<   2017年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

うり。

d0180447_20254254.jpg

うりは、食べ方がわからないのです。
八百屋さんに今くらいの時期に売られ始めるけれど、手を伸ばして結局は引っ込めてました。

糸巻きパレットガーデン」のtotiさんにウリを奈良漬け風に漬けると美味しいよって教えてもらい、
勇気を出して買ってみました。
でもね、
色んなウリが売ってたんです(汗)
結局、よくわからないから一種類ずつ買ってみましたw

えーっと・・・あ、手前にあるスイカのような模様のウリはこれです!


d0180447_21030725.jpg
「カワズウリ」って言うらしい。
福井県で古くから作られていて、カエルのような模様だから「カワズ」ウリなのだそうです。
でも、福井弁だと「ギャル」ウリと言うそうです。ギャル・・・(ぷぷっ)

熟すと空洞ができるから、小ぶりなものを選ぶと良いそうな。
漬物むきだけれど、ほんのり甘くて生でも食べられるんだって。へぇぇ♪

生を齧ってみた感想*甘いかなあ?酸っぱみあります。違うウリなのかなあ?
あ、種はメロンのように甘〜いです!種だけ。


d0180447_21032721.jpg
一番後ろの濃い緑のは「クロウリ」に違いない?
切ってみるとわかりそうですね。種の色に主張があるのですねえ。
一夜漬けや塩もみにむいてるし、炒め物や味噌汁の具にもって出てきます。
なんだかきゅうりみたいな使い方です。

生を齧ってみた感想*かなり甘味あります!こっちの方が生で食べられそう。
d0180447_21034628.jpg
これが「白瓜」。

d0180447_21040996.jpg
こっちが「青瓜」。

私の買ってきたウリ、真ん中のは「青瓜」って名前で売ってたのですが、スジ模様といい、色といい
「白瓜」みたいですよぉ?
あっ(検索したら出てきた)、なるほど!(ぽんっ)
どうやら色で差別化してるんではなく、丸っこいのが「白瓜」長いのが「青瓜」なのだそうですよ。
品種的にはどちらも同じ風でマクワウリの変種なのですって。
きゅうりほど水っぽくなく香りも強くなく、熟してもマクワウリのように甘くならない、
奈良漬けに使われるのがこのウリだそうです。

生を齧ってみた感想*うん、甘くもきゅうりっぽい味もなにもなく、食感だけが特徴って感じw


ちなみに、totiさんが漬けていたのは「かりもり」ってウリだったの。
私の近辺では売っていなかったけど、どうやら愛知の伝統野菜なのですって。

d0180447_21024172.jpg
「クロウリ」に似てるけど、色がちょっと薄い・・・のですって。
味もクロウリに似てるのかなあ?

写真と豆知識は「旬の食材百科」さんからです。



ということで、
さっそくtotiさんを参考に・・・


totiさんはこのサイトを参考にしたと言うので、こちらも参考にしながら・・・塩漬けしてみまーす!
3種類のウリに違いはあるでしょうかね?



[PR]
by africaj | 2017-07-31 21:34 | 食べることの冒険 | Comments(4)

最後は大根の種まきです。
根菜類は直播きしないといけないお野菜。
苗を作って移植するととたんに成長を止めちゃうんです。

d0180447_11530505.jpg


6月にみんなで作った畝は雨風を受けて、雑草だらけ&硬い土になってたので、
雑草を摘んで土の中も根切りして、整えましたよー。

d0180447_11532045.jpg

さて、ここからが面白いところです♪
大根の種3粒に小松菜の種を1粒混ぜて撒きますw

あのね、大根とかのアブラナ科野菜は「競争好き」なんですてっ!
一粒で広々より、幾つかの方が我先に水も栄養も太陽もってガメつく大きくなるそうな(笑)

