韓国3 美味しいもの

韓国で美味しかったモノたち編です。

d0180447_00132371.jpg


これは干し鱈のスープ「ブゴク」屋さんでの朝食。
入り口から厨房が見えて、大鍋でスープが湯気出してぐつぐつしてるのが堪んなく美味しそうでね。

で、どーんとこんな感じ。
出勤前のスーツ兄さんとか、近所の家族とか、わさわさと食べてる。
こんだけ朝に滋養あるもので身体を温めたら、一日元気でいられそう。
選ぶ必要もなく、これだけのお店。
こんな朝ごはん屋が日本にもあればいいのになあ。

レシピの基本はこんな感じらしい。

1)ごま油でニンニクと割いた干し鱈をじっくり炒める。
2)お水を入れてくつくつ、鱈からいい味が出るまで煮込む。
3)ネギと短冊切りの木綿豆腐を入れ、あみで薄めに味を整えて、最後に溶き卵を入れる。

各自で食べる時にあみを足して、好みの味にして食べる。
キムチやニラのナムルをつけ合わせて、好みでスープに入れてもいい。

もちろん干し鱈を買って帰ってきた私。
簡単らしいから作ってみようと思います。


d0180447_00134617.jpg
これはご飯のおとも。
あみに、ネギと胡麻&ごま油を和えたもの。
簡単でご飯がいくらでも入っちゃいます。これもいいなあ。


次の日の朝食は、買ってきてホテルで食べた人気のサンドイッチ。

d0180447_00143720.jpg

「ホボントースト」さんの、ホボンスペシャル。
甘めの味付け野菜オムレツに、トマトやチーズ&ハムも挟んだホットトースト。
このボリューム。


d0180447_00144891.jpg
私はこれ。
スイートポテトを表面鉄板で焼いたものに、これはちょっと要らんかったけど蜜塗ってあるホットサンド。
甘さ控えめのスイートポテトを焼いて挟むの、優しくて良かったです。


d0180447_00152440.jpg

ある日の夕食はこんなのでした。
済州島生まれの焼き肉。
島でいっぱい取れるアンチョビと薬味で作ったソースを網にのっけてくつくつさせながら、
焼けたお肉を付けて、エゴマの葉っぱとかサンチュとかのお野菜で巻いて食べる方式。
いい肉だー。

d0180447_00153469.jpg
お店の人がやって来て、食べやすいようにチョキチョキしてくれます。
最初に焼ける豚の皮とエリンギを食べてると、ほどよくお肉ができあがるって、
うまく出来てます。

お肉に魚介のソースって、さっぱり旨味を添えてくれて。
女史2人で四人前食べてしまった(笑)

d0180447_00154531.jpg

この「メルジョ」って言うソースが、鰯の塩辛に8種類の薬味を熟成させてつくるものだとかで、
付けてほどよいほどの塩気で美味しいのです。
そのままお酒のアテにもなる感じ。
見た感じで分析すると青唐辛子、ニンニク、ネギ、焼酎・・・。
最近食べた近い味って、赤穂のピッツァ屋で出てきた、
イカのわたとアンチョビをニンニクとオリーブオイルで伸ばして作ったってバーニャカウダソースだなあ。
そだそだ、イカわた入れるとイメージにかなり近づく気がしました。


ある日のお昼ごはんは、ちょっと変わった冷麺でした。

d0180447_00163406.jpg
豆味しっかりの濃厚豆乳100%がかかってる冷麺。味付けなし。

d0180447_00164022.jpg
ここにキムチを入れて食べるのですが、いきなり豆乳の甘味がぐぐんと引き立つのっ(驚)
なにこれ、うっま~!
ううう、うっまああ。
それしか言わぬ間に・・・

d0180447_00164761.jpg
完食(笑)
いやいやびっくり。こんな食べ方があろうとは!
私、盛岡冷麺ぴょんぴょん舎が初めての冷麺デビューでした。
麺の硬さとかいろいろ新鮮だったのと、美味しかったので、鮮烈な思い出。
細い麺汁なし麺、色んな冷麺はその後食べ歩きましたが、ぴょんぴょん舎のオーソドックスが好き。
でも、これまた私の中で忘れられない冷麺になりそう。
こういう出会いがあると、嬉しくなります♪


