カテゴリ:わたしの時間( 36 )

子ども60人の料理教室。

もう10月か~って思いましたが、そう言えば9月頭に80名に講義するという大仕事をしたのを思い出しました。
すでにかなり遠い記憶と思うとこの一ヶ月は長かったな。
すごい人数だー!って頭を抱えていた私に、
友人に「毎夏の料理教室で30名の親子を相手にするのと、80名の大人を相手にするのとどっちが大変かよね」ってからかわれて、
うーん、80人でも大人だから大丈夫かwなんてちょっと気が楽になったんですが・・・。
来月頭、本当に「小学5年生ひと学年60名」を相手に魚料理教室を開くことになりました。
うーん・・・子供が60名(汗)
頑張れ私。
六甲山の七曲り歩くよりはきっと大変じゃないっ。

d0180447_19332993.jpg

60名全員が釣りをするので、釣り担当は竿とライフジャケット揃えるのも大変みたい。
私は料理担当なので、釣れた色んな魚をハサミでの捌き方教えて料理して食べるところまで。
30人でギリギリの時間でその倍教えるので、レシピ見直しをやってる本日。

d0180447_19342580.jpg

当日はパンも仕上がりも違える予定ですが、こんな取り合わせでいくかな?
うんうん、美味しい♪
田舎で週末バルやることになったら大人数分作るわけだし、何事も経験と思って頑張らねばっ。
10月もうまくいきますように(祈)




[PR]
by africaj | 2017-09-26 20:36 | わたしの時間 | Comments(0)

く、悔しい・・・。

料理の話をと思いつつ、またも水彩画の話。

毎日ちょっとずつ描いてます。

d0180447_13440908.jpg

どんぐりはこうなりました。

d0180447_09525260.jpg


枯れ葉、描いててわくわく♪やっぱり色味が綺麗。
カリグラフィー書いてて、あ~絵に掛かるって迷って上に書いちゃって凹。
そうかダメなんだ。絵を台無しにしてしまった(滝涙)
なにごとも勉強です。
描き直したけれどもう二度と同じ風にできませんでした。一期一会です。

などと母が毎日楽しそうに描いていると、湧いてくる息子です。
だいたい私がスケッチ帳を買うと、わあこのスケッチ帳いいな俺も買うと買いに走る。
自分で気に入ったの探して買いなって言っても、私のが欲しいの。
一人っ子って親が年の離れた姉弟みたいになるんだろうか。
へー俺にも教えてっ。どうやって描くの?って筆を奪われたので、
こーしてあーしてと、とりあえず習ったポイントを教えてみました。

d0180447_13440336.jpg

もーやだわ。初めての透明水彩画のくせに、めっちゃ素敵な絵。
いや、私の指導が良かったと思っておこうw

すっかり乗り気。
このまま絵の方に戻ってくるのかな?戻ってきてくれると私は嬉しいのですが。
今、迷える子羊になってるので。

昨日は辞めた学校に遊びに行ってました。
先生に挨拶したら、メアドくれたって言ってましたw
すでに進路の話になったらしく、
ある子は航海士を目指すことにしたと言い、ある子は考古学者を目指すことにしたと。
進路はまだ決められないけれど数学が好きだからとりあえず京大目指すと言うのは息子の親友。
高2でそこまで決められるってみんなすごいな。
学校で一番、やりたいことをはっきり言ってて学校をやめた息子は、「お前は?」と言われて、
「今まだ何したいかわからない。とりあえず炭焼きの修行やってるけど」て答えて、炭焼き?と首を傾げられたみたいw
息子もかなり刺激を受けて帰ってき、大学行くとしたら・・・と思いを馳せてた昨夜。
不登校だなんだと脇道とはいえ、あれこれやっててもまだ16歳って、ぜんぜんやり直し効く年齢かあ・・・濃い人生だな。
私も10代の頃にもっとめちゃくちゃ外れまくれば良かった。
なんで道を外れることをあんなに恐れていたのかと、「大勢になんの影響なし」な彼の人生を見てて今更学びます。


[PR]
by africaj | 2017-09-15 13:57 | わたしの時間 | Comments(8)