小松菜もアブラナ科。
大根の種を蒔くのは3粒で十分だけど、より競争を煽るのに小松菜の種も入れちゃうんだってw

d0180447_11533526.jpg

さらに、虫食いの少ないレタスを植えます。
大根が大きくなると、大根葉の影のおかげで柔らかくて美味しい(苦味を出さない)レタスに育つからだって。

d0180447_11534531.jpg

さらに、虫よけにキク科の春菊を端っこに筋蒔き。

d0180447_11535596.jpg

病気にならないよう土壌消毒の為に中心にネギを植えます。
ネギの消毒能力は半径5mに及ぶそうですよ!

d0180447_11540492.jpg

ネギは目印にもなりますね。
この周りに大根と小松菜とレタスが植わってます♡

d0180447_11541320.jpg

そして、敷藁をして地面がむき出しになることを避けます。
美味しい大根できるかな?
野菜の赤ちゃんが芽吹いているだろう8月のWSが楽しみです♪



よりたかさんの農法を習おうと思った、もう一つの理由は、
この話を読んだから。
すごく自由な発想でしっかりと大地を捉えている人だなあと敬意を持ったからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野菜を育てるようになってから長い年月が経つが、雑草は、無肥料、無農薬でも勝手に生えてくるのに、なぜ野菜だけは難しいのだろうかと、未だに考えることがある。


畑に雑草のカラスノエンドウがたくさん育っている。でも、それを刈って無肥料で野菜のエンドウ豆を育てようとすると失敗する。ナズ菜を刈って、水菜を育てようとすると失敗する。なぜだろうか。何が違うのだろうか。


勝手に生えて来たものは、その畑の環境に合っているからなのか。それとも、雑草と野菜は土の中の必須元素の使い方が違うからなのか。疑問を感じた僕は、ふとあるアイデアが浮かんだ。カラスノエンドウだけを畑で育ててみたらどうなるのか。うまく育てば、カラスノエンドウだって、鞘を食べることが出来るし。カラスノエンドウの種を取って蒔いてみた。野菜栽培が上手くいかない畝に一列に。結果は大失敗だった(笑)。まず芽が出ない。出ても、アブラムシに喰われて見事に枯れてしまった。しかし、カラスノエンドウは、雑草として生えている時は、アブラムシがビッシリと付いていても枯れることなく、ちゃんと成長している。この差は何か?比べてみた。いや、比べるまでもなく、その差は分かっていた。畝の上はカラスノエンドウだけであり、雑草の中では、様々な草に囲まれている。差はそれしかない。ではと、野菜の方のエンドウ豆を冬の葉野菜の種と混ぜてばらまいてみる。どうなるかと期待したが、パラパラとしか芽を出さない。なので、何度も追加で蒔いてみた。結果、見事に全てが育った(笑)。


それで判ったことがある。野菜であろうが、雑草であろうが、植物としての違いはあまりない。あるとしたら、雑草は人の手を借りずに育ち、野菜は人に手をかけてもらいながら、育つということ。野菜と雑草を同じ条件で育ててみると、結果は大して変わらなくなる。周りに自分以外の他の植物がいて、しかも何度もたくさんの種を蒔くと成長するの。なるほど、だから雑草なんだ。雑多に生えてくる草。多様性があるからこそ生えてくる。そして毎年大量の種を土に落とし続けているから、雑草は育っている。人が野菜しかない状態の畝を作り、一粒づつ種を蒔いても、無肥料では育たなくて当たり前である。だから、僕はコンパニオンプランツをし、密集栽培をし、ばら蒔きした種は芽ぶくまで何度でも蒔くことにしたのである。

よりたか農法などと、最近は言ってもらってはいるが、僕には農法などない。あるのは自然界の模倣だけである。それこそが、まさに自然の農法であるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



とにかく面白いです。

月1で第四週木曜日。あと3回ですが、ご興味ある方は途中参加も大丈夫ですよー。

私にコメントくださっても、自分で申し込まれてもw


ランキング、6位に下がってました~。
畑に興味がない人はもちろん面白くないからかなあ。
とはいえ自分の書きたいことしか書けないし。。。と考えた末、ランキング撤退することにしました。
自分の好きなことを自分の好きなように書ける場所としてここがある、それで十分なわけで。

今までクリックしてくださった方々、ありがとうございました(ぺこり)







[PR]
by africaj | 2017-07-30 12:39 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(10)

