タグ:家庭菜園 ( 18 ) タグの人気記事

とうもろこしが美味しい夏。
シンプルに炊き込んだご飯が甘くて美味しいです。
d0180447_23294021.jpg


梅肉をちょんと乗せた鱧おとしに骨で出汁を取ったお汁を満たして。
いつもは鱧落とお汁は別々にするのですが、先日終わったTVの「みをつくし料理帖」の影響w
他には酢の物、煮浸しなどなど、あっさり夏のごはん。

d0180447_23295589.jpg

お米           2合
とうもろこし      1本半
塩      小さじ1と1/3杯
お酒           少々

生のとうもろこしがある時期だけのお楽しみ。
塩を効かせて炊き込むととうもろこしが甘くて、とても美味しい♪
私はこれだけがとても好きなのだけれど、オトコ衆はこれにバターじょうゆをかけて食べるのー!
いや、美味しいとは思うけど・・・だってなににかけても全部バターじょうゆ味になってもったいない。。。
男性って「シンプルに塩味」よりこってりが好きですよねー(ため息)

d0180447_23300602.jpg

6月に収穫した枇杷と山桃の寒天。ツルンっ☆
夏はゼリーより寒天が好き♡

d0180447_23303500.jpg

先日のアラブのオクラ、どんな種ー?って質問があったので写真撮ってみました。
星型よりさらに燦然と輝いてる感ある切り口がゴージャスw
種はやや大きい?でも普通のオクラと同じ食感と味でした♪

d0180447_23305141.jpg
先日長野から送られてきたローズマリー、発根うまくいきましたよー(長野方面へ大声っ!)
土に植え替えました。
植物もこんな風に思い出深いもので庭があふれると幸せですね~♡

さて、本日私は岡山行きの在来線3時間の旅のさなか。
頑張って畑の勉強してきまーす!



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-26 07:30 | うちごはん | Comments(1)

「見て見て~♡マジックハンド~」
って、パパがまたこんなものを作りました~っ!(爆)

d0180447_11512276.jpg

最初にハサミを開いた状態にしておいてえ~、この紐を引くとぉ・・・

d0180447_11511603.jpg

チョッキンっ☆

わーパチパチパチ~っ!!て、家族で盛大な拍手を送ったのは言うまでもありません。
枝とレゴで、よくまあ思いつくもんだw


え?なんでこんなもんを作ったか?
ですよね、普通の暮らしにはあまり必要ないですもんね。
うちはこれに使うんですw

d0180447_11431504.jpg

きゅうり、こんなところで育ててるから~w
て、手が届かないのー!(汗)
落とすときゅうりが地下に落っこちて粉々になるリスキーな場所・・・。

d0180447_11432538.jpg

きゅうり収穫に2人がかりの図(汗)

d0180447_11433015.jpg
いくよー、チョッキンww
虫あみでキャ~~ッチ!

たかがきゅうりの収穫に、これはかなり盛り上がれます(爆)

d0180447_11434542.jpg

さて、家庭菜園はただ今こんな状態になってます。
トウモロコシ4本、大きくなるといいなあ(祈)
茄子とモロヘイヤが大きくなりすぎて、落花生が育たないよぉ(汗)
しかも、狭いから足の踏み場すでになし。

d0180447_11435268.jpg

テラスの方はこんな感じ。
トマトにハーブに、苺、オクラ、万願寺とうがらし・・・。

d0180447_11512886.jpg

このオクラがちょっとすごいの、見て見てっ!
7~8cmで収穫するらしいので、本日初めて収穫してみましたよ~♪
アラブのオクラだそうです。

d0180447_11452733.jpg

本日の収穫、あ、これに +きゅうりね♪
ヤングコーン、炒めて食べてみましょ♡

d0180447_11453651.jpg

うーんやっぱり大きいっ☆
「大きくても柔らかくて美味しい」ってふれこみ、本当かな?美味しいといいな♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-22 12:14 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(4)

たった4本植えたトウモロコシに雄穂と雌穂が付きました♡

d0180447_17212823.jpg

アワノメイガが来る前に人工授粉して、雄穂は切ることにしてます。
受粉から3週間で収穫なので、7月最後の週ですかねえ。

畑じゃない、庭でもちゃんとここまで育つ事がわかって嬉しいけれど、
毎年作ってるので、この子達が痩せてるのがよくわかります。
根本に分けつがないのは致命的でありました。
雌花が出る頃に水やりを増やし、以後は1週間毎に追肥していくのが一般的。
追肥は液肥にしてどこまで太るか今年は様子見です。

