昨日作ったのは、スペアリブの豆鼓蒸し。

昔も書きましたが、萬珍樓飲茶館のスペアリブの豆鼓蒸しが好きで、
長年どうやったらああなるのか秘密が知りたくって。
そしてね、
昨日はついに!
これだーっ!!ってものにたどり着いたのですよ~。

d0180447_09324619.jpg

前回記事を書いたのは、もう2014年のことですね。
あの時も「これならうまくいくんじゃないか?」と作ってみて、美味しいけどこれじゃないって書いてますw


工程が1つきっと足りないんだって思ってて、ずーっとヒントを探してたんです。
途中でまた萬珍樓に食べに行ったし(美味でした)
基本的に使ってるスペアリブが細い!きっと子豚なんだわ。ここまでは自分で真似するのは無理だなあなど考えたりw
で、
もう2017年ではないかーっ!(苦笑)

前回の方法は、タレを作って1時間以上漬け込んで味を染み込ませてから、蒸すという方法。
一応ネットでざっと検索するもほぼこのタイプ。
これでも悪くはないけれど、肉汁が思った以上に出てしまうので、その分肉も痩せるのです。

で、ついに見つけたのですよ!
揚げて→煮て→蒸す 
これかもしれないと思って作ってみたのです。

d0180447_09323967.jpg


元のレシピが色々台湾チックなので、自分なりのレシピにしてみた覚書です。

(3~4人前)
スペアリブ      600g ←肉屋さんで買う時に、3cm長さに切ってと頼んでおくと良いです。
豆鼓         大2
ニンニク       3個
唐辛子        2本
白ネギ        1本

調味料1
醤油         小2
砂糖         小1/2
ごま油        大2

片栗粉        大2

調味料2
水          200cc 
豆鼓         大2    

醤油         小2
胡椒         少々
紹興酒        大2
砂糖         小1/2
ごま油        小1

(下準備)
・ニンニクみじん切り ・豆鼓は200ccの水に入れてふやかしておく ・唐辛子細切り
・葱は厚さ1~2mm輪切り

1)ビニール袋にスペアリブと片栗粉以外の調味料1を入れて揉み込んでから、片栗粉をまぶす。
2)160度に熱した油で30秒ほど表面の色が変わる程度に揚げる。
3)中華鍋に大匙1のサラダ油(分量外)を熱しニンニクと唐辛子、葱、豆鼓を中火で炒めて香りを出す。
  →調味料2とお肉を入れ、水が沸騰してから味を絡めるように混ぜつつ、とろみが付くまで中火で数分煮る。
4)器に移して30分強火で蒸す。

そんなに大きな蒸籠を持ってないので、
スペアリブが入りきるステンレスのボウルと、それが入る大きなお鍋を用意、
お湯を沸かしたら、小皿を台にしてステンレスのボウルを置き、ふきんで包んだ蓋をしました。

サラダ油で十分ですが、中華の時はピーナッツ油を使うと香りもいいし美味しいのでオススメ♪


揚げて煮て蒸すって、そこまでのことをやったことがなかったので唸りましたw
でも、ここまでやるから肉汁閉じ込められて美味しいのか。
恐るべし中国(台湾ですが)四千年の技(感動)


参考にしたのはこちらのレシピです。
お気に入りレシピにたどり着いてない料理がまだまだある中、
これはついに得心いって、スッキリ。ほんとうに美味しかった!♡


d0180447_09322818.jpg
合わせたのは、ジャガイモの千切りとピーマンの千切りのお酢炒め。
ジャガイモも細く切って炒めると独特の歯ごたえで美味しいのですよね♡


p.s.
息子のサワードウ7日目です。

d0180447_09331057.jpg

昨日よりまた表面に泡が出てきだしましたねえ。

d0180447_09332140.jpg

うん、やっぱり泡がゆっくりのペースですが出始めてます。
これは予想外だなあ。これから何が起こるのでしょう?
匂いは苺ではなくなりました。
パン酵母的なよい香りっ♡
あと2日なので、このままカビが生えなければ腐敗から逃げ切れます。酵母くん頑張ってー!!


