また、椿の葉でわらびのアク抜きをしました。

d0180447_08053494.jpg

お茶の葉がツバキ科ツバキ属とは知りませんでした。
どうりで。
熱湯をかけてからお鍋の中がとても癒やされる香りがするなと、くんくんしてしまって。
朝、茶色くなった水を舐めてみるとやっぱり苦渋~い。
わらびを食べてみると、やっぱりちゃんとアクが抜けてる。
色はくすんでいるのだけれど、家で食べるから良いのです。
それよりもこのお茶のような香りがなんとも幸せで、手軽だしすっかりハマってしまったようです♪

山菜のサークルには達人たちが多くて、日々色々なことに目覚めさせてくれてます。

最近の話題は、ハルジオンが美味しいということ。
思わず調べてしまいました。
ハルジオンとヒメジオンって一括りに「貧乏草」で流してましたが。
ハルジオンは「春紫苑」、ヒメは「姫女苑」ヒメジョオンだったのですねえ。
そして、ハルジオンが美味しいけど、ヒメジョオンは美味しくないんだそうなw
うう~試してみたいーっ。

それからヒメツルソバの花も食べられると聞いて、これまた仰天。

春は草を料理するのが楽しすぎますね♪

d0180447_08054849.jpg

NHKの情報番組で「長芋」の特集をしていて、これも試してみたいことばかりだったので、
昨晩はさっそく長芋尽くしの晩御飯にw
色々作って見た中で、みんなが気に入ったのがこれ。
山芋を拍子木切りして、片栗粉をまぶして海苔巻きにして180度で揚げる。
それと、拍子木にする時にでた皮を含む半端ものを、片栗粉まぶして揚げる。
揚げたてを各自塩振って食べましたが、これがちびちび飲むのに最高っ♪
いやいや、これはいいものを教えてもらいました。

d0180447_08055761.jpg

〆は名残のこごみでグラタン。
山菜サークルではキッシュを教えてもらったのですが、流れが和食できてるのでグラタンに。
朝の長芋特集で料理長さんがおすすめと言ってた「長芋ともめん豆腐のホワイトソース」を使ってみました。

d0180447_08060748.jpg
山菜の存在感って、まったり系にアクセントになっていいなあ。

長芋は言われないとわからない、すっごく豆腐の味がする和風なホワイトソースでした。
「高級な旅館で出そうな料理だな~」ってパパの感想が妙にハマってて、みんなで大きく頷きました(爆)
あれです、ホタテの貝殻でちょっと焼いてある感じw
カロリー半分らしいし、バターや小麦粉使ってない。
そういうことは全く関係ない息子は素直な感想をつぶやく。
次回は本当のホワイトソースのグラタンがいいな・・・。

・・・だよねーw





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-10 08:53 | 食べることの冒険 | Comments(2)

d0180447_23373784.jpg


SNSの野草サークルで今話題なのが、「椿の葉っぱで筍やわらびのアク抜きができるらしい」。

d0180447_23260900.jpg

昨日採ってきたわらびとイタドリ&山椿の葉っぱ。
灰を使い切ってしまって、わらびのアク抜きにまた仏壇屋へ灰を買いにいかねばならなかったので、
ちょうどいいから椿の葉で試してみることにしました。

d0180447_23262008.jpg

なぜ椿の葉でアクが抜けるのか、検索したけれどはっきりわからない。
葉っぱの煮汁がアルカリ性になるから・・・と、一つだけ検索に引っかかってはきましたが、はてさて。
しかも、椿の葉っぱの分量もはっきりしない。
鍋に3枚くらいとか、びっちり二重に覆い被せられるほどとか。
山椿の葉は小さめなので、私は40枚入れました。
そして、わらびを鍋に入れ、熱湯をかけてわらび全体がかぶるようにして、浮いてこないように落とし蓋しました。
これで、一晩置くと水が茶色くなっているので、朝に水を替えてさらします。