なによりマンション育ては、6月末に植木屋さんの刈り込み作業が入るまで日照時間が足りない庭
なので、次回はもう少し植えるタイミングを遅らせるべきだな。


3ヶ月で育つトウモロコシ、5月頭から発芽させて育苗したので、
来年は5月中旬に発芽させて8月中旬に食べる感じに。メモメモ。

d0180447_17213548.jpg

アイコが赤くなってきました。
でもまだ甘みが足りなくて美味しくない。そこらで売ってる普通のトマトと変わりないの。
カーっと夏の太陽を浴びる8月から「育ててよかった」と思う味に変わってくるのです。
庭育てもそうでありますように。

d0180447_17214460.jpg

ようやくぼちぼち夏野菜採れ始めました♪
きゅうりももうすぐ。オクラの花も咲いてました。
これからが楽しみな季節♡


昨日北海道に旅立った息子。
朝、すごく早く起きてソファーでまどろんでいたのでびっくり。
「あれ?珍しくちゃんと起きたんだね」って聞いたら、
「うん。心配ですごく早く目が覚めちゃって。でも早すぎたからここでもう少し寝てた」

いやあ~
あの、息子の口から「心配で・・・」なんて言葉が飛び出すとは。
ついに☆息子の辞書に「心配する」って言葉が載ったのか!?
これはサピエンス有史以来初めての大事件だわw
りんごを食べてアダムとイブが羞恥心を持った事件に匹敵するエポックメイキングな出来事じゃ!

自分で困らない限り、その次の発想はないので、
ぐっと我慢して困るのを待っていた日々ですが、ヤツは困らなかったのです。
中学の時に体育館履きが小さく履けなくなったのに、帰宅して親に買ってというのを忘れてしまうこと一年、
その間全体集合では裸足、体育の時間は隣クラスで借りて凌いでた強者。
卒業式の直前に先生から「お母さん体育館履きを買ってあげてください」って電話が来て知った次第(苦笑)

20分くらいで行ける所で待ち合わせしてたのに来ない!
電話もだいたい充電されてなくて連絡取りようなく、待って待って3時間くらいして
「途中でわかんなくなったけど、ま、いつか着くかと思って」って全く動じてないとか。

一人旅で、私などは次の宿が決まってないと心配だから朝移動して宿決めてから観光する方なのに、
彼は昼まで寝てて、午後から移動するから到着夜9時、インフォメーション閉まってるから自分で探すって、
そこから安宿探しで何軒か当たるのですよ。でも、行動を改める気もなくそんなんやり続けてたし。

お金忘れても、朝昼食べてなくても、困ったから次はそうならないようにしよう
なんて発想の転換をすることもなくきた彼の人生。

人前での発表もあがらないし、
ここぞの時は勝ってくるのはすごいけど、これも本人「頑張ろう」と思ってるわけじゃなく、
過集中で没頭して勝つ人。頭で考えないほどうまくいくタイプ。

なので・・・、
びっくりですよ!

しかも、
「オレの場合なにが起こるかわからないから(注意力に欠陥がある上に、運が悪いから
いつも信じられない事故にあったりする)飛行機に乗り遅れないように、
家から飛行場までかかる時間より一時間前には着くことにする」って。
出発時間を一生懸命考えて早め早めに決めるなんて初めてだわ。エラい!
ま、
自分の計画に安心しきって、結局出発は予定の時間を30分もオーバーしてたけどw

やっぱり心配する心がないと、知恵を捻り出そうって努力もしないものだから、
ついについに、ヤツも進化したのかもしれない
と、パパと二人で喜びあったのでした。
これでちょっとは、社会でも普通に頑張れるかなあ。



[PR]
by africaj | 2017-07-10 18:46 | 息子のはなし | Comments(2)

ここ数日の雨と湿度で、茄子もキュウリもうどんこ病になってました~(がーん)

d0180447_11273027.jpg

でも、よりたかさん曰く「うどんこ病なんて気にしなくていい」らしい。
ナスの方は、酷いものだけ葉を取ってしまい、軽いものにはストチュー液をスプレーして様子をみます。

d0180447_11273827.jpg

キュウリ君も見事に白々しい。
ナスのうどんこ病菌を付けると、きゅうりのうどんこ病菌が負けて、病気が収まるとの話なので、
実験してみました。
本当に収まるかなあ?
結果は数日後に♪


