今日は連投できそうなので、頑張ってみます。

まずは、インドのお話。

ハニービーネットワーク というのは、
インド各地のアーユルベーダなどで使われる植物の効果が、自分の研究より凌駕していると気づいたある男性が、
科学偏重の時代で風前の灯となっている伝統を、少しでも残さねばと、お金もない中インド中を歩いて
知の遺産集めをはじめたことに、少しずつ賛同者が集まり、
今ようやく国がバックアップを始めて、うねりを作って広がっている動きなのだとか。

一つは、資本主義的視点ではなく、誰でもが使えて低コストで維持できて、シンプルで有用な発明を「し直す」動き。
一つは、伝統や伝承で出来上がったものに注目して残していく動き。

その流れから出てきた発想が、
「ローカーストの人々のアイデアをハイカーストの人々が形にする」動きなのだとか。

インドがカースト制度のある国だというのは有名ですよね。
神官のバラモンを筆頭に王侯貴族のクシャトリア・二次三次産業のヴァイシャ・農・職人シュードラ
4つの階級に分かれていると教科書にはあるけれど、実際にはその下に不可触賎民も多々。
19世紀後半にカースト撤廃運動が起こって、今は都市部では曖昧とはいえ、農村部ではまだ根強いそうな。

貧富の差というのとは違い、それぞれに為すべきことを為す、長い習慣の中で分をわきまえその中で生きるのがカースト制度だと
息子が見聞きしてきた話から想像するに、江戸時代の「士農工商」と似ているのでしょうか。
結果的にお金を持っている商人、物々交換が主体だからお金は少ない農民だけれど、
資本主義社会のように、貧しいからと卑屈になることはないし、お金があるからと他者より偉ぶることもない。

農・職人に必要な勉強だけしかやらないで生きる人達、職につけていない人達も勉強に費やす時間は少ないわけで、
二次三次産業以上になると勉強に費やす時間も長くなる。

そこで彼らが気がついたことが面白くて、
「学校で勉強してきた人間はどうしても頭が固くなって、勉強してこなかった人間には敵わない」と言い切る。
それで、
ローカーストの人々からアイデアを募集して、彼らはアイデアの報酬を受取る。
ハイカーストの人々はそのアイデアを実現化することで、国をより良くしていく。
協力体制を作り上げて、今うまく回ってきているのですって。

面白いでしょう?
カースト制度だったから出来たことですもんね!


息子の参加する大学のプロジェクトは、「不登校であること」が条件なのです。
これも面白い発想なのですがw

創始者のおじいさんに、僕たち、みんな不登校なんですって告げたら、「ファンタスティック!」って
立ち上がって思い切り賞賛してくれたそうで、
「すごい素敵な笑顔で言ってくれてさ、俺らみんなとても誇らしくなったよ」と、
思い出すたびに自分も笑顔になって息子が話してくれます。
不登校がファンタスティックって言われる時代が来るなんて、ねえw


資本主義の進むこの先は頭打ちにしか見えないし、だからって共産主義が成功してるように見えない「今」に
なにか新しい風が吹き始めてるのだろうかと、私はなんだか不思議な希望を見た気がしましたよ。

そんな矢先、
私、彼の字がとても好きなのですが、武田双雲さんの



この講義を見ていて、すごく重なることを言っていたので、皆様も是非見てみてくださいませ。

「人間社会は行き詰りました。
産業革命なんかがあってどんどん豊かになってきた。洗濯機が出来て、今ルンバが出来て、ロボットが出来て、
みんなは、便利になってこれから豊かになっていく気がして、豊かになったけど自殺が減らない。
なんか幸せに働いている人が少ないってことに、最初にアメリカやヨーロッパが気づいて、ようやく日本も気づいてきた。
これから会社が利益を出したとしても、幸せになるかって言うと皆疲れ切っている。
社長さんはこの先どうしたらいいか誰も答えを知らない。
江戸時代のお母さんたちはルンバもない、皿洗い機もない、コンビニもAmazonもメルカリもないでしょう?
でも、今のお母さんたちの方が忙しい。人間の代わりがいっぱいあるのに、お母さんたちの心が豊かになってないって
そもそもどこかに矛盾があるんだけれど、今までの常識で生きてきた人達が新しい発想で変えられるわけがない。
頭はいいけど革命は起こせない。
こんな時に出番になるのが、遊んでたアリたちよ!
常識ではまったく想像できない子達が時代を作っていく時代が、やっときました」

