d0180447_08265011.jpg

青い朴葉で包む寿司は「今の時期だけ」のお楽しみだそうな。
私も作ってみたいなあと「朴葉~朴葉~」と言っていたら、「柏の葉なら手に入るよ」ってパパが言うので、
もう、大きくて害のない葉ならなんでもいいわって持って帰ってもらいました。

柏の葉って改めてしっかり香りをかいでみると、柔らかな甘味のある香りなのですねえ。
なんとも言えないよい香り。
そうそう、柏餅ってこんな香りだったわと改めて思い出しました。

「寿司を包んで蒸す」ってプロセスだけしかわからない。
柏の葉で作った寿司、検索してもあまり出てこないし。
ま、試しにやてみましょうか。
中にどんな寿司を包もうかと買い物へ行ってみたら、ああもう鱧の時期だ♪
焼穴子もいいな。
ということでこの2種に決めました。

d0180447_08224226.jpg

柏の葉です。
イメージが固まるまで2日ほど置いておいたら固くなってしまいましたが、水に漬けたら柔らかさが戻りました。
最終的には、1分弱ほど蒸したのでさらに柔らかく包みやすくなりました。

d0180447_08222733.jpg

焼穴子はさっと炙って。
鱧は酒塩をふりかけて、白焼きにしました。

d0180447_08221300.jpg

甘いタレをかける穴子には、山椒の実の醤油漬け入りの酢飯に。
白焼きあっさりの鱧には、新生姜の甘酢漬けと花山椒の塩漬けの千切り入り酢飯にしようかな♪

d0180447_08231824.jpg

穴子には錦糸卵を添えることにしましょうか♡

d0180447_08225321.jpg

鱧は清楚なままで巻き巻き。

さて、晩ごはんはこんな感じになりました。
せっかくの柏葉なので、色々試してみたくて「柏葉尽くし」♪

d0180447_08233933.jpg

天然ものの鯛、表面に十字を入れて塩を効かせた酒塩を全体にたっぷり染ませて、青ネギと共に包んで
10分ほど強火で蒸しました。
そのまま食べると柏の香りに包まれて、なんとも風流です。
柑橘類を絞るとまた旨し。

お汁は、焼いた鱧の頭と骨と昆布で取った出しに、余った錦糸卵と三つ葉を入れたお汁にしました。
鱧にする時のお楽しみはお出汁ですから♪
これだけでいいと思うけど、いやいや、ここからがメインさ☆

d0180447_08234846.jpg

じゃじゃ~ん!!!
おおお~って歓声あがりますw
ビジュアルもですが柏の香りに包まれるから♡くんくん♪

d0180447_08240677.jpg

どう見ても柏餅だけど、違いますからねw
葉っぱを開けてみると・・・

d0180447_08242590.jpg

穴子~♡
甘いタレをさらにかけて食べると、うま~~~い!!!(幸)

d0180447_08243660.jpg

鱧~♡
酒塩でしっかり味付いてるのでそのままで。
柏葉の香り、たまりません!

あ、でも記事書いてて思いました。
山葵を添えて食べてもよかったな。
できれば本物をすりおろして・・・
次回はそうしよう。



あ、息子のサワードウ報告、今日はもう時間がないので
夕方追加します~。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-13 09:02 | 食べることの冒険 | Comments(2)