トマト考

d0180447_14221697.jpg
スペインのトマトが穫れはじめましたっ♪
サラダ用のトマトは、赤く熟れるまで待つと実が柔らかくなりすぎるので、
半分緑くらいで食べます。

酸味もしっかりある、ちゃんとスペインのトマトの味っ。
このサイト「おいしいトマトの見分け方」を見ると、
トマトって、地色に強いグリーンマークがしっかり出てると美味しいって。
おしりには、スターマークだって(笑)
全部出てたから、合格だったのかな。

でも、私が期待するガッツリ味のあるトマトまでは、まだ6分目の達成度くらい。
これからもっと美味しくなるのだろうか。

実をつけた頃から水を絞って、
先日摘心したので、今後は追肥しない・・・そんな育て方ですが、
食べごろを待つうちに暑くなってくると、もっと味が濃くなるのかなあ。
それとも、花が咲いた頃から水を絞らないと、濃い味にはならないのか。。。

答えは、この夏を超えて食べ比べてわかることですね♪


種から育てたスペインの大型トマトの苗に、ようやく実がっ♪
d0180447_14335478.jpg
「Mucha miel(蜜たくさん)」っていうトマト、このギャザーが美味しそうでワクワクしてます♡
おいしいトマト要素全部出てますよー♪




有機農法の畑は、最初から肥えた土で、成長に応じて追肥してます。
永田農法は、土にまったく栄養がなく、
薄い液肥を1週間に一度、あとは水だけで育ててます。

するとね、
2ヶ月過ぎた時点で、両者の姿がずいぶんと違ってきたんです。


有機農法のトマトは、幹が太くしっかり逞しくて、濃い葉色。
d0180447_13221065.jpg
実もたわわです。
一本の木に大きなトマトがいくつなるのかって楽しみなほど♪

花の段数を数えながら追肥していても、心持ちタイミングの合う子合わない子があって、
まだ追肥が早かった子が一本、「チッ素過多」の症状が出てました。
d0180447_14455577.jpgd0180447_1446515.jpg
幹がぶっ太くなり、わき芽じゃなく枝分かれで2本に。
葉っぱが菊の葉みたい。
トマトの葉っぱってもっと切れ込みがキリッとしてるはずなのに~(汗)


実の付いてたトマトは栄養吸収と消費がうまくいったけれど、
この子だけ、花だけで実がなかったせいで、消費より吸収が多くてデブったらしい。
すると、
本当に花に実がつかずに落ちちゃったのです(涙)
花つきも悪~いの。
これが所謂「ツル呆け」ってことかーって、知りました。

しかも、アブラムシがいっぱい付くのー。
健康なトマトって、虫がほとんど付かないんですが。


なにより、「窒素過多」の一番の問題は、
実に苦味が出たり、美味しくなくなったりする・・・ことだとか。
これ、知らなかった・・・(とほほ)

対処法は、
脇芽を取らずにエネルギー消費を拡大させる。
葉を半分に落として、光合成をさせない。。。

今日、葉っぱを半分に間引いてきましたよー。
病気や害虫予防にも、風通し良くしないとねっ。



家で試してる永田農法は、肥料最低限、水最低限です。
d0180447_1637036.jpg
幹がそれほど太くならないし、実りも少なくて、心もとない~(不安)
d0180447_13262791.jpg
ただ、持った感じの実の詰まりようは、食べるのが楽しみとしか言いようないほど。
畑のトマトより確実に重いんです。


色々と検索していくと、
わが家の永田農法のトマトみたいなのが、「健康なトマト」の姿でした。
幹は細くていいし、枝葉が混みすぎず。
葉の形は肥大せず、色は黄緑から緑色くらい。
これが、目指すべき姿だったのかぁ。

葉が黒々と茂っているのは、異常なのだってー。



で。
来年は是非、
元肥を抑え気味にして、
第一花房に実がなった時、第4、第5花房に花が咲いた時や実がなった時に、
肥料切れのサインがあるなら、少しづつ、
しかもなるべく離して追肥する・・・ってことにしますー。

茎が急に細くなったとか、上部の葉が小さくなったら、肥料切れの合図だから、
その症状が現れたらって遅めのタイミングで十分みたい。
そっかそっかー(メモメモ)
味を追求するなら、
「肥料をあげすぎるよりも、足りないくらいがちょうどいい」んだって。

来年はトマトの低肥料を目指しますっ!(って、畑始めて2ヶ月、結論早すぎ? 笑)



ああ、でも、
永田農法のトマト食べるの楽しみだなー♪
畑のトマトも、夏にはもっと美味しくなったりするのかなー。
今後の興味は、コレです♡




[PR]
Commented by hibi-bagel at 2014-06-25 19:01
africaさん^^はじめまして!

