週末は、

パパが朝食を作ったら、私が洗う。
昼を息子が作り、パパが洗う。
夜を私が作り、息子が洗う。

そうなったら素敵だなーってずっと思って子育てしてきました。
中2になって、しっかりしてきたので、
本当に提案してみました。

男衆も「いいよ~」って、かるい二つ返事だったので4月から始まりました。

みんな何かを作り、どこかで洗うの。


息子に関しては、私たちがお料理を教えつつ、
覚えたものはどんどん自分で作る感じにしました。

レパートリーが今のところ、
クックドゥーのレトルトベースに、スパイスを足して作る「麻婆豆腐」。
たらこパスタ。
ポモドーロ。

先週教えて、
本日もたらこパスタ。
中2くらいになると、覚えが早くなったみたいで、
放っておいても15分もしないうちに「できたよーっ!」のお呼びがかかりました。
小学生のうちは、何度作らせてもどこかもたもたしてたもんですが。

d0180447_16261487.jpg
先日教えた、トマトソースベースのパスタ。
いつも当然に思ってた最後のオレガノが、
トマトソースに特に合うことをようやく実感したようです(笑)


マッシュルームとベーコンをいつ加えるか悩んでいた息子。
マッシュルームを生で食べてみて、「塩を振ったらもっと美味しいと思う」って言ったので、
ベーコンを炒めて出た油と塩気で、マッシュルームを炒めたら味がついて、
それからトマト缶を加えると、最後にマッシュルームを入れるより美味しいって違いを
一緒に考えてみたら、すごく感動していました。

お味噌汁作りの時は、葉物は味噌をといた後に入れて沸騰させずに火を入れ、
根菜は水からというのも、小さい時からずーっと教えてきたのに、
今になって開眼したように納得していたし。

理解できる時期があるんでしょうね。
うちの子はきっと今なのかな。


親と子だけど、守り守られる関係から、
共同生活してる仲間のような関係になれたら楽しいなって、思うのです。
そして、休日は私もお母さんをお休みですっ。うーん、素敵だっ♡


[PR]
# by africaj | 2014-04-27 12:46 | 息子のはなし | Comments(2)

北斎展、はじまった。

神戸の市立博物館ではじまった「ボストン美術館所蔵の北斎展」。

昨日今日と、オープニングセレモニーのお手伝いをしたご褒美として、
学芸員さんから解説をしていただいて、じっくり見てきました~っ。

富嶽三十六景と言うけれど、実際は後に10枚追加されて四十六景あるそうで、
三六シリーズから17枚、追加シリーズから4枚展示されてました。

どれも美しいのだけれど、学芸員さんのお話が面白かったので、
ここに書き留めておきます。
もし見に行かれる方は、ここに書いてあることに注意されると、面白いですよ。

d0180447_21522878.jpg世界的に有名な「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」がトップです。
これ、つい神奈川県の湘南あたりを思いますが、
昔は横浜のことを「神奈川」と言ったので、これは横浜沖(東京湾内)の風景とのこと。
って、東京湾内でこんな高波ありえないですけど(笑)

d0180447_21524526.jpg赤富士で知られる
「富嶽三十六景 凱風快晴」もありました。
関連展示室で、赤富士がどのように刷られたか、色の乗せる過程を
全展示してあるのが面白いですよ。

d0180447_2220082.jpgこれ、佃煮が有名な佃島。

d0180447_22265261.jpgこれは「深川万年橋下」。
しじみ飯の有名な深川。
万年橋、支柱いっぱいあるところを、富士山見せるのに邪魔で
スッキリ2箇所にしちゃったらしい。

d0180447_2230221.jpg「青山円座松」の青山って、山が青いからかと思ったら、
本当にあの、渋谷区青山のことなんだとか。
って、絶対青山からこんな風景見えないし~って思いつつ、見るのも楽し(笑)

d0180447_22321160.jpg「穏田の水車」これも、渋谷区青山で描かれた富士だそうな。
オシャレの代名詞、青山も昔はこんなだったかと思うと、感慨深いなー。

d0180447_22371766.jpgこれは、北斎の斬新な挑戦なのだとか。
確かに、こんな大木で富士を隠しつつの構図が格好いい。
この遠近の対比を、広重が真似るのだそうな。

d0180447_22395767.jpgこの強風表現は、ヨーロッパの画家にかなり影響を与えたのだとか。
実物見ると、もっともっとすごいっ。


そしてね、個人的に一番面白かった絵がこれ。

d0180447_22412967.jpg「甲州三坂水面」。この湖、河口湖なのだそうな。
よく見ると、あれれ?夏の富士山ですが、逆さ富士は雪が積もってて、
しかも富士が裏返ってるの!だまし絵みたい(喜)
北斎がどうしてこんなことをしたかは謎らしいですが。



こんな感じで、「諸国瀧廻り」も、ボストン美術館だけが揃ってるそうで、全八枚展示されてます。
八枚とも、富嶽三十六景のように、本物とぜんぜん違うそうで、
北斎は頭のなかの風景を描いてたようです。

d0180447_22553113.jpg有名な「百物語」は100あるはずだけど、現存は5枚のみ。
全部展示されてました。
これ70歳過ぎてからの作品。



しかも!

