ひと騒動 と 親ごころ

パパがぎっくり腰になって動けなくなってしまいましたー。

そして息子は昨日から北海道へ旅立ちました。

大学のプロジェクトはだんだんと自立促進が容赦なくなってきて、
交通手段の予約の上に、ホテルの予約も自分でして領収書持ってくることになり、
「でも、東京は最近ホテルが高いので、頑張って安いホテル探してね」って。
すごいなあ。
15歳でホテル予約して、飛行機だ新幹線だルート検索して自分で全部やらせられるって。

北海道への旅も、
「子どもの考える機会を奪ってしまうので、親は口を出さないで下さい」と釘をさされます。
でも最後にこう書いてありました。
「体調管理に関わるので、最終チェックはお願いします」。

大学のプロジェクトも月に何度も色んな事があり、
学校も色んな事があり、夜になるとやる気になるからって絵を描いて、
朝起きられなくて午前中ぐだぐだで社長出勤のように学校に行くというか行かせるというか。
やることが増えると、粗が目立つようになって、
言わずにはいられなくなる私。

この年齢で夜更かしして身体壊さないかも心配だし、夜更かしのせいで学校に11時くらいに行くってことも
何もかもが中途半端にならないかってことも、そんなことなら学校辞めたらいいのにって思うし、
それでも行きたいなら本人の好きにすればいいと思うし、
このままでは落第確定だからと、大学のプロジェクトを公休扱いにと
校長にかけあってくれた先生の気持ちとかも考えてしまうし。
最近またまた反省と心配の間で母は苦しんでおるのです。

が、釘さされたし、問題あってもプロジェクトのスタッフに任そうと
見ぬふり頑張った今回。
でも、直前に「ないから買ってきて~(オレ学校あるから)」って言われて結局
買ってくるのに私が泡を食いたくないから、前々から言ってねとお願いしたのに。
3日前に、「手のサイズに合う大きな軍手が必要なんだけど」と言われ、
近場に売ってないから遠くまで買いにいけども、なくて諦めさせる(こういう誰の為にもならない時間の食われ方が一番イヤな母)
2日前に、食費やもろもろ必要なお金、書いてあったの忘れてたって突然言われ、手持ちがないから銀行に走る。
そして前日、夜に最終チェックで持ち物リストを読み上げたら、持ち物28項目のうち、10個も!!漏れてた(焦)

この状態で「口出ししない」ってめっちゃ辛い~(ひーん)

全部の荷物を集めてみたら、パッキング中のカバンになんてとても入らない事が判明し(倍ほどあるし 汗)、
もっと大きなスーツケースに移し替えることになり。
でも、とにかく、ポケットに突っ込んだままのお金を財布に入れろ!コピーした保険証も畳んで財布に入れろ!
服くらい忘れてもいいけど、お金と保険証とチケットだけは、
この段階でできてないんだから、目の前でやらせました。
明日7時出なのに、すでに夜の11時。母は眠いのにブツブツって言ったら
「ごめん。オレ1人であとやるから、もうママは寝てくれていいから(キリッ)」

って言って、キリッとしてたから委ねたのに~
6時半でも起きてこないから叩き起こしに部屋に入ったら、げーパッキング完璧に終わってないし~(滝涙)

え、元のカバンの中にこの袋入れたまま!忘れるからスーツケースの方に入れとくよ。
なんでマットがここに転がってるのよ。忘れるからスーツケースに詰めとくよ。
「ママ、オレやるからいいってば」
って、もうあと20分しかないのに布団入ってる奴の言う言葉か!(怒)

言ってることと行動が伴ってない時
口出していいのかダメなのか~。
でも、優先順位は、飛行機に間に合わすことだから、もう教育とか言ってらんないような気がするの。

ああ時間もない。
しかし、昨晩確認し忘れた懸案は聞かねば、と。
羽田から北海道行きのeチケットって大学から送られてきてるの?確認した?
「一応確認したと思うけど・・・あれ?ちょっと待って」あと10分しかないのに、こんなこと言う(焦)
ああもう時間ないから、羽田着いてからゆっくり探せ!なかったらスタッフになんとかしてもらえ。
でこっちから羽田行くチケットは大丈夫なんだね?
「えーっとえーっと」
あー待ってられないから、もう一度送り直す。保存ちゃんとして!
カード引き落としの関係上私の方にデーターが送られてきてるので、パソコン立ち上げてまた送り直す。
パスポートとかチケットは、今度からは最初に確認して!(イライラ)

いやもうなんか、どこまでが「最終確認」でどこから「口出し」かわからないけど必死(汗)
7時ちょい過ぎてしまったし。
運転苦手なの。朝のラッシュにもかかりたくないの。でも、パパがぎっくり腰だから私が頑張らないと!
って母は気を張ってるのにさー。

で、車の中で思い出し、携帯持ってきたよね?って聞いたら、
「あ、忘れた」て・・・。
昨日から3回くらい携帯忘れないよう言ってたのに、持ってく気がないの。

「公衆電話探すから携帯なくても問題ないし」
あくまで言い張る。

荷物を預ける時に、羽田で荷物受け取って一旦出てから、また入り直して北海道行きの搭乗口に行くって
時間的に間に合うんだろーか・・・などと母がまた余計な心配をしてしまい。
息子はそんなことはまったく想像もしておらず。
いやもう口出させてもらうから!
荷物が北海道まで運ばれるように、持ってる情報全部見せてなんとか手続きを完了させました。

で、送り出しました。
きっと息子に連絡が取れないと私の携帯にかかってくるに違いないから、
「飛行機に乗りました。10時には羽田に着いてます。
携帯を忘れていきました。もう連絡の術がありません。
よろしくお願いいたします」ってメールして、ようやくひと息。

なのに電話がかかってきたりする。
「11時の集合時間に来ないんですが」

だから携帯忘れんなっていったのにーーー!!(とほほ)
携帯なくて困るのはあんたじゃない、振り回される周囲なのっ!(叫)