植物も芽を出したばかりの時はとてもか弱い存在で、
土が硬いと根を伸ばしていけないし、ちょっとしたことで萎れてしまう。
野菜育ては苗作りがうまくいくと8割り成功とも言われます。

ホームセンターで買う苗のほとんどは、売り物にするために超栄養で育てられて、
薬漬けで綺麗にして店頭に出されるので、
買って植え付けてから病気が出てきても育て方が悪いのではないから気にしないようにとw
買うのなら、根を見て買うべきだそうです。

d0180447_10345326.jpg

野菜赤ちゃんのゆりかごになる土は、2ヶ月かけて作ります。
土に枯れ葉や小枝を混ぜて水で濡らしてビニールシートをかけて一ヶ月置いておく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


d0180447_10350369.jpg

一ヶ月後、分解されていない太い枝に菌が発生していました。
こういうものは、土の病気の原因になるので取り除く。
そもそも混ぜ込む時にあまり太い枝は入れないほうが良いとのこと。

d0180447_10351458.jpg

一ヶ月経つと、土の中に潜んでいた雑草の種が芽を出しているので、これをすることで取り除ける。

d0180447_10353514.jpg

土の2倍ほどの枯れ草と、土の半分ほどの米ぬかをよく混ぜる。

d0180447_10352539.jpg

水をかけて湿らせたら、またビニールシートをして一ヶ月放置。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・ということで、2ヶ月後の本日です。

d0180447_10354693.jpg

7月最終週、早々に冬野菜の種まき。
こんなに早く始めるんですねえ!勉強になるなあ。

d0180447_10355999.jpg

まずは鼻でカビ臭さがなくなり土の匂いになっているか確認してるところw
この2ヶ月に、カビの糸状菌で真っ白になり、有機物を分解→放線菌に移行→栄養たっぷりの土に。

糸状菌は分解する菌なので土の残っていると、野菜の根も分解していってしまうのですって。
分解するものがなくなると自然と消えていくので、きちんとプロセスを踏むと良いのです。

みんなで匂いを嗅いでみました。
「・・・カビ臭い?」
「あれ?土の匂いってどんなだっけ?」と、畑の土を急いでかぎ、
「カビの匂いってどうだっけ?家に戻ればわかるんだけど~」なんてみんな口々に言ってて、笑っちゃいましたw
案外匂いってかいでないものですねぇ。

d0180447_11381029.jpg

水はけを確認するのも大事。
右は畑の土、左は改良をした土。
水はけがよくなってます♪

d0180447_10360770.jpg

そこに、赤玉土とピートモスを混ぜ合わせてぇ・・・

d0180447_10361564.jpg

水はけをまた確認。
一番すーっと抜けます。

d0180447_10363793.jpg

じゃあ、種まきいってみよー!
まずはポットに土を入れて・・・

d0180447_10364679.jpg

しっかりと水をかけて湿らせます。

d0180447_10365462.jpg

一個のポットに一粒ずつ。
畑に直に苗床を作った野菜と同じ野菜を、育苗ポットでも作ります。
すべては実験と体験ですから♪

d0180447_10370282.jpg

こちらも、新聞紙二枚をかけて湿らせてぇ・・・

d0180447_10371773.jpg

寒冷紗で覆いました。
前回記事で作った育苗床は昼の日差しを遮り朝夕の光が入るように、上だけ屋根にしましたが、
この気温だとあっという間に新聞紙も土も乾いてしまうので、
「最初の水やりの水で発芽させるのが、強い芽にするコツ」を優先させるべく、両方とも寒冷紗で覆うことにしました。

d0180447_10370936.jpg

子連れで参加してるお母さんもいて、感心します。
麦わら帽子のてっぺんの穴が可笑しくってね(ぷぷっ)
私達が雑草抜いてる後ろで、真似して葉っぱ抜いてて可愛かったです。
この暑いなか、お母さんに付き合ってあげてえらかったね。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-30 11:50 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(0)

