カテゴリ:おでかけトルコ&スペイン・2014( 37 )

ただいま!桜色の国

ただいま!
昨晩戻ってきて、まだ時差ボケです。
タクシーの運転手さんに、今日明日が満開だよって聞いて、わくわく。

早朝に目がさめたので、さっそくお散歩にっ。
d0180447_10121070.jpg
わあああ、すっご~い!!
桜が咲いた時のここからの風景、やっぱりため息が出るほど美しいなあ。
d0180447_10345836.jpg
花びらが一枚も落ちてないから、今日が満開なのかな。
数日たつと花びらが乾いてきちゃうし、「今日」に日本に居られてよかったなー(幸)
d0180447_10351231.jpg
花が咲くと、仇のように桜が植えられてるのに気づきます。
桜色勢力すごいっ。
d0180447_10352758.jpg
川沿いの桜は、公園になっててダブルで桜が植わってるから、ものすごい空間になってました。
低木にユキヤナギがいっぱい植わってて、朝日の木漏れ日と桜色と白色に包まれて夢のよう。

「原色のスペインの記憶がいっきに押し出されちゃったよ。
日本は地味だけど、でも繊細ですごくきれい。ああいいなー」
って、息子がおおはしゃぎしてました。
彼はやっぱり日本が好きなんだって。

帰ったらご飯が炊きあがってたので、
納豆と大根おろしじゃこ、そして玄米茶で朝ごはん。

みんなで目を閉じて、納豆の風味とご飯の甘味に酔いしれ、大根おろしで涼をとり(繰り返し)
玄米茶の香ばしさにひと息入れ、なんでしょうこの五感が蘇る思いっ。
うまいっ!(滝涙)

我家の庭(の外に植えられてる)桜も満開。
うぐいすが来て、啼いてます。
絵に描いたような、春の良き日(幸)



P.S.
旅行中にコメントいっぱいありがとう!!
お返事順にしていきますねっ。
自宅で繋げて、パソコンで打てるって、やっぱりストレスなくていいですね~。
[PR]
by africaj | 2014-04-03 10:50 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(29)

またね!

朝、海に降りていったら、キャスティの家族がいた。
娘のキティは息子と同じクラスだった。
彼らも5年前にこの村を去り、今朝8時にここに到着して
2週間のバケーションを過ごしに来たとか。
私達とちょうどこの瞬間だけかぶった偶然を喜びあって、別れた。

去っていっても、結局みんな
スペイン広しと言えど、結局ここに休暇を過ごしに戻ってくる
不思議な村だなと思う。

カフェのおばさんに「いつまでいられるの?」と聞かれ、
明日までと答え、抱き合って別れる。
郵便局のおじさんの娘も、息子と同級生だったので、
送料が高いことを身内のように心配してくれ、電話であちこち
聞きまわってくれた。
薬局の夫婦、カフェのおばさん、パン屋のお姉さん、
小さな村では皆と知り合いで、再会を喜び、息子が大きくなったことに驚かれ、
去っていくことを残念がってくれる。

今はマドリッドに住んでいる親友のイサベルから、
娘達がイースター休暇前の試験中で、村に行けないのが残念だけど、
次回は会おうねと電話が入る。

日本で都会育ちの私にとって、故郷はこんな感じなのだろうなといつも思う。
d0180447_6485041.png

先週後半、いっぱい友達に会えた。
滞在中ずっと肌寒かったのが、今日は半袖で海を楽しめた。
高台まで登って海を見渡し、浜辺でごろごろお昼寝し、
冷蔵庫のものを全部使ってお昼を作り、夜はレストランで食べた。
結局電気屋は来なかったけど、気分よくスペインをあとにできそう。
雑務もはかどり、友人達とも過ごせて、良いスペイン滞在だったなあ♪
[PR]
by africaj | 2014-04-01 07:03 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(8)

