去年から始まった炭焼きプロジェクト、
ある大学が日本の義務教育システムに馴染めない子達を集めて始めたプロジェクトの一つでして。
教育に選択肢のない日本で、たぶんこれは新しい試みの教育実験のようです。

小学校時代は体験主義のフリースクールから公立の中学にシフトした息子ですが、
中2ですっかり覇気なく幽霊のように通学してるのを見て、カウンセリングに連れて行ったら、
ずーっと飲み込んできた言葉を全部吐き出してちょっと元気になり、
自分のための勉強じゃなく、評価される為テストの為に勉強をする日々が無駄にしか思えなくて、我慢ならないこと、
フリースクールのような高校や大学はないだろうかという、彼の思いを聞いて、
まあとりあえず義務教育は、子供が学校行く義務じゃなく、親の方に子供に教育受けさせる義務だから
ゆっくり休めばいいさってことで、中3から不登校を始めた彼。
このプロジェクトならフリースクールの延長線上の勉強ができそうだってことで、
応募して運良く参加できることになりました。

この2年間も色々なことがあったわけですが。それは端折るとして。


この炭焼きプロジェクトだけをダイジェストにしてみると・・・、

「野生の馬を飼いならして拾い集めた枝を、自分たちが修復した壊れた炭窯で、炭を作り、
それで肉を焼く」
という、最初は夢いっぱいの触れ込みに皆が妄想を膨らませたものでしたw

野生の馬?日本にいるの?ってそのインパクトの方が強かった。
しかし本当に大変なのは馬より炭窯の修復の方だったということを、この一年で知りました。


最初の作業は馬を手なづけて飼いならすことと、炭を作る研究。
今思うと、一番お気楽で旅行気分な旅だったんだなあw



壊れた炭窯の痛み具合の調査、不要物の廃棄、職人さん立会いの元にどう修復するか見当を付けに。
大学側の思いとは裏腹に、お子ちゃま達のとほほな行動。
帰宅した息子の話を聞いて、私なら激怒してちゃぶ台ひっくり返すレベルだなと
冷静に対処する「教授」のすごさに感心したのですが・・・
後日、飛行機代の一部はお小遣い天引きのペナルティーでって言い渡されてましたw
10ヶ月お小遣いを止められて、今ようやくもらえるようになったわけですが、
この10ヶ月で責任感や危機感の芽生えは目を見張るものがあるので、
ペナルティは、たぶんボディブローのように効いたんでしょう(苦笑)

現地では、去年の夏、北海道にすごい台風が来て浸水し、
釜のある一帯が地形まで変わってしまったので、作業していた炭窯はやり直しどころか、
マイナスからのスタート。
かなり過酷な状況からとなるけれど、参加者は?と聞かれて手を挙げたのが息子だけだったので、
息子と大学のスタッフだけで作業を続けることになりました。


ー20度の世界で24日間、炭焼き職人さんについて、備長炭を焼く修行。
炭を焼く技術、炭を焼くための釜の構造を学ぶ旅でした。


そして、今回7月の4泊5日は、
修復する炭窯の天井を壊し、不要物の廃棄をしに行っていました。

今回は息子以外に参加する子が5人増えてました。
初参加で、去年の息子たちのように寝坊し続けて使いモノにならなかった子もいたとかw
そんなことを聞くと、去年の息子たちの話で頭を抱えたのが懐かしいほど、
今年の息子はしっかりしているのです(家では相変わらずクラゲのようなのに)。
どんなダメそうな子も成長するもんだなあと、感慨深いものがあります。


さて、今日一番書きたかったことを。

このプロジェクト、どうなっていくんだろうと思っていたら、
「これから修復にかかる当座の費用100万円を、まずみんなで稼ぐことになったんだ。
先生も含め10人として、頭割りすると一人10万円。
オレは映画館でのアルバイトのお金を当てようと思ってるんだ。」って!

でも、釜を作るのに必要な粘土はすごく高いらしくって、
今その費用を大学側で割り出してくれてるんだけど、今後もっとかかるお金を
「一人ひとりで働いて持ち寄るより、昆布漁の短期アルバイトや農作物の収穫アルバイトって
泊まり込みで季節労働がいっぱいあるから、10人でまとまって働いていっきにお金を作ることを
今考えているところなんだ」って!!