羽田で呼び出しかけてもらいますって電話が切れて。
本当にしたのかはわからないけれど、
合流できたようです。

まあ、チケット持ってて羽田に居さえすればなんとかなると思ってたので
親的には心配してなかったけれど。
彼の弱点は、
AからBへの移動を、最短で効率よいルート以外できないこと。
現地集合が一番効率いいし、合流の時は空港の搭乗口で落ち合うのが一番ロスがないんだけど、
土地勘がない子の為だったり、アクシデントを予想して手続きを済ます前に、一旦違う場所で集合する可能性があるって
考えないの。だから送られてきた連絡事項を読んでも、そこをスルーしちゃうことが多い。
どこかで一旦集合するって知らなかったんだろうな・・・(汗)
さらに、基本的な連絡手段に対する意識も薄くて。
待っていればいいのはここに違いないって決めつけた場所にいて、
人に伝えることも確認もしなければ誰もわからないってことが理解できない。
私との待ち合わせで同じことが多々あって問題点を説明して反省もしてるけど、まだ繰り返す(困)

15才だし。
普通よりそういう所が弱いとしても、わかるまで山ほど経験するしかないので、
息子を旅に出してます。


飛び抜けてるところとダメな所の落差がやはり激しいのです。
でも、確実に彼は自分の助け手を得ている。
7月に職業体験を兼ねて(って母の思いと違い本人は単に見てみたい気持だけだけど)
コマ撮り映画の撮影スタジオに出入りさせてもらえるという、ありがたい機会に恵まれたんです!
そういう話が来るというのは幸運のなにものでもないけれど、
監督が息子を認識してくれたのは、クレイメーションを作ったおかげで。
作って、見てもらって、受け入れてもらえるのだから息子自身もエラいな。

私の予定が合わず付いていけなくて迷ったのですが、
1人でできる自信もあるようだし、友人に委ねることに。
1人で大丈夫かなと私自身が踏ん切れるまでに、彼が成長してることは確かみたい。
まだ15歳なのに、大人の世界に1人で入っていくことを臆さないってエラい。15歳の私だったら尻込みしそうだなと思います。
自分と比較してはすごいと思ったりダメだとイラついたり。
ちょっと前の必死さとは違うけど、もう子育ても終盤に感じるのに、今も今でやっぱり必死。
もっとやりようってあるのかなあ。
もっとゆったり構えることってできるのでしょうか。
3年後の自分はきっとその答えを知ってるのだろうなあ。。。
ほんと子育てって・・・いつまでたっても大変だな―(汗)



ってことで息子がいないし、パパも家の中を少し動けるようになったので、
私はちょいと週末旅に行ってきます。
本当はパパと行くはずだったんだけど。。。ひとり旅で息抜きしてきまーす♪


[PR]
by africaj | 2016-06-30 12:19 | 息子のはなし

凹んだ時に元気が出る食べ物、私はオーソドックスで大きなオムライスと火傷しそうなほど熱々のカレーうどん。

一昨日は凹んでなかったけれど、カレーうどんを食べたら、
食べ終わった時頭がすっきりしてたので、気が付きました。

熱々のカレーうどんって、
なかなか冷めないし、すすれないし、熱くて口に入れられないし、でも美味しくて(笑)
必死にフーフーしてはちょっと食べてアチッてなって・・・
どんどん食べることに集中して、頭の中はカレーうどんしか考えてなくて。
グルグルしてたことが途切れて夢中で食べてるのですよね。
それで食べ終わった時、気持ちが切り替えられるんだろうな。
カレーうどんってすごいんだなー。ようやく解明したぞ!などと一人悦に入ってました(爆)

そういえば、家でカレーうどんを作ってない。
スペインにいた時は、ちゃんとカレーを食べた翌昼はカレーうどん作れてたのに、
なんだか残らない気がする。深く考えたことなかったんですが。
今回はカレーうどんを作ろうと思って、うどんを食べた翌日なのに、夕食にカレーをたっぷり作ったのですが・・・

d0180447_12110559.jpg
先日作った燻りがっこのポテトサラダもパンに乗っけるとたまらなく美味しい。
そして、カレーパン。
週末の幸せな朝ごはん♪

などと、カレーの翌朝はみんなカレーパンが食べたくて、
ぐっとなくなってしまったあ。結局カレーうどんは作れませんでした(苦笑)
ま、美味しいカレーうどん食べられるところ見つけたから、もう家で作らなくてもいいか。

カレーうどん、私の中でかなり重要です(そうちょくちょく凹みはしないけど。基本的に好きなのっ♡)
ディーン藤岡が、アレルギーがあってほかの麺類が食べられないから、住む場所の条件はフォーの美味しいお店の近くって言っていて、
変わった人だなーって思ったのですが、似たものがあるかも(笑)

d0180447_12112477.jpg

2週間強、塩漬けしたらっきょうを今度は一晩塩抜きして、湯通ししたところ。
かじって美味しいよりもうちょっと辛いかなってほど、塩けは結構残す方です。
それで、秋まで甘酢に塩がなじみ、らっきょうからは塩が程よく抜けるくらいじっくり漬けるのが好き。

きっとどこも同じようなレシピなのだろうと思うけれど、
そういう「塩漬けの日数」「塩の残し方」「湯通しするしない」そんなところが好みの味を作っていくのでしょうね。

私の作り方はこう。

(最初の作業)
らっきょう           1kg(皮むき根取り下処理で正味800gくらいになる)
塩               150g
水               750ml 

塩水に浸けて2週間ほど涼しいところに置いておきます。
塩抜きは、鍋にちょろちょろ水を流しながら一晩。塩の残り具合は上記の感じ。塩は抜きすぎないこと!