って言っていたのです。
あ!インドと同じ話だっ!!ってわくわくしてしまいました。

遊んでたアリたちって(爆)
息子、はいはーいって手を挙げそうw
ああ、もしかしたら、息子を通して新しい動きを見ているのでしょうか。それなら楽しいなあ。


おまけ。
この双雲さんの講義、素敵な子育てのヒントも語ってくれてます。
朝起きてこない息子に、双雲さんの言葉通りにしてみました。
大好物のちまきを蒸して、「あと5分で蒸し上がるよー」
「そば茶入ったよー」
「ちまき、もうすぐー」
ぷっ。食べに起きてきましたw

どうしよう。
いつも朝は各自勝手に食べるルールの我が家ですが、彼のために朝ご飯作ってみようかな?
朝起きてこない悩み、解消されるかしらw


[PR]
# by africaj | 2017-10-29 12:55 | 息子のはなし | Comments(4)

帰宅した夜は息子の食べたいと言うものにしようと尋ねたら、
「牛肉!インドでそんなこと絶対言えなかったからw」

ということで、焼肉屋さんへ(笑)

朝カレーで始まり晩までカレーしか食べない生活だったらしいです。
サラダとかないの?って聞いたら、野菜はカレーで食べるんだとか。
お肉はカレーにほんのちょっと入ってる感じだったらしい。
想像以上に肉をほとんど食べないで暮らしているのですね〜。

ほとんど寝ることなく帰ってきたのは一昨日の朝ですが、翌日から3連ちゃんで
アルバイト入れられてるーってぼやきつつ出ていきましたよ。


インドへの旅の前、直前まで行き先内緒って言われてて、
宿泊先も飛行機の詳細も私が東京に行ってから送られてきたこともあって、
今回は本当に私ほぼノータッチ、彼まかせ。
東京で友人たちに「インド行くなら胃腸薬渡してあげたほうがいいよ」ってアドバイスされたのに、
すっかり告げるのを忘れちゃったくらい。
でも、お腹壊さなかったらしい。
すぐお腹壊すパパではなく、ベトナムでメコン川の水が口に入っちゃったと焦った時も、
まるで大丈夫だった私の胃腸譲りと判明。良かったねえw

だから、手持ちのお金持ってるのかも聞く機会なかったことを
台風アクシデントで「オレ、ルピーしか持ってない」って成田からメッセージ来た時に気がつきました。
見送ってあげたパパに聞いたら、
「「お小遣い持ってきた」って言ってたよ。オレ、お財布に3000円しかなくて、
それだけ餞別にあげた」
3000円〜!?
でも、うち、いつもギリギリしか持たない夫婦なんで、人のこと笑えず。
まあ、アルバイトしてるし自分でなんとかしたのかな?と淡い期待を抱きつつ、謎。
ヤツも年中金欠だしなー。

で、昨日ようやく尋ねることができました。
ね、いくら持ってったのー?
「3000円。」
お前もかーい!
インド行くのに隣町行くような所持金かいっ!!大胆なw

「あ、そうだ。オレ、お小遣い使い果たして、バイト行く交通費もないんだった」
って(汗)

スパイス買ってきてくれたしね。
じゃあ、後になったけど餞別がわりにスパイス代あげるよ。
はい。3000円。

「足りない…スパイス4000円くらいだったからー」

ごめん今、3000円しかないや。
「じゃあ、お土産だし3000円でいいや」とマケてもらい…


って、記事書いてて気がつきましたw
とほほにも、みんな財布の中身が3000円しかないって家族なんだわ、うちって(爆)


まだインドの話までたどり着いてませんが、
シク教にいたく感動した話とか、
ハニービープロジェクトという、面白い動きの創始者に会って聞いた話とか、
とてもすごい話なので、記事に出来たら…と思います。

が、本日私は岡山へ畑を習いに〜。
ただ今鈍行の中。瀬戸を通過中。
書くこと多すぎて追いついておりませんが、行ってきまーす。
今日はいい天気♩
皆さまも良い1日を。


[PR]
# by africaj | 2017-10-25 09:20 | 息子のはなし | Comments(0)

息子、無事に帰宅。

息子とは、朝の7時50分に駅で無事に会うことが出来ました~(ほっ)

携帯のない息子、携帯持っているけど充電が切れそうなもう一人。
もう連絡も取れない状況の中、
偶然にも大学側の先生の知人が同じ新幹線に乗っていたおかげで、助かりました~(滝涙)

真夜中1時を過ぎても復旧の目処が立たない状況、トンネル内に取り残されていること、
心配は同じでも、せめて様子がわかるのは有り難かったです。
こちらは真夜中3時くらいまで連絡とりあって心配が募る中、
二人の様子の写真を送ってきてくれたら、ハイになっていて目が爛々、全然お気楽w
わくわくと楽しそうな顔を見たら、ほっとしてヘナヘナ~。

