d0180447_09262163.jpg

私の知ってるヤマモモの在り処、一つはお屋敷に野放図にされて道に落ち放題の木。
ぽとぽと落ちた瞬間いただくw
もう一つは、遠出する温泉場で見向きもされず佇んでる木。
たわわになってるのに、可哀想なほど無関心にされてて、みんな食べられることを知らないのかなあ?
これはパパからのお土産です。
パパもほんとによく在り処を知ってるw

最近食べられる野草をきょろきょろと探してると、去年まで気が付かなかっただけで
山はもちろん河原や公園、道端に食べられるものがいーっぱいw
見てるようで案外目は節穴ですね(笑)

d0180447_09264336.jpg

ヤマモモはすごく痛みやすくて、収穫したら食べちゃうか、料理しないならすぐ冷蔵庫に。
熟すとすぐ落ちるので、落ちる寸前のものが酸味も残っていて一番美味しい。

ヤマモモにヒタヒタの水加減。
お砂糖1に対して水が2倍弱くらい。今回お砂糖100gに180ml。
お砂糖は一気に入れずに半分量で沸騰したら火を弱めて5分ほど、あくをすくいつつ煮て火を止めます。
粗熱取れるまで休ませてから、残りの砂糖を入れて沸騰したら火を弱め、5~10分少し艶が出るまで煮ます。

シロップは、ヤマモモを取りだして、お玉ですりすりして種をある程度むき出しにしたら、
手袋した手で潰しながら種を取り除いて(私は口の中に放り込んでからぺっぺって。種の周りも美味しいw)
完成。
冷凍しておいてミルクとシェイクにしたり、煮詰めてトロみを付けてワッフルにかけたり♪

d0180447_09265115.jpg

マンションのテラス、かいちゃんが5匹寝られないくらいの植え込みの小さな畑ですが順調です。
モロヘイヤがどんどん葉っぱを茂らせはじめました。

d0180447_09272493.jpg

茄子の元気は葉っぱの大きさで決まるのですが、ほらっ♪
長さ18cmある大きな私の手と比べてもおっきい~♡

なに育てても枯れる植え込みだったので諦めて随分放置してましたが、
その度に土壌改良材すき込んでたので、ミミズ君も増えて、
パパがフカフカに耕してくれたこともあってか、今年はうまくいきそうな予感。

d0180447_09271605.jpg

たった4本のトウモロコシもすくすく♪
問題は受粉だな。4本の時期がずれないことを願うのみ。

ナスとトウモロコシ、モロヘイヤと落花生で今でもう所狭し。
ここまで狭いところで育てたことがないので、このぎゅう詰めでうまく育つかドキドキです。

d0180447_09274886.jpg

初めて育てたきゅうり、ようやく蔓を伸ばし始めた所。
実が食べられるようになるのはいつだろう?

d0180447_09274230.jpg

トマトは鉢植え。
昨日赤くなり始めたトマトは、今日はぐんと赤くなりました。
初収穫もうすぐです。美味しく出来てるかなあ♡

d0180447_09281327.jpg

誘引してて主軸を半分折っちゃって、慌てて人間用の伸びるテーピング巻いてあげましたw
たわわな実の付いてる茎だから、トマトも栄養を届けるのに必死。
一ヶ月くらい見守ると、折れてくっついた部分は他よりもしっかり太くなってるんですよ。
とはいえ、いつ折れてもいいようにか脇芽をすぐ下からいきなり伸ばしてきました。
こういう目に見える変化が、特にトマト育てはたまりません。ほんとに強い。考えてるっ。

d0180447_09282024.jpg

オレガノの先端を切ったら、2本の脇芽がぐぐんと育ちました。
園芸の本には「脇芽を増やす方法」って当然のように書いてあるけど、植物にしてみたら
種をつけるまでとにかく生き残るのに必死。
これなんかもオレガノの考えが見える瞬間で、愛おしい♡