午後は、冬野菜の苗つくり。
種まきをしました。

本当は、少し早いそうな。
8月の頭から中旬くらいに蒔くくらいがちょうどいいのですって。

豆知識
根菜は直まき。
ウリ科は根を切ると死ぬそうで、直播きしていくのがいいのだって。
根を切っても大丈夫なのはナス科(茄子、トマト、ピーマンとか)。


苗を育てて移植する野菜
ブロッコリー(アブラナ科キャベツの一種)、キャベツ(アブラナ科)、白菜(アブラナ科)

白菜やキャベツを上手に巻くように育てる為にはコツがあって、「騙す」のですってw
この時期(8月頭)に種を蒔くと、9月に暖かいぞ~♡って花芽を伸ばしてくる、
そのくらいから気温がきゅーんと下がってくると、びっくりして
成長点を守ろうとして葉を巻いて包み込もうとするのだって!
温度差のし掛けを外したり、変な気候だと巻かなくなっちゃうのだそうです。
キャベツや白菜はまだ育てたことがないのだけど、作ってみようかな。

d0180447_23373529.jpg

地面で苗を作る時は、丁寧に碁盤のように線を入れて穴を付けていく。
種は1つずつ蒔いていく。
数個蒔いて間引きする方法もあるけれど、間引きがうまくできない人が多いから、1つづつを勧めると。

d0180447_23422971.jpg

こちらは、ばら撒きしてみる地帯。
1つづつ穴に入れる方法と、ばら撒きで来月は比べてみるのだとか。

d0180447_23430071.jpg

種を蒔いたら、土を薄くかけて、しっかりと手のひらで強く押さえつけて土を密着させるのは大事な作業。
種は土ときちんと密着させないと吸水できないのだって。

d0180447_23411524.jpg

本当は水撒きしてから種をまくのがベストだけれど、土が濡れているとすごく蒔きにくい。
なので、種まき後にしっかりと水やりをし、新聞紙2枚重ねて乗せ、上からまたしっかり水をかけて湿らせる。
できるだけ「最初に吸った水だけで芽を出させると、芽が強くなる」から、冬はこの上からビニールをかけて保湿する
けれど、夏は蒸れてしまうのでビニールはかけない。

d0180447_23440321.jpg

日中の陽が当たると乾きが早くなるので、屋根を付ける。
だけれど、月光や朝夕の光を受けて発芽しやすくなるので、斜光が入るように・・・

こんな風になりました。





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-30 00:24 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(2)

今回も朝7時に電車に飛び乗って3時間半の読書タイムを狙ったのですが、
冷蔵庫のようにがんがん吹き下ろす電車の冷房が寒すぎて、凍死寸前で本など読める状態でなく。。。
冷房対策に長袖のシャツ来てたんですが歯がたちませんね。
次回はウインドブレーカー持って行かないと。いや、夏の間はもう新幹線で行こうかな。
新幹線は冷房の効き方が程よい。なぜ在来線はそれができないんだろう(ってか、節電はどうなったんだろう?)


まあ、遭難せずになんとか岡山に辿り着き、
2回目のよりたかさんのワークショップに参加してきましたよぉ。

今回はこんな診断書からはじまりました。

d0180447_15303805.jpg

私たちがこれから野菜を作ろうとしている土地の、土壌分析書。
まずは、この表の見方の解説。

私がよりたかさんに習おうと思ったのは、彼が理系の人だからかもしれない。
大自然が教えてくれる~とか、長年の経験で~という、ふわっとした理由ではなく、ベースに科学的根拠があって、
数字からきちんと分析した上で、原因を突き止めて解決し、最終的に先人の知恵と自然との調和を模索していく方法なので、私は好き。

土地の酸性度アルカリ性度は生えてる草でおおまかに予測は付けられるけれど、
野菜の味の善し悪し、育つ育たないはもっと複合的な理由で、でも足し算引き算的にシンプル。
最初に問題点を洗い出しておくのが、自分の労働が無駄足ふまず実のある行動になるようで、なるほど~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