松葉サイダーは見た目は変化ないので写真なし。明日まで置いて飲んでみようと思います。
読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-06-06 10:54 | 点心とチャイナ | Comments(2)

昨日は猟仲間とバーベキューだったパパ。
「お土産あるからねー」って予告で覚悟してましたが、遅くに持ち込まれた塊たち。

d0180447_11375660.jpg

12月に獲った猪だそうです。
3kgの塊。
戦いは終わったと思っていたので、久しぶりに見ると怯みます(汗)
しっかし、なんと美味しそうな部位。
ゴールデンウイークはパパは仕事だし、息子はいないし、
ソーセージ作ってみようかなあと思うんですが、色々調べたり取り寄せたりせねば(焦)

d0180447_11522702.jpg

猟期は終わっても、パパは入ってませんが害獣駆除隊は一年を通して活動しているそうで、
朝に仕留めた4歳のメスです。
私が鹿を喜んで(←!!!)料理すると思われてるようで、我が家用に取り置いてくれたとか(毛皮と蹄付きまんまで)w
みなさまの優しさが重い(苦笑)
私、休猟期だから皮剥ぎしたくないって、パパにこの状態までしてもらいました。ほっ。
さらにタケノコもあったので糠で煮ながら、肉にかまう夜。ひー。

久しぶりのジビエに、頭がまわらないので時間稼ぎも兼ねてw
レストランの熟成方法を真似て、今回は骨を取らずまんまを2週間冷蔵庫で熟成させようと思います。
熟成は骨付きのままさせるのが一番無菌で良いんですっ。
と、わかっていてもお正月近辺は冷蔵庫にスペースがなかったので出来なくって。
熟成後なにを作るか、色々計画を立てねば!です~(忙)


土曜日は、そろそろ冷凍庫の霜取りを兼ねて冬の間に出た猪鹿の半端ものや蓄えものをリストアップせねば~と
場所取ってる鹿骨でスープストックとか、1人でせっせと作ったり整理してたところでした。

d0180447_11382388.jpg

冬に作った柚子菓子の冷凍ものと、半端に残った製菓用無糖チョコで。
低温で乾かしてから、コーティング。
チョコが途中で足りなくて半分だけになってしまったぁ。
買い足すとチョコを始末した意味なくなるし悩むw
ま、ドライピールだけでも美味しいからこれでいっかな?

d0180447_11381212.jpg

今朝はパパに手伝ってもらい冷凍庫の霜取りようやく終了!ほっ。
これだけせり出してたんで、実際よりかなり入らなくてイラついてたんでしたw
整理し直して、食材をリストアップして、やっとほっとしました。
4月5月でできるだけ食べきるように献立を考えます。

パパが狩りを始めてから冷凍するお肉や骨が多いのですが、冷凍庫だとすぐ忘れちゃって。
猟期が終わっても上手に使っていけるよう、まだ模索中です。

冬に当分の挽肉やベーコンを作る。
骨はオーブンで焼いて砕いて冷凍しておく。
お肉は真空パックして冷凍したら、用途を書き加えておく。
そして、禁猟期に入った春に、一度冷凍庫の霜取りをしてリストアップする。

ようやくここまでは年間行事として使い勝手よくなりました。
夏の野菜の収穫を瓶詰めして上手に冬に使うこと。
冬のジビエを冷凍して、夏に上手に使うこと。
まだ使いきれなかったり忘れてたりなので、もう少し目安を見つけたいところです。


香港で食べたので、おさらいを兼ねてチュンピンを作ってみましたよ♪

d0180447_11383450.jpg

チュンピンは初めて作るのですが、工程は初心者クラスくらいのシンプルさ。
粘土細工のようで楽しい♡
面白いのは、油を付けて二枚を重ねて伸ばすところです。
これ、いくらでも伸びるのですが、伸ばすしすぎると剥がす時穴があくので、
やはり必要な厚みに、直径の目安を頭に入れてが一番のポイントかもですね♪

d0180447_11384212.jpg

タコスのようですが、外側に焦げ目を付け、包む側はしっとりであるために二枚重ねで焼く。
ここが中国人のこだわりなんだなあと、感心しながら作りました。

d0180447_11385070.jpg

重ねた部分を剥がすと、外は焦げ目あり、内側はしっとり。
甜麺醤がないので、八丁味噌に味醂をたっぷり入れて火にかけて練った甘い味噌を作って。
チュンピンの小麦粉の甘みにびっくり。香港で食べたものより美味しいではないか!(自画自賛w)
色々巻いて楽しく食べました♪


