大坂なおみ優勝に朝から泣きすぎました。

「あれ?大坂なおみの試合、今日じゃなかったっけ?」

朝7時に気がついたWOWOW初心者。
例に漏れず、錦織くんの試合見たさに一昨日から加入した組です(てへ)

いいもん。見たいんだもん♪で、客寄せホイホイに乗ることもよしとする私に、
頑として抵抗するパパさえもが、顔を覆いながらWOWOWに加入してしまった金曜日w
「また1人来た来た。ウシシ」って言ってるだろうなーくそーと言いながら。

そして土曜早朝からナダル応援して臨んだら、ずっと辛そうな顔見た末にナダル棄権(落ち込む)
気分を変えて臨んだジョコと錦織戦、ジョコ苦手意識が抜けない感じの固さから始まり、らしさが出ぬまま敗退。
ここ数日体調不良の私。ついに来たか更年期障害なのか、低気圧のせいか、早朝からのこの試合を引きずってか、
半分横になってた私とテンション低いパパ二人で過ごす暗い土曜日。早く寝ちゃおって夜9時半から寝てるパパ。
なもんで、すっかり忘れてました。
WOWOW入ってることも、USオープン大坂なおみの試合が早朝だったことも。

急いで点けたら、優勝インタビュー。
「わー勝ったんだ。すごーい。ストレートじゃない」
ここでパパはお仕事、いってらっしゃい。WOWOWの醍醐味を味わうことなく残念。可哀想でした。

私は、早朝の試合をまるまるやってくれたので、何があったか見られて号泣となったわけでした。
WOWOW放映権独占のせいで、ほとんどの日本人は「大坂なおみがUSオープンで優勝・日本人としての快挙」
のニュースしか流れず、すごいすごいと感動して終わるのでしょう。
なので、ここに記事にします。


大坂なおみは、16歳差のセレーナ・ウィリアムズとプレーをすることを夢見てきたこと。
同じパワーテニスで「ベビー・セレーナ」と言われていること。

セレーナ・ウィリアムズは、女子テニス界に男並みのパワーテニスを持ち込んだ人。
以後、ウィリアムズ姉妹の独壇場だった女子テニス界。特に妹のセレーナは色んな記録を塗り替えてきた人。
妊娠出産を経て、今季、全米オープン優勝記録が目下クリス・エバートの6回と並んでいるのを、
一つ進めて、自分が初の7回優勝を成し遂げる為に戻ってきたこと。

そんな前提はたぶんあちこちで検索すれば出てくるので、サラッと書くだけにしときます。

立ち上がり遅いセレーナのミス、ファーストサービスの確率の悪さもあって、
最初のセットは案外とあっさり大坂なおみが奪い。
第2セット最初くらいからエンジンのかかってきたセレーナと長いラリーを制したりやられたり。

途中で、セレーナが「プレイ中のコーチングは違反」って注意を食らったあたりから、
なんだかもう会場の雰囲気もセレーナの怒りもむちゃくちゃになってきた。
何のコーチングだろ?と思ってたら、サポートチーム席側から両手を前後に動かすアクションが写ってた。
これがセレーナに向けられたのか、
アクション大きすぎる人のつい気持ちが出た1人ごとアクションかわからないけど(関西人にこんな人多いからw)

あ、大学で昔剣道をやっていた時全く逆パターンがあったんですよ。
警察剣道で名を馳せた83歳の師範。試合前に「わしが指示を出すから」って言ってたのに、いざって時
興奮して「いけー!そこじゃー!」ってバタバタ手を振ってるだけで、全然役に立たないしw
で、選手は皆頑張って自力で勝ってたのですが。端から見たら「指示もらえる師範でいいなー」ってことになったりで。
違うしぃって(爆)

さだかではない。

その後、すごく追いつめられた局面にて、まさかの冷静なドロップショットで点を奪ったセレーナは、
さすが経験豊富で閃いたのか、その時にもしかしたら「前後にゆさぶれ」というサインでその戦法が閃いたのか
と、万が一の可能性を伊達公子が語弊ないように気をつけながら付け加えていたので、ないこともない。
セレーナは「私はズルはしない!」と言い続けていた。王者のその気持にリスペクトもしたい。
でも、賞金の絡むプロスポーツの世界はそんなピュアでもないからなあ。百戦錬磨のセレーナが背負ってるものは大きいし。

