鴨鍋 と パン焼き生活

先日パパが獲ってきた鴨は、

d0180447_21483622.jpg

鴨鍋にしました~♪

d0180447_21492764.jpg

首や骨についたお肉を集めて、つくねに。

d0180447_21493789.jpg

鴨のガラで取った醤油ベースのスープにつくねで、
さらに濃厚なうまみ。

d0180447_21491783.jpg

鴨って胸肉がメインなんですね。
もも肉や手羽も鍋に入れて食べてみましたが、
味は濃いけど、なにせ固いっ!
次回からは、もも肉や手羽も叩いてつくねにしよう・・・。

感想は・・・うーんと・・・
想像していたよりも鉄分が多い味にびっくりしました。
もう少し解明したいところかも?
きっと処理のやり方ひとつでぐっと美味しくなるんだろうな。
またまた研究あるのみです(ガッツ)


d0180447_1432812.jpg

「こねないパン」を焼き始めて、
2日に一度、2個づつ焼いてるのに、追いつかないほどなくなっていく(汗)
25kgの大袋の方がぐんと割安なので、使い切れるか不安に思いつつ
友達と半分ずつにしました。
分けてみると12.5kgってこんなもの。
1ヶ月で5kg消費してる。なんだ、案外使いきれる量なのね。

焼く度に水分量を多くしたり、熟成時間を毎回変えたり、
白神天然酵母にしてみたり、パンチングを数回加えたり・・・
ようやく、好みのレシピに固まってきました。
これだけ手間もかからず、美味しく焼けるって嬉しい♪
[PR]
by africaj | 2016-01-18 14:19 | ジビエ料理研究所

牡蠣の土手鍋 

おせちに、氷頭なますを作ろうと思って、
魚屋さんに鮭の頭を4つ予約してきました。
多いかなあ・・・4つ。
紅白なますもいっぱい作らなきゃね。
年末年始、氷頭なます食べ放題♪


今日は、ちょっとひどい日。
買い物も洗濯物も掃除もはかどって、出だしは悪くなかったけど。。。

おやつに焼いた、カベージョ・デ・アンヘル、
「天使の髪」という名のそうめんカボチャのパイ。
中身をたくさん入れすぎたら、甘すぎた・・・(凹)

しかも、いつものチャイから冒険して買ったキャラメル・チャイなるもの、
こってり甘い香りが、パイの甘さとぶつかってコンビネーション悪っ(涙)

晩ご飯用にと昨晩からゆっくり煮てた「イカ大根」もね、
畑に行った時に、隣の畑のおじさんにいただいたものだったけど、
トウが立って繊維が固くて食べられたもんじゃなかったー(滝涙)
味付け最高に美味しく出来て、
味の染みたお大根を楽しみにしてた分、がっくり。。。
メインがおしゃか。
最後、みんなでお茶漬けで食べましたよー。
お茶漬け、美味しい塩吹昆布買っといたおかげで、幸せになれたけど。

みんな、正直だから、
盛り下がり方すごいのー(美味しい時の盛り上がり方はこっちも嬉しくなるけど 笑)

あ~あ、こんな日もあるさ。


こちら先日の、すっごく美味しくて盛り上がった牡蠣の土手鍋。
d0180447_2304725.jpg
火を通すけれど、生で食べられる生ガキを使う。
煮過ぎて小さくなる前の、ふっくら煮えばなを楽しみたいから。
最初はお出汁多め味噌少なめのさっぱり味で、
だんだんお味噌を溶いていってこってりへ、飽きないのです。

お味噌は、
白味噌5に赤味噌3,それに八丁味噌2の割合。
合わせ具合で味わいがかなり変わるけれど、
牡蠣って八丁味噌が合うと思うのです。

生で食べられる生ガキ   300g
だし汁
味噌   200g(白と赤と八丁味噌を合わせて)
酒    大さじ3杯
砂糖  大さじ3杯

1)牡蠣ハザルに入れて、塩入りの水で振り洗い。味噌に酒砂糖を合わせます。
2)合わせ味噌を鍋のヘリに付けて、ひっくり返してガスで焦がします。
3)鍋に出汁を加えて火にかけて、煮立ったら牡蠣を入れる。
4)ふっくら火が通ったら、煮えばなを逃さず、柚子とともにどうぞ。
5)お野菜を入れて、牡蠣もしっかり煮て味噌を絡めて食べると
 また違った美味しさ。

d0180447_237011.jpg
冬に向けて甘味を増してきた太ネギ。
笹がきのごぼう。
水菜と焼き豆腐。
薬味に千切りのゆず皮。
お出汁とお味噌と牡蠣の出汁が出たところで、
お野菜やお豆腐も一緒にくつくつ。
お豆腐がまた、たまらなく美味しい♡


