d0180447_19052527.jpg


中国女性の美肌の秘密、白きくらげをまた煮ました。
暑くなると、ひんやりとろりん、薄甘くて美味し~い♡
トッピングには、枸杞の他にドライなつめ、枇杷の種の甘煮。
この夏の定番になりそうです。

中国の方に習った白キクラゲの煮かた、とろんと炊くには色々とコツがあり。
とはいえ、前回はナツメと枸杞と一緒に煮たからシロップが色づき、
今回は枸杞だけでも、やはりシロップが色づいてしまいました。
枸杞エキスが溶けているとは言え、やっぱり純白の方が綺麗かなあ。
納得できるレシピまであともうちょっと。


d0180447_19054088.jpg

去年、枇杷の種が食べられることを教えてもらったので、教わった通りに煮てみました。
栗の渋皮煮のように作りますが、食感も栗のようです。
粉にして杏仁豆腐のようにしても美味しいらしいので、今度試してみたいなあ。



最近息子は名言が多いのです。
「人が怒る時って二通りあるよね。
『やったことを怒る』と、『やってしまいそうで怒る』と。」
おお、確かにそうかも。
やる前に怒るのは心配して「叱る」んだよー(親の言い分)

「『若い時に勉強しておけばよかったって必ず後悔するから、勉強しておけよ』ってよく言うけど、
オレ、勉強しとけば良かったって思った時に勉強するのがいいと思うんだ。」
うーん、・・・そうかもしれないw
実はね、
息子が、この3月に必修科目の数Ⅰ試験が赤点で、単位の為にお助けレポートの提出を迫られてた時、
「数学に興味が持てなくてまったくわからないから問題がまったく解けない」と言ったのです。
今までそれでもやってきて、終にそのペラいちの提出で苦手な数学と縁が切れるのに今更〜(汗)って
つい親心で、ああ私が数学得意で息子に教えてあげられたらなあと思ってしまい…
でも、試験前に公式を丸暗記で凌いでたから成績は良かったけどまるで身についてなく、
文系行くからどうせ一生関係ないしって、理解する気もなく終わっちゃったのよね。
「二次関数」は特に苦手だった気がするなあって、ダメ元で参考書にざっと目を通してみたのです。

・・・・・・・・・
あれ?
わかりますが、なにか?
と自分にツッコミを入れてしまったw

34年ぶりに見たので、つまりまったく忘れてるところからですが、2時間でほぼ理解。
なんでこんなものを、当時の私はあんなに苦労したんだろうか?と驚いたくらい(ぷっ)

たとえばTVを設置しなきゃいけなくて、嫌々取説読んでる気分に近いw
でも、取説のようにただ「丁寧にやり方が書いてある」、それが数学の教科書なのねってわかったw
大学で応用して発展させる段階に至る前だから、高校ではその公式の大切さをくどくど練習させるだけで、
だから何?ってところで寸止めだもの、ほんとに面白くないなとつくづく思いますがw
やりたくて読んだんじゃなくて息子のためって切羽詰まったからですが、
あっさりわかりました(自慢!?)
あの時はまだ脳みその準備ができてなかっただけかも。
もっとあとで勉強したら好きになってた自信あります。
実際、文系に進んでしまった私ですが、なんで理系に行かなかったかと今になって後悔。

わかったところで、「オレ、今無理やり単位もらうより、もう一年きちんと勉強して自分で理解するわ」って
再履修に回したので、私の出番なく終わったんですけど。

って話をしたら、
「ほらね、わかる時が来たらわかるんだよ」って。
わずか16才で、すごいなその達観w
でも正しいと思う。その方がいいよ、うん。

あれですね、パンツトレーニングみたい。
無理に早く取ろうとするとすごく苦労するけど、時期が来たら一瞬。
人間って成長しても、ずっとオムツ取りの時と変わらないのですねえ。ふふ。


p.s.
息子のサワードウ11日目です。

d0180447_19055152.jpg

昨日から小麦粉と水をもらってる酵母くん。
一夜明けたらこんな状態に。
苺の甘ったるい匂いと発酵した匂いが相まって、くどくてもうやめてくれ~って感じ(苦笑)
でも、少ないですが気泡があります。

d0180447_19060390.jpg
ご飯あげて4時間ほど経った様子。
おお~、確実に育ってる感じします。
ワッフルメーカーそろそろ探してあげないといけないかな。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-10 21:26 | 息子のはなし | Comments(6)

