ビシソワーズ。

ビシソワーズが大好き。
ハンドミキサーを初めて買ったときの理由は、ビシソワーズを作りたかったからでした。

なんでこんなに、簡単なのに美味しいのでしょう。
暑い夏、むしょうに飲みたくなる、冷たいビシソワーズ。
d0180447_12484976.jpg
きっと、作り方を書くこともないでしょうが。

ジャガイモ中くらい            2個
長ネギ(本当はポロ葱)みじん切り  1本
オリーブオイル              適量  
バター                   適量
塩コショウ
コンソメスープの素           キューブ半分
ひたひたの水
牛乳                    適量

1)長ネギをオリーブオイルで弱火にして炒め、バターを落として風味を付ける。
2)圧力鍋に、長ネギ、適当に切ったジャガイモ、塩コショウ、スープの素、ひたひたの水を入れ
 沸騰して圧がかかったら火を止め、圧が抜けるまで放置。
3)ハンドミキサーでペーストにして、冷たい牛乳で好きな濃度に薄める。
 飲む時に、生クリームを落とすとさらに美味しいですっ。

d0180447_12485836.jpg
これは、イタリア風肉だんご。
中にパセリとパルミジャーノ・レッジャーノをいっぱい入れて、フライパンで
コロコロじっくり焼いたもの。
最後にレモンを絞りかけて、さらに炒める仕上がりで、夏に口当たりサッパリですっ。

d0180447_12494100.jpg
お野菜は、ラタトゥイユ。
日本では、夏野菜でしか美味しくならない、今の時期のお料理。
これは、ピーマンだけ、グリルで焦がして、皮を剥いたものを後から加えてます。
大量に作って、何日かに分けて食べてったら、初日はトマトの酸味が勝っていまいちだったのが、
3日を過ぎるうちに甘みが勝って、えも言わぬ旨みが出てました。

スペインで作ると、最初からこんな味になるんですけどね。
日本では3日目から美味しいんだなって、発見。
以来、ラタトゥイユに3日目ルールができた我が家なのでした(待つのが難しいんだけど 笑)



[PR]
# by africaj | 2012-08-11 13:13 | 西洋ごはん | Comments(14)

素敵な山暮らし。

いつか小さな畑を持って、根を張るように暮らしたい。

そう思い始めて、ちょっとずつですが日本の田舎を見て回っている、ここ一年。
今回訪れた、「山と海とつながっていくこころ」kotoriさんとオンジさんのおうちは、
フィレンツェのchihoさんが繋いでくれた縁でした。

