アラジンのトースター♡ と タンポポコーヒー作ってみよう♪

トースターが壊れて、5分にしても焼き色が付かずカリカリに乾いちゃう(汗)
パンを焼くようになって、毎日パン食べるようになったから
ちょっと高いけど「これはすごい!」って注目のトースターに買い換えました。

d0180447_10180717.jpg
形もレトロでめっちゃくちゃ可愛い!!!
でも、ストーブ屋さんなだけあって温度コントロールできる上、280度に達するまで1分もかからないの(驚)
短時間で高温で焼くのが美味しいトーストのコツだから、外はさくっ、中はもっちりふんわり・・・ほんとだああ(感涙)
すごいすごいすごおおおおい!!

冷凍トーストもそのまま焼けちゃうし、
とにかくトーストが美味しい~。
で、付属の蓋つきグリルパンが使えるとうわさなので・・・

d0180447_10181394.jpg
昨晩仕込んでたオリーブオイル入りのチャパタ用生地を、焼いてみました。
ピッツァが美味しく焼けるそうだからチャパタとかナンとかも焼けるんじゃないかなあ?
全体を熱で包み込むように焼くオーブンと違うからどういう仕上がりになる?
蓋をしてグリルパンで焼くことで、高温で均一加熱することができるって書いてあるよ。
高温で一気に焼くからオーブンより短時間じゃないかなあ・・・2時間しっかり二次発酵して膨らませてから、
グリルパンで蓋して280度で25分にしました。
さてさて♪

d0180447_10181947.jpg
こんな感じ。
表面が薄くかりっかりになって、中は水分が抜けずにもっちりのチャパタのできあがり~。
オーブンで焼いたのとは仕上がりが全然違うパンです。
これもおいしいっ。
中近東のパンみたい。。。薪釜で焼くとこんな感じになる?

ちなみにオーブンで焼いた同じ種は、
d0180447_12402392.jpg
こんな感じ。
形は置いといて、こっちの方が「パン」ですね。
アラジンで焼いたのは、やっぱりアラブの丸パンに近いです。
オーブン使いたくない真夏とか、余熱なしに焼けるのはうれしいぞ♡

今度はピッツァ焼いてみよっ♪



昨日は畑仕事してました。
スペインのトマトはアルカリ性の土が大好きなので、牡蠣殻石灰漉き込んだり。

心配してたそら豆は、弱い子たちは消えてなくなってたけど、
10株中6株は家族を増やしてより太く大きく美味しそうに育ってました!

コリアンダーはひ弱だった一つは花を咲かせてたけど、
元気な方はまだまだ絶好調。秋から何度も摘んでるのに、5月くらいまでまだまだいけそうです♪

畑のまわりにタンポポがいーーっぱい。
これはもう、あれでしょう♪
ずーっと興味があった「タンポポを食べる」をやってみようって、せっせと摘んできましたよ(笑)

d0180447_10370773.jpg

畑の収穫より雑草の収穫が幅を利かせてますが(笑)
花はてんぷらが美味しいってくまたろうさんが作ってたから、やってみようかと。
葉っぱはサラダにして、
根っこはコーヒー作ってみよう♪

d0180447_10372145.jpg
で、きれいに洗って斜め切りにして、今干してるところ。
根っこは長いらしいけど、折れやすくって難しくって。
結局折れて短いのを数多くにしました。
このくらいでどのくらいのコーヒー飲めるかなあ。


d0180447_10372734.jpg
葉っぱ、ニガあああい!!(驚)
どうやらヨーロッパで食べられてるタンポポは日に当てないようにして食材に手をかけてるもので
雑草取ってきて食べるわけじゃないらしい(たはは)
でも、雑草タンポポ食べる国もあるらしくって、タンポポと熱い茹でジャガイモを和える異国レシピで作ってみました♪
男衆が食べてくれないと困るから、苦味がまだ弱い10cm前後の本当の若葉だけにしてみて。
ついでにクリーミーが苦味を緩和するかなと、アボカドも添えて、彩りにトマトも入れてみましたよ。

1)たんぽぽの若葉、綺麗に洗って敷いておく。
2)アボカドさいの目切り。ミニトマト半切り添えて。
3)さいの目切りのジャガイモ1個を水に晒さずガラス容器に入れ、ラップせずに3分レンジでチン。
4)ジャガイモが熱いうちに葉っぱの上に乗っけたら、
  1/4個のニンニク極みじん切り、塩、バルサミコ酢、オリーブオイルで和える。