d0180447_23271924.jpg

それがこれ。
うーん、重曹や灰汁でするのと違い、緑が茶色に変化してしまいました。ゼンマイのようw
色的には失敗かもしれない。
ただ、重曹でアク抜きしたものより断然にシャキシャキした歯ざわりと美味しさにびっくり。
味付けしてないのについ食べちゃうほどです♡
それと香りがいい。
もう一度色々と調べてみたところ、私的な評価としては、
わらびのアク抜きでオススメなのは、灰汁(色良し味よし)>椿の葉(味よし色悪し)>重曹(色良し味悪し)に思いました。
色を気にしなければ椿の葉もなかなか手軽。食べ方次第ですね。

d0180447_23294680.jpg

イタドリも初めて食べます。
「痛みを取る」から、イタドリと言う名前なのだって。
葉っぱに止血作用があって、傷口に付けると良いそうな。

そのままだととても酸っぱいものですが、その元になる「シュウ酸」は水溶性で溶け出すので、
水に長く漬けると酸味が取れるそうです。

ということで、
新芽はさっと塩ゆでして、冷水にとり、出汁醤油に一晩漬けておくと「じゅんさい」のようにぬめりが出て、
イタドリから酸味も溶け出して、気の利いた酢の物になる・・・とのことだから、やってみましたが。
「じゅんさい」みたいな粘りは出ず。。。
うーん。まあ美味しかったけれど、イタドリ味は出汁醤油で消されてしまった感じかな。

d0180447_23262804.jpg

イタドリの茎は、ピーラーか包丁で皮をむき一口大にしたら塩を振って、30分置く。
☆これが塩味しっかりついてて、このままでなかなか美味です。
水がたくさん出る。それを80度の湯で30秒ほど湯がき、冷水に取る。
あとは、炒めても煮ても。
冷凍保存できるし、乾燥させて保存もできるとか。

d0180447_23263686.jpg

もうこうなっては、日頃気になってたことも全部試して「山菜の晩餐」にしようと、カラスノエンドウの豆も採ってきました♪
鞘はしっかり筋を取る必要があるらしい。

d0180447_23270819.jpg

イタドリが豚肉と合いそうだなあと思い、生姜とニンニク&ごま油で炒めてみました♪
これは美味しいですっ♡
イタドリのシャキシャキした歯ごたえはなかなか♪
ただ、カラスノエンドウの固いこと固いこと!!
歯でしごいてチビチビの豆だけ食べるなら、それなりに楽しくバカバカしくてよろしいけれど。

そう思ってもう一度調べたらば、「カラスノエンドウ」に激似で小さい「スズメノエンドウ」、
その中間くらいの大きさの「カスマグサ」があり、カスマグサの鞘は固くて味も少し落ちるんだとか。
カラスノエンドウの鞘は柔らかいそうなので、これはカスマグサだったのかも。
いずれにしろ見分けるのが面倒ということがわかったので、たぶんもう食べないかなw

こうして食べてると、何故「野菜」は食材として育てられて売られるようになったのか、頷きます。
何度も食べようと思えるほど美味しくて調理しやすいからなんですねえええ。納得。

d0180447_23264371.jpg

「クレソンは花が一番美味しい」というのも、SNSの野草サークル出来いたお話。
えー、知らなかった。そんなに美味しいの?って摘んできましたw
そして食べてみたらば・・・か、か、辛い~(汗)
葉っぱ以上の辛さに冷汗。サラダじゃ食べられないか。

d0180447_23265375.jpg

で、天ぷらにしたのですが、
揚げるともう「クレソンじゃなくてもいいんでは?」という、山菜天ぷらになってしまいましたー(しくしく)
いや、美味しいことは美味しいんですが、クレソンの辛味も抜けて、紫蘇やシダ類の天ぷらと区別できないのが残念。
クレソンの辛味は熱に弱いんじゃないかしら。
物足りなくなってしまったクレソンの天ぷらに、生のクレソンを乗せて食べるなんて変な食べ方しましたw