まさに百聞は一見に如かずですね。

新幹線も近くの駅まで移動でき、そこで車中泊。
車中は快適だとか、ちゃんと水分を取っているとか、細かい報告を色々してもらって、
「アクシデントも、安全で友人と一緒なら、子供にとって冒険ですよね」なんてようやく前向きに。
皆少し仮眠をとりましたが、5時位から動きがあって新大阪まで止まるのどうの二転三転し、また連絡のとりあいとなり・・・

頼りの人が京都で降り、友達が新大阪で降り、新神戸まで最後1人だと携帯持ってないのでまた連絡取れず黙々待つ。
疲労で寝過ごして岡山行っちゃったらどうしようと(←日常的にこれをやる人なので)
顔見るまで心配ばかりしてましたが、なんとか無事。

は~、長い夜でしたー。


彼はお土産だけくれて、寝に行ってしまいました。

d0180447_09491066.jpg

お土産はスパイスの山とお茶w

d0180447_09492657.jpg

私の知っているカルダモンは左のものですが、黒くて大きいこれは、「ブラック・カルダモン」と言うのですって!

d0180447_09493800.jpg

謎の花びらのスパイス。

d0180447_09494951.jpg

松や杉系の実。
調べないと謎なスパイスがいっぱいです(興味津々)

d0180447_09501525.jpg








タマリンドというと、このイメージでしたが・・・、











d0180447_09500191.jpg


プルーンみたいな見た目、「MALABAR TAMARIND」って載っている写真はマメ科とはかけ離れてます。
検索すると、カレーに入れる香辛料で甘酸っぱいのだとか。
マメ科の一般的タマリンドとどう違うのかなあ?
こちらも味見するのが楽しみです♡


一番最初は、インド本場のチャイをまずは淹れてみましょうか。
ご心配おかけしました。
無事帰ってきたので速報しました。

すごかった!面白かった!らしいので、お土産話が楽しみです。
では私もちょっと一眠りをー。


[PR]
# by africaj | 2017-10-23 10:29 | 息子のはなし | Comments(2)

今日は疲れました。

インドから成田についたのはお昼だったはずなのに、音沙汰なく。
関西は夜の10時からピークになるというのに、
18時発の飛行機で成田から帰ってくるのを待っているとメッセージが
16時過ぎにようやく入りました。
幾つか東京からの飛行機が決行になっているのに、息子が乗る遅い便は何故か変更なしのまま。
キャンセルしてさっさと新幹線で帰ることがいくらでも出来たのに、予約とってる便を
何時間も待っているのだとか。

直前で案の定の欠航。

ギリギリまで確認しても飛びそうだったので、パパが迎えに出た直後の欠航。
途中でパパが引き返してきました。

大学の先生に指示を仰いだらしく、とりあえず東京駅に移動してきてと言われて、移動。

息子、相変わらずお馬鹿なので携帯持たずに旅に行ってしまって、
wifiないところだとまるで連絡取れないの。
「迎えに行くのも危ない状況、在来線全部止まってるから、東京で泊まりなさい」って
メッセージ入れたのに、既読にならない〜(ハラハラ)
状況がまるでわからないままですが、救いは関西に帰る子がもう一人いること。
とりあえず指示してくれる大学の先生がいるってこと。

到着時間にはもう西日本は暴風域で危険だから東京一泊を
先生が指示してくれるのを祈りましたが、

数時間後ようやく連絡が入ったと思ったら、
「今、新幹線に乗ったから。到着は10時50分」って連絡を受けて、がっくり。

見事に台風ピークの時に到着するなんてー。
もうね、暴風すごくて運転怖いんですよー(涙)
電信柱折れそうだし、木が倒れてるし、車風で揺れるし、とたんが倒れてるの。
でも、在来線止まってるから迎えに行くしかない~(滝涙)

パパと2人で迎えに行って待っていると、大学側から連絡が入ってきました。
「トンネルで漏水があって、新幹線が停止してるので、最悪新幹線で車中泊かもしれません」

夜中1時に最も接近するって時の12時近くって、もうもうもう、本当に道が怖い。
結局泣く泣く帰る私達も状況が危なくて緊張しっぱなしのドライブ。
パパなんて仕事帰りな上の伊丹空港だ新神戸駅だって無駄なことばかりで、へとへと。

なぜだー。
午後に新幹線で帰ってくればここまでにならなかったのに。
せめて到着時間が台風ピーク時間なら、東京で泊まってこーい。
そのすべての元凶は、息子が携帯持って行かなかったことにある。反省しろー。

で、次の問題は、
中途半端に復旧作業完了で、新幹線が動き出しそうだという連絡が入ったのですが、
一番危険な時に駅に到着は避けてー。
どっちかというと新幹線一泊して台風やり過ごしてから帰ってきて欲しい。
はー、まだどうなるかわからないで連絡待ちしてるので記事書いて気を紛らわしてます。。。