あ、これだとあまり苦味がなくて、息子でも食べられました♪
ジャガイモがもちもち温かくて、一緒に食べるとジャガイモが美味しくていくらでも食べられますっ。
(つまりジャガイモがポイントかも 笑)


花は、摘んですぐじゃないとダメなのか、閉じちゃったので、天ぷら諦めました。
カラスノエンドウもてんぷらに可愛いくて美味しいらしいけど、
雑草天ぷらデイを設けて作んないと可愛い姿で揚げるって無理かも?
そのうちね。


あー春は忙しいな~♪




[PR]
Commented by tomomato at 2016-04-16 15:57
ここらあたりではみんなたんぽぽをつんでたべるので、家のお庭以外ではタンポポはないのよ。 ほとんど見ない。 そのくせ、クレソンとかしらないらしくて、 クレソンは何処にでもある! ベアラオホ(ギョウジャニンニクみたいの)も誰もとらない! そっちの方がおいしいのに!!!  スイスではタンポポの地中に埋まっている茎を食べるので、 くまとさんがよくとって来てくれたけれど(地中なので結構大変だし、まだそんなに成長していない時) 苦みなんかなくてしゃきしゃきして本当に美味しかったよ。 イタリア人は苦いのサラダにしてたべるとおもう。でも、きっと若葉のときじゃないかしら? 何しろ花咲いてるの見ないから。それにしても凄いトースターだね〜 いいね〜
Commented at 2016-04-16 17:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by patata_lemondrop at 2016-04-17 06:36
へぇアラジンってストーブだけではなく、オーブントースターも製造してるんですね!ストーブもかわいいですけど、これもレトロでかわいいですね!!♡

こちらもたんぽぽ(の葉だけ)食べますね。たんぽぽ以外にも食べれる草数種類が、”草”と書かれて(笑)冬には市場で売られています。
これらを、ラヴィオリの具にするんです。
そうなんです、苦いのですよね!!^^;
その苦いのを、この前レシピ書いた、くるみのソースと合わせて食べるのがここの伝統料理なんです。くるみのソースと合わせると、苦みと調和が取れるのが不思議な点で、昔の知恵はすごいな~!!と思いましたねぇ。
サラダにして食べるのも美味しそうですね♪タンポポのお花は天ぷらに出来るんですか!!!
Commented by tanat6 at 2016-04-17 11:42
このトースター いいですね。
我が家のトースターも年期が入ってますので、次はこれ欲しいな~

タンポポコーヒーは
父が「昔コーヒーが手に入らない時、タンポポでコーヒーを作っていた」
と話していたのを思い出しました。
一度飲んだことがあるのですが、コーヒーとは別物でした(笑)
Commented at 2016-04-17 12:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by papricagigi at 2016-04-17 15:09
げっ!! ホンマにたんぽぽ摘んで食べてるひとが。。。ココにいた〜!!! アンビリバボー!!!
苦いっしょー? ずーーっと前に葉っぱは食べたことあるよぅ(食べさせられた)。花も食べるの??? いやだーぁ。美味しいのー? 根っこのコーヒーって。。。 さすが、アフリカさんだ。
これが美味しいものならば、うちの裏庭でお金儲けできちゃうのにー。
今日もせっせとたんぽぽ引っこ抜いてたんだよぅ。あげるっ!!
Commented by nonnakaori at 2016-04-17 18:44 x
アラジンのトースターは、今、1番欲しい電化製品です。
良いわね〜
タンポポ、イタリアでは食用とそうでないのとあります。
食用は、すごく美味しくて密輸して友人たちにご馳走しました。
オリーブオイルで炒めると、絶品です2135
Commented by 麗子 at 2016-04-18 16:52 x
アラジンのオーブントースター♡
私のお料理好きFBの友人も買って自慢してたー
いいなあ、私も次回はこれ買おう~♪
タンポポって、食用とそうでないのがあるの?
我が実家では、母が亡き父から、アメリカタンポポの繁殖から日本タンポポを守るよう、仰せつかったようで、その後も庭ではアメリカタンポポをせっせと摘むのが春の習わしでありました。根っこ送ろうか?(いや、ソコまでの分量は無いか。。)
Commented by africaj at 2016-04-18 23:18
tomさん、へえええ、面白い!
じゃあそこらでは野生のたんぽぽ食べるんだね。
なのにクレソンとかベアラオホ食べないのか。
あ、スペインで春菊摘み放題だった!!
ルッコラも!
わらびはさすがにアク抜きの方法知らないと食べそうにないとは思ったけど・・・。