その後ですよ。
自分のプレーミスで点を失った時の怒りでラケットをコートに叩きつけたら、
ほげーっ!(汗)ラケットがへし折れて無残に歪んじゃって破壊。
こっえー(冷汗)ってTV越しの私も思いましたが、
審判がこれに「警告」を出したのですよ。
警告が2つになると、相手に1ポイント与えられるルールなので、新たなゲームは大坂なおみに点が入った状態からスタート。
これに激怒したセレーナがますます怒り心頭なパワープレーをして、
すごいショットもあれば、入らないサービスでなんだか会場がピリピリ。

会場はというと、99%セレーナ応援だったらしいから、セレーナの怒りに呼応してブーイング起こるしで
だんだん大坂なおみが可愛そうになって、見てる私も辛い。

大坂なおみって少し自滅気味プレーになった時の泣きそうながっかりした顔がめちゃくちゃ分かりやすいので、
こっちまで、あああ~と言ってしまいそうになるのですが、
カメラが捉えてたある瞬間、がっかり顔を口元笑ってニコってしたのです。
これまたほんとわかりやすい人。福笑い顔w
伊達公子が「引き摺らないように自分で気持ちをコントロールしましたね」って。
こういうスポーツ選手はプロが付いて感情コントロールを習得すると言いますが、目の当たりにした瞬間でした。
私もやろーって思いました。はい。
どんな本を読むよりも忘れないだろうな。この時のこの映像・・・。

大坂なおみはずっといいプレーをしていた。ほんとに気を抜かないプレーだったと思う。
でもこの後もっと可愛そうな事件が起きたのですよー。

セレーナが怒りを収められずに審判に食って掛かったら、主審が1ゲーム没収(大坂がもらう)にしちゃったの。
会場99%セレーナ応援の中、この判断。自分に自信がないとできない。
男子の方の主審を長年やってきた方だからできる主審魂と思うけれど、今後命があるのか仕事に差し障りないのか心配する私って小者だわ。
日本だと内部告発の英雄が会社を追われて、裏切り者呼ばわりされて再就職の道を絶たれるってよくある話だもの。
アメリカはそんな日本と違う世界って思ってるのですが、この方を次にも見たいですううう。

そしてもう会場はブーイングの嵐。
「ここはグランドスラムの決勝戦です。私たちはただ素晴らしい試合が見たい。望むのはそれだけです」
「これは大坂なおみが可愛そうです。」
解説の言葉を聞きながら、私ももうほぼ泣いてますもー。
このいざこざが収まって、試合再開をひたすら待つ大坂なおみの気持ちを考えると、しくしく。
彼女は一点を見つめて、自分に集中しようと必死で努力してると解説が言っていた。

なんでこうなった。

だって、2セット目終盤で1ゲーム贈られたら、このセットだって行方は両者平等とは言い難い。

ゲーム再開しても、ブーイングは鳴り止まない中、このゲームはストレートでセレーナが取り、
会場は割れんばかりの大歓声。観衆も常軌を逸しはじめてる。
でも、大坂なおみ、もらった1ゲームをチャラにしようって、手も足も出さなかったように見えたけど。

で、その次のゲームは
とてもいいラリー。会場のアウェーの雰囲気、今こんなことが起こった動揺はない大坂の冷静なプレーに感心しました。

最後のゲームは大坂のサービスの回。
いきなり素晴らしいサービスエースを連発して・・・あっけなく・・・優勝したのでした。
誰も大坂なおみには敵意を持っていなかったけれど、これだけいいプレーをしてるのに、なんだか蚊帳の外のような変な決勝戦。

優勝トロフィーを受け取るまでの時間もブーイングは続く。
それでも勝者は1人スポットライトを浴びていて。
自分の陣営に喜びのハグをしに行ったあと、タオルを顔にかけてしばらくじーっと座ってるのを、
日本の解説メンバーもなんだか心配していた。私も。
タオルを取ったと思ったら泣き顔じゃなくてほっ。いきなりバナナを食べ始めて・・・ちょっとクスっ。