食べ終わったお汁は少し薄めて、うどんを煮ると、
これはもう、名古屋の「味噌煮込みうどん」っ♪
この鍋、日本酒を美味しくしてくれる鍋。
こってり味噌が牡蠣に絡んで、ほんとに美味しい~(ため息)
[PR]
by africaj | 2014-12-27 22:32 | うちごはん

小籠包が大好きですが、近くには「食べたい」ほど美味しいお店がないのです。
それで、冷凍でいいから、ほどほど美味しいものはないかなと
今、探しているところです。

お正月用にこの前買ってみたのが、
楽天で1位だった「餃子の王国」生小籠包(←一応リンク付けますが、アフェリとかしてません安心してね)
蒸し時間が難しくて、最初破れてばかりでしたが、
うまく蒸せるようになると、「このくらいで全然OK!」って思えるものでした。

針生姜と酢醤油用意して、お家でホカホカ食べられる
ちょっと気の利いた前菜になるから、気に入ってます。

もちろん、もっともっと美味しいものが見つかったらさらに嬉しいので、
もしもご存じの方がいたら、教えて下さいなっ。
「プロフィールを見る」をクリックすると、右手にある各記事にコメント残せますよっ。


小籠包を食べてから、
チンゲンツァイのスープと、鶏ごぼうご飯にしました。

我が家の鶏ごぼうご飯は中華ちまきのような味付けです。
日本の炊き込みご飯のような、上品あっさりだと、男衆があまり喜んでくれなくて、
こってりで味付けしっかりに、レシピを考えたところ、
パパも息子も大喜びしてくれる、我が家味の鳥ごぼうご飯ができあがりましたっ。
なので、ちまきが食べたくなるような料理によく合います。
d0180447_218225.jpg


お米     3合
お水     炊飯器で3合にあわせたメモリ分 から、大さじ5杯捨てる
白だし 大1   酒 大2   醤油 大2   

1)土鍋に、米を入れ、水とだし、調味料を入れたら、強火にして
 沸騰するまでたまにかき混ぜる(米が下に溜まって焦げないように)。

薄揚げ    半枚 5mm幅の短冊切り 
ごぼう     1/2本分の太い方  ささがき
鶏もも肉   1枚 細切れ
醤油 大2   きび糖  小匙2杯   ごま油

2)横で、フライパンにごま油を入れ、鶏肉を炒め、色が変わったらごぼうを入れ、
 醤油と砂糖を入れて絡めるように炒めたら、薄揚げを入れてさっと炒めておく。

3)土鍋が沸騰したら、フライパンの鶏ごぼうを広げ乗せ、
  蓋をしてから9分間弱火で炊く。

4)強火で1分、パチパチ言ったら(言わなくても 笑) 火を止めて
  10分蒸らす。





[PR]
by africaj | 2014-02-16 22:08 | うちごはん

タイスキ と 茎わかめ

明日はバレンタインデー。
小学校の間は、運良く「第2冬休み」中だったので、もらうことも、もらえなくて悩むこともなく
静かに過ごせました。
中学もありがたいことに、高校の受験で明日はお休み。
このまま、高校卒業までバレンタインデーはお休みで過ごせそうかな?
幸せのチョコレートならいいですが、
チョコレートもらえなくて、がっかりする姿も見たくないし、
義理チョコもらって、ホワイトデーに巻き込まれたくないし(私が)、
ほんとに、神様ありがとう!でした(ほっ)

パパも明日は雪だとお休みだそうで、
絶対雪降るって決めつけてる私は、早起きしてのお弁当がないので、
本日はフィギュアスケート見て夜更かししてますっ(えへへ)


今朝、お正月を共に過ごしたkotoriさんから「茎わかめ、朝に送ったから夕方着くよ」って
メールをもらい、今夜は、わかめを味わうお鍋にすることにしました。
そんな、Amazonのような当日便が普通の宅急便にもあるんですね。
知らなかった~。

買い物に行って本日は魚介類が美味しそうだったので、お鍋は「タイスキ」に。
d0180447_125417.jpg
お刺身の鯛、エビ、豚肉、きのこ類、あさつき、糸こんにゃく、お豆腐。

d0180447_1273633.jpg



生食用牡蠣もしゃぶしゃぶ。
空芯菜や香菜なんかも美味しい。
でも今日は、もうすぐ届くワカメが主役。


d0180447_1292817.jpg



エビは、しゃぶしゃぶすると、真っ赤に変わってクルンとするのが可愛い。
なにより、「タイ料理」といえばまずエビっ。


d0180447_293270.jpg
生食用牡蠣だから、あたたまったらOK。
タレは、甜麺醤がなかったので、コチュジャンと八丁味噌を合わせ、刻み唐辛子を入れ、
梅ジャムを加え、お酒で伸ばしたもの。
このタレ、エビと牡蠣、最後のきしめんにめっぽう合うのっ。