半生で食べれたら一番なのかな。
つまり、しゃぶしゃぶのほうれん草的に自分で調節しながら湯に浸けて食べるなら。

でもやっぱりクレソンと言えばステーキやローストビーフ。
もしくは、脂の乗ったお刺身にわさびの代わりに薬味として乗せるのが美味しいかも。。。


やっぱり、わらびって山菜の中で特に美味しいんだなー♪
とか、色々勉強になって楽しい夜でしたw





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-03 23:00 | 食べることの冒険 | Comments(6)

庭の苗の植え替えを頑張って終わらせた!
後半はソーセージ作りでお出かけしてる暇なし。
今日1日くらいゴールデンウイークらしく過ごそうよ〜ってパパを誘って
行ってきました、カヤック乗りに♩

d0180447_22124225.jpg

我が家のお気に入り湖、レイク・サウザンジョージにて♡
スペイン語だと、ラーゴ・ミルホルヘ。
まあ「千丈寺湖」って名前もありますけどねw

d0180447_22154383.jpg

カヤックって水に近いのでアメンボになった気分。
お手軽に日常から抜け出して別世界。
木々のトンネルくぐって、緑のシャワーいっぱい浴びてきました。

朝、ポットに入れてきたホットコーヒー飲みながら、流れに任せて静かに進むと、
湖の生き物たちが油断して顔出すので面白いですっ♪
エンジン付いてるとこうはいかない。

d0180447_22154938.jpg

藤が滝のようでありました♡

d0180447_22155624.jpg

風がない絶好のカヤックデー。
2人で漕ぐと案外スピード出て、これまた楽し。
川下りとかハードそうでまだ未体験。
いつか四万十川を合言葉にしつつ、今日もサウザンジョージにてだらだら乗りましたw
座って漕ぐのは楽ちんです。

夫婦とも、たぶん足を使うスポーツが苦手みたい。
マラソンとか論外。自転車も平地以外イヤだし。
二人でやってきたの、パラグライダー、ヨット、カヤックみんな腕だけ使うスポーツだと気付きました(ぷっ)
座ってコントロールするだけで動いてってくれるって、やっぱりラク♡
パラグライダーは息子が生まれてやめたのです。自分だけの命じゃないって思うようになったというか。
二人で飛ぶのが楽しかったのですが、1人が息子の相手をして、1人が飛ぶのも寂しくて。
ちっちゃな息子も入れて家族でできるスポーツがいいなあってスペインで気軽だったヨットは、
日本ではお金かかりすぎるから止め。
息子が巣立つとまた2人なので、2人乗りカヤックずーっと死ぬまで楽しめていいなあって今一番のお気に入りです。

d0180447_22160778.jpg

3時間も湖の上にいました~。

折りたたみなので、ちっちゃな軽にも余裕で入る。

d0180447_22161334.jpg

お弁当は、黒キャベツと胡桃&チーズの薄焼きフォカッチャ。
コーヒーとみかん♪
草に腰おろして食べて、最高でした♡

d0180447_22162186.jpg
やや、見回すとわらびいっぱい生えてるーーーーーっ!(興奮)

d0180447_22162770.jpg

えへへ、こんなに摘めましたー♪
イタドリも詰んできて、明日の晩御飯に~。


レイク・サウザンジョージ。
もしくは千丈寺湖(兵庫県三田市)

d0180447_23392422.png

色々湖を遠出もしてきたけれど、ここは無料駐車場&船着き場とスロープありで快適なのです。
そして入江や橋や公園なんて冒険心そそるお楽しみが程よい距離で散りばめられてるのも好き♪
なにより、水の上に浮かぶとびっくりするほど静かなのです。
カヤックやるならオススメ♪ジョージはいいよw





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-02 23:27 | おでかけ | Comments(0)