大晦日。(くらし部門)


blogに書きたいことは沢山あって、毎日夜の12時過ぎてようやく座ってから
写真を取り込んで・・・文章を打ち始める頃ににににににににににににににに
って感じでうたた寝で筆が進まなかったここ数日。
昨日なんて、夜11時過ぎてから芋を切り始めて・・・年賀状の芋版作ってたの。

なんでこんなに大変だったかというと、今年はジビエ地獄に嬉しい悲鳴をあげてたから。
イノシシが7kgきたって書いた記事のあと、29日今年も残すところ3日って時に
今度はパパは鴨を獲ってきてくれたんです。
狩猟免許取るって宣言した目的は「正月の雑煮用の鴨を獲りたいから」だから、
足掛け2年で念願を果たして、ほんとエラい!すごい!
・・・んだけど、イノシシ保存食を作りまくってる横で、パパが羽根むしってて。
夜11時過ぎに鴨解体してぇって日々はかなりハードでした。
しかもまた台所掃除をし直す。。。

31日朝にやっとすべてが終わって、一年の垢を落としに温泉にも行って、
やっとやっとあとはのんびりするだけです♪やったあ♡

d0180447_17125315.jpg

31日、ほんといいお天気でしたね♪
洗濯物もよく乾いてくれた♡
お飾りは一夜飾りにならないように、30日に全てセッティングしましたよー。
恒例、お飾りに3人で二礼二拍手一礼して今年のお礼と来年の願い事を済ませて。。。

で、なんでここにあるかって?
フックが劣化してて落ちちゃってたの(涙)
パパの修復工事を待ってる間にもいちゃんに狙われてるところですw

好きなものだけのおせち料理も完了っ。

d0180447_17133908.jpg

にしん、今夜のお蕎麦に間に合いましたっ!
あとはお正月にダラダラつまむ用。

d0180447_17133202.jpg

数の子は一番人気なので、たっくさん作ります。
しっかり味が染みてて、今年も美味しくできました~♪

d0180447_17134842.jpg

氷頭なますには欠かせない紅白なますもいーっぱい作って♪
お餅もきたきたっ。
柔らかいうちにって、今朝の朝ごはんは砂糖醤油からめた磯辺巻きでお味見。
一年ぶりのお餅、幸せだーっ♡

d0180447_17135462.jpg

今年の新たな試みは、スモークタンを作ったことです。
昨日せっせと作って、一晩寝かせたもの。
今晩のお楽しみですっ。

d0180447_17140083.jpg

息子がお正月のお花を活けてくれました。
もいちゃんがいたずらするから家の中に飾れなくなったので、鏡餅共々お外に飾ることにしました。
案外いいかも。
家の中にあるより鏡餅もカビないかも?

d0180447_17140544.jpg

来年は酉年。

d0180447_17141221.jpg

家にあるトリたちを集めてお正月の挨拶写真のオーディションもしましたw
どれにしようかなー♡


さてさて。
DVDを8本も借りてきました。
先日「レオン」を息子と久しぶりに見てリュック・ベッソンの映像センスにしびれて、
思わず今日は「グラン・ブルー」w
「バベットの晩餐会」も借りちゃったもんね♪
お昼からワインを開けて、これからだらだら食べて映画見ての大晦日。
息子もいっときですが元の鞘に戻ってきて家族3人で過ごします。

d0180447_17141845.jpg


今年新たに出会えた人、コメントを下さった方、いつも遊びに来てくださる人々、
WSに来てくださった方々、料理教室に来てくださった方々、
嬉しかったです。ありがとうございましたっ。

どうぞ2016年を楽しく幸せに見送ってくださいませ。
そして新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます♡



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-31 17:59 | うちごはん | Comments(4)


d0180447_00051283.jpg

パパのおじいちゃんが秋田の人で、お正月は氷頭なますなのですって。
うちは関西なのですが、なぜかやっぱり母が氷頭なますを作ってくれて、
私も子供の頃から大好物♡

スペインでも、鮭の頭は手に入ったので、
おせちは作らなかったのですが、唯一お正月らしいものとして、
紅白なますと氷頭なますを作ってたのですよー。

昨日は、年末恒例の氷頭なます作りの日でした♪

d0180447_00052517.jpg

氷頭を取り出すのはパパのお仕事っ。
斧も出てきますっw

氷頭は鮭の鼻先の透明な軟骨で、一匹からちょっとしか取れません。
うちでは鮭の頭5個分で作ります。

d0180447_00053899.jpg

鼻先をスライスするとこんな感じ。
食感はナタデココみたいかな?


