<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家庭の医学

昨日、息子が「ムカデ」に噛まれました。
あろうことか、家の中に潜入してたようで、やってきた息子の足に噛み付いたらしい。

石をひっくり返すと普通にいるようなムカデが、
毒があって噛まれると腫れて、下手すると医者行きになるって知りませんでした(汗)
ってか、危険なのは足がわさわさしてる「ヤスデ」だと思ってたんだけど、違うんですね。
ヤスデは気持ち悪さで「不快害虫」なだけで、毒性はなく、
ムカデが、肉食で、顎の先端から毒を入れるんですねっ(驚)

d0180447_17441472.gif

(イラスト@フマキッズ子供研究所)

泣きながら「ムカデが噛んだ~。痛いよ~」って言う息子を見て、大急ぎで退治しましたが。
かなり痛そうでビックリ。大急ぎで対処法を検索しました。

ムカデの毒は、酵素毒で43度以上の熱に弱い。
成分は、ヒスタミン様物質、溶血タンパク質が、幹部やリンパ節の痛みや腫れの原因になる。

とのことで、対処としては、

大急ぎで45度くらいのシャワーで貯め湯しながら20分温めてから、患部を石鹸でよく洗う。

同時に、抗ヒスタミン剤の錠剤を飲ませて、抗ヒスタミン剤の軟膏を塗る。


お湯で痛みが和らいだ後、しばらくしてまた痛み始め、またお湯に20分浸けました。
今度は、痛みが戻ることはありませんでした。
お薬は常備している「レスタミンコーワ」の軟膏と錠剤を。
(私と息子は、虫さされにアレルギーがあるようで、蚊に刺されても熱を持って腫れるので、
この「レスタミンコーワ」は常備してるんです。かゆみや腫れを劇的に鎮静する頼もしい奴です。
同じように腫れてしまう人に、これはオススメ)

翌日はまったく問題なく治ってました(ほっ)


記事にするために、さらに調べていたら、
一般的に定着しているのは、冷やす方法らしい。
対して43度以上の温熱療法の方は登場してまだ5年程度で、
一部医療機関で実践され始めた段階なので信頼できる論文はなく、ほぼ民間療法の状態。
うかつに試してしまったことに、冷汗ですが、
結果的に効果があったのか痛みが治まったのは確か。

面白い処置方法で、かつ効果的だったので、ここに記しておこうと思います。
ムカデ、恐るべし・・・(汗)
[PR]
by africaj | 2012-07-31 12:23 | 暮らしの知恵 | Comments(16)

かき氷

d0180447_13311140.jpg


毎年、夏を感じると一番にかき氷が食べたくなるのは、息子です。
かき氷器を出して洗って、氷をセットするのも、彼。
昨日、この夏初めてのかき氷を作ってくれました。

今年は6月に作った手作りの「赤紫蘇シロップ」があるので、それをかけて。
さらに、水ようかん用に待機してた餡。そして練乳~。

ちょっと紫がかったクールな赤いシロップと、餡のエンジ色が、思いのほか涼しげ。
味も、氷砂糖で作ったせいか、サラリと上品に、かき氷を甘くして。
「お・い・し・い~!!!」


節電で、今年は扇風機だけで日中を乗り切ろうとする日も多いです。
「ママが子供の頃も、ECOの為にクーラーを付けないとかの節電してた?」と聞かれて、
・・・ママが子供の頃って、クーラーがまだ一般家庭に普及してなかった
と答えて、驚かれてしまった。
追い打ちかけるように、「さらに、ビデオもレンジもオーブンもなかった」
と言って、驚かすのを楽しんでしまいました(爆)

家にやってきた、小さな「オーブントースター」に家族全員がうれしくなって、
初めてカップケーキを母が焼いてみて、みんなで「美味し~!」って食べた。
あんな時代の思い出を持ってる私は、幸せだなあと思います。

扇風機に濡れたタオルをかけると、冷たい風が来るけれど、勢いは弱くなる悩み。
霧吹きで顔を濡らして、回る扇風機に体を揺らして風にあたった話し。
アイスを食べながら扇風機に当たると、どんどん溶けて焦ったり。
だから風に背を向けて、風を遮ってアイスを食べる技を考えだしたり。
子供の頃の試行錯誤が、バカバカしくて楽しかったなあと、息子に話したら、
彼は、「いいなあ。クーラーがないほうが、きっと楽しいよ」って。