そうそう、すごく大事なことなのに私ったらすぐ忘れるから、
苗付けする時の科学的な理由をコマ割りで描いてみました~w

無肥料の土に、店で買ってきた苗を植えると大概うまくいかないのは、
土の中でこんなことが起きてるからだそうな。
d0180447_11275108.jpg

植えた土地が無肥料だと、植物も嬉しくなくて、
ポットの僅かな肥料たっぷりの土にしがみついて、内向きに引き籠もるので、
一歩も外に根を張らずに窒息死するんだそうな(汗)

d0180447_11274638.jpg

よく、「薄い酢水」や「薄いストチュー液」に浸してから植え付けるといいと言われるその理由は、
前回記事にした「植物と栄養分と微生物の関係」で絵にした、+と-のイオン交換を、
植え付けの時に強制的にさせちゃって、根を騙すからなんですって!
面白いでしょう?w

騙された根は、外にも肥料があると思って根を外に伸ばし始める。
でも実は無肥料。
変だな変だなって、必死で探し求めて根を広げることになるのだそうですw
人間の知恵も凄いな(笑)

無肥料じゃなくても、発根に有効ですよー。
育苗床は飛び抜けて過保護なのでw苗が我儘で甘えんぼに育ってるから。




よりたかさんのWSには、色んな人が来てました。
みんなかなり志が高くて、私ちょっと肩身は狭い(その割に質問いっぱいしてたけどw)
環境汚染を懸念、食の安全を疑問視してる人、地域の発展に役立てたいと思ってる人。
これから畑を始めようって人が多いのも特徴的でした。
私・・・自然のサイクルを知るのが面白いからって理由だったので(汗)
だって、植物と虫の戦いとか共存とか、地面の中の科学が毎日目の前で繰り広げられてること、
知ってるか知らないかで日々のわくわく感がちがうのですもん。
この夏はもうお庭では有機肥料で育てちゃってるし。

正直、野菜がどこまで美味しくなるのかナゾ。
有機栽培でもかなり美味しくなると思うし、
今育ててるトマトの半分で実践してる永田農法も、軽石で育てて週イチで液肥をあげるのですが、
スペインの環境にかなり似せて育てられるのでトマトが美味しく、気に入ってます。
無肥料でやるべき本質はどこにあるんだろうか?
収入が絡んでくる農家さんが何故苦労して無肥料をやろうとするのか、WS終わる半年後にはわかるかなあ。
それが理解できるかどうかも、自分にとっての興味。
ま、無肥料じゃなくても、とても勉強になることばかりなので、参加し甲斐感じてます。

今回一つだけ知ったのは、
酸度調整に石灰を撒くのが普通だけれど、
溶けないので、地下の水をも通しにくい粘土層手前に全部蓄積されてしまい、
地温を下げるから、正常な自然サイクルを狂わせてしまうのだとか。
本には、「石灰か灰」と当然のように書いてあるのですが、積極的に草木灰を撒く方がいいのかと知った次第です。

今、謎に思うのは、微生物やミネラルバランスが正常な土に肥料を撒くと、完全無肥料じゃないと
自然のサイクルを壊すことになるのだろうか?ということ。
それから、地植えはいいとして、鉢植えで育てるのに、
1週間毎に肥料やれって書いてあるアラブの巨大オクラ、
無肥料栽培でも本当に育つのだろうかと、どうも信じられないので今は肥料あげてます。
4年間やってきた事とうま〜くフレキシブルじゃなきゃ続かんばいw
私も結構半信半疑の現在進行系。でもだからおもしろくってね♪
今度のWSで聞いてみようと思うのでした。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-02 11:45 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(2)

放置された土地にて。

d0180447_12120943.jpg

穴を掘ってみると、上20cmを除き下は粘土層。
この粘土層の温度を計って、15度くらいだとかなり重症で、微生物まったく0ということになるそうな。
この粘土層は温度は26度だったので、悪くはないそうです。
それからph値を測りました。
酸性に偏っていたら植物は育たないので、ph6(中性)まで調整する作業。
その地を畑にすると決めた時、最初に頑張ってする必要があるのだそうです。
この作業は一回きりだから、大変だけど頑張ってね!て。

次に見るのは水はけ。
穴を掘って、水を流し込んで、ゆっくり抜けていくことを確認できたらOK。

d0180447_12122643.jpg

風の流れを見て、通り抜けるように畝を作る。
粘土層と上の土を天地返しするので、深く掘ってます。
うんしょっうんしょっ(汗)

d0180447_12124314.jpg

掘ったら、まずは敷き藁をたっぷりと。
本当にね、植物は根が呼吸できるかどうかでまるで違うのですよね。
この藁は、葉っぱじゃ潰れてダメだそうな。ヨシのように茎がしっかりしたものが空気層を支えてベスト。

