旅の準備

海外への一人旅は本当に久しぶりです。
ここ数週間色々なやり取りや手配をしている間に、私が頓挫しているうちに旅の仕方も
かなり変わったのだなあと痛感。

昔は宿を取らず、早朝に街について安宿を探すスタイルでしたが、今はもう安宿もネット。
早くに予約しないと安いところから埋まっていく。
気のむくままに・・・とは旅のスタイルも変わりつつあるのは残念。

自分も学生時代や社会人なりたてだった体力まかせの旅、安ければ何でもってことが
もう出来ない年齢というのも痛感wラクな方に流れるお年頃に~(苦笑)

なので国際免許証をとってきました。
運転が苦手な方ですが、公共交通機関の通じてない場所が素敵だったり、私の用事がまずもって
村に行かねばならぬのにバスの本数が少ないという頭の痛い問題。
車なら効率が良いのですよね。
左ハンドル、マニュアルなので、えーっと左足がクラッチ~って、旅立つまでしばらくイメトレ中。
でも、日本より道が広くて混んでないので運転はラクだったような?
帰国してしばらく日本でのほうが運転が怖かったもの(高速道路でも道幅狭すぎ)

そして
今さらのスマホデビュー。
ネットで買ってネットで申し込んで、楽天は安くて良いなー。
空港でSIMを入れ替えればいいだけですね。

実際、携帯市場は日本がこのシステムに遅れていたのですよね。
帰国した時驚いたもんで、携帯会社が顧客を解約ペナルティーだなんだと縛り付ける変なシステムで高額を搾り取っていた。
スペインはSIMフリーとSIMを入れたら使う分だけ銀行から振り込む軽快さだったからびっくり。
ようやく今安くなってきましたね。ほっ。

d0180447_00165797.jpg

で、スマホってこんなに小さいんですね!画面も小さいから文字を読む気にならないのわかる!
写真を撮った後にblogをupしようと試みたけど、文字打つ気がしない(汗)
なるほどーだからインスタが流行るのねと、今さら知るw

私のblog、文字多すぎですね。納得。
せめて「〇〇 と 〇〇」なんてテーマ2つで書くのはやめようと思いました(苦笑)
でもPCから見てくださってる人もかなりいるから、記事内容は私の好きに徒然で良さそうですよね。

記事を書くにはせめてタブレットじゃないと書くのも嫌になりますね。
持っていくのは、スマホ、タブレット&携帯キーボードだな。
今回記事から、しばらくの間はスマホで写真撮って記事upする練習をしまーす。

d0180447_12050610.jpeg

これは、スマホをナビにするためのもの。
車のエアコン吹出口に差し込んで、マグネットでスマホを貼り付けて使います。
あとはgoogle mapに行き先を打ち込んだら簡易ナビの完成。

d0180447_10363808.jpeg

今回、「往復の費用が一番高いんだから、心残りだった所まわっておいで」というパパの温かいお言葉。
100%まんま受け止めてw
アンダルシアの他にも色々行ってくることにしました。
その1つがバスク。
色々調べているうちに、ちょいと行ったらフランスなのねと、
フランス側バスクにも2泊してくることに。
このバスクがね、ちょっと可愛いB&B、バスクらしい風景、車がないと行けないとこばかり。
自分でレンタカー借りたこともないくせにw無人のガソリンスタンドで入れたことないくせにww
車にしようと決めてしまいました。
大丈夫か? うん、大丈夫です。みんな普通にやってるんだから、きっと大丈夫。

そしてもう一つ。
アンダルシアからバスク入りするのに、バスだと安いが時間かかる(昔は迷わずこれを選んだが)
電車は快適ですが高い。
LCCは?と調べているうちに、あら、イタリア70ユーロで行けるやん。
ってことで、アンダルシアから中部イタリア経由でビルバオ入り・・・なんてルートになりました。

イタリアはがっつりディープな食材探求をしてくるので、頑張ってレポしますね。

d0180447_10324822.jpeg

友人の「フィレンツェ田舎生活だより2」のchihoさんがガイドブックを出されました。
今回の旅に合わせてバスク、イタリアともにガイドブックをざっと探したのですが、
群を抜いて凄いガイドブックでした。
行かれる方は本当におすすめ。行かない方も読んでいて夢が広がりますよ♪

スペインもこういうガイドブックが欲しいのに!と思いました。
アンダルシアは住んでいたおかげと友人がいるので、面白い旅ができそうですが、
アンダルシアもバスクも情報がレストランやバルの食べ歩きと観光しか載ってないのが残念。
まあ、ほとんどの人は短期間でハイライトを渡り歩くような旅だから良いのでしょうか。
私的には「文化」と「歴史」をつなぐ食や旅ができるヒントを求めてしまいます。
バスクはネット検索してもコーディネーターにメールで尋ねても、深い所に行きつかない。
面白いガイドブックは出ないのだろうか・・・スペイン。

とりあえず出発まで、スマホの練習とスマホナビで遠出運転の練習がんばります!


