今朝、お米屋さんがとうとう新米を届けてくれました♡
ここのお米屋のおじさん、愛想なくて仲良くなるまで怖かったのですが、
おじさんセレクトのお米は美味しいのでひるまず買っていたら、やっと仲良くなれて笑顔が見られるようになりました。ホっw
我が家は地元の丹波篠山のお米。
おじさんセレクトは晩稲なので、いつも新米の出が遅いのですが、篠山で直にJAで買えるお米よりずっと美味しい。
おじさんのアンテナで直買いしてるらしいのです。
個人商店さん、特にお米やさんやお茶屋さん、この時代どんどん近所から消えていってるので、どうか頑張って欲しいな。

d0180447_13371218.jpg


フェンネルに線香花火みたいな本葉が生えてきました。
こんなか細いのが、最終的にまるまる太った株のあのフェンネルになるって不思議♪

d0180447_13372285.jpg

初めて育てる白菜もすくすくです。
本葉が7枚になったらダンゴムシやナメクジに少々食べられても大きくなれるので、もうちょっと
過保護に育ててあげます。
白菜、株が巻くかなあ?

d0180447_13372719.jpg

タイから持ち帰った米袋で、大根と春菊が元気に芽を出してますよ~♡
米袋で上手に大根は育てられるでしょうか?
今年もたくあん漬けたいのだけどなあ。
d0180447_13373320.jpg

お友達から株を分けてもらったニラに花がつきました。
ニラの花が美味しいと野草の会で話題なんですが、もっとお庭にニラを増やしたいので今年は食べないで見守ってます。
これに種がついて撒き散らしてくれたら、来年はニラ畑になる予定なの(祈)

d0180447_13373950.jpg

こちらは地植えしてる大根。
こちらは8本分の苗をなんとかスペース見つけて植えてます。
落花生は後一ヶ月後に収穫予定。

ナスとトマトをそろそろ片付けなきゃいけません。
土の中の微生物は、夏野菜と秋野菜では違うのですって。
だから、いつまでも夏野菜を植えて次にタイミングを逸して秋野菜の苗を植えても上手く育たないのだと@よりたか農法
こうして土を丸裸にしないで、常に葉っぱが育っているように回していくと、土がどんどん良くなっていくのだそうな。
春から始めたベランダ菜園、来年はもっとコンディションが整ってますように頑張ります♪

d0180447_13374932.jpg

水彩でもいちゃん描いてみました。
かいちゃん大好きなのですが、やっぱりネコらしいスタイルのもいちゃんはスケッチが楽しいから描いちゃうな~。


息子、今日は朝6時半に家を出てアルバイトに向かいました。
あの、身だしなみとか全く気にしなかった息子が、アルバイトの時は朝必ずシャワーを浴びて出ていくの。
朝6時半出の時は朝5時半に起きてシャワー浴びて。
あの、朝起きてこない、家にいると昼まで寝てる子が!
「先輩がさ、バイト前に必ず脇にスプレーかけてる」って、しっかり見てるのがこの年令の子らしくて笑っちゃいますw
前髪は眉にかかっちゃいけないって規則があるみたいだし、身だしなみを厳しく言われてるのかもですが。
おかげで劇的に顔のニキビがなくなってまた肌がきれいに戻りました。

初めて6時半に家を出なきゃいけなかった日は、あり得ないと何度も言ってたんですがもう何も言わないです。
シフトに合わせてきちんと起きて、シャワー浴びてご飯食べて、メールチェックして、
メモったことを復習したいから30分は余裕持って到着しておきたいって、1時間半前に家を出ることにしてるのですって。

相変わらず通信制の学力テストでは、ギリギリかともするとテスト開始10分過ぎて
「時間割り持ってくるの忘れたからドアに張ってあるの読んでくれる?今なんのテスト?」とか電話かかってくるのにw
「学校」のことだとやる気なし。不思議。

ほんと社会に出て学ぶのが合ってた子なんだなあ。
こんな子もいるのですねえ。


[PR]
by africaj | 2017-09-21 14:16 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

昨日届いたサンマルツァーノは昨晩3時間かけて水煮瓶詰め8個になりました。
1kg800円。
自分で育てるよりお金かかるけれど、高くはないですよね。
よりたかさんのWSを受けるようになって、農業繋がりが広がって有り難いですっ♪

d0180447_18173918.jpg

せっかくのトマトなので今晩は贅沢に使って我が家のスペシャル・ポモドーロに。
トマトも贅沢使いですが、昨日種を搾った時に出たトマトの、種を漉した水気を弱火(50度~60度)で煮詰めて、
旨味を思い切り増やしてからさらに足したので、ウルトラ・スペシャル・ポモドーロですっw

トマトの旨味って昆布と同じでグアニル酸をいかに増加させられるかがポイントなのですが。
先日shinさんに習った昆布出汁のとり方がまさしく「60度キープ」の方法だったので、繋がって1人喜んでた私w
昆布出汁、家でもう何度も試して感動しきり。
これでじっくり取ると、もうね、引き上げた昆布に味が残ってないほどお出汁に溶け出しちゃう。

