うりをきつーい塩で塩漬けにして10日ほど経ちました。
水をたくさん出したうりの固さが、つまり漬けた後のシャリシャリ感になるので、比べてみました♪

d0180447_10491132.jpg


前回のうり判別に対比させて、左からカワズ瓜、黒瓜、青瓜(白瓜)の強度w
短いからってのもあるとは思いますが、カワズ瓜すごいです。固いです。
黒瓜は、totiさんがダメ出ししてましたが、この目で見て分かるダメさw
青瓜はなかなかの固さですね。さすが奈良漬けで長きに渡って使われてるうり。


前回7月31日に書いた記事の続きからざーっと流れを書いておくと・・・

d0180447_11022553.jpg


3種類のうりを切ったところです。
メロンみたいなのからキュウリみたいのまでw

10円玉で種を取るとこそげやすいという、くまたろうさんからの伝言。
種とワタはしっかり取らないと、漬け終えた時に食感悪い部分が出ると、totiさんからの伝言。

d0180447_11023395.jpg

塩は、うりの重さの20%量で、こうしてくぼみにたっぷり入れ、
漬物樽に塩がこぼれないようくぼみを上に置いていって、重しをして1週間くらい水を出す。

d0180447_10491968.jpg

洗わずそのままキッチンペーパーでしっかり水分をふき取ったところ。
水を絞られて薄くなっちゃったうり達w
もっとしっかり水を抜きたいので、半日陰干ししましたよ。

d0180447_10493336.jpg

神戸には奈良漬けと同じく「甲南漬け」というものがあり、
板じゃない柔らかい酒粕を探しにいったら、なんと「抜き粕」という、樽から抜き取った
砂糖も塩も調味されたお店で使ってる粕床を売ってたので、初心者だから無理せず買ってきましたw
でもね、本当言うともうちょっと甘くないほうがいいので、酒粕も混ぜることにしました。

抜き粕     1kg
柔らかい酒粕  1kg
ざらめ     150g

これを、薄い手袋して手でハンバーグを練るように混ぜて粕床を作りましたよ。

d0180447_10494025.jpg

うりの塩を、粕床に吸わせてちょうどよい味加減にするそうなので、重ならないように漬けては、
粕床をしっかり塗りつけて、またうりを漬けます。

さて、奈良漬けのように透明になるには10ヶ月かかるそうですが、
ちょっとずつ味見してみますね。
うーん楽しみ♪



[PR]
by africaj | 2017-08-10 11:27 | 食べることの冒険 | Comments(2)

うり。

d0180447_20254254.jpg

うりは、食べ方がわからないのです。
八百屋さんに今くらいの時期に売られ始めるけれど、手を伸ばして結局は引っ込めてました。

糸巻きパレットガーデン」のtotiさんにウリを奈良漬け風に漬けると美味しいよって教えてもらい、
勇気を出して買ってみました。
でもね、
色んなウリが売ってたんです(汗)
結局、よくわからないから一種類ずつ買ってみましたw

えーっと・・・あ、手前にあるスイカのような模様のウリはこれです!


d0180447_21030725.jpg
「カワズウリ」って言うらしい。
福井県で古くから作られていて、カエルのような模様だから「カワズ」ウリなのだそうです。
でも、福井弁だと「ギャル」ウリと言うそうです。ギャル・・・(ぷぷっ)

熟すと空洞ができるから、小ぶりなものを選ぶと良いそうな。
漬物むきだけれど、ほんのり甘くて生でも食べられるんだって。へぇぇ♪

生を齧ってみた感想*甘いかなあ?酸っぱみあります。違うウリなのかなあ?
あ、種はメロンのように甘〜いです!種だけ。


d0180447_21032721.jpg
一番後ろの濃い緑のは「クロウリ」に違いない?
切ってみるとわかりそうですね。種の色に主張があるのですねえ。
一夜漬けや塩もみにむいてるし、炒め物や味噌汁の具にもって出てきます。
なんだかきゅうりみたいな使い方です。

生を齧ってみた感想*かなり甘味あります!こっちの方が生で食べられそう。
d0180447_21034628.jpg
これが「白瓜」。

d0180447_21040996.jpg
こっちが「青瓜」。

私の買ってきたウリ、真ん中のは「青瓜」って名前で売ってたのですが、スジ模様といい、色といい
「白瓜」みたいですよぉ?
あっ(検索したら出てきた)、なるほど!(ぽんっ)
どうやら色で差別化してるんではなく、丸っこいのが「白瓜」長いのが「青瓜」なのだそうですよ。
品種的にはどちらも同じ風でマクワウリの変種なのですって。
きゅうりほど水っぽくなく香りも強くなく、熟してもマクワウリのように甘くならない、
奈良漬けに使われるのがこのウリだそうです。

生を齧ってみた感想*うん、甘くもきゅうりっぽい味もなにもなく、食感だけが特徴って感じw


ちなみに、totiさんが漬けていたのは「かりもり」ってウリだったの。
私の近辺では売っていなかったけど、どうやら愛知の伝統野菜なのですって。

d0180447_21024172.jpg
「クロウリ」に似てるけど、色がちょっと薄い・・・のですって。
味もクロウリに似てるのかなあ?

写真と豆知識は「旬の食材百科」さんからです。



ということで、
さっそくtotiさんを参考に・・・


totiさんはこのサイトを参考にしたと言うので、こちらも参考にしながら・・・塩漬けしてみまーす!
3種類のウリに違いはあるでしょうかね?



[PR]
by africaj | 2017-07-31 21:34 | 食べることの冒険 | Comments(4)