カテゴリ:食べることの冒険( 48 )

d0180447_11470373.jpg

昨日仕込んだ薔薇シロップのジュースです♡
色と香りで今日みたいな雨の日も気分は上々♪

d0180447_11471707.jpg

今年も摘んだ薔薇の花がらをたくさんもらったので、今回はバラシロップと薔薇のリキュールを作りました。
今年は薔薇の咲き始めが遅くて、その後晴天だったから一気に咲いちゃったそうでもう終わりがけ。
色の濃い薔薇が終わっちゃったのって、ピンク系が多いです。

d0180447_11472229.jpg

今回は初めて薔薇シロップを作るので、
虫の世界をいつも教わってる「世話要らずの庭」macchiさんの記事「バラジュースの作り方」を参考に。

macchiさんの記事を読むと、レシピが頭に残らないほど印象的だった「大事なポイントはとにかくよく洗うこと!」(苦笑)
ザブザブ洗いましたよー。
いや、いつも洗ってるんだけど、今回は一度洗って水切り器で水切ってからまた洗って疲れましたw
これが一番重労働ですわ。

それからレモン汁と砂糖をかけて揉む・・・んですが、結局砂糖液に漬け込むので砂糖いらないかな
等と思いつつ、揉んだ後手を舐めるのがまた美味しいのでwその為だけにちょっとだけ砂糖を入れました(笑)

酸を加えるとバラの色がぱーっと明るくキレイに出るのです。

d0180447_11472885.jpg

うちの分量配分の覚書です。

直径25cm深さ11cmのボウル山盛りの花びら
レモン         1/2個強
白砂糖         大さじ2杯
(漬け込む用シロップ)
氷砂糖         200g
水           400ml

1)多めの水でザブザブ洗い、水切りする(私は回す水切り器を使用)
2)花びらにレモンと砂糖をかけてもむ。
  今回は色が出ましたが、macchiさんはこの時点で色が出なかったけど漬け込んだら出てました。大丈夫♪
3)シロップを作って、煮沸したビンに花びらと出てきた汁を入れ、やや冷ました80度ほどのシロップを入れて漬け込む。
4)1~2日置いてから花びらを漉して完成。

ウイスキーを風味付けするとあったけれど、ウイスキーもいいなラム酒にしようかなと迷って
結局入れませんでしたw
薔薇の香り100%がいいかなと思って。


d0180447_11473814.jpg

こちらは、以前作った薔薇のリキュールが美味しかったので、また同じもの。
今年は砂糖の分量を減量してみました。

薔薇の花びら    分量は香りの強いもの色の濃いものなら60~70g
          ピンク系が多いなら色も薄いのでその倍くらいあった方がキレイ(もしくはお酒を減らして加減する)
いいちこ(アルコール度数25度)            400ml
氷砂糖                         30g

1)煮沸したビンにすべてを入れて冷暗所に1週間保存したら、花びらを漉す(苦味が出るので)。
2)3ヶ月熟成させる。       

d0180447_11474529.jpg

これは濃い色薔薇を集めたのでこんな色。
お酒だとすごい早く色が出てきます。

私、ほんっと甘いお酒が嫌いなので、砂糖少なめ(甘いのが好きな人はもっと砂糖入れてください)
こちらは秋口まで寝てもらいましょ♪
なんかね、渋みのない薔薇の香りのする紅茶リキュールみたいな味になるのです。
酸を加えたらピンクに変化するのかなあ?今度やってみよう。

d0180447_11475358.jpg

食べごろになったイチゴちゃんと一緒にぱちりっ☆
ああ本当にいい香り♡


以前の記事から、薔薇の食べ方色々はこちら。

d0180447_13422249.jpg

薔薇の花びらの砂糖がけ。
これは簡単で、刷毛で卵白を塗ってグラニュー糖をまぶして、乾かすだけ。
お茶請けに、紅茶に浮かせたり♪

でも、日本の気候だと完全に乾燥させるのは難しくて、防湿剤を入れて数日かな。
冷蔵庫ならもう少し保ちます。

d0180447_13421410.jpg

こちらは、レモンやリンゴでペクチンを足したのですが、薔薇そのものの味を生かそうと少量だったので、
限りなくシロップに近いさらっとしすぎた薔薇ジャムw

砂糖を薔薇と同量やや少なめ、レモン汁をかけて水が出てくるまで1時間ほど置いてから、
煮詰めていきました。
いっぱい煮ると香りが飛ぶかと思いましたが、半分ほど薄れるけどちゃんと残ります♪
花びらの独特の歯ごたえを残すか漉すか迷って、少量だけ入れたのはとても良かったですっ。


2014年5月の記事「薔薇騒動。」より


d0180447_13420605.jpg
これは前回の薔薇リキュール。

花びらは色が濃い目、お砂糖を40gで作ってます。


2015年5月の記事「薔薇のリキュール と お花のお酒」より。
そうそう、この記事で色んなお花のお酒を調べて、機会があったら作ろうと思ってたのでした!
特に、レイ・ブラッドベリの本に出てくる「たんぽぽのお酒」!!レシピも調べたのに。
ああまた春がすぎてしまいました(汗)
来年はたんぽぽのお酒を作ってみることにしましょう。