ま、そんなことで、
ご興味あったら我が家のポモドーロも試してみてくださいな。



今日は午前も午後も忙しかったのです~。
まずは、
朝から土作りしてたの。
一度プランターに入れた、友人にいただいた土は肥料もない「黒土」だったので、もう一度外に出してブレンドしたんです。
掘り返してみたら、埋めた藁や米ぬか等はこの数日でもう分解が始まっていたのでここはいじらず、
その上からの土を全部取り出して・・・

d0180447_18174920.jpg

黒土5に対して赤玉土2、ピートモス1、バーミキュライト0.5、腐葉土1、もみ殻くん炭0.5の配合で混ぜまぜ。
ピートモスって強い酸性なのですが、すごく栄養があるのですって。
そこに中和するためにアルカリ性のもみ殻くん炭を混ぜる。
今までは買ってきた土を使っていたのですが、こうして自分で作ると、さらにそれぞれの役割がよくわかりますね。
ハーブティをブレンドするのに似てて、植物の好みに合わせてどう混ぜ合わせるべきなのか、
本を読むだけだとただの知識ですが、自分で混ぜていくと心にスーッと入っていくから不思議です。

d0180447_18180086.jpg

よりたか農法の面白いところは、植木鉢にこの作った土と腐葉土の層をミルフィーユ状にしていくこと。
本を読んだときにはへ~って思っただけですが、作っていくと、はたと、これって秋に葉が落ちて冬に腐葉土になり
その上に土が重なり・・・そういう肥沃な自然の土地を真似てるからなんだと気がついて、またまた感動。
やっぱり自分で本当に作ってみて初めてわかること、多いなあ。

d0180447_18181397.jpg

ふふふ、タイから持ち帰った米袋もようやく活躍しますよ♪
これにはジャガイモを植えてもよいのだけれど、大根なら2本ほど育つかなと考えていて、どうしようかな。
こちらももちろんミルフィーユ状に土を作ります。

d0180447_18182098.jpg

四角豆の鉢にきのこがいーっぱい顔出してました(驚)
食べられるなら嬉しいけど、食べられないしなーこれw
きのこが野菜と混在するのは良いのか悪いのか謎でしたが、よりたかさんい質問したら
きのこって糸状菌で、糸状菌って言うのは植物の根を分解または病気にするきっかけになるものなので、
「良くはない」とのことで・・・
謝りながら撤去しました。
カサが開いて胞子を撒き散らされると、お隣の大きなプランターが大変なことになっちゃうもん(汗)

キュウリの苗ももう終わり。
これも撤去。
だんだんと秋のテラスに変わってきましたよ~♪


そして午後はね、
本日お休みだったパパ、いつもお休み状態で本日バイトなしの息子と共に、昼から映画に行きました。
「ベイビー・ドライバー」。
主人公はドライビングセンスが天才的なせいで、無理やり強盗の片棒担がされてる訳なので、
癒やし系と真逆、過激な打ち合い映像もそれなりにある映画。
でも派手なカーチェイスや過激な打ち合いがあればあるほど際立っていく、
優しい1人の青年の可愛らしく純粋でハートウォーミングなお話。
・・・超絶面白かった!!
私この監督、エドガー・ライトすごく好きなんです。
酷い世界の中にさりげなく優しさとジョークと一条の光を灯すのが、すごくうまい。
あと、音楽の使い方も超最高でした。
その話は明日・・・書けるかな?


[PR]
by africaj | 2017-09-05 19:19 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

9月に入って少し涼しくなると、夏の暑さに参っていた野菜たちもまたなりはじめましたよ♪

d0180447_09420780.jpg

植木鉢で四角豆はどのくらい育つかなと思ったら、案外とこじんまりながら蔓を伸ばし、たくさん実をつけてくれてます。

d0180447_09421314.jpg

四角豆の天ぷらがとにかく好きなのだけど、あまり市場で見かけないので、こうして育てられて嬉しいです。
この四方にあるヒラヒラが天ぷらだとカリッカリに、本体はお豆なのでインゲンのように二種類の食感がたまらないの。
お花も藤のような青紫で綺麗なのですよ♪

d0180447_09421998.jpg

オクラがまだまだ伸びてもうパパが椅子に乗って背伸びするくらい!
もうすぐ2階の人の方が収穫簡単にできるほどになっちゃうw
こういうのを見ると、植物って背丈と比例するように根を張るのだと思ってましたが、ご覧の通りの
全く小さい植木鉢でもこんなに育っていけるんだなあと感動です。
追肥もしないで、ミントとネギと春菊を植えていて、ミントが大繁殖してるからきっと土の中は根がぎゅう詰めと思うのに。
でも、やっぱり植物は一本でのびのび育てられるよりも、色んな種類の仲間と育つのが好きなんだってわかった、この夏。

d0180447_09422527.jpg

友人が、仕事繋がりでもらったけど置けないからって、くれたプランター&土。
90×90!!嬉しいっ♪
これなら畝も作れるんじゃないかしらw
もう少し高さがあったら大根をここで育てるのに、深さは35㎝だから無理。
何植えようかな。
d0180447_09423300.jpg

よりたかWSで学んだことを試してみようかなと、藁ともみ殻くん炭と米ぬかを下の方に挟み込むことにしました。
プランター栽培だと本当はこんなことしないで、完成した土を入れるのだけれど、
これだけ大きいと今後毎回土のリセットをするのも大変になってくるから、地植えのように当分触らなくてもいいように
こんなことしてみました。
分解には3ヶ月はかかるそうなので、今から種を撒くと収穫前に土の養分になるはず。うまくいくかな?