d0180447_00062942.jpg

興味津々のもいちゃん(笑)

d0180447_00062359.jpg

ネコにとって人間のやることって相当に不思議に見えるんだろうなあw

d0180447_00064518.jpg

取り出した氷頭です。
これをまずは塩して、一晩置いて水を出します。
翌日に、酢水で塩抜きしてから、甘酢に漬け込むだけです。
2日漬けくらいから食べられますが、5日以上しっかり漬け込んだほうがやっぱり美味しい♡


d0180447_00063665.jpg

頭丸ごとなので、カマ等とても美味しそう(涎)これは塩鮭作ります。

d0180447_00065299.jpg

しっかりたっぷり塩を振って、出た水を捨てながら数日。
その後は全部焼いちゃって、ご馳走に疲れた時のお雑炊お茶漬けおにぎり用に❤️

d0180447_00065858.jpg

一番いーっぱい出る「アラ」。
これは潮汁に。
ネギの青い部分に、生姜は7枚ほどのスライス、日本酒たっぷり目に入れて、水から1時間ほど
灰汁を丁寧にすくい続けると・・・

d0180447_00070442.jpg

こんな感じ。
だんだんと生臭みや鮭臭さがなくなって、美味しそうな香りになってくるので、
目の細かい布などで濾します。
それから大根の拍子切りと、太めの白髪ネギ&生姜の千切りで20~30分煮て・・・

d0180447_00070908.jpg

こんな白濁スープの出来上がりっ♪
これもまた我が家の年末のお楽しみ。
ここまでくると、鮭って言われないとわからないほど表からひっこんでいて、
とても上品な美味しい海のスープなのですよ~っ♡

年末年始のメインは、実はほとんど0円食堂な世界w

オーソドックスなお節は作らないので、少しずつお正月の用意も整ってきました。
今回一番頑張るのはにしん。
いつもはソフトにしんで作るのだけど、昔ながらのやり方を試すと味は違うのか
試してみたくなったので。
米のとぎ汁で戻してる本干しにしんが年越しそばに乗せるのに間に合うかハラハラ。
明日から秒読みで煮ていきますよー。
師走の忙しさも、あとひと踏ん張りですねっ。
頑張りましょうっ!



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-29 01:18 | 季節の手仕事 | Comments(0)

パパが持ち帰った7kgのイノシシ肉はすごい量でした(汗)

d0180447_22335764.jpg


バラ肉、ロース肉、もも肉、レバーにハツで7kg。
それに足の骨、肋、背骨。
これはもう冷蔵庫に入らないレベル(汗)
これからお正月の食材のスペースも必要なのにやばいぞー。

去年は鹿肉ばかりだったので、イノシシについてまだ知識がなくて、
せっせと調べましたよ。
猪のお肉は、年を越す前が最高に美味しいのですって!

とにかくね、鹿肉は外側から痛むけれど、イノシシは中から痛むから
外から見てもわからないのだそうな。
でも3日が限度というのでかなり焦ります。

骨は、前回の鹿の骨のブイヨン作りで色々と研究済みなので、
今回は骨を焼くことにしました。これなら、少々外においておいても大丈夫。
しっかし、鹿の骨も山ほど、イノシシの骨も売るほどある。
この冬じゅうスープ作りには事欠かなそうですw
イノシシ骨ラーメン作ってみるかな♪

d0180447_22344193.jpg

一部を味噌漬けにしました。
塩と砂糖を軽く振って30分置いて水気を拭いてから、
白味噌と酒粕をみりんと醤油で溶いたものに3日漬け込みました。
このあと、ミンチにして冷凍します。
お正月に、これを肉団子にしてお野菜と炊合せてみます。ご馳走になりそうでしょ?

こちらは、今回の7kgの中で一番良い部位だったので、
ぼたん鍋にしましたっ♪
d0180447_22352327.jpg

一旦冷凍して、翌日冷蔵庫で半解凍したものを薄切りに。
鍋にも山椒をかけて食べますが、お肉にも山椒をまぶすのが美味しいと言うので、振ってみました。
すごい量の脂でひるみますが、しつこくなくて甘い脂が美味しいのです♡
d0180447_22355470.jpg

ぼたん鍋で大切なのはゴボウ。
イノシシの肉ほどゴボウと合う肉もないなと思うほど相性良しです。
なんとも美味しいお鍋でした(感謝)

さて、バラ肉2kgはベーコンを作ってみることにします。
まだ少しあるロース肉は、塩で熟成させてみてます。パンチェッタみたいになるかな。
レバーは、塩ゆで15分ほどしてから火を止めて冷めるまで置いたもので、にんにく味噌に漬け込みました。
前回の鹿レバーのにんにく味噌漬けが狩猟メンバーに大好評で「買いたい!」と頼まれるほどだったので、
猪のレバーも試すことにしました♪
ハツは、ニンニクで炒めました。コリコリ美味しかったなっ。

ってことでなんとか冷凍庫冷蔵庫に収まったぞーっ!(ぜーぜー)
と、ようやくd

最近のもいちゃんのお気に入りは、テレビの上っw
確かにホカホカあったかいのわかるけど・・・狭くないのかな??
d0180447_22480582.jpg

ここに座って、TV画面の動くものを攻撃するのー(涙)

d0180447_22361073.jpg

しっぽでバランス取って、手で猫パンチ繰り出すのですが
………テレビ画面がほぼ見えないー(滝涙)
年末年始は珍しくテレビ見そうなのにーw


読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-28 01:51 | ジビエ料理研究所 | Comments(2)