今日はこんな絵を。

d0180447_23534148.jpg

可愛い絵を見つけたので、参考にして描いてみました♪



[PR]
# by africaj | 2017-10-23 01:02 | 息子のはなし | Comments(4)

前半は東京、後半は我が家にいますが、今週はたくさん友人と会って色々な思考をもらいました。

ある日は、朝11時待ち合わせでスーパー銭湯に6時間もいたんですよw
「よもぎ蒸し」なるものを初めて体験しました~。
干し草のような香りが心地よくて
お風呂&サウナの後だったので、汗が吹き出て気持ちよかったなあ。
で、デトックス効果で終了後に溜まった汗が濁るとのことでしたが、私、全く透明。
「出にくいのか、身体がきれいなのか、ですね」って言われたの、それ全然診断になってない気が・・(苦笑)
お昼食べて、温泉1時間、よもぎ蒸し体験して、岩盤浴2時間くらいして、お風呂入って、ビール飲んだ日。
久々の友人とは、お風呂で近況報告しあう文字通り「裸の付き合い」が素直になれて好き☆
肉親を見送ったばかりの彼女と話していると、自分と親との関係も考えます。
親子でも幸せな関係と幸せとはいえない関係、皆様々。そしてもう乗り越え始めている年齢。

ある夜ベトナム料理屋で待ち合わせたのは、25年ほど前よく遊んだ会社の同僚、今もとても近い友人と、久々に会った友人と。
定年を意識する年齢までになると、若かりし当時を知る人々の会社人生にだいたい結論が出ているわけで。
仕事しはじめの20代では想像つかなかった「今」、四半世紀を経ると全てがある種の物語のよう。
すでに会社で中核を担う友人達の頼もしさも、嬉しい。
「中年」の時期って、自分の見てきた世界が、ミステリーに例えるとだんだん種明かし始まる後半って感じです。
私、面白い年齢まで来たんだなあ。

遊んでばっかりに見えますがw
障子の張替えとか片付けとか、家仕事もちゃんと頑張りましたよー。

d0180447_00110285.jpg

全長30cmくらいだった観葉植物の「幸福の木」、
これなんて40年でヤシの木みたいになっていて(汗)天井に着いちゃうほど。
売られていた時の直径20㎝しかない鉢のままが可哀想なので、とりあえず植え替えを。
これ、剪定して2つか3つに背を詰めれば良いのですってね。
生育旺盛になる5月~9月に枝を切って、傷口殺菌剤で切り口を保護し、
発根させて木を分けることができるそうなので、来年にチャレンジしてみます☆


戻った関西で、友人とおしゃべりした昨日。
やはり人間50年近く生きると、「子供時代から今」までの色んな情報で推理できるので、
昨日も深く面白かったです。
その中で印象に残ったのが、心理学を学んだ友人の言ったこの言葉。

「人間って、愛情が、例えば器に水が並々と注がれて溢れるくらいになって、初めて同じように他の人に分けてあげられるんだって。
つまり愛情が足りないと、他の人に愛情を分けてあげられないの」

いっぱい身の内に取り込んでようやく外に表現しだす。
才能とか、色んなことがそうよねって言ったら、
「でも、愛情だけは誰かに注がれない限り、自分じゃどうにもならないのよ」と。

切ない言葉でした。。。
親には出来て子供本人にはどうにもならないこと。
子供を育てる時に、知っておきたい大事なことかもしれないですよね。

d0180447_00521557.jpg

東京滞在から昨日までで読み上げた、この本。
ナチス・ドイツもの3冊目。
皆川博子を薦められたので、どの系統の人かも知らずに読み始めた700ページ弱の本。
わけも分からず読んだわりに、流れる文章、一度も興味を途切らせず読み手を引きずっていくwストーリーテラーで、
さらに最後、この本ってミステリーだったのかと気付かされてからは前のめり。夜更かしで読了。
須賀しのぶから始まったナチスドイツもの、彼女がジェットコースターストーリーと言われるのに対して、
皆川博子は興味を常に刺激しながら安定した上向きエスカレーターって感じでしたw
「神の棘」「また、桜の国で」「死の泉」3冊読むと、
二枚舌で巧みに他の国を踏み台に逃げ切り勝ち残るイギリス、資源に富むアメリカの節操のなさ。
持てる国達に暴走するまで追い詰められた資源ないドイツと、日本は似ているとよく言われるけれど、
国際関係で捨て駒に見なされた「武器も資源も持たない」ポーランドの辿った悲惨な歩みも、
日本は排除しきれていないわけで冷や汗。
今週選挙だから余計に考えさせられたかも、です。


p.s.
亀さん、面白かったから続きに進むよー。
次、「海賊女王」ね。



[PR]
# by africaj | 2017-10-21 18:26 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)