d0180447_09423884.jpg

ここには、今から種を撒いて大株に育てるフェンネルが楽しいかな。
習っている最中の「白菜の育て方」も試してみたいところ。
秋もまたわくわくのベランダ菜園です♪


さて。
問題はネコが5匹寝られないほどの地植えスペースのお話。

d0180447_10325532.jpg

最初のうちは勢いがあったのに、途中からぱったり実がならなくなったナス。
なり疲れしたわけじゃないけど、秋に再生を願って8月は株を休ませる「強剪定」をしたのに、
葉っぱは小さくなるばかり。どうしたものか。

d0180447_10330556.jpg

モロヘイヤも、花が咲いて終わる前に新芽が枯れ始めたのも変じゃないかなあ。
水不足かと思ったんですが、毎日水を上げても様子が変わらないのです。明らかにおかしい。
トウモロコシを育てた場所にまだ植わってる落花生はぐんぐん育ってるのに、この一角だけは
ネギさえも枯れるし、雑草さえ生えてこないし、変すぎるのです。

水はけ良すぎるのかなあと最初は思っていて、黒土を買ってきて混ぜようか、土壌調査にかけようかと
今考えているところでもあるのですが、今睨んでる原因はこれ。

d0180447_10331250.jpg

この一角に君臨しているトケイソウのせいじゃないかと。

春先に畑をパパに作ってもらった時は、畑スペースに侵入してたトケイソウの根を切ってもらって耕し、
夏を迎えてあちこちから新しいツルが芽吹いてるものはせっせと抜いてきたのだけれど、
どう見ても庭で一番元気いっぱいに繁殖している(汗)

トケイソウの繁殖力ってすごいのですが、外来種だし、キリンソウやナガミヒナゲシのように
もしかして根から毒でも出してるんだろうかとふと思い調べてみたら、うおー!!!(汗)
やっぱりアレロパシーを出して周囲を弱らせて駆逐、繁殖していく系でした。

東南アジアなんかだと、雑草繁殖を押さえるのにその力を利用してるそうです。

こ・れ・かああああ。。。

トケイソウの極近に植えてる柚子君が、春先にせっかく実をつけたのに落ちちゃったのも
もしかしてこのせいなのかもしれない。

トケイソウの根本に植えたネギ枯れちゃったし、そのそばのバジルも青息吐息、ナスとモロヘイヤがちょっとおかしい。
うむ、生育状態の悪さ程度がみごとに同心円状ではないかっ!(驚)


いやあ、真面目に育て始めると気がつくこと一杯で面白いですね!!
とはいえ大問題、悩ましい。
こんなに生き生きしてる植物を根こそぎ取っちゃわないとやっぱり畑に障害が出ちゃうのかなあ。


[PR]
by africaj | 2017-09-03 10:57 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)

台風一過。

台風が去った割に曇ったり晴れたり。
でも、室温が27度を超えないって嬉しい!!
久しぶりにクーラーなしで過ごしてる一日です♪

息子は台風をやり過ごしてから新幹線で東京に向かいました。
脳科学の解明の協力に志願したのですって。
なにかと不思議な子なので、自分について知りたいことが多いみたいで。
そういう実験ってコメカミに電極付けるイメージしかないけれど、どんなことするんだろう。

d0180447_16021735.jpg

ああしかし、収穫を心待ちにしていた牛の心臓トマトの一番大きくて立派なのが、
ヤクザになってしまったぁぁ(涙)
今まで完全無欠だったのにぃ。
ま、味に変わりはないですけど。

d0180447_16022568.jpg

牛の心臓トマト「クールドゥブフ」はフランス語でした。
イタリアじゃなくフランストマトだったのですねえ。確かにイタリア語じゃないか(スペイン語に近いのでイタリア語は意味のわかるものが多いけど、フランス語は発音がまったくわからないってところで見分けてるだけですがw)
どうやらイタリアでは「クオーレ・ディ・ブーエ」と言うそうな。
ちなみに、スペイン語で牛の心臓を言うとすると、「コラソン・デ・ブエイ」。
ね、イタリア語からだと連想が容易いでしょう?
スペイン人に言わせると、イタリア語って「スペイン語を舌っ足らずに言った感じ」らしいw
フランス語は、文字を読むほうが分かるのですが、発音が全然違うので音で聞くとまるでわからない・・・という、ラテン語ご近所三国のお話でした(超脱線ですね、あしからず♪)

検索しても、フランス種だイタリア種だと情報バラバラ。
その上、日本で出て来る牛の心臓トマトの写真はヒダのないハート型のトマトで、私が知ってるのと違うし。
ま、「あそこらへんで食べられてる人気のトマト」ってことにしておきますw