判定基準「適当」「やや多い」に揃うと野菜が育てやすい土地なのですって。
この表から読み取れるには、

☆めちゃくちゃ肥沃な土地だけれども、栄養を保持する土地の力(CECと腐食)が極端に弱いので、
 水もちが悪く、今ある肥沃さが雨や水やりで流出する土であるそうな。
    →対策としては、水持ち&カリウムの供給ができる腐葉土を入れたいところだけれど、
     もともとのカリウムがmaxなので使えない。バーミキュライトと赤玉土を入れることにする。
 
    →畑全体を改善しなくても、とりあえず野菜が最初に育つ場所、表面だけを改善すれば、野菜の方から土の改善を始
     める。

☆畑のPH値がアルカリ性に傾きすぎている。
    →苗の水やりにお酢を少し混ぜる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白かったのは、土のPH値の調節方法でした。

酸性土壌の場合は、マグネシウムとカルシウムのもの(草木灰)を入れて調整する。
         自然界だと、ササやスギナの根っこが入るとアルカリ性に傾くのだそうです。
アルカリ性土壌は、お酢を水で300倍に薄めて撒く。

私ね、今年「ストチュー液(酢と焼酎の液)」を作ったのです。
「農薬を使わない病害虫の防除方法」として有名なのですが、
うどんこ病になった時、葉の殺菌とともに、土に撒くと
「細菌は酸に弱く、糸状金や酵母菌は比較的酸に強い傾向があるため増殖し、防除効果が発揮される」と
ネットにも本にも書いてあったので、せっせとストチュー液をスプレーしてたのです!!

よりたかさんにその是非を尋ねたら、
まず「酢を混ぜた水を土にまく」のは、PHのバランスを酸性に傾ける目的以外やらないほうがいい。
あと、酢に土中の微生物を増やす力はないよ、と。
ズバっと切られてしまいましたw

世の中はもっともらしく書いてあるものが本やネットに溢れてるので、
枝葉(自分で根拠を理解していないのに、もっともらしくて信じちゃう人の言葉)に踊らされてはだめですね。
幹(数値と事実)を見て自分で読み解けるようにならなければ!です。反省。



あと、米ぬかの良し悪しも面白かったです。

米ぬかは、発酵を早めるってこと以外に、窒素とリン酸の供給に役立つのですが、
     リン酸が多すぎちゃうとトマトの皮やナスの皮は固くなっちゃうので、野菜の様子で判断せねばいけないのです。



この診断書は「みらい蔵農産分析研究所」で作ってくれるそうです。
もちろんここだけじゃなく、農協や他でも色々、好きなところで良くて、
よりたかさんが自分の畑を見るためには、もっと細かいデーターが出て数万円かかるところに依頼するそうです。
私達のような素人が最初に試すなら、値段の安いところとしてここを薦めてくれました。

土壌物理性が含まれると6000円・含まれないと4000円だそうです。
土地の5箇所から採取して混ぜ合わせて、1kg送るのですって。

うちはネコが5匹寝そべったらいっぱいいっぱいの土地ですが、一度試してみようかな。後学のために。


続く。


読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-29 17:18 | 自然のサイクルで野菜を育ててみる | Comments(0)

生きてた~っ!
って感じですw

今週本当にハードでした。
もうね、後半戦はblog書きたいけど翌日のことを考えて一刻も早く寝る!って感じで、
9時過ぎから寝て朝6時まで熟睡って、9時間も寝てなんとか回復する日々。
本日、金曜日の野外料理教室、仕事で熱中症なんかなってたら自己管理ミスでしかないので、
なにより睡眠、次に野菜いっぱい食べて頑張りました~。

本日の料理教室はお父さん(おじいちゃんも)の参加も多かったのですが、
出来上がって各テーブルに「どうですか~?」って感想を聞きに行ったら、みんな
子どもたちより真っ先に「うっまいっす♪」って満面の笑みで答えてくれたので吹き出してしまいました。素直っw
アヒージョ、塩味しっかり付いてにんにく効いてて、男の人好きですよねw
もちろん子どもたちも美味しい美味しいってぺろり。
お母さんもすごく真剣に作り方聞いてくれたので嬉しかったです♡