昨日息子が年末年始を過ごしに帰ってきました。

数えてみると、ほんの11日間の出来事なのですよね。
夜戻ってくる時間、駅へパパと迎えに行ってあげました。

帰りの車の中で、オムレツが上手に焼けるようになったから
明日の朝は俺が作ってあげるからねと言うのです。
どうやら、ばあばに作り方を聞いて、毎朝ばあばと二人分のオムレツを焼いているのだとか。
中が半熟でふっくら焼けるように研究してて、
卵1個で1個のオムレツを、ばあばは2つ、オレは4つ食べるんだーって(笑)
どんどん上手になって、卵って面白い!!って。
ばあばの家では朝食を共にするために、朝8時には起きるように頑張っていたようです。


「明日はオレ、8時に起こして。オムレツ作るから」と頼まれたので、
起こしたら、今朝眠い目をこすりながら起きてきて
三人分のオムレツを作ってくれました。

d0180447_09471915.jpg

火加減、卵の混ぜ方、色々研究したらしいです。
フライパンにバターを溶かしたら、ちゃかちゃかさっさと(感涙)
家にいた時も料理を作ってくれましたが、
どこか手順を忘れてて、必ず「あれ、どうやるんだっけー?」と尋ねられたもんですが、
オレサマが作るのだって姿。

d0180447_09463617.jpg

プレーンなオムレツ、
息子のはお塩もいれなかった。
私は塩ひとつまみ入れるので、入れないのは初めて食べましたが、
ミルクと卵の甘さが際立つ、優しくふんわりしたオムレツでした。
作ってもらって食べるのも、
息子が作ってくれたってのも、
寒い朝に温かいオムレツというのも、
全部なのかな。
パパと2人、ほっこりしながらいただきました(じーん)

ごちそうさま。
おいしかったです。

正月明け、いつ東京に戻るかはまだ決めてないらしいのだけれど、
今回は必要なものもパッキングして東京に行こうと思ってるみたいです。


読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-27 10:21 | 息子のはなし | Comments(0)

今夜は2人のクリスマス・イブです。
パパは早朝から相変わらず狩りに行ってしまい、私は黙々と料理の準備。

先週、鹿レバーとガラと共に、実はこんなものも持ち帰ってくれていました。
名前は知らないけど、内蔵を覆ってる網目状の脂。

d0180447_16480441.jpg


使ったことないけど、フランス料理でよく登場してるのは知ってる。
鹿肉は赤身なので、ハンバーグ等を包むとおしゃれで美味しいかな?
でも今回はクリスマスのお料理だから、ちょっと新しい鹿料理に挑戦してみますっ♪

d0180447_16494901.jpg

これは先日漬け込んでいたレバーで作ったレバーペースト。
すっごく美味しい!
でも、ちょっと鹿成分が強いかもしれないかなあ・・・。
クリスマスプレゼントに配ろうかと思ったけど、慣れない人は苦手かなあ。
牛乳に付けて血抜きしたのだけれど、
最初に半日氷水で血抜きすれば上品に仕上げられるかなと思いました。

d0180447_16484372.jpg


このレバー、鹿ミンチ&コンソメを作る時に削いでマリネしといた筋やお肉ゴロゴロ入れて、
今回は、パテ・ド・カンパーニュを作ることにしました。
ピスタッチオ入れて♪

d0180447_16485260.jpg

こんな感じに蜂の巣脂で包んだら、オーブンで蒸し焼き。
うまく美味しいパテになるかなあドキドキ。

d0180447_16491407.jpg

前菜にバカラオのブニュエロ。
去年仕込んだバカラオ・塩蔵タラの塩抜きを使った、パン粉をつけないふわっとしたコロッケみたいなものです。
干し柿薄切りにしてブルーチーズ乗せたタパス。
レバーペーストとかとか。

それからサラダと、この前作っておいたコンソメスープ。

大人2人だから、ちょこちょこつまむ感じのディナー。
そしてデザートは、パパの大好物ババロアを作ってあげました。
d0180447_16492637.jpg

ババロアって懐かしくない?
たまに作ると「おれ大好きなのこれ!」って言うから本当に好きなんだろうなって思いつつ
なんだかカロリー高そうであまり作らなかったのです。
痩せたからもう大丈夫かな?


あ、パパが狩りから帰ってきたので、この辺で。。。
うわっ。。。猪肉7kgやってきました!!!!?
年末は今度は猪料理を研究せねばならんようですー(汗)


d0180447_17313546.jpg


Feliz navidad!