d0180447_2258758.jpg百物語のテーマ、初期の片鱗、
20代で描いた「化け物屋敷百物語の図」も展示されてました。

都市伝説みたいなものをテーマに、
人間を泥臭くかいた浮世絵師は北斎が初めてだそうな。



d0180447_236643.jpgこれも気になった絵。
「両国橋夕涼花火見物之図」。
いや・・・花火がしょぼすぎてですが(笑)
と思ったら、当時の花火は赤しかない吹上花火で、これは忠実に描かれてるのだとか。
本当は空は黒かったはずが、退色してしまったらしい。


d0180447_23114732.jpg北斎独自の「三割の法」という遠近の描き方も面白かったです。
水平線を紙の下1/3 もしくは、上1/3に置いて描くのだそうな。
この絵は、つまり上1/3に水平線を持ってきてると・・・。



北斎は途中で洋風版画(エッチング・銅板)
当時の第一人者 亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)と司馬江漢(しばこうかん)
の影響を受けるのだとのことで、展示もそういう流れで見られるようになってました。
影響受けた人の絵も見たかったなーと思ったら、
神戸市立博物館にも所蔵されていて、関連展示で見ることが出来ました。

北斎展は、そういう意味で、
北斎が影響を受けた亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)と司馬江漢(しばこうかん)の絵、
北斎が師事した 勝川春章(かつかわしゅんしょう)の絵、
北斎の弟子 昇亭北寿(しょうていほくじゅ)の絵も見られて面白いですっ。

そしてそして!!!
北斎の三女 お英、 画姓は葛飾応為(おうい)の絵「三曲合奏図」が展覧会場最後に飾られてました。
ネットで見かけた説明によると「江戸のレンブラント」と称されてると。

私的に彼女の絵で一番素敵と思うのはこれ、
d0180447_23255725.jpg
「吉原格子先之図」。
これは、渋谷の「大田美術館」が所蔵。(今回の展覧会には、ないですよ)


北斎は奇人変人で知られてますが、引っ越し93回もしたんだそうな(驚)

「私は6歳より物の形状を写し取る癖があり、50歳の頃から数々の図画を表した。
とは言え、70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。
73歳になってさまざまな生き物や草木の生まれと造りをいくらかは知ることができた。

ゆえに、

86歳になればますます腕は上達し、90歳ともなると奥義を極め、
100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。
100歳を超えて描く一点は一つの命を得たかのように生きたものとなろう。

長寿の神には、このような私の言葉が世迷い言などではないことをご覧いただきたく願いたいものだ。」

北斎の、死を抗う言葉がカッコイイですよね。
私など人生まだ半ばだなと、つくづく思います。

ぜひぜひ、見に行ってくださいませ。
今回の展覧会も、面白かったですっ♡
[PR]
# by africaj | 2014-04-25 23:38 | 本と映画と美術展と演劇と | Comments(10)

卵とブルーチーズのサンドイッチを食べた後、大急ぎで畑に行ってきました。
すごくいい天気で、水曜日から気温がグングン上がるって予報なのだもの。

今朝もウマ君たちが元気にお出迎えしてくれて。
d0180447_053032.jpg

d0180447_053738.jpg
笑わせてくれました(ぷっ)
かわいーのぉ~♡

d0180447_0112552.jpg
種から育てたズッキーニたち。
太マジックで子供が描く「植物の芽」みたいな、「誰がなんといっても芽」って芽なんですねえ(笑)
d0180447_0113237.jpg
水撒きですが、ナスカの地上絵を描いてる気分(笑)
d0180447_0114796.jpg
こちらも種から育てたトウモロコシ。
本当はもっと大きく育ててから地植えするみたいですが、植えちゃいました。
d0180447_011595.jpg
ナスたちは寒すぎると成長止まっちゃうって聞いたので、
週末の寒さにやられたか心配したけど、なんとか頑張ってました(ほっ)
あまり大きくはなってないけど。
d0180447_0111234.jpg
RAFトマト・・・すでになってましたっ(驚)
今度急いで支柱立ててあげないと、実の重さで倒れちゃいそうですね。

トウモロコシ、4本植えたの。
あと4本くらいで、畑のスペースがなくなっちゃう~。
スペインのトマトの芽もいっぱいあるけど、
彼らの座席は3本づつくらいしかない。
残ったトマト達、可愛そうだな。。。
お近くで欲しい方がいたら、さしあげるのだけどな。
[PR]
# by africaj | 2014-04-24 08:15 | 畑でお野菜育ててみる | Comments(37)

今朝はパパがお休みの日で、朝食を作ってくれました。

「オレ、今日は卵の気分なんだー」って
d0180447_17101858.jpg
半熟スクランブルエッグに荒く刻んだブルーチーズを入れて軽く炒め、
挟んでサンドイッチを作ってくれました。

