マルケ・ジビエと野草料理を習う 3(野草のお勉強)

d0180447_23082214.jpg

サラダやオムレツ等に使う野草を積みに行きましょうか。
そう言って、彼女の庭に行くのが羨ましいところでした。

こんなところに住んでいることが羨ましい。
だけれど、ここを選びこんな暮らしをし、アソシエーションを立ち上げ、昔の生活を今に伝える架け橋に尽力する、
すべては彼女が選び取った選択の先に作り上がった世界なのですよね。
「イタリア」が素敵なのではなく(いえ、素敵でしたw)、彼女の世界を切り取っているから魅力的なわけです。

私は学ぶことにかけては自分スタイルが確立してるのですが、アウトプットが下手すぎるわけです。
自分の体験をちゃんと共有したり、微力ながらなにかの「役に立つ」人が羨ましい。



敷地には川が流れ、鳥がさえずり、野草も雑草も元気に育っていました♪

d0180447_23082764.jpg

チャイブが可愛い花を咲かせていましたよ。

d0180447_23083213.jpg

バラけないように、可愛くくくってました。
シロツメクサでこんなことしたな☆
これだって、「知恵」ですよね。

d0180447_23092629.jpg

野生のフェンネルわさわさ。

d0180447_23094307.jpg

ピンピネッラ。和名われもこう。
d0180447_11540731.jpg

とはいえ、日本の吾亦紅と葉の切れ込み具合が違うので調べてみました。
これは「サラダバーネット」(オランダワレモコウ)という種類ですね。

d0180447_23101954.jpg

ロビさんのWSで書いたけど、昔の農民が「これが入ってなきゃサラダじゃない!」って言ったほど好きだったとか。
キュウリのような風味?とはいえ、ルッコラほど個性的ではなくて、
なんで?ってことがありますが、今回色々な野草を取り合わせたサラダを食べてみて納得しました。
「みんな違ってみんないい」って、金子 みすずが降りてきましたw
みんなが違うと美味の世界が広がって立体的で、普段食べているサラダは単調なのねって感じです。

d0180447_23104617.jpg

楽しそう♪
アンナさん自体がキャラすごいw

d0180447_23105121.jpg

タンジーも元気。
天然の蚊取り線香の香りがします。食用ではないです。

d0180447_23105873.jpg

タラゴン。
これは茎を握って逆撫でして葉だけ採ってました。

d0180447_23111521.jpg

チコリを採ってます。
チコリも苦いんですが、ちょっとサラダに入るといい仕事してましたよ。

d0180447_23112928.jpg

タイムもすごく元気。
放っといて生えてくる環境いいなー、うちのタイムは種まいて出た双葉が梅雨時ナメに全部食べられてしまった(涙)

d0180447_23114518.jpg

これはたんぽぽ。
これも苦いですwサラダのアクセントにするか、沢山食べるときは炒めます。

d0180447_23115547.jpg

マーシュ和名ノジシャは白い花を咲かせていました。
これを近所で見つけたい私ですがノジシャが見つからないのですよね-(カワジシャは見つけたけど不味かった)

d0180447_23120519.jpg

これはヘラオオバコの葉。
「フンギの葉」きのこの味のする葉っぱとイタリアでは言われてます。
前回ロビさんの記事にも書きましたが、確認したら長いのも普通のオオバコも早春の若葉はそうなのですって。
来年日本のも同じか確かめてみなくては!

d0180447_23121771.jpg

カレンドュラはキク科で
月経不順や更年期障害に効果がある花だそうです。キク科は全般的にそうですね。
特に「皮膚のガードマン」と言われて、傷ついた皮膚や粘膜、血管の修復に保護に役立つのだとか。
湿布やオイルで外用に、ハーブティで内服など。
エディブルフラワーなので、今回は飾り付けに♪

d0180447_23123583.jpg

トランプの中で、クイーンに描かれていそうに思うのは私だけ?

d0180447_23122816.jpg

ポピーは花びらをジャムに。
以前ひなげしのジャムを食べたことありますが、バラジャムほどの個性はないので色付け?色が素敵でした。
そうか、日本で「特定外来植物」指定で見つけたら片っ端から抜けって(乱暴な 汗)警告が出ていた、
ナガミヒナゲシも花びらできれいなオレンジ色のジャムが作れるんじゃないかしら。

d0180447_23134991.jpg

イッソポ和名わからず、中国名は神香草。
サラダだったかな?

d0180447_23133710.jpg

若菜の緑に加えて、ボリジのお花とカレンデュラの色合いが美しいですね。

d0180447_23135709.jpg


d0180447_23140764.jpg

最後に藤の花を摘みましょう。

d0180447_23141597.jpg

さて帰って料理の続きをしましょうか。
ラビオリを作らなければ。



[PR]
Commented by syun368 at 2018-06-13 00:07
う〜ん 肉も面白いけど草も面白い!
アンナおばちゃまは もっと面白い(笑)

私 ポピーが大好きなんです。
直ぐ散ってしまうので買わないけど…
ジャムが作れるのですね。
と言うより食べられるってこと自体 知らなかった。
Commented by africaj at 2018-06-13 10:59
> syun368さん

ふふふ、「なお」に野草料理が並びはじめる日も近そうですねw
アンナおばちゃま、ベラスケスの宮廷を彩る背景に普通に描き込まれていそうですよね!

私もポピー大好きです!あのふわふわひらひらの花びらと形。
ジャムにするにはきっと園芸種じゃない原種の方がいいと思うのですけれど。
学名papaver(ケシ)の語源って、papaでラテン語で(スペイン語でも)離乳食なのです。
ケシ属の乳汁には催眠効果があって、赤ちゃんを寝かせる為に離乳食に混ぜて寝かせた
という説があるそうな。いやあ、昔の知恵なかなかのもんですねーw
by africaj | 2018-06-12 11:47 | おでかけスペイン+イタリア・2018 | Comments(2)