d0180447_09275817.jpg

万願寺とうがらしの「小さな世界」は、ルッコラ半分は私が冷しゃぶ用に摘み、
残り半分をゴジラ青虫が6匹も出現して精力的に食べてしまいました。
でも、彼らが残したこのウ○チが、植物には作り出せないリン酸。
植物は虫に自分の体を食べさせて、リン酸を土に補給させているのですって。
だから「想定通り☆」って、この惨状が嬉しくて思わず写真にパチリっ♪
こうなったら摘み取って、また種をまく。
それが「小さな混植ワールド」のやりかただそうですよ。

d0180447_09280583.jpg
ルッコラが美味しすぎて、青虫がつかない万願寺とうがらしw
ほんとだ、すごいな。万事うまく行ってます♡
私も虫も植物もみんなでつながってるのが感じられて、素敵なやり方でしょう?
今週から半年、月一でそんな育て方をもっと教えてもらってきます。
第一回目、楽しみです。
わくわく。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-25 11:12 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

d0180447_23241315.jpg

ハーブを育てるのが案外うまくいかない。
去年は青虫にさんざん食べられて最後は枯れてしまいました。
今年は寄せ植えにして互いを守らせようとしたら、
アップルミントが、買ってきた苗の時にポツポツあったけど気にしてなかったら、
どうやらさび病で・・・他のハーブに感染してしまったみたい(涙)

繁殖しすぎて風通し悪いとかかっちゃうって・・・
うーん、寄せ植えって難しい(汗)
とりあえず病気の出てない部分を摘んで発根できないかなあ?
他のところは病気にかかってないといいなあ。。。

d0180447_23235079.jpg

初めて育てるキュウリに赤ちゃん付いてました~♪
苗を植えて2週間沈黙してて、そのあと育ち始めたのですがなんとなく成長はそう早くない気がします。
日が当たるのは午前中だけなのですが、
今マンションの木の枝にわさわさ覆われて、我家の庭は木漏れ日が気持ちいい半日陰。
畑の野菜たちにはちょっと日照量足りないかもな・・・。
そろそろマンション共用部分に庭師が入って伸び過ぎの枝を切ってくれるはずなので待ってます。
うまく野菜が出来てくれないかなあ(祈)

d0180447_23234223.jpg

5年前に植えた柚子、柚子のバカ18年のはずなのに、今年ちょびっと花がついてて、
初めて実がなりました♡
「自宅の果樹が実った」というのは、長い人生で初めての体験なのです~(感涙)
こういうの、やっぱり嬉しいなあ。
あー、引っ越して果樹いっぱい植えた家に住みたい(憧)

d0180447_23232085.jpg


さて、先日書いた「プランターの中でも小さな混植ワールドを作ってあげると肥料すらいらなくなる」・・・
というのに基づいて作ったらこんな感じになりました。
まだ育て始めなのでわかりませんが、一本だけ生えているよりずっと素敵な鉢なことは確かです♪

d0180447_23232914.jpg

万願寺とうがらしの鉢で作った「小さな世界」。
ヒガンバナ科のネギで病気予防、セリ科のイタリアンパセリとキク科の春菊で虫の数コントロール、
アブラナ科のルッコラは下草に。

作物と共生する虫って、ミミズや蜘蛛・・・の他に思い浮かびませんでしたが、
例えば「アブラムシ」は植物の「摘心」と「間引き」に役立ってるのですって。
「ネキリムシ」も実はミミズ同様、葉などの有機物を分解しフンをして土を団粒化している。
「青虫」は害虫だと思っていたら、糞に含まれるリン酸で、植物が成長するのに必要な栄養を補給するのだとか。

青虫を排除し続けると次から次へと孵化し続けて増えるけれど、放っておくと
仲間の卵ごと葉を食べ続け、卵ごとキャベツから全滅するのですって~ほんと?