とにかくこのトマトが美味しいのです。
スペインのトマテ・ラフ(RUFトマト)もサラダにとても美味しかったけれど、
この心臓トマトは煮てよし生で良し味が濃くて酸味と甘味のバランスも良いです。すごいです。

d0180447_16020325.jpg

トウモロコシを収穫もして、落花生にちょうど盛り土したばかりの台風だったので、しめしめ。
大雨でこれから一気に落花生が育つはず♪
トウモロコシの茎は細かく切って地面にまきました。日よけに栄養に。
もう一週間したら、落花生の合間を縫うように8月後半になったらたくあん大根の種をまく予定です。

d0180447_16015380.jpg

鉢植えで育ててるシカクマメが初鞘をつけましたよ♪
シカクマメ天ぷら、異常に美味しいのです。
このヒダヒダが揚げるとカリッカリになって、内側はしっとりしたお豆さんで、
2つの食感が絶妙でねっ。
収穫わくわくですっ(喜)

d0180447_16023255.jpg

この庭で初めて見た珍客君っ。
ダメな人はダメなんですよね?すみませんねー。
私、とにかく爬虫類好きなのでーもう可愛くて感動してしまって(じーん)
ヤモリも大好きなんですけど、メキシコのバンガローで野良イグアナが走ってくの見て、
感動して追っかけやっちゃいましたもん。
写真撮りたくて近づいたら、ヘビ君が焦って逃げようとして地下に滑り落っこっちゃいました。
案外どんくさいw




[PR]
by africaj | 2017-08-08 16:34 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)

「見て見て~♡マジックハンド~」
って、パパがまたこんなものを作りました~っ!(爆)

d0180447_11512276.jpg

最初にハサミを開いた状態にしておいてえ~、この紐を引くとぉ・・・

d0180447_11511603.jpg

チョッキンっ☆

わーパチパチパチ~っ!!て、家族で盛大な拍手を送ったのは言うまでもありません。
枝とレゴで、よくまあ思いつくもんだw


え?なんでこんなもんを作ったか?
ですよね、普通の暮らしにはあまり必要ないですもんね。
うちはこれに使うんですw

d0180447_11431504.jpg

きゅうり、こんなところで育ててるから~w
て、手が届かないのー!(汗)
落とすときゅうりが地下に落っこちて粉々になるリスキーな場所・・・。

d0180447_11432538.jpg

きゅうり収穫に2人がかりの図(汗)

d0180447_11433015.jpg
いくよー、チョッキンww
虫あみでキャ~~ッチ!

たかがきゅうりの収穫に、これはかなり盛り上がれます(爆)

d0180447_11434542.jpg

さて、家庭菜園はただ今こんな状態になってます。
トウモロコシ4本、大きくなるといいなあ(祈)
茄子とモロヘイヤが大きくなりすぎて、落花生が育たないよぉ(汗)
しかも、狭いから足の踏み場すでになし。

d0180447_11435268.jpg

テラスの方はこんな感じ。
トマトにハーブに、苺、オクラ、万願寺とうがらし・・・。

d0180447_11512886.jpg

このオクラがちょっとすごいの、見て見てっ!
7~8cmで収穫するらしいので、本日初めて収穫してみましたよ~♪
アラブのオクラだそうです。

d0180447_11452733.jpg

本日の収穫、あ、これに +きゅうりね♪
ヤングコーン、炒めて食べてみましょ♡

d0180447_11453651.jpg

うーんやっぱり大きいっ☆
「大きくても柔らかくて美味しい」ってふれこみ、本当かな?美味しいといいな♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-07-22 12:14 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(4)

d0180447_09262163.jpg

私の知ってるヤマモモの在り処、一つはお屋敷に野放図にされて道に落ち放題の木。
ぽとぽと落ちた瞬間いただくw
もう一つは、遠出する温泉場で見向きもされず佇んでる木。
たわわになってるのに、可哀想なほど無関心にされてて、みんな食べられることを知らないのかなあ?
これはパパからのお土産です。
パパもほんとによく在り処を知ってるw

最近食べられる野草をきょろきょろと探してると、去年まで気が付かなかっただけで
山はもちろん河原や公園、道端に食べられるものがいーっぱいw
見てるようで案外目は節穴ですね(笑)

d0180447_09264336.jpg

ヤマモモはすごく痛みやすくて、収穫したら食べちゃうか、料理しないならすぐ冷蔵庫に。
熟すとすぐ落ちるので、落ちる寸前のものが酸味も残っていて一番美味しい。

ヤマモモにヒタヒタの水加減。
お砂糖1に対して水が2倍弱くらい。今回お砂糖100gに180ml。
お砂糖は一気に入れずに半分量で沸騰したら火を弱めて5分ほど、あくをすくいつつ煮て火を止めます。
粗熱取れるまで休ませてから、残りの砂糖を入れて沸騰したら火を弱め、5~10分少し艶が出るまで煮ます。

シロップは、ヤマモモを取りだして、お玉ですりすりして種をある程度むき出しにしたら、
手袋した手で潰しながら種を取り除いて(私は口の中に放り込んでからぺっぺって。種の周りも美味しいw)
完成。
冷凍しておいてミルクとシェイクにしたり、煮詰めてトロみを付けてワッフルにかけたり♪

d0180447_09265115.jpg

マンションのテラス、かいちゃんが5匹寝られないくらいの植え込みの小さな畑ですが順調です。
モロヘイヤがどんどん葉っぱを茂らせはじめました。

d0180447_09272493.jpg

茄子の元気は葉っぱの大きさで決まるのですが、ほらっ♪
長さ18cmある大きな私の手と比べてもおっきい~♡

なに育てても枯れる植え込みだったので諦めて随分放置してましたが、
その度に土壌改良材すき込んでたので、ミミズ君も増えて、
パパがフカフカに耕してくれたこともあってか、今年はうまくいきそうな予感。

d0180447_09271605.jpg

たった4本のトウモロコシもすくすく♪
問題は受粉だな。4本の時期がずれないことを願うのみ。

ナスとトウモロコシ、モロヘイヤと落花生で今でもう所狭し。
ここまで狭いところで育てたことがないので、このぎゅう詰めでうまく育つかドキドキです。

d0180447_09274886.jpg

初めて育てたきゅうり、ようやく蔓を伸ばし始めた所。
実が食べられるようになるのはいつだろう?