読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-24 17:33 | ジビエ料理研究所 | Comments(8)

雨降って地固まる。

あの日から一週間経ちました。

d0180447_11510211.jpg

その日はこんなにうららかな冬の日で。

d0180447_11494976.jpg


朝遅く起きてきた息子が窓から外を眺めて
「うわあ、なんてピカッときれいな青空!すごい、すごいよ」と言うので、
じゃあ写真でも撮っとこうかってパチリとした。

腰を痛めた翌日、
大根を洗って干してしまわないといけなくて
パパが洗い、息子がテラスに運び、パパが結わえて干してくれました。

d0180447_11504164.jpg

大根が悪いわけではないけれど、すべての発端。
大根は見ていた(苦笑)

d0180447_11501435.jpg

12月なのに何故か大粒の苺がなってて花も咲いている。

パパがバイクで仕事先から直行して畑の私を助け出し、
私の乗ってきた車で病院経由で家に連れ帰ってくれ、畑に置き去りだったバイク。
私の腰が治り運転できるようになったので、
今日、2人で畑に行き、パパがバイクを持って帰ってこれました。

この一週間は長かったです。

息子は東京でばあばと暮らし始め、毎日のように食後に洗い物をし
買い物を手伝っているそうです。
近所にアルバイトを頑張って探しては、お願いし、
是非にと言われてホッとしたと思ったら、高校2年生からじゃないと雇えないと謝られ、
もう一つまたお願いしに行った先は、高校一年生が多くて
教えられる人がいないから、今はダメと断られ、
年齢の壁を感じたり。
今日は、大掃除を手伝って窓拭きを朝からやっているとか。

「とりあえずの服しか持っていないから、下着やズボン送って!」
と言われて、大急ぎで梱包して送ってあげたりもしました。

「買い物来てるんだけど、ひろたのポン酢こっちでも売ってるんだけど、
これだよね?美味しいの。じゃあ買って帰ってあげよう」
こんな風な電話がくる。
うろ覚えだったことを一生懸命手繰り寄せてるんだなって感じます。

「ばあばがインスタントラーメン作ってくれたんだけど、あのメーカーまっずくて。
今度ラ王買ってきて作ってあげようと思うんだー。
ママの焼豚ないのは痛いけど、でもそれなりに美味しいよね?」
そんなこと言われたら、
わかった。今度作ってそっち送ってあげるから、
ばあばに作ってあげてって言っててw

もうね、上京した息子を持つお母さんみたいです。


でもね、頑張っておいで!って送り出したのとはちょっと違う分、
なんとなく気になってばかりです。

男同士じゃ無理で、お母さんにしかできないことかもなあって思い始め、
たとえば互いの気持ちの通訳だったり、
正しさと優しさの間の距離の橋渡しとかのために私がいるのかなあと。

そして昨晩、そっちで過ごしてみて今どう感じているの?と尋ねてみました。
まだ子供だからやらないとか知らないとかじゃなく、
もう年齢的に1人の人間として、3人で互いを思いやって暮らしたほうが楽しいんじゃない?
そう思えるなら、いつでも帰ってきていいんだよ?
くーまがいないの寂しいよーって。
「たぶん大丈夫。この前みたいなことにはならないと思う」と言ってました。
よく考えて、明日電話してって切りました。

そしてね、今日です。
「オレね、年末年始そっちに帰ることにして、
でも東京でもう少し頑張ってみることにした」って伝えてきました。
一人暮らしになって縁の無くなったクリスマスを、今年は孫がいるので
ケーキはどうするか、ご馳走はなんにしようかと張り切っているばあばを思って、
クリスマスは一緒に過ごすから26日に帰ろうと思うのですって。

もっと気軽に大学のプロジェクトに顔を出して色々話したいこともあるのですって。

東京にしかないものも多いし、
神戸と比べてアルバイトも時給が200円は違うし。

今帰ったらまたダラダラしちゃうかもしれないから、ここで頑張るほうが
自立できそうな気がするからですって。

家だとパパや私を自分が手伝えそうなことは家事以外ないのにw
ばあばの家にいると、自分が役に立てることいっぱいというのも
今の彼にとても良いのかもしれないと想像してます。

本当は一番がっかりしたの、私かも。
でもね、
「家に戻るか東京にいるかどっちにしようって選択肢があるって幸運なことだから
自分のいいって思う通りに一生懸命頑張ってみてね」って
ちゃんと言えましたよー(涙目でw)


そして私も、この一週間あまり考えないようにと思いつつなんとなく沈んでましたが、
なにか良い感じに転がり始めたことに、ホッ。
とりあえず、年末年始を一緒に過ごせることがこんなに嬉しいなんて。
一緒に過ごせる時間は残り少ないと思うので、大切に過ごそうと思います。


読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-23 13:48 | 息子のはなし | Comments(12)

シカシカシカ!

先週の土曜日も、パパが鹿を持ち帰りました。
と言っても、一頭をみんなで分けたから「お肉」はなしw
もらってきたのは「レバー」と「ガラ」。

ガラ!!