かき氷を食べて、熱い体がスーッと温度下がる感覚が懐かしいです。
ボーっとしてた頭と身体が、ラクになる感じは、長らくクーラー生活で忘れてました。
子供の頃をたくさん思い出す、今年の夏です。



[PR]
by africaj | 2012-07-27 13:36 | おやつ | Comments(6)

サラダ・メシューイヤ

チュニジアというと、船旅で滞在したモナスティールの生活が一番の思い出です。

アフリカからの南風「シロッコ」が40ノットで吹きすさぶ日々。
買ったナスを薄切りにして、ヨットのデッキで干してたら、一瞬で乾くのだけど、
軽くなるから飛ばされちゃって、3回試して3回とも海に食べられちゃって諦めた記憶(笑)
ヨットの中が暑すぎて、外の風に当たろうとしたら、外の熱風の方が体温より高くて
血が沸騰して死ぬかもと、とにかく風を避けてベッドに篭って夜が来るのを待つ生活でした。
夜のお散歩タイムに、なぜか皆が一斉に飲んでたイチゴシェイクの美味しかったこと。
こわごわ買った、色の悪いお肉。
レンガほどあるバターが100円もしない上、甘い作りたてバターの味に感激したこと。
普通サイズの半分ほどの小粒クスクスの美味しかった思い出っ。

そして、
チュニジアで食べたサラダ「メシューイヤ」
d0180447_236010.jpg

皮を黒くしっかりと焦がした緑のピーマンを剥いて刻んだものがメインです。
トマトとなすとにんにくもしっかり焦がして刻んだものを混ぜてあります。
塩とその年に採れたEXオリーブオイル。
それだけ。

なんともスモーキー加減が美味しい、大人の焼きサラダです。

これに、緑のオリーブ&ツナのオイル漬け、ゆで卵をそえて。
ピタ系のパンで食べるんです。

やっと夏野菜がしっかり美味しく、しかもお安くなってきました。
どんなに技術が進んでも、夏に食べる夏野菜の味はやっぱり「夏」だけの楽しみですよね。
チュニジアのサラダも、夏だけの楽しみですっ。



[PR]
by africaj | 2012-07-15 23:36 | いろんな国のごはん | Comments(10)

ベーコン。

帰国してから、ずっと探していたベーコン。
d0180447_1013652.jpg

10年ぶりくらいに口にして、
日本で普通に売っているベーコンの「ベーコンじゃない度」に驚いて。
このハムのようなベーコンはどうして?と調べてみたら、
本当は塩漬けにして燻製にするから小さくなるのですが、安く作るために
肉にチューブを差し込んで塩水を注入して重量を減らさないように作っていることを知りました。
以前はベーコンはもっと美味しかったと思うのだけれど・・・。

「つるし炙り」と書いた見た目ベーコンもあって、そんなハム化したベーコンではないけれど
ベーコン風味を添加してる不自然な味がして、やっぱりダメ。

本気で作ってるベーコンは、4枚スライスで400円とかって高級すぎて・・・(汗)


で、コストコでもベーコンは何種類も売っていました。
一番人気「アップルスモークベーコン」は、りんごの果汁を隠し味に、りんごの木で燻したとの、
なんとなく気になる売り文句。ネットで見ても、皆絶賛だったのですが、
スペインで売ってるような、昔ながらで作る自然な味じゃなくてがっかりでした。

見た目が、スペインで売ってるような本気ベーコンらしいのが「桜燻しベーコン」@相模ハム。
・・・と買ってみたら、これはほんとうに美味しかったです。
d0180447_1012831.jpg
本当のベーコンは、焼かずに食べても美味しい。
焼くと、家の外まで美味しそうな臭いが漂います。
日本で手に入る美味しいベーコンで、この塊で900円くらいなら、上出来っ。

