ここ半年ほど、我が家のサロンに流れてるラジオ音楽。
あまりテレビを見ない我が家ですが、気持ち良い音楽が流れているので、
ますます「よほど見たい」もの以外さっさとテレビを消して、音楽を楽しんでます。

最近は、インターネットで、海外のラジオ局を聞くことが簡単になっていて、
全部チェックして選んだわけではないですが、気に入っているのがSky.FM Radio。

Sky.FM Radio←視聴ボタン(無料)付いてるので聞けますよ~。

Sky.FM Radioの日本語の詳しい説明記事のリンクも載せときます。

Sky の中は音楽ジャンル別にチャンネルがわかれているのですが、
朝から聞くのに最も気に入っているのが「Café de Paris」。
とにかく好き。本当にヨーロッパのグランカフェにいる気分で新聞読んでカフェを飲んで
日常の細々した家事や雑用をしています。気分よくはかどるんですっ。

ちょっとのんびりしたい時間は「Bossa Nova」
選曲がかなり良いので、「あれを聞きたい」って時以外、もうこれで十分な気分。
あ、今朝は大好きな「You'v got a friend」が流れていて思わず聞きいってしまいました。
忘れていた曲との懐かしい再会をさせてくれるのも、うれしいのです。
思わずiPhoneの画面を確認したら、小野リサが歌ってた。
海外のボサノバ選曲で小野リサが選ばれてるってのが、日本人としてうれしかった(喜)



(ちなみにこれがジェイムス・テイラー版。やっぱり敵わない)


うちの息子は、「Modern Blues」がお気に入り。
ここのブルースの選曲、確かにセンス良くて、夕食後にいい感じ。
夜の運転中にかけると、冬の高速道路が、なま暖かい気温のアメリカのハイウェイを
走ってる気分になって、かなりハイテンションに。
流れてる曲に好きなブルースコードを合いの手に入れ込んでいくのが、相方は上手いのですが、
釣られて、三人三様に合いの手入れて「Oh Yeah!」で締めくくるとか、バカな遊びばかりしてます(笑)


我が家の場合、買い換えて余った 古い iPhone をサロンに置いていて、
固定電話を持っていないので、Skypeで固定回線にもかけられるようにしてるのですが
同時にスピーカーに繋いでおいて、好きな時に好きなだけネットラジオが聞けるようにしてます。

なんで無料でこんなに聞けるのだろう?
最近のネットの仕組みがわからないけれど、とにかく便利でありがたい時代ですよね。


[PR]
by africaj | 2013-01-28 10:37 | 世の中のお勉強 | Comments(12)

d0180447_23162690.jpg

グルメ島としてスペインで知られるバレアレス諸島のメノルカ島。
マヨネーズの故郷です。

ここのエビスープがまた、濃厚で美味しくて有名なのです。

メノルカ島に行った時、メノルカ料理の本が売っていたので大喜びで買い込んで、
是非作ってみたいと思っていたスープ。
今回、kotoriさん達が持ってきてくれた伊勢エビの殻がいっぱいあったので、
煮だしてみるとその美味しいことっ(驚)
一度煮だしてから、引き上げた殻をもう一度また水から煮て二番だしも取り切りました。
それから、一番だし二番だしをあわせて煮詰めたスープ、美味しくないわけはない。
ここに味噌をとくと、美味しいおみそ汁になるし、カレー粉を入れると美味しいエビカレーに。

d0180447_23164588.jpg
今回は、スープ1.5Lに対して・・・
玉ねぎ       2個
ピーマン      4個
ニンニク      1かけ
缶のトマト     300g
オリーブオイル  大さじ6杯
砂糖         大さじ2杯
パセリ        2束
大正エビ(中)   9匹ほど

野菜は全部みじん切りに。

1)オリーブオイルでにんにくを香り良くなるまで炒める。その後玉ねぎとピーマンを、透明でカサが半分になるほど炒めます。
2)そこに、トマトと砂糖を入れ、弱火で15分煮ます。
3)鍋からおろし、ハンドミキサーにかけます。
4)スープに3を加え、パセリとエビを加え、塩で味を整えて、沸騰させてから弱火で30分煮る。


今回、直前にあろうことかハンドミキサーのモーターが ヴッ って言った途端うんともすんとも動かなくなってご臨終。
ミキサーをかけられなくなり、しかたがないからまな板で更に細かく包丁で叩きました。

これね、取ったエビ出汁を、よーく炒めた玉ねぎとピーマン&オリーブオイルが
いきなり「技あり」な奥行き深い味を作り出すんです。

お・い・し・かった~(幸)!!
[PR]
by africaj | 2013-01-21 23:37 | スペインごはん | Comments(4)