しかし、
やっぱり常に動いてるか考えてるかで「ヒマな時間」が作れないのです。
タイから帰ってきて、どこに隙間があるか探してたのですが、ない!
絵が描けない!
自給自足主婦というのは、ずーっと途切れないまま日々を送っているのだなあとつくづく。

あー、ハンモックが欲しいなあ。
揺られてダラダラしてたら、ダラダラ出来る気がするのに。
いや、その前に行けばご飯が出てくるビービーバンガローみたいな食堂が欲しいなあ。。。
いやいやこの日常では無理なので、もっと建設的なことを考えてみよう。

そこで、主婦業にも週末のお休みを導入する宣言をしたのでありましたw

「パパのお休みに合わせて、土曜日を完全なるお休みといたします!」

blogも土曜日はお休み。
昼と晩ごはん作りもおやすみ。

さて、かいちゃんの彫刻は彫れるでしょうか?
乞うご期待。



読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-04-23 13:16 | 点心とチャイナ | Comments(0)

白きくらげ と 葱抓餅

白いきくらげを買ったので、デザートを作ってみることにしました。

d0180447_22374636.jpg

綺麗だなー。
氷砂糖と枸杞の実とナツメでことこと煮ると、
トロトロの何とも言えない柔らかなジェリー食感。
カリカリのナツメチップスをトッピングしておやつに食べたら美味しかったです~♪
枸杞とナツメ一緒に炊いたら、この白さが黄身を帯びちゃったのが残念。
真っ白に作れるようちょっと研究してみよう♡

きくらげって大好きなのに、中華のスープや炒め物に少し入れるくらいでした。
母のところに週1で来てくださるヘルパーさんが、いつも煮ものを
作り置きしてくださるのだけど、きくらげが入ってるのです。
里芋、人参、お揚げ、レンコンとともにきくらげ。
これが、味が染みてて美味しくて、こんにゃくのようであれよりトゥルンとしてて。

コラーゲンだし、こんな風に自然に摂っていけるのはいいなって
きくらげを見直してます。

コラーゲンじゃなかったです!!
調べてみたので、追記つけます。
ゲル化イメージから「植物性コラーゲン」という言葉が独り歩きしているけれど、
コラーゲンは脊柱動物由来のゼラチン質なので「陸性」と「海洋性」2種類のみ。

じゃあ、植物を煮ると煮凝りになるのはどうしてかというと、
「水溶性食物繊維」でありました~。

とはいえ、白キクラゲのこのゲル化したものは、ヒアルロン酸を超える保水力だと。
で、調べていくとすごい発見がありましたよー!
「ヒアルロン酸」と「コラーゲン」それだけの特集ばかりされてますが、
「保水と弾力」効果のヒアルロン酸が、「真皮部分に網を作る」効果のコラーゲンに囲い込まれて効果が生まれるので、
一緒に摂るのが良いのだそうな☆



先日感動した「葱抓餅」の、今度は折り方違いバージョンにして、
そして大きくフライパンいっぱいに焼いてみました。

d0180447_22435042.jpg

前回は巻き巻き細長くしたものを、渦巻きにして伸ばす ✕ 3回
今回は、蛇腹折して両端2つから渦巻き作って、出会った所で上下に重ねて、
潰し広げる。
これだと、うすーく伸ばせるから3回も作業しなくてパイ生地になるのがわかりましたっ♡

d0180447_22390917.jpg

屋台のように、卵を流した上に葱抓餅を乗っけたもの。
気分は中国屋台ストリート♪
ハムなど挟んでわら半紙にくるんで食べたくなりました♡

葱抓餅、当分マイブーム続きそうですっ!