はあ、しかし今日は暑かった!
ま、私より子供の釣りに付き合って炎天下で頑張るお母さんお父さんが…愛ですねえ。



本日の夕食はお野菜とお豆腐料理中心のおばんざいにしたのですが、
メインにした、お大根と鳥手羽と半熟巾着たまごのみりん醤油ふっくら煮の、
巾着たまごを・・・

d0180447_22114696.jpg


〆でご飯にのせて、
出汁とみりんと薄口醤油に鳥手羽のだしが出た煮汁をかけて、黒七味を振ってって、息子が丼にアレンジ。
それがあまりに美味しそうで、みんなでやってみましたら・・・

d0180447_22115658.jpg

うっまーーーーーい♡

近所の天ぷら屋さんに、半熟卵天というのがあって、
〆にご飯にそれを乗っけて天つゆかけて食べるという名物があるのですが、ビジュアル最高なのに重い!(汗)
これは似てるけど軽くって(お揚げに入れて煮てるだけだから当然ですが)、オトコ衆に大ヒットでした。


さて、明日は畑WS2回目でまた色々学んだことを書きたいと思います~。
おやすみなさい。
返コメも明日いたしますっ!







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-28 22:43 | うちごはん | Comments(2)

とうもろこしが美味しい夏。
シンプルに炊き込んだご飯が甘くて美味しいです。
d0180447_23294021.jpg


梅肉をちょんと乗せた鱧おとしに骨で出汁を取ったお汁を満たして。
いつもは鱧落とお汁は別々にするのですが、先日終わったTVの「みをつくし料理帖」の影響w
他には酢の物、煮浸しなどなど、あっさり夏のごはん。

d0180447_23295589.jpg

お米           2合
とうもろこし      1本半
塩      小さじ1と1/3杯
お酒           少々

生のとうもろこしがある時期だけのお楽しみ。
塩を効かせて炊き込むととうもろこしが甘くて、とても美味しい♪
私はこれだけがとても好きなのだけれど、オトコ衆はこれにバターじょうゆをかけて食べるのー!
いや、美味しいとは思うけど・・・だってなににかけても全部バターじょうゆ味になってもったいない。。。
男性って「シンプルに塩味」よりこってりが好きですよねー(ため息)

d0180447_23300602.jpg

6月に収穫した枇杷と山桃の寒天。ツルンっ☆
夏はゼリーより寒天が好き♡

d0180447_23303500.jpg

先日のアラブのオクラ、どんな種ー?って質問があったので写真撮ってみました。
星型よりさらに燦然と輝いてる感ある切り口がゴージャスw
種はやや大きい?でも普通のオクラと同じ食感と味でした♪

d0180447_23305141.jpg
先日長野から送られてきたローズマリー、発根うまくいきましたよー(長野方面へ大声っ!)
土に植え替えました。
植物もこんな風に思い出深いもので庭があふれると幸せですね~♡

さて、本日私は岡山行きの在来線3時間の旅のさなか。
頑張って畑の勉強してきまーす!



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-26 07:30 | うちごはん | Comments(4)

毎年この時期に講師をしている、「釣った魚を自分でさばいて料理する」親子料理教室。

d0180447_06435366.jpg

釣りスタッフがサビキ(容器に餌を入れて海にそっと入れて待ってる)のエサから道具からやり方も教えてくれるので、
子供たち大興奮の、大人気企画。
年によって、朝から頑張ったのにほとんど釣れない時もあれば、
今年は豆アジとちび鯖が来ているようで、初めて釣り竿持ったちびっこたちでもぽんぽん釣れる昨日でした。

d0180447_06433549.jpg

せっかく釣っても食べ方がわからない親が多く、
捨てられる事が多いとのことで、捌き方と料理も教えるわけです。
メインは小学低学年で、そんな年代の子を持つ家族はだいたい下の子も連れてくるので、幼稚園生も参加することになる。
子供もできるように、スペインの魚屋さん式にハサミでの捌き方を教えてます。
しかしね、当日釣れるものがアジ、イワシ、サッパ、サバ、各家庭でばらばらなのがちょっと大変です。

