人気ブログランキング | 話題のタグを見る
もう、この作業が終わらないと何も手につかない状態なので、早く終わらせたい!
朝からやって5時で終えて、風呂入って、ご飯作ったらヘトヘトで、もうblogもFBも書けなくなって久しいのです。
早く、早く終わらせて、家具や棚を作って、人間的な暮らしがしたい。

今朝は、唯一の楽しみショパンコンクールの決勝をLIVEで見て、反田君の演奏にまた感動して、演奏後にピースしてるのを見て、この子ってまだ二十代なんだなー若いんだーと、母気分で癒されました♡が現実は、、、

毎日、どのダンボールに入ってるか探し回るのにほとほと疲れました。
家に鏡がないので、母のことで実家へ帰って鏡を見ると、やばいと焦ります(ファッションも自分のお手入れも)。
冬ものシーツや布団がどこにあるか、また探し回らなければいけないし。
関西のマンションを離れ、ダンボールだけで、整理されてない中で暮らすのももう一年ちょっとですが、限界を通り越してきました。壁、外壁、風呂が終わり、床が終わったら、やっと「家作りの基礎的なもの」が終わるんです!
そうしたら、やっとやっと、人間の暮らし的な細工に移れます。泣けるー。

ここまで来てます!
5月から始まった床石貼り、もうすぐGoal!_d0180447_12310347.jpg

これはあと3日くらいで終わりそうな予感。

5月から始まった床石貼り、もうすぐGoal!_d0180447_12313299.jpg
これが4日前くらいの写真。

5月から始まった床石貼り、もうすぐGoal!_d0180447_12311739.jpg
何ヶ月かかったかってくらい大変でした。
息子が今実家で母の面倒見るのをかって出てくれてるので、夫婦2人で毎日毎日コツコツ。クズ鉄平石はタダ同然だけど、これだけの作業を人に頼んだらきっと100万円超えるんだろうなと思うと、それだけ稼いだんだわと自分を鼓舞して、あとちょっとだ!

5月から始まった床石貼り、もうすぐGoal!_d0180447_12315087.jpg
でも、見惚れるほどに格好いい。
中世のお城みたいです。
トンカチ置いてあるだけで様になる♡

5月から始まった床石貼り、もうすぐGoal!_d0180447_12320683.jpg
買い物もほとんど行けてないから、栗の季節を逃してしまって今年は渋皮煮も作れなかった。夕食もあまり手の込んだことが出来なくて、肉を焼くとか揚げるとかが多くなってる今日この頃。作業中の昼ご飯は、合間にちゃっと食べられるカップラーメンとかになってるし。でも、朝ごはん用にパンだけは頑張って焼いてます。
来年は、手の込んだ料理作ったり、色々楽しむ暮らしに戻りたいです。。。
頑張ろう。



# by africaj | 2021-10-19 13:10 | 森の家 | Comments(0)
日中は家作り、あとWSのセッティングに忙しいけれど、最近夜ふかししてショパンコンクールにわくわく。
反田恭平さんの演奏が図抜けてすごくて、聞いているだけで幸せになってくるのですが。


3次予選の演奏など何度聞いても飽きない素晴らしいものだったのに、本人は自分の思ったとおりに伝えられなかったと演奏後一人号泣したそう。演奏後に「今までどうもありがとうございました」とか終わったような挨拶するし、なにがあったんだろうと心配になったけど、本選に残ってよかった♡
そこまで、なにを伝えたかったのだろうと考え始めて、気になった強烈な暗さを持つ「葬送曲」が構成の真ん中にある意味とかも知りたくなって、何度も何度も演奏を見直しているとあっという間に夜中になってしまうここ数日間でした。

マズルカの意味を調べたり、彼のインタビューを読み漁ったり。30年の人生でやりたいことを決めてすべてを逆算して進んでいるらしい彼は、ショパンコンクールに出るのが夢で4年前からポーランドで学び、海外で認知してもらいやすいよう自分の印象を「サムライ」と定めて髪を縛り、ショパンやポーランド国民の感情を学び、このコンクールでトップを取ってポーランドから違う地へ行こうとしているのがわかりました。3次の構成はポーランド人に特に訴えるようなテーマを練りに練ってるに違いなく。