今回はなんと!スダチや大根と共にピチピチの伊勢エビを山盛り持って、はるばる来てくれた
blog「山と海のつながっていくこころ」のkotoriさんとonjiさん。
d0180447_23342319.jpg
うおー!実は私、伊勢エビはじめてっ(わくわく)
何度も四国は旅したことがあります。お遍路も1/4だけど3週間かけて歩いたこともある。、そして幾度も「ここは伊勢エビが安い」とふれ込みの宿で水槽に入ってるのを見たことまであるけれど、貧乏バックパッカーだった私の1日の宿泊代より高くて、ご縁なくって(ぽりぽり)
伊勢エビって、熊手に付いてるプラスティックのお飾りしかイメージにないっす~。

d0180447_23343181.jpg
どうやって食べたらいいのかわからないけど、炭で焼いてみようってことで。
寒い中、伊勢エビ話しで大盛り上がりっ♪ まだ動いてるし~。
みるみる赤くなっていくだけで、うおーってなっちゃう(爆)わくわく感出てるでしょ?

d0180447_23343817.jpg
仰向けになってもらった図♪
d0180447_2334476.jpg
d0180447_23345847.jpg
おお、これは半生な焼き上がり。すだちを絞って~・・・あまーい!!!

d0180447_2335248.jpg
次は相方が格闘して、お刺身。
これが、あっまーーっ(感動)

d0180447_23354052.jpg
さっきは半生だったから、今回はよく焼いてみようってことで、ウェルダンに。
これがまた、甘くて海老味が際立ってて、うま~~(夢心地)

d0180447_23355277.jpg
この少年は、こんな年からこんなうまいもの食べていいのか!
あまりの美味さに陶酔してます(笑)

このあと、塩茹でも作って食べ比べ。
刺身とよく炭火で焼くってのが、最高に美味しくって、半生焼きは美味しさがどっちつかずだし、茹でも美味しいけど突出してはいないってのが、感想でしょうか。
初伊勢エビ、こんなに色んな食べ方できて、贅沢すぎて夢のよう~(感動)

さんざん食べて一息ついてから・・・
tomさんの時に続き今回もアロス・ネグロ(イカ墨のパエージャ)。
こちらも完食でございますよ。みんなよく食べるっ!(笑)

d0180447_23355914.jpg
そして我が家に来たら・・・ってことで、恒例のノートラ。
前回大勝ちしたonjiさんが、初っぱなで大負けしてそのまま、マイナス点に独走。

疲れてきたところで、真夜中のアップルパイタイムなど入れて血糖値を上げ~の。
夜中の2時でお開きしましたよー。
今回はニャンズもオッティマ(犬)もチョコちゃん(ヤギ)も置いてきて、24時間以内に帰る計画
らしいから、トランプ後の寝かせないぞトークはやめておきました(爆)


近くに住んで、一緒に何かをやる・・・そんな夢を語り合うのはほんとに楽しい。
そんな風に、気に入った場所に仲間と住めたら、人生は更に楽しいだろうなあ。
それはきっかけさえあれば、実現できうる話だし。だからワクワクするんだろうなあ。
四人で話してると笑ってばかりで最高ですっ。
一年の初めにこんなに笑ったから、2013年はきっと福がいっぱいにちがいない。
そんな夜でした。

また、いつでも来てねー。
暖かくなったら、さかなハウス行くよー!



[PR]
by africaj | 2013-01-17 00:45 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(16)

「ぎんなん、一年分~!」
とほくそえんで、相方がゴミ袋いっぱいの銀杏をおみやげに持ち帰ってくれました。

これほど、キャ~うれしーって素直に喜ぶ気持ちと、ギャーまじ~っておののく気持ちが
同時にこみ上げたのは初めてかも(爆)
ぎんなん、大好きなんですっ。
でも、この寒空に外でぎんなんの果肉取り!?

1人でやったら一日中かかるけど、3人でやったらきっと1時間くらいで終わるんじゃね?
ってことで、みんなでダウンジャケットを着込んで、ゴム手袋して果肉取りをしました。
d0180447_2154950.jpg
この量、
本当に1年分くらいありそうでしょ?
でも、1年経つと中が萎びるから、やっぱり春くらいまでには食べきらないといけない?