じゃあ、去年のバジルの青虫を退治し続けたからいけなかったのだろうか?
うーん、にわかには信じられないけれどそうなら・・・素敵ですよね。
こんな繋がりの知識をもっと知っていたら、野菜を育てるのがもっともっと楽しくなりそう。


役割があると言えば、息子が育てているサワードウ。
少しシンナー臭が出始めたのです。
「産膜酵母」なのは私も知っています。
未だにこの「産膜酵母」をどう扱っていいのかわかりません。
ぬか床に出ると不味くなっていくので、早めにぬか床と混ぜて窒息させちゃうのがいいと言うし、
醤油蔵ではこの産膜酵母が出ると風味が損なわれるから、上手に混ぜて出ないようにするのだとか。
だから、よくないものなのだと思ってました。
ワイン製造でも産膜酵母は致命的なのだとか。
でも私の大好きなシェリー酒は産膜酵母で糖を分解させて、きりっとドライにして作るのだそうな。

調べていくと、酸素好きの「産膜酵母」が表面に膜を張ると、酸素嫌いの乳酸菌が元気になって増えるのだとか。
ちゃんと役割があったんですね!
「悪いものではない」とよく書かれている意味がわかりました。
酸っぱくさせたくないものは取り除くほうがいいけど、酸っぱくしたいならそのままでいいってことかあ。

ほんとに、みんなみんなちゃんと役割があるんだなあと
最近つくづく思います。

大変だ、食べられたらダメだ!と焦って青虫を取り除いちゃうし、変なにおいする悪くなった?って産膜酵母に焦るし。
余計なお世話なのね(汗)
土地の生態系を乱すのも人間で、キレイだからって外来種植えたら繁殖しちゃって今度は駆除対象に・・・とか
これとか単に「余計なこと」だし(がっくり)

発酵や野菜育てをしていると、その「繋がり」の糸がとても面白くて、
もっと深く知ってみたいと思うのです。
ちゃんと知ることができたら、余計なことしない暮らしができるかな。そうありたいなあ。


d0180447_23242964.jpg

いつもカメラ向けると構えちゃうかいちゃん、ふだんの顔が撮れました。
おちょぼ口、甘えっ子、切れ尻尾かいちゃんは我家のアイドル♪


d0180447_09312884.jpg

もいちゃんは、こそこそイタズラが可愛い子。
キャスター付きの箱の開け方がどんどん素早く体重かけて引き出して・・・いつも引き出されてしまうー。
ここにカリと缶が入ってること知ってるから、お腹すくとにゃんとも言わずにここに入ってカリの袋を齧ります。
破られると困るから焦って立ち上がるの知ってるから、頭いいなーもー。


p.s.
息子のサワードウ8日目です。

d0180447_09305890.jpg
あまり変化なし。

d0180447_09311056.jpg

確実にシンナー臭交じるようになってきました。
でもゆっくりゆっくりです。
産膜酵母の膜が張る前に明日が来そうかなあ。
この静観期間はなんのためなのか書かれていないのですが、産膜酵母とともに乳酸菌を増やすことだったのかな?
10日目から餌やりが始まるので、あと2日間を無事に終えられますように(祈)



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-07 09:40 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(5)

茄子についに最初の実がなりました!
親指の先ほどになったので採ってしまいます。
美味しく育ちそうなのに、ごめんね(謝)

d0180447_10291924.jpg


畑で育てていた時、この「株を育てる為に、最初の実は採ってしまう」という必要性を実感せぬままやってました。
なり疲れる真夏前に強剪定をするというのも、必要性を感じないほどに元気でした。
それほどに借りていた畑は土が肥えていたのだと思います。
対して庭は日当たりも少し悪いし土の肥え方もちょっと・・・なので、枝が太らないままの一番果。
このまま、この子が育つとヒョロヒョロになってしまう。
今、大事なのはもっともっと太い茎と大きな葉っぱに育てることだから、ごめんね。

トマト育ては、私の試みに反応があるので面白くて好きです。
水を絞ると気根が出始める、産毛が尖り始める。
斜め四十五度に茎を埋めながら苗を植えると、それだけ根が強くなり結果強いトマトになる。
やったことないけれど、塩水かけると甘くなるとか、ね♪
スパルタに打てば響くスポコン植物なので、面白い。