沸騰した湯を火を止めたら、ざるに入れたまま10秒ざぶんとして、湯切りして冷ましておきます。

(2週間後の作業)らっきょう酢作り。
水     150ml
氷砂糖   250g
酢     350ml
赤唐辛子  2本

漬けこむビンに熱湯を入れて消毒しておきます。
1)水と氷砂糖をひと煮立ちさせて(氷砂糖は溶けきらなくていい)、水に漬けて冷まします。
2)冷めたら、酢と唐辛子を入れラッキョウを浸けて、暗く涼しいところに置いておきます。


選ぶ砂糖で味が変わりますが、氷砂糖が一番すっきり出来上がるので、
私はらっきょうには氷砂糖って決めてます。 



d0180447_12113196.jpg

なめこに2度食われたUFOピーマン2号は、驚くことに茎だけになったのに葉っぱを再生し、ここまで成長したんですよー!
で、畑に植えたら、その後豪雨に見舞われて地面に突っ伏してたので、
救済措置。
歯が痛い子供みたいな状態(笑)

d0180447_12113782.jpg
しかし実は、もうダメだって思ったので、
新たに種をまいたらこんなに元気に育ってます。
こっちの方が茎も太くて丈夫そう。
ベンチには彼らが控えておりますが・・・どうなるんでしょうか。

d0180447_12114164.jpg
友達からもらったフェンネルの種、ナメや虫にやられたりで、ついに一株しか残ってないけど
なんとかここまで育ってます。
フェンネルって育つと大株なのに、種からなかなか育たないし、こんなに弱弱しいのね(驚)
どうなっていくのか、こちらも目が離せません~。



[PR]
by africaj | 2016-06-27 12:50 | うちごはん | Comments(8)

梅を塩漬けして、順調に梅酢があがってきました。
今年もうまくカビを生やさずに土用までいけたら、来年はうちの梅干しの漬け方を
紹介しようかなと思います。
8%で漬けるのは、私はカビが出なくても、うまく行かなかった人がいたら申し訳ないので、
私が「こうするとカビが出にくい」と思っている方法を今年も試してうまくいってから♪

でも、カビを出さないようにすることも、発酵をうまく起こすことも、同じことで、
「存在を忘れない」ことに尽きるなと思います。
一日に一度、無理ならせめて2日に一度は様子を覗きこむ・・・ことだったり。


お友達が作ってくれた梅酢のピクルスが美味しかったので、
私もこの夏はピクルスを常備することにしました。
梅を漬けると梅酢がどんどん増えていくので、こうしてせっせと使えて美味しいなら言うことなしですよねっ。
3年前に「甘い梅干し」を作ろうと塩分1%&砂糖少し多めで漬けた時に出た梅酢があるので、
お砂糖を入れずに、

d0180447_17264982.jpg
梅酢&甘い梅酢と3倍ほどの水、ニンニク、ハーブ類、黒胡椒と唐辛子に漬けましたよ♪
サラダかぼちゃときゅーりは沸騰させて火を止めた湯に放り込んで、ざるに上げたもの。
人参は生のまま漬けました。
このサラダかぼちゃ、彩りがすごく綺麗で、ビンを取り出すだけでうきうき。
そしてコリコリしてて美味し~♡

パパが体重を減らしたがっているので、このピクルスを小腹がすいた時に食べてもらって
この夏は減量してもらいたいんだけどなっ。

d0180447_17264454.jpg
サラダかぼちゃ。
コリンキーって名前で売ってましたよ。
このままサクサク切れて、サラダにも美味しいらしい。
でも切ると少し粘ってした液が出るので、湯通しがいい気がしました。

美味しいピクルス教えてくれてありがとうね♡


これは、畑のトマト「アイコ」の脇芽をとったあと、立派だったから
家に持ち帰って、薄い液肥に浸けておいたもの。
d0180447_17265589.jpg
トマトってすごい生命力ある野菜で、
畑に植えておいたら、ひと夏ほとんど水をやらなくていいのです。
水が欲しくてどうしようもなくなったら、産毛をびっしり生やして夜露を取り込むし、
どうしようもなく水が足りないと思ったら、気根を出して空気中の湿気で生きていこうとする。
そうやって歩けない植物だけど、自分を変えていくガッツがある野菜で感動します。

数日で茎からこんなに生やした、根の純白さに感動してしまいました。
根の色もまた、元気のバロメーター。
この純白は生きる力がみなぎってる証拠です。
なんて素晴らしいのだろう。

買ってきた苗が一本、生え際から茎を虫に折られて死んでしまったので、
そこに植えるために苗を作ってたのでした♪


私も昔は、植物をどうしても枯らしてしまう人でした。
子どもも、
成人して考えてみたら、横割りの学生生活の中でしか生きていなかったせいで、
人生で自分の年齢より-5才くらいまでの年下としか触れ合ったことがなく
大きくなり、「赤ちゃん」や「子ども」に触れたことも話したことも記憶に無く。
自分が子育てできるとは思えない人でした。

先日ね、言われたんです。
「植物を育てられる人なんだね。私は枯らせてしまう人で・・・」って。
私、いつからか育てられる人って言われるようになってたのですねえ(笑)

ヒトは生まれながらの性格はそう変わらない、変える必要もないけれど
それ以外は年月とともに経験と共に変わるものなんだなとつくづく思いました。
素敵ですよね。
年をとる、年輪が増えることで、どんどん成長を続けられるなんて♪


[PR]
by africaj | 2016-06-25 18:22 | 畑でお野菜育ててみる | Comments(4)

完熟梅のクワス

収穫した完熟梅、どうしようかな。
最初にね、「酵素ジュース」のレシピを教えていただいた。
だけれど、お砂糖の量がすごいっ。梅1:白砂糖1.1(驚)

最近の酵素のブームがよくわかってないけれど、
酵素のために、こんだけお砂糖を体に入れるのに抵抗ある私。
(酵素が胃酸に負けずに腸に届くことも信じることができないし)
白いお砂糖が発酵途中でぶとう糖に変わるから体に負担はかけないという但し書きがありましたが、
そもそも糖分を過剰に摂取することに問題が多いので、白砂糖もぶとう糖も果糖も同罪と思うのです。

な~んて言いながら、実のところ
美味しければなんでもいい我が家ですが(爆)

ほどほどの糖分で、家族が飲んでくれるほどに酸っぱくなくて、美味しいもんはないのかなーって
先日買った「発酵の技法」を読んでたら、
ロシアやリトアニア、ウクライナなど東欧で飲まれる伝統的な飲みもので、
夏になると屋台もでる
素晴らしく爽快な、発泡性で酸味のある飲みもの
「クワス」というものの作り方が出てました。

おおっ♡

でも、読めば読むほど得体が知れないのー(爆)
クワスのスターターはサワー種スターターだけで・・・あれ、これって「なちゃ」だわと思ったけど置いといて。
ない場合は乾かしたパンにお湯を注いで一晩おいたものを、濾して液体を取り出し・・・
ってね。
いやまあ、今度やってみますけどね。
え~って感じでしょ?ジュースに小麦粉。
これがオーソドックスなクワス。