d0180447_09274230.jpg

トマトは鉢植え。
昨日赤くなり始めたトマトは、今日はぐんと赤くなりました。
初収穫もうすぐです。美味しく出来てるかなあ♡

d0180447_09281327.jpg

誘引してて主軸を半分折っちゃって、慌てて人間用の伸びるテーピング巻いてあげましたw
たわわな実の付いてる茎だから、トマトも栄養を届けるのに必死。
一ヶ月くらい見守ると、折れてくっついた部分は他よりもしっかり太くなってるんですよ。
とはいえ、いつ折れてもいいようにか脇芽をすぐ下からいきなり伸ばしてきました。
こういう目に見える変化が、特にトマト育てはたまりません。ほんとに強い。考えてるっ。

d0180447_09282024.jpg

オレガノの先端を切ったら、2本の脇芽がぐぐんと育ちました。
園芸の本には「脇芽を増やす方法」って当然のように書いてあるけど、植物にしてみたら
種をつけるまでとにかく生き残るのに必死。
これなんかもオレガノの考えが見える瞬間で、愛おしい♡

d0180447_09275817.jpg

万願寺とうがらしの「小さな世界」は、ルッコラ半分は私が冷しゃぶ用に摘み、
残り半分をゴジラ青虫が6匹も出現して精力的に食べてしまいました。
でも、彼らが残したこのウ○チが、植物には作り出せないリン酸。
植物は虫に自分の体を食べさせて、リン酸を土に補給させているのですって。
だから「想定通り☆」って、この惨状が嬉しくて思わず写真にパチリっ♪
こうなったら摘み取って、また種をまく。
それが「小さな混植ワールド」のやりかただそうですよ。

d0180447_09280583.jpg
ルッコラが美味しすぎて、青虫がつかない万願寺とうがらしw
ほんとだ、すごいな。万事うまく行ってます♡
私も虫も植物もみんなでつながってるのが感じられて、素敵なやり方でしょう?
今週から半年、月一でそんな育て方をもっと教えてもらってきます。
第一回目、楽しみです。
わくわく。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-25 11:12 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

d0180447_23241315.jpg

ハーブを育てるのが案外うまくいかない。
去年は青虫にさんざん食べられて最後は枯れてしまいました。
今年は寄せ植えにして互いを守らせようとしたら、
アップルミントが、買ってきた苗の時にポツポツあったけど気にしてなかったら、
どうやらさび病で・・・他のハーブに感染してしまったみたい(涙)

繁殖しすぎて風通し悪いとかかっちゃうって・・・
うーん、寄せ植えって難しい(汗)
とりあえず病気の出てない部分を摘んで発根できないかなあ?
他のところは病気にかかってないといいなあ。。。

d0180447_23235079.jpg

初めて育てるキュウリに赤ちゃん付いてました~♪
苗を植えて2週間沈黙してて、そのあと育ち始めたのですがなんとなく成長はそう早くない気がします。
日が当たるのは午前中だけなのですが、
今マンションの木の枝にわさわさ覆われて、我家の庭は木漏れ日が気持ちいい半日陰。
畑の野菜たちにはちょっと日照量足りないかもな・・・。
そろそろマンション共用部分に庭師が入って伸び過ぎの枝を切ってくれるはずなので待ってます。
うまく野菜が出来てくれないかなあ(祈)

d0180447_23234223.jpg

5年前に植えた柚子、柚子のバカ18年のはずなのに、今年ちょびっと花がついてて、
初めて実がなりました♡
「自宅の果樹が実った」というのは、長い人生で初めての体験なのです~(感涙)
こういうの、やっぱり嬉しいなあ。
あー、引っ越して果樹いっぱい植えた家に住みたい(憧)

d0180447_23232085.jpg


さて、先日書いた「プランターの中でも小さな混植ワールドを作ってあげると肥料すらいらなくなる」・・・
というのに基づいて作ったらこんな感じになりました。
まだ育て始めなのでわかりませんが、一本だけ生えているよりずっと素敵な鉢なことは確かです♪

d0180447_23232914.jpg

万願寺とうがらしの鉢で作った「小さな世界」。
ヒガンバナ科のネギで病気予防、セリ科のイタリアンパセリとキク科の春菊で虫の数コントロール、
アブラナ科のルッコラは下草に。

作物と共生する虫って、ミミズや蜘蛛・・・の他に思い浮かびませんでしたが、
例えば「アブラムシ」は植物の「摘心」と「間引き」に役立ってるのですって。
「ネキリムシ」も実はミミズ同様、葉などの有機物を分解しフンをして土を団粒化している。
「青虫」は害虫だと思っていたら、糞に含まれるリン酸で、植物が成長するのに必要な栄養を補給するのだとか。

青虫を排除し続けると次から次へと孵化し続けて増えるけれど、放っておくと
仲間の卵ごと葉を食べ続け、卵ごとキャベツから全滅するのですって~ほんと?