対してナスはすぐ弱音を見せてくる植物で、これも面白くてやめられないw
肥料食いなのに食べ足りない~って時には、雌しべが雄しべより引っ込んでしまうの。
花を覗き込んでこれを見つけると、急いで液肥あげたりします。
数日後、雌しべが雄しべより出て来るw
わかりやすいヘタレで、たまらない(ぷっ)

d0180447_10292724.jpg
でも、小さい植え込みに作った畑は本当に小さい。
畑ならとうもろこし数本かナス2本だけの畝になるようなスペースに、茄子2本、とうもろこし4本、落花生にバジル
ディル、葱、色々植えてます。

畑をやる時に色々と勉強したのは、株間を開け、十分通気の良いよう育てる。
有機肥料と石灰をすき込み、水をあげる。
連作障害が出やすい植物は、翌年は場所を変えて植える。
こんな基本的なことからはじめました。

ここでは場所を変えるなんてまず無理です。
最初はいいけど、これからどういうサイクルで育てていけばいいのだろう?

畑にはたくさん野菜が植わっているので、私の畑に蝶が集中的に卵を産み付けることもありませんでした。
今は大変。
どうやら近くには産卵したい場所が少ないみたいで、我が家に集中してやってきます。
毎日時間を取られることも出来ないとすると、効率よく蝶と戦うにはどうしたらいい?

いっぱいわからなくなって、今また新たに勉強に入りました。


1つだけ解消されたことは「連作障害」について。

「当然」起こること前提にされてきてるので、そう思って対処してましたが。
よくよく考えれば、これは変な話なのですよね。
植物には足がないので、普通、花が咲いて種が付けば、同じ場所でこぼれ種でまた育つのを繰り返す。
野菜だけ「違う」はずはないのですよね。つまり

自然のサイクルと違い短期間に効率よく育てようと土に無理をかけるから、連作障害が起こる。
植えた野菜が消費したミネラルが不足しているのに、また同じ科の野菜を植えると使うミネラルは一緒だから
さらにミネラル不足となり、微生物バランスが狂い、生育障害や病気が出る。
小さな場所ほど、これをうまく考えなきゃいけないということがわかりました。

どうやら、畑での常識を一旦置いて、
ミネラルバランスが狂わないように、違う種類のものをたくさん同じ場所で栽培することが大事らしい。
今までコンパニオンプランツも少し勉強してきたのですが、
2つの植物の相互作用という考え方でしたが、もっと進めて雑草に見立てて沢山の植物を混植させることで、
雑草を生やさず連作障害も出さないようにできる・・・のですって。

プランターの中でもこうして小さな混植ワールドを作ってあげると肥料すらいらなくなる・・・らしいのだけど

本当だと思いますか?
やろうとしている自分でもまだ信じられないんですがw
試さないことには始まらないしね。
今年、来年は野菜育てに苦労しそうかなあ。

さらに、
月一で野菜の学校に通うことにもしたんです。ちょっと遠いのだけど。。。
野菜育てをやればやるほど、わからないこともいーっぱい出てきて、この段階でちょっと真面目に学んでみたくって。

誰でも育てられる恵まれた条件にない場所、
こんなに小さい敷地でもおいしい野菜を育てられる「緑の指」になりたいから、頑張ってみますよー。


松の葉サイダー、4日目で飲んでみました。

d0180447_10293654.jpg

こんな感じ。
微発泡。
もっと置くともっとシュワシュワなるのか、もう少し実験続けてみます♪
何とも例えられない「自然」感たっぷりの味です。
言うなれば、「シラカバの樹液」のジュースを飲んだ時と同じような、際立って「何」とも言えない優しい味。


p.s.
息子のサワードウ6日目です。

d0180447_10294614.jpg

昨日より水分の色が黄みを帯び、水分量が増えてました。
沈殿部がさらに水分を追い出したってことですよね。

d0180447_10300246.jpg

匂いは苺感が薄くなって、やや私の持っているなちゃの「ご飯を上げる前の匂い」に近くなりました。
これって、なちゃってお手本があるから安心できるけど、かなり不安になる状態ですよねえ。
カビさえ生えなければこの状態で大丈夫・・・なのかな?
あと3日観察だそうな。
無事に酵母くんが元気に成長してワッフル焼くまでに至ったら、ワッフルメーカー買ってあげるからガンバレー!