それから枯れ葉を敷き詰める。

d0180447_12125163.jpg

大事なのは炭だそうです。
炭は電気を通すのと、帯電を正常化するのに重要な役割をするので、多めに地中に埋めると。
できれば国産のもみ殻燻炭なら最高だそうな。
左がホームセンターで売ってる「燻炭」、右が「もみ殻くん炭」。

d0180447_12133727.jpg

炭は、かな~りたっぷり目に。

d0180447_12135997.jpg

そして、枯れ葉や敷藁を発酵させてガスを出すのと地温をあげていくのに、スピードアップさせる糠を
これが一番たーっぷり。

d0180447_12140785.jpg

それから表面の土をせっせとかけて埋める。

d0180447_12142372.jpg

地中に埋まってた粘土層を一番上に乗っけて、天地返し終了。

d0180447_12143160.jpg

畝の完成~。
このまま1ヶ月置くと、地温が上がってミネラルのバランスとれた、微生物たっぷりの状態に
整っているそうです。
一度これをやると、あとは上手に微生物を殺さないよう、ミネラルバランスを崩さないように育てれば
肥料をやる必要なく永遠に育てていくことのできる「本来の土」の完成!


いや~・・・帰りは新幹線で帰ったのは言うまでもありませんw
早かったわ。

でも、朝のゆっくり電車で見たのどかな風景と、静かな読書タイムも楽しかったです。
有意義な一日でした。

2回目は秋冬野菜の苗植えです。
一ヶ月後につ・づ・く♪



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-29 13:30 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(2)

ええっと、文字だけで書くとイメージできないと思うので、図にしてみましたよー♪


土は何で出来ているか?

d0180447_12113323.jpg


地中の微量元素は金属で、プラスに帯電してる。

マイナスに帯電してる砂粒と引き合って、安定した粒を構成してる。

d0180447_12114245.jpg


粘土は、その粒と水と嫌気性微生物でぎゅーっとくっついてるものですが、砂と同じでマイナスに帯電してる。
だから、プラスに帯電したミネラルを全部引っ付ける。

+で取り囲まれた粘土は、表面の+同士が反発して隙間ができる。
そこに空気と、好気性微生物が住み始める。
それが、「土の団粒化」。

ふわふわした良い土は、微量元素とミネラル豊富で微生物もいっぱいだと言われるのは
この成り立ちにあるというお話。

微量元素がついてないのが砂粒。
ミネラルがくっつかないせいで反発できず、ぎゅーっとした塊が「粘土層」。
これらは好気性微生物が住めない環境ということ。

植物と栄養分と微生物の関係は?

d0180447_12115012.jpg

ーと+が釣り合って結合している土へ、植物はマイナス帯電した「根酸」を作って根の先から地中に流し込む。
根の周囲の土にくっついてるプラス帯電したミネラルが引き離されて、微生物を介在して根にくっつく。
イオン交換によって根の中に取り込んだら、維管束(茎を通るパイプ)を通って葉に送られて、
成長の細胞を作るのに貯蔵される。

ついでに言うと、
光合成でデンプンと糖を作り出したら、糖を根に送って放出して、介在してくれた微生物にご褒美をあげる。
それが、植物と微生物の共生関係なのでした。

面白いでしょう?
私は、微生物だ植物だって言われるわりに、妙に科学的じゃない話ばかりで懐疑的になってたこと、
すっきりでしたよ♪

ついでにウリハムシの話も。

d0180447_12144551.jpg

キュウリに付くウリハムシって、こんな風に丸く葉を切るのです。
それは見てわかる。
どうしてか知ってますか?
虫に葉を食べられるのが嫌だから、キュウリが毒を流して抵抗するのですって。
そうすると葉っぱが美味しくなくなるのを知ってるウリハムシは、最初に葉脈を全部切断しちゃう。
そして毒が流れてこない丸い部分だけをゆっくり堪能する・・・のだって!

すごいですよねっ。
虫と植物の日々の戦いw
じゃあどうするかというと、


ウリハムシは枯れかけた葉っぱが発するアンモニアガスにおびき寄せられてやってくるので、
枯れた葉っぱをできるだけ早く取り去ることと、今食べてる虫がいれば地面に叩き落とせばいいだけ。
すると青い葉っぱじゃなく枯れた葉っぱを食べ始めるからだそうな。

