カテゴリ:家族との時間・友達との時間( 46 )

本日10日、十日えびすですっ♪
本日は各自忙しいので、早起きして家族で早朝そうそうにえべっさんへお参りに。

d0180447_12263446.jpg

まだほとんど縁日は開いてないので、人もほどほど。
それでもけっこういます。
お目当ての、先着5000名に配る「開門神事参拝の証」は、今年はもうなかった~(残念)

去年は福男見物に朝4時起きで、6時開門で走る福男の後ろから参拝したからもらえたんだな。
目下7時半。
1時間半に5000人参拝したってこともすごい!さすが全国放送される福男選びの日!
悔しいなあ。来年は6時に家を出ようw



正月飾りや去年買った福笹、ぜーんぶえべっさんにお返しして、
さて参拝。

d0180447_12272354.jpg


福男騒ぎはもう収まって落ち着いた境内。

d0180447_12282026.jpg

私は今年は気合入ってます。
一生懸命お願いしました。
神様に手を合わせて祈る毎に、決意が固くなるのを感じます。
叶えるというのは、神様が施すのではなくて、自分の中で思いをハッキリさせることが大事なんでしょうね。
逆に考えると、ハッキリするまで何度もきっと参拝すればいいのでしょうね。

d0180447_12294918.jpg

西宮のえべっさんが面白いのは、「招福大マグロ」を飾ること。
なんでマグロが神の使いになったのでしょう?
といいつつ、ぺたり。

d0180447_12300611.jpg

それから福笹を今年も買って。
魔を破る破魔矢のキリリとした空気も好きですが、福を呼ぶ福笹の柔和でポジティブな雰囲気が今は好き。

d0180447_12305199.jpg

この「おみくじ」がまた可愛いの♪
で、新年そうそうに二度目のおみくじw

d0180447_12313657.jpg

む、下鴨神社の「中吉」の方が良かったわ。
ってことで、これは境内の木に結わえちゃうけど。

d0180447_12322783.jpg

赤い毛せんに金色きらきらって、ああ綺麗だなーって朝からテンション上がってほくほくっ。
見てるだけで楽しいです♪

お、あっちではTVカメラが中継してるぞっ。
今年の福男がインタビュー受けてました。
帰ってニュース観よ♪
去年は関東からきた大学生だったんですよねw

d0180447_12331437.jpg
福男一等賞は樽酒にフィナンシエ100個ですって(笑)
二番福は米俵w
昔ながらな商品なのですねー♪
で、三番福が・・・

d0180447_12332793.jpg

鯛の尾頭付き~~~っ!!!
なんか笑うw

d0180447_12333949.jpg

で、私達は朝ご飯まだだったので、屋台でちょいと♡
朝からワンカップとどて煮でにこにこのパパw
私ら広島焼き。ダサいけどおいし~のだこれがね♪
食べ終わって退散の時におじちゃんに「来年もまた来てやー」って言われて、こっちも挨拶して。
ほんと、えべっさんが一年に一度のハレの3日間。
ありがとう。来年もまた来るねー。


[PR]
by africaj | 2018-01-10 13:18 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

「年末年始ノート」を2011年から作っています。
一年に10日しか出番のないノートですが、日常と違うこの期間の動きを書き留めてきたので、
7年でずいぶんと無駄のない気持ちのよい過ごし方ができるようになりました。

思い出すのに時間がかかる「年末年始の買い物リスト」と買った場所と値段を書き留めています。
作る料理はだいたい決まっているので、盛り付ける皿なども書き留めてます。
年末からの献立ても。
氷頭なますを取り出した後の残りのあらを塩ジャケと潮汁にして、いつ食べたか等までw
野菜を細工したあとの残りクズの再利用とか、出汁を取ったあとの昆布とか、
はまったアイデアを毎度書き留めるのは面倒ですが、労力一度きりで同じことを同じタイミングで毎年悩む無駄がないわけで。