白きくらげ と 葱抓餅

白いきくらげを買ったので、デザートを作ってみることにしました。

d0180447_22374636.jpg

綺麗だなー。
氷砂糖と枸杞の実とナツメでことこと煮ると、
トロトロの何とも言えない柔らかなジェリー食感。
カリカリのナツメチップスをトッピングしておやつに食べたら美味しかったです~♪
枸杞とナツメ一緒に炊いたら、この白さが黄身を帯びちゃったのが残念。
真っ白に作れるようちょっと研究してみよう♡

きくらげって大好きなのに、中華のスープや炒め物に少し入れるくらいでした。
母のところに週1で来てくださるヘルパーさんが、いつも煮ものを
作り置きしてくださるのだけど、きくらげが入ってるのです。
里芋、人参、お揚げ、レンコンとともにきくらげ。
これが、味が染みてて美味しくて、こんにゃくのようであれよりトゥルンとしてて。

コラーゲンだし、こんな風に自然に摂っていけるのはいいなって
きくらげを見直してます。

コラーゲンじゃなかったです!!
調べてみたので、追記つけます。
ゲル化イメージから「植物性コラーゲン」という言葉が独り歩きしているけれど、
コラーゲンは脊柱動物由来のゼラチン質なので「陸性」と「海洋性」2種類のみ。

じゃあ、植物を煮ると煮凝りになるのはどうしてかというと、
「水溶性食物繊維」でありました~。

とはいえ、白キクラゲのこのゲル化したものは、ヒアルロン酸を超える保水力だと。
で、調べていくとすごい発見がありましたよー!
「ヒアルロン酸」と「コラーゲン」それだけの特集ばかりされてますが、
「保水と弾力」効果のヒアルロン酸が、「真皮部分に網を作る」効果のコラーゲンに囲い込まれて効果が生まれるので、
一緒に摂るのが良いのだそうな☆



先日感動した「葱抓餅」の、今度は折り方違いバージョンにして、
そして大きくフライパンいっぱいに焼いてみました。

d0180447_22435042.jpg

前回は巻き巻き細長くしたものを、渦巻きにして伸ばす ✕ 3回
今回は、蛇腹折して両端2つから渦巻き作って、出会った所で上下に重ねて、
潰し広げる。
これだと、うすーく伸ばせるから3回も作業しなくてパイ生地になるのがわかりましたっ♡

d0180447_22390917.jpg

屋台のように、卵を流した上に葱抓餅を乗っけたもの。
気分は中国屋台ストリート♪
ハムなど挟んでわら半紙にくるんで食べたくなりました♡

葱抓餅、当分マイブーム続きそうですっ!


旅行記、疲れたからちょっとお休み。
なのでコメント欄開けます♪
コメント欄を閉じて記事をいっぱい書くって、目をつぶって息を閉じて全力疾走してる気分ですね。
はかどるけど、おしゃべりせずblogに遊びに行くことも出来ず、
なんで書いてるのかわからなくなってきてしまった(苦笑)
とりあえず、15年放置してた写真に手を付けられたので、残りはのんびりいきますw


読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-16 10:40 | 点心とチャイナ | Comments(10)

記憶の葱餅は、パイのようにサクサクなのです。

なのに、この前作ったのはお好み焼きのねぎ焼きとか、チヂミのような仕上がり。
でも、中華料理の本はどれも「外はカリッと中はもっちり」同じようなレシピ。
そうしたら、仕上がり感がサクサクになるらしい台湾の葱餅を見つけたので、
早速作ってみましたよー♪



