学校と卒業後の関係

最近読んでいた本「子どもが自立できる教育」。
色々と面白かったのだけど、
私の長年の疑問が解消された部分があったので、書いておこうかと。

私が高校から進路を選ぶ時は「将来選択肢をたくさん持つため」と言われ、
「道を狭めない為つぶしがきくものの方がいい」と進学を薦められた。
さらに大学卒業後の職選びは、
歴史をずっと学んだのに、最終的に勉強したことは棚において、
たくさんの選択肢からやってみたいかどうかで選ぶのが、「当然」だった。
理系はもっと専門コースがあるのだと思うのだけど、文系はこんな感じだった。

何のために勉教を極めているのか、趣味のためだったんだろうか??
役だったのは大学の肩書きだけで、
一般常識があれば、別に専門は関係なかったのが、不思議だった。


今、子どもを育てていると疑問は大きくなり。
何のためにみんな塾行って、良い大学を目指して、学校に人生を投じているのか?
ゴールはどこにあるのか?

で、
この本、すごく分かりやすかった。

東京帝国大学(東大)が始めた、教授の言葉を一字一句書き取って暗記して
試験で合格点をもらう「講義暗記型」に対し、
11年遅れで京都帝国大学(京大)が、ゼミナール方式で
図書館を開放し生徒の自主性とレポートを重んじる「自由研究型」を模索した。
日本に2つの教育方針が産声をあげたらしい。

その大学卒業生が、エリート官僚になるための選抜試験を経て
役人の職につくシステムが作られた時、
その官僚試験「高等文官試験」が参考にしたのが、古来中国でなされてきた官吏登用試験「科挙」。
浅田次郎の「蒼穹の昴」に出てくるから、その壮絶さはかなり知名度高いかな。
で、
とにかく暗記に長けた者しか通らない試験だったので、東大卒に軍配が上がり、
京大は散々叩かれて、「講義暗記型」に授業方針を変更させられたそうな。

そして、日本の教育システムは「講義暗記型」主流になったのだとか。

学校は寺子屋とか松下村塾が元なのかなと思うと、
仕事のスキルのためではなく、「学問をする」ためなのだろう。
それでこの日本の「学校システム」は何を目指してるかというと、エリートを作る教育で、
一人ひとりが、社会に出た時に役に立つ人間を育てるための勉教ではない。
そうはっきりわかって、納得。

でも、国によって「教育」の考え方は様々らしく、
オランダなどは、社会に出て自分の得意分野で仕事ができるよう
学問よりも「社会的スキルを学ぶ」ことを主体に学校は据えているのだって。

小学校から、親切にする、一緒に遊ぶ、役割を実行する、自分を表現する、
選択をする、経験をわかちあう、自分を守る、ケンカを処理するといった社会的スキルを
ロールプレイで実践的に学んで、
中等教育からはそれぞれ自分が将来進みたいコースに早くも分かれ、
自己管理から対人関係、男女交際、性的虐待への対処、人生設計までディベートで学び考える。
受験も塾も宿題もなく、卒業資格を得るのに、学力だけじゃなく、実践的能力も重視されるらしい。
それがそのまま、仕事のスキルとなって、各自の自立に役立つ。

すごく効率的で良いように思えるのだけど、
中学から自分の将来を決めるのは、ドイツもで。
スペインに住んでいると、そんなに早く将来を決める国の方針を嫌って、
家族でスペインに逃れてくるドイツ人がたくさんいたので、
将来を小学生の段階で決めることへの反感を持つ人も多く思えた。
私もその話を聞いて、ドイツじゃなくてよかったって思ったし。

フィンランドは、もう少しのんびり。
中学までは全員が平等に同じものを学ぶけれど、
社会に出た時にどんな役に立てるかが、教育の重要な柱なのだとか。
高校以上は職業技能の習得が重視されて、実践で使えることが視野に入ってる。
そして学校を出ると仕事をすぐにできるシステムらしい。

当時、私が就職した時は余裕ある時代だったので、入社してから
新人研修も受け、部署に配属後3年間は子供部屋に入れられて、教育されたから問題なかったけど。
今は入社と同時に即戦力を求められる、余裕のない時代。

いずれにしろ、学問とそれを役立てて自分が社会でできることを重ねて考えられるように
子どものうちから徐々に社会スキルを身につけるのが今の時代の正解に思えた。
悲しいかな日本の学校のシステムはそうじゃないってことも、よくわかった。



今朝息子から電話が入った。
「オレ、今日チェックアウトだよね?このホテル。じゃあ、荷物詰めなきゃいけないんだ」

すでに、急いでホテルで朝食を食べなきゃいけない時間。
ほんとだ、君ってパッキングしてスーツケース持って学校行くんじゃない、今日って!
と、今さら気がつく親子(汗)

結局、朝食食べずになんとかパッキングして集合時間に間に合わせたらしい。
自分で気がついたとは、エライエライ。

コンビニで昼ごはん買う時に多めに買って、合間に食べることにすると言ってた。
こういうことすべてが、社会的スキルになるんだろうな。
とりあえず「かわいい子には旅をさせよ」だねえ。
[PR]
by africaj | 2016-01-19 22:49 | 世の中のお勉強

都会のはじっこ、山のはじまりの手作りな暮らし。畑のこと、日々のパンとお料理、発酵の実験、パパの狩り、子育てを綴ります。


by africaj