ランキングからあそびに来ました^^
私は、農業関係のお仕事を夫婦でしています。
(あっ、自営ではなくて、、会社にお勤めです)
野菜の苗を作ったり、野菜を仕分けたり、肥料を作ったり(梱包)が主な仕事です。
今、トマトを実験的に作っていますが、、、(主に夫が^^;)

africaさん、畑の知識すごいですね!
私は、農業に携わっているのに^^;
作るのは、まだまだでー^^; 収穫専門。。。
お勉強になります。
収穫♪ たのしみですね^^

africaさんのブログを読んで、私もがんばっておいしい野菜を作ろう♪と思いました^^

↓ 刺繍もステキですね!!!!スゴイです。
あの本、欲しくなりました♪

また、遊びに来ます♪
Commented by tomomato at 2014-06-25 20:10
トマト、立派なのがなったね〜〜〜^ー^ うちのトマトも出だしゆっくりだったけれど、ここの所ぐんと伸びて実を付け始めました。 去年ミニトマトを植えた所から、 自然にこぼれ種で出て来た苗もあり、 楽しみだな〜〜〜     なすはまだ出来ないよ。 長田農法の方は、 ポットで頑張ってくれているのね。 それでもこんなに立派な実を付けてくれてえらい!
Commented by モネ at 2014-06-25 21:39 x
いや~すごい分析!
africaさんが研究熱心だから、読んでいるだけですごい情報量だ♪

私も2色刺繍の本、ポチってしまったよ~
africaさんの記事で何人の方が買ったんでしょう(*^m^*)
Commented at 2014-06-25 23:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 浦島の亀 at 2014-06-26 00:25 x
すごいなー、いちいちのafricaさんの肥料や水遣りに、
これだけきっちり反応して返してくれるんだねえ、植物って。
何でも突き詰めれば面白いってこと、
africaさんのブログ読んでるとすごくわかるわーw
私ももっと、植物たちに手をかけてやらないといかんなー。
ギプス取れたらいろいろ植え替えとかやってみようっと♪
トマト、おいしいのがいっぱいできるといいね!
Commented by paprica at 2014-06-26 14:29 x
africaさんのところにくると、すっごい勉強になるわー!
うちのトマトたち、ごっついし葉っぱも混み合ってるし色も濃いぞー。肥料はあげてないけどそんな感じ。永田農法のトマト… めっちゃ楽しみねー☆ 待ち遠しいな。
↓のチクチク作業、素敵すぎるっ。こういう黄色、大好きです。
africaさん、マメ過ぎよ〜。
Commented by mirasierra at 2014-06-27 01:18
Mucha mielって言葉だけで美味しそうだね~♪蜜ってリンゴみたいだし(笑)
肥料とか窒素とかタイミングやバランス見るのが大事なんだね。africa さんのように研究心が一杯だと、色んなことがわかるようになるね。ここに来ている人、皆ワクワクしてると思うよ(*^^*)
Commented by ouchi-hana at 2014-06-27 09:54
africaさん
おはよーございます
関西のお婆ちゃん登場です^^

作るコトにちゃんと..
丁寧に 丁寧に
向き合ってるafricaさんの姿
すごく素敵だし
食に関心がでると 
勉強したくなる気持ちだけは
なんとなくわかります^^
すごくね africaさんのぶろぐ
読んでると「たべるコト」の根本を
教えていただいてる そんな♡を
たくさん感じます^^

とまとさん
つやつやでこんなお肌にもどりたいなぁ~

きょうは がっこうの日
がんばってこようかなぁ。
はな*
Commented by africaj at 2014-06-27 11:21
hibi-bagelさん、はじめまして!!コメントありがとうございますっ(嬉)
日々農業を目にするお仕事、いろんな情報が入ってきて面白いでしょうね。

は、畑の知識、ぜんっぜんです~(汗)
畑を初めてまだ2ヶ月。一生懸命勉強と仮説をたてて実践の毎日ですが、経験が追いつかなくって、でも知らないことばかりでわくわくな日々を送ってます(笑)
トマトを育て始められたとのこと、どうぞ発見や苦労を共有させてくださいませ♪

hibi-bagelさんのblogも、こだわりがいっぱいあって素敵ですねっ。この刺繍の本のデザイン、私はトキメイちゃいましたっ。オススメですよー。
今度ゆっくりコメント付けに伺いますっ♪
Commented by africaj at 2014-06-27 11:26
tomさん、トマト、大きくなってくれて嬉しくなったよー。
それでも、スペインのRAFトマトはこの倍くらい大きいの。しっかり味があるのに大きいトマトってどうやって育てるのだろう。来年はスペインサイトで、育て方の秘訣探してみようかな。
えー、トマトがこぼれ種で!?そっか、食べられずに落ちた実から土に種が埋まるのかあ。素敵っ。そんなトマトは強いんだろうなあ。
永田農法、ものすごく勉強になるよ。今度バジルについても書こうと思うけど、今年このやり方がうまくいったら、この農法にかなり惚れるなあ。
Commented by africaj at 2014-06-27 11:32
モネちゃん、理系の方にそう褒められると照れるな(喜)
とりあえず、トマトとトウモロコシに特化して、実験してる気分なんだけど(笑)お・も・し・ろ・いの~!
2つの農法で、これだけ同じ植物に違いが出てくると、いっきに疑問が出てきて、色々と仮説を立てたり、検索追求の日々だよ。
スペインのトマトって、やっぱり美味しかったんだなーてつくづく。
あの味を日本で絶対再現する!