余談ですが、薔薇風呂を試して辟易した記事wもあります→「花びらのお風呂


来年また薔薇の花をたくさんもらったら、作りたいのが
アーユルヴェーダの薬「グルカント」です。
砂糖に漬けて、天日に毎日当てて3ヶ月熟成させるだけなので、手間だけで難しさはなさそう。

体の内側の熱を下げ「冷やす」強壮剤で、目の炎症や充血を抑えるなど血流を鎮め、気持ちをラクにするのだって。
更年期障害も老眼(老眼は進行してるらしいけれど、近視と釣り合ってるせいで見えてるらしいの)もまだの私ですが、
ホットフラッシュとか、聞くところによると足の裏が熱くなって眠れないとからしいから、
これなんて良いのではないかしら。ま、作ってみたら試してみます♪




今日の記事、薔薇の香りがしてきそうだったわ!って思われた方は、クリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-25 14:13 | 食べることの冒険 | Comments(6)

d0180447_01201666.jpg

せっかくだからと、習いたてのカリグラフィーで書いてみました。
ふだん、普通に見てるこんな文字ですが、書くとなると3時間もかかってしまいました。
なぜか?
4月で習ったのは小文字の一部だけだったので、大文字の練習をこの段階でしてw
疲れて一息ついて、さて改めてやろうとペンを手にしたら、インク壺ひっくり返して、食卓がー食卓がー!!(焦)
木だからインク吸ってしまった~ぐすん(傷だらけだから、サンドをかける時期だと思おう。パパが、ですがwごめん)

ちゃらっと書けるようになるのは、いつのことか(汗)
今日は「母の日」。
平日5日間、毎日5分コール、土日はお休みって決めているのですが、今日は電話かけましょっw

d0180447_01202817.jpg

かいちゃん、朝からそんなに暑いかね?
気温22度を超えるようになってきたら、仰向けかいちゃんの時間が長いw

d0180447_01203574.jpg

もふもふのお腹フェロモンがむんむんw危険です。
まるで飽きずふらふらと寄って顔を埋めたくなるのですよー。
朝も遅くようやく起きてくるうちの息子、毎回このワナにハマって、かいちゃんを枕にまた横になる。あー。
母の日なんて、彼のスケジュール表には存在してないな。
ってか、スケジュール帳もカレンダーも持ってないかw


昨日は、珍しくTVもいっぱい見ました♪
「みをつくし料理帖」、原作のイメージ通り!来週も楽しみだー♡
さらに9時から「京都人の密かな愉しみ」が・・・終わってしまったああああ。
最終回、面白かった!
パパが、暮れも正月もTV見ない人なのに、これは一緒に見に来たくらい。
そして家族3人で爆笑しながらも、よく出来た仕掛けとフランス映画のような耽美な話と映像に感心しました。
お話もさいこーだけど、大原千鶴さんのはんなりピシッピシ鞭打つ感じが好きすぎて、終わるの悲しいなあ。



さて、ようやく本題「イノシカ腸」w

d0180447_01211036.jpg

これは、スロベニアのソーセージ風に作ったイノシカ腸。
ニンニク、ミルクパウダーと胡椒とナツメグを効かせたもの。
猪と鹿の配合を同量くらいにして、野性味と肉感あふれるソーセージを狙ってみました。

d0180447_01204311.jpg

これは、プロヴァンスのソーセージ風に作ったイノシカ腸。
猪に対して鹿は1/4に抑えてみました。
ドライトマトとオリーブの刻んだのが入ってて、タイム・セージ・ローズマリー&にんにく。
ヨーロッパ~な感じ(?)を狙ってみました。

d0180447_01205139.jpg


今回は息子も手伝ってくれて、本当に家族総出w
作ってる最中からスパイスやニンニクですごくいい匂いすぎてお腹がぐーぐー、
これをどうやって食べようかって話ばかりw
簡単に食べられるならホットドック、ソーセージを堪能するならドイツっぽいもんかなあ(妄想膨らむ)

腸詰め終わったー!ってところで、「オレたち、黒ビールとポメリー(マスタード)とザワークラウト買ってくるから、
africaはソーセージよろしく!」と飛んでいった。
腸に詰め終わったら、捻って形を整え、針で空気を抜く作業をして、火を入れていきます。
あと5分で焼きあがるよーってところで帰ってきたので、大忙しっ。
オレ、ホットドックの用意するわ。くーまはポテト作り。africaはそれ以外頼む。
って、テキパキテキパキ。
パパ、ピクルスと玉ねぎの刻み方高速回転w
息子、フライパンで冷凍ポテトをカリッと揚げ炒めガンバる。