旅行記、疲れたからちょっとお休み。
なのでコメント欄開けます♪
コメント欄を閉じて記事をいっぱい書くって、目をつぶって息を閉じて全力疾走してる気分ですね。
はかどるけど、おしゃべりせずblogに遊びに行くことも出来ず、
なんで書いてるのかわからなくなってきてしまった(苦笑)
とりあえず、15年放置してた写真に手を付けられたので、残りはのんびりいきますw


読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-16 10:40 | 点心とチャイナ | Comments(10)

早春の花盛り


スペイン料理に「Revuerto de gambas(レブエルト・デ・ガンバス)」という
卵料理があります。
オムレツでもなくスクランブルエッグでもない。
似てると言えば、中華料理の「トマトと卵のふわふわ炒め」。

作り方もそっくり。
最初にトマト、Revuertoは海老を炒めてから、といた卵液に熱いトマト(海老)を入れ混ぜ、
フライパンをガンガンに熱してから油を入れて、一気に注いだら大きく混ぜて皿にとる。

最初に香りを出す時に、しょうがを炒めるか、にんにくを炒めるかで
中華とスペイン料理の分かれ目になるw

昨日はRevuertoにしようと思ったけれど、春らしく合わせるのは花巻にしたくって。
だからこんな作り方を♪

d0180447_21492404.jpg
(下準備)
  卵6個をほぐしてミルクと塩を少々入れ混ぜる。
  海老は半身に切って塩で味付け。
  マッシュルーム5~6個薄切りにして、お皿に敷いておく。
2)ニンニクと生姜の千切りをごま油で炒め、香りが出たら海老を
  両面赤く色が変わるよう軽く焼いて、ニンニク生姜と共に卵液に入れる。
3)フライパンにごま油を少し多めに入れて強火で熱くしたら、一気に流し入れ、
  周囲がふわふわ固まって盛り上がってくるので、お玉か木べらで底から大きく
  返すこと2、3回で全体をふんわりひっくり返したら、火を消しあと10秒ほどは余熱で。
4)アツアツを生マッシュルームを敷いた上に乗せる。

マッシュルームは卵の熱でほどよく美味しくなるのです♪
生姜とごま油&香菜アイテムでちょっと中華w

d0180447_21492883.jpg

花巻って、お花が開いたみたいで可愛いなあ♡
「花山椒と塩」味は、花山椒を炒って擦ったのでよい香り~♪
余った花山椒、ウドのきんぴらにまぶしたらこれも美味しかったですっ☆

d0180447_21493767.jpg

こっちは「ゴマペースト&塩」味♡
d0180447_21494041.jpg

花びら開いて、乗っけて食べる♪
焼きパンのサンドイッチとは違う、蒸しパンの優しさって中華だなーって思うのです。


買い物に行ったら、桜ロードに一本だけ満開!!
綺麗なのだけど違和感っ。この時期もう桜?

d0180447_21495002.jpg

これ、満開すぎでしょう?
最初、これ一本だけ梅が混ざってるのかと思ったくらい。
でも、写真撮りに行って枝を見たら、桜の木の中でもこれは見事って「桜皮」。

d0180447_21495758.jpg

ソメイヨシノより、雄しべが主張ある気がする?
帰ってから調べたら、「ヤマザクラ」と思われるのです。
一番手がかりになったのは「桜皮」で、
茶筒の美しい桜皮って、「ヤマザクラ」か「カスミザクラ」を使うのですって。
当たりをつけて少し調べていくと、他の桜は柄が緑なのにヤマザクラだけ「柄」が赤いらしい。
写真を見ると・・・あ、柄が赤いぞ!!(喜)
推理しながらこうして名前がわかるって楽しいもんですね~♪
ソメイヨシノより2週間ほど早く咲くのだとか。
じゃあ、その2週間後にソメイヨシノが開花し始めるのかな。今年は早い?




---------------------------------------------------------------------------------------
旅行記4つ目書いたので、リンク貼っときますよー。





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-14 07:00 | 点心とチャイナ

記憶の葱餅は、パイのようにサクサクなのです。

なのに、この前作ったのはお好み焼きのねぎ焼きとか、チヂミのような仕上がり。
でも、中華料理の本はどれも「外はカリッと中はもっちり」同じようなレシピ。
そうしたら、仕上がり感がサクサクになるらしい台湾の葱餅を見つけたので、
早速作ってみましたよー♪