台所でごろんと出してきたの(掃除したばかりなのに・・・)
「言ってくれたら、その大きさに切ってあげるから」ってノコギリ出すしw

4つに分けてもらって、3つで冷凍庫いっぱいなので
もう、今ここでスープ取っちゃおう。

って、最初は中華のやりかたで、お酒に青ネギと生姜を入れて煮ましたら・・・
ううケモノ臭っ(汗)
急いで、月桂樹の葉を入れたら、ケモノ感が-5くらい減った。
もっとないかな、そうだクローブだ!
入れたら、ケモノ感が-20。すごいなクローブ♡
シナモンも少し。-7w
もっと爽やかにせねばとローズマリーで-20。
ハーブってすごいんだなーって一つずつ入れて改めてその効果を実感しました。

しかし味がダメだ。
臭い。
このままならカレーのベースに使おうか。
ニンニクも玉ねぎも入れよう。セロリも入った。
冷蔵庫の萎びたブロッコリーの芯も放り込む。
途中カラスミをお酒で塩抜きした、その塩味のお酒も放り込む。

d0180447_14372018.jpg


骨からエキスが出るのに7時間は弱火で煮込む必要があるという。
この段階で、今更ながらフランス料理のブイヨンの作り方を調べる。
最初にざっと湯通しすべきだったことを、後悔しましたが、それは3回分の骨でリベンジ。
今これをなんとか使えるものに出来ないか頑張ろう。
アクをせっせと取ってから、弱火にして2時間半ずつ3日間。

d0180447_14372923.jpg

尖った味も丸くなり、骨のエキスが溶け出したらしいあたりから味が変わりました。
こ、これは・・・
美味しいっ!

コンソメも作ってみたくなりました。
卵白テクやってみたーい♪

d0180447_14373875.jpg

玉ねぎやセロリはもうブイヨンで入れたので、人参とパセリを使うことに。
粒コショウと卵白入れて、手で思い切り混ぜて粘りをだしましたよー。

d0180447_14374451.jpg

人肌に温めたブイヨンを少しずつ注ぎ終わったら、強火で沸騰寸前まで。

d0180447_14375142.jpg

超弱火にして、固まって蓋してる卵白中央に一つ穴を開けました。
スープが波打つくらいで澄んでくるまで火を入れるとのこと。
おお~、スープが黄金色に変わってる♪
そして濾しましたよー。

d0180447_14375896.jpg

わあああ、綺麗な色っ!(喜)
そして人参風味も加わって味もびっくり、とても上質なスープになりました。

d0180447_14380642.jpg

ブイヨンの時と・・・

d0180447_14381369.jpg

コンソメっ♪
すごいすごーーーーーいっ!こんなこと、誰が考えたのかしら。
フランス料理って尊敬するなあ♡

骨に一杯付いていたお肉は、出汁にするのはもったいなくて、
軽く茹でたところで削いで、5%の塩水とハーブで漬け込みました。
これがね、冷製でつまむのに美味しいのですが、
このお肉とピスタッチオとコンソメでパテを作ったら美味しいかも?
と今思案中です。


骨と共にもらってきてくれたのはレバーです。
まずは塩ゆでに。
そのまま食べても美味しいのだけれど、ガツンとした味にぶつけるので、
ニンニクと味噌で漬け込んでみました。

d0180447_14384030.jpg

こんな2mmほどの薄切りでも、しっかり濃厚なお味。
日本酒と最高に合いましたよ♪

d0180447_14383047.jpg

スペインはサンルーカル・デ・バラメダでしか作れない、超辛口の「マンサニージャ」。
シェリー好きでも、通が好むお酒です。
珍しいものがスーパーの酒屋に2本だけあったって、ホクホク帰ってきたパパ。
魚介類に合う超ドライなマンサニージャですが、にんにく味噌漬けの鹿レバーにも
もちろん美味でした。

こちらは、味噌漬けより何倍も手間のかかるレバーペースト用。

d0180447_14385497.jpg

図らずして息子がいなくなった分時間が空いたので、
レバーペースト作りに打ち込むことにします。

ジビエが毎週のように来るようになってから、フランス料理を研究しまくってますが、
奥が深いです。
今まで気づかなかった事がわかってくるのは楽しいけれど、理解すべきことが山ほどで息切れ。
年末は「バベットの晩餐」見なおそうかなー。

読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-20 15:44 | ジビエ料理研究所 | Comments(4)

これも親の愛情。

木曜日の夕方のこと。
たくあん大根を収穫して洗っている時、ぎっくり腰に!!(滝涙)
仕事先のパパに早退してもらい、寒空でポーズも変えられず1時間待ちに待って
なんとか畑から救済してもらいましたー。

その足で整形外科に行ったら治りも早いかと思ったけれど、
痛み止めのお薬と湿布、コルセットって家で対処するのと同じなのね(がっくり)
とにかく腰をやられたら2日は安静。
金曜日は一日安静にしておりました。