ソーセージ焼けたよ~!
ホットドックのパン温めたよー!あ、上が焦げたw
ビールビール!
ポテトできた~!
すごい!1分刻みにタスク達成の声が上がって、わくわくもマックス~w

d0180447_01210151.jpg

そんなこって、イノシカ腸、黒ビールで♪
うま~っ♡



(蛇足)
ソーセージはどうやら1日2日置いたほうがさらに美味しくなるとのことで、
残りを熟成させてみました。
あのね、
作りたてを食べると、そのものの美味しさで、うま~っ♡。
翌日まで寝かせると、なんじゃこりゃー!!うっっまーーーーーーっ!!に変わってました。

それをスモークかけたらどうなるか。
ソーセージは初めてのことばかりなので、なにやっても面白いなあ。
本日、パパの誕生日にみんなで味見してみようと思います♪




くーま〜、今日は母の日で父の誕生日なんて寝てる場合じゃないぢゃん!
って思った方はクリックしてくださるとうれしいですっ♪

[PR]
by africaj | 2017-05-14 10:41 | 食べることの冒険 | Comments(4)


猪鹿腸~♡って言ったら、
「母上、それ、ちょうが違ってます」ってw わかっとるわい!

d0180447_22451459.jpg


時期外れの鹿肉、最後の料理は猪肉と合わせて作った鹿肉ソーセージ。
今回は上手に詰められました~(パチパチパチ♪)

詳しい話は、次回♪
あんまり嬉しかったから、速報ですw


この記事を書こうと思うのに、筆進まず。
「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」が始まってしまったのでw

多部未華子ちゃんが大好きというのもありますが、お話がいい!
今季唯一見てるドラマです。
TVがついてて偶然見てから、だんだん楽しみにするようになったんですが、
優しい優しい心のやり取りのお話。
気がつくとじわんと涙ぐんでます。

明日の土曜日からは「みをつくし料理帖」が始まるので、これもカレンダーに書き込んでるほど
楽しみにしてるんです(録画機能がない我が家、一期一会なので見たい時は必死です)
民放で以前ドラマ化された時、可愛すぎる主人公に、タイトルだけ同じの、
体のいい恋愛話にすり替えられててすごく残念だった分、NHKはちゃんとしてそうでわくわく。
主役の黒木華ちゃんも脇を固める面々も役にピッタリで、明日はキッチンタイマーでもかけて忘れないようにせねば☆

明日は土曜日。
私のお休みの日wわーい♡
皆さまも楽しい週末を♪




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-12 23:13 | 食べることの冒険 | Comments(2)

また、椿の葉でわらびのアク抜きをしました。

d0180447_08053494.jpg

お茶の葉がツバキ科ツバキ属とは知りませんでした。
どうりで。
熱湯をかけてからお鍋の中がとても癒やされる香りがするなと、くんくんしてしまって。
朝、茶色くなった水を舐めてみるとやっぱり苦渋~い。
わらびを食べてみると、やっぱりちゃんとアクが抜けてる。
色はくすんでいるのだけれど、家で食べるから良いのです。
それよりもこのお茶のような香りがなんとも幸せで、手軽だしすっかりハマってしまったようです♪

山菜のサークルには達人たちが多くて、日々色々なことに目覚めさせてくれてます。

最近の話題は、ハルジオンが美味しいということ。
思わず調べてしまいました。
ハルジオンとヒメジオンって一括りに「貧乏草」で流してましたが。
ハルジオンは「春紫苑」、ヒメは「姫女苑」ヒメジョオンだったのですねえ。
そして、ハルジオンが美味しいけど、ヒメジョオンは美味しくないんだそうなw
うう~試してみたいーっ。

それからヒメツルソバの花も食べられると聞いて、これまた仰天。

春は草を料理するのが楽しすぎますね♪

d0180447_08054849.jpg

NHKの情報番組で「長芋」の特集をしていて、これも試してみたいことばかりだったので、
昨晩はさっそく長芋尽くしの晩御飯にw
色々作って見た中で、みんなが気に入ったのがこれ。
山芋を拍子木切りして、片栗粉をまぶして海苔巻きにして180度で揚げる。
それと、拍子木にする時にでた皮を含む半端ものを、片栗粉まぶして揚げる。
揚げたてを各自塩振って食べましたが、これがちびちび飲むのに最高っ♪
いやいや、これはいいものを教えてもらいました。

d0180447_08055761.jpg

〆は名残のこごみでグラタン。
山菜サークルではキッシュを教えてもらったのですが、流れが和食できてるのでグラタンに。
朝の長芋特集で料理長さんがおすすめと言ってた「長芋ともめん豆腐のホワイトソース」を使ってみました。

d0180447_08060748.jpg
山菜の存在感って、まったり系にアクセントになっていいなあ。

長芋は言われないとわからない、すっごく豆腐の味がする和風なホワイトソースでした。
「高級な旅館で出そうな料理だな~」ってパパの感想が妙にハマってて、みんなで大きく頷きました(爆)
あれです、ホタテの貝殻でちょっと焼いてある感じw
カロリー半分らしいし、バターや小麦粉使ってない。
そういうことは全く関係ない息子は素直な感想をつぶやく。
次回は本当のホワイトソースのグラタンがいいな・・・。

・・・だよねーw





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-10 08:53 | 食べることの冒険 | Comments(2)