この名前、「葱抓餅」というのですって。
「抓(つまむ)」って字のごとく、がんがん打ちつけてつまんで
中に空気をたくさん含ませてサクサクに仕上げるそうな。

参考にしたのはこちらのレシピ
d0180447_00280347.jpg

で、クルクル巻いてから・・・

d0180447_00283359.jpg

動画でやってるみたいにプレス。
12年前にメキシコで買ってきたタコスプレス器、中華で役立つとはw
麺棒で伸ばしてもできると思うけれど、これだと一瞬ですね♡

d0180447_00290452.jpg

こんなんなりました~♪

d0180447_00293211.jpg

ホットプレート160度~180度で。
ガンガンつまんでつまんで・・・
d0180447_00300299.jpg

できたっ!
うっまーーーーーーーー♡

青ネギと一緒に塗ったラードは、ここで作った猪の背脂♡美味しいのです♪

炒飯に使うのも美味しいのですが、点心でいい仕事してくれますっ♡

これで卵やハムを挟んで食べると美味しいのですって!
今度絶対やろううううう。
しばらくはまりそうだー。


さて。
このblog、カテゴリー増設してるうちに一貫性なくなっちゃったので、
点心とかイタリアンとか、整理できないかなあとはじめてます。
タグを20個以上で引き出しみたいに出来たらいいのに・・・これ不便ですね。

それから、
「15年前にタイムスリップする旅」へ3月後半に出発なのです。
1歳に満たない息子をおんぶして、
日本へ帰国10日ほどだったのに、スペインへ戻る途中ストップオーバーで立ち寄った国で
ドライ離乳食とバーナーとコッヘル、哺乳瓶持って旅した3ヶ月。
ネズミが夜に石鹸を盗むし、蛇口をひねるとオタマジャクシが出てくるし、
寝てると蚊帳を蛇が這うようなバンガロー暮らしw
そこで息子は四足から二足歩行はじめたという、思い出深い場所なのです。
リミット1週間って時に24個のレポートを溜め込んでたのが発覚した
おバカ息子に目眩がしましたが、なんとか殆ど単位を習得でき、やっと私の心にも春がきましたw
笑顔で旅ができそうで、ほっ。
15年ぶりの再会もできそうで、わくわく、不思議な旅になりそうです。

旅のblogの方で、15年前の旅行記を綴っておきたいので、
しばらくこちらのコメント欄は閉じようと思います。
記事書いたら旅のblogにリンクさせますねー。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-08 08:30 | 点心とチャイナ

胡麻と黒砂糖の花巻 

花巻、好きなのですが、
胡麻ペーストと黒砂糖を練り込んだ、「おやつ花巻」があると聞いてから、
食べてみたくて、ようやく昨日作ってみました♪

d0180447_00230295.jpg

前回の反省で、サワードウの「なちゃ」ではなく蒸し物はイーストを使いました。
久しぶりに使ったら30分で二倍にふくれて、その速さにびっくりでしたー!
今度は白神天然酵母でもやってみようかなw

d0180447_10281824.jpg

ゴマペーストをぬりぬりした上から、黒糖を全体にふりかけて~。
ここからが花巻の楽しいところ♡

d0180447_10260814.jpg

折りパイみたい♡

d0180447_00253841.jpg

できあがり~。
素朴で優しい味で、冬のおやつにぴったりでした。
ゴマペーストもいいけれど、次回は濃厚なピーナッツバターで作ってみようかな♡


昨日BSフジで、「北の国から’98時代」後編をやっていたのです。
北海道から帰ってきた息子がそっくりだから「じゅん君」ってあだ名で呼ばれてた
と聞いて、子供の頃はそんなに似てないけどなと改めて見てみたら、
なんか7割同じパーツなシンクロ率で、さらに雰囲気が激似なのです。
優しいと言えば優しい、純粋と言えば純粋、しかし煮えきらなーい押しの弱そーな・・・
他人ごとに思えずドラマに見入ってしまいましたw
子供時代しか見ていないので、蛍ちゃんが不倫して妊娠してて新鮮にショック。
じゅん君がごみ収拾業だったのも、似てる分息子に見えてしまった・・・。
なんと現実を突きつけるドラマなんでしょ、これって(滝涙)
草太兄ちゃんの「蛍はもう大丈夫だ。心配なのは純だ。純が心配だ。あいつが心配だ」って言葉が、今思ってることだけに号泣してしまいw
共感ポイント、そこ!?とパパに言われたけど。