約束の場所に到着してキョロキョロ。お、山の上からてるてる坊主が猛ダッシュで降りてくるなあと思ったら、白い薄手のパーカーを羽織ったkotoriさんでした(笑)
d0180447_1628476.jpg
敷地内を漂ってるニワトリさん達、いいなあ。
生き物がうろちょろしてるのは賑やかで居心地いいですっ。
d0180447_16281851.jpg
チョコちゃんが、笑顔で迎えてくれました(笑)
でも、本日はモーレツ頭突きちゃんだったので、あんまり近寄れなかった・・・。
d0180447_16293077.jpg
自分たちの気に入ったように作り替えた、山小屋風のお家は手作り感が風合いを出してました。
屋外キッチンも自分たち仕様で楽しい空間。イタリア風の素敵なお風呂は、薪炊きですっ。
d0180447_1630229.jpg
blogで彼らの暮らしを見てると、息子が生まれる前の私とパパの暮らしに似てる気がして。
実際にお会いして、彼らの話にとても共感持てて、似た空気を感じてうれしくなりました。
d0180447_16303480.jpg
これは、kotoriさんが用意してくれたひよこ豆のサラダ。ミントが効いてて爽やか。
d0180447_16304140.jpg
ししとうのサラダとトマトのサラダ。ひよこ豆以外全部ここの畑で採れたお野菜。おいしいっ。
私はスペイン料理として、ガスパチョと、ダティルベーコン(デーツのベーコン巻き)をば。
d0180447_16304923.jpg
畑から取ってきたアイコで、オンジさんが作ってくれたパスタ。
イタリアやスペインで作るポモドーロの濃い味が、ちゃんと再現されていて、美味しかったぁ。
私は、日本ではミニトマトしか使わなくなってますが、それでも水っぽさや、味の薄さを感じて、
半分はイタリア製ミニトマトの缶詰を半分量入れて作るのですが、オンジさンのは全部フレッシュ。そのコツは・・・
「潰さずに熱を加えてしばらく置いておくと、セミドライトマトのように汁気が抜けて味が濃くなりますよ」って。そうかぁ。やってみます!しかも、やっぱりアイコが一番ですねっ(喜)
d0180447_1631161.jpg
古民家を這い上がるゴーヤが絵になります。
d0180447_1631910.jpg
「へなちょこファーム」も見せてもらいましたっ(喜)ちょっとずついろんな種類が育ててありました。
無農薬、自然農法。私も最近調べるにつけ、雑草を活かす農法に興味が湧いてきてるので、
「へなちょこファーム」が見られてとっても嬉しかったですっ。本当にありがとうですっ!
d0180447_1631175.jpg
元気に育ったメロン。
d0180447_16312495.jpg
割り高なアイコちゃんが、たわわに生ってて、羨ましい~(羨望)
トマトは雨に打たれると、皮が割れちゃうって初めて知りました。
人生45年、農業に関してはほーんと無知です。ちょっとずつやれたらいいなあ。
d0180447_16313237.jpg
チョコちゃん、ごめんよー。お母さん独占しちゃって怒ってる?(えへへ)
d0180447_16314868.jpg
ミョウガがいっぱい。
地面からいきなり咲いてるミョウガの花を初めて見ました。白く可憐なのっ(感動)
でも、咲く前じゃなきゃ食べられないそうで。そういえば蕾だったんですねぇ。
d0180447_16315747.jpg
手作りのお茶とすうちゃん。
お茶の木から詰んできてお二人で作ったお茶は、不思議にも紅茶風味で優しいお茶でした。
d0180447_1632379.jpg
すうちゃん、美人さんだな~(ラブ)
ピウ君は、あれ?写真なかった(汗)一番懐いてくれたのに、ゴメン~。
d0180447_16321272.jpg
優しく上品な徳島の和三盆。
d0180447_16322010.jpg
そして、この黒糖も徳島産と聞いてびっくり。
南国イメージの黒糖ですが、徳島もサトウキビが美味しく育つんですね!すごく美味しいのですっ。
d0180447_16324395.jpg
玉ねぎが一杯干してあるのが、素敵でした。
根切り虫にやられてダメになったりで、今年やっとできたとか。
コツコツと作ってきた今までのお話はハプニングに満ちていて、いつまでも聞いていたかったですっ
d0180447_16325142.jpg
とても気持ちのよいお2人との楽しいひと時、ありがとうございましたっ。
d0180447_21223953.jpg
「へなちょこファーム」で摘ませてもらった、愛情いっぱいのお野菜。
ミント、生命力強いね!さっそく鉢植えで増やしますっ。
今度は是非、我が家にお越しくださいね~っ。
[PR]
# by africaj | 2012-08-06 17:39 | おでかけ | Comments(22)

ネットを見ていると、わかりやすく世の中を解説してくれる記事があって感心します。
そんなグッと来るものを見つけると、誰かにも教えたくなるので、ここに載せていこうかと。

私は、社会主義と共産主義と全体主義が、いまいちわからなかったんですが、
これですっきり(笑)
共和党と民主党の違いもよくわかった!
・・・って、日本の民主党も・・・この先どうなるんだ(涙)
アメリカ企業、爆笑。