読み進むと「フルーツクワス」ってのが出てくるのです。
で、作り方がなんだかよくわからない(汗)
なんでもいいから発酵させろってことだけはわかった。

面倒だから、「クワス」と「フルーツクワス」のなんとなくわかったことで作ってみました←すでにクワスじゃないかもw


d0180447_15400635.jpg
完熟梅です。
これを300g。
でね、発酵させるのに酵母菌が必要と理解したので、正月に作って冷凍しておいた
たっぷり糖を噴いた大きな干し柿を半分。
この2つをフープロで細かくしました。

d0180447_16320941.jpg

それから、酵母菌の餌になるよう100gのきび糖を足して、

梅だけで発酵しやすいのですが、
お砂糖をグンと減らした分、発酵しにくかったら酸味が先に出るから嫌だなと

発酵の補助にヨーグルトから取ったホエーを30ccほど。
ダメ押しで米麹7g
こんだけ入れたら干し柿か、ホエーか米麹のなにかが発酵するだろうw

d0180447_14170556.jpg
毎日スプーンで何度もかき混ぜて、
今日2日目です。
すごいすごーい♪
なにが良かったんだろう??

この、ビンの下に溜まってる液体を取り出すのです。
泡で固まってるから、穴をあけてビンを傾ければ簡単に出てきます。
d0180447_14171442.jpg
発酵させると爆発率が高いので、必ず炭酸飲料のペットボトルを使います。
液体1に10倍の水を合わせて味見して、甘さをハチミツで調整したら、
干しブドウが浮き上がると炭酸が満ちたとわかるので、一粒入れときます←こんなコツがいいでしょ?(喜)


で、キャップを閉めて24時間置いておくと・・・

d0180447_14171945.jpg
ほら、干しブドウが、出来上がりを知らせてくれた~っ♪♪♪

d0180447_14173520.jpg
わああああいっ♡
シュワシュワだ~っ070.gif

d0180447_14174047.jpg
すんっごいナチュラルなお味で、甘くしなかったから爽やかっ♡
梅シロップの炭酸割りと似た味なんだけど、酸っぱすぎず甘みも舌に残らず刺激が過ぎないお飲み物です。
このまま飲んでももちろん美味しい。

しかし、ジンをちょいと入れると
これまたジンの香りが相まって、うっまーーーーーーーー!!と家族で叫んでしまいましたぁ(←あれ、声が1人多いぞ 苦笑)

d0180447_14174672.jpg
だいせいこうっ!
魔法使い、初級くらい?(笑)

ちなみに、これはどのくらいで飲み切るべきかわかりませんが、
このままいくとアルコールになって、酢になってしまうので、
完熟梅と干し柿を混ぜて米麹合わせた、「クワスの素」2kgを小分けして冷凍しました。
この夏は、小出しして作ることにしましょうかね♪


p.s.
ふう。
溜まってた分出し切りましたので、以後は通常運営かな。
blogに遊びにも行けず、コメント返しもお待たせし、送らねばならぬものも停滞してました。
コメント欄も開けて。
のんびりといきますー。


[PR]
by africaj | 2016-06-23 15:22 | 食べることの冒険

息子の方も進展してます。

月末から、ついにあの
「野生の馬を飼いならして枝を拾う」→「その枝で薪を作る」プロジェクト始動。

本番じゃなくて、まずは「飼いならして馬に乗る」までと、「炭焼き職人さんの話を聞く」まで
やってくるそうです。

最初その話を聞いて、
おもわず北海道に野生の馬っているんだろーか?と検索しちゃいましたっ。
しかも、野生の馬を手懐ける方法まで検索しちゃった母(爆)
日本式は数ヶ月かかるけど、モンゴル式は数時間だそうで。
モンゴル式、すごいよー。格闘の末、馬が根負けするってやつだったw

サンフランシスコのカウボーイバーで、電動のロデオやって、
一瞬で吹っ飛んで(普通吹っ飛ぶからマット敷いてある)瞬間気を失ったことのある母ですから、
馬に根勝ちするモンゴル人に敬服。さすが筋金入り騎馬民族。

で、北海道には飼育放棄や脱走で野生化した馬がいるのだそう。
根っからじゃないから、あまり時間かからないの・・・かな?
そういうことをやっておられる方のもとで、一緒に捕まえて、
信頼関係を育んでから乗るんだとか。

ふーん・・・イメージがいまいち持てないので、体験後のお土産話が楽しみです♪


日夜ネットミーティングをしてる風景が不思議なの。
息子が一人タブレット持ってるだけなのだけど、各地から声だけわーわー聞こえる。
大学の研究室とも繋がってて、大人と子ども達とのミーティング。

小・中学低学年と、中3・高校生組でチームに分かれて行動で、
スケジュールを見ると低学年組の方が書かれてることが多いのを、
「別チームよりやること多い!」って文句言ってるみたいでした。

実際は、馬を捕まえる。馬にブラッシング。
短く書いてるけど、すごく大変なことって、小さな子は想像つかない典型で。

「こんなに働かされたらストライキ起こしちゃうぞ―」って駄々こねて、研究室の大人が一生懸命説明してる時、
「いや、ストライキって稼いでる人がやることで、お金出してもらってる側がそんなこと言っても・・・(意味ない)」
って、突っ込む息子。
拍手が巻き起こる。

「今、研究室の方で拍手出てますよ。」←実況中継が入るのも笑える(笑)
他のところから、
「え、なんで拍手が出たの?」場に乗りきれない子がいたり。
「くーま君の発言にみんなが喜んでます。」←あくまで実況中継w

やってるうちに、子供同士で喧嘩が始まったみたい。
ある低学年組の子の発言が煩いって、大きい組の1人がミュート(消音)にして意地悪したら、
小さなほうが怒って、大きな子をブロックしちゃったのだって。
そうしたら、彼はもうミーティングに戻れなくなっちゃったのだとか。

子供同士はわかってて、あ~あとか、ニヤニヤ。
大人は気がついてなくて、話を淡々と進めてて。
「あれ、H君が参加できてないみたい?どうしたの?」←事が終わってから気がつく大人。
「H君ブロックされてるから、このミーティングにさっきから参加してないんですが・・・」
息子が説明してようやく発覚。