「マズルカ」ってポーランド農村の伝統的民族舞踏曲、それから「葬送曲」、そして「神よ、ポーランドをお守りください」、最後に「英雄」。

聞きかえしているうちに、数年前に読んだポーランドの悲惨な歴史をベースにした物語、須賀しのぶさんの「また桜の国で」が無性に浮かんできて、これはポーランド王の元で自国文化に誇りを持って暮らしていた幸せだった時代から、第二次世界大戦でドイツとロシアに裏切られ蹂躙され文化も言語も剥奪され、歴史から抹消された悲惨な過去と激しい地下活動を経て、今なお生真面目なポーランド魂を灯し続けるその国民に込めたポーランドを讃える構成になってたのかなと思い当たってきたりして(どこにも書いてないから、勝手な想像だけど)。
そしてもう一回聞いたりしてw←10回は聞いてる、演奏時間1時間と長いけど、ドラマチックだから何度聞いても飽きない。

優勝を狙うのはもちろん、4年間のポーランドへの感謝を込めてるんだろうなと思うような、優しい優しい音色。でもオーケストラを聞いているような華やかでドラマチックな音楽は聞けば聞くほど惹き込まれる。すごいなあ。

本選は18日~20日。
あー楽しみです。

来てくれませんか?ってファンレター書いてみたら、
うちのアンティークピアノに弾きに来てくれないかなあ。。。w


# by africaj | 2021-10-18 01:41 | 世の中のお勉強 | Comments(0)

森ピアノ final。




さて。
森ピアノの続きです。
昨日、作ってもらった弦を持って、調律師さんが再訪してくれました。


森ピアノ final。_d0180447_10083654.jpg

2度めの大調整が始まりました。

森ピアノ final。_d0180447_10084199.jpg

仮調律から1週間。各部に歪みが生じています。

森ピアノ final。_d0180447_10083331.jpg

鉄フレームの角を抑えていた木ネジ、木部が耐えきれず外れていました。
外科手術開始。バックボーンまでホールを貫通させて180mmもの長いボルトで固定。
上手くやりました!このピアノが生まれた時には考えられなかった大手術wwかな?

森ピアノ final。_d0180447_10083817.jpg

ロワーブリッジにもひび割れが。ボンドと木ネジで補強です。



断然澄んだ音になってきました。
昨夜は楽しくて、弾けない私も、両手で和音を奏でながら空で好きな曲を弾いてみたりして。
美しい音に身体が踊るのです。あー上手に弾けるようになりたいなー♪

昨日今日で怒涛の三連続更新でした~w



# by africaj | 2021-10-01 10:20 | 森の暮らし | Comments(2)

9月薬草講座

薬草講座を5月から初めて、年4回の3回目の講座なのですが、
今回は、呉から来ていただいている先生が熱中症で入院しちゃったので、
いつもは4日間の講座ですが、2日に縮めて時間短縮で私が教えました。

私はすっかりこの美容クリームだけの暮らし。
自分で作る時で気に入っているのはホーリーバジルと黒文字、もしくは月桃と黒文字の取り合わせ。
香りもとても良くて肌なじみがよく、なにより化粧水など要らないのが簡単で安上がりで良いのです。
今回、講座ではハトムギにプラスしてハトムギの原種の数珠玉も入れました。
ハトムギよりももっと効く気がします。


薬布もすばらしいのですよ。
いやあほんと、やっぱり薬草の世界は面白い!

集まってる方々が皆なかなかのツワモノ揃い。
精進料理家の藤井まり先生もいらっしゃっているので、
今回はオプションで、「精進料理教室」で夕食をみんなで作って食べる懇親会にしました♪楽しいでしょ?
翌日は皆で薬草園へ遠足に。
9月も楽しかったです。って、主催の私が一番楽しんでたりして(準備と段取りが大変だけど)w

書きたいことが多すぎるのに、時間がないのです。でも書いときたい。。。
今回は一気に「床貼り」と「薬草講座」を。
「ピアノの調律完成」はまた明日~。

# by africaj | 2021-10-01 00:30 | Comments(0)
この3日間毎日石貼り頑張ってます。_d0180447_11231776.jpg

本日、母が退院。息子が母と共に実家で暮らしてくれることになり、母は幸せにも自宅に戻ることができました。
私は明後日に神戸へ、そこから飛行機で東京、そして長野に戻る予定を控え、その後の予定を考えるに床をできる限り仕上げねばならず、毎日夫と石貼り中。