この名前、「葱抓餅」というのですって。
「抓(つまむ)」って字のごとく、がんがん打ちつけてつまんで
中に空気をたくさん含ませてサクサクに仕上げるそうな。

参考にしたのはこちらのレシピ
d0180447_00280347.jpg

で、クルクル巻いてから・・・

d0180447_00283359.jpg

動画でやってるみたいにプレス。
12年前にメキシコで買ってきたタコスプレス器、中華で役立つとはw
麺棒で伸ばしてもできると思うけれど、これだと一瞬ですね♡

d0180447_00290452.jpg

こんなんなりました~♪

d0180447_00293211.jpg

ホットプレート160度~180度で。
ガンガンつまんでつまんで・・・
d0180447_00300299.jpg

できたっ!
うっまーーーーーーーー♡

青ネギと一緒に塗ったラードは、ここで作った猪の背脂♡美味しいのです♪

炒飯に使うのも美味しいのですが、点心でいい仕事してくれますっ♡

これで卵やハムを挟んで食べると美味しいのですって!
今度絶対やろううううう。
しばらくはまりそうだー。


さて。
このblog、カテゴリー増設してるうちに一貫性なくなっちゃったので、
点心とかイタリアンとか、整理できないかなあとはじめてます。
タグを20個以上で引き出しみたいに出来たらいいのに・・・これ不便ですね。

それから、
「15年前にタイムスリップする旅」へ3月後半に出発なのです。
1歳に満たない息子をおんぶして、
日本へ帰国10日ほどだったのに、スペインへ戻る途中ストップオーバーで立ち寄った国で
ドライ離乳食とバーナーとコッヘル、哺乳瓶持って旅した3ヶ月。
ネズミが夜に石鹸を盗むし、蛇口をひねるとオタマジャクシが出てくるし、
寝てると蚊帳を蛇が這うようなバンガロー暮らしw
そこで息子は四足から二足歩行はじめたという、思い出深い場所なのです。
リミット1週間って時に24個のレポートを溜め込んでたのが発覚した
おバカ息子に目眩がしましたが、なんとか殆ど単位を習得でき、やっと私の心にも春がきましたw
笑顔で旅ができそうで、ほっ。
15年ぶりの再会もできそうで、わくわく、不思議な旅になりそうです。

旅のblogの方で、15年前の旅行記を綴っておきたいので、
しばらくこちらのコメント欄は閉じようと思います。
記事書いたら旅のblogにリンクさせますねー。






読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-08 08:30 | 点心とチャイナ

胡麻と黒砂糖の花巻 

花巻、好きなのですが、
胡麻ペーストと黒砂糖を練り込んだ、「おやつ花巻」があると聞いてから、
食べてみたくて、ようやく昨日作ってみました♪

d0180447_00230295.jpg

前回の反省で、サワードウの「なちゃ」ではなく蒸し物はイーストを使いました。
久しぶりに使ったら30分で二倍にふくれて、その速さにびっくりでしたー!
今度は白神天然酵母でもやってみようかなw

d0180447_10281824.jpg

ゴマペーストをぬりぬりした上から、黒糖を全体にふりかけて~。
ここからが花巻の楽しいところ♡

d0180447_10260814.jpg

折りパイみたい♡

d0180447_00253841.jpg

できあがり~。
素朴で優しい味で、冬のおやつにぴったりでした。
ゴマペーストもいいけれど、次回は濃厚なピーナッツバターで作ってみようかな♡


昨日BSフジで、「北の国から’98時代」後編をやっていたのです。
北海道から帰ってきた息子がそっくりだから「じゅん君」ってあだ名で呼ばれてた
と聞いて、子供の頃はそんなに似てないけどなと改めて見てみたら、
なんか7割同じパーツなシンクロ率で、さらに雰囲気が激似なのです。
優しいと言えば優しい、純粋と言えば純粋、しかし煮えきらなーい押しの弱そーな・・・
他人ごとに思えずドラマに見入ってしまいましたw
子供時代しか見ていないので、蛍ちゃんが不倫して妊娠してて新鮮にショック。
じゅん君がごみ収拾業だったのも、似てる分息子に見えてしまった・・・。
なんと現実を突きつけるドラマなんでしょ、これって(滝涙)
草太兄ちゃんの「蛍はもう大丈夫だ。心配なのは純だ。純が心配だ。あいつが心配だ」って言葉が、今思ってることだけに号泣してしまいw
共感ポイント、そこ!?とパパに言われたけど。