ねね、スイスのたんぽぽの茎料理って、日本のたんぽぽの茎でも同じかなあ?よく取ってきてくれたってことは、雑草だよね?
で、イタリア人は苦いの食べてるの・・・かなあ?
日本で「食用たんぽぽ」で検索すると種売ってたりするの。あれは野草たんぽぽと違うんだろうか???謎が多すぎる~。

このトースターすごいよ!!ピッツァ釜を理想として出来上がったんだって。だから明日はピッツァ焼いてみる―♪
焼きプリンも美味しく出来るっていうから、作ってみる~♪♪
Commented by africaj at 2016-04-18 23:21
鍵コメこちゃん、
すごいやつ~。
当分楽しいよ♪
マフィンとかグリグパンで作る焼きプリンとか作ってみたいもの沢山♪

たんぽぽ来年も生えるから~、まずは腰なおしてー。
Commented by africaj at 2016-04-18 23:27
patataさん、
そうなの、これ新製品らしいのだけど、発売と同時にトースター旋風巻き起こしてるの。こんなに違うと素直に感動しますよー。

patataさんのblogで昨日くるみソースでさかのぼってたら見たよー。「草」ね(笑)
スペインだとジェルバ。そのニュアンスわかるわあ。
スペイン人がほとんどの虫のこと「ビッチョ」で片付けるのと一緒だあ(爆)

このコメントいただいて、改めてラビオリの具は苦味のある春の草にしようって決意!
くるみも取りよせたし、マスカルポーネも買ってきた!
今週には作れそうだよ―楽しみ♪
Commented by africaj at 2016-04-18 23:31
tanaさん、このトースターは使えますよ~。
こんなに美味しく焼けると、毎朝が楽しくなります♪
(夕方におやつにも食べて、食べ過ぎ注意になりますが・・・)

たんぽぽコーヒー、三人揃った時に味見をと思ってるとこです。
コーヒーとは別物かあ。
深く炒るとアメリカンコーヒーに近くなり、
浅いと麦茶のようって書いてあるの見つけたから・・・まあね味見ってことで(笑)
Commented by africaj at 2016-04-18 23:36
鍵コメmFraさん、
アラジンのトースター、ほんとすごいですよ!
そう、毎日嬉しくなってます。これは大切ですねっ♪
たんぽぽコーヒー、わくわくです~。どうかなあ?

あざみはスペインでも食べるんです。
イタドリ、こっちでもスーパーで見かけます。
私いつもルバーブと間違えちゃう(笑)
そうなの。フランスでは箱かぶせて日陰にしたたんぽぽが売られてるんですって!
Commented at 2016-04-19 00:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-04-19 09:45
papricaさん、
てへ。食べちゃったよ―。
苦かった!!でもね、ふきのとうと同じだね、小さい葉っぱは苦すぎず、サラダのアクセントになったよ。
ジャガイモがポイント!
だからpapricaさんの畑で一儲けするときは、温かいジャガイモ添えるのがポイントだよ―(笑)
花の天ぷら、めっちゃ可愛いよ―。

ほら、tomさんなんて根っこ食べるって言うし~。
たんぽぽの花、天ぷらにするとキレイで美味しいらしいよ♪
欲しい欲しいっ!
根っこ綺麗に洗って薄切りにして乾かしてね(笑)

papricaさんなんてデトックスやってるんだから、検索かけてみると驚くよ―。西洋ではたんぽぽコーヒーってデトックスって言われてるし、ツムラの研究によると「育毛・発毛」に効くって発見を発表してるしー。
Commented by africaj at 2016-04-19 09:50
nonnakaoriさま。
あ、やっぱりですよね!!
もっと欲しくさせちゃうかもですが、「パンの焼け具合が全然違います!すごく美味しいですっ!!」
ええ、食用はどんな感じなのでしょう?そんなに美味しいんですか!?
苦くはないのですか?
日本の野草のたんぽぽはぜんぜん違うのでしょうか。オリーブオイルで炒めてみようかな(笑)
ネットでイタリアから輸入の食用たんぽぽの種が売ってるんです。買ってみようかな・・・(もう来年用になりますが)
Commented by africaj at 2016-04-19 09:54
麗子さん、
次回と言わず、すぐ買ったほうがいいよ(笑)
パン焼きだけじゃなく、揚げないフライもプリンも作れるらしい。
私も謎が深まるたんぽぽ。
スペインでは食べなかったけど、検索かけたらお茶がいっぱい出てた!あ、たんぽぽコーヒーといい方違うだけで同じものらしい。
根っこ送って欲しい!!
洗って薄切りにして乾かしてくれたらもっとうれしい!!(こればかり返コメに書いてる私ですが 笑)
Commented by africaj at 2016-04-19 10:00
鍵コメpさん、
あーー!なかったらカッテージチーズにしようって思ってたのに、買う時マスカルポーネと間違えちゃったみたい(汗)
買い直す~。

