映画「人生フルーツ」 と 菜園スタート。

昨日は「人生フルーツ」を観てきました。
タイへ行く前に見たいと思いつつ、帰国する頃はもう終わってるだろうと諦めてたら
異例のロングラン。

d0180447_09545717.jpg

本を方々の友人から薦められ気になってはいたのですが、手にとるに至らず。
チラシの素敵なお顔にぐんと興味が誘われました。

息子が独り立ちした後、二人でほぼ自給自足で暮らしたいと思っている私達へ水先案内をしてくれるような映画。

数十年で食料や資源問題が深刻化すると言われてるし、うるさい蝉対策に都会では大きな木を切り倒すという世の中で、
不安を感じる1人、2人の力で自分の子供たち世代になにを残せるのかという思いにも、その先に明かりを灯していました。

英子さん87才修一さん90才、
ドキュメンタリーの内容も良いのですが、そのお顔あまりに魅力的で見とれていたら映画が終わった感じw
修一さんは幸せそうにお昼寝をしたお顔のまま、永遠の眠りについていました。

私は自分の世界に生きていた子供時代だったので、周囲を見回したのはかなり遅く、
高1で初めて、男子は「可愛い数人」とその他という風に女子を見ることに気が付き、
どうも自分は数人の中に含まれないらしいこと、これはかなり不公平を被ることに、もちろんちょびっと落ち込んだわけですがw
どうにもならないって劣等感に苛まれること自体にうんざりして、考えた末はたと、人生なら自分で作れるぞと気がついて。
シワシワになって人生が顔にでる頃、最高に可愛い「いい顔」のおばあちゃんになろう決めたんです。
そうだ、だから私は人生を作ってきて、「今ここ」なんでした♪

映画は、挫折から方向を転換してその道にたどり着いた、重みのある優しさがありました。
夫婦は最小単位のグループで、声をかければ答える仲間がいて、1人でするより楽しい事ができるし、
世界を作り出せるんだよって見せてくれます。
その世界で自分たちの思ったことをどんどん形にしていく幸せ。
自然に寄り添って生きる優しい暮らし。
この映画を見て、種をまいたり、木を植えたり、雑木林を作る人が増えてきたら優しい社会になるかな。
パパを連れてまた見に行くつもりです。





私も種をまく準備をはじめましたよー。

d0180447_10375873.jpg

10月に収穫のピーナッツです。
地面に浅く広がるので、苗のそばに寄せ植えのようにすると夏の土の乾燥を防げて良いのです。
真ん中はバジル。
水に浸すとゼリー状のもので覆われて、「生きてるよ」って目で見せてくれます♡
右端はイタリアの「牛の心臓」というトマト。
今年初めて育てるので、実がなるまでドキドキです。

d0180447_10393423.jpg

苺たち、次々花を咲かせてますよー♪

d0180447_10382764.jpg

黒キャベツは塔が立って花が咲きそう。

d0180447_10390061.jpg

「四川きゅうり」の苗とアスパラを植えました。
普通のきゅうりと違って、塩もみにするととても美味しい水気の少ないきゅうりです。
アスパラは来年が楽しみだな。
つばたさんの映画みたいに、黄色い立て札に植物のメッセージ書いてみようかな。
「アスパラ 来年乞うご期待」ってw


旅行記を書く時間と菜園と、そして絵を描く「ヒマな時間」を作ることにしたので、
毎日更新から、できるだけ更新に切り替えようと思いますー。


読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
Commented by tanat6 at 2017-04-22 22:32
私もこの映画見に行こうと思っていたのですが、こちらでは上映期間が短く見過ごしてしまいました。
…と思っていたら友達が「BSでやってたから録画しといたよ~」と言ってくれて、近いうち見せてもらうことにしました。

人生最終便に乗る年齢になると、考えることいろいろありますよね。
私は相変わらずの普通の生活を続けてしまうかなぁ…
Commented by mika at 2017-04-22 23:39 x
すごい幸せそうな二人の顔。うちの叔母と叔父も少しこんな感じ。叔母は今年87で、叔父は91。同じような優しい笑顔が素敵だな〜って思う。私もこういう優しい笑顔のおばあちゃんになれるように、毎日を精一杯生きて行きたいな。

機会があれば、ぜひ見てみたい。英語版もあるらしいから、こっちでも見れるかな。
Commented by africaj at 2017-04-23 14:01
> tanaさん

え、まじっすか!?
ほんとだ、BSフジでやったんですね!
BS今年から家に入るようになったのでまだ初心者。上映してる映画もやるんですね、すごい!

tanaさんの「普通の生活」は、私から見ると、コツコツ集めた食器、コツコツ広げた人間関係、お料理の腕、趣味、フルーツたわわに見えますよー♡
Commented by africaj at 2017-04-23 14:05
> mikaさん

へええ、身近にそんな方々がいるって羨ましいなあ。
だんだんと口が曲がっていく人が結構いるでしょう?
悩みじわが眉間に寄る人も多いじゃない?
最後に美しいシワになるって、努力も必要って思うのー。精一杯ストレス溜めずに生きたいね♡
Commented by papricagigi at 2017-04-25 13:31
私もこの映画、見たいよぅ。こちらのネットニュースで紹介されていたので、あと数ヶ月したら大学の映画館で上映されるかなって期待してます♪ 本当に素敵なご夫婦。じーーーんと感動して泣きそうになってしまった(最近涙もろい〜)。africaさんとパパさんもめちゃくちゃ素敵なおばあちゃんとおじいちゃんになるよ〜!

ねぇねぇ、バジルもいつもこうしてティッシュ(?)の上で発芽させるの?葉っぱが出てから土に植えるの?? 知らなかったー!
Commented by africaj at 2017-04-26 23:28
> papricaさん

「こちら」って英語のネットニュースで?
上映されるといいねっ。
日本ではちょうど「ターシャ・チューダー」の映画もやってて見てきたから比較するとよけいに、
「人生フルーツ」の方がストーリー構成が立体的で、見てる人を惹き込むし参考になる。
お二人も良い上に、映画自体もよかったよー。
わーん、嬉しいこと言ってくれる~♡ありがとう~。いい顔のおばあちゃんとおじいちゃんになりたーい♪

バジルは発芽率が高いので、
キッチンペーパー(ティッシュだと根と繊維が絡むから良くないの)で発芽させてもいいんだけど、
水に浸してちゃんとゼリーで覆われたら、土に埋めてるよ。
他の種は、「発芽」までさせちゃうと、根が伸びすぎて土に埋める時苦労するから、
「発根」でしっかり伸びてきたら土に植えてるよー。
好光性のものとか寒がり屋の種とかは、こんな風に家の暖かく明るい所のほうが、土にダイレクトで撒くよりその後の発芽が早いの。
発根したもので「種が大きめで丈夫なしっかりした根」を選ぶと、やっぱりその後しっかりした苗になるのです。
土地が小さいから、確実に強い苗を育てたくて、こうしてます~。
by africaj | 2017-04-22 00:21 | 本と映画と美術展と演劇と | Comments(6)

都会のはじっこ、山のはじまりの手作りな暮らし。畑のこと、日々のパンとお料理、発酵の実験、パパの狩り、子育てを綴ります。


by africaj