そしたら、食べてる途中にピンポーンって、ワカメ到着っ。
d0180447_27523.jpg
大急ぎで登場っ。
まだ磯の香りがするっ(嬉)

d0180447_1385563.jpg
d0180447_1392977.jpg

一瞬で、きれいな緑に。
エビは赤く、ワカメは緑に、このしゃぶしゃぶ手品みたいですっ(楽)

d0180447_141086.jpg
採れたてのワカメは、ポン酢で食べました。
シャッキシャキで、美味しい~っ(幸)




d0180447_1423659.jpg
茎わかめの方は、佃煮にっ。
美味しくできたよ~っ♡
鳴門の方は、旬の茎わかめで佃煮を一年分作って、保存しとくというので、
私も、真空パックで小分けにして冷蔵しようかな。

生海苔も、いただいてっ。
kotoriさん、ありがとっ!



これだけ海藻食べたら、髪が黒々しそう。白髪なくなったりするかな(笑)
美味しかったぁ~。




[PR]
by africaj | 2014-02-14 02:14 | うちごはん

皮から水餃子

七草粥の時に水餃子を作った時、皮から作る美味しそうなレシピを見つけたので、
今回はそのレシピで試してみました。

「中華のツボ!玲舫’s ぶろぐ」水餃子の作り方

d0180447_22505680.jpg
薄力粉と強力粉の割合2:1で作りました。なかなか伸ばしやすい。

d0180447_22511348.jpg
あんも、ついでに書いてある通りに作ってみました。豚バラから刻んで。
でも、あんは私がいつも作るものの方が家族に好評。
ニラ入れないし、醤油とごま油と紹興酒をえ?ってほどたっぷり入れます。
肉にまず味をつけてよく混ぜてから、しっかり水気を切った野菜を加え
さっくり混ぜるのは同じ。
餃子はスイでも焼きでも、この順番で混ぜるのが最大のポイントです~。

d0180447_22512056.jpg
買った皮より、茹でるのは案外時間がかかるんだなあって思いました。
「沸騰した湯に水餃子を入れ、再び沸騰したら130cc前後の差し水をして中火にかえる。
そして再び沸騰したら差し水。これを合計2~3回繰り返す。時間にして5分」
正確に守ると、ふっくらもっちりしてきました。
時間が足りないと皮の仕上がりがぜんぜん違う。

d0180447_22512733.jpg
豆板醤やごま油とお酢&醤油のタレで~。
売ってる水餃子用の皮は、点心の海老餃子みたいなツルン感がモッチリ感と共にありました。
売ってる皮(@大丸ピーコック)もなかなか美味しくって好きっ。
手作りの方は、皮がもっちりで、さすがに正統派中国の水餃子。
「水餃子の場合はそれ自体が食事になる。つまり皮が主食で具がおかず」とblogの筆者も
書いていた通り、粉物の主張がある仕上がりで、なかなか満足でした~。

なにより、捏ねやすくて伸ばしやすくて、子供にも整形しやすいから
一緒に作るのにもってこいですね。子どもと粉あそびするのに楽しい素材。
週末の時間ある時に手作りするのもいいですね~。



[PR]
by africaj | 2013-02-13 23:29 | 点心とチャイナ | Comments(6)

白子豆腐。

パパは横浜育ちなのですが。
飲むときに、いつも行っていたのが「白子豆腐」屋さんだったらしい。
小さな煤けたお店で、お代も安かったのに、今はもう潰れてしまったそうな(残念)
寒くなるといつもその話が出ます。

それで、毎冬パパが作ってくれるうちに、我家の定番に。
d0180447_13443029.jpg

なんてこたあない、鍋に昆布をしいて、少々酒を足して火にかけ、
沸いてから白子を入れ、火を弱めて豆腐を煮る。
今日はしいたけを浮かせてみたけれど、本当は白子と豆腐だけです。

d0180447_1345123.jpg

刻みネギとポン酢で食べる。
ただこれだけなのに、どうしてこれほど滋味豊かな味。
とろっとした白子と豆腐って、どうしてこんなにおいしいのって思う。

白子は最近高くなりましたよね。
でも、出物はバカみたいに安くて、この値段の差は魚の差なんだろうか?
安い時にどうぞ。

白子と豆腐じゃ出汁は期待できないと思うでしょ?
このあとのスープの上品で美味しいことったらないのです。
あとのお雑炊がまたっ(ラブ)
[PR]
by africaj | 2011-12-11 13:51 | うちごはん | Comments(19)