遺伝子組換えと、品種改良ってどう違うの?とか言ってた私ですが、
真面目に勉強する気になった出来事がありました。
で、よくわかりました、その大きな違い(汗)

あのね、2週間前のことですが・・・
7月末に、日本でこんな遺伝子組換えが承認されたのです。
「除草剤グリホサート誘発性雄性不稔、チョウ目及びコウチュウ目害虫抵抗性並びに
除草剤アリルオキシアルカノエート系耐性トウモロコシ」。

これがどういうトウモロコシかと言うと、

除草剤グリホサートを撒いても枯れないで、
さらに何度もグリホサートを撒かれて耐性が出てきた雑草にもっと強い
ベトナム戦争で使った枯葉剤、除草剤アリルオキシアルカノエートを撒いても枯れないように
遺伝子を操作しよう・・・つまり、除草剤を一面に撒いてもとうもろこしだけ畑で生き残れる。
ついでに、蝶や昆虫が食べたら死ぬ毒性を持てば、
虫に食われることなくて、「無農薬」で育てられるトウモロコシになる遺伝子組換えをする。
さらに、普通は一本で雄穂と雌穂を付けて受粉ですが、他から人工的に交配させる方が
一本で受粉するより収穫が増えるため、花粉を作らないトウモロコシにしちゃえ!
って、育てるのに楽チンでたくさん収穫できるよう遺伝子デザインされたトウモロコシを、
日本の農家さんが助かるからと、日本政府は輸入を許可したというわけです。

※最新承認案件 (←クリックで表に飛びます)


かなり気持ち悪いものが作られていて、日本に入ってくることが決まったわけです。
すごいな~。もう近未来映画より近未来w
これらの多くは、人間用ではなく家畜のエサだからと説明されますが、
表示義務の甘い日本で「価格破壊」で安さ追求型商売の、コスト削減の頼みの綱になってるとか。

トウモロコシ。大豆。小麦…すでに176品目の農作物の許可が降りちゃって。
例えば30年前のトウモロコシとはすでに違う、でも見た目に全く同じものが生活に入り込んでる、
日本の野菜の「今」なわけです。


牛乳も同じことが言えて、
最近やたらと短絡的「牛乳=悪」説を聞くし、その流れで牛乳飲まない豆乳を飲むって人も増えてますが、
牛乳が悪いわけではなくて、その育てられ方が大きく変わってきていることが問題で。
50年前、せめて30年前の牛乳にしても、今の牛乳と見た目一緒なのに、かなり違うわけです。
生産量を増やすために、研究され開発され、休みなく常に出産スイッチが入ってるようにして
極限まで搾乳されて短命で使い捨てられるように社会が変わってしまった。
牛が病気にならないようホルモン剤を打って、お乳が腫れないように抗生剤を飲ませ無理やり絞ってる牛乳が、「悪い」。
でも、そういう酪農に疑問を持ち、牛のキャパを考えてミルクを搾り売っている酪農家もいるわけです。
ちなみに低温殺菌に出来る牛乳は味を偽れないので、酪農家への信頼に通じます。
カルシウムや健康のために飲むんじゃなくて、美味しいから、好きだから飲むくらいが良いわけで。


私は日本ミツバチを飼いたくて調べたり、人に会いに行ったりしているのですが、
無肥料農法の勉強を始めたのも、ミツバチからです。
日本ミツバチがアカリンダニの猛威で絶滅しかけていることは何度も記事にしてきましたが、
これは世界的にミツバチが危機に陥っていることの原因や現状のレポ。



1時間のレポなので長い~(汗)、でも内容が濃かったです。

アメリカ人の暴力的な大規模単一栽培での西洋ミツバチの家畜化で、単一の花粉では
微量栄養素が偏り、蜜を集めながら餓死する現状と、その対策にたんぱく質とビタミン栄養剤と
抗菌薬を与えて、無理やり元気にさせてきたことで新たなダニ害と短命の負のスパイラルを生んでることがわかります。
ミツバチがもし絶滅したら収穫量がぐんと減る危惧に、ミツバチロボットの開発を考えるという、
振り返って改める気はない思考のおかしさも含め、
ミツバチの現状レポを見ているのに、癌やアレルギー、新種の病原菌が次々出てくる人間界の「今」
が重なってきます。
雑草、野草を育てることから始まった「農業」が、長い年月で徐々に研究されてきた、
誰にも簡単で苦労少ない「慣行農法」が広められ、多くの人が実践するようになったわけですが、
収穫量を増やす目的で使われるようになった「肥料」と「農薬」・・・と思うでしょう?
実は、肥料と農薬がないと育てられなくするって、ビジネスに牛耳られておるわけです。
っていう、今のエゴイスティックな農業のやり方がわかりやすいです。

ご興味ある方は是非どうぞ。
ちなみに私はスコットランドの養蜂に感動と希望を持ちましたよ~。
岡本よりたかさんの農法を知った時みたい♪



家庭を守る主婦としては、
値段だけで選べるほど単純じゃなくて、とっても面倒くさい世の中になったものだとため息。
たぶん世界の仕組がもう健全な昔に戻れはしないのだとしても、癌やアレルギーや知らない脅威を
回避するのに、個人的に努力ができるとしたら、
せめて日常的に食べているようなものは大量生産されたんじゃないものを探すか、
もしくは自分で作る。
この二択になってきたなとつくづく思うのでした。

それと、単一栽培の花から採蜜して餓死するミツバチの話から感じたのですが、
飛び交う情報に恐れすぎて、残されたクリーンで良いものだけを摂るってことよりも、
毒性だ残留農薬と騒がれるとしても、幅広く多くのものを摂る方が
ほどほどに相互で解毒になったり、悪いものの量も満遍なく少なく済むわけだし、
どんぶり勘定でバランスとるのが、より自然で結局は身体以上に精神的に健全だな~と思ったのでした。

などと、個人的な感想文、書いてみましたw

ってことで、売ってるもの以外もなんでも食材にしようと思います。
ジビエに野草、発酵、私がまだ手を出してないのがキノコだな。
来年はキノコの勉強もするぞーって、暗澹たるものも360度回るとポジティブになる不思議w


[PR]
by africaj | 2017-08-11 10:51 | 世の中のお勉強 | Comments(14)