4日を区切りに、26日からの動きを振り返ります。
今年も書き留め完了。
来年へのバトンです。

初詣は元旦、2日ときて、混雑しないでスムーズに進む日と時間を色々試して去年から4日に。
京都の下鴨神社は特に混むので、できるだけ世間の動きの裏をかいてw

d0180447_12130838.jpg

一年に一度ですが、毎年同じ光景を見ること。
この焚き火に当たってまずほっとして、もう一年経ったことを思うことって大事ですね。

d0180447_12131749.jpg

いざ、御本殿へ。
d0180447_12132738.jpg

4日は蹴鞠始めなので、午後からは人がごった返して大変そうです。
せっかくだから見てみたいのですが、年明けから人混みに揉まれるのは勘弁してほしいし。

d0180447_12133326.jpg

着物の人が年々増えていくように思います。
良いことだっ♪

d0180447_12134208.jpg

おみくじ引くところまでが初詣ワンセットw
パパは絶対引かない人。私と息子は引く人。
息子は小吉、私は中吉だったのに、どう見比べても息子のほうがいい事書いてあるのはなぜだ?
でも、私の欲しい言葉があったから境内に残さずにお財布に忍ばせることにしましたよ。
「生きる技術とは 一つの攻撃目標をえらび そこに力を集中することである」
去年は広げた手、今年は整理して2つに集中します。(え?2つw)

ところで、毎年おみくじで息子との写真を撮っていると背がどんどん私を追い越していくのです。
気がついたらもうこんなに!
今年は18歳ですもんね。
年明けの決意として高卒の肩書きを放棄することと今年は動くことを掲げましたが、どうなるのでしょう。
彼は私とは違う性格と感覚を持ち、私とまるで違う道を歩んでることだけはわかります。
まだ何度もやり直せる若さがあるのだから好きに生きるがよろし。
皆、自分の人生を自分の責任を持って歩んでいくべきで、どうか後悔のない人生を歩んでと願うばかりです。


そして、今年も「とらや」さんに来ました。

d0180447_12140025.jpg

ここの特別感たるや、すごいのです。

d0180447_12141018.jpg

すべてに手を抜いていないところ。

d0180447_12141991.jpg

置いてあるものひとつひとつに老舗の意気込みみなぎってて、
お正月に訪れると、背筋が伸びます。

「とらや」さんって、東京赤坂が本店だとずっと思っていましたが、

とらやは室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。
後陽成天皇の御在位中(1586〜1611)より、御所の御用を勤めています。
明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して、京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。



まさに「日本史とともに歩んできた菓子屋」。とらやのH.P.の年表を見るとたまげます。
こんなお店が今もきっちり頑張っているって嬉しいことですよね。頑張れ~!

d0180447_12142663.jpg

京都特有の甘くこってり濃厚な白味噌ぞう煮。
1月3日~20日までしか食べられない縁起物だから今年も奮発。
かつお節の風味が効いてて、はあ~ありがたや。

d0180447_12143230.jpg

お店のインテリアのこだわりは、このマークの完成度そのもの。

d0180447_12143951.jpg

ライトがとらやのマークだもの。
d0180447_12145976.jpg

どこもかしこも格好いいのです。ため息。

d0180447_12150616.jpg

お庭も小さいながら、格好良いのです。
白い椿、やはり綺麗。

d0180447_12151258.jpg

あ、こんなところにもとらやマークw

d0180447_12151889.jpg

さて、お正月も終わり。
新しい年を動きはじめましょうか。

[PR]
by africaj | 2018-01-05 13:39 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)

d0180447_14261716.jpg

例によって、うちにはお正月用のお重がないので、塗りの大皿と小さな普段使いのお重に盛り付けて。
こんな感じで元旦の朝を迎えましたよー。

d0180447_14263227.jpg

元旦は、パパの実家の方のお醤油味の鴨雑煮。
大根は大ぶりの楕円、人参、しいたけ、三つ葉、白髪葱に柚子です。
昆布からじっくり出汁を取ったものに、たっぷりの鰹節で取った出汁に鴨の旨味。
一番のごちそうはお出汁。
最後の一滴まで美味しい美味しいっていただける幸せ。