ついに作りました!!!そー・せー・じっ。

ソーセージね、3年くらい「作りたいなあ・・・」と淡い思いを抱いていたのですが、
器具とか材料とか考えただけで面倒くさそうで手を付けられなかったものでした。
私、自分がどうしてこんなに「マメな人」みたいな暮らしになったのか思い出せないのですが、元来はブショウ者で。
何かをする時にかならず元来の私が「めんどくさー」ってストップをかけ、食欲が最終的に私を突き動かすw
しかしソーセージだけは本当に最後まで面倒くさかったー。
でも、猪肉とか鹿肉が美味しく食べられそうな予感に勇気づけられてなんとか頑張りましたっ(苦笑)

d0180447_10035517.jpg

もうここから面倒くさい。挽肉作りからなんて!!
だからパパを誘って二人でやることに。
パパは「9時から決行!」と時間を切ると9時に「さーやるかっ」と現れる人。ここ、いつも感心するんですが。
言い出しっぺが動かないと怒るから頑張って動く私。
いいコンビです(感謝)

なにがまた、こんなにやる気を打ち消したかと言うと、どの本を見ても「冷凍肉は使うな」って書いてある。
猪肉、12月に捕れたものの冷凍なのだもの。はー・・・。
「冷凍肉は自然の組織が壊れているため、肉の結着力が弱い」って宣言されてるのにやろうとする自分に、自分が引き止める。
でも、だって、もともと猪肉3kgの使いみちとして構想練り始めたソーセージ作りだもの、ここが揺らぐと本末転倒よ。

唯一すがる「子羊の肉は結着力が非常に強いため、冷凍肉でも大丈夫」という情報。
山を散歩させて育てる羊は半野生みたいな飼い方だし、きっと野生は生命力強いから肉も結着力強いに違いないと願う。

結着力が弱い肉を使うと、出来上がった時にボソボソで失敗ソーセージになるんだって。
これは練習これは練習初めてだし失敗したっていいのいいのって念じながらだから、やる気起きないっちゅーの(苦笑)

d0180447_10040449.jpg

私が思うにすごく粘りある気がするんだけど、気のせい?冷凍肉なんのそのでは?
粗挽きソーセージが大好きなので、猪の背脂の半分は7mm角に刻んであとから入れました。
これが羊の腸です。装着完了!

いざっ、ゆかんっ!!パパ、お願い(←)

d0180447_10041297.jpg

すっごい大変そうでしたが、パパ頑張ってくれました。
背脂がひっかかるんだな、きっと(ごめんw)出口の直径計るべきだった。今後は5mm角にしよう。
ベーコンは1人で黙々と作る私ですが、ソーセージは1人ではムリだな。

ところで、左上に写ってるのが私のノートですが、
未経験のことをやる時、レシピ本を見ながら作るってことができないようで、読んでも読んでも頭に入らない。
年齢的なことなんだろうか?(悲)
新しい言葉、馴染みのない器具、コツも3個以上あると覚えきれないし(苦笑)
で、レシピ本に色鉛筆で線を引いて、ノートに全行程を自分の言葉で書き写すわけです。
こんなに勉強したの生まれて初めてだー!(ウソです。大学受験勉強ぶり)
2週間、何冊も読んで、何重にもコツを書き込んで、何度もイメトレしてなにしてかにして
前日は台に全部取り揃えて・・・決行。

d0180447_10042115.jpg

なんとか終了~。
予想以上に均一に絞り出す作業が大変で、準備したお肉が入り切らず。

d0180447_11081311.jpg

配分少ないところをツメていったら中間で腸が随分余っちゃった。

d0180447_10043068.jpg

そしてボイル。
茹でるのも80度を超えてはいかん!という面倒くささがついて回り、パパに頼むw(←)

ドキドキして食べてみる。

おおおおおおおお!やっぱり大丈夫ではないかっ、野生すごいっ!美味しいっ(驚)ボソボソしてないっ!!
今回は猪肉がどんなソーセージになるかを見たくて、塩と黒胡椒以外なにも入れてない「基本のソーセージ」にしました。
「肉らしい!」って味w
例えるなら、イベリコ豚のような・・・ああそう言えばあれはイベリア半島の豚の原種だから、猪に近いのか。

d0180447_10043849.jpg

茹でたものをさらに炒めると、皮がパリッと。
うわーーー、こっちはもっともっと美味しいいいっ(感涙)

じゃあスモークもしてみようか・・・って思ったんですが、美味しさとお腹空いてたこともあって食べきっちゃってたw
次回にっ(やる気が繋がりましたw)



作業の面倒な所はパパがしてくれたというのに、
私、ここで本当に倒れてしまい、頭痛もすごくて薬飲んで昼寝。
・・・したのに、まだ頭痛がひどくて、さらにボルタレンも飲んで夜も早く寝たのであった。
これはどう考えても脳が酸欠おこした模様。知恵熱だあ(とほほ)
今朝はすっかり元気で、ほっ。
ゴールデンウイークの任務は、これにて終了。
今日は名残惜しんで読書で過ごします♩