で、教授が出てきて「こらー!!
そんな悪戯するなら連れて行かないぞ!!早くブロックを解除しなさい!」
「えーっとえーっと、やり方がわからないよー」
「戻し方がわからない意地悪はしたらいけません!」

もう一度言うと、息子1人がタブレット持ってソファーに座ってるのだけど、
このやり取りが大音量で聞こえてくるって・・・近未来だわあっ(母が梅すり下ろしてアナログ発酵させてる横で 汗)
しかも、ミュートの意地悪にブロックで場からはじき出すって、ゲームみたいw
研究室側が子どもたちに使い方教えたのに、
すでに子供のほうが使いこなしてるし(笑)

ちょっとだけ大学での様子が垣間見れて、私は嬉しいのですけどね♪

今回はご飯も自分たちで作るし、馬小屋で寝るから寝袋持って来いって
鈍行旅を辞退した息子は、今回は望み通りの展開。
あとは、言うは易し行うは難し。
心意気と気力体力が離反してなければ、いいな。
どうなるのかな?



それはさておき。
学校の話も少し。

高1で進路指導を学校がかなりやっているのだそうです。
私の頃はそんなの高3からだったから、時代は変わったのですね。
悪いことではないと私は思ったのですが、

外から呼ばれた大人がこんなことを言うのだとか。
「僕も昔ガンダムが大好きで、将来ガンダムみたいなメカを作りたいってずっと思ってて、
そういう学校に進んだんだけど、そんなのはそう上手くいくもんじゃないってわかってね。
今は違う道を進んでる」とか、
「僕の友達に、研究員になるって言って京大に行った奴がいるんだけどね、
そいつは結局今銀行員やってるしね。」とか。
そして、とにかく今は勉強して、地道に働くこと食べていくことがどんだけ必要かを語るのだって。

「高校になったら、外から大人が夢を潰しに来る授業が月いちである」
これがすごくイヤ。
ってみんなで疑問視してるらしい。

えーっ!
進路指導=夢を潰しに来る の構図って、
どういうこと?
なんで夢を活かす進路をまず否定して「社会は厳しい」から入るのだろう。
そんな世の中しか選択肢がないって自分の進む先を見せられたら、私なら絶望しちゃう。
「やりたいっ!」がベースにあるから、人間って前に進めるんだって
私なんて毎日実感してるから(発酵に突き進んでますw)
色んなことを乗り越えて成長していけるし、それが社会貢献にもなるわけで。

この前実際、ロボットに憧れてとうとう二足歩行のロビ君作っちゃった高橋智隆さんの
話を、息子と一緒に聞いた私としては、
ロボットなんて簡単に作れないって諦めたのは、この方の選んだ道であって、
全員がそうじゃないとしか言えない気がしました。
せめて、失敗を語る人を招待するなら、成功を語る人も招待してほしい。

とりあえず、子供たちが疑問視してるって話に、ほっ。
大人が何を教育しても、自分の頭で考えられる年頃でよかった。

「個性を伸ばす」ことや「多様性」を目指してると聞いた数年後、これって(汗)
公教育はさらに迷走してるんじゃないだろうか。振り回される子供たちが気の毒すぎる。。。



さて、あと一つ、梅の発酵記事をUPしたら
「現在」に追いつきます。
ようやく、のんびりペースになる・・・はず?(願う)

[PR]
by africaj | 2016-06-23 10:00 | 息子のはなし

先週、どんだけいろんなことがあったか(汗)
書き留めたこと書いときたい事いっぱいで今週のことが書けないので、とにかく時間見つけて全部吐き出しますよっ(鼻息)
(それまでちょっとコメント欄閉じてます~)

東京から帰った翌日は、展覧会のお手伝いに行ってましたー。

「神戸市立博物館」にて、
東京で好評だったらしい歌川国芳と歌川国貞の浮世絵展が日曜日から始まりましたよ~♪
例によってお手伝いしたご褒美に、学芸員の先生に絵の解説をしていただいたので、
一生懸命書き留めたもの、復習も兼ねて記事で整理。
面白かったこと皆さまにもおすそ分けっ。
d0180447_14225410.png

歌川国芳は、

←こんな感じの
ニャンコの絵でものすごく有名な人なので、
もんのすごく楽しみにしてたんですが、今回はにゃんこ絵なし(しょぼん)

や、モデルに抱っこされてるのがネコとか、雪だるまがネコとかはあったw


あ、2枚ありました!!化け猫と、にゃんこが髑髏の形をして集まってる絵。
d0180447_14232703.png

←こんなの。
 
 ちなみに、絵が見つからなかったから、
 売られてる根付けの写真をば(笑)





國貞は、私は知らなかった人ですが、美人画が絶品の人でした。
しかも家柄が良くて親がお金持ち、歌舞伎界に精通してて、後の七代目団十郎と幼なじみって、
強運にも恵まれて、早くから有名な絵師で名を馳せた方とかで。

國貞が兄弟子、国芳が弟弟子ってことで、役者絵で一世を風靡していた歌川豊国を師として学んだわけですが、
国芳の方はお金がなくて居候で細々食いつないで絵を勉強した人。
しかも、広重と同い年。
大先輩の北斎やら美人画の喜多川歌磨もいるし。
デビュー後もなかなかパッとしなくて(涙)

ようやく注目を浴びたのが、
展示場で最初に飾られてる「水滸伝」。国芳の出世作なのですって。
d0180447_14242143.jpg
 
 国芳の苦労話を、博物館学芸員の先生に聞いていると、
 この漫画を思い出しました。   
 国芳が出世して、弟子をとっての生活が描かれてる漫画「ひらひら」。
 江戸のあの時代に、猫好きで猫の葬式やってた逸話のある国芳は、
 弟子たちにも男気あって優しくて。
 若い時苦労したからなんだなあと、妙に頷いてしまいました(笑)
 この漫画、なかなか面白かった♪


d0180447_14250439.jpg
 最初は国芳。

 7枚目に展示されてる「野ざらし伍助」。
 一休禅師に弟子入りしてたのに破門され、月前半はぷらぷら、
 月後半は世直しで大暴れする伍助さん
 を描いた作品だそうな。
 その発想が変よね?
 2日に一度とか隔週で世直しするとかじゃなくて、月の前半と後半w
 この話をパパに家でしたら、
 「『人斬りは、お月さんが太るまで』って月の満ち欠けで
  決めてたんじゃね?」って。太陽暦になったの明治からだからって。
  そっか、江戸時代って月が満ちて欠けると「ひと月」って太陰暦だ!
 パパ、すごいいいい(尊敬)  