旅の記録

d0180447_443544.pngd0180447_443187.png
d0180447_4441999.png
私の旅の記録に触発されて息子もトライ。
まだまだ時間かかりすぎるけど、いいかんじ。
彼がそのうち、家族の旅の記録をつけてくれるようになるとうれしいな。
[PR]
by africaj | 2014-03-31 04:48 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(2)

軟水と硬水

実はスペインに住んでいるころはあまりこだわってませんでした。
直接飲むミネラルウォーターは、好きなメーカーにこだわったけれど、
長年住んでいると、お茶の味もそういうものと思ってた。
諦めもどこかであるし、
古いお茶っぱのせいだと思って味にこだわりをすててたかも。

今回、日本から持ってきたほうじ茶は、
わざわざお茶屋さんで買っているもので、じっくり10分ほど
置くと、甘味がグッと出てくる、お気に入りのお茶なのだけど、
こちらで入れると変な味。
紅茶だと、あまりわからないし、
玄米茶も案外わからないのだけど、ほうじ茶の味だけはひどいの。

はじめて、水をさがしてみることにしました。

それで、ミネラルウォーターでも、ミネラル極少量のものを選んで
いれたら、日本でいれるまではいかなくても、私の知ってる
ほうじ茶の味になりました。

水の違いは大きいなあとつくづく。 
同じレシピでも国が違うと、本場の味と
随分仕上がりが違うんだろうなと、つくづく。



しかし、電気屋が来ない。
もう4日目です。
昨日の夜に電話が繋がって、明日どうしても午前中に来てって
言ったのに、努力してみるって返答。
今朝も電話したのに、何時に行けるかわからないけど
努力してみるって。
経済傾いてるのに、こういうところ変わってない!(怒)
[PR]
by africaj | 2014-03-28 20:30 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(6)

スペインのカップ麺

d0180447_1850894.png
馬にも乗って疲れたし、
お昼にミーガスとモルシージャ(血のソーセージ)と羊を食べ過ぎて、
夕食は(ってすでに24時過ぎてますが)カップ麺♪

オリーブオイルを買いに行った夜に、持っていったカップ蕎麦は食べてしまい。
スーパーで以前は売られていなかった、気になるカップ麺をば。
スペインにもスペイン製でこんなものが売られるようになったか。
とみると、AJINOMOTOがコラボですって。

食べてみると、昔懐かしい「チキンヌードル」みたいな味。
悪くなかったです。
これからは、日本から持っていく必要なくなったってことね。
すごいことだわっ。
[PR]
by africaj | 2014-03-27 18:59 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(2)

ミーガスとメロン。

d0180447_18382014.png
ミーガスは、余って固くなったパンで作る、言うなればパンのチャーハン。

海沿いの、私たちの住んでいた村は、ミーガスと焼いた鰯を
あわせて食べる。
ミーガス用の小麦粉から作ることも多いです。

羊肉が美味しい、このシェラネバダ山脈にある山のレストランは、
ミーガスの上に焼いたピーマンとチョリソが乗っていて、
メロンと一緒に食べる。
それこそ、14年前からなん十回と通っていたのに
ここのミーガスを初めて食べたかも。
メロンとの組み合わせも初めてでした。
えーーっ!!って思ったけど、
もそっとした口当たりのミーガスと、ジューシーで薄甘いメロンが、
美味しくて、びっくりしちゃいました。
[PR]
by africaj | 2014-03-27 18:48 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(2)

d0180447_1892177.png
この馬場に馬を乗りに来たのは14年前。
語学学校の友達とタクシーで来て、外乗りしました。
20代の頃、モンゴルをキャラバン組んで夜営しながら何度も馬で旅しているので、乗馬はちょっとしたもんです(えっへん!?)
ここの遠乗りコースはなだらかな斜面をお散歩するので、
スペインらしさ満喫できるんですっ。

d0180447_18104922.png
春は、アーモンド畑に桜そっくりの薄紅色の花が満開でした。
大河ドラマの主役になった気分(笑)
オリーブの海と、桜色の園を交互に通って、丘あり川あり。

d0180447_1811126.png
内陸のスペインは、まだ9度ほど。
馬の体温をホカホカ感じながら、陽射しはポカポカ。
案外寒さを感じなかったな。

頼めば、連泊で旅するコースも作れるよってことで、
14年前からずっと夢見てたのですが、息子が小さくてなかなか叶わず。
今回初めて、息子も一人で乗りました。
今度機会があれば、連泊で旅したいなあって、馬場のおじさんと約束しました。