しかし倉本聰の脚本とか、このドラマの訴える力の強さというか、
蛍ちゃんの結婚式で子供時代から走馬灯のごとく今までのワンシーンが駆け抜け、
純がバカやったり情けなくて、どうしようもない中でも、少しずつ成長していってるのに唸る。
今回も本当になよなよしてるけど、それなりに選択し傷つき学び育っていく姿見てると、
学歴がないと「苦労する」とか心配してる私が「余計なお世話」してるんじゃないかとぐるぐる。
頭ぶつけて自分で学んでいかないと、人間的成長とかないわけで・・・
吾郎さんの寡黙さ、倉本聰からの現代の親子関係へのアンチテーゼかとか悩むー。

ここ数日こんなことばかり考えてるのは何故かと言うと、
息子の通信制のレポート締め切りあと3日しかないのです。
ねえ高校卒業したいのしたくないの?どっちでもいいけど、
そこらへん本人がキリッとしてほしー。見てる方が疲れます。







読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-06 11:35 | 点心とチャイナ | Comments(0)

昨日はパパが狩猟に行く日。
鹿肉が大量に持ち込まれるかもしれないので、せっかく挽肉にして冷凍した鹿肉は使わず
様子を見ていた数週間、結局一匹の獲物もなく穏やかに過ぎました。
今年のジビエ料理研究で心残りな料理があと2つ。
一つは、猪と鹿肉を合わせて焼売を作ってみたかったのです。
そうやって解凍して作るってなると、お土産があったりするもんなのよねー
等と思ったら、案の定、鹿足一本のお土産がありました(笑)
マーフィーの法則かいw
・・・マーフィーってだれよ。と思わず調べる。
実在しててよかったです。「都市伝説のラテン語」とか書いてあるかとドキドキしちゃった。


以前も書いたけれど、ロールキャベツと共に「なにが美味しいかイメージが持てない」のが、焼売なのです。
でも横浜育ちのパパは焼売が大好き。
毎度「うーん、オレの好きな焼売は海老が入ってたかもしれない」等と感想を述べます。
「記憶の焼売」になにが入ってたか明確に覚えてないのがまどろっこしいけど。
ロールキャベツを克服したので、焼売も克服したいんだけどなー。

d0180447_08450365.jpg

今回、ウー・ウェンさんのレシピで、お肉だけ鹿と猪バラ肉&海老。
絶対自分も感涙の味かと期待したのですが、普通に美味しい・・・。
もちろんふわっとしてて、ジューシー。

「食べるとプリプリしたものが入ってたんだけど、あれは何だったのかなあ」と回想に入るパパ。
なるほど、今回のは違うってことかー。
ロールキャベツと同じポイント?
来年は鹿肉ソーセージを作ってみようと、調べていて気がついた「粗挽きソーセージ」にも通じるかも。
粗挽き肉を使えば「粗挽きソーセージ」になるわけじゃないらしいの。
美味しい焼売食べてみたいなあ。
d0180447_08445490.jpg

ついでに作ったワンタンスープ。
鶏がらスープに、ワンタンの中身は猪鹿海老&葱と芹。
こっちは満足の美味しさです♡
ワンタンは「理想」があるので、作れるのです。

お料理って、作りたい味を知ってるかどうかだなあと最近つくづく。

d0180447_08444722.jpg

今朝のカンパーニュ。
今は「どれだけいい加減に作って美味しく焼けるか」実験w
日々焼くパンは、注意すること面倒くさいことが多いと出来ないものね。

d0180447_08443961.jpg

そして、血抜きしてるところー。



運命は決まってないと思う。
多く経験した分、新しい芽が増える。
でもチャンスなり仕事なり動作思考のすべてのことは質量保存の法則と同じで、
何かが足りないと、どこかで補う力が働いて、完結される。
嘘をついて逃げた分、どこかで補う力が「損失」か「皺寄せ」の選択を迫る。
逃げ続けたら、逃げた道のりと時間だけの補う力が働く。
目の前にある問題から人生に至るまで物事には質量が決まっていて、
皺寄せで補わされるか、補填されないと関係ないと思った所にしわ寄せが来たり。
徒労感だけは大きさの違いがあって、
効率いいのは、バランス良い状態でスムーズに行動することに思う。
徒労が少ないと、多くのことをしようと意欲的になれる気がする。
年取って省エネが迫られるので、こういう部分を必死に気をつけたりするw
自分の人生は自分の裁量と責任の範囲の中にしかないわけで、
友人も親も肩代わりできるわけなく。
「自分が自分を生きる」しかないのだと思う。

