スペイン語の勉強 3  と ふき味噌

ようやく11番目の項目まできました。

16項目あって、ざっと5ずつ進んでは戻ってもう2回繰り返して書いて、
その後不意打ちに即答テストをやって、間違えたら戻る
・・・なんてことやってたら、歩みが遅くて遅くて~(ぜーぜー)

でも、
スペイン語を日本語に置き換えると、一字一句きちんと理解できる感じが気持ちいいっ。
文法的理解が進むし、時間をかけてしっかり考えるから「正しい文章」が書けるし。
スペイン語が上手くなったようで悦に入っちゃう(汗)

麻薬だな。

これに慣れると、
スペイン語を日本語に置き換える癖がついちゃいそう。
日本語に置き換えて正確に訳そうと、自分で自分に課すと、
英語と同じドツボにハマっちゃいそう(英会話、苦手なの)。

会話って正確に話そうと思うと、出てこなくなるし、
日本語に置き換えてると、確実にテンポが遅れていく。
スペイン語作文の答えが「正しい」文章なら、日常でスペイン人の会話は、
目的語や日時の順番なんて気分で変わるし、省略もすごいし、「正しく」喋ってないし。
だいたい、会話は筋肉反射的に返せないと取り残されちゃう。

ってことで、
こんだけやっても、
未来完了形とか、実際の場面でスラっと言える気がしない(不安)
どうしてもまだ、過去のある時点で未来の約束をしたことを、今言うんだからあ
やっぱり未来完了形だなって確信してから、言葉にする(苦笑)うーん。


「だってあんた、2年前に、2ヶ月に一度やるって約束だったはずでしょ!(怒)」
この言葉を実際に言わなきゃいけないのにな。
滞在中にたぶん、
「だってあんた、あん時、今週金曜日までにはやっとくって言ったでしょ!」とか
「明後日には終わるって言ったじゃない!」って場面もいっぱいのはずなのにー。
間髪入れずに凄んでみたいんだけどなー(←いつも回りくどく説明して
文句を言うから、あまり迫力ないの 苦笑)

今回の旅で、勉強したことが生かせるといいなあ・・・。
なんにしろ語学はやっぱり、そこに行って使わないと、身につかんですね。




早春の食べ物、
4月に日本に戻るときには時期が終わっていそうなものが、今いっぱい出てて
毎日せっせと、食べたり作ったりしてます(笑)

d0180447_9375975.jpg
昨日作ったのは、「ふき味噌」。

コロンとしたふきのとうに包丁を入れると、一気に香って幸せになります(笑)
ザクザク切っては、お鍋に入れて油で炒め・・・
あくが強くて変色しちゃうので、一個づつ切っては炒め。
一日経った今も、指についた茶色いアクが取れません。
それだけ強いエグみが、油と甘味噌と混ざると、たまらん味になるんですよねー。

出来上がったふき味噌を、パパの晩酌用嘗め味噌に。
今朝は、アツアツご飯のお供にっ。
息子だけはこの香りもほろ苦さもダメみたい。
この旨さがわかれば、大人になった証拠なんだけどなーって言うと、
春の味見だけはしてくれるけど、「オレ、まだ子供でいいです」って言う(笑)


ふきのとう                  14個
味噌(合わせ味噌で白味噌多め)    90g
みりん                     大4
砂糖                      好みで(うちは甘めが好き)


(はじめに)味噌とみりんを混ぜて練っておく。
       ふきのとうはホコリを叩いて、傷みを削っておく。

1)鍋に油を少し多めに入れ、ふきのとうを刻んでは中火で炒めていく。
 (あくが強いので、一刻も早く油コーティングしないと真っ黒になっちゃうの)
2)火を弱めて、みりん味噌を入れて数分練る。
3)甘みが足りなければ、砂糖を足す。
 (甘みがエグみを抑えるのです)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.11。
3年しか経ってない。でももう3年経ったなんて。
感じ入りながら、本日を過ごそうと思います。