描く。

まだまだ水彩画の日々♪

d0180447_22301837.jpg


早起きして、庭にあったヘクソカズラをスケッチしてから、水彩にしてみたけれど、
あれっ、白い花びらってどうやって描くんだろー?(汗)

ところで、ヘクソカズラの花を恐る恐る嗅いでみました。
甘くて良い匂いなんですねえ(驚)
名前が凄すぎて敬遠してましたが、いつから「へ&クソ」臭に変わるのかしら?

d0180447_22302928.jpg

あーしようこうしてみようって一日考えてたので、夜に試してみました。
うん、白い花びらに見えるんじゃない?

身につくまで少しづつでも絵の具に触ろう♪


今日は、畑のモロヘイヤを片付けました。
食べられる部分は全部綺麗に収穫して、夕食の酢の物に。

今夜はこのくらいに。
おやすみなさい~。




[PR]
by africaj | 2017-09-11 22:52 | わたしの時間 | Comments(11)

透明な水彩絵の具。 mamalife

透明水彩絵の具は、高校に入学した時に配られたのですが、
美術の先生は最後まで使い方を教えてくれませんでした。
「不透明水彩絵の具よりも、重ねた色がきれいに出ます」と説明されただけ。
色がとても綺麗で、持ってるだけで中学の時よりも大人になった気がして、使い方もわからないのに宝物で、
その後何十年もスペインでも大事に持っていたのですが、先日見てみたら固まっていてダメになってました(涙)

結局使い方知らないままだから、これを捨てたらもう透明水彩絵の具と縁がなくなるんだって、がっかりしながらお別れ。

そうしたらね、
カリグラフィーの先生の公開水彩画WSがあったんです。

自分の持ってる絵の具を持ってきてくださいって言われて、持っていったのは不透明絵の具と、アクリル絵の具。
これでは描けないわ。是非透明水彩絵の具を買ってくださいねって、ご自分のをパレットごと貸してくださり、
筆もこれじゃダメって自分のお気に入りを貸してくださって。
そうか、こうやって描くものなのかあ♪って、筆を走らせてみましたよ。

d0180447_21011643.jpg

うっわ~!なんてきれいなのでしょうっ!!
楽し~~~っ♡(感動)

みんなで好きな洋梨を描いて、選んだ言葉を先生が書いてくれました。
そっかあ、カリグラフィーを水彩画に添えるとますます素敵だっ!

d0180447_21012385.jpg

くまたろうさんにもらった胡桃インクで、私も自分の残りの絵に添えてみました。
カリグラフィー練習しててよかったです♪

教わった日、また透明水彩絵の具を買いましたw
今度はもう大丈夫。もう描き方わかるもの。
これからちょっとずつ植物が秋色になってくるのを描こう。なんて嬉しい。

d0180447_21010984.jpg

とても美味しいからって、イタリア滞在中にむこうでトマト水煮を作り持ち帰られたものを、送ってくださいました。
重い瓶がイタリアからスーツケースに入って、今私の手元にあると思うと、じーんとしてしまいます(感涙)
本日、煮詰めてトマトソースを作って改めて瓶詰めを作りました。
イタリアの太陽の味がするのは言うまでもありません。
深い深い味です(感動)
ありがとうございます(ぺこり)

d0180447_21010110.jpg

先日まいた種は、暖かい雨を受けた翌日にいーっぱい芽を出してました。
植物の赤ちゃんは力強い生命力いっぱいで、見てるこちらにまでハッピーをくれますね。
フェンネルが本葉6枚まで育って植え付けるまでの間、二十日大根と小松菜と春菊のおうちです♪
腐葉土い~っぱい入ってる土、きっと美味しいだろうなあ。



[PR]
by africaj | 2017-09-10 21:52 | わたしの時間 | Comments(8)