 国芳は、誇張で格好よさを強調するのが得意っ。
 劇画タッチな少年マンガの元になりそうな絵だなといつも思うのですっ。
 



これは、国芳による柴田勝家の活躍を描く武者絵。
d0180447_14255744.jpg
敵陣切り込み~!!
槍で敵が吹き飛ばされてるしw
やっぱり漫画だわ。効果線入れたくなりますなっ(笑)
d0180447_22030734.jpg

これ、鰐鮫に襲われてるんだとばかり思ってた絵ですが、
清盛を打とうと海に出て暴風にあった源為朝に、白縫姫が人柱として海に入ろうとするとこ。
為朝が悲観して切腹しようとすると、あら不思議
烏天狗も鰐鮫もみんなして助けようとするではないか!?って絵。
烏天狗を遣わしたのは、日本三大怨霊wで有名な崇徳上皇らしくて、ドラマチックな絵でした♪
ちなみに、大物浦(だいもつのうら)って尼崎の沖合なんだって。

今気がついた。白縫姫も誰か助けてあげてよぉ←わき役扱い(同情)

d0180447_14291928.jpg
ああこれこれw
ネコの雪だるまっ(笑)

ここから、国貞の作品っ♪
d0180447_14342702.jpg



 この美人画、
 どなたかはっきり書かれていないけれど、
 手に蝶を持っていて、うちわには菊が描かれてることで、
 女形、五代目瀬川菊之丞だということがわかるのだとか。
 











d0180447_14344801.jpg
で、この隅田川の花火で、真ん中にいるカップルが、歌舞伎役者の二人で、
女性(に見えるの)が、前出の五代目瀬川菊之丞だとかなんだとか。

江戸時代って・・・今よりはるかに性別に感して先進的な世界だったんだなあ(しみじみ)
d0180447_14345435.jpg


 これは、八百屋お七の話を描いたらしい。
 江戸十大火災の一つ、3500人を死に至らしめた大火災を起こした女性の話。

 主人から受け取った刀を無くした吉三郎、翌朝にそのことがバレたら
 死は免れられなかったので、恋人のお七は必死で探し、
 ようやく見つけ出したはいいけれど。
 江戸の街はもう夜で、木戸が閉まって入れなくなってしまった。
 (各町に夜10時に閉まる木戸があって、木戸番が見張ってたんですよ~)
 今夜見つけた刀を渡さないと、吉三郎が死んでしまうのに!どうしよう。
 木戸を開けさせる唯一の手段は、火事を起こすこと。
 そうだ、火事を起こそう。

 ってそんな話(もらい泣き)


 単なる役者絵より、物語背景がある方がイメージわくので、好きっ。

 とはいえ、これも歌舞伎役者を描いてるらしく。
 お七は四代目市川小團次なのだそうですよ。
 

















ってことで、単なる絵ではなく、お顔が全部歌舞伎役者一人ひとりの似顔絵なので、
三階の役者の顔絵と説明をよーく読んで、撮るなどして回ると、
あ、この絵ってあの人かも?
なんて楽しめるのではないかと♪

個人的に、なんだか印象に残った3枚をば。
d0180447_20580567.jpg

この方は、八代目団十郎で、江戸歌舞伎界きってのスター。
人気絶頂で、今なお原因不明の自殺をしちゃったのだそうな。
江戸の街は大騒ぎ。
忍んで国芳が書いた「団十郎死絵」。

学芸員の先生の「絵に喪失感がとてもよく出てますね」って説明聞いて、
若者二人の「とても喪失感出てるて」「へー出てるんや・・・」って率直な会話がおっかしくておかしくてw
でもなんか、草と文字いっぱいの空間は尋常じゃない気はする。喪失感まではわかんなかったけど。

d0180447_18414514.jpg
 これも、国芳。
 
 なんか真ん中にニャロメがいるぞ!(爆)
 などど笑えちゃう脱力系の絵に見えるのですが、
 実は「天保の改革」の倹約令で庶民の娯楽が弾圧を受け、
 役者絵や遊女、美人画を描くのに規制がかかっちゃって。
 じゃあこれはどうだ!美人じゃないぞ!って反旗を翻した絵なんだそうなw
 かなりお上に楯突いて、投獄されたり始末書欠かされて目をつけられたらしい。

 この時代に、役者を誰だかわからなく描いて、
 江戸独特の絵文字で察しをつけるようにしたのだって。
 鎌の絵に、輪っかの絵、「ない」って書いて「かまわない」とか、あれですっ。
 
 天保の改革による規制は2~3年で終わったらしいのだけど、
 その間はこんな滑稽画や、
 自分の出世作・水滸伝の絵のスピンオフ版描いて食いつないでたのだとかとか。

 
 



d0180447_14350834.jpg
ちょっと異色ですごく綺麗だったのが、この絵。
国貞の美人画ですが、ちょうどインディゴブルーを使うのが大流行した時の絵。
5人の吉原の花魁のブロマイドなんだって。


役者絵って・・・
誰と誰が三角関係だとか仲が悪いとかを、下世話なことをちょっとおちょくったり仄めかして描かれて、
手にした人がピンときてニヤつくって、芸能雑誌みたいなものというか。
だから、この展覧会も実は、当時のゴシップなんかを知って初めてぐぐっと面白いのかも。
なので展覧会に行く方は、音声ガイドとか事前知識があると、楽しめ方違いそうですよ♪

ちなみにね、展覧会で来るかと期待してたのに、なくって残念だった、
私が国芳で一番好きな絵はこれ。
「宮本武蔵の鯨退治」
d0180447_21505371.jpg
これ、天保の改革が終わって、その鬱憤をぶつけた絵なのだって。
この人は、ガマガエルも猪も、ヒーローと戦わせるためにすごい強調して描くわけですが、
とにかく迫力あって格好いいのを描くのが上手いなああ♡

いつか本物見てみたいよ~。


お・し・まいっ!