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-05 11:38 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)

d0180447_10334043.jpg


うちの庭はお花が少ないので、存在感を発揮してくれているラベンダーです。

イングリッシュガーデンより、ブラジル熱帯植物園みたいなのが好きなので、お花を植えることを躊躇し、

かといって大きな葉っぱを植えるほど敷地もなく、畑として生まれ変わった今年になって、

なんとなく花も欲しくなり・・・最初からこうしていればよかったというほど綺麗でときめくw

ま、ナニゴトも学習ですよねw

これからこれからっ♪


d0180447_10335620.jpg


5月といったら巷に苺があふれる季節だというのに、まったく食べられる気配を見せない我が家の苺君。

花の少ないテラスなので、赤い実で彩られるのを心待ち☆


d0180447_10340288.jpg



アイコの花が本日咲きました。

苗を買うと一番花も早いな。


d0180447_10340872.jpg


4月に種をまいたモノ達は、今こんな状態。

売っている苗と比べて成長が遅いから、「もう遅いかも」ってドキドキしたこともありました。

でも、本当はこれが季節にあった成長で、

種蒔いて育つ時期には苗が売れなくなるから、苗屋さんは温室栽培なのですよね。

なんで、早いものが出ると「遅れてる」って焦っちゃうんだろう。



買ってきて植えた苗のきゅうりが、成長を止めてしまったように見えました。

最近やっと新芽が出てほっ。

3週間微動だにしなかったので心配してました。

アスパラも3株買ってきて植えたんですが、1株だけ成長してるのがわかるけど、

他は息を止めてるようにうんともすんともって感じ。

ナスはインド原産だから、口をつぐんでるのはまだ寒いからだと思ってました。

植木鉢で、調整土で育てるより地植えは最初苗の成長が止まる気がします。


そう思っていたら、無肥料栽培をされている方がこんなことを書いておられました。

「肥料入りの土で、しかも小さなポットで育てられる売り物の苗は、

根が行き場を失ってとぐろを巻き始める。

根が内向きになっている上、土質が違い、外の土が肥料たっぷりでなかったら、

根はじっと動かず、土を嫌がり、やがて朽ちていく道を選ぶ」


知らなかった。

植物ってもっと、どんな状況でも前向きに強く逞しく根を広げるイメージがあったから。


甘やかされて、栄養たっぷりぬくぬくと育ち、虫が飛んできても守られてたのが、

いきなり誰も守ってくれない世界に放り出されるわけで、根は内向きのまま、

内向的に引きこもりを決め込むらしいw


子供を外の世界に放り出すのに、まず甘やかすのをやめ、

内向きの目を外へ向け、徐々に厳しい世界に慣れさせるわけですが、


植物も同じで、

苗を買ったらまず、畑の土を入れた大きなポットを用意し、

肥料の入った土をできるだけ落とし、巻いた根をほぐしてから植え付ける。

うまく根が外へと伸び始め苗がしっかりしてくると、ようやく無肥料の畑に降ろしてもしっかりと根を張るのだそうな。


帰国子女の悩みにすごく似ているなあと思いました。

自分が覚えた言葉とは違う言語の現地校に通うことになるとき、だいたい

「子供は柔軟でスポンジのように吸収するから大丈夫」って大人は言うのです。

でも、実際はこんな苗達のような反応をする子がものすごく多い のです。

上手にHELP!って言えない弱者なだけで、急激な変化に平気じゃないのは、みんな同じなのでしょうね。

子供は、植物は、「特別たくましい」なんてことはなく。

徐々に慣らす準備期間がとてもとても大事で

これを急かされると生命力が弱い生き物などは枯れてしまうほど。

そして外へと伸び始めたら、ようやく!なのですよね。

その「スポンジのような吸収力」を発揮して、

放っておいても、たくましき成長を始めるのは。




へー、面白いなー
って思った方はクリックしてくださると嬉しいです♩


[PR]
by africaj | 2017-05-15 18:35 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