大学がプロジェクトに募集していた子どもたちは、「不登校であることが望ましい」なんて
不思議な基準で、ちょっと面白くて笑っちゃったのですが、
その後教授が言うことに「不登校の子たちじゃないと学校が忙しすぎて参加できないからね」って。
確かに、ひとたび学校に通い始めると、卒業するまで休みなしですもんね。
長期のこんなことの入り込む隙間はないわけで。

最初は、誰かの考えた企画にお金出してもらって参加する感じで、
ま、こんなものなのかなあと思ったし、
実際、
炭焼きプロジェクト以外にあった「東京を起点に日本の南端と北端に鈍行で行く旅」プロジェクトは、
親が心配するからとか、お金が下りないからとかの理由で、
一見風来坊に見えて「事前に移動時間と宿泊も決めてのガチガチでお金のかかる旅」で、
寝袋持って野宿しながら旅するつもりでいた息子が、憤慨して参加を止めて抗議したこともありました。
(そして勢い余って、一人で青春十八切符持って夏の旅に行ってしまったヤツ)

今子どもたちは、どうやって炭窯の修復費用を稼ぐかで話が盛り上がり、
自分たちで事業を起こしたらだどうだ、得意技を持ち寄って店を開こうかと
知恵を出し合っていて、とても楽しそう。
今年17才になる息子、
焼肉が食べられるまでにあと数年こんなことやってるんでしょうねえw

すごい展開になってきました。
面白いです。
そしてこの教育実験が結果を残したら、日本の教育体制も偏差値偏重主義から抜け出せるかもしれないな。


d0180447_21385899.jpg

しかし、口唇ヘルペスになって戻ってきました。
栄養不足、過労、ストレスなどから来るウィルス性の水疱。
我が家はガスパチョを作ると一気に2L。
のどが渇いた小腹がすいたらガスパチョって、冷蔵庫に冷やしてます。
たんと飲んで回復すんだぞー。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-19 12:41 | 息子のはなし | Comments(6)

たった4本植えたトウモロコシに雄穂と雌穂が付きました♡

d0180447_17212823.jpg

アワノメイガが来る前に人工授粉して、雄穂は切ることにしてます。
受粉から3週間で収穫なので、7月最後の週ですかねえ。

畑じゃない、庭でもちゃんとここまで育つ事がわかって嬉しいけれど、
毎年作ってるので、この子達が痩せてるのがよくわかります。
根本に分けつがないのは致命的でありました。
雌花が出る頃に水やりを増やし、以後は1週間毎に追肥していくのが一般的。
追肥は液肥にしてどこまで太るか今年は様子見です。

なによりマンション育ては、6月末に植木屋さんの刈り込み作業が入るまで日照時間が足りない庭
なので、次回はもう少し植えるタイミングを遅らせるべきだな。


3ヶ月で育つトウモロコシ、5月頭から発芽させて育苗したので、
来年は5月中旬に発芽させて8月中旬に食べる感じに。メモメモ。

d0180447_17213548.jpg

アイコが赤くなってきました。
でもまだ甘みが足りなくて美味しくない。そこらで売ってる普通のトマトと変わりないの。
カーっと夏の太陽を浴びる8月から「育ててよかった」と思う味に変わってくるのです。
庭育てもそうでありますように。

d0180447_17214460.jpg

ようやくぼちぼち夏野菜採れ始めました♪
きゅうりももうすぐ。オクラの花も咲いてました。
これからが楽しみな季節♡


昨日北海道に旅立った息子。
朝、すごく早く起きてソファーでまどろんでいたのでびっくり。
「あれ?珍しくちゃんと起きたんだね」って聞いたら、
「うん。心配ですごく早く目が覚めちゃって。でも早すぎたからここでもう少し寝てた」

いやあ~
あの、息子の口から「心配で・・・」なんて言葉が飛び出すとは。
ついに☆息子の辞書に「心配する」って言葉が載ったのか!?
これはサピエンス有史以来初めての大事件だわw
りんごを食べてアダムとイブが羞恥心を持った事件に匹敵するエポックメイキングな出来事じゃ!