こんな状態で起こったこと。
金曜日の夜中、息子は家から追い出されました。

理由は、少しずつ書いていなかったのでもう今さら説明できることでもないですが、
ざっくり言うと、
親元では甘えて自分では何もしない漫然と生きている息子に、
自分の足で立つ練習しろ!と3週間ほど前に家族会議を開きました。
親がいちいち叱ってさせる年でもないし、反抗期で素直に受け入れられるわけもないので、
「家にいながら、親にとやかく言われず自由に過ごしたいと思うなら、
とりあえず間借りはさせてあげるけれど、アルバイトして自分でまかなうこと。
自分の思うように食べればいいし、一緒に食べたいなら食費を入れること。
でも、この家にいるうちは、週に2回でいいから猫のトイレ掃除と食後の食器洗いをする」
と決着が付き。

コンビニのアルバイトをすべく、面接して返事を待っておりました。

私が腰をやられて家事ができなくなり、
パパは朝から買い物に出て昼ご飯を作ってくれたので
息子が食器洗いました。
夜もパパが作ってくれました。
3人しかいなくて一人が負傷、1人が任務終了だから、息子も力を合わせる場面ですが、
食器を洗うことが死ぬほど嫌らしくて、ため息つきまくって後回しにし、
夜中12時過ぎても部屋に篭って腹が決まらない姿に、
頑張れば痛み止めとコルセットで私が洗えるから、もういいわって食器を洗い・・・

それを見たパパが、息子を家から追い出した
次第。

「自分が嫌と思っても、自分しかいないなら頑張って動く」
これができないと、動物も赤ちゃんも育てられない。
疲れて面倒だからって後回しにしたら、餓死しちゃうのだから。
結婚だって出来ない。
奥さんの具合悪い時、労れないなら幸せな家庭は築けない。
アルバイトに入っても、任せられたことを気が進まないとか言ってたら首になる。
いちばん大事なことがわかってないんじゃ
今ここで人間として気を張れなかった自分を深く考えなきゃいけない。

夜中12時半。
今日は特に気温が下がると言われてるので、パパは暖かい格好して
必要な荷物をまとめるのに少し時間をあげました。
お小遣いを止められて、お金も持っていない彼は、
自分を変えるためにパソコンに入ったゲームを全部消去して、宝にしていた漫画を
売りに出して1万2000円を得たところでした。
私はその持ち金を知っていたので、餞別として2万円あげ、何かの時の身分証にもなるので
保険証をもたせ、とりあえずネットで検索できるようにルーターを貸してあげました。

「こんなの、絶対やれっこないよ」って涙ぐむ息子に、
その2万円と手持ちを元手に、自分の頭で必死に考えてなんとか過ごしてみなさい
と言って追い出しました。


土曜日早朝にパパは狩りに行ってしまい、
私は引き続き安静に寝ていたのですが、息子が戻ってきました。
ネットカフェで夜を明かしたらしく、「話し合いたい」と。
家に入れてあげましたが、
やはりこれは一つのチャンスと思うので、追い出すことにしました。

息子は、ちゃっかりパンとコーンスープを作って飲み、
少し自分の部屋で休息をとってたみたいですが(←けっこう冷静w)
「オレがちゃんとしっかりしたら、帰ってきていいでしょう?」と聞くので、
そうだねって言ったら、「わかった。もう行くね」って出ていったのでした。


さて。
月曜日に大学のプロジェクトに参加することになっていたので、
実は日曜日には東京に行きばあばの家に前泊させてもらうことになっていたのです。
頭が回れば、渡したお金で新幹線の切符を買って東京に行って
まずは身の寄せどころを確保するんじゃないかと想像し、
「もしも息子が頼ってきたら」
ばあばは孫可愛さにお金あげないこと。返済ってことで貸してあげて。
脳梗塞で入院して、重い物持てない無理の効かない身体なので、
買い物は全部やってもらうこと。
料理も息子にも作らせること。
家の掃除もしてもらうこと。
間借りさせてあげるかわりに、部屋をきれいに使うこと。
母と打ち合わせました。
東京の姉にお目付け役になってもらうことにし。



夕方4時。
「今日、東京にもう行くことにした。
ばあばの家に寄せてもらって、アルバイトして、一人暮らし出来るくらいのお金貯まったら、
関西に帰るよ」って電話がありました。

ばあばと暮らすということは、家にいるよりもずっと気を使って働くことだよと
息子に口酸っぱく言い聞かせました。
あんたが行く分、寿命が縮まるようなことは絶対ないように。
借りてる部屋を片付けなかったら、私が東京まで行って実家から引きずり出すよと。


果たして、
あっという間に3人家族だったものは、2人家族に。
クリスマスやお正月はパパと2人で過ごすことになったのでした。

たぶん、働いてみて、自分でお金こんなふうに稼げるんだって自信持てたら、
彼は変わると踏んでるのですが。
忙しく働き時間のない中でも絵を描き続けるならそれは本当に好きだし、
描かないならそこまでのものだったとわかるのだろう。
なんにしろ、一人で大丈夫って自信がついたら、もう家に戻ってこないかもね。

あれれ、虫や鳥のように、
予兆もなく巣立ちと別れが来てしまった(驚)