たかがベーコンですが、されどベーコン。
家族みんな、ベーコンが大好きなのです。
サンドイッチにしても、ベーコンエッグにしても、炒めてもシチューに入れても、
全体的に肉の旨みが薄い日本のお肉なので、ひき肉に少量を練り込むと美味しい。
小腹がすいた時にそぎ切りにしてただつまむだけでも、ああ美味しいと思えるベーコンは、
我が家ではかなり重要な位置にある常備食ですから。
「コレ」というベーコンが見つかって、ちょっとほっとしたのでした。
[PR]
by africaj | 2012-07-10 10:43 | 食べることの冒険 | Comments(10)

水ようかん

こんなに家族みんなが水ようかん好きだったなんて。
でも、久しぶりに食べると、クリームでもない、アイスでもない、ツルンとした冷たいものの
美味しいことったらっ。
d0180447_13261274.jpg
子供の頃にお中元でいただく水ようかんが大好きでした。
冷蔵庫をのぞいて、缶入り水ようかんが冷えてるのを見ると、「夏が来た」って思ったもんです。
ツルンと冷たくて、羊羹ほど甘くなくて。

帰国して、懐かしくなってスーパーで探してみたら、
缶入りは案外高いし、プラ入りの安いのは美味しくないし・・・で、食べなくなってましたが。
息子の実験で、寒天を買い込むようになった機会に、久しぶりに作ってみました。
高校生の頃、和菓子作りにはまって、じょうよ饅頭だどら焼きだといろいろ作ってた時期、
水ようかんを餡から作っていたので、時間かかるイメージで敬遠してましたが。

な~んだ、買ってきた餡で作れば、10分っ(笑)
でも、餡を買っても、手作りのが断然美味しいっ。

寒天        4g 
水         200ml
餡         400g

砂糖        40gほど
塩         ひとつまみ


棒寒天を半日水につけておくと溶けやすいですが、急いでる時は1時間ほどでも。

1)水に、絞った寒天を割いて入れ、煮溶かす。
2)餡を溶かし、味をみて、砂糖が足りないようなら足す。そして塩ひとつまみ。
3)漉すと、よりなめらかな水ようかんになります。(漉さなくてもOKですが)
4)水に濡らした容器に流し入れて、粗熱がとれたら冷蔵庫に。
[PR]
by africaj | 2012-07-06 13:53 | おやつ | Comments(8)

鯛茶漬け

「鯛茶」は、我が家の一等お気に入りゴハン。

勤め始めた私の、初めて知った「社会人の味」。
最初、銀座「竹葉亭」、築地「錦水」のランチに目がハートになったのですが、
上司が築地で買った鯛を捌いた「鯛茶パーティー」に招待してくれて、自分で作れることを知りました。
お茶をかけないで食べる1膳目。
熱々のお茶をかけて、鯛を霜降りにして食べる2膳目のお茶漬け。
2つの味わいが楽しくて、贅沢な気分になる「鯛茶」は、我が家にすっかり定着しました。

d0180447_22541275.jpg
スペインにいた時は、ドラーダやベスーゴを捌いて作ってました。
自分で捌くなら、皮を剥いだ後、一度氷水にくぐらせると、絶品になります。
鯛の身は、包丁を寝かせて、広めに薄く切るのが美味しいっ。

d0180447_22543057.jpg
ゴマを煎りすぎて香ばしくなりすぎちゃいました(苦笑)
ゴマダレは、いり胡麻を擦って、醤油、酒、味醂、砂糖、卵の黄身を入れて作ります。

d0180447_22544082.jpg
薬味は、青ネギと刻み海苔。青しそとみょうががあればさらに最高っ。
d0180447_22544833.jpg
2杯めは、お茶で薄まる分、刺身にタレをたっぷりからめて乗っけて~。
d0180447_22545580.jpg
薬味をどかどかと・・・
d0180447_22552998.jpg
最後に山葵をのっけて。
d0180447_22553787.jpg
アッツアツのほうじ茶をかけると、鯛の刺身が半煮えして、出汁がでるのがまた♡

11歳の息子の、ここ数年続く「一番好きな食べ物」ですっ。
このゴマダレですが、手巻き寿司の時に醤油の他のバリエーションとしても美味しくて、
なんでか外国人にやたらと喜ばれたもんでした(懐)



[PR]
by africaj | 2012-07-02 23:38 | うちごはん | Comments(6)