すっかり身体が冷えちゃったので、おやつは甘酒。
ほかほかした乳白色は、見ているだけでもとても綺麗で、幸せな気分になりますよねっ。
d0180447_2212076.jpg

甘酒ブームがあったおかげで、最近は甘酒も色んな値段のものを選べるようになって嬉しい。
300円台なら、砂糖を使わない米麹だけで作った甘酒も手に入ってありがたいです。
砂糖を使っていないと、本当にスッキリさらりと舌に上品な甘み。

日本に甘酒があって、よかった♡
[PR]
by africaj | 2013-01-10 22:17 | 季節の手仕事・発酵もの | Comments(10)

七草粥と水餃子。

七草粥の日、本当は朝に食べられたらいいのだけれど、
おかゆ作って七草入れて・・・なんて悠長なことをしてられない、朝の修羅場。
しかも、相方と息子の起きる時間が違うし。

じゃあと、夕食にするのだけれど、
水っぽい主食に合わせて美味しいものってなんだろうと、毎年うんうん考えてる気がします。

なにと合わせればいいかなあ?と息子に聞くと、
「ピータン!」
なるほど。中華粥にしてピータンとごま油を足すことに。

「唐揚げ!」
いやいや、おかゆに揚げ物は合わせたくない。却下。

「じゃあ、水餃子!」
あ、いいね。それでいこうってことで。

d0180447_20432661.jpg
ネギと豚肉と千切り生姜たっぷり。
水餃子用の皮を張り込みました。
焼き餃子の皮だとお湯でドロドロしやすいから、やっぱり水餃子用の皮。
d0180447_20433412.jpg
16枚150円もしたけど、プリップリに仕上がってむちゃくちゃ美味しかった~。
タレはごま油、刻み唐辛子、豆板醤、醤油、酢を各自好きに調合する方式。
前菜として、水餃子を楽しんで、第二弾にお粥とお野菜って構成にしました。
d0180447_20434660.jpg
お粥に乗せて美味しいように、中華スープと塩と豆板醤の味付けです。
青梗菜を葉と茎で分けて、茎を太い千切り、葉は大切りで時間差に炒めること。
卵をふんわり半熟に炒めたら、いったん取り出すこと。
海老と青梗菜の茎を炒めてから、卵意外のすべてを炒め、味付けし、卵を加える・・・と、
火の通りが最後に全部揃うように炒めるようになってから、中華炒めの腕が格段にあがりました。
スープを多めの片栗粉でとろみを付けているので、お粥と合わせるとスープが溶けて
中華粥になるようにしました。
d0180447_2043542.jpg
私は思い切りピータン臭いのが好きですが、「ピータン臭くない」を売りにした
ピータンしか売ってなかった(がっかり~)
d0180447_2044069.jpg
お粥は塩味でごま油少々たらした、あっさりお粥にしました。
七草粥、中華粥、2段階に楽しめるようにしたら飽きなかったです。
d0180447_20446100.jpg
なかなか洒落た晩御飯になりました。
毎年これでもいいかも~♪ ・・・全然胃は休まらないけど(笑)




[PR]
by africaj | 2013-01-09 21:18 | うちごはん | Comments(13)

釜めし

地獄の釜めしと、
峠の釜めしと、
森の釜めし   
3つ選べるとしたら、どれがいい?

「え、じゃあ地獄の釜めしがいい~」と、相方に即答した私ですが。
聞いたわりに要望を無視で、峠の釜めしを作ってくれました(じゃあ、聞くなよっ 爆)

最近相方料理ばかり記事にしてますが、私もちゃんと料理してるんですよ(笑)
今年のおせち料理は量的にも品ぞろえも最高にうまくいって、写真撮ろうかと思ったんですが、
お正月はネットも最小限にダラダラしていたくて、おやすみしました(てへ)
でも、田作りが異常に美味しくできたのと、
久々氷頭なますを作って紅白なますと和えたら、たまらなく美味しくてヒットでした。
ってのは置いといて、釜めしのお話。

d0180447_16371028.jpg

どこで仕入れたネタか、「釜めしって簡単に作れるんだってね」って言ってると思ったら、
やる気の炎をメラメラ燃やしておったので、晩御飯係に任命しました。

冷蔵庫に頭つこんでると思ったら、あるもの色々引っ張りだして、凄い具沢山っ(わくわく)
去年4月に掘ってきて、茹でて瓶詰めしたタケノコ、まだ活躍してます。
今年もタケノコ掘りに行かなきゃなあ。

d0180447_16371913.jpg

「峠の釜めし」出来上がり~。
カブの葉と白味噌のおみそ汁と、大根と手羽の煮込み付き。

おコゲが上手にできていて美味しかったですっ。
確かに、普通に土鍋でご飯炊くのと変わりないので簡単。
でも、小さな土鍋の蓋を各自開けるのが楽しくて贅沢な気分になるので、たまにこんなのも
いいですねっ。

息子は食べ切れなかったのを、翌日のお昼用に自分でお握りにしてました。
よしよし。男もお料理する時代よねっ(喜)

今年も美味しいものいっぱい作ろ~っ。



[PR]
by africaj | 2013-01-06 16:56 | うちごはん | Comments(12)