1時間ほどしてまた電話がありました。
「今、オレの車両の隣になにがあると思う?
黄色い新幹線!ドクターイエローだよ!!!すごくない?」
すごいすごい。レアだよそれ。
でも、昨晩怒られて家を出された子が、今こんな嬉しそうな電話を私にかけてくるって・・・もう忘れてる気がする(汗)


いつも思うのです。
怒られても怒られても、2秒で忘れる。
イジイジとは後を引かず、親は絶対に自分を愛していると信じている。
生後3週間でうちに来たモイちゃんと同じだなあって思います。
天真爛漫で怒られてもまったくヘコタレない。
何しても絶対愛されてるって信じてるモイちゃんに私は敵わないって思う(とほほ)
6ヶ月で拾ってきたカイちゃんは、どんなに心を開いていても、
怒られたり大きな声を聞くと、しばらくビクついちゃうので、
カイちゃんには下手に怒れないのと対照的。
でも、人間はね。。。

色んな子が色んなタイミングを持ってると思うけれど、
うちの子は「今」、パンの発酵で言うとパンチングを入れる必要があったと思うのです。
だから親元を離れるべきと思うし。
自分で苦労を体験すべきと思うし。
この先どうぞ良い風に変化してくれますようにと祈るばかりです。


読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-18 13:17 | 息子のはなし | Comments(22)

ハーブティの世界♪ mamalife

一昨年の春にイスタンブールで買ったハーブティ。
わくわく選んで、お金だって安いわけじゃなかったのに、
一度も飲まずにまだ「在る」(汗)

とてもきれいだから、飲んでみようって思うのに気が進まなくて他のお茶になっちゃう。
なんでだろうって思ったら、
中身が何入ってるかわからないのが、無意識に気後れしてるのかな
・・・ってわかったので、分析してみることにしました。

d0180447_22204702.jpg

謎の蕾とかもあって、全部はわからなかったけれど
並べてみたら、なんと!
ほら、西洋のハーブティと東洋の漢方薬が混ざり合ってました(楽)
さすがイスタンブールで売られてるお茶!
東の文化と西の文化が交わる要衝はお茶までもですねっ!面白~いっ♪

ちょっとほっとしました。
そして、なんとなく馴染みのある漢方の名前もあって嬉しくなりました。
せっかくだから、日々の体調に合わせて薬効を考えながら飲んでみようかな。

・ハイビスカス これって私はずっと、ハワイなんかの有名な「ハイビスカス」と思っていて、
        採ってきて乾かしたことまであるのです。
        煎じても赤色が出なかったから失敗と思ってたけど、違う種と後で知りましたw
d0180447_23162322.jpg


 お茶にするのは、このローゼル種。
 ハイビスカスと言うより、オクラそっくりな花っ。
 「アオイ科」でハイビスカスもフヨウもオクラも
 家族だったんですね。
 
 疲労回復とむくみに抜群!らしいです。
 






・ローズヒップ 「ビタミンの爆弾」って言われるほどカルシウム・鉄分・βカロチン・リコピン
        もちろんビタミンC豊富の「美のお茶」。

・カモミール  体を温め、神経を休めるリラックス効果が高い「マザーリーフ」。
        スペインでも、今日はなんか不調とかお腹の調子が・・・って未病はまずカモミールティです。

・柑橘類の皮  一年以上干した皮は体を温め、消化促進・食欲増進。喉の痛みや咳に。

・ケイトウ   体を冷やし、痔の出血や下痢に良いらしい。

・バラの花   リラックスと血の巡り、更年期障害・月経不順に。

・芍薬     冷え性や更年期に。

・当帰     血の巡り、貧血・冷え性、更年期で睡眠中に目が覚めちゃって困る時に。

・白朮     読み:びゃくじゅつ。水分代謝を正常にする。

・うこん    生活習慣病に。

・桂皮     体を温め、血流・血管の修復

・セージ    血の巡り、抗菌抗酸化作用と更年期症状の緩和

って、そろそろ「更年期」に効きそうな効能を中心にメモしてみましたw


本当は「リラックスティー」と「ウインターティー」って買ったんだけど、
花類と棒類に分けて。
d0180447_22181453.jpg

うーん、かわいいぞー。
テンション上がるなあ♪

d0180447_22184409.jpg

冬っぽくてこっちもかわいい♪
かなり「漢方」な見た目w

d0180447_22191331.jpg

これはお友達のお庭の「レモンバーベナ」
精神安定や安眠に良いらしい。
でも毎日長期に飲むのは胃を刺激することがあるから注意・・・らしい。

d0180447_22195908.jpg

パパのお仕事のお土産でいっぱいある「レモングラス」。
冷凍してて冷凍庫を占領してるから、せっせと飲むことにしました。
風邪の初期症状の殺菌に、そして食後の消化を助けてくれる。