などと、息子を見てると学ぶことが多い。
私のほうが残り少ない人生なのに、どんどん学んでいってしまっている。
ヤツは学ばないなあ・・・。





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-03-05 11:04 | 点心とチャイナ | Comments(4)

菜饅頭(くらし部門) mamalife

黒キャベツも、初めてのお野菜ですが、
ザー菜もです。
苗をもらったので育ててるけれど、いつどうやって何を食べるかがわからない。
ザー菜って、茎を漬けるらしの。
でも、枝分かれしていくから、どのタイミングで摘んでいいのかしら。
とりあえず葉っぱを摘んでみました。

d0180447_23382145.jpg

からし菜の変種なのですって。
だから、なんだか辛いです。
ごま油で炒めて作れるものがいいなと思って・・・
ナッツや筍や干し椎茸なんかを全部刻んで「野菜あん」を作って
包んで中華まんにしてみました。

d0180447_23382949.jpg

発酵生地の皮は、イーストではなく老麺のなちゃを使ってみました♪

d0180447_23383538.jpg

野菜だけの餡で作る野菜まん、さっぱり美味しかったです♪
老麺で皮を発酵させると、サワードウで焼くパンが普通のパンよりもっちりするように、
もちもちになるので、長野のお焼きみたいだったけどw
お焼きはもっちり、中華まんの皮はふんわりの方が好きかなあ。
確かに30年前くらいに行った中国で、上海がふんわりした中華まんだったのに、
南の昆明で売ってた肉まんが、こんな皮でした。なんだこの皮!?って驚いたのを覚えてます。
あれは老麺で作った、昔ながらの中華まんだったんだなあ・・・と今初めて知りました。
今度はイーストで作ろ。

d0180447_23384297.jpg

先日作った猪のラードを点心に使いたくて、「葱餅」も焼いてみました。
北京の屋台で油たっぷりで焼く「葱餅」が美味しいのだけど、ちょっと控えてみたら、
フツーに美味しい葱餅になってしまいましたがw美味し~♪

数年前は小麦粉料理が苦手だったのに、粉に加える水の温度やグルテン量で
作りたいものの調節ができるようになってくると、
パンに点心に四六時中触っていたくなりますね。
特に点心作りは、粘土細工のようでほんとに楽しいです♪





読んだよ!の代わりにクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


[PR]
by africaj | 2017-01-31 23:40 | 点心とチャイナ | Comments(2)

点心は肌寒くならないと作る気にならないです。
小籠包なんかは、スープのゼリー寄せが溶けないくらい部屋が寒くないと包めないし。
で、夏の間空くと腰を上げるの面倒になっちゃうんですが。
でも、せっかく習得した技術を忘れないためにも冬はせっせと作らなきゃねっ♪

しかし下準備に慣れるまではやたら時間がかかって面倒くさくて
鶏がらスープとってゼラチンで固めて・・・と2日かがり。ぜーぜーです。
慣れてくるとね、スープは4回分くらい一度に作って冷凍しておいて、
寝る前にパンの仕込みのようにゼラチン入れて冷蔵庫に入れてって、時間もかからなくなってくるのですが。

d0180447_12510577.jpg


頭で思い出すと「もう忘れてるかも」って不安になるのに、不思議と麺棒持つと
手が覚えてて勝手に伸ばして包んでるから不思議「感動)
先日、スペインからの友人が来て久しぶりにスペイン語しゃべった時も、話せないかもって思うのに
普通に言葉が出てくるもんだし。
身につくって不思議なもんですね。
そして大概、頭でイメージしても出てこなくて不安になって取り越し苦労する(笑)