しかし倉本聰の脚本とか、このドラマの訴える力の強さというか、
蛍ちゃんの結婚式で子供時代から走馬灯のごとく今までのワンシーンが駆け抜け、
純がバカやったり情けなくて、どうしようもない中でも、少しずつ成長していってるのに唸る。
今回も本当になよなよしてるけど、それなりに選択し傷つき学び育っていく姿見てると、
学歴がないと「苦労する」とか心配してる私が「余計なお世話」してるんじゃないかとぐるぐる。
頭ぶつけて自分で学んでいかないと、人間的成長とかないわけで・・・
吾郎さんの寡黙さ、倉本聰からの現代の親子関係へのアンチテーゼかとか悩むー。

ここ数日こんなことばかり考えてるのは何故かと言うと、
息子の通信制のレポート締め切りあと3日しかないのです。
ねえ高校卒業したいのしたくないの?どっちでもいいけど、
そこらへん本人がキリッとしてほしー。見てる方が疲れます。







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-06 11:35 | 点心とチャイナ | Comments(0)

昨日はパパが狩猟に行く日。
鹿肉が大量に持ち込まれるかもしれないので、せっかく挽肉にして冷凍した鹿肉は使わず
様子を見ていた数週間、結局一匹の獲物もなく穏やかに過ぎました。
今年のジビエ料理研究で心残りな料理があと2つ。
一つは、猪と鹿肉を合わせて焼売を作ってみたかったのです。
そうやって解凍して作るってなると、お土産があったりするもんなのよねー
等と思ったら、案の定、鹿足一本のお土産がありました(笑)
マーフィーの法則かいw
・・・マーフィーってだれよ。と思わず調べる。
実在しててよかったです。「都市伝説のラテン語」とか書いてあるかとドキドキしちゃった。


以前も書いたけれど、ロールキャベツと共に「なにが美味しいかイメージが持てない」のが、焼売なのです。
でも横浜育ちのパパは焼売が大好き。
毎度「うーん、オレの好きな焼売は海老が入ってたかもしれない」等と感想を述べます。
「記憶の焼売」になにが入ってたか明確に覚えてないのがまどろっこしいけど。
ロールキャベツを克服したので、焼売も克服したいんだけどなー。

d0180447_08450365.jpg

今回、ウー・ウェンさんのレシピで、お肉だけ鹿と猪バラ肉&海老。
絶対自分も感涙の味かと期待したのですが、普通に美味しい・・・。
もちろんふわっとしてて、ジューシー。

「食べるとプリプリしたものが入ってたんだけど、あれは何だったのかなあ」と回想に入るパパ。
なるほど、今回のは違うってことかー。
ロールキャベツと同じポイント?
来年は鹿肉ソーセージを作ってみようと、調べていて気がついた「粗挽きソーセージ」にも通じるかも。
粗挽き肉を使えば「粗挽きソーセージ」になるわけじゃないらしいの。
美味しい焼売食べてみたいなあ。
d0180447_08445490.jpg