ということで、最近はお風呂上がりから寝る前にかけて、
ままごと薬膳で遊んでます♪


関係ないんだけど・・・
ハーブティを調べてた時にね、中国名肉桂(ニッキ)・桂皮、
「シナモン」の原産が中国南部って知って、
は!!まさか「支那もん」ってこと!?
って思ったけど、そんな完全日本語が世界を席巻するわけないよね(爆)
シナモンの由来どこにも出てないんだけどさ~気になるーw


p.s.
ミツバチは半日暇な時じゃないとまとまらなそうですー。
タクワン漬けて年賀状書き終わってからになりそう(汗)

読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-15 12:32 | 世の中のお勉強 | Comments(2)

今週からは特に忙しくなります。
そんな、始まりの朝。

d0180447_11173250.jpg

お友達からいただいたシュトーレンを朝ごはんに。

気がつけばハロウィンと共に急速に定着しつつあるシュトーレン。
パンを焼く人はこの時期みんな焼き始め、お店でも売っていて、
みんなそんなにシュトーレンが好きなんだ!?って思うと声が小さくなりますが、
我が家はあまり好きではなく・・・(ぼそぼそ)
と話したら、おすそ分けしてくれた、このフロインドリーブのシュトーレン

このシュトーレンは美味しかった!!(驚)
基本こういう系にあまり興味のないパパが、
「お!これはオレも美味しいと思う」と言うほど美味しかった♪
バターが効いていて、しっとりで、舌触りや色んなものがバランスよくて。
このシュトーレンなら少しづつクリスマスを待ちながら楽しむのもいいなと思いました。

同じ見た目同じ名前でも、全く違う。
先日のバゲット・トラディション・フランセーズもそうだけれど。
「あまり好きじゃない」というのは、実は本当の美味しさに出会ってないだけかもって
つくづく思います。


ピッカピカにお天気な今朝は、
d0180447_11204192.jpg

映し出されるオーナメントの天使の影に見とれてしまいました。

d0180447_11174224.jpg

ツリーを置くスペースがないので、
数年前、パパと息子で手作りしてくれた壁掛けツリー。
今年も出しました。
しかし、もいちゃんがオーナメントと一緒にぶら下がってることが多くて(汗)
この子は歴代の猫の中で一番「壊し屋」です。
息子の生け花も2日と持たずガジガジに引き倒されるし。
花瓶のお花は花瓶ごと倒されるので、外のテーブルに飾って中から見るようになりました。
先日飾ったキリスト生誕を模したお人形・スペインではベレン人形と言いますが、
サッカーされて羊が骨折してしまい、安全な飾り場所が見つかるまで撤去中(滝涙)
ツリーがどうか24日まで無事でありますように(祈)


先日、畑のオーナーに日本ミツバチの巣箱を置く交渉をしたところ、
「オレも3年前から巣箱置いて待ってるんやけど一度もうまくいかんねん。
そんなのに、お前んとこ置いて蜂入られたら、腹立つやんか。だからあかん!」
って、多分70過ぎてると思うのだけど、思いもよらぬ正直な断られ方されてしまったのでw
この線はもうどうにもならなそう(しくしく)
まあいいや。
思い続けていればいつか実現させられると思っているので、
せっせと勉強し続けることにします。

今ね、生存の危機に直面しているのですって。
日本ミツバチの未来についても心配だし、今の研究成果が聞きたくて、
昨日は、「日本ミツバチ研究会」に参加してきました。
日本全国から愛好家が京都に集まっていて驚きましたよー。
自分の工夫とか蜜蜂の面白いお話、養蜂の色々について、知り合ったオジさん達の熱弁も
とてもいい勉強になりました♪

d0180447_11205305.jpg

外来種のアカリンダニが付き、発熱能力が低下し死ぬ仲間が増えることで
結局、越冬できずに全滅する例が日本にダニが入ってきて6年で全国に広がってるそうな。
でも、観察していると、ダニに侵されたら後ろ羽が収納できなくなるから
わかるのですって。
今は初期に発見して巣箱を隔離して消毒処置をするしか手立てがないのだとか。

昨今卵や蛹で死んでしまうので、しょうがなく巣から捨てる「子捨て」症例が増えていて、
巣の周りが徐々に悲しい状況になって群れが全滅するのも問題になっているそうな。
その原因がまだ究明できていない状況とのこと。

とにかく日本ミツバチに関しては、
まだわからないことも多くて、お金もない研究も進まない状況のようで、
研究者が全国の愛好家の意見を募っていました。
タッグを組んでなんとか日本ミツバチを守りましょう!という熱意で、
細々と日本ミツバチが生きながらえているのですね。
おちおちしていられないようです。
ああ、私もこの流れに協力できる人になりたいものです。


今週はなんとか、
11月末から今までで私が理解した「ミツバチ」のお話を記事にまとめたいのですが。
そうじゃないと資料が仕舞えない→机が片付かない→年末なのに大掃除が終わりきらない
と精神衛生上良くないので、書き終えたいんだけど~
どうなるでしょう。



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2016-12-12 12:37 | みつばちと小さい生きもの | Comments(12)