人気ブログランキング | 話題のタグを見る

引っ越し見積もり騒動。

6月2日。

当初私と息子は関西で心残りを精算し、8月に引っ越しを予定していたけれど、そんな事ができる状況じゃないコロナ自粛で単に親子分断の日々、しかも抜根ももう終わってしまったわけです。

今年はまず家を借りて引っ越し。住めるようになるのは来年って言うけれど、この貸家ったら暖房一切なし。風呂の湯温維持機能なし。隙間風あり。壁も窓も薄い。4月に遊びに行って関西の真冬仕様の布団被ってて寒すぎて通しするかと思ったので、生きて越冬できるかが不安ですの。一部でいいから断熱した所に住めるようになりたいのよ私(祈)、、、と、引っ越しを一ヶ月早めて建築現場に参戦しに行くことに決めたのでした。

ということで、
まずは引っ越し家探し。
慣れないので友人のアドバイスを聞いて、ネットで4社見積もり申し込みました。

やってきた最初の引っ越し屋は初っ端で「家具が多いですねー。50万くらいかな」って入ってきましたた。そんな脅しにはのらんもんね。家具少ないと思うもん。
家の中を全部見せたら「正規の値段では45万ですが、割り引いて、、、」と言って見積もりは30万円台。
引っ越しってそんなにかかるものなの?びっくりしたわ。
うちはスペインに住んでいたときからほぼ全部自分たちでやってきたから、誰かに頼むとか、色んなことにそんなにお金をかけたことがないのです。

荷物が多いからトラック2台にしてピストン輸送にりますって。
そんな大掛かりになるの?じゃあダンボール半分は自分たちでトラックを借りて運んで、大物だけお願いすると、トラック1台になってもっと安くなりますか?なんて大真面目に聞いてたら、会社の補助とかないんですよね。仕事やめられたんですよね。なんて呟いて、今ここで決めてくれるなら、この値段で!って、なんだかすっごく下げてくださった。
とはいえ、まったく相場がわからないと、破格ですって言われても判断できず。謝って、もう少し他社の話も聞くことに。

翌日。残り三社ともがその値段を聞いてこぞって目をむいたのでした。
その値段はうちには無理。もう、そこに決めたらいいですよって、そそくさ退散していったのでした。
どうやら本当に安かったみたい。
しかし、それもそれで怖いですよね?その疑問を他社営業さんに尋ねてみたら、みなさんが親切で、なぜうちには出来ず、そこは安く出来るかを説明してくれました。
「自社でトラック持ってるとどれだけでも値引きできるんですわ。うちは運送屋と提携してるから、運送屋にまず20万円払いますもん。その差が大きい」←まぢ?その差を抱えて同じ土俵で勝負になるんだろーか??
「安いから手を抜くとか、高いから丁寧にするとかそういうんじゃないから、安いに越したことないですよ。もうそこに決めた方がいい」
「営業が見積もってその値段で出来るっていうんだから、問題でてもお客さんの責任じゃないから大丈夫」
「でも、もう少し下げられると思うから、後一回交渉したほうがいいですよ。僕ならそうする」
そうなん?

すべての見積りが出揃うまでの期間も、最初の会社からは
うちはもうちょっと安く出来るから、うちを選んでくださいって毎日電話がかかってきたし。
引っ越し業界の値段ってどうなってるんでしょ?

最終的には、むこうの都合で1日早めて、その分さらに安くしてくれて、引っ越しは7月8日に決まり、交渉ごとの苦手は私にしては大快挙のお手柄値段って皆に褒められたのでした。まあ、どっちかというと交渉出来ずに迷ってただけですが(汗〉

後から色んな人からさらに聞くと、
コロナで大打撃の引っ越し業界だそうで、トラックを遊ばせておくよりは安くても仕事をとって動かせる必要があるからの破格値段。しかも、普通は間近に言っても予約が取れないところを一ヶ月後にすぐ引っ越しできるもんじゃないとのことで。
奇跡だったそうです。



Commented by syun368 at 2020-07-27 10:04
遡って引っ越しの話 思い出しましたよ(笑)
Commented by africaj at 2020-07-28 17:03
syunさん、戻ってきましたー🎶
FBでも書いた上に、直接お話してるsyunさんが、一番よくご存知かもw
しばらくはここ数ヶ月のことも書いて行きますが、無事blogに戻れるよう祈っててくださーいw
by africaj | 2020-07-26 12:20 | 新天地 | Comments(2)

ついに、都会から田舎へ引っ越してきました!皆で家を建てたら、森暮らしの始まりです♪


by africaj