自分で困らない限り、その次の発想はないので、
ぐっと我慢して困るのを待っていた日々ですが、ヤツは困らなかったのです。
中学の時に体育館履きが小さく履けなくなったのに、帰宅して親に買ってというのを忘れてしまうこと一年、
その間全体集合では裸足、体育の時間は隣クラスで借りて凌いでた強者。
卒業式の直前に先生から「お母さん体育館履きを買ってあげてください」って電話が来て知った次第(苦笑)

20分くらいで行ける所で待ち合わせしてたのに来ない!
電話もだいたい充電されてなくて連絡取りようなく、待って待って3時間くらいして
「途中でわかんなくなったけど、ま、いつか着くかと思って」って全く動じてないとか。

一人旅で、私などは次の宿が決まってないと心配だから朝移動して宿決めてから観光する方なのに、
彼は昼まで寝てて、午後から移動するから到着夜9時、インフォメーション閉まってるから自分で探すって、
そこから安宿探しで何軒か当たるのですよ。でも、行動を改める気もなくそんなんやり続けてたし。

お金忘れても、朝昼食べてなくても、困ったから次はそうならないようにしよう
なんて発想の転換をすることもなくきた彼の人生。

人前での発表もあがらないし、
ここぞの時は勝ってくるのはすごいけど、これも本人「頑張ろう」と思ってるわけじゃなく、
過集中で没頭して勝つ人。頭で考えないほどうまくいくタイプ。

なので・・・、
びっくりですよ!

しかも、
「オレの場合なにが起こるかわからないから(注意力に欠陥がある上に、運が悪いから
いつも信じられない事故にあったりする)飛行機に乗り遅れないように、
家から飛行場までかかる時間より一時間前には着くことにする」って。
出発時間を一生懸命考えて早め早めに決めるなんて初めてだわ。エラい!
ま、
自分の計画に安心しきって、結局出発は予定の時間を30分もオーバーしてたけどw

やっぱり心配する心がないと、知恵を捻り出そうって努力もしないものだから、
ついについに、ヤツも進化したのかもしれない
と、パパと二人で喜びあったのでした。
これでちょっとは、社会でも普通に頑張れるかなあ。



[PR]
by africaj | 2017-07-10 18:46 | 息子のはなし | Comments(2)

炭焼き、頑張ってます。

息子のお話も昨日急展開。
いや、無展開って表現が正しいのかな??

「スケジュールより遅れてて、明日からやっと火入れ作業に入るんだけど・・・」
あれ?キミって明後日北海道を去る日では・・・

昨年の北海道の水害で、本当なら毎年苦労しない炭になる木材がなく、遠方から取り寄せての作業。
到着がバラついたせいで準備に時間がかかったと。
「ここに炭の焼き方を習いに来たから、これで離れたらここに来た意味ないでしょう?
だから、延長して最後まで見届けたいって申請を出したから」って電話があったのです。

そういう決断をして自分で頼み込んだってことが、とにかく嬉しくて
もしも、時間切れだったよって文句言いながら帰ってきたり、
文句もなくやっと家に帰れるって喜んで戻ってきたとか言われたら、
私達どうしてたかねって、まだまだ手を離せないかあってガックリしただろうねって
パパと、そうではなかったことを喜び合いました。

ただ、通信制の学年末試験があと一回分残ってて、
もともと2月頭だったのを、帰りに合わせて中旬にしてもらったばかり。
働きながら勉強してる子、海外で活躍してるスポーツ選手とか色んな子がいるので、
都合のつかない子達のための特別日程が設けられてるそうで。

火入れしてから備長炭を焼き上げるのに2週間くらいかかるって言ってなかったっけ(汗)
滞在は今後炭の焼け加減で、長いと3月にかかるらしいの。
「オレ、もう高2になんなくていいかって・・・」
いやいやいや、一応最後までジタバタしないとダメよ!って言いつつ、
すでに私も、もういいかって気にw
なんかね、時代の流れは「学歴」から「人間力」に確実に移ってるのを感じるので。
優先順位からすると、炭焼きと周囲に期待されてる立場を全うする経験が大事。

でもね、「二兎追うもの一兎も得ず」って言うけれど、ギリギリまで二兎追う主義なんで(母が)w
電話かけて交渉してみました(黄色い受話器、こういう話をする時集中できて特に素晴らしかった!)
でね、驚くべきことに
案外簡単に「では、彼が帰ってくる日にちがわかったら、試験日程を決めて
1人で受けてもらうことにしましょう」って!!!

私、まだ、学校って「融通が効かない所」で、「試験は生徒をふるい落とすためのもの」で、
「できない人間は落第するしかないシステム」って思い込んでました。
通信制に転校する時に、「こちらは、子ども達をふるいにかける為の学校ではなく、
子ども達が出来るだけ『勉強』でき『卒業』させてあげるためにあります」って
言っていたのを思い出しました。
これはプライベートに対応した未来のシステムだわ(感謝)


息子の境遇については、長い話しすぎるのでカテゴリでどうぞ。
とりあえず北海道に行っている目的はこちらに。

[PR]
by africaj | 2017-02-09 12:18 | 息子のはなし | Comments(0)