じゃあ、去年のバジルの青虫を退治し続けたからいけなかったのだろうか?
うーん、にわかには信じられないけれどそうなら・・・素敵ですよね。
こんな繋がりの知識をもっと知っていたら、野菜を育てるのがもっともっと楽しくなりそう。


役割があると言えば、息子が育てているサワードウ。
少しシンナー臭が出始めたのです。
「産膜酵母」なのは私も知っています。
未だにこの「産膜酵母」をどう扱っていいのかわかりません。
ぬか床に出ると不味くなっていくので、早めにぬか床と混ぜて窒息させちゃうのがいいと言うし、
醤油蔵ではこの産膜酵母が出ると風味が損なわれるから、上手に混ぜて出ないようにするのだとか。
だから、よくないものなのだと思ってました。
ワイン製造でも産膜酵母は致命的なのだとか。
でも私の大好きなシェリー酒は産膜酵母で糖を分解させて、きりっとドライにして作るのだそうな。

調べていくと、酸素好きの「産膜酵母」が表面に膜を張ると、酸素嫌いの乳酸菌が元気になって増えるのだとか。
ちゃんと役割があったんですね!
「悪いものではない」とよく書かれている意味がわかりました。
酸っぱくさせたくないものは取り除くほうがいいけど、酸っぱくしたいならそのままでいいってことかあ。

ほんとに、みんなみんなちゃんと役割があるんだなあと
最近つくづく思います。

大変だ、食べられたらダメだ!と焦って青虫を取り除いちゃうし、変なにおいする悪くなった?って産膜酵母に焦るし。
余計なお世話なのね(汗)
土地の生態系を乱すのも人間で、キレイだからって外来種植えたら繁殖しちゃって今度は駆除対象に・・・とか
これとか単に「余計なこと」だし(がっくり)

発酵や野菜育てをしていると、その「繋がり」の糸がとても面白くて、
もっと深く知ってみたいと思うのです。
ちゃんと知ることができたら、余計なことしない暮らしができるかな。そうありたいなあ。


d0180447_23242964.jpg

いつもカメラ向けると構えちゃうかいちゃん、ふだんの顔が撮れました。
おちょぼ口、甘えっ子、切れ尻尾かいちゃんは我家のアイドル♪


d0180447_09312884.jpg

もいちゃんは、こそこそイタズラが可愛い子。
キャスター付きの箱の開け方がどんどん素早く体重かけて引き出して・・・いつも引き出されてしまうー。
ここにカリと缶が入ってること知ってるから、お腹すくとにゃんとも言わずにここに入ってカリの袋を齧ります。
破られると困るから焦って立ち上がるの知ってるから、頭いいなーもー。


p.s.
息子のサワードウ8日目です。

d0180447_09305890.jpg
あまり変化なし。

d0180447_09311056.jpg

確実にシンナー臭交じるようになってきました。
でもゆっくりゆっくりです。
産膜酵母の膜が張る前に明日が来そうかなあ。
この静観期間はなんのためなのか書かれていないのですが、産膜酵母とともに乳酸菌を増やすことだったのかな?
10日目から餌やりが始まるので、あと2日間を無事に終えられますように(祈)



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-07 09:40 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(5)

茄子についに最初の実がなりました!
親指の先ほどになったので採ってしまいます。
美味しく育ちそうなのに、ごめんね(謝)

d0180447_10291924.jpg


畑で育てていた時、この「株を育てる為に、最初の実は採ってしまう」という必要性を実感せぬままやってました。
なり疲れる真夏前に強剪定をするというのも、必要性を感じないほどに元気でした。
それほどに借りていた畑は土が肥えていたのだと思います。
対して庭は日当たりも少し悪いし土の肥え方もちょっと・・・なので、枝が太らないままの一番果。
このまま、この子が育つとヒョロヒョロになってしまう。
今、大事なのはもっともっと太い茎と大きな葉っぱに育てることだから、ごめんね。

トマト育ては、私の試みに反応があるので面白くて好きです。
水を絞ると気根が出始める、産毛が尖り始める。
斜め四十五度に茎を埋めながら苗を植えると、それだけ根が強くなり結果強いトマトになる。
やったことないけれど、塩水かけると甘くなるとか、ね♪
スパルタに打てば響くスポコン植物なので、面白い。

対してナスはすぐ弱音を見せてくる植物で、これも面白くてやめられないw
肥料食いなのに食べ足りない~って時には、雌しべが雄しべより引っ込んでしまうの。
花を覗き込んでこれを見つけると、急いで液肥あげたりします。
数日後、雌しべが雄しべより出て来るw
わかりやすいヘタレで、たまらない(ぷっ)

d0180447_10292724.jpg
でも、小さい植え込みに作った畑は本当に小さい。
畑ならとうもろこし数本かナス2本だけの畝になるようなスペースに、茄子2本、とうもろこし4本、落花生にバジル
ディル、葱、色々植えてます。

畑をやる時に色々と勉強したのは、株間を開け、十分通気の良いよう育てる。
有機肥料と石灰をすき込み、水をあげる。
連作障害が出やすい植物は、翌年は場所を変えて植える。
こんな基本的なことからはじめました。

ここでは場所を変えるなんてまず無理です。
最初はいいけど、これからどういうサイクルで育てていけばいいのだろう?