陶芸体験してきました☆

近場の陶芸美術館が釜を持っていて一般開放しているのを知っていたのですが、なかなか行けずに7年経ってました(汗)
いつでも行けると思うと侮っちゃうのかなあ?
田舎に移住を現実的に考えてようやく・・・ここにいるうちに是非って、腰を上げましたw

d0180447_14281906.jpg


これは型に添わせて作る器。
あら、これは簡単だしキレイにできるものですねえ。
麻布で少し表面にニュアンスを付けて、2つ作りました。
本当はこの大きさの器がほしいのですが、実際には一回り二回り縮んじゃうとどうなるのかな。

d0180447_14283517.jpg

余った粘土で、植木鉢置きを作りましたよー。
にゃんこ3匹が背中で一つの鉢を支えるイメージなんですがw
植木鉢に虫が入りにくくなるから、こんなのあったらいいなって思ってたんです。
小さく焼けちゃったら上手く支えられるでしょーか?

粘土をこねながら、あー秋に入ったから点心また作ろ~とかそんなことばかり考えてしましました。
ネコ作りながら、植木鉢の通気性もよくなるかなあとかw
陶芸自体には自分がなんのインスピレーションも感じなかったのに驚いてしまいました。
たいがいのことには興味津々なんですけどねえ?
7年も足が向かなかったのが本心だったのだろうな。
「今やりたいこと」じゃないのがわかって、帰ってきました。ははは。

その話をしたら、パパに
「手を広げても限界があるし、自分の今やってることで十分って知る方がいいよー」って諭されましたw
パパは、普段は力の6割しか出さない生き方がポリシーの人ですが、
自分をよく分かってて、得意なものと好きなものだけ省エネでピンポイントに楽しむのが凄いのです。
でも私、性格的に全力で欲張ってから好き嫌いの取捨選択するのが好きなんだと思う。きっと一生やっていそう(苦笑)

d0180447_14291395.jpg

私にとってのわくわくとインスピレーションはこれ。
白菜が発芽中♪
フェンネルもようやく発芽してくれて、ミニポットでまた育苗が始まります。
大根も昨日種を播きましたよー。

d0180447_14311899.jpg

それからこれも、わくわく。
先日のshinさんのお出汁教室で教わった通りに作った土佐酢を寒天でジュレにして、
蛸とわかめの酢の物を作ってみました。
わかめって酢に浸けるとシャキシャキが薄くなってしまうし、
蛸の方は固くなってしまうので、いつも食べる直前に和えるようにしてましたが、
わかめも蛸も下味をきちんと付けておいてから、ジュレをかけて♪
うん、素材の味が生きていて美味しいっ。
寒天はギリギリで固まるように作りましたが、ゼラチンだとまた違う仕上がりで良いかもなあ。
次回はゼラチンも試してみますよ~(るん)



映画のこと、結局書けなかった~(ぽりぽり)
ま、いっかw

[PR]
by africaj | 2017-09-07 15:43 | わたしの時間 | Comments(2)

お出汁のことを習いに。

d0180447_10485173.jpg

昨日、岡山で暑いさなか畑を習ったついでに、
本日は広島まで足を伸ばして。
料理人のshinさんの、「お出汁の教室」を習いに来てます。
帰ってからまた色々更新しますね。

[PR]
by africaj | 2017-08-24 10:52 | わたしの時間 | Comments(0)

毎年この時期に講師をしている、「釣った魚を自分でさばいて料理する」親子料理教室。

d0180447_06435366.jpg

釣りスタッフがサビキ(容器に餌を入れて海にそっと入れて待ってる)のエサから道具からやり方も教えてくれるので、
子供たち大興奮の、大人気企画。
年によって、朝から頑張ったのにほとんど釣れない時もあれば、
今年は豆アジとちび鯖が来ているようで、初めて釣り竿持ったちびっこたちでもぽんぽん釣れる昨日でした。

d0180447_06433549.jpg

せっかく釣っても食べ方がわからない親が多く、
捨てられる事が多いとのことで、捌き方と料理も教えるわけです。
メインは小学低学年で、そんな年代の子を持つ家族はだいたい下の子も連れてくるので、幼稚園生も参加することになる。
子供もできるように、スペインの魚屋さん式にハサミでの捌き方を教えてます。
しかしね、当日釣れるものがアジ、イワシ、サッパ、サバ、各家庭でばらばらなのがちょっと大変です。