わーいっ。モネちゃん、刺繍クラブ作ろーっ♪
Commented by africaj at 2014-06-27 11:36
鍵コメcoさん、ありがとーーー!!

なにをおっしゃいますか~。あれだけ細部にこだわってるお姿に、私もいい加減ではいかんなって襟を正してるんですよー♪

早速作ってみまーす♡
Commented by africaj at 2014-06-27 11:44
亀さん、植物ってさ、ポエムな感じで受け止めてたんだけど、
このいちいちの私の行為に、全部理由があって正常に育ったり、
葉を丸めたり、先っちょ枯らしたり、葉色を濃くしたりして反応してるんだよね。それを知れば知るほど、余計感動してね。
それが「味」につながると思うと、燃える~(結局、食欲 笑)

ギブス、やっと取れるね。イグコの粗々、きたねー。
やっぱり、飼い主の負傷を気遣ってはいなかったね(苦笑)
Commented by africaj at 2014-06-27 11:57
papricaさん、えーー!!肥料あげてないの?
あの畑って、毎年作物作ってるのに、痩せることはないの?
チッ素って、普通には土にわずかにしか入らないもので、マメ科によって、チッ素を供給することが出来るというのだけど、マメ科をいっぱい作ってからトマトを植えてるとか?
もともとチッ素の多い土壌だったのかな。蔓ボケもなく、トマトも美味しく育つならいいと思うわ。自然の恵みだもの。
私、畑も植物も知らなかったから、なにが「普通の状態」かを知りたくてね。その状態を基本形と考えると、同じ畑のご近所さんの多くのトマトは「肥料をあげすぎ」だったことがわかったのだよー。それって、すごく大切な知識だって思うんだな。人間も植物も、生きる力をちょと支えるくらいの育て方が、美味しくなるコツじゃないかと、今にらんでるとこー(笑)
Commented by africaj at 2014-06-27 12:02
mirasierraさん、スペイン語知ってる人にはテンション上がる名前でしょ(笑)
ワクワクしてくれてる?よかったあ。
またこれかーって面白くない人もいるかと思いつつ、今のめり込んでて書かずにはいられなくって(ぽりぽり)
Commented by africaj at 2014-06-27 12:13
はなさん、ありがとー。
大地との繋がりとか、生態系のこと、口にはいる「美味しさ」がたどってきた道、いっぱい考えて、かすかにわかってきた時最高にうれしいのですっ。
えへへ、食いしん坊だから(笑)

収穫を待つお野菜、ピッカピカのツヤツヤっ。
ほんと、こんなお肌に戻りたいな~。

頑張ってきてね!
Commented by ritokotoG at 2014-06-27 15:07
ほんと、お勉強になりますー。
africa先生★

このトマトの葉っぱの様子を見てると
うちの後半にうえたafricaさんトマトは、
鶏糞堆肥がききすぎた気がする

赤くなるのが待ち遠しいね〜
Commented by paprica at 2014-06-28 04:25 x
うんとね、肥料というとシーズンの終わりに海藻かぶせたり、種を蒔く数週間前に有機肥料を自分で合わせたもの(個々の土地に合ったレシピを本で見つけたの)を蒔くよ。あとは様子を見ながら追肥するかどうか決めるんだけど、勢い良く育ちだしたら、ほとんど追肥なしで最後まで行っちゃうことが多いかな。来年はSea Soilってのを上から足そうと思ってるヨ。
「生きる力をちょと支えるくらいの育て方」かぁ。それって、africaさんとくうま君との関係そのものだね。↑のお話を読みながら、なんて素敵な家族なんだろうって、じ~んとしちゃった。夫婦が仲良しで、会話のある家庭で育った子供は、大丈夫なんだよ。子どもいないけど、それはわかるよ~。
Commented by africaj at 2014-06-30 11:15
kotoriさん、いやいや、kotor師匠に教えてもらいたいこといっぱいっ。

そっか、鶏糞の威力、すごいんだね。
私も後半に植えたトマト、明らかに肥料効きすぎてて後悔してるー。
ほんと、植物はすぐに反応するんだね。

kotoriさんところの、トマト地獄、楽しみだな~(笑)
Commented by africaj at 2014-06-30 11:23
papricaさん、
へええええー!!面白いっ。!興味深いっ!!
海藻をかぶせるの?塩分やミネラルのためだろうねつ。
肥料のレシピ本なんてあるの?今度blogで紹介してよー。
Sea Soilって、見てみた。海の土・・・なのかな?面白いね。
肥えてるよね絶対。すごくよさそう~。興味津々。

会話のある家庭で育つ子、大丈夫と思う?それなら、自信あるよー。
ほんとにね、成長を邪魔しない子育てをしたいってずっと思ってるのだけど、なかなか難しくてね。でも、papricaさんにそう言ってもらうと、うれしいな。これからも意識して頑張るねっ。
by africaj | 2014-06-25 16:28 | 畑でお野菜育ててみる | Comments(20)