料理が、毎年頭が痛い。
釣り場で料理を教えるので、風が強いし、使える調理器具も限られてるし、
子供でも出来るように、工程がなるべくシンプルで美味しい小魚料理・・・、
15家族ほどがそれぞれが料理する調理器具が揃うかどうかも問題で、量を割り出しレシピを書いて
3ヶ月前くらいからつらつら準備してるかもw
今年はホットプレートにアルミトレーを乗せて作るアヒージョにしました(子供がいるので唐辛子抜き)。

d0180447_06440781.jpg

ホットプレートで40分火を通す間はまた釣りタイム。
できた~♪
各自クラッカーに乗せて、レモン絞って食べてもらって、お好みでケチャップ乗せたり、大人にはタバスコかけてもらって。

アヒージョは料理法としては簡単ですが、低温調理(保温と温度目盛の間くらいにするのです)することで
身がしっとりパサパサしないのと身離れ良いのとで、子どもたちに大好評でしたよ♡
家でもやりまーすって言ってくれてましたが、料理してもらえたらいいな。

昨日は曇りがちだったのでちょっと涼しくて助かりました。
次回は予報ではピーカンらしく・・・くー、覚悟して頑張ります!

d0180447_06443273.jpg

夜は体力回復も兼ねて、ゴーヤーの肉詰めにしました☆

最近私が気に入ってる肉詰めスタイルはこれ。
輪切りにして肉餡をサンドしますが、下のゴーヤーは種もワタもとらず、上からサンドするゴーヤーは指で穴開ける程度。

ゴーヤー        2本
 |豚ひき肉       200g
 |塩          2つまみ
A |醤油         小2
 |ごま油        小2
小麦粉        小2
玉ねぎ(みじん切り) 80g  

1)ゴーヤーはワタも種も付けたまま5~7mmに切る。一枚はそのまま、一枚は指を突っ込んで穴を開け、
  肉餡を挟む面に小麦粉を茶こしでふる。
2)肉にAをを入れて、同じ方向にグルグルかき混ぜて肉の繊維がほぐれるまで混ぜる。
3)玉ねぎと小麦粉を入れて混ぜる。
4)穴を開けてない方を下に置いて、肉餡をサンドし、全体に横にも小麦粉を振る。
5)フライパンを熱してごま油を入れ、ゴーヤーを並べたら上下焦げ目がつくまで焼いて、
  水100cc入れて蓋して蒸し焼きする。

食べる時にお醤油を少々かけていただきます♩


苦いのが美味しかったぁ♡
今年初ゴーヤーでした~。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-25 08:04 | わたしの時間 | Comments(2)

今週、狂ったように忙しい1週間の始まりです。
毎年この時期やってる炎天下の親子料理教室の講師仕事2つ、合間に岡山に
畑習いに行きつつ、カリグラフィー…
その上に、自分で春に予約して忘れてた健康検診まで見事に隙間に入ってて、
スケジュール真っ赤っか。こんなこともあるのか。
これじゃ金曜日の料理教室まで体力もたなそうなので診断は9月に延期したけれど(汗)
これを機に早起きにシフトしようかと起きてみた本日。
野菜の水あげも終わったし、ふむ、涼しくて仕事がはかどるなあ。
更新もやたらと早い本日ですw

d0180447_11035810.jpg

完成したんですよ~!!!
砂糖で煮た後、味を含ませるのに1週間置いておきました。
作りたてからこの1週間、10日置いたもののシロップ馴染みは大きいので、はやる気持ちを押さえておあずけw

ようやく食べてみましたよ~♡

d0180447_11024182.jpg
6月末のくまたろうさんから届いた小包の写真がもう遠い昔に感じますw




d0180447_11025059.jpg

その日のうちに、皮を剥いて水に晒し始めました。
2週間毎日1日2回水を替えてどんどん黄緑色のアクを抜いていきましたよー。

d0180447_11031382.jpg

そこからが悩みました。
アクを完全に抜く努力をした方がいいのか、少々残すほうが風味になるのか。
なので、一つは灰汁に漬けたり煮こぼしたりし、一つは水を替えた以外はなにもしないで砂糖煮にしました。