青い葉っぱさえ食べなければ、枯れた葉を分解してフンにして土に戻すお仕事をしてくれるので
殺さなくて良いのです。


あ、もう一つ、きゅうりの葉にうどんこ病が発生したとき、なすのうどんこ病の葉をくっつけると、
キュウリうどんこ病の菌の方が弱いから、負けて、収束するそうですよw


こんな技が満載なのです。

野菜育て、誰もどうして虫が来るのか教えてくれないし、
どう対処すればいいかわからなかったんです。
最初に土に肥料を入れるのはもう当然で入れないことなんて思わないし、
虫がつかないようにするには身体に影響のない量の薬剤で防虫する以外知られていないし。
もっと虫の生態を知り、植物の仕組みを知って、どうしてか理由がわかれば、
殺さなくて、こっちも我慢するんじゃない共存が出来る。
小学生の時、理科がとても好きだった、あの時勉強したことがやっと役に立つなんてっ♡
自然のサイクルを知って野菜を育てるのは、心が癒されるのと同時に、
何が正しい事かバランスが良いってどんな状態かがはっきり感じられて。
バランスがどんどん悪くなって来てる世の中で、それが普通で生きていると
自分まで極端な方向に引っ張られそうな鈍感になって来る不安を感じるのですが、
小さな植木鉢を覗いていると感覚が整ってくるのがわかります。
それが嬉しく気持ちよく、
何より面白くて♩

やっと参加できたWS、おばあさんの知恵袋ならぬ、おじさんの知恵袋にわくわくです♡


さて、午後は実習。
長いですね。
記事を分けることにします~。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-29 12:57 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(4)

今日はへとへとなので、ちょっとだけ。

本日、朝7時の電車に飛び乗って、3時間半後に到着したのは
お隣の岡山県で始まる畑の学校の第一回目。

いや、新幹線で行けば1時間半で行けたのですけどw
新幹線に乗っている時間が35分くらいなのです。
この短さはさすがに残念でね。

早起きして1時間半早く家を出たら、40分乗って、次は1時間半って、通しで電車乗っていられ、
これならゆっくり本が読める!
ということで、在来線を乗り継いではるばる岡山を目指したのでした。

d0180447_21510479.jpg


午前中は座学、午後は実践。
とにかく面白かったです!
私も長年疑問だった、「土」は何で出来ているか?
から始まって、
植物が光合成をして何を作っているか、子供の頃に習ったことをもっと掘り下げていきます。

d0180447_21505404.jpg
テキストはこれ。
岡本よりたかさん。
彼の農法は、とにかく自然のサイクルをうまく使っていて面白いのです。

あー・・・ダメ、眠いので
明日、習ってきたことをまとてようと思います。
コメント嬉しいです!ありがとうございます!!
お返事、明日いたします!!

ではでは!ぐー・・・




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-28 22:38 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(2)

d0180447_09262163.jpg

私の知ってるヤマモモの在り処、一つはお屋敷に野放図にされて道に落ち放題の木。
ぽとぽと落ちた瞬間いただくw
もう一つは、遠出する温泉場で見向きもされず佇んでる木。
たわわになってるのに、可哀想なほど無関心にされてて、みんな食べられることを知らないのかなあ?
これはパパからのお土産です。
パパもほんとによく在り処を知ってるw

最近食べられる野草をきょろきょろと探してると、去年まで気が付かなかっただけで
山はもちろん河原や公園、道端に食べられるものがいーっぱいw
見てるようで案外目は節穴ですね(笑)

d0180447_09264336.jpg

ヤマモモはすごく痛みやすくて、収穫したら食べちゃうか、料理しないならすぐ冷蔵庫に。
熟すとすぐ落ちるので、落ちる寸前のものが酸味も残っていて一番美味しい。

ヤマモモにヒタヒタの水加減。
お砂糖1に対して水が2倍弱くらい。今回お砂糖100gに180ml。
お砂糖は一気に入れずに半分量で沸騰したら火を弱めて5分ほど、あくをすくいつつ煮て火を止めます。
粗熱取れるまで休ませてから、残りの砂糖を入れて沸騰したら火を弱め、5~10分少し艶が出るまで煮ます。

シロップは、ヤマモモを取りだして、お玉ですりすりして種をある程度むき出しにしたら、
手袋した手で潰しながら種を取り除いて(私は口の中に放り込んでからぺっぺって。種の周りも美味しいw)
完成。
冷凍しておいてミルクとシェイクにしたり、煮詰めてトロみを付けてワッフルにかけたり♪

d0180447_09265115.jpg

マンションのテラス、かいちゃんが5匹寝られないくらいの植え込みの小さな畑ですが順調です。
モロヘイヤがどんどん葉っぱを茂らせはじめました。

d0180447_09272493.jpg

茄子の元気は葉っぱの大きさで決まるのですが、ほらっ♪
長さ18cmある大きな私の手と比べてもおっきい~♡

なに育てても枯れる植え込みだったので諦めて随分放置してましたが、
その度に土壌改良材すき込んでたので、ミミズ君も増えて、
パパがフカフカに耕してくれたこともあってか、今年はうまくいきそうな予感。

d0180447_09271605.jpg

たった4本のトウモロコシもすくすく♪
問題は受粉だな。4本の時期がずれないことを願うのみ。

ナスとトウモロコシ、モロヘイヤと落花生で今でもう所狭し。
ここまで狭いところで育てたことがないので、このぎゅう詰めでうまく育つかドキドキです。

d0180447_09274886.jpg

初めて育てたきゅうり、ようやく蔓を伸ばし始めた所。
実が食べられるようになるのはいつだろう?