●封建主義
あなたは牛を2頭所有している。領主様がときどきミルクをお召しになる。

●社会主義
あなたは牛を2頭所有している。すべてのミルクは政府が巻き上げてしまう。

●共産主義
あなたは牛を2頭所有している。政府が1頭を召し上げ、それを隣の人に与えてしまう。

●全体主義
あなたは牛を2頭所有している。政府が両方を取り上げ、あなたに面倒を見させて、しかもミルクを売りつける。あなたは地下にもぐってサボタージュ活動を始めるしかない。

●資本主義
あなたは牛を2頭所有している。1頭を売って代わりに雄牛を買い、牛の数を増やして拡大再生産する。あなたはそれらを売り払って、引退してカリブ海に移住する。

●ウォール街金融道
あなたは牛を2頭所有している。将来のミルクを担保にして債券を発行し、それにサブプライムローンを組み合わせて高利回り高格付けの金融商品を組成する。ところがバブルが崩壊してしまう。

●ナニワ金融道
あなたは牛を2頭所有している。さらに牛を増やすために、高利回りを謳って資金を集める和牛商法を始める。ところが危ない人のお金を預かってしまったために、淀川に浮かんでしまう。

●キリスト教
あなたは牛を2頭所有している。あなたは1頭を残して1頭を隣の人に与える。

●共和党
あなたは牛を2頭所有している。隣の人は1頭も持っていない。で、それがどうしたの?

●民主党
あなたは牛を2頭所有している。隣の人は1頭も持っていない。あなたはそれを申し訳なく感じて、税金を上げようとする政治家に投票する。政治家は税金を上げるので、あなたは牛を売らなければならなくなる。政治家はその税金で牛を買い、隣の人に与える。あなたは正しいことをしたと実感する。

●アメリカ企業
あなたは牛を2頭所有している。1頭を売って株主に利益を還元し、残った1頭で4頭分のミルクを搾り取ったところ、死んでしまったので驚いた。

●フランス企業
あなたは牛を2頭所有している。でも3頭目がほしいからストライキに出かける。

●日本企業
あなたは牛を2頭所有している。10分の1のサイズで、20倍のミルクを出す牛に改良する。

●ドイツ企業
あなたは牛を2頭所有している。100年生きて、月に1回しか食べず、自分でミルクを絞るような牛に改良する。

●イタリア企業
あなたは牛を2頭所有している。でもどこに居るのか分からない。まあ、昼飯にしようか。

●メキシコ企業
あなたは牛を2頭所有していると思っている。でも、牛がどんなものか知らない。まあ、昼寝にしようか。

●ロシア企業
あなたは牛を2頭所有している。数えてみたら5頭になっていた。数えなおしてみると今度は12頭だ。まあ、数えるのは止めてウオッカを開けようか。

●中国企業
あなたは牛を2頭所有している。おおい、メラニンをもって来い。

●インド企業
あなたは牛を2頭所有している。あなたはそれを深く崇拝する。

[PR]
# by africaj | 2012-08-03 13:45 | 世の中のお勉強 | Comments(10)

家庭の医学

昨日、息子が「ムカデ」に噛まれました。
あろうことか、家の中に潜入してたようで、やってきた息子の足に噛み付いたらしい。

石をひっくり返すと普通にいるようなムカデが、
毒があって噛まれると腫れて、下手すると医者行きになるって知りませんでした(汗)
ってか、危険なのは足がわさわさしてる「ヤスデ」だと思ってたんだけど、違うんですね。
ヤスデは気持ち悪さで「不快害虫」なだけで、毒性はなく、
ムカデが、肉食で、顎の先端から毒を入れるんですねっ(驚)

d0180447_17441472.gif

(イラスト@フマキッズ子供研究所)