d0180447_11030418.jpg

シロップの煮含め方も栗の渋皮煮のように色々と試したのですが、
胡桃は豆や栗のように気を使わなくてもシロップがうまく染みるみたい。

d0180447_11031932.jpg

シロップの濃度を上げながら3日目に切ってみると、中にも随分染み込んでいましたよ~♪
今回は、キビ糖とラム酒だけの味付け。
トルコで食べたものは、東欧のレシピにあるようなスパイスいっぱいじゃない優しい味だったことを思って。

d0180447_11034103.jpg
トルコで食べた「青い胡桃の砂糖煮」は、カイマクというクリームとピスタッチオがのっていたので、
カイマクも作ってみました。
トルコで食べたカイマクは淡雪のように溶けていく美味しさに驚きましたが、超新鮮なミルクに浮かぶ乳脂肪をすくったものとのことで、搾りたて手に入らない私は
とりあえず日本で手に入るもので・・・。

(ネットに出てたカイマクの作り方)
1)小岩井の濃い方の生クリームを分離するまで泡立てていく。
2)液体(バターミルク)を取り除いたものが、カイマクです。

あはは、簡単なんです。
バターの作り方とどう違うんだ!って思ったでしょう?
私も思ってますがw
バターはこの後、さらに水分を取る作業をしますが、カイマクはそこまでしない…くらい?
トルコのカイマクとは別物だけど、優しい口どけでクルミと合うので良しとしましょ。
ちなみに残ったバターミルクはパンやお菓子作りに使ってください。

d0180447_11034728.jpg

手作りカイマク、こんな感じ。

d0180447_11040771.jpg

殻になり始めでまだ軟骨のようにコリコリがある、青い胡桃の砂糖煮に、
カイマクとピスタッチオを乗せて食べると、
2年越しでようやくようやく、トルコで食べた味!!!これこれ!!!(滝涙)

やったあ♡
くまたろうさん、ありがとううううう(感謝感謝です~)
食べる時どうかカイマク作って、ピスタッチオも添えてね!!



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-23 07:28 | 食べることの冒険 | Comments(6)

「見て見て~♡マジックハンド~」
って、パパがまたこんなものを作りました~っ!(爆)

d0180447_11512276.jpg

最初にハサミを開いた状態にしておいてえ~、この紐を引くとぉ・・・

d0180447_11511603.jpg

チョッキンっ☆

わーパチパチパチ~っ!!て、家族で盛大な拍手を送ったのは言うまでもありません。
枝とレゴで、よくまあ思いつくもんだw


え?なんでこんなもんを作ったか?
ですよね、普通の暮らしにはあまり必要ないですもんね。
うちはこれに使うんですw

d0180447_11431504.jpg

きゅうり、こんなところで育ててるから~w
て、手が届かないのー!(汗)
落とすときゅうりが地下に落っこちて粉々になるリスキーな場所・・・。

d0180447_11432538.jpg

きゅうり収穫に2人がかりの図(汗)

d0180447_11433015.jpg
いくよー、チョッキンww
虫あみでキャ~~ッチ!

たかがきゅうりの収穫に、これはかなり盛り上がれます(爆)

d0180447_11434542.jpg

さて、家庭菜園はただ今こんな状態になってます。
トウモロコシ4本、大きくなるといいなあ(祈)
茄子とモロヘイヤが大きくなりすぎて、落花生が育たないよぉ(汗)
しかも、狭いから足の踏み場すでになし。

d0180447_11435268.jpg

テラスの方はこんな感じ。
トマトにハーブに、苺、オクラ、万願寺とうがらし・・・。

d0180447_11512886.jpg

このオクラがちょっとすごいの、見て見てっ!
7~8cmで収穫するらしいので、本日初めて収穫してみましたよ~♪
アラブのオクラだそうです。

d0180447_11452733.jpg

本日の収穫、あ、これに +きゅうりね♪
ヤングコーン、炒めて食べてみましょ♡

d0180447_11453651.jpg

うーんやっぱり大きいっ☆
「大きくても柔らかくて美味しい」ってふれこみ、本当かな?美味しいといいな♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-22 12:14 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(4)