料理が、毎年頭が痛い。
釣り場で料理を教えるので、風が強いし、使える調理器具も限られてるし、
子供でも出来るように、工程がなるべくシンプルで美味しい小魚料理・・・、
15家族ほどがそれぞれが料理する調理器具が揃うかどうかも問題で、量を割り出しレシピを書いて
3ヶ月前くらいからつらつら準備してるかもw
今年はホットプレートにアルミトレーを乗せて作るアヒージョにしました(子供がいるので唐辛子抜き)。

d0180447_06440781.jpg

ホットプレートで40分火を通す間はまた釣りタイム。
できた~♪
各自クラッカーに乗せて、レモン絞って食べてもらって、お好みでケチャップ乗せたり、大人にはタバスコかけてもらって。

アヒージョは料理法としては簡単ですが、低温調理(保温と温度目盛の間くらいにするのです)することで
身がしっとりパサパサしないのと身離れ良いのとで、子どもたちに大好評でしたよ♡
家でもやりまーすって言ってくれてましたが、料理してもらえたらいいな。

昨日は曇りがちだったのでちょっと涼しくて助かりました。
次回は予報ではピーカンらしく・・・くー、覚悟して頑張ります!

d0180447_06443273.jpg

夜は体力回復も兼ねて、ゴーヤーの肉詰めにしました☆

最近私が気に入ってる肉詰めスタイルはこれ。
輪切りにして肉餡をサンドしますが、下のゴーヤーは種もワタもとらず、上からサンドするゴーヤーは指で穴開ける程度。

ゴーヤー        2本
 |豚ひき肉       200g
 |塩          2つまみ
A |醤油         小2
 |ごま油        小2
小麦粉        小2
玉ねぎ(みじん切り) 80g  

1)ゴーヤーはワタも種も付けたまま5~7mmに切る。一枚はそのまま、一枚は指を突っ込んで穴を開け、
  肉餡を挟む面に小麦粉を茶こしでふる。
2)肉にAをを入れて、同じ方向にグルグルかき混ぜて肉の繊維がほぐれるまで混ぜる。
3)玉ねぎと小麦粉を入れて混ぜる。
4)穴を開けてない方を下に置いて、肉餡をサンドし、全体に横にも小麦粉を振る。
5)フライパンを熱してごま油を入れ、ゴーヤーを並べたら上下焦げ目がつくまで焼いて、
  水100cc入れて蓋して蒸し焼きする。

食べる時にお醤油を少々かけていただきます♩


苦いのが美味しかったぁ♡
今年初ゴーヤーでした~。




読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-25 08:04 | わたしの時間 | Comments(2)

実家の私のものは、ほとんど処分してしまったのですが、
どうしても捨てきれないいくつかを頼んで少しだけ置かせてもらい。
スペインに持っていくほどでもないと思ってたもの、
今は日本なのにスペースがなくてまだここに。
絵を描き始めたから、改めて使える画材とかなかったかなとゴソゴソしてたら、
懐かしいものたちを見つけました。

d0180447_12291988.jpg


モンゴルの辺境、幻の民族の地にしばらく滞在していた風景を
押し花で作った大もの。
トナカイの角は葛の葉裏。
トナカイの鼻は巨峰の皮w
トナカイの毛皮はキウイを使ったのですよね。
ああ、作っていた頃のわくわくを思い出したらドキドキが蘇ります💓

そういえば、押し花のインストラクターの免状もってましたw
会社を辞めて世界旅行にでることに決めた時、日銭を手っ取り早く稼ぐのに
現地で世界遺産に生える草花を押し花にして絵葉書や額を売れば、食費になるかな
なんて考えてた時期があったんです。わはは。

d0180447_11203121.jpg

モンゴルで、これは誰を描いたのか思い出せないけどw

d0180447_11215237.jpg

これはそれより前。
現実の鳥の色にこだわらずに、明るい影暗い影、影の持つ色を乗せていくのが
わくわくしてたとき。
これ、面白かったのですよ。そうだー♩

d0180447_11221503.jpg

いつも一人旅だったので、友人に絵葉書送りつけてたんですが、
きちんと形にしてみようかなと、一枚に描き込んでみたものw
会社辞めた30歳手前、私は結婚しなくていいから旅して1人で生きていこうって
生きていく術をいつも模索してた頃w