d0180447_09274230.jpg

トマトは鉢植え。
昨日赤くなり始めたトマトは、今日はぐんと赤くなりました。
初収穫もうすぐです。美味しく出来てるかなあ♡

d0180447_09281327.jpg

誘引してて主軸を半分折っちゃって、慌てて人間用の伸びるテーピング巻いてあげましたw
たわわな実の付いてる茎だから、トマトも栄養を届けるのに必死。
一ヶ月くらい見守ると、折れてくっついた部分は他よりもしっかり太くなってるんですよ。
とはいえ、いつ折れてもいいようにか脇芽をすぐ下からいきなり伸ばしてきました。
こういう目に見える変化が、特にトマト育てはたまりません。ほんとに強い。考えてるっ。

d0180447_09282024.jpg

オレガノの先端を切ったら、2本の脇芽がぐぐんと育ちました。
園芸の本には「脇芽を増やす方法」って当然のように書いてあるけど、植物にしてみたら
種をつけるまでとにかく生き残るのに必死。
これなんかもオレガノの考えが見える瞬間で、愛おしい♡

d0180447_09275817.jpg

万願寺とうがらしの「小さな世界」は、ルッコラ半分は私が冷しゃぶ用に摘み、
残り半分をゴジラ青虫が6匹も出現して精力的に食べてしまいました。
でも、彼らが残したこのウ○チが、植物には作り出せないリン酸。
植物は虫に自分の体を食べさせて、リン酸を土に補給させているのですって。
だから「想定通り☆」って、この惨状が嬉しくて思わず写真にパチリっ♪
こうなったら摘み取って、また種をまく。
それが「小さな混植ワールド」のやりかただそうですよ。

d0180447_09280583.jpg
ルッコラが美味しすぎて、青虫がつかない万願寺とうがらしw
ほんとだ、すごいな。万事うまく行ってます♡
私も虫も植物もみんなでつながってるのが感じられて、素敵なやり方でしょう?
今週から半年、月一でそんな育て方をもっと教えてもらってきます。
第一回目、楽しみです。
わくわく。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-25 11:12 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

d0180447_23241315.jpg

ハーブを育てるのが案外うまくいかない。
去年は青虫にさんざん食べられて最後は枯れてしまいました。
今年は寄せ植えにして互いを守らせようとしたら、
アップルミントが、買ってきた苗の時にポツポツあったけど気にしてなかったら、
どうやらさび病で・・・他のハーブに感染してしまったみたい(涙)

繁殖しすぎて風通し悪いとかかっちゃうって・・・
うーん、寄せ植えって難しい(汗)
とりあえず病気の出てない部分を摘んで発根できないかなあ?
他のところは病気にかかってないといいなあ。。。

d0180447_23235079.jpg

初めて育てるキュウリに赤ちゃん付いてました~♪
苗を植えて2週間沈黙してて、そのあと育ち始めたのですがなんとなく成長はそう早くない気がします。
日が当たるのは午前中だけなのですが、
今マンションの木の枝にわさわさ覆われて、我家の庭は木漏れ日が気持ちいい半日陰。
畑の野菜たちにはちょっと日照量足りないかもな・・・。
そろそろマンション共用部分に庭師が入って伸び過ぎの枝を切ってくれるはずなので待ってます。
うまく野菜が出来てくれないかなあ(祈)

d0180447_23234223.jpg

5年前に植えた柚子、柚子のバカ18年のはずなのに、今年ちょびっと花がついてて、
初めて実がなりました♡
「自宅の果樹が実った」というのは、長い人生で初めての体験なのです~(感涙)
こういうの、やっぱり嬉しいなあ。
あー、引っ越して果樹いっぱい植えた家に住みたい(憧)

d0180447_23232085.jpg


さて、先日書いた「プランターの中でも小さな混植ワールドを作ってあげると肥料すらいらなくなる」・・・
というのに基づいて作ったらこんな感じになりました。
まだ育て始めなのでわかりませんが、一本だけ生えているよりずっと素敵な鉢なことは確かです♪

d0180447_23232914.jpg

万願寺とうがらしの鉢で作った「小さな世界」。
ヒガンバナ科のネギで病気予防、セリ科のイタリアンパセリとキク科の春菊で虫の数コントロール、
アブラナ科のルッコラは下草に。

作物と共生する虫って、ミミズや蜘蛛・・・の他に思い浮かびませんでしたが、
例えば「アブラムシ」は植物の「摘心」と「間引き」に役立ってるのですって。
「ネキリムシ」も実はミミズ同様、葉などの有機物を分解しフンをして土を団粒化している。
「青虫」は害虫だと思っていたら、糞に含まれるリン酸で、植物が成長するのに必要な栄養を補給するのだとか。

青虫を排除し続けると次から次へと孵化し続けて増えるけれど、放っておくと
仲間の卵ごと葉を食べ続け、卵ごとキャベツから全滅するのですって~ほんと?

