昨日は「人生フルーツ」を観てきました。
タイへ行く前に見たいと思いつつ、帰国する頃はもう終わってるだろうと諦めてたら
異例のロングラン。

d0180447_09545717.jpg

本を方々の友人から薦められ気になってはいたのですが、手にとるに至らず。
チラシの素敵なお顔にぐんと興味が誘われました。

息子が独り立ちした後、二人でほぼ自給自足で暮らしたいと思っている私達へ水先案内をしてくれるような映画。

数十年で食料や資源問題が深刻化すると言われてるし、うるさい蝉対策に都会では大きな木を切り倒すという世の中で、
不安を感じる1人、2人の力で自分の子供たち世代になにを残せるのかという思いにも、その先に明かりを灯していました。

英子さん87才修一さん90才、
ドキュメンタリーの内容も良いのですが、そのお顔あまりに魅力的で見とれていたら映画が終わった感じw
修一さんは幸せそうにお昼寝をしたお顔のまま、永遠の眠りについていました。

私は自分の世界に生きていた子供時代だったので、周囲を見回したのはかなり遅く、
高1で初めて、男子は「可愛い数人」とその他という風に女子を見ることに気が付き、
どうも自分は数人の中に含まれないらしいこと、これはかなり不公平を被ることに、もちろんちょびっと落ち込んだわけですがw
どうにもならないって劣等感に苛まれること自体にうんざりして、考えた末はたと、人生なら自分で作れるぞと気がついて。
シワシワになって人生が顔にでる頃、最高に可愛い「いい顔」のおばあちゃんになろう決めたんです。
そうだ、だから私は人生を作ってきて、「今ここ」なんでした♪

映画は、挫折から方向を転換してその道にたどり着いた、重みのある優しさがありました。
夫婦は最小単位のグループで、声をかければ答える仲間がいて、1人でするより楽しい事ができるし、
世界を作り出せるんだよって見せてくれます。
その世界で自分たちの思ったことをどんどん形にしていく幸せ。
自然に寄り添って生きる優しい暮らし。
この映画を見て、種をまいたり、木を植えたり、雑木林を作る人が増えてきたら優しい社会になるかな。
パパを連れてまた見に行くつもりです。





私も種をまく準備をはじめましたよー。

d0180447_10375873.jpg

10月に収穫のピーナッツです。
地面に浅く広がるので、苗のそばに寄せ植えのようにすると夏の土の乾燥を防げて良いのです。
真ん中はバジル。
水に浸すとゼリー状のもので覆われて、「生きてるよ」って目で見せてくれます♡
右端はイタリアの「牛の心臓」というトマト。
今年初めて育てるので、実がなるまでドキドキです。

d0180447_10393423.jpg

苺たち、次々花を咲かせてますよー♪

d0180447_10382764.jpg

黒キャベツは塔が立って花が咲きそう。

d0180447_10390061.jpg

「四川きゅうり」の苗とアスパラを植えました。
普通のきゅうりと違って、塩もみにするととても美味しい水気の少ないきゅうりです。
アスパラは来年が楽しみだな。
つばたさんの映画みたいに、黄色い立て札に植物のメッセージ書いてみようかな。
「アスパラ 来年乞うご期待」ってw


旅行記を書く時間と菜園と、そして絵を描く「ヒマな時間」を作ることにしたので、
毎日更新から、できるだけ更新に切り替えようと思いますー。


読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-04-22 00:21 | 本と映画と美術展と演劇と | Comments(5)

昨日はずっと庭仕事して、土だなんだと足りないものを買いに車を走らせ、
天気が崩れるまでにやっちゃわなきゃって、
15時すぎには家に戻って残りの作業を・・・と秒読みで動いていたので、
夕ご飯の買い物などしている暇もありませんでした。

こういう日のために必ず買い置き冷凍しているのが鶏肉。
その日予定がなければ、すぐに一枚ずつジップロックに入れて日付書いて冷凍しときます。
鶏肉は、解凍したあと使う時に水や卵の白身を揉み込んでから使うと
冷凍後出てしまった肉汁を補えて、ジューシーに戻せるので重宝してます。

ネギ、人参、たまねぎ、じゃがいもの他には、
ゴボウも切らさずいつもある野菜。
冬は大根も切らさないかなあ。

切らさない乾物ナンバーワンが高野豆腐。
「高野豆腐だーやったー♡」って男衆に愛されてるので、
一品足りないとき八割くらい登場しますw

お揚げさんも絶対切らさないものの一つ。


なにも買ってないぞって時に登場するのが「鶏ごぼう釜飯」。
あり合わせ食材なのに、ちょっと華やかでみんなだ~い好き♡
いろんな鶏ごぼうご飯があると思うけれど、
うちのは具をちょっと甘めお醤油味に炒めてから、あっさりお出汁ご飯の上に炊き込む、中華ちまき味。
これが美味しいのですよね~♡
今回は時短の濃縮だしレシピです。

d0180447_23134964.jpg

(土鍋に仕込むもの)
お米  3合
水   3合の水加減から大さじ6杯を捨てる 
濃縮だし(白だし) 大2   酒 大2   薄口醤油 大2

(フライパンで炒める具)
鶏もも肉   1枚
ごぼう    太い方1/2本分
(えのき 1/4 袋 もしくは 刻んだ薄揚げ 1/3枚)
薄口醤油 大2   きび砂糖 小2  ごま油 