まだまだブーイングの会場の中、セレーナからスピーチだった。
恨み言は何一つ言わなかったことはさすが王者で、素晴らしかったです。そして、
会場の皆に「ブーイングはやめましょう」と訴えると会場が静かになった。
その間大坂なおみはずーっとずーっと泣いていて。

優勝者のスピーチで、
「みんなセレーナを応援してたの、知ってます。こんな終わり方ですみません」と。
この言葉で、会場じゅうが全員泣いた気がしました。
セレーナの側も大坂なおみ側も、まさかの方向にいってしまったことに泣いて、
新しい可愛らしいヒロインが生まれたことを全員が認めた瞬間で、私もうボロ泣きしてしまいました。
「セレーナと全米の決勝でプレーするのが夢で、それが叶ってうれしい」そんなこと素直に言っちゃう20歳の子。
いろんな思惑を溶かしていきなり温かい雰囲気に変えてしまったのでした。すごい瞬間でしたー。
妊娠出産を経て母性愛に満ちて復帰したセレーナは、もう「敵わんわ」って気持ちになるだろうなあw

ディズニーの当たり障りない「ライオンキング」よりもっとこう・・・そう、手塚治虫の「ジャングル大帝」を思い出すような
王者の誕生シーンでありました。
ああ、すごかった。


[PR]
Commented by pallet-sorairo at 2018-09-09 13:34
始めまして。
素晴らしい実況中継ありがとうございました。
もう、スポーツニュース見なくても、
と言うか、今は見たくない気分です(^^v
Commented by hokkorimayurin at 2018-09-10 07:42
こんにちは。
大阪なおみさん、素晴らしかったですよね!
朝起きてすぐにWOWOW をつけたら、ちょうど、セリーナが
審判に苦情を言っているところで。
そこから、ずっと試合を見守り、優勝スピーチまで見ました。
その時もめっちゃ泣けましたけど、
グルグルつばめ食堂さんのブログを見て、
思い出し涙出ました。

アメリカでは、この優勝についての記事より
そのこと以外のことが取り上げられている、ということも
悲しい。

次は、日本に凱旋試合に来るなおみさんを
心から応援したいです!
Commented by africaj at 2018-09-10 12:10
> pallet-sorairoさん

はじめまして!
コメントありがとうございますっ。
うふふ。感動をそのまま実況中継って、一粒で二度美味しくて好きなんですw
スポーツはドラマがありますね~。最近涙もろくて困りものですっ。
Commented by africaj at 2018-09-10 12:19
> hokkorimayurinさん

こんにちは!
やっぱり泣きますよね。
あの状況で1人頑張れることも、素直にセレーナをリスペクトするのも、
純粋さに泣けました。解説もないてるようでしたし
大坂なおみさんに注目してた人はみんな泣いた気がしますー。

まあ、アメリカでの記事は、大坂なおみさんは気にしなさそう。
ごもっともって言いそうなのでw
セレーナをI love youって言っちゃうんだもの。
そこがまたいいところですね。

これからが楽しみですね!
Commented at 2018-09-11 06:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-09-12 16:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2018-09-17 13:22
> n*gd**ficeさん

おおーお久しぶりです。
NYと言えば!ですね。
そうか、「彼女の素晴らしい瞬間を台無しにした」ちゃんとそう思う目がアメリカでもあるなら安心です。

森の散歩はね、今年は6月から9月までは暑さと雨でほぼ行けてないのですー。
でも、これから楽しい秋。水彩も始めたし。歩いてスケッチして秋の色探ししますよー♪
Commented by africaj at 2018-09-17 14:12
> m*ra**oiseさん

お久しぶりです☆
あはは、実況中継好きなんですw
忙しいとblogから離れちゃいますよね。snsって写真を載せるのに便利すぎますね。
でも、文章書くのはblogですねー。時間とられますが(汗)
また遊びに来て下さーい。コメントもうれしいです♪

by africaj | 2018-09-09 12:13 | 世の中のお勉強 | Comments(8)