今の時期は爽やかな甘いものをちょっと摘まみたくなるのは、何故でしょう。
もうちょっと肌寒い時期は焼き菓子が良かったのに。
そしてもうちょっと暑くなると、冷たいプルンとしたものになるのだけれど。

d0180447_10300122.jpg

この時期のために冬にピールを煮ているのかもしれないと思うようになりました。
年末に作った柚子ピール。
柚子を食べきると2月に作ったいよかんピールが活躍してきます。

我が家の柚子ピールは、京都柚子の里・水尾の女将に教えてもらった作り方。
普通のピールの作り方より時間かからず簡単に思いますがどうでしょ?


これを四等分したものを、120度に予熱したオーブンで30分乾かしてから、
ビターチョコでコーティング。
チョココーティングしないのも好き♪


5種混合リーフレタスという種をばら撒いたら芽が出てきました♪

d0180447_10352684.jpg


これは、買ったばかりの種だし出なくても買えるからいいやという愛のなさから、直播き。ごめんねw

対してこれらは、苗が高いとか売ってないとかで絶対出て欲しい方々。

d0180447_10301650.jpg

去年買ったとうもろこしの種。
色を見てもわかるけれど、全部コントロールされていてコストが高いのに、発芽率がいまいちなのです。
発根を見ないで一生懸命育てて徒労に終わったことがあるので、以後必ずこうしてます。
水やりや雨で軒下に移動させたりって育苗は大変なのに、発芽しないのがっかりなので。

一晩水に漬けて目を覚まさせたら、湿らせたキッチンペーパーで挟む。
これならいちばん大事な時期に乾かないよう管理するのも簡単でしょう?
買ったばかりの種よりさらに発芽率が悪くて、この数の中で発芽したのは5つ。
この子たちだけ土に植えてあげて、あと数日ねぼすけがいないか様子を見ますw

d0180447_10302323.jpg

赤紫蘇も苗がなかなか見つからないので、絶対失敗したくない方々。
発芽に10日もかかるので、この方法じゃない直播きじゃ土を乾燥させてダメにしがちな私。
発根したのを確認してからポットに植えました。
これで確実に数日後には芽を出します。


パパがしみじみ言うのです。
「オレ、釣りみたいな、魚がいるのかいないのか見えないものをずっと待つのって性に合わないみたい。
狩猟みたいに確実に見える方が、獲れないなりに楽しくて好き。
釣り人ってきっと見えないことが楽しいんだろうし、性格だよね」って。

私も、畑で一番苦手なのは、発芽するかどうか待ちながら水あげてて、結局芽が出なかった時の何とも言えない気分。
苗が虫にやられたとか、台風でだめになったとか、そういうのはまったく凹まないのですが。
昆虫とか魚とか、食べられても生まれなくてもいいようにすごい数の卵を産むし、
それらに食べられてもいいように植物はもっともっとすごい数の種を撒き散らす。
発芽率なんてどうでもいい世界を相手にしてるのはわかってるのだけど、
私は小さな畑で、6本しかとうもろこしは育てられないけど6本確実にあって欲しいとか、
トマトは3苗欲しいのよとか、かなりわがままなこと言って、確信がないと育てる気しなくって。

で、こういうスタイルにw

植物って案外生育温度より発芽温度の方が高いものも多いから、
夜の冷え込みもない室内の方が発芽しやすい気がします。
(でも、人参とか大根とか根菜は移植を嫌うので直まきじゃないと育たないです。そこが植物の面白いところ)

植物を育てるのが苦手だった私ですが、
確実に発芽させられるようになったら、育てることに自信が持てるようになりました♪



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-05-04 11:16 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

9連休大忙し計画!

