とっても久しぶりにExciteの「グルグル」に戻って来ました。
少しづつ、気持ちがリラックスしてきたら、また料理に戻ってきてます。
しばらくは自分と料理の世界を楽しむことにします。


さて。
スーパーでは見かけないけれど、八百屋さんなんかで見かける「はやと瓜」。
先日は、丹波の露地野菜で売っていました。
d0180447_10193626.jpg

日持ちして、冬瓜のように水っぽくもないです。
味は、うっすら甘くて、じゃが芋とウリの中間のような印象。
この料理、じゃが芋でやっても美味しいと思うけど、それだとすごく普通になりそうなところを、
はやと瓜にするから、ちょっと不思議感とあっさり感が
「エキゾチック」な料理にしてくれるのだと思う。

ずっと前に、フランス在住blog友が友人宅でご馳走になった味と紹介していて、
それが美味しそうだったので作って以来、
秋に出食わした時の、私のお楽しみメニューになりました。
ちょっとヨーロッパを思い出したい時に、作ります(幸)

d0180447_10332563.jpg

鯛の切り身で作るのが好きだけれど、その日安く売ってた白身魚で作ります。
本日は「タラ」。
軽く塩をして、臭みを含む水気を出したら、キッチンペーパーで拭き取ります。

d0180447_10361549.jpg

はやと瓜は縦半分に切ってから、幅4~5ミリの半月切りに。
タラは、分厚いものは開いたりしつつ、一口大に切っておきます。
オーブンペーパーを敷いた上に、はやと瓜を広げ、軽く塩をふり、タラを並べる。
オリーブオイルを筋状に上から垂らして、全体にたっぷりかけます。
気分で、タラの上にまたはやと瓜でサンドする時もあります。
それから、ピッツァ用のチーズをまんべんなく乗せて、210度に予熱したオーブンで30分ほど。

d0180447_10461835.jpg

天板ごとテーブルの上に乗せて、各自好きにお皿にとって食べます~。
バゲットと共に、ミネストローネスープとサラダを添えての夕食。

冷めても美味しくて、
翌朝もオープンサンドの具にしてます~。


はやと瓜2個
タラの切り身4~5枚
ピッツア用チーズ180g~200g(お好み)

これで家族3人でちょっと余るくらい。
魚の量を少なくして、はやと瓜でサンドすると、余らないで食べ切るかな。
基本、3人分だと、はやと瓜2つを目安に量を決めてます。



[PR]
by africaj | 2011-11-18 11:08 | 西洋ごはん | Comments(22)