じゃあ、去年のバジルの青虫を退治し続けたからいけなかったのだろうか?
うーん、にわかには信じられないけれどそうなら・・・素敵ですよね。
こんな繋がりの知識をもっと知っていたら、野菜を育てるのがもっともっと楽しくなりそう。


役割があると言えば、息子が育てているサワードウ。
少しシンナー臭が出始めたのです。
「産膜酵母」なのは私も知っています。
未だにこの「産膜酵母」をどう扱っていいのかわかりません。
ぬか床に出ると不味くなっていくので、早めにぬか床と混ぜて窒息させちゃうのがいいと言うし、
醤油蔵ではこの産膜酵母が出ると風味が損なわれるから、上手に混ぜて出ないようにするのだとか。
だから、よくないものなのだと思ってました。
ワイン製造でも産膜酵母は致命的なのだとか。
でも私の大好きなシェリー酒は産膜酵母で糖を分解させて、きりっとドライにして作るのだそうな。

調べていくと、酸素好きの「産膜酵母」が表面に膜を張ると、酸素嫌いの乳酸菌が元気になって増えるのだとか。
ちゃんと役割があったんですね!
「悪いものではない」とよく書かれている意味がわかりました。
酸っぱくさせたくないものは取り除くほうがいいけど、酸っぱくしたいならそのままでいいってことかあ。

ほんとに、みんなみんなちゃんと役割があるんだなあと
最近つくづく思います。

大変だ、食べられたらダメだ!と焦って青虫を取り除いちゃうし、変なにおいする悪くなった?って産膜酵母に焦るし。
余計なお世話なのね(汗)
土地の生態系を乱すのも人間で、キレイだからって外来種植えたら繁殖しちゃって今度は駆除対象に・・・とか
これとか単に「余計なこと」だし(がっくり)

発酵や野菜育てをしていると、その「繋がり」の糸がとても面白くて、
もっと深く知ってみたいと思うのです。
ちゃんと知ることができたら、余計なことしない暮らしができるかな。そうありたいなあ。


d0180447_23242964.jpg

いつもカメラ向けると構えちゃうかいちゃん、ふだんの顔が撮れました。
おちょぼ口、甘えっ子、切れ尻尾かいちゃんは我家のアイドル♪


d0180447_09312884.jpg

もいちゃんは、こそこそイタズラが可愛い子。
キャスター付きの箱の開け方がどんどん素早く体重かけて引き出して・・・いつも引き出されてしまうー。
ここにカリと缶が入ってること知ってるから、お腹すくとにゃんとも言わずにここに入ってカリの袋を齧ります。
破られると困るから焦って立ち上がるの知ってるから、頭いいなーもー。


p.s.
息子のサワードウ8日目です。

d0180447_09305890.jpg
あまり変化なし。

d0180447_09311056.jpg

確実にシンナー臭交じるようになってきました。
でもゆっくりゆっくりです。
産膜酵母の膜が張る前に明日が来そうかなあ。
この静観期間はなんのためなのか書かれていないのですが、産膜酵母とともに乳酸菌を増やすことだったのかな?
10日目から餌やりが始まるので、あと2日間を無事に終えられますように(祈)



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-07 09:40 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(5)

茄子についに最初の実がなりました!
親指の先ほどになったので採ってしまいます。
美味しく育ちそうなのに、ごめんね(謝)

d0180447_10291924.jpg


畑で育てていた時、この「株を育てる為に、最初の実は採ってしまう」という必要性を実感せぬままやってました。
なり疲れる真夏前に強剪定をするというのも、必要性を感じないほどに元気でした。
それほどに借りていた畑は土が肥えていたのだと思います。
対して庭は日当たりも少し悪いし土の肥え方もちょっと・・・なので、枝が太らないままの一番果。
このまま、この子が育つとヒョロヒョロになってしまう。
今、大事なのはもっともっと太い茎と大きな葉っぱに育てることだから、ごめんね。