明日からついにゴールデンウイ~クっ!!
みなさん、楽しい計画いっぱいなんでしょうねー。

我が家は、さんざん春休みに遊んだので・・・パパは仕事、息子はバス代が下がるまで東京から帰宅できず。
私はというと、人混みを避けて引き籠もる準備をしてますw

d0180447_20323497.jpg

イノシシ肉でソーセージを作るべく、必要な器具をリストアップ。
色々買わなきゃいけないかと思いましたが、粗挽きソーセージならビニール袋使った手捏ねでいいみたい♪
手動ミンサーはもう持ってるから・・・、
買わなきゃいけないのは、羊の腸w
これは取り寄せ完了ですっ♪
あとは腸詰めの絞り出し器です。これは来週に到着なので、ソーセージ作りはGWの後半っ。
うまく出来ること、今からイメトレ☆

鹿肉はGW中はまだ熟成途中なのでやることなくて、ほっw

d0180447_20322271.jpg

GW前半はベランダ菜園に身を投じますよー。
今日は苗もいっぱい買ってきました♡

大きく育った黒キャベツの苗は、畑から移植して冬まで小さく育てとく予定。
黒キャベツをどけた畑を耕し直して、ナスとモロヘイヤと落花生植える予定。
ヨトウムシもモンシロ蝶、コナ蛾もレタスが嫌いなんだとか。
もしくは、ナスが蝶や蛾を追い払うらしい。
去年はパセリ、オレガノやセージが蛾の幼虫のご飯になっちゃったの(涙)
レタスやナスの株下に植えると本当に忌避効果あるのかな?

ミントとアップルミント、香りの強いラベンダーとローズマリーもコンパニオンプランツとして忌避作用あるらしい。
ハーブは忌避作用あるものと一緒に寄せ植えにして効果の観察もしてみるつもりです。

ミニトマトのアイコは、今年は初めて植木鉢です。
トマトは「飢餓野菜」で、水が少なければ少ないほど甘くなり、肥料が多いとボケちゃうのw
生命力が強くて本当に面白いお野菜なので、毎年色々いじめて実験してるんです(オニです)
水が足りないと思うと、産毛がびっちり痛いくらいトゲトゲして朝露を摂ろうとするし、
気根が生えてきて空気中から水分を摂るように変化するんです。
そのくらいになると、実は甘くなる。
折れても少しでも繋がっていたら、セロハンテープで包帯しとくと、傷口が普通の茎以上に太く修復されるしw

などなど、トマトに関してはこちら。
リアルタイムに色々した実験は「畑でお野菜育ててみる」を見てくださいませ♪

今年はアイコで、「砂利植えして液肥で育てる永田農法」と、
普通に土栽培で育てて甘さや実なりに違いが出るか実験してみます~。

さて、梅干しを漬ける人は今が赤紫蘇の種まきをする最後のチャンスですよー(それは私w)
発芽に10日はかかるのと、育つのに2ヶ月はかかるとすると、今です!

手作り農薬木酢液入りストチュー液(酢と焼チュー&唐辛子にんにくエキス)を熟成し終えて、完成。
今年はこれをせっせと散布する予定。
とにかく、芽が出たら直ぐ、苗を植えたらすぐ、あとは週イチ&雨降った後だとか。
規模が小さいからできる手間だそうだけど、それでもかなりな手間で・・・冷汗。
ヨモギすりつぶして水で薄めた液も忌避効果があるんですって。

ベランダ菜園がテーマですが、ほとんど「忌避効果があるのはどれか」の実験になるかもw
農薬撒かずに済んで、でも面倒くさくない効果の高いものが見つかるといいのだけどな。

さあ、がんばるぞ~(腕まくり)



☆ちっちゃなお知らせ☆
blog管理でお世話になっているエキサイトさんの「公式プラチナブロガー」に、
昨日から仲間入りさせていただきました!
こちらのページで紹介していただいてますので、よろしかったら覗いてみてください♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-04-28 22:03 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)