[PR]
Commented by syun368 at 2018-03-19 12:14
アンダルシア 懐かしいなぁ
africaさん凄い!

私も長いこと日本から出ていません。
お店が忙しいので しばらくはこちらに専念します(笑)
Commented by erikaboy1425 at 2018-03-19 18:10
満足のゆく旅になりますように!
africaさんの計画をこうして見せていただいてから、旅程を決めたら良かったと、後悔しています。
イタリアでの過ごし方、レポートが楽しみです!
次はイタリアを夢みていますので。参考にさせていただきたいです。
Commented by cyobihakessekida at 2018-03-19 20:20
お気をつけて行ってらっしゃいませm(__)m
楽しい旅になると良いですね。
Commented by africaj at 2018-03-19 23:03
> syunさん

え、まだ計画だけですしw
この旅を終えたら、少し凄くなれるかなあ?

syunさんはゴールデンウイーク返上でお店がありますもんね!(笑)

Commented by africaj at 2018-03-19 23:08
> erikaさん

えー後悔なんて!
erikaさんのバスクも楽しみです♪
スペインもしくはイタリアに次回少しまとまった期間を行かれることがあったら、
近隣諸国までLCCが、高速バスか?って値段(30ユーロからあります)で出てるので
いつか使ってみてくださいな。
ヨーロッパってズルいなーってつくづく思いますね。
Commented by africaj at 2018-03-19 23:11
> cyobihakessekidaさん

ありがとうございます。
なはは、旅は4月はいってからなのでもう少しさきのはなのですけどねw
スマホに慣れたり、若者と違って努力に時間がかかるのです~(とほほ)
Commented by tpmillo at 2018-03-19 23:20 x
一月にバスク地方に行ってきました
バスク地方はおいしい店が多すぎて、ガイドブックに飲食店ばかりになるのは仕方がないのでは 笑
お気に入りはサンセバスチャンのsirimiriです、
機会があれば是非!
働いてる人たちの勢いがあって、味も雰囲気も素敵でした
シドレリアで樽からシ-ドルも山の中のレストランもよかったです
Commented by africaj at 2018-03-22 00:07
> tpmilloさん

こんばんはっ。
なんだか堪能されたような楽しげなコメントですね!
そんなに美味しかったんですね!
sirimiriですか。メモしました♪ありがとうございますっ。

Commented by mika at 2018-03-22 14:46 x
このスマホホルダー欲しい〜。こっちでも売ってるのかなぁ?持ってる奴は、使えなくって。ちょっと早速、日本で買って、母に送ってもらおう〜。載せてくれてありがとう!

楽しんできてね!
Commented by papricagigi at 2018-03-23 04:19
 africaさんの旅の準備のお話を聞いているだけでワクワクしてくるわ~。いいなぁ!久しぶりのアドベンチャーの匂いがプンプンだねっ。デジタル機器もガイドブックも揃ったことだし、旅の途中からのリポートも期待していいのねっ。africaさんのことだから綿密に旅程が組まれていそうー!
Commented by africaj at 2018-03-24 10:27
> mikaさん

うん、これ便利!
私も今練習で使ってるけど、使えるやつですー♪
Commented by africaj at 2018-03-25 11:44
> papricaさん

ほぼ知らないバスクはすでにいろいろ調べてるよー。だってあっという間に一日は過ぎちゃう。
レンタカーも事前予約と当日借じゃ値段がまったく違ってきちゃう。
ネットで宿予約の時代になったら、いい宿安い宿は一ヶ月前でも売れちゃう勢い!だったから。
風の向くまま気の向くままが好きなので、全部それだともたないです。バスクだけ綿密。
アンダルシアだけは友人のおうちにいるので、予定もほぼ立てず、向こうに行ってからいろいろ決めるの。
今頃、久しぶりの一人旅だーってドキドキw
by africaj | 2018-03-19 10:29 | おでかけスペイン+イタリア・2018 | Comments(12)

都会のはじっこ、山のはじまりの手作りな暮らし。畑のこと、日々のパンとお料理、発酵の実験、パパの狩り、子育てを綴ります。


by africaj