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-07 11:24 | 食べることの冒険 | Comments(4)

d0180447_23373784.jpg


SNSの野草サークルで今話題なのが、「椿の葉っぱで筍やわらびのアク抜きができるらしい」。

d0180447_23260900.jpg

昨日採ってきたわらびとイタドリ&山椿の葉っぱ。
灰を使い切ってしまって、わらびのアク抜きにまた仏壇屋へ灰を買いにいかねばならなかったので、
ちょうどいいから椿の葉で試してみることにしました。

d0180447_23262008.jpg

なぜ椿の葉でアクが抜けるのか、検索したけれどはっきりわからない。
葉っぱの煮汁がアルカリ性になるから・・・と、一つだけ検索に引っかかってはきましたが、はてさて。
しかも、椿の葉っぱの分量もはっきりしない。
鍋に3枚くらいとか、びっちり二重に覆い被せられるほどとか。
山椿の葉は小さめなので、私は40枚入れました。
そして、わらびを鍋に入れ、熱湯をかけてわらび全体がかぶるようにして、浮いてこないように落とし蓋しました。
これで、一晩置くと水が茶色くなっているので、朝に水を替えてさらします。

d0180447_23271924.jpg

それがこれ。
うーん、重曹や灰汁でするのと違い、緑が茶色に変化してしまいました。ゼンマイのようw
色的には失敗かもしれない。
ただ、重曹でアク抜きしたものより断然にシャキシャキした歯ざわりと美味しさにびっくり。
味付けしてないのについ食べちゃうほどです♡
それと香りがいい。
もう一度色々と調べてみたところ、私的な評価としては、
わらびのアク抜きでオススメなのは、灰汁(色良し味よし)>椿の葉(味よし色悪し)>重曹(色良し味悪し)に思いました。
色を気にしなければ椿の葉もなかなか手軽。食べ方次第ですね。

d0180447_23294680.jpg

イタドリも初めて食べます。
「痛みを取る」から、イタドリと言う名前なのだって。
葉っぱに止血作用があって、傷口に付けると良いそうな。

そのままだととても酸っぱいものですが、その元になる「シュウ酸」は水溶性で溶け出すので、
水に長く漬けると酸味が取れるそうです。

ということで、
新芽はさっと塩ゆでして、冷水にとり、出汁醤油に一晩漬けておくと「じゅんさい」のようにぬめりが出て、
イタドリから酸味も溶け出して、気の利いた酢の物になる・・・とのことだから、やってみましたが。
「じゅんさい」みたいな粘りは出ず。。。
うーん。まあ美味しかったけれど、イタドリ味は出汁醤油で消されてしまった感じかな。

d0180447_23262804.jpg

イタドリの茎は、ピーラーか包丁で皮をむき一口大にしたら塩を振って、30分置く。
☆これが塩味しっかりついてて、このままでなかなか美味です。
水がたくさん出る。それを80度の湯で30秒ほど湯がき、冷水に取る。
あとは、炒めても煮ても。
冷凍保存できるし、乾燥させて保存もできるとか。

d0180447_23263686.jpg

もうこうなっては、日頃気になってたことも全部試して「山菜の晩餐」にしようと、カラスノエンドウの豆も採ってきました♪
鞘はしっかり筋を取る必要があるらしい。

d0180447_23270819.jpg

イタドリが豚肉と合いそうだなあと思い、生姜とニンニク&ごま油で炒めてみました♪
これは美味しいですっ♡
イタドリのシャキシャキした歯ごたえはなかなか♪
ただ、カラスノエンドウの固いこと固いこと!!
歯でしごいてチビチビの豆だけ食べるなら、それなりに楽しくバカバカしくてよろしいけれど。

そう思ってもう一度調べたらば、「カラスノエンドウ」に激似で小さい「スズメノエンドウ」、
その中間くらいの大きさの「カスマグサ」があり、カスマグサの鞘は固くて味も少し落ちるんだとか。
カラスノエンドウの鞘は柔らかいそうなので、これはカスマグサだったのかも。
いずれにしろ見分けるのが面倒ということがわかったので、たぶんもう食べないかなw

こうして食べてると、何故「野菜」は食材として育てられて売られるようになったのか、頷きます。
何度も食べようと思えるほど美味しくて調理しやすいからなんですねえええ。納得。

d0180447_23264371.jpg

「クレソンは花が一番美味しい」というのも、SNSの野草サークル出来いたお話。
えー、知らなかった。そんなに美味しいの?って摘んできましたw
そして食べてみたらば・・・か、か、辛い~(汗)
葉っぱ以上の辛さに冷汗。サラダじゃ食べられないか。

d0180447_23265375.jpg

で、天ぷらにしたのですが、
揚げるともう「クレソンじゃなくてもいいんでは?」という、山菜天ぷらになってしまいましたー(しくしく)
いや、美味しいことは美味しいんですが、クレソンの辛味も抜けて、紫蘇やシダ類の天ぷらと区別できないのが残念。
クレソンの辛味は熱に弱いんじゃないかしら。
物足りなくなってしまったクレソンの天ぷらに、生のクレソンを乗せて食べるなんて変な食べ方しましたw

半生で食べれたら一番なのかな。
つまり、しゃぶしゃぶのほうれん草的に自分で調節しながら湯に浸けて食べるなら。

でもやっぱりクレソンと言えばステーキやローストビーフ。
もしくは、脂の乗ったお刺身にわさびの代わりに薬味として乗せるのが美味しいかも。。。


やっぱり、わらびって山菜の中で特に美味しいんだなー♪
とか、色々勉強になって楽しい夜でしたw





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-03 23:00 | 食べることの冒険 | Comments(6)

クレソンみっけー♪ mamalife

ヨモギの季節になったら、ヨモギの見分け方を教えてって頼まれてた友人に声かけたら、
クレソンが生えてる所があると言うので、一緒に野草摘みに行ってきました♪

d0180447_14034784.jpg


ちょぼちょぼっと生えてるのを見つけて、摘もうとしたら、
あっちあっちって指さされて・・・

d0180447_14040177.jpg

うわーほとんどクレソン畑w
若い葉は辛味が少ないのでサラダに。
大きな葉っぱは辛味もすごいのですが、
スペインに居た頃、大きく育って辛いルッコラをしゃぶしゃぶにしたら、
豚の脂と熱で和らいだ爽やかな辛味がなんとも美味しくて、以来春の定番にしていたので、
クレソンも敢えて大きめのを摘んでみました。
しゃぶしゃぶ、きっと美味しいはず♪

d0180447_14040933.jpg

野に生えるクレソンを初めて見ました。
こんなお花。小さくてかわいい白い花を付けるのですねえ。
摘み過ぎて来年なくなったら嫌だなって気にしていたら、

d0180447_14042528.jpg

なんと!これは無数を飛ばしてがんがん繁殖していくたくましいタイプw
これならあっとうまに増えそうです。
じゃあ当分クレソンを摘み続けても大丈夫だー♪

d0180447_14043600.jpg

ヨモギもまだ緑が濃くなる前で柔らかそう♡
ヨモギを教えてと頼まれた友人は、娘さんにお茶を飲ませたら冷えに効いたと言うのです。
去年からヨモギブームの友人からも、ヨモギは「ハーブの女王」と呼ばれるんだよーと力説され、にわかにヨモギに注目中w
・・・ちなみに絶対気になる「ハーブの王様」w
これはホーリーバジルって、インドネシア、インドに生息するバジルらしい(誰が決めたんだ?)
あ!タイの市場で売ってました売ってました。
イタリアバジルと種類が違うってかおるさんに教わったけど、イタリアンバジルと同じ匂いだったから注目しなかったなあ。
じゃあ今年はイタリアンバジルの他に育ててみようかな。

ま、それは置いといてヨモギです。
肌につけると止血、アトピー改善になる。
蒸気吸入で婦人科系のトラブルの改善・・・簡単な所でヨモギ風呂のすすめ。
精油成分シネオールは冷え性の改善。
ビタミンCと相乗効果で肌を改善してくれるそうな。

先から若いものを15cmほどを摘みます♪

さて、大切なのは保存法。
冷蔵:積んできたらさっと洗って水を切ってから、乾燥しないよう袋に入れて2日で食べきる。
冷凍:下茹でしてから①空気を抜いて冷凍→使い時は自然解凍 ②ペーストで冷凍。
乾燥
パウダー:下茹でして水にさらし絞ってから、天日乾燥し、ミルサーで粉状に。

食べる時はまず下茹でしてから。
新芽の場合は熱湯に塩を入れたら1~2分ほど茹でて、冷水にとって絞る。
新芽じゃない場合は、冷水にとったら20~30分さらしてアクをとる。

生葉を天ぷらに。
下茹でしたもので、おひたしに。白和えも美味しそうかな?
ペーストは、じゃがいものポタージュに入れたり、蒸しあがった上新粉に入れると草餅。
点心やパスタに練り込んだり、使い勝手良しですね♪
パウダーにすると、お菓子やパンに使えていいですよねっ♡

乾燥させてハーブティやお風呂に入れるのも簡単でいいし♪


更年期直前で赤道直下で焼けてしまった私なので、しばらくヨモギでリカバリー目指してみますっw



    
読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-04-14 15:47 | 食べることの冒険 | Comments(2)

d0180447_10110330.jpg

干したザー菜を塩水に漬けました。
徐々に塩分をあげなら発酵させていくらしいです。
美味しくできたら嬉しいけれど、どうでしょう。


2月ほとんど、パパとの2人暮らしでした。
彼が生まれて16年間、考えてみたらこんなに長い間居なかったことがないので、
どうなるかと思ったんですが、
一番変わったのは、外食が多くなったこと!
パパと2人で飲みに行ったり、
ショッピングや映画に行くことも増えて、帰りに串かつ摘んでいこーかって。
家帰ってあとはお茶漬け食べて寝ようかーってなるw
晩御飯作るの大変でしょ?軽く食べに行こーかとか。
食べたいものを注文して、食べて帰ると、
案外野菜が足りてなかったりするのに気が付きながら、まあいいかとかw

3人生活だと、「作んなきゃ」って思いこんでるフシがあるのかな?
外食でも「野菜摂らせなきゃ」「バランス考えなきゃ」って、二人が注文したものの
抜けてるものを私が注文する感じなので、私が食べたいものを頼むことも少ないかも。

パパがお休みと知ると、朝なかなか起きなかったりw
パパを残して、友達と飲みに行ったり、レイトショー観に行ったり。

なんという気楽な生活っ(笑)
ああ楽しかったw
そうだ元々こういう暮らしだったのが、息子が生まれて私頑張ったんでした。
子供と接する機会なんて皆無で同世代以上の中で生きてたから、
生まれた息子を抱っこした時が、何十年ぶりかで子供に触ったのでしたw

今夜息子が帰ってくるのです。
脱いだ「お母さん」コートどこに置いたっけな、ないぞないぞー(汗)




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-24 11:09 | 食べもの実験プロジェクト | Comments(6)

d0180447_11412720.jpg

ついにザー菜を収穫しましたっ!
売ってるザー菜の様には丸っこく瘤にはならなかったです。
10℃で育つと太ってコブコブになるらしいのですが、中国にはそんな気候の土地が
あるのでしょうか。
ああでも、私達がスペインで住んでいた所は冬でも10度下ることがなかったから
温暖な海沿いで育てるといいのかもしれないな。
でも、暖かすぎると塔が立って育ち過ぎちゃうらしいし、難しいお野菜みたい。

d0180447_11413333.jpg

こちら北イタリアのお野菜「黒キャベツ」もついにちょっとだけ採れました♪
これは晩御飯の付け合せにしましょ。
どんな味かなあ(わくわく)

d0180447_11413928.jpg

ザー菜は外側がかなり木質化してるので剥いてしまい、
8~10cmほどに切り分けて、太いものは半分に切って、3日間ほど干すらしい。
その後塩漬けして、完成まで半年かかるのだそうな。
夏を越したころひょっこり記事にするかもしれません。
うちのblogそういうのばっかりだわw


さて、日曜日の晩御飯はまた牡蠣三昧でした。
土曜日にパパが狩りに行くのですが、手ぶらの時は牡蠣のお土産買ってきてくれるんです。
殻付き1kg700円は安いものねえ。
すっかり私も身を取り出すのが早くなりましたw

d0180447_11415471.jpg
前菜に、牡蠣のムニエル。
牡蠣ってバターと合わせても美味しいのさ~♡

d0180447_11420181.jpg

畑の収穫ベジーズを付け合わせに♪
黒キャベツと芽キャベツは塩とオリーブオイルを入れて茹でたもの。
子宝菜は切った断面に小麦粉をはたいて、牡蠣と一緒にバター焼きに。
ほろ苦い子宝菜はコクのあるバターで焼くのが一番好きかも。

d0180447_11422287.jpg

前菜食べてる間、アヒージョをとろ火でくつくつ。
おしゃべりしながらぷっくり火が通るのを待つのも楽し♪

d0180447_11420955.jpg

牡蠣って、和風と洋風でまったく違う顔をするから面白いなと思います。
たぶん、牡蠣の旨味ってオイルと出会うと化学変化を起こすんじゃないかなあ。
などと思いつつ、今回も美味しゅうございました♪



そうそう。
今朝はあっちからもこっちからも電話がかかってきて、てんやわんや。
最初は通信制高校から、「まだ帰ってきませんか~(汗)」って電話。
さすがに3/9を超えると単位評価が出なくなるのだとか。
それまでにレポート提出と、残り1日分の学年末試験を受けないとって話でした。

でも、単位制なので最低6単位あれば学年は上がれるんですって。
で、息子は高校2年進級は確定したんだとか。

3年間で40単位をとならきゃいけないので、1年生で6単位だと
2年3年にしわ寄せがくるというシステム。
こういう融通がきくのは素晴らしいことですよね。
自分次第ってのは泣いても笑っても、健全だなあ。

しかし、残りのレポートを提出しないと、この1年間提出してきたことは
帳消しになって、また来年リセットでやり直しらしい。
息子、やばいぞ、早く戻ってこーい(汗)

と思ってたら、30分後くらいに珍しく息子から
「金曜日に帰ることになった」って連絡入ったのでしたーっ!!