ここは、遠乗り2時間30ユーロ。
良心的な値段でしょ?
[PR]
by africaj | 2014-03-27 18:26 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(5)

文房具が高い。

村で久々に会った知人のドイツ人トーマスに誘われて、夕方から
隣町のピアノコンサートへ。
なかなか絵になる中年のアメリカ人ピアニスト。
バッハとシューベルトとラフマニノフ。
アンコールはショパンだった。
自由席だったので、一番良い場所を陣取って、ピアノの美しい音色に幸せになった夜。

トーマスと彼の友人マリーナと一緒にバルに飲みに。
マリーナは日本に憧れがあるようで、日本の生活を聞きたがった。

「ああ、行ってみたい。
でも、物価がものすごく高いんでしょ?」と聞く。

まあ、食料はこっちの方がかなり安いよね。
オレンジ1kg0.6ユーロだもんね。
ハモンもチーズもパンも安いし。
ビールもタパス付きで1.5ユーロだし。
賃貸料も1/3くらい?

聞いてるうちにマリーナが溜め息をつくので、
安いもんはなかったか、頑張って思い出す。

あ、マジックは日本は安い!

・・・って、
ぜんぜん、慰めにはならなかった(苦笑)

でもね、本当にスペインは文房具が高い。
油性マジック1本4ユーロくらいもする。
d0180447_1751596.png
鉛筆も画用紙も、日本で100円均で売ってるようなものが、4倍は当たり前にする。
そのわりにすぐ書けなくなったり、品質悪いし。
本も、日本の方が安い。

勉強のためのものが安いって、日本らしいかも(笑)


ここらへん(アンダルシア)の人は、
大人になったら本を読む人も、ちょっとメモする人も少ない。
息子の友人宅で、「書くもの貸して」って言ったら、
ないって言われて衝撃を受けたのを、今も覚えてます。
ちょっと書き留めるってことをしないらしい。
ってか、子供が筆箱と学校に行っちゃうと、
家に書くものがなくなる家って、私には信じられないことかも。

ちなみに、我が家にはアイロンがなくて、
それをスペイン人に「ありえないこと」とよく言われたもんです。
家事で一番時間かけてるのが、彼女達はアイロンかけ。

同じように暮らしていても、かなり違ってて、それが値段に出てたりする(笑)
[PR]
by africaj | 2014-03-27 18:03 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(7)

ネルハの洞窟。

d0180447_6221527.png
ネルハの洞窟は、観光地になっていて、バスがわんさか到着するような所なので、
長いことバカにして行かなかったのだけど。
ある時行ってみたら、ものすごくよかったんです。
毎年行きたいほどじゃないけど、3年にいっぺん行ってもいいかなって
思うようなところ。
アルタミラの洞窟も行って、あ、あれは1ヶ月に一度行きたい所だな(笑)
いろんな洞窟一杯行ってるけど(洞窟好き)、
かなりいいです(ニュアンスわかってもらえますか? 笑)
[PR]
by africaj | 2014-03-26 06:29 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(5)

d0180447_6183657.png
村の金物屋さんに飾ってあったの。
これはかわいすぎる!
世の中の工事現場のコンクリートを混ぜる機械が、全部こうなったらいいのにーっ(笑)
[PR]
by africaj | 2014-03-26 06:21 | おでかけトルコ&スペイン・2014 | Comments(5)