大英博物館展、はじまった。

神戸市立博物館で始まった
「大英博物館展ー100のモノが語る世界の歴史」。

オープニングセレモニーのお手伝いをしたので、
じっくり見させてもらってきました~♡

100個のお宝の中でも、有名!といったら、やっぱりこのチェス。
d0180447_2142147.jpg


d0180447_21495920.jpg

ハリポタの中でロンとハリーが使ってた変なコマ。
イギリス・ルイス島で見つかったセイウチの牙で作られたものなんだって。

今回「モノが語る世界の歴史」がテーマなので、
解説を読むのがなかなか楽しいの♪

チェスってインドが大もとなんですって!!知ってた?
インドでは象のコマが入ってるらしく、
中東を通ってヨーロッパに伝わって、新たにビショップとクイーンが
追加されたんだとか。
チェスと将棋って似てるでしょ?
インドが発祥なら大もとが同じでもおかしくないよね。
・・・と調べてみたらドンピシャ。
西に流れてチェスになり、東は中国を通って将棋にっ。

私がすごく印象深かったのは、ナイジェリアのイフェ王国の真鍮像だなー。
d0180447_227435.jpg

イフェ王国なんて初めて知りましたよー。
A.C.800年からある国だそうで、この像ね、
驚くほどに繊細に作られてたのです。
発見した西洋人も驚いたらしくて、今までのアフリカ人=低レベルという
西洋でのイメージを改めるきっかけを作ったのだとか。

もう一つはこれ。
d0180447_22115916.jpg

ガンダーラの仏像っ。
アヒル口の超イケメン仏像なのですー♡
美しすぎてみとれてしまいました(るんっ)

すごく注目されてたのがこの・・・
d0180447_22142199.jpg

「ウルのスタンダード」。
B.C.3000年つまり今から5000年以上昔の
メソポタミアの古代都市ウルで、王家の墓から見つかった謎の箱だとか。
「戦争」と「日常のまったり」を表と裏で描き分けてる箱でした。

なにが驚きかって、箱が小さいので、描かれてる人物がめっちゃ小さくて精巧なの!!
5000年も前なのに手先が器用すぎるんだよ―(驚)


笑ったのがこれっ。
d0180447_22222684.jpg

ナイジェリアのベニン王国で、15世紀頃に
ヨーロッパ人との交流が始まった時に、アフリカ人目線で描いた西洋人・・・なんだって。
可愛いお花が描かれてるのと、この偉そうな表情がちょっと納得♪


案外忘れられないのがこのイス。
d0180447_22322622.jpg

ドミニカ共和国にいるタイノ族の、儀式用の顔イス。
コホバって実の幻覚作用で霊界交信するんだそうで、
幻覚見てこのイスに座るんだとか。
世界にはほんと色んな発想があるなあって、つくづく(笑)


日本製の展示物もすごかったよー。
d0180447_22395045.jpg

これは17世紀の頭に、有田焼初代柿右衛門の作だとか。
南蛮貿易で珍しい動物が入ってきてたから、象をどこかで見たんだろうかねー?


ってね。
まだまだい~っぱいあって、見ごたえ十分です。
おすすめですよ―♪

記事中使用した写真は、
九州国立博物館さんのタイトルが入ってる写真はそちらから。
入ってないものは
大英博物館からお借りしました☆
[PR]
Commented by erikaboy1425 at 2015-09-22 00:09
どれも見応えがありますね!
実物はどんなに素晴らしいでしょう。

イフェ王国の真鍮像は一度見たら忘れられませんね。
確か、イギリスは美術館も博物館も無料で入館見学が出来るのですよね?

地球の偉大な遺産を独り占めしないのは、さすが世界に冠たる王国だと思います♫
Commented by africaj at 2015-09-24 22:30
えりかさん、お返事遅くなってごめんなさい。
見応えあります!
イフェ王国の真鍮像、ほんとうに驚く繊細さです。
色々と見聞きしてきたつもりでも、イフェは知らなかったです。

大英博物館も無料なんですねえ。アメリカのスミソニアン博物館やメトロポリタン美術館も無料なんですっ。
まあ、任意の寄付にみなお金を払って入ってましたが。
一律ではなく、寄付でちゃんとやっていけてるのもすごいし、皆が均等に見る機会をもらえるのもすごいですよね!
by africaj | 2015-09-19 22:50 | 本と映画と美術展と演劇と | Comments(2)