d0180447_14264094.jpg

今年は赤かぶと不思議カラフルな蕪を頂いたので、菊花蕪にして春菊を葉に見立ててみました。
いただいたカラスミ、パパの数の子、私の得意なニシン。
黒豆はフジッコの「丹波黒黒豆」ですwだって程よい量、程よいお値段、そしてすごく美味しい♡
今回頑張った「蛸のやわらか煮」美味しく出来ました!見た目も素敵でしょう?
でも手間ひまに比べての元旦の存在感や喜び度を考えると、来年はやっぱりイクラがいいなあ。
イクラのルビーのような赤って、やっぱりお目出度さを盛り上げますよね。
秋に醤油漬けを作って冷凍しておいて、解凍するだけだし。
おせち料理は、程よい下準備で、色のキレイなものを甘み酸味程よく飽きないものを、
程々の量揃えて、2日でほぼ食べきるくらいが良いなと思ってます。
家族との距離と似てるかなって、
「今年一年程よく楽しくそれぞれが響き合う」そんなオリジナルな願いを込めてる我が家のお節です♪

d0180447_14264955.jpg

今年はローストディア。
3%の塩をすりこんで、胡椒とハーブをまぶしてオイルマリネ1日したものに
牛脂を巻き込んでタコ糸をかけて表面を焼いてから、
60℃の低温調理をしたのです。
ローストビーフとさして変わらない。牛脂がいい仕事してくれた気がします。
すごく美味しい。

でも、塩3%だとそのまま食べて美味しい塩味に仕上がります。
ローストビーフみたいな仕上がりにソースやマスタードで食べる方が良いから、
次回は塩1%すりこんで作ることにしましょ。

d0180447_14270284.jpg

お正月のお花は息子が活けてくれました。
その周りを行進する東方の三博士ですw
6日までちょっとずつ、もうすぐ馬小屋に到着~♪


さて、元旦はなんと、アニメ「ガールズ&パンツァー」TV版を12話大人見しとりましたw
日本には古来から華道茶道と並び女子のたしなみとされる「戦車道」があるという面白い設定でね。
女子高生達が部活に、おしとやかに戦車スポーツを極め、全国大会でスポーツマンシップに則ってぶつかり合うお話です。
主人公は戦車道西住流家元の娘なのだけれど、硬派な流儀にそぐわないゲーム展開をすることから母とそりが合わず、戦車をやめる決意で家を出て一人暮らしを始めると、転校先の高校の統廃合か残るかの命運をかけて戦車道全国大会で優勝しなければいけない成り行きになり…って、バカバカしい展開なんだけど、ちゃんと筋通ったストーリー。
常に劣勢のゲーム展開から戦略とチームワークでどうやって勝っていくかが、毎回面白くって12話計6時間があっと言う間の、元旦でしたw

今時の萌えアニメかと思ってスルーしてたんですが、これは違う!本気で作ってる!とか言う。
でも戦車興味ないしとか言っとった私。
ことは遡り2年前の年末ですが、外出から戻った私を駅に迎えにきてくれたパパと息子が
映画行くけど一緒にどう?と誘われてくっついてったら、これの映画版だったのでした。
わけもわからず一緒に見たら、お、面白いではないかー!
ほとんどスポ根もの学園もの若者の青春もの、「エースをねらえ!」や「スラムダンク」と変わらん(古い!)
とすっかりハマってしまった母w

今年新作映画が出たというので、観に行きたいよーって自ら息子を誘ったら、
すでに友達と観に行った息子が
「今回映画値段なのに時間短いし、ママはまずTV版を見て設定わかってからの方が絶対面白いよ」と諭され、
今回の映画は短いからビデオ出てからで十分だと思うけど、どうしても行きたいなら付き合うからってw
で、正月から息子と一緒にじっくりTVシリーズを大人見するに至ったのであった(爆)
パパも大好きなんで、結局3人で超盛り上がって見てしまいました。面白かったー。
舞台は大洗の街が細かいところまでシンクロしてるのだって。
アニメに出てきたものをレストランが再現してたりするそうで、ファンの聖地になってるとか。
恥ずかしながら、私も大洗シーサイドホテルで戦車ケーキ食べたーい♪

こんなの。
d0180447_15384961.jpg
かわいい♪


[PR]
by africaj | 2018-01-02 15:28 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

三十日の朝です。

一夜飾りにならないように。
今日までに正月飾りをつけました。
いつも、付ける時は皆で揃って来年の福を祈ります。

d0180447_10364284.jpg

手作りの正月飾り。
稲わらの袴を揃えるのは、「皆が揃って円満に」の願いだと聞いて感動したのに、
数日後に家出しちゃって、どうなるんだろーって思いましたが、
無事にみんなでまたお飾りに来年の願をかけられました。
心なしