イタリアとスイス国境近くで、石の家をせっせと改築しているTomさん
日本に戻っておられるのですが、「ドライトマト、欲し~っ!」って言ってたら
おみやげに送ってくれました(半強制? 笑)

d0180447_10251359.jpg
縦割り、ドライのイタリアントマトって初めてみました。
ドライのチェリートマトもいっぱいっ♡
クセのあるチーズが大好きな私に、山羊のチーズもっ。
スペインに住まなくなって、毎年恒例だったモーラ(ブラックベリー)摘み&ジャム作りが
できなくなった我が家に、懐かしい味、しかもTomさん手作りのジャムっ。
美味しそうなパスタっ。
息子に、ブリキのおもちゃの金魚っ。

すでに中1の息子ですが、大喜びでお風呂に持って行って、浮かべて入浴しとりました(爆)


夏が旬のトマト。
日本の気候ではどうしても水っぽくて、料理にはミニトマトを使うのですが、
夏が過ぎると、一段と旨みが物足りなくなりますし。
イタリアントマトの缶詰は、なぜかスペインやイタリアで買うものよりも酸味が強くて、
しくはくと調味料を色々足してコクを出すのですが、なにもしなくて滋味深いものとは
違う美味しさしかでないのが、残念で。
缶詰にチェリートマトの水煮を使う上に、
ドライトマトを刻んで入れるようになって、ようやく「ああ、これだ」と納得の味に落ち着きました。

今年も美味しい冬が過ごせそうですっ。
Tomさん、ありがとう!!
[PR]
# by africaj | 2013-10-15 10:56 | 雑記 | Comments(2)

6月の手仕事など。

お久しぶりです。
6月の、なんとも忙しかったこと。
blog更新もままなりませんでした~。
梅やらっきょうの売り出しがめっぽう早いし、空梅雨だし、どうも予測の築かない6月です。
せっせと色々作ったり、もらったりしたので、ダイジェストでっ。

d0180447_14401017.jpg
去年2kgで冬を越せなかったので、今年は3kgのらっきょうを漬けました。
皮をむいて塩漬けにしてしまえば、後は面倒ではないのですが、皮むきがねー。
1kgの差がこたえましたが、なんとか。
手作りし始めると、市販のらっきょうが甘すぎて食べられなくなってしまいました。
らっきょうは、刻んでたまごサンドに入れたり、タルタルソースにしたり、一年中大活躍です。
今年は何月までもつかなあ。
でも、なくなってしまったららっきょう酢は捨てずに置いておいて、市販のらっきょうを酢を切って
数週間漬け込んでます。美味しいらっきょうになるんですよ(ようは、甘酢ですね)

d0180447_1441856.jpg
今年は南高梅を買ってきて、はじめて梅干しを漬けました。
長年実家の父と母が漬けてきたレシピです。
病気すると、この梅干しじゃないと、私も姉も、そして今ではうちの息子もダメなのです。
だからなんとか、引き継ぎたいなと思うのでうが、どうかなあ。
実家にいた時は、梅を干したザルを取り込む手伝いくらいしかしてなかった私。
熟してるくらいで漬けるのがいい・・・なんてことすら知らずに、青い梅を買ってしまい、追熟です。
母に写メを送っては指導を仰いでます(笑)
しかし、うちの梅レシピ、塩の少なさにびっくりでした。これでよくカビさせずに作ってるなー。

d0180447_14411868.jpg
うまくいったら来年は樽か瓶を買う気になりますが、マンションでは場所をとるものをそう買いたくないので、今回はジップロックで。
毎日ひっくり返してカビがでないようにして、なんとか今は大丈夫。
土用までうまく漬かってもらいたい~(祈)

d0180447_14413148.jpg
つけ終わった頃に、kotoriさんから、無農薬無肥料のすごく香りの良い青梅が届きました。
kotori&onji夫妻が一生懸命摘んだ梅です。南高梅よりずっと良い香りでした。
さっそくこれで、梅シロップを漬けました。
去年は凍らして作ったのですが、酸味が強くて香りが薄いシロップになったのを反省し、
今年は凍らせず氷砂糖とキビ糖を梅に対して少し多めに入れて作ってます。
ようやく梅がしわっしわになってきましたが、あともう少しです。わくわくっ。

それと、ちょっとだけ「梅醤油」なるものを作ってみました。
醤油に梅を漬け込むと、酸味爽やかな夏の醤油になるとのことで。
今回は作れなかったけれど、「梅味噌」なるものもあるとのこと。美味しそうです。

d0180447_14413928.jpg
青梅と共に小梅も送ってきてくれました。
普通の梅と比べるとほんとーにちっちゃいっ。
カリカリ梅にしようと調べたら、カリカリさせるには卵の殻をたくさん使うんだそうです。
卵のカラ、すぐにそんなに集まらないよーって、集めてるうちに小梅が追熟を始めたので、
カリカリ梅は諦め、今回は梅ジャムにしました。
この梅ジャムが!美味しくできたんです。きび砂糖使ったからかなあ?
ジャムとして食べても美味しいですが、お肉を煮る時に醤油と混ぜて使うと最高の調味料に。

d0180447_14414883.jpg
こちらは島根のみづちゃんファミリーから届いた、笹餅。笹の良い香り~(幸)
雲南のおばあさんが手作りしてる・・・この立体感、縄も編んだのがわかります(感激)

d0180447_14415511.jpg
お餅を茹でて、笹をむくと、お餅がちゃんと笹の棒についてる状態で出てくるんです。
それを、きな粉を付けて食べる、素朴なお菓子なのですが、
夕暮れ時に食べてると、なんとも昭和な気分でほっこりします。
きな粉も島根のものをわざわざ送って下さって、これがそこらで売ってるものと違って
味が濃いんです。ほんとうに不思議。きな粉でもこんなに味が濃い薄いがあるんですね。


そして、赤紫蘇のシロップを作り、梅にも赤紫蘇を入れ・・・。
これはまだ写真とってません。今年もかき氷のシロップにするので、その時にっ。

そんなこんなで6月も終わろうとしてますね。
美味しくて楽しくて疲れる、忙しい月。
でも、あとに楽しみがいっぱいの、素敵な月で大好きです。



[PR]
# by africaj | 2013-06-17 12:06 | 季節の手仕事・発酵もの

フロランタン

d0180447_11521319.jpg

長年のblog友モネちゃんがいつも焼いているフロランタン。
レシピを写真入りでクックパッドに載せてくれたので、焼いてみました。
(ちなみに、このレシピのもっと詳しいコツを知りたい人向けバージョンもあります)

スライスアーモンド、生クリームあたりが常備じゃないから、買いに行って作り始めました~。
あとは、まったく難しいところはなし。
ステンレスボウルを火にかけながら材料を合わせていくだけだから、洗い物も少ないっ♪
とりあえず、要領つかめるまでは3時間くらい考えて、
午後イチでとりかかるイメージですな。
すると、みんなが帰ってきた時食べられて、夕飯作りまでひと休みもできる。うむ。

d0180447_1224051.jpg
天板いっぱいに焼いたものを、粗熱がとれた所でまな板にひっくり返して出し、
3等分に切って、12等分・・・したので、36枚も!で~きたっ♡

d0180447_1245215.jpg
わーい、お店で1つ100円とかで売ってるフロランタンそのもの!
なんだか、とーっても贅沢なティータイムの1週間になりましたよー。
これは、いいっ!

家族のためにももちろんですが、プレゼントに最適で嬉しくなりましたっ。
そして私は今日また焼くつもりなんですっ(えへへ)



[PR]
# by africaj | 2013-06-08 12:17 | おやつ

砂肝のパスタ

d0180447_1123579.jpg


肉類をイメージした時、牛、豚、鳥に飽きた気分になったら、
砂肝をバリエーションに入れる感じで、砂肝料理はよく作ります。
揚げたり、生姜と砂糖醤油で煮たり、茹でてネギとポン酢に漬けたり。
薄切りで生姜ニンニクや豆鼓と中華スープで青菜と炒めたり。

パスタに入れたいなと思ったけれど、硬さが具として浮きそうで、
繋ぎになるものが必要だなーと思い、黒オリーブをペーストにし赤ワインで緩めて使いました。
味付けは塩。