子育てもひと段落したのだから、今、絵をまた描く気になりたいなあ。
こないだタイでは、ちょっと描けそうな気がしたのに。
忙しくてまた描く時間失いかけちゃったんですが、
踏み止まらねば!ですね。
目下もがいてます。頑張るー


読んだよ〜って代わりにポチッとクリックくださると嬉しいです。
[PR]
by africaj | 2017-05-19 12:09 | わたしの時間 | Comments(18)

お墓参り。

d0180447_16471816.jpg

父に手を合わせに、東京に来ています。

d0180447_16473163.jpg

生前、皆がちゃんと来てくれるような場所を選んでくれと言われて、私が決めたお寺さん。

母が行きやすいと思う都心の方は、
狭い敷地を工夫して
ハイテク駆使して残された家族の喜ぶイベントを盛り込んだお寺さん、
ボタンを押すとナンバリングされた遺影が選び抜かれて、せり出して来たりw
って、そんなんは家で写真見ればええやん?と思っちゃったお寺さん、
多岐に渡っていて驚きました。
本当に現代の墓事情は変わってきているのですよね。

結局一番に思ったのは、きちんと寺らしい空気があるところで、
父が気持ちよく眠れて、私たちが訪れて清々しい気分になる空気感のあるところを選びました。
ハイテクはないですw
でも、墓石はなく、家の縛りにはこだわらない今風の方式です。

まだ墓参り新参者ですが、訪れると気持ちがホッとできて
気持ちが重暗くならないのが良く、ここを選んで良かったと訪れる度に思います。
こんな風なお参りができるって、現代で良かった。

d0180447_16474588.jpg

その後、母を連れてのお散歩。
腰椎2つ骨折してコルセットし、杖ついて近所の買い物も大変だったのも、
脳梗塞で言語の部分が壊死と言われたことも、嘘のように年相応にまで回復。
年齢的に…とか言われたのに、回復をちゃんとするものです。

d0180447_16475607.jpg

d0180447_16480720.jpg

ランチのデザートは杏仁豆腐。
美味しい♡

d0180447_16482744.jpg

不思議な実を発見。
食べられそうにみえるけど、なんだろうか?

コメントで教えていただきました。ありがとうございます(ぺこり)
老梅だそうです。
検索かけるといっぱい写真もありました。もう少し調べて見るつもりです。

d0180447_16483912.jpg

銀杏を、まじまじと見たのは初めてですが、
お花が咲いているような葉の付きぶりなのですねえ。

d0180447_16485289.jpg

そして、全体で見ると、枝が枝垂れていて、格好いいなあと、
改めて銀杏を見直したりしてw

d0180447_16490787.jpg

「ユリノキ」という大きな木の花が満開でした。
不思議な花でした。

d0180447_16492024.jpg

東京、もう少しいます。
この時期は、ちょっと素敵。




いつも読んで下さりありがとうです。ポチッとクリックくださると嬉しいです。
[PR]
by africaj | 2017-05-16 18:15 | わたしの時間 | Comments(2)

ずーっと地味にblogを書き綴ってきて、
偶然の出会いで輪が広がるくらいがいいかなと、あまり積極的に繋がることもなく、
静かに記事だけ書いてたのですが、ふと、
外向きになんかを頑張ってみること、ちょっとだけしようと思い。
年末に「プラチナブロガーコンテスト」というものの募集を見つけたから
応募してみたのです。

コンテストとかすごく苦手で、腰が引ける方なんですがw
珍しくちょっと頑張って日々更新。
日々綴ってた10年前くらいの気持ちを思い出したら、すっかり楽しくて、
コンテストが終わっても毎日更新終わらずw

そしたら特別賞いただきましたっ♡

d0180447_00555823.jpg

にゃんとっ!

ちょっと頑張ったから、嬉しいな♡
ありがとうございます(ぺこり)



[PR]
by africaj | 2017-03-17 01:03 | わたしの時間 | Comments(16)