トマト育ては、私の試みに反応があるので面白くて好きです。
水を絞ると気根が出始める、産毛が尖り始める。
斜め四十五度に茎を埋めながら苗を植えると、それだけ根が強くなり結果強いトマトになる。
やったことないけれど、塩水かけると甘くなるとか、ね♪
スパルタに打てば響くスポコン植物なので、面白い。

対してナスはすぐ弱音を見せてくる植物で、これも面白くてやめられないw
肥料食いなのに食べ足りない~って時には、雌しべが雄しべより引っ込んでしまうの。
花を覗き込んでこれを見つけると、急いで液肥あげたりします。
数日後、雌しべが雄しべより出て来るw
わかりやすいヘタレで、たまらない(ぷっ)

d0180447_10292724.jpg
でも、小さい植え込みに作った畑は本当に小さい。
畑ならとうもろこし数本かナス2本だけの畝になるようなスペースに、茄子2本、とうもろこし4本、落花生にバジル
ディル、葱、色々植えてます。

畑をやる時に色々と勉強したのは、株間を開け、十分通気の良いよう育てる。
有機肥料と石灰をすき込み、水をあげる。
連作障害が出やすい植物は、翌年は場所を変えて植える。
こんな基本的なことからはじめました。

ここでは場所を変えるなんてまず無理です。
最初はいいけど、これからどういうサイクルで育てていけばいいのだろう?

畑にはたくさん野菜が植わっているので、私の畑に蝶が集中的に卵を産み付けることもありませんでした。
今は大変。
どうやら近くには産卵したい場所が少ないみたいで、我が家に集中してやってきます。
毎日時間を取られることも出来ないとすると、効率よく蝶と戦うにはどうしたらいい?

いっぱいわからなくなって、今また新たに勉強に入りました。


1つだけ解消されたことは「連作障害」について。

「当然」起こること前提にされてきてるので、そう思って対処してましたが。
よくよく考えれば、これは変な話なのですよね。
植物には足がないので、普通、花が咲いて種が付けば、同じ場所でこぼれ種でまた育つのを繰り返す。
野菜だけ「違う」はずはないのですよね。つまり

自然のサイクルと違い短期間に効率よく育てようと土に無理をかけるから、連作障害が起こる。
植えた野菜が消費したミネラルが不足しているのに、また同じ科の野菜を植えると使うミネラルは一緒だから
さらにミネラル不足となり、微生物バランスが狂い、生育障害や病気が出る。
小さな場所ほど、これをうまく考えなきゃいけないということがわかりました。

どうやら、畑での常識を一旦置いて、
ミネラルバランスが狂わないように、違う種類のものをたくさん同じ場所で栽培することが大事らしい。
今までコンパニオンプランツも少し勉強してきたのですが、
2つの植物の相互作用という考え方でしたが、もっと進めて雑草に見立てて沢山の植物を混植させることで、
雑草を生やさず連作障害も出さないようにできる・・・のですって。

プランターの中でもこうして小さな混植ワールドを作ってあげると肥料すらいらなくなる・・・らしいのだけど

本当だと思いますか?
やろうとしている自分でもまだ信じられないんですがw
試さないことには始まらないしね。
今年、来年は野菜育てに苦労しそうかなあ。

さらに、
月一で野菜の学校に通うことにもしたんです。ちょっと遠いのだけど。。。
野菜育てをやればやるほど、わからないこともいーっぱい出てきて、この段階でちょっと真面目に学んでみたくって。

誰でも育てられる恵まれた条件にない場所、
こんなに小さい敷地でもおいしい野菜を育てられる「緑の指」になりたいから、頑張ってみますよー。


松の葉サイダー、4日目で飲んでみました。

d0180447_10293654.jpg

こんな感じ。
微発泡。
もっと置くともっとシュワシュワなるのか、もう少し実験続けてみます♪
何とも例えられない「自然」感たっぷりの味です。
言うなれば、「シラカバの樹液」のジュースを飲んだ時と同じような、際立って「何」とも言えない優しい味。


p.s.
息子のサワードウ6日目です。

d0180447_10294614.jpg

昨日より水分の色が黄みを帯び、水分量が増えてました。
沈殿部がさらに水分を追い出したってことですよね。

d0180447_10300246.jpg

匂いは苺感が薄くなって、やや私の持っているなちゃの「ご飯を上げる前の匂い」に近くなりました。
これって、なちゃってお手本があるから安心できるけど、かなり不安になる状態ですよねえ。
カビさえ生えなければこの状態で大丈夫・・・なのかな?
あと3日観察だそうな。
無事に酵母くんが元気に成長してワッフル焼くまでに至ったら、ワッフルメーカー買ってあげるからガンバレー!






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-05 11:38 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)