌」が珍しいです。
でも、味噌が入ってるわけじゃなく出汁醤油な味でした。
ピリッとしたので、しし唐のよう?
チュニジア料理に「サラダ・メシューイヤ」って焼きピーマンのサラダがありますが、
そんな風なので、焼いて潰すのかな?トマトに付けると優しいディップ。

d0180447_16431914.jpg

よくある鯵のフライも小料理屋さんが揚げるとフンワリさっくり♡骨せんべい付き。
桜の塩漬けまであげてあって、いいアクセントでした。
粋ですねえ♡
そしてtanaさんが記事の主役にしてレシピ書かれてた「はじかみ」だ!
お出汁の効いた上品な甘酢でした♡

d0180447_16432438.jpg

そして焼き蛸。
最後に皆でお茶漬けで〆。酔っ払って写真撮り忘れてましたw

美味しかったな♡
終の棲家を建てるのが夢の我らですが、
魚屋さんが元気で、お魚が安いところがいいなあと
密かに思ったのでした。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-04 17:11 | おでかけ | Comments(2)