[PR]
by africaj | 2016-06-22 10:00 | 本と映画と美術展と演劇と

東京に滞在中、
料理を教えましたが、教えられました(笑)

3月に行った韓国で習った「キムチ」が美味しくなかった!(ブーイング)
多少の押し売りや強引さは、出来上がりが美味しければ水に流せるけど、
水っぽいとか、そもそも味のバランスが悪いとなると悔やまれてならない。

「キムチ」の他に、韓国で美味しかった「豆乳冷麺」と「チヂミ」の3つを教えてくれるとのことで、
一緒に旅した友達に誘われて、参加してきました~。


d0180447_09140395.jpg

さすが中央線沿線、おしゃれな古民家Cafe!

教えてるせいか辛口に見ちゃうと、
チヂミの焼き方の一番のコツが、「フライ返しで薄くなるよう押さえて押さえて何度かひっくり返す」ってことなのに、
フライ返しが4テーブルで2本しかない、
うち1本は半折れで力を入れられないって、それ致命的よ。
出来上がりを見た先生の批評が「これは少し厚いですね。もっと薄く」って・・・2テーブルでフライ返し奪いあい状態でそれ言う(汗)
全部揃えろとは言わない、今日一番のポイントに使うものだけはきっちり揃えて欲しいな。
同じように作れないもん。
「マイお箸持参」ってことだもの、「フライ返し」も持参にすればよかったのに。
そこ、主催側のことだけれど、先生も念押さないとぉ。。。

d0180447_09141584.jpg

でもね、オイキムチは美味しかった!
このレシピを韓国で習ったものと比べたら、大きく違ったのも興味深いです。
キムチ一つでもこんなに違うんだ~ってほど。
らっきょうの漬け方とか、分量の差違はあれどそう違わないものね。

韓国で習った時は、砂糖は悪いからパルスイート使うって言われて、いきなりやる気失せたけど、
こちらのレシピはルビーグレープフルーツのジュース。
その理由、季節ごとの代用品、それぞれの果物の仕上がりの違いも伝えてくれました。
この方はきちんと自分の味を試しておられるねっ(喜)
この夏に作ってみようという気になりました♪

作った翌日から美味しくて、10日で食べきるってことだけれど、
日がたつと柔らかキューリになっちゃうらしい(私食べちゃったから、友人の報告)。
ずっとパリパリしてるオイキムチってどうして?
きゅーりのキューちゃんみたいに、湯通ししたらいいのかな。
もう少し改良してみます。


d0180447_09140895.jpg
そしてもう一つのお楽しみ、「コーンクッス(豆乳冷麺)」
豆乳にさらに大豆をミキサーにかけて、コクを出す方法でした。
でも、「韓国冷麺はダメです!これは素麺かうどんでやって下さい!」って。

やっぱり作る工程では調味しないのが興味深いです。
韓国でお料理を食べて、大半が「自分で塩を入れる」方式が印象的だったのですが。
うどんに、大豆で濃度を高めた豆乳&すり胡麻のスープ、そこに千切りキュウリをのせるだけの、
超あっさりです。
各自で塩をするのも、量が難しいの。なんか薄いかなって、ずっと塩かけてる感じで(汗)

真夏の食欲ない時に、タンパク質たっぷり摂れて身体に良さそう。
美味しかったです。

韓国で食べた韓国冷麺のコーンクッスと、「これは韓国冷麺は使ってはダメ」って言われた今回のコーンクッス、
味の方向性に差異はないので、違いは豆乳の濃さかな。
なるほど、今回のは大豆をミキサーにかけて混ぜているけれど、この濃度では韓国冷麺にからまない。
このレシピには、うどんが美味しいのだなあ。
そして、韓国で感動したあのコーンクッスを作るには、
すごい濃い豆乳を豆腐屋さんで買ってくればいいんじゃないだろうか。
神戸だと「豆腐飲んでるような気分」になる「山口豆腐」さんの豆乳なら作れそうな気がするので、
この夏は試してみようかな♡

良いレシピだったので、最後は嬉しくなってお教室を出たのでした。


[PR]
by africaj | 2016-06-21 11:31 | アジアごはん

完熟梅の収穫~♪

梅雨の晴れ間の土曜日は、
お友達家族に誘われて、和歌山へ梅の収穫のお手伝いに行ってきましたよー♪
今はもう梅の収穫も後半戦。
何を掴んでもぽろっと採れるほど熟してます。

d0180447_15391138.jpg

黄色い梅かご、全部入ると5kgって手渡されました。
お友達はまだ半年にも満たない赤ちゃんをおんぶして、前に梅かごつけて、
時にお姉ちゃんも甘えてしがみついてくる状況で梅もいでるの!!
母は強しだー。
私も多分やってたのに、もう思い出せないや。

d0180447_15391935.jpg

熟して落ちちゃったやわやわな梅で、いい香り。
甘そうな大きな梅がゴロゴロ落ちてるのだけど、落下のショックで痛んでるか虫が入ってるとかで、もうダメなのだって。
踏み心地といい、ジャムの中で梅を収穫してる感じでした。

d0180447_15393322.jpg

家でずっと絵を描いてたいのに、
父の狩りのお伴だとか、母の畑の手伝い、収穫ものに
四の五の言わせず働かされる息子であった。
でも、収穫させると案外最後まで採ってる奴w
こういうの大人になって役に立つのよー(親心と言っておこう 笑)

d0180447_15394295.jpg
ちびっこいのが籠ひきずっててこてこ歩いてるのが、
梅の妖精みたいでねえ(ぷぷっ)
あっちでおしゃべり、こっちでおしゃべり。フフフ。

d0180447_15394701.jpg
ふっくらまん丸くって、甘い香りで。
果樹って、なんて気持ちを高揚させてくれるんでしょ♪

d0180447_15395160.jpg

女衆が持ち帰る梅を選んでる間、子守りを任されたうちのパパ。
子供のころから妹のおむつ替えとか手伝ってたらしいから、子供の扱いやたらと上手いの(笑)
ほんとに木漏れ日のきれいな一日。
この写真、絵画モードにしたらルノワールの絵みたいになりそう。

d0180447_15400128.jpg
梅干し用と、
小さいけどすごく熟した梅、梅ジュース用の青い梅、全部で9kg。
今、家の中も甘い香りです。

d0180447_15400635.jpg

これ、おっきい~!!