泣きながら「ムカデが噛んだ~。痛いよ~」って言う息子を見て、大急ぎで退治しましたが。
かなり痛そうでビックリ。大急ぎで対処法を検索しました。

ムカデの毒は、酵素毒で43度以上の熱に弱い。
成分は、ヒスタミン様物質、溶血タンパク質が、幹部やリンパ節の痛みや腫れの原因になる。

とのことで、対処としては、

大急ぎで45度くらいのシャワーで貯め湯しながら20分温めてから、患部を石鹸でよく洗う。

同時に、抗ヒスタミン剤の錠剤を飲ませて、抗ヒスタミン剤の軟膏を塗る。


お湯で痛みが和らいだ後、しばらくしてまた痛み始め、またお湯に20分浸けました。
今度は、痛みが戻ることはありませんでした。
お薬は常備している「レスタミンコーワ」の軟膏と錠剤を。
(私と息子は、虫さされにアレルギーがあるようで、蚊に刺されても熱を持って腫れるので、
この「レスタミンコーワ」は常備してるんです。かゆみや腫れを劇的に鎮静する頼もしい奴です。
同じように腫れてしまう人に、これはオススメ)

翌日はまったく問題なく治ってました(ほっ)


記事にするために、さらに調べていたら、
一般的に定着しているのは、冷やす方法らしい。
対して43度以上の温熱療法の方は登場してまだ5年程度で、
一部医療機関で実践され始めた段階なので信頼できる論文はなく、ほぼ民間療法の状態。
うかつに試してしまったことに、冷汗ですが、
結果的に効果があったのか痛みが治まったのは確か。

面白い処置方法で、かつ効果的だったので、ここに記しておこうと思います。
ムカデ、恐るべし・・・(汗)
[PR]
# by africaj | 2012-07-31 12:23 | 暮らしのちっちゃな知恵袋 | Comments(16)

かき氷

d0180447_13311140.jpg


毎年、夏を感じると一番にかき氷が食べたくなるのは、息子です。
かき氷器を出して洗って、氷をセットするのも、彼。
昨日、この夏初めてのかき氷を作ってくれました。

今年は6月に作った手作りの「赤紫蘇シロップ」があるので、それをかけて。
さらに、水ようかん用に待機してた餡。そして練乳~。

ちょっと紫がかったクールな赤いシロップと、餡のエンジ色が、思いのほか涼しげ。
味も、氷砂糖で作ったせいか、サラリと上品に、かき氷を甘くして。
「お・い・し・い~!!!」


節電で、今年は扇風機だけで日中を乗り切ろうとする日も多いです。
「ママが子供の頃も、ECOの為にクーラーを付けないとかの節電してた?」と聞かれて、
・・・ママが子供の頃って、クーラーがまだ一般家庭に普及してなかった
と答えて、驚かれてしまった。
追い打ちかけるように、「さらに、ビデオもレンジもオーブンもなかった」
と言って、驚かすのを楽しんでしまいました(爆)

家にやってきた、小さな「オーブントースター」に家族全員がうれしくなって、
初めてカップケーキを母が焼いてみて、みんなで「美味し~!」って食べた。
あんな時代の思い出を持ってる私は、幸せだなあと思います。

扇風機に濡れたタオルをかけると、冷たい風が来るけれど、勢いは弱くなる悩み。
霧吹きで顔を濡らして、回る扇風機に体を揺らして風にあたった話し。
アイスを食べながら扇風機に当たると、どんどん溶けて焦ったり。
だから風に背を向けて、風を遮ってアイスを食べる技を考えだしたり。
子供の頃の試行錯誤が、バカバカしくて楽しかったなあと、息子に話したら、
彼は、「いいなあ。クーラーがないほうが、きっと楽しいよ」って。

かき氷を食べて、熱い体がスーッと温度下がる感覚が懐かしいです。
ボーっとしてた頭と身体が、ラクになる感じは、長らくクーラー生活で忘れてました。
子供の頃をたくさん思い出す、今年の夏です。



[PR]
# by africaj | 2012-07-27 13:36 | おやつ | Comments(6)