私ね、ブルーチーズが大好きなんです。
でも、スクランブルエッグと合わせたら、こんなに美味しいって知らなかった!!!
お・い・しかったです~(感涙)



今朝ネットで見たスペインのニュースで、
北部にある「Matajudio(マタフディオ)」という町が、
現代にマッチしない名前じゃないかってことで、名前を募集して
町の名を変えることにしたんだって、とパパが言いました。

「Matajudio(マタフディオ)」・・・ユダヤ人殺し って名前です。

たーしーかーにね~。怖い名前だ(汗)
どこの町?って聞かれてそう名乗るのも、やっぱり嫌ですよね。
歴史的な背景を彷彿させるとは言えね。
スペインの土地って直接的な名前が多いんですよねー。
どんな名前になったんでしょうね。


で、先日通ったエリアに「苦楽園」というとこがあるのですが、
あれはさ、上に「」を付けたら
楽々園になって、もっと楽しそうと思うんだけどなーって話に(爆)
スペイン人なら、楽々園って付けそうなんだけどな。「苦」が嫌いだから(笑)
でもやっぱりきっと、人生山あり谷ありとか、苦楽を共にするとか、美徳が
日本人的には楽しいだけじゃいかん!感じだから、苦楽園になるのかなー。
仏教思想とか儒教とかで(なんて、テキトーに決め付けて納得した今朝 笑)
[PR]
# by africaj | 2014-04-23 17:43 | うちごはん | Comments(14)

私は息子の描く絵が大好きなのだけど、最近は忙しくて、
教科書やメモ用紙にちょこちょこと描くことばかりで、とっても残念。

あのさー、家族で写生クラブ作ろうよー
って言ったら、いいねーって返してくれたから、土曜日に第一回目を開催(笑)
ヘビーだと続かないから、30分制限で~。

パパがクリアフォルダーで、簡単にスケールを作ってあげました。
スケールの使い方を教えてあげたかったらしい。

d0180447_1124896.jpg
お。時間いっぱい使ってちゃんと描いたねえっ。
やっぱり、息子の絵、好きです(嬉)
私の絵と交換して見比べたりして。
「ママの絵は、へしゃげてるけど味があるよね」ってパパに言われました。
けなしてるのか褒めてるのか!?

「上手いなー。
こんなに描けるんなら、今度お前にイーゼル買ってやろうっ。
きっともっと上手に描けると思うよ♪」
パパは褒め上手だなあっていつも感心します。
「オレは正当な評価をしてるだけだよ」ってパパは言うのだけどね。
私には出来ないこと。
息子、すっごく嬉しそうでした。



その夜のこと。
先日もらった燻製器に興味津々だなと思ってたら、
d0180447_11441816.jpg
野望が文字に書かれていた(爆)

d0180447_11473490.jpg
本気度120%です。
スモークチキンのパワーすごい(笑)

でも、いきなり言われても骨付きもも肉ないし。
日曜日に持ち越しました。
もも肉が売ってなくて手羽元になっちゃったけど、

塩(重量の1割)と砂糖を摺りこんで4時間置いて、
20分流水で塩抜き。

ここだけ私がお手伝い(ってほどじゃないけど)
70度のお湯で1時間茹でる・・・らしいので、
鶏肉にひたひたになるよう熱湯を少し水で割って入れ、
炊飯器の保温機能で調理しました。

出来上がった鶏肉は2時間干して、
d0180447_12505655.jpg

タコ糸に縛ってフックを付け・・・
d0180447_12511271.jpg

炭をおこして、桜チップを乗せて煙を出す。

この炭起こしが難航して、私はハラハラ(汗)
七輪で炭に火をつけてから、燻煙器に入れて~
すると、火が消えちゃう。
七輪からまた始めなきゃいけなくて~。
たまりかねて、網に乗せてガスで火をつける方法を勧めたんですが、
ガスの上で炭が爆ぜるから、家の壁に焼け焦げが付きそうで、
これまたハラハラ。

「自分でやるって言ってるんだから、信じてやって」って、
パパはお部屋に消えちゃっていないし。
信じたいけど、火は、な~(不安)

結局1時間半の燻煙のために、9回もガスで炭に火を付け直して
煙を保ったのです。
この燻煙器の空気の流通経路に問題あるんじゃないかなあ。

d0180447_12501887.jpg
で、晩ご飯になどとても間に合わず、完成したのは夜も10時を過ぎた頃でしたが。
エライエライ!よく一人で作ったもんだっ(感涙)

中学入ってから、勉強に人数に新しいことにアップアップしてた一年間で、
ずーっと受け身君だったから心配してたんですが、
余裕が出たら戻ったかも。

え?出来上がりですか?
「・・・もっと美味しいかと思ったら、普通だな。
これだけ時間と苦労かかるわりに、一瞬で食べ終わっちゃうのも・・・」
って本人がっかりしてました(苦笑)

燻製がこんなに大変なはずはないし、
もっと美味しいはずって思うんだけどな~。
改良の余地は大いにあるんじゃないかしら。
[PR]
# by africaj | 2014-04-21 12:51 | 息子のはなし | Comments(14)