d0180447_12511381.jpg

スープは普通の倍量入れてるからタプタプ♪
この位スープ入ってると「うわーっ火傷しそうっ!小籠包だ~っ♡」って実感湧くのでw
でも、それだけ包む時技術がいります。肉餡と違いゼラチンってふわふわしてあちこちくっつくから。
何度も試すうちに、100円ショップで買ったシリコンシートに穴開けた手作り敷シート。
包むのはいいのだけど、レタスや白菜をいちいち茹でて敷いて‥・この作業が苦だったので。

d0180447_12512196.jpg

見て見て!汁溜まりにちゃんと汁が溜まってるよーん♡

d0180447_12512865.jpg

ほらほら、スープたぷたぷでしょう?
今回一つも破れてるのがなかったよっ(自慢!?)
さすがなちゃの本業は点心っ。
いつもはパンを膨らませてくれてるけどw点心の皮の強度を出すのにいい仕事してくれます♡

点心作りって、調理というより細工ものしてるみたいで、
それなのに出来上がりは美味しいなんて、ほんとに楽しいっ。
次は肉まん作ろうっ(わくわく)
わーい。点心の季節きました~♡


さてさて、11月初旬に種まきした黒キャベツが
2週間でようやくこのくらい。

d0180447_12514177.jpg

もう少し大きくしてから畑に植えようと、半温室状態で育ててるのに成長遅いんだなー。
育って欲しいものです。
頑張れ~(応援)
ついでにフェンネル・・・成長遅くてこっちはもう間に合わないかも・・・
この冬フェンネルのグラタン食べられるかな?
コリアンダーは年越して春までだから、まあきっと大丈夫♪



これは、先日収穫してきた緑の食用ホオズキ。

d0180447_12514943.jpg

宣言通りにメキシコのタコス用「サルサベルデ」を作りました。

緑の食用ホオズキ   100g
にんにく       小さいのひとかけ
玉ねぎ        1/4個「一枚ずつバラして)
グリーンチリ     適量

コリアンダー     根っこごと一株
塩・砂糖       適量

1)最初にコリアンダーと調味料以外全部をグリルで焼きます。
2)粗熱取ったら、コリアンダー入れてミキサーにかける。
3)鍋に入れて煮て調味料を入れて味を調整し、沸騰したらすぐ火を止める。


タコスのサルサにもいいですが、ローストビーフや塩釜焼きした豚肉もすごく合う味。
世界には面白い味がいっぱいあるなあ♡


読んだよ!の代わりにどちらかをクリックしてくださるとうれしいですっ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by africaj | 2016-11-16 13:22 | 点心とチャイナ | Comments(3)

今年も小籠包を作る

d0180447_2295095.jpg

この冬初めてになってしまいましたが、昨晩は夕食に小籠包を作りました。

d0180447_2210232.jpg

久しぶりすぎて一瞬麺棒と手の動かし方思い出せなくて冷汗。
でも、指先が覚えてました。ほっ。
皮10g肉餡25gのおおぶりなタイプ。
パパも息子も、スープがたっぷりが好きだからもっともっとと言われて、
我が家の小籠包は肉300gにゼラチンで固めたスープ300mlたっぷり入れます。
皮を捏ねるとき老麺のなちゃがいい仕事してくれたので、強度も伸びもいい♪

d0180447_2210398.jpg

去年は包み終わって蒸すときに、蒸籠に敷くのに白菜を茹でる瞬間、
どうしようもなく面倒くさくため息が出たのですが、
点心の先生がシリコンシートに穴を空けて使っていたのを真似っこ。
さっさか蒸せて苦じゃなくなりました♪
蒸す直前に小籠包のお尻にごま油を塗るのが、シートにひっつかないコツ。

スープがたっぷたぷに入ってるんですよ~。
21個包んで、1人7個も食べたのに・・・食べ足りなかった。
美味しいから、小籠包はどんだけでも入るんだなあ(自分で作っといてなんですが、美味しくて感涙)

d0180447_22125655.jpg

で、昨夜は1人7個計算だったので、肉餡と皮の余りを使って、
本日またまたお一人さま小籠包ランチしちゃいましたっ。
包むの楽しくて大好き。
昨日食べ足りなかったから、満足~♡えへへ。



[PR]
by africaj | 2016-03-11 23:00 | 点心とチャイナ | Comments(14)