そして最後の日の、ブランチに食べたのはビジチゲです。

d0180447_00171065.jpg

どれがビジチゲかわからないほど色んなモノ乗ってますが、
赤いスープが主役で、それ以外はタダで運ばれてきた添え物です。
こういう韓国のメシ屋システムって、どうやって採算取ってんだろう。
ベトナムも葉っぱ食べ放題システムでしたが、あそこは暖かくてなん毛作もしてるからだけど。
福島あたりと同じ緯度の韓国はどうしてるのかしら、うーむ。
日本はどうして野菜が高いのだろうってつい考えてしまうくらい。

d0180447_00172813.jpg

そうそう、ビジチゲは「おから」の入ったチゲでした。
おからをスープに入れて、おじやみたいにして食べるって、
こんなおからの使い方、面白い発想。
食物繊維とタンパク質がいっぱいだから、
給料日前の食卓に使えそうだわっw

日本にも「ある」食材なのに、思ってもみない使い方いっぱい。
ビビンバとか見てると、色々合わせてみるチャレンジャーな食文化なんだなあって思いました。
その多くが、個人的には「えええ!なぜそれをあわせる?」ってものだったけど、
偶然の出会いで新しい美味しさもあったりで。

でも、毎日混ぜ混ぜだったので、
夕食時に戻った関空で最初に食べたくなったのが、なぜだか「寿司」(笑)
銀シャリ~~!ネタ、わさび、醤油ちょびっとで味わいたいなんて、
スペインとかにちょっと行くくらいじゃそんなこと思わないんだけど、珍しくも。

似てる似てるとよく言われるけれど、
食に関して明らかに向いてる方向が違う気がしました~。



[PR]
Commented by tomomato at 2016-04-01 15:23
美味しそうな物にとってもひかれたけれど、 同時に一体どれだけたべたの?? と思ってしまった・・・ 朝ご飯、 お昼ご飯、 夜ご飯・・・・・・    
Commented by africaj at 2016-04-04 12:03
tomさん、5日の滞在で毎日3食しっかり食べてたもん~。ここに載せてないものもいっぱいあるよー。
朝ごはん普段は食べないtomさんは、2食×滞在日数だから、私よりかなり少ないんだね。私はさあ、色んな物食べたいからトルコなんかいると、一日5食×滞在日数とかになる(笑)
Commented by tomomato at 2016-04-06 14:41
おまけに、母と一緒(私の食欲にもあわせて)だと、夜がだいたいメインだからお昼はたいていお菓子、お昼がメインの時には夜はお菓子やスナックやフルーツで済ませるから一日一食だよ。 kumatoさんと一緒だとつきあわされて無理矢理お昼と夜たべて、胃を壊す・・・・
Commented by africaj at 2016-04-07 10:44
tomさん、おはよー。
えええ!一日1食なの???!
それは・・・この前の旅行、お食べ地獄で死んでたのが余計伝わってくるわあ(大変だったね)
すぐお腹すくkumatoさんとお母様の食生活の間にtomさんがいるのねえ。そりゃあ胃を壊しそうだわ。。。
Commented by patata_lemondrop at 2016-04-09 02:47
africaさん、こんばんはー!

たしかにたしかに!!韓国って本当に色々な野菜の小鉢みたいなの、どこでもたくさん出てきますけど。農業事情が本気で気になります。緯度が福島くらいで、それに割と小さい国ですしね、うーむ。気になりますね!

上の焼き肉はサムギョプサルかな??一時期はまって、日本で良く食べに行ってました。美味しいですよね!

↓草を食べる文化、韓国ってそうなんですね!リグーリアも野草を食べるんですよ、リグーリアは土地が貧しいので、貧しい郷土料理がたくさんあって。。韓国ももしかして、昔貧しかった時にそういう文化が発達したものが残っている感じなのかな??

私も、野草を日常的に食べていることを知って、africaさんと全く同じようなことを想いました。ありがたく調理できるようになりたいな、と!!
野草って毒を持っているものもあったりするみたいで。。なかなか難しい世界なのですよね。
Commented by africaj at 2016-04-10 12:51
patataさん、
インフル大変だったね!お大事にね。

韓国行ったことあるんですね。本当に野菜をたくさん食べる国ですよね!そこがパワフルな秘訣なのかなあなんて。
でもほんとに、野菜がいっぱいで安いの。羨ましいの―。

サムギョプサルですねっ。
アンチョビソースを付けるだけで、コクとさっぱり塩味で美味しくなるのです。

リグーリアも雑草食べるんですか?スペインのアンダルシアもあざみとか食べますよー。全部煮込みに入れて使うから、料理法ってほどもないのですが。
野草、アクでお腹壊したり色々みたいだし、難しそうですが、食べたことのあるものから取り入れてみたいなあと思ってますよ―。またリグーリアの雑草料理も教えてね♪

by africaj | 2016-04-01 12:20 | おでかけ 韓国・2016 | Comments(6)