マルケ・ジビエと野草料理を習う4(野草のラビオリ)

後半戦は肉料理以外のお料理作りです。

d0180447_11020172.jpg

パスタを打っていきます。
粉、卵、オリーブオイル、塩。
卵すら贅沢な時代は水で打っていたそうな。その流れで白ワインを使う地域も。
パンだ中華点心だと色々捏ねてきて思うのは、粉と水と塩が基本形なのねということw
捏ねやすさとか風味とかこだわりで変化形があるというのが私の納得した部分です。

d0180447_11021101.jpg

パスタを寝かす間に中身を作ります。
ナツメグ、こちらではいつも皆こうして摩り下ろすのが新鮮でした。
確かに摩り下ろしたての香りの良さったら。可愛いので私もやり始めちゃいましたよー☆
イラクサペーストにリコッタチーズとナツメグ、パルミジャーノを合わせて中身を作りました。

d0180447_11020677.jpg

捏ねて一晩、せめて2時間は置いた方がいいと聞きつつ、30分位で伸ばしていきました。
急ぎの場合それも有りなのね☆
大事なのは、指で押した穴が戻らないこと。

d0180447_11021731.jpg

「手打ちパスタは美味しい」
それはパスタプレス機を使う手打ちパスタを含まず、全てを手作業するパスタが美味しいのですって。
それって、「愛情がこもってるからね」とか「手作業しかなかった時代信奉」かと思っていましたが、理由がはっきりありました。
パスタプレス機は平らなのに対して、木の台での手伸ばしは細かな木目が入るからソースの絡みがまるで違うのですって。
もう一つは、プレス機が平らすぎて生地がくっつくので粉を毎回はたく、それがパスタを固くしてしまうからですって。
そこだったのかー!
確かにアンナは打ち粉も毎回は使わない。くっつきはじめたかなという時だけ。
へええ、これでどのくらい美味しさは違ってくるのかなあ?

d0180447_11022239.jpg

日に透かして、全体に均一でしょう?と見せてくれました。さすが職人技!
yukikoさん曰く、パスタを打ち始めは皆これを延々やらされるのだとか。
小麦粉粘土のようなもので延々と均一に伸ばせるまで練習。
だからもう、私達がお米を研ぐようにさっさか手打ちパスタで夕食が作れるようになったとか。

d0180447_11022776.jpg

ほさ、最終的にこのくらいの薄さまで。
薄ぅぅぅぅぅぅぅいっ!!!(感動)

d0180447_11023126.jpg

これはマルケ方式だとかで、トスカーナは手打ちでも帯状に一旦切ってラビオリにしていくのですって。
私にとってはこの方法は目からウロコ。
とても作りやすいと思いました。

d0180447_11023629.jpg

カッターでも包丁でもいいので、切っていきます。

d0180447_11024268.jpg

大小があった方が楽しいし、いかにも家庭の味だからそれがいいのってアンナ。

d0180447_11050505.jpg

捏ねるのも、伸ばすのも、詰め物、切るまでばんばんやら
ありがたや。

d0180447_11025029.jpg

半端な生地は可愛く作ってスープの具に。

d0180447_11025656.jpg

ラビオリグッズを色々♪
こんなのもまた粘土みたいで楽しいですよね。
でも、形を揃えれば揃えるほど半端な生地がいっぱい出るんですけれどw

d0180447_11030325.jpg

パスタ捏ね台を見せていただいちゃいましたっ。
一番下の棚は重い粉類。

d0180447_11030825.jpg

左右の引き出しはグッズの整理に。便利便利♪

d0180447_11031274.jpg

台をパカっと開けると、長い物入れになってましたっ。

d0180447_11032007.jpg

①は、生地の上でゆらゆら押し付けると、ニョロニョロとパスタが押し出される道具w
これ、どんな料理で使うんだろうそのパスタでー(興味深い)

d0180447_11032862.jpg

②は、詰め物乗せて生地をかぶせてから転がすと、均一な四角いラビオリの整形が一気にできる算段。すごいー!

d0180447_11033620.jpg

③は、マカロニにして押し付けると・・・

d0180447_11034337.jpg

ソースが馴染みやすいスジスジができる♪
ニョッキにも使えそうですね。

さーて、お腹がすいたのでお昼の仕上げにかかりましょうか。

d0180447_11035087.jpg

沸騰させた塩湯に作ったラビオリを一気に入れて、こんな風に蓋を少しずらして茹でます。

d0180447_11035965.jpg

フライパンにバターを溶かしたら、さっき作ったウサギソースを加えて濃度を調整し・・・

d0180447_11041671.jpg

引き上げて一気にソースの中にいれてザカザカ和えます。

d0180447_11043307.jpg

ボリジを飾れば、出来上がりました!

d0180447_11044393.jpg

白玉草を刻み込んで、パルミジャーノもたっぷり入れた卵焼き。
あ、途中で「スペインから来たなら卵焼き作ってみない?」って言われて、
は、作らせていただきますって焼いたスペイン風トルティージャ。
イタリアのものより厚いのと、私的にはじゃがいもを入リトルティージャ以外は最後は予熱でふんわり仕上げます。
同じ「卵焼き」でもその違いに皆気づくから嬉しい。喜んでもらえてなお嬉しかったです♪

サラダはレタスと色々な野草アクセントのミックスサラダです。
やぱり野草だけにしないでのが美味しさのコツなのだなと再認識です。
彩りに藤とカレンデュラの花を添えて。

d0180447_11045271.jpg

みんな揃ったとことで、いただきまーす♪
食卓の様子は、現地でupしたインスタでどうぞ~。



アンナさんはB&Bをされているので、載せておきますね。

陶芸家ですが同時に通訳やコーディネートをされているので、yukikoさんのFBを載せておきますね。
マルケは移動が大変なことと、彼女の好奇心で知り合っていく面白い人々は皆ツワモノばかりで感心します。
私はyukikoさんと知り合いではあったけれど、今回のマルケは彼女にコーディネートを委ねました。
自分で調べて旅をすることももちろん出来ますが、
イタリア語がしゃべれないけれど、せっかくなら色々学びたいって方は世界が広がりますよ。
コーディネートをお願いしたいという方は、こちらからメッセージをどうぞ。




[PR]
Commented at 2018-06-18 12:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2018-06-19 09:46
鍵コメさん
お久しぶり。そしてありがとうございます。
震源が浅かったの少し離れている我が家は震源地ほどの被害ではなかったので、大丈夫です。
しかしながら、地震は怖いと再認識しました。携帯が繋がらずSNSは繋がるって本当ですね!
Commented at 2018-06-19 12:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2018-06-21 23:27
> 鍵コメさん

中3と言えば来年は高校生!小学生の印象しかないので不思議☆

そう言っていただけるなら、良かった良かったw
たまにコメントもくださいな。

Commented at 2018-07-15 15:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2018-07-15 23:17
>鍵コメさん

私も真っ先に思いましたよーボッティチェリw

心配くださりありがとうございます。
関西なので、広島や岡山ほど酷い水害にはならずなんとか。
暑さと同じくらい、やることがいっぱいすぎて今週はパソコンをあけることなく週末になってしまいました~。最近そちらにもまったく遊びに行けておらず悲しんでます。
夏の虫の活性化と共にそちらのblogが一年で一番更新される夏なのに!
早く常連に戻りたい。
by africaj | 2018-06-13 11:50 | おでかけスペイン+イタリア・2018 | Comments(6)