いつもの我が家のレシピで、塩分8%で漬けますが、
完熟梅で作ると、梅干しはどんな味になるんでしょ?(わくわく)

それから、梅ジュース。
酸っぱいと言って誰も飲んでくれないので私に1kgだけ。
熟してると発酵しやすいから、これはできるだけ青いのをもらってきました。

それからこれ。
小さいけどすごーく熟した梅をもらったので、
種を取って、冬に作って冷凍しておいた干し柿と一緒にミキサーにかけてみました。
きび糖30%ほど足したら、
熟したパッションフルーツの味そっくりではないかっ!!

d0180447_16320941.jpg
パッションフルーツに似てるなら・・・とミルクで割ってみた。
うむ。美味しいぞな♡

ちなみに、もいだ梅をすぐ食べて、毒性は大丈夫なのか心配で調べてみました。
青梅はアミグダリンっておなかを壊すもとが入ってるんですね。
熟すうちに消えるそうです。よかった~。
ある場合でも、シロップ漬け塩漬けアルコール漬けで抜けるそうです。

毒は大丈夫だと思うけど、実験も兼ねて発酵させてみようかな。
ちょっとだけ麹とホエーを入れてみました。
発酵して泡が出てきますかね?
微発砲したら、水で割ってサイダーにできるんじゃないかな?

などなど「発酵の技法」を読んでいたら、色んなことしてみたくなってます(笑)


[PR]
by africaj | 2016-06-20 21:23 | おでかけ

チビ拝み虫くん

1週間も東京で、その後雨で、ずっと行けなかった畑。
雨が上がった金曜日にすっ飛んでいきましたよー。
d0180447_23082831.jpg


ズッキーニはいっぱい花がついてました。
誘引できずに伸び放題だったので、なんとか括りつけてきました。
風通しよくしてるからか、今年はまだうどんこ病になってない!

d0180447_23083559.jpg


苗がない!!と言ってから、種買って育てたトウモロコシです。
こんなに大きくなってましたっ♪
側枝が出てくれたら、とりあえずは一安心。
あとは太陽をいっぱい浴びて太くがっちり育ってくれれば・・・え、今週雨ばかりだー(オロオロ)
7月末收穫予定ですが、できるかなあ?
d0180447_23084068.jpg


これも、探しても苗がなくて
5月26日に種から育てた落花生。
もうこんなに育ちましたよー!
この季節ってなんでも成長が早いなあ。
ほんと、急がなくても育つのですよねぇ。


d0180447_23084463.jpg

畑を見まわっていたら、ちっちゃなカマキリがいーっぱい。
卵から孵ったばかりなんだなあ。
カマキリ、別名「拝み虫」。

スペインではカマキリのことを「mantis religiosa (マンティス・レリヒオッサ)」と言うんです。
mantisの意味がわからないけれど、
名前の一部に「レリヒオッサ」信仰の厚い、信心深いと言う意味が入るのが印象的で、
なんでだろう?って昔にblogで書いたことがありました。
そうしたら各国の在住者からコメントをもらって、
色々なことが判明して面白かったのです。

寄せられたコメントから判明した、カマキリについて。
スペイン名「mantis religiosa」
イタリア名「mantide religioso」
フランス名「mante religieuse」
英名「praying mantis」
ドイツ名「Gottesanbeterin」(神に祈る女性という意味だそうな)
日本名も、「鎌切り」の他に「拝み虫」と言う名があるのです。

religiosa(信心深い)の由来は、
獲物を狙う時のカマをあわせ身をかがめる姿勢が、祈りのポーズに似てるからだとか。
mantisは、カマキリの学名ですが、ギリシア語の「預言者」から来ているそうで、
つまり「mantis religiosa」は、祈る預言者というコテコテした名前だ・・・と。

英名「praying mantis」もつまり、祈る預言者ってことですね。
写真を見ると、まだ生まれたてでもちゃんと拝んでますw

ちなみに、カマキリはメスがオスを共食いするのが有名ですよね。
命がけの求婚をしてから、鈍くさいと頭から食べられるという(もらい泣き)
しかし、必ず食べられるわけではなく、逃げおおせるオスも結構いるんですって。
メスがオスを食べるのは、「オスは食われることで卵の栄養となり、種族の繁栄に貢献している」と
聞いてましたが、単に小さいせいで、目の前で動く小さなものをエサと勘違いする習性によるもの
・・・って身も蓋もないのが真実。
「信仰心」とまるで関係ない潔い虫の世界を生きる彼ら(苦笑)
でも、日本生まれのカマキリは、共食いする傾向が弱いのだとか。
カマキリも日本気質ってあるんでしょうかね♪


[PR]
by africaj | 2016-06-20 13:20 | みつばちと小さい生きもの | Comments(0)

長野の香り 

「香り」が届くからねーと言われて、なんだろとわくわくしてたら、
ピンポーンって。
d0180447_23062186.jpg

やってきたのは、長野からのたくさんの香りたち。
愛らしいオレガノケントビューティーをまとった、
素晴らしくよい香りのするラベンダー。
新芽ばかり摘んだと、大好きなローズマリー。
そしてタイム。
牛に引かれて買いに行く(?)七味も、
素晴らしく良い香り♡

見ると触る楽しみに加えて、「嗅ぐ」が加わると、プレゼントって
ぐっと立体的な楽しさに変わるのですねえ。素敵ですー。

d0180447_23062685.jpg

そして、手作りの手さげには可愛い刺繍が。
blogが「つばめ食堂」だからでしょ?この絵柄!(感涙)
中に長野の情報いっぱい入れてくれていました。
写真にポストカード、色々いっぱい、おもちゃ箱のよう!

私は作ったものを1点だけハイッて渡せても
可愛く詰めあわせてプレゼントを作ることが苦手で、感心しきりです。
手作りしたり、集めたり、その度に思いを巡らせて下さったのだなあと・・・
本当にありがとうです(じーん)

d0180447_23063267.jpg

しかも、モイちゃんにまでプレゼントを(ちがうw)
無理やり詰まって、くつろいでるの図(笑)
ありがとにゃん♪




[PR]
by africaj | 2016-06-20 00:25 | 食べることの冒険