ようやく半分いきそう。
腰に来るので、休み休みです。
石を並べたら、セメントをこねる。
セメントが固まる速度を考えると、少量ずつになるので、捏ねるのは手作業。これがかなり重労働で泣ける。
両端から二人で手分けして、這いつくばって石を貼っていき、最後にセメントを拭き取る作業。これで1セット。

この3日間毎日石貼り頑張ってます。_d0180447_11333612.jpg

この3日間毎日石貼り頑張ってます。_d0180447_11335462.jpg

一回に1列1mくらいしか進まない(二人だから2m)ので、腰を休め休め一日3セットしかできず、地道です。3日でようやくこれくらい。
あと一ヶ月くらいかかるかなー…。
夫は、10月に入ったら、冬の暖房も兼ねるパン窯作りを始める予定。床の残りは私の担当だな。コツコツやらねば。

実は、、、
8月の旅の最中、
こちらは警報続きの大雨だったそうで、、、

息子から有り得ぬメールと写真が届きました。

この3日間毎日石貼り頑張ってます。_d0180447_22413629.jpg


「床から水が滲み出て、カエルが暮らしてる。
どうしたらいい?」って。
信じられない写真にしばしボーゼン。

この3日間毎日石貼り頑張ってます。_d0180447_22415374.jpg

外から入ってきたんじゃなくて、床から滲み出してるというのが衝撃的。
友人からも連絡が入り「家が水浸しになってるよ。冷蔵庫とか電気ものは避難させといたよ」って。
急いで、息子に設計士さんと連絡取ってもらって、原因を追求してもらっていました。

帰宅したら色んなものがカビていました(涙)
ちなみに、見事に100均とIKEAのものがカビてました。
日本の木で作られたものはカビてなかった。そういうことにもびっくり。
石を貼った部分の高さまでは水が来なかったので、ピアノなどは無事でしたが、湿気がすごくて。
捨てたものあり、カビ掃除に明け暮れて。
せっかく床板張りが終わって、ようやく石床張りしてるのに、土間のトイレ部分の床板が青カビとシミ跡だらけで、また張り替えかも。
まだ出来てもいないのに、終わった所がまたやり直しって、、、片付けても片付けても子供に散らかされる地獄のよう。

なにより、水の経路を特定するのに9月いっぱいかかり、雨が降る度に浸水するので一日中モップと掃除機で吸っては捨てるの。
雨が多かったので、無駄にエネルギーを奪われた一ヶ月でした。
でも、外周の治水をしたり、ユンボで掘ったり、色んな仮説を試して雨が降る度に確認。
これが原因じゃない、、、を繰り返し、全部潰していって最後に行き着いたのが、、、すごくバカバカしい原因でした。
水道工事の業者が、
排水管を通すのにぶち抜いた壁の厚みの、内側は防水したけど、外側は穴の周辺をまるで埋めていなかったから、そこから水が入り放題。
中に侵入した水は出口を求めて、配管を伝い、一番低い土間の床から滲み出てきたというわけでした。
1000円ほどの材料費でできる工事を、なんでやらなかったのー??って話。
おかげで、損害補填費用が嵩むというのに。

この辺りは今までこれほどに雨がふらない地域だったから必要なかったのだって。今までは埋めなくてもトラブルにならなかったんだとか。
8月の集中豪雨までは水が出てこなかったことを思うと、本当にすごい雨だったのだと思うけど。
限界を超えた後はちょっと雨が降るだけで床に滲み出ていたので、一旦入ったら出口がないんだから、配管で壁に穴開けたらちゃんと埋めとけよって話。
気候が変わったということかもしれないけれど、今までこの業者がやった家は今年から浸水してるかもしれない(汗)
うちは、まだ工事中に発覚して保証内で良かったんだわ。。。と思うしかない。

ってことで、
浸水がやっと解決したので、
石貼り開始。
ほんと、色々あります。めげてても進まないので粛々とできることをやり続けるのみ。


# by africaj | 2021-09-30 11:19 | 森の家 | Comments(0)

ついに、都会から田舎へ引っ越してきました!皆で家を建てたら、森暮らしの始まりです♪


by africaj