そか、やっぱり全草だとくーまが食べられなくなるかな。
半量はほうれん草にします(笑)

もちろん!!レシピ、教えてくださったらさらにうれしい!
ずっと遡って色々イメトレしたけど、教えてくださったら不安なく作り始められますものっ。
Commented by tomomato at 2016-04-19 15:20
根っこではなく、茎を食べます。
Commented by patata_lemondrop at 2016-04-19 19:50
ですよね、良かった~!マスカルポーネ、ティラミスとかお菓子への使い道ありますから、良かった良かった♡
了解しました~!後でレシピ起こしてこちらに書きます!
Commented by patata_lemondrop at 2016-04-19 20:08
何度もすいませんっ><><
レシピ、明日夜頃(日本だとあさって)でも大丈夫そうですか??><
Commented by africaj at 2016-04-20 00:16
tom さん、ごめんなさーい。
根っこじゃなくて茎だね。
「地中に埋まってる」イメージに引っ張られてしまった。
この時期だともう地中に埋まってる茎なんてないから、それを食べるのは早春よね。
筍探しみたいなものなのかなあ。探したことないけど探せるものなんだね。
Commented by africaj at 2016-04-20 00:19
patataさん、チーズゲットした♡
全部日持ちするものだから、明後日なら嬉しいし、も少し遅くなっても大丈夫です!責任感じすぎないでー!!
お勉強や旦那様の用事とかあったらそちらを優先して大丈夫ですからねーっ。
Commented by mimimama at 2016-04-21 00:09 x
africaさん、くーまくーまからのブログファンです。
日々の生活を(子供のこと、食のこと、全部ひっくるめて)一生懸命生きているafricaさんを尊敬しています。

たんぽぽのサラダが気になったのでコメントしました。
フランス在住なのですが、こちらでは花が咲く前の葉っぱを摘んで食べます。
花が咲くと葉が育って硬くなるのと、苦味が出てくる・・って聞いたことがあります。
来年は花が咲く前の葉を摘んで食べてみてください。苦味は少しあるけどそんなに気にならない・・と思います。

これからもブログ楽しみにしていまーす♪
Commented at 2016-04-21 05:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-22 00:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-23 10:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by africaj at 2016-04-23 11:09
mimimamaさん、はじめまして!
えっ!くーまくーまからのなんて、なんて嬉しいお言葉でしょう。
コメントいただけてうれしいなあ。ありがとうございます!

そうなんですね!花が咲く前の葉っぱ!!!
今年まじめにタンポポを探したので、来年は花が咲く前でもどこに咲いているか見つけられそうです♪
そかそか。教えていただけて感謝です。タンポポ美味しいという人はどんなたんぽぽなんだろうって、どうしても気になって・・・来年もまたトライしますね♡

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
コメントも大歓迎です(ぺこり)
Commented by africaj at 2016-04-23 11:10
鍵コメさん、ありがとう!!
作ってみたので、記事にアップしますね♪
Commented by africaj at 2016-04-23 11:14
鍵コメmFramさん、
はやっ!!!(笑)
でも、これは本当に早く買った方がいいよーってみんなに言いたかったので、伝わって嬉しいです♪
我が家はね、生地から作ったピッツァを焼きましたよ。
もうね、病みつきになりそうです~。
手作り山食のトーストなんて、最高ですね!
Commented by usa-fr at 2016-04-24 06:45
アラジンのトースター、此方でも売られるようにならないかなぁ。欲しい…
タンポポ、年末辺りからマルシェに出てくるので、私にとって早春の味?です。
柔らかい綺麗な薄黄緑色のすらっと伸びた綺麗なものから、土にまみれたような野性的な緑の濃い根っこから上だけ切り取った株が手に入りますよ。
畑に生えてるけど、猫ちゃん達がね…
こちらに来た当時、サラダにはちょっと苦いけれど、みんなどうやって食べてるの?と聞いたら砂肝のコンフィとマスタードのドレッシング!が最高と言われました。
私は臓物系、ダメなのでベーコン炒めた所にタンポポ入れて茹でたジャガイモとお酢をちょっと入れて炒め塩コショウした昔ながらの付け合わせを作ります。
マルシェでタンポポ見るとこれしか浮かばないの。
お肉の付け合わせにするのだけれど、お酢の香りであっさりと良いですよ。
by africaj | 2016-04-16 11:02 | 食べることの冒険 | Comments(31)