畑にはたくさん野菜が植わっているので、私の畑に蝶が集中的に卵を産み付けることもありませんでした。
今は大変。
どうやら近くには産卵したい場所が少ないみたいで、我が家に集中してやってきます。
毎日時間を取られることも出来ないとすると、効率よく蝶と戦うにはどうしたらいい?

いっぱいわからなくなって、今また新たに勉強に入りました。


1つだけ解消されたことは「連作障害」について。

「当然」起こること前提にされてきてるので、そう思って対処してましたが。
よくよく考えれば、これは変な話なのですよね。
植物には足がないので、普通、花が咲いて種が付けば、同じ場所でこぼれ種でまた育つのを繰り返す。
野菜だけ「違う」はずはないのですよね。つまり

自然のサイクルと違い短期間に効率よく育てようと土に無理をかけるから、連作障害が起こる。
植えた野菜が消費したミネラルが不足しているのに、また同じ科の野菜を植えると使うミネラルは一緒だから
さらにミネラル不足となり、微生物バランスが狂い、生育障害や病気が出る。
小さな場所ほど、これをうまく考えなきゃいけないということがわかりました。

どうやら、畑での常識を一旦置いて、
ミネラルバランスが狂わないように、違う種類のものをたくさん同じ場所で栽培することが大事らしい。
今までコンパニオンプランツも少し勉強してきたのですが、
2つの植物の相互作用という考え方でしたが、もっと進めて雑草に見立てて沢山の植物を混植させることで、
雑草を生やさず連作障害も出さないようにできる・・・のですって。

プランターの中でもこうして小さな混植ワールドを作ってあげると肥料すらいらなくなる・・・らしいのだけど

本当だと思いますか?
やろうとしている自分でもまだ信じられないんですがw
試さないことには始まらないしね。
今年、来年は野菜育てに苦労しそうかなあ。

さらに、
月一で野菜の学校に通うことにもしたんです。ちょっと遠いのだけど。。。
野菜育てをやればやるほど、わからないこともいーっぱい出てきて、この段階でちょっと真面目に学んでみたくって。

誰でも育てられる恵まれた条件にない場所、
こんなに小さい敷地でもおいしい野菜を育てられる「緑の指」になりたいから、頑張ってみますよー。


松の葉サイダー、4日目で飲んでみました。

d0180447_10293654.jpg

こんな感じ。
微発泡。
もっと置くともっとシュワシュワなるのか、もう少し実験続けてみます♪
何とも例えられない「自然」感たっぷりの味です。
言うなれば、「シラカバの樹液」のジュースを飲んだ時と同じような、際立って「何」とも言えない優しい味。


p.s.
息子のサワードウ6日目です。

d0180447_10294614.jpg

昨日より水分の色が黄みを帯び、水分量が増えてました。
沈殿部がさらに水分を追い出したってことですよね。

d0180447_10300246.jpg

匂いは苺感が薄くなって、やや私の持っているなちゃの「ご飯を上げる前の匂い」に近くなりました。
これって、なちゃってお手本があるから安心できるけど、かなり不安になる状態ですよねえ。
カビさえ生えなければこの状態で大丈夫・・・なのかな?
あと3日観察だそうな。
無事に酵母くんが元気に成長してワッフル焼くまでに至ったら、ワッフルメーカー買ってあげるからガンバレー!






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-05 11:38 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)