色んな意味で喜んでる朝ですw







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-02-20 12:58 | 食べもの実験プロジェクト | Comments(4)

覚えてますか?
去年の7月に青い胡桃の砂糖煮をどうやったら作れるか調べまくっていたことを。


胡桃について基礎知識も調べまくったので、こちらを。

そして、胡桃のアク抜きが終わって煮始めた記事は、こちら。

そして完成したわけですが、食べるのに6ヶ月待てとレシピにあったので・・・

6ヶ月後の正月明けに食べてみましたよー。
長野からわざわざ青い胡桃を送ってくれたblog友のくまたろうさん
お正月の3日に開けて食べて、感想を言い合おう!と示し合わせて…

d0180447_23350584.jpg

各国語で入力して出てきた画像から探っていったので、
どこの国のレシピかわからないものを、google翻訳で読み取ったw
4つのレシピの2つほどが重なった分量をパッチワークのように繋いで作った
この「青い胡桃の砂糖煮」。
スパイスも異国情緒溢れていたのですが、最終的には優しい味でした。
くまたろう家の感想「なんだろ、懐かしい味(香)がする~」って。
そんな、違和感がないけど日本じゃない感じ。

d0180447_23353557.jpg

しかし、やはり砂糖煮にするには收穫が半月遅かった分、
でき始めた胡桃の殻は6ヶ月間蜜に漬けても柔らかくはなっていませんでした。

d0180447_23363738.jpg

くまたろう家に送ったくるみは、小さめを選んだら
未熟な殻もちゃんと柔らかく丸ごと食べられたって写真を送ってきてくれました♪
7月過ぎるとバラつきが出てくるってことですね。
国の緯度で胡桃の成熟度も変わるから大丈夫かと思ったのだけれど、
やっぱり「聖ヨハネの日」に収穫するのが大切なんだなとしっかりハッキリ実感。

ちなみに、今年は栗の渋皮煮のような味付けにしてみようと思うのです。
砂糖と黒糖とラム酒。
美味しと思うんだけどな♪


さてさて、私の「青い胡桃プロジェクト」のために
胡桃を山に取りに行ってくれたくまたろうさんが、blogでその様子を見せてくれて、

「胡桃インクを作るプロジェクト」が立ち上がり♪
blogとコメントだけなのに、互いの成果を報告しあって一緒に進んでいけるなんて、
今風なやりとりにわくわくしちゃいましたよ(爆)
SNS使いこなせない昭和世代の二人なのにw時代の先端をいくような体験♡


で、胡桃インク佳境の記事がこちら。


そして、我が家に届いた胡桃インクで、
今度は私は「胡桃インクで髪染めてみる実験」へ入りましたよー。
すごいな、リレーみたいで♪
勢い余って去年の夏は、くまたろうさんに長野まで会いに行っちゃいましたw
ご縁って面白いですね♡


でこれが現物です。
d0180447_13290722.jpg

インク用はアルコール5%混ぜて作ってくれていて、
こちらは髪染め用に無添加で送ってくれました(感謝)

d0180447_13295038.jpg

蓋の色、これが胡桃インクの色です。
髪を染めるのにとてもキレイな色じゃないですか?わくわく♪


なぜ胡桃インクは髪が染められるのか?
調べているので、ご興味ある方はこの記事をどうぞ。


ということで、
胡桃が実ってから、染める実験段階に至るまで長~い道のりだったのです。
私の髪で試すので、ヘアマニキュアを完全に落とすのに4ヶ月かかったしねっ。
ちゃんと白髪は白い状態になったので
ようやく、髪を染める段階にたどり着きました♪
胡桃の砂糖煮も食べたしっ♡

さて、ここからがスタートっ!

d0180447_13582472.jpg

胡桃インクがかなり濃いので、適当に3倍に薄めてみました。

d0180447_13583419.jpg

それでもコーヒーくらいの色。
この濃度でも、髪にスプレーして頭皮をマッサージしてると指が染まるので、
薄い手袋することにしました。

紅茶の染め方を参考に、乾いた髪にしっとりするほど直接スプレーして揉み込んで。
初日は、1時間くらいお風呂に入って、体を温めて地肌を開いてから
湯シャンしてみました。

髪の毛は、指より染まりにくいらしくて、それほど染まってないです。

ポリフェノールの総称であるタンニン酸は「タンパク質と結合して
収れん作用を引き起こす」とのことで、皮をなめす時に
腐敗の原因になるタンパク質の除去に使ったり、色々するそうです。
髪に付けた場合も、
ケラチンという髪を構成するタンパク質に結合するわけで、
それで、内部に入り込んで引き締めると同時に、
細胞の荒れや抜けた部分に強固に張り付くのでキューティクル補修になる…

と調べがついていたので、どんな感じかなってわくわくと髪を乾かしたらば、
びーっくりするほど、サラサラツヤツヤになっておりました(驚)
だって、うちの男衆が気がついたくらいだもん!!

感想「なんか・・・すごくきれいになってるよ?」って(仰天)

例えるならヘアマニキュアしたての髪みたい?


本日で3日目。
染まってきてるのかな?
まだわからないです。


でも、一つだけものすごく大きな問題が発生してます。
それはね…

胡桃インクが肥溜めの匂いに似てること!!!(滝涙)
すごいったらないのー。
頭からかぶっちゃったみたいに錯覚します、これ(うるるる)
しょうがないから、首もとに香水付けて相殺させてしのいでますが(泣)
ふとした瞬間に不快な匂いが・・・


to be continued.
長ーい記事、お付き合いありがとうです♡



読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-01-08 14:44 | 食べもの実験プロジェクト | Comments(4)