砂肝 薄切りに。
黒オリーブ  15粒ほどをミキサーでペーストに。
赤ワイン    ペーストが緩む程度
赤唐辛子    

EXオリーブオイル

醤油      少々
浅葱      少々

材料を炒め、やや固めに茹でたパスタ加えて炒め、
最後にちょっと隠し醤油、浅葱パラリ。
やや無国籍だけど、美味しかった~。

黒オリーブペースト(具に肉を入れない時は、ペーストにアンチョビーを入れる)で作るパスタ、
好きなんです。


----------------------------------------------------------------------

博物館のボランティアスタッフが始まって、のんびりですが
街の歴史案内や博物館常設展に立つために自分が勉強しなきゃいけなくなってます。
5月は「銅鐸」の研究会。これは面白そうだなー。

今週末、町おこしとして街中に流しのミュージシャンが溢れる催しがあるのですが、
面白そうだから、家族で参加するのです。
私と息子は当日、ミュージシャンのお付きの仕事を引き受けて、
相方はビデオ撮影を。

来週末は、
去年通っていた大学のゼミの今年度の生徒に、去年の卒業生が一日授業をするのです。
卒業生の私たちは、授業内容の打ち合わせの為、今週来週平日は集まったり、ネット会議。

5月は色んな物が重なってて、気ぜわしくやってます~。




[PR]
# by africaj | 2013-05-15 11:42 | うちごはん

どうにもわからない。
流れを聞けば聞くほど、何故解任問題にまでなるのだろうか。

解任理由が一貫して「国会ルールを破ったから」の一点張りだけれど、
川口さんの言っていることは筋通ってないかなあ??
だって、
今までのように弱腰ってんじゃなく、毅然としながらオトナの対応を・・・と
中国との対話のチャンネルは常に持って、話し合いで模索を続けると言ってる安倍さんに沿って、

尖閣問題について発言する機会が目の前にある中、国益を優先すべきだから滞在延長を打診したわけで。
委員長不在で、代理を立てて委員会を開催してくれという申し出もしていたわけで。
(@川口順子オフィシャルサイトの詳細経緯より)

それを拒否したのは野党だし。
この場合、無断欠席とは話が違うと思うんだけど・・・。


結局、「国会ルール」と「国益」のどっちが大切かって話とのことだけど、
ルールは、便宜上決められた単なる決まりで、
「国益」は他国との日々変わる関係に一瞬のチャンスを掴む・・・みたいなナマモノで、
国益を考えないと「日本経済の再生」も「領土問題解決」もあり得ない大切な部分じゃないの??

国会で国民の代表たちが話し合っているのは「国益」なんじゃないだろうか?
とか考えてしまう。

どうして「ルール守れ」って主張が「国益」を上回るの?
どうして、川口順子さんは解任されなきゃいけないの?


そして、解任を主張した民主党がどうして、夏の参院選のマニフェストで、
国会改革として、海外出張などを容易にするため閣僚の国会出席義務を緩和するとともに、
「開会中でも政党・議員外交が積極的に行えるようにする」(@yomiuri

と謳ってるの?


・・・つまり、本当に川口さんは「現行ルールに反したから」ってだけの解任?
尖閣問題を飛び越えて、「沖縄も中国の領土だ」って主張を始めてる中国(@NHK)を前に、
(でも、「沖縄は日本に帰属」との毛沢東の外交文書が見つかったから、収束するかな・・・@時事ドットコム
野党は、自民党の持つ中国との交渉パイプを悪戯にぶち切って支持率下げたいだけに
しか見えないのは、まだ私が情報収集しきれてないんだろうか。


今の中国は本当に怖いなと思う。
尖閣海域で海自が必死で水をかけて追っ払ってるこの現状の中、
話せる時にできるだけ話すことを「必要」と感じた川口委員長は間違ってるんだろうか、
だって・・・、中国の要人ときちんと話せる人材って、そう替りはいないんじゃ?
いち主婦の目から見ると、国際間をもっと柔軟にやっていくべきに思えるんだけど。
結局解任されちゃったけれど、こんな結末で・・・いいんだろうか。

どうも、わからないのです。




[PR]
# by africaj | 2013-05-10 01:22 | 雑記