ついでに作ったワンタンスープ。
鶏がらスープに、ワンタンの中身は猪鹿海老&葱と芹。
こっちは満足の美味しさです♡
ワンタンは「理想」があるので、作れるのです。

お料理って、作りたい味を知ってるかどうかだなあと最近つくづく。

d0180447_08444722.jpg

今朝のカンパーニュ。
今は「どれだけいい加減に作って美味しく焼けるか」実験w
日々焼くパンは、注意すること面倒くさいことが多いと出来ないものね。

d0180447_08443961.jpg

そして、血抜きしてるところー。



運命は決まってないと思う。
多く経験した分、新しい芽が増える。
でもチャンスなり仕事なり動作思考のすべてのことは質量保存の法則と同じで、
何かが足りないと、どこかで補う力が働いて、完結される。
嘘をついて逃げた分、どこかで補う力が「損失」か「皺寄せ」の選択を迫る。
逃げ続けたら、逃げた道のりと時間だけの補う力が働く。
目の前にある問題から人生に至るまで物事には質量が決まっていて、
皺寄せで補わされるか、補填されないと関係ないと思った所にしわ寄せが来たり。
徒労感だけは大きさの違いがあって、
効率いいのは、バランス良い状態でスムーズに行動することに思う。
徒労が少ないと、多くのことをしようと意欲的になれる気がする。
年取って省エネが迫られるので、こういう部分を必死に気をつけたりするw
自分の人生は自分の裁量と責任の範囲の中にしかないわけで、
友人も親も肩代わりできるわけなく。
「自分が自分を生きる」しかないのだと思う。

などと、息子を見てると学ぶことが多い。
私のほうが残り少ない人生なのに、どんどん学んでいってしまっている。
ヤツは学ばないなあ・・・。





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-05 11:04 | 点心とチャイナ | Comments(4)

マーラーカオ 

手作りのマーラーカオをレシピ付きで頂いて、
それがとっても美味しくて、特に息子が「うっま~」って気に入ったので、
そのレシピを作ってみたかったんです。

案外持ってない材料が多くて、スキムミルク、カスタードパウダー・・・
せっせと買い集めて、吉日を待ってました。

今日のような雨の日は最高ですね。
蒸し器ホカホカ、湯気の上がった台所に立ってる幸せ。

d0180447_15312794.jpg

今日のおやつ。
烏龍茶とともに♡


12月に始まる、大学プロジェクトの入校式に、
「作品を見せるも良し、プロジェクター使うも良し、パフォーマンスも良し」で
5分間の自己紹介を考えてこいって、
出来を期待されてる宿題を要求されてて。

なにせ、「宿題」を期限通り出せた試しがないヒトだもの(汗)
時間があればあるだけ、
「まだまだあるから大丈夫~(るん♪)
あと3日あるから大丈夫~(まだまだ~♪)
明日の朝やるから大丈夫~(余裕♪)
わーん、寝坊しちゃってもう時間がないー」って結末が多い息子。
なので、ここ一ヶ月ほどのらりくらりを見ててこっちがイライラでした。

ようやくスピーチの流れを決め、
心の余裕がでたのか、久しぶりに新作クレイメーションを追加しようって、やる気。
小6でフリースクールの卒業制作に頑張った時
なかなかすごかったのに、それ以来作ってくれなかったから、嬉しい♪

ストーリ―をイメージして、カメラワークの絵コンテ描いて、
粘土で作って、コマ撮りして、
一秒何十コマの編集をして、
ネットからイメージにあう音を集めて、
音楽を選んで付けて・・・これだけのことを1人でやるんだから、大変です。
これだけのことを、1人でできる「今の時代」もすごいけど。
いや、取説読まずに手探りで編集ソフト使えちゃう息子にも驚いたけど。

息子ワールドのクレイメーション、すごく可愛いので、
子供のうちにできるだけ作って欲しいんです~。
目下、学校行ってない分意欲に満ちてて、よろしいです♪(笑)

今回はニャンコ侍が出てくるんだって。
ということで、小道具作ったって見せに来ました。
「空正宗(くうまさむね)」って名前らしい(爆)
d0180447_20582859.jpg


d0180447_20583756.jpg


バカだね~このこだわり方っ(笑)
ちなみに、パンやお菓子を留める針金入ったあれです。

楽しみです♪
[PR]
by africaj | 2015-11-08 22:24 | 点心とチャイナ | Comments(11)