[PR]
Commented by tomomato at 2014-03-11 17:10
わ〜〜砥部焼(喜) と違う所に反応してる^0^  ふきみそって食べたことが無いような。 ふきのとうの香りがするものなのね? おにぎりにしたら美味しそう・・・・・・・   あ! イタリア語をまた中断しているのを思い出させられました。 全然進んでいません。爪のあかを煎じて飲ませていただきます。
Commented by africaj at 2014-03-11 18:24
tomさん、砥部焼、いいよね。特に大ぶりのお皿の、縁の厚みが好き(ミクロな褒め方ですが 笑)
ふき味噌、食べたことない?ちょうどよかったわ。小包に入れてあげようって用意してたとこ。あまり、「おにぎり」食べてる印象ないけど、できればご飯と食べてみてっ。
あはは、私もスペインではそんなに頑張んなかったから。東京に住んでると東京タワー行かない・・・ようなもんよね。でも、tomさんは英語もドイツ語もできるから、素敵だね。
Commented by la_mia_coccolina at 2014-03-11 18:53
うわぁ~んっ!ふき味噌おいしそう~っ!
子供の頃、父の知り合いのおばあちゃんが作ったその家秘伝のふき味噌の味が今でも忘れられません!
でも、それからも美味しいふき味噌にたくさん出会ったけれど、africaさんのふき味噌も美味しいのだろうなぁ♪
そっか!私も今度挑戦してみよう♪
スペイン語はイタリア語にも似ているのかな?africaさん、英語もスペイン語も出来て素敵です☆
。。。と言っている私。。。英文科なのに英語全然駄目で(恥)、英語を通り越してイタリア語始めちゃおう!と始めても何年も足踏み状態で進みませんっ!
やる気の問題ですね(反省)
Commented by africaj at 2014-03-12 09:43
coccolinaさん、おはよー。
へえええ、秘伝のふき味噌、どんなのだったのかしら。代々受け継ぐ味って、いいなー。そうそう、coccolinaさんは、その味を知ってるのだから、自分で作ってみて再現して欲しいな-。そして、こんな味って教えて欲しいっ!!
ふき味噌、あっという間に出来るから、ぜひぜひっ。
イタリア語に似てるよー。スペイン人に言わせると、舌っ足らずな子供た喋るスペイン語みたいっていう(笑)半分くらい通じるしね。
いえいえ、私は英会話は「気合い」で話してる感じだもん(苦笑)
coccolinaさん、コツコツと進めていく人だもの。イタリアに少しでも滞在できたら、きっとやる気ぐんとでそうよ。
Commented by paprica at 2014-03-12 13:37 x
ふき味噌? むむむ。。。なんだかおいしそうだぞーー。
フキノトウって、カナダには無いんだよ(山に行って探せばあるのかな)。おいしいよね〜。
africaさん、スペイン語の勉強、半返し縫いのように慎重に続けてられるんですね。えらいっ。春にスペインに行かれるのー?!いいないいな〜。そういう目標があると、頑張るぜ!って気合がはいりますよね〜。あぁ、羨ましいっ!
Commented by lacassa at 2014-03-12 14:10
ふふふ、ラテン系の約束事の緩さが垣間見れる会話ですのぉ(笑)
うん、それは是非しっかり凄んで言わなきゃあかんわ。
あ、くーま君のスペイン語は保ててる?
出発までインフル要注意だね。
ふき味噌美味しそう~。これ、半分の量で作ってみよう!
Commented by africaj at 2014-03-13 10:45
papricaさん、おはよーっ。
ふきのとう、カナダにはないの?スペインには、わらびがあって(みんなは雑草と思ってるけど)、摘んで山菜そば作ってた(笑)
帰国したら、ぜひふき味噌作って、カナダに持って帰ったらいいのに。しばらくは楽しめるよっ。
スペイン語ね、歳だから何度も繰り返さないと、脳の一番使う棚に並ばないの。でも、1週間以内の繰り返しと、午前午後スパンの繰り返しをすると、焼きごてでジューってやったみたいに残るから(笑)なかなかやりがいあって、がんばっちゃうよー。
そう。使うって思うから余計気合い入れられるんだよねっ。頑張るっ!!
明日からスペインいってきまーすっ。
Commented by africaj at 2014-03-13 10:56
sironekoさん、そーなのそーなの、スペインで日常茶飯事の、物事の進まなさっ。滞在日数限られてるから、せかしまくんなきゃー。
くーまのスペイン語は、保ててない!努力もしてないから。
でも、映画見る時、字幕なしの英語で見てると疲れてきちゃうのが、スペイン語は普通に聞いてるから、聞き慣れてるままなんだと思うの。行くとなんかしら喋るしね。そのうち勉強する時は、きっと吸収力が違うとは思う。

コーくん、インフル!!可哀想にっお大事に。うちも残り2日、気を抜かないようにせねばぁ(緊張)

ふき味噌、うんうん、小鍋でちょこっと作りやすいよ。私は大好きっ。
Commented by mirasierra at 2014-03-13 23:12
明日からスペインだね、気をつけて行ってきてね!
スペイン語…過去から見た未来とか、時制考えると言葉出てこなくなるの、よくわかる~(ToT)
でも、きっと勉強したことが身になって役立つと思うよ。
私はどんどん忘れる一方だけど、去年行ったときパリの空港のパスポートコントロール前でやむにやまれず係員に叫んだ言葉はTengo prisa!で、英語じゃなかったよ。(笑)
by africaj | 2014-03-11 10:02 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(9)