d0180447_10334043.jpg


うちの庭はお花が少ないので、存在感を発揮してくれているラベンダーです。

イングリッシュガーデンより、ブラジル熱帯植物園みたいなのが好きなので、お花を植えることを躊躇し、

かといって大きな葉っぱを植えるほど敷地もなく、畑として生まれ変わった今年になって、

なんとなく花も欲しくなり・・・最初からこうしていればよかったというほど綺麗でときめくw

ま、ナニゴトも学習ですよねw

これからこれからっ♪


d0180447_10335620.jpg


5月といったら巷に苺があふれる季節だというのに、まったく食べられる気配を見せない我が家の苺君。

花の少ないテラスなので、赤い実で彩られるのを心待ち☆


d0180447_10340288.jpg



アイコの花が本日咲きました。

苗を買うと一番花も早いな。


d0180447_10340872.jpg


4月に種をまいたモノ達は、今こんな状態。

売っている苗と比べて成長が遅いから、「もう遅いかも」ってドキドキしたこともありました。

でも、本当はこれが季節にあった成長で、

種蒔いて育つ時期には苗が売れなくなるから、苗屋さんは温室栽培なのですよね。

なんで、早いものが出ると「遅れてる」って焦っちゃうんだろう。



買ってきて植えた苗のきゅうりが、成長を止めてしまったように見えました。

最近やっと新芽が出てほっ。

3週間微動だにしなかったので心配してました。

アスパラも3株買ってきて植えたんですが、1株だけ成長してるのがわかるけど、

他は息を止めてるようにうんともすんともって感じ。

ナスはインド原産だから、口をつぐんでるのはまだ寒いからだと思ってました。

植木鉢で、調整土で育てるより地植えは最初苗の成長が止まる気がします。


そう思っていたら、無肥料栽培をされている方がこんなことを書いておられました。

「肥料入りの土で、しかも小さなポットで育てられる売り物の苗は、

根が行き場を失ってとぐろを巻き始める。

根が内向きになっている上、土質が違い、外の土が肥料たっぷりでなかったら、

根はじっと動かず、土を嫌がり、やがて朽ちていく道を選ぶ」


知らなかった。

植物ってもっと、どんな状況でも前向きに強く逞しく根を広げるイメージがあったから。


甘やかされて、栄養たっぷりぬくぬくと育ち、虫が飛んできても守られてたのが、

いきなり誰も守ってくれない世界に放り出されるわけで、根は内向きのまま、

内向的に引きこもりを決め込むらしいw


子供を外の世界に放り出すのに、まず甘やかすのをやめ、

内向きの目を外へ向け、徐々に厳しい世界に慣れさせるわけですが、


植物も同じで、

苗を買ったらまず、畑の土を入れた大きなポットを用意し、

肥料の入った土をできるだけ落とし、巻いた根をほぐしてから植え付ける。

うまく根が外へと伸び始め苗がしっかりしてくると、ようやく無肥料の畑に降ろしてもしっかりと根を張るのだそうな。


帰国子女の悩みにすごく似ているなあと思いました。

自分が覚えた言葉とは違う言語の現地校に通うことになるとき、だいたい

「子供は柔軟でスポンジのように吸収するから大丈夫」って大人は言うのです。

でも、実際はこんな苗達のような反応をする子がものすごく多い のです。

上手にHELP!って言えない弱者なだけで、急激な変化に平気じゃないのは、みんな同じなのでしょうね。

子供は、植物は、「特別たくましい」なんてことはなく。

徐々に慣らす準備期間がとてもとても大事で

これを急かされると生命力が弱い生き物などは枯れてしまうほど。

そして外へと伸び始めたら、ようやく!なのですよね。

その「スポンジのような吸収力」を発揮して、

放っておいても、たくましき成長を始めるのは。




へー、面白いなー
って思った方はクリックしてくださると嬉しいです♩


[PR]
by africaj | 2017-05-15 18:35 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

今の時期は爽やかな甘いものをちょっと摘まみたくなるのは、何故でしょう。
もうちょっと肌寒い時期は焼き菓子が良かったのに。
そしてもうちょっと暑くなると、冷たいプルンとしたものになるのだけれど。

d0180447_10300122.jpg

この時期のために冬にピールを煮ているのかもしれないと思うようになりました。
年末に作った柚子ピール。
柚子を食べきると2月に作ったいよかんピールが活躍してきます。

我が家の柚子ピールは、京都柚子の里・水尾の女将に教えてもらった作り方。
普通のピールの作り方より時間かからず簡単に思いますがどうでしょ?


これを四等分したものを、120度に予熱したオーブンで30分乾かしてから、
ビターチョコでコーティング。
チョココーティングしないのも好き♪


5種混合リーフレタスという種をばら撒いたら芽が出てきました♪

d0180447_10352684.jpg


これは、買ったばかりの種だし出なくても買えるからいいやという愛のなさから、直播き。ごめんねw

対してこれらは、苗が高いとか売ってないとかで絶対出て欲しい方々。

d0180447_10301650.jpg

去年買ったとうもろこしの種。
色を見てもわかるけれど、全部コントロールされていてコストが高いのに、発芽率がいまいちなのです。
発根を見ないで一生懸命育てて徒労に終わったことがあるので、以後必ずこうしてます。
水やりや雨で軒下に移動させたりって育苗は大変なのに、発芽しないのがっかりなので。

一晩水に漬けて目を覚まさせたら、湿らせたキッチンペーパーで挟む。
これならいちばん大事な時期に乾かないよう管理するのも簡単でしょう?
買ったばかりの種よりさらに発芽率が悪くて、この数の中で発芽したのは5つ。
この子たちだけ土に植えてあげて、あと数日ねぼすけがいないか様子を見ますw

d0180447_10302323.jpg

赤紫蘇も苗がなかなか見つからないので、絶対失敗したくない方々。
発芽に10日もかかるので、この方法じゃない直播きじゃ土を乾燥させてダメにしがちな私。
発根したのを確認してからポットに植えました。
これで確実に数日後には芽を出します。


パパがしみじみ言うのです。
「オレ、釣りみたいな、魚がいるのかいないのか見えないものをずっと待つのって性に合わないみたい。
狩猟みたいに確実に見える方が、獲れないなりに楽しくて好き。
釣り人ってきっと見えないことが楽しいんだろうし、性格だよね」って。

私も、畑で一番苦手なのは、発芽するかどうか待ちながら水あげてて、結局芽が出なかった時の何とも言えない気分。
苗が虫にやられたとか、台風でだめになったとか、そういうのはまったく凹まないのですが。
昆虫とか魚とか、食べられても生まれなくてもいいようにすごい数の卵を産むし、
それらに食べられてもいいように植物はもっともっとすごい数の種を撒き散らす。
発芽率なんてどうでもいい世界を相手にしてるのはわかってるのだけど、
私は小さな畑で、6本しかとうもろこしは育てられないけど6本確実にあって欲しいとか、
トマトは3苗欲しいのよとか、かなりわがままなこと言って、確信がないと育てる気しなくって。

で、こういうスタイルにw

植物って案外生育温度より発芽温度の方が高いものも多いから、
夜の冷え込みもない室内の方が発芽しやすい気がします。
(でも、人参とか大根とか根菜は移植を嫌うので直まきじゃないと育たないです。そこが植物の面白いところ)

植物を育てるのが苦手だった私ですが、
確実に発芽させられるようになったら、育てることに自信が持てるようになりました♪



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-04 11:16 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)