1)土鍋に洗った米に出汁&酒と醤油を入れておく。
2)鶏肉は小さめみじん切りに、ゴボウはピーラーでささがきに、えのきは荒くみじん切り。
3)(ガスコンロ2口で同時に作っていく)土鍋を火にかける。
もう一方でフライパンを熱してごま油を入れ、鶏肉を焼き付けたらゴボウとえのきを入れて炒める。
4)ごま油が全体に回ったら、調味料を入れて汁気がほぼ無くなるまで炒めて味を染ませる。
5)土鍋が沸騰してきたら、炒めた鶏ごぼうを上に乗せ広げて蓋をする。
6)弱火にして9分→強火で1分(おこげを作るため)して火を止め、10分蒸らす。

食べる時に絶対に山椒をふって下さいな☆
美味しすぎて、昨晩は私は山盛り2膳食べてしまいました~w


付け合わせた、お大根とお揚げとたけのこの炊合せも美味しかった☆
でも、昨晩で一番のご馳走はこのひじき♪

d0180447_23141916.jpg

見た目じみ~ですが、ブリ大根で残ったお汁で炊いてるので、
ブリ入ってないのに旨味たっぷりの贅沢ひじきなのだ~☆



さて、お庭は今こんな感じ。

d0180447_11094026.jpg

とうもろこし植えるか、ナス2苗と落花生でいっぱいいっぱいかなあ。
苗が大きくなりすぎると庭奥まで行けなくなっちゃうから、びっちり植えられないのです。
大根なら7~9本くらいはいけるかなあ。。。

d0180447_11100868.jpg

今年は「四葉きゅうり」を育てたいのです。
ここはきゅうりの苗のスペース。
手すりに絡ませられる気がします。

d0180447_11103959.jpg

やたら大きくて無骨な手すりが狭い範囲でダブルにあるの。
この手すりにネットを渡してキュウリを育てたら面白いかなと想像してわくわくしてますっ♪

住み始めた当初はこのアルミの手すりが大嫌いで、取り替えたかったのに
マンションの規約違反になっちゃうとかで。
じゃあ隠そうか色塗ろうか色々考えたけれど、全部「しょうがないからやってる」感じのアイデア。
地面の部分は狭すぎて歩くのがやっと狭いわりに水やり作業がめちゃくちゃ大変だし。
そうやって頑張って育っててもダブルの手すりのむこうじゃ植木が見えないわけで(涙)
一から好きに作れる「家」と違って、規約に縛られてるマンションなので
不満だらけで手をかける気になれなかったテラスでした。

長いこと諦めてましたが、今年はちょっとだけ意欲的なのです。
居心地いい素敵なお庭は作れなくても、お野菜なら育てられるお庭にできるかもってw
アイデアでどこまで菜園化できるでしょうか。眺めて楽しいテラスにできたら嬉しいなああ。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-02 11:31 | うちごはん | Comments(11)

芽キャベツのグラタン

もう3月、もうすぐ春。
一瞬で過ぎ去ってしまう芽キャベツの時期は「今」だけなので、
芽キャベツのグラタンを作りました。

d0180447_11101937.jpg

塩をした鶏肉は皮をパリッと焼き付けて、
芽キャベツは半割りした所に粉をはたいて、焦げ目がつくようバター焼きして。
ヒタヒタの水でじっくり煮ます。

d0180447_11103152.jpg

大ぶりなマカロニ茹でて、マッシュルームは生のまま。
芽キャベツと鶏肉と共に中身を器に入れたら、
鍋に残ったスープとホワイトソースを混ぜて、上からたっぷりかけます。
チーズとパン粉をかけて、230度でフツフツしたらできあがり。

d0180447_11103690.jpg

はふはふ。美味しすぎるよ~(涙)
ほろ苦い芽キャベツは優しい白いソースと合わせるのが特に好きなのです☆



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-01 11:45 | 西洋ごはん | Comments(8)

庭の菜園プロジェクト1


春もう直前なので、重い腰を上げました。
種をまいたり苗を植えたりする時期の前には土を作らなきゃ。

畑で野菜を作る方が簡単と思ったのは、「良い土」がもうそこにあるから。
面倒なことは何もないので、植えるだけで育ったのです。
庭では植木鉢でちょこっと育てたら、一年終わったらゴミ袋にすてて。
土は園芸店で買ってくるだけでした。
庭で野菜を育てるには、痩せた土、使い終わった植木鉢の土、
全部ひっくり返して整えなきゃいけないらしいけど、やったことがなくて
手を付けるのが億劫でした。

畑を3年間やって、病気が出たり成長が悪かったりで栄養バランスを考えたり、
肥料あげすぎたり肥料をあげないで育ててみたり、色んな事を試したら、
この「土作り」がどれだけ大切で、株間の広さや土の中の空気がどう影響してるかって、
やっと実感として理解できました。
ほんとうにね、3年前の私はズブの素人だったので。

パパに手伝ってもらいつつ。
1人だと心が折れそうなことも、2人だとやっぱり楽しいです♪

d0180447_11104435.jpg
私は植木鉢の土を全部ひっくり返して、根を取り除いて、
腐葉土や堆肥、土壌改良材を混ぜ合わせて。

d0180447_11104907.jpg

家で試していた永田農法の砂利を、水に2昼夜漬けてリセットさせて、
水はけ良い砂利&液肥での育て方は、ハーブを育てるために続けていくことに。
大半のお野菜は土で普通に育てることに。

d0180447_11105205.jpg

食卓ほどしかない小ささですが、唯一地植えできそうなスペースは、
板で嵩増しして土を入れて、小さな畑も作ってみることにしました。
夏ならナス2株と落花生くらいかな。
秋は大根をここで育ててみようかなと思ってます。
根がはびこってるところの開墾からの大変な作業はパパ(感謝)

さて、我が家の菜園プロジェクトのはじまりです。
がんばるぞー!

[PR]
by africaj | 2017-03-01 10:09 | ちっちゃなテラスで育てるお野菜 | Comments(0)