朝からせっせと畑の引っ越しをしてました。
多くはないんだけれど、根を傷めないようにすると株が大きくなって、もう二往復くらいしなきゃ。

d0180447_15384397.jpg

畑から引っ越ししてきたイチゴちゃんたち。
植木鉢で育ててもナメ子やダンゴムシに先を越されることも多いので、
今年はハンギングにしてみました。
まさか登ってこまい(不安)

d0180447_15381550.jpg

越冬で地を這ってますが種から育てたコリアンダー達、春に期待。
この冬初めて育ててる黒キャベツ。

栽培時期
7~8月に種まき。9月~11月が定植。
甘みがまして美味しい収穫期は、11月~3月中旬まで。
植え付けからおよそ70日ほどで収穫し始められる。

10月に種まき12月に定植って思い切り外したら、大株にはなれなかったらしい。
食べたこともないお野菜は見当つかなくて難しいなー。
でも、柔らかくてすごく美味しい葉っぱです♡冬野菜にもってこいだわ。


さて、引っ越しついでに買い物に行ったら、夕方でもないのに妙に混雑。
菜の花、蛤、穴子、エビ、売り出してましたー。桃の節句だものね♡

国産蛤2個800円か、中国産4個300円かって究極の選択に
見向きもされてなかったけど、国産なのにお安い290円!でも小さいってのが売ってました。
アサリかと思ったw
ま、うちは男の子だから気分だけこれで。

d0180447_15391328.jpg

女の子のいる家は、雛人形飾って雛あられに甘酒でお祝いしてるんでしょうね♡
うちも今夜はちらし寿司ですっ。
毎日飲んでるけど、今日は多めに甘酒飲んでお祝いしよっかな。

素敵なひな祭りを♪






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-03 16:34 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(2)

庭の菜園プロジェクト1


春もう直前なので、重い腰を上げました。
種をまいたり苗を植えたりする時期の前には土を作らなきゃ。

畑で野菜を作る方が簡単と思ったのは、「良い土」がもうそこにあるから。
面倒なことは何もないので、植えるだけで育ったのです。
庭では植木鉢でちょこっと育てたら、一年終わったらゴミ袋にすてて。
土は園芸店で買ってくるだけでした。
庭で野菜を育てるには、痩せた土、使い終わった植木鉢の土、
全部ひっくり返して整えなきゃいけないらしいけど、やったことがなくて
手を付けるのが億劫でした。

畑を3年間やって、病気が出たり成長が悪かったりで栄養バランスを考えたり、
肥料あげすぎたり肥料をあげないで育ててみたり、色んな事を試したら、
この「土作り」がどれだけ大切で、株間の広さや土の中の空気がどう影響してるかって、
やっと実感として理解できました。
ほんとうにね、3年前の私はズブの素人だったので。

パパに手伝ってもらいつつ。
1人だと心が折れそうなことも、2人だとやっぱり楽しいです♪

d0180447_11104435.jpg
私は植木鉢の土を全部ひっくり返して、根を取り除いて、
腐葉土や堆肥、土壌改良材を混ぜ合わせて。

d0180447_11104907.jpg

家で試していた永田農法の砂利を、水に2昼夜漬けてリセットさせて、
水はけ良い砂利&液肥での育て方は、ハーブを育てるために続けていくことに。
大半のお野菜は土で普通に育てることに。

d0180447_11105205.jpg

食卓ほどしかない小ささですが、唯一地植えできそうなスペースは、
板で嵩増しして土を入れて、小さな畑も作ってみることにしました。
夏ならナス2株と落花生くらいかな。
秋は大根をここで育ててみようかなと思ってます。
根がはびこってるところの開墾からの大変な作業はパパ(感謝)

さて、我が家の菜園プロジェクトのはじまりです。
がんばるぞー!

[PR]
by africaj | 2017-03-01 10:09 | お庭菜園プロジェクト♪ | Comments(0)