紅茶のテースティング

紅茶専門店でアルバイトを始めました。
週2回ですが、スタッフは少ないので大変です。
初めてやることがいっぱい。
初めてのレジ打ちに始まり、カフェで紅茶もいれます。
注文を取るとき、50種類ほどある中から「どれがいいかしら」と聞かれるのだから、それなりに説明もできなくてはいけません。
紅茶の入れ方に失敗があってはいけないので、まだまだドキドキしてます。
でも、奥が深くて面白いです~。

お客様に説明するのに一番難しいのは、ダージリンの春摘み(ファーストフラッシュ)、夏摘み(セカンドフラッシュ)、秋摘み(オータムナル)の違いと、各茶園の味の違い。
それをわかって説明できるかどうかで、説得力が違ってくるのは当然のことですから。
でも、お店は教えてはくれません。そこまでスタッフを育てる余裕はない時代。
この前は、香り用サンプル紅茶の入れ替えをしたのですが、気になる紅茶は持ち帰ってもいいよと言われ、ダージリンを中心に、ルフナ、ニルギリ、アッサム等を持ち帰りました。
料理人がコックのソースをこっそり味見して勉強するような気分(わくわく)

で、家に持ち帰って、さっそくテースティングをしました。

d0180447_14545718.jpg

改めて飲み比べると、アッサムがミルクティーにむくのが納得。
しっかりした味で、イメージする紅茶の味に近かったです。
わたしの知ってる「紅茶の味」はアッサムだったのねぇと、一人頷いたりして。
ダージリンがミルクを入れると勿体無いというのも、納得しました。

ダージリンは高地で育てられ、繊細な味わいが「美味しい」というのは知ってたけれど、
ダージリンをいくつか飲み比べて、その繊細さがわかりました。
お店で一番高いのが夏摘みで、茶葉の青臭さが残るなんとも立体的なお味。
レンブラントの絵のような印象の、複雑且つ繊細なかんじに感心するも、
私の紅茶イメージの味とかけ離れてて戸惑いました。
対する秋摘みは、青臭さがおさえられ、柔らかく融け合う、モネの絵のような印象。

さらに茶園ごと微妙に味が違う。
私は「タルボ茶園」のダージリンが好きだったなあ。

水色を「みずいろ」と読んでブルーをイメージするくらい、紅茶に無知だったんですが(爆)
やっと「すいしょく」と読んで、色を眺めるようになりました。
写真を見てもわかりますが、ひとくちに紅茶と言っても色々なんですねえ。
特に夏摘み紅茶は薄い色なのだと、わかりました。はい。
ちなみに、写真左下はアッサムです。濃い!ミルクティーにしがいありますね。

ってことで、原稿が上がったので、blog書きまくってます~。
この週末からは、次の最終回の原稿を書き始めるので、またしばらくネットから離れますが。
[PR]
by africaj | 2011-01-21 15:28 | 楽しい暮らしのための知恵袋 | Comments(16)

クリスマスの夜

年も明けての時期はずれですが、クリスマスの夜の記事です。

この日は、10年ぶりに息子のいないクリスマスでした。
くうま10才、ヨットのレースで優勝した副賞に「沖縄合宿」に招待され、一人旅に出ており。

子供のいないクリスマスだ~と喜んでみたものの、
レストランも映画館もきっといっぱい。
泊まりがけだって、きっとクリスマス特別料金かと思うと、行く気にならず。
スーパー銭湯行ってから、家でワイン飲みながらDVD見てまったり過ごす。
パパと二人きりだと、正月のようなクリスマスになっちゃうことがわかりました(苦笑)

私、チーズ買ってくるから、今日は作ってよ~と言ったら、
パパがクリスマスディナーを作ってくれました。
d0180447_2318855.jpg

豚しゃぶサラダは柚子をきかせて。
柚子の黄色に、あさつきの緑とニンジンのオレンジで目で食べるサラダなのっす。
前菜は、スペイン土産のハモン・セラーノと、白カビチーズ「サンタンドレ」。
d0180447_23193454.jpg

ごまドレッシングは市販のですが、スーパーに売ってるようなものでもかなり美味しいから日本ってすごい。
d0180447_23194199.jpg

そして、玉ねぎをじっくりアメ色に炒めたオニオングラタンスープは私からのオーダー。
d0180447_2318462.jpg

んで、ワインは赤。

やっぱり、作ってもらうご飯ってなによりのプレゼントですな(喜)
[PR]
by africaj | 2011-01-20 23:52 | うちごはん

明けましておめでとうございます。

開設したのに、なかなか更新が進まず、ちょっと可愛そうなblogでした。
今年も前半はぼちぼちの更新と思いますが、自分のリズムが出来上がってきたら是非復活させたいと思っております。
まだまだ日本の生活が固まっていない状態。
前に進みだしたらきっと、blogの方も動き出せるかな。

スロースタートな私を尻目に、日本の生活が軌道に乗った息子のくうま。
昨年は新たに、未生流のお花を習いはじめ、お正月のお花を活けてくれました。
道端の雑草や、野山の色変わりに気がつくようになったことが、なにより母にとってうれしい出来事かも。

blogで知り合った方々には、ずいぶん音信不通に過ごしており、すみません。
もう少し態勢を立て直すまで待って下さいませ。
今年もよろしくお願いいたします。
d0180447_11571712.jpg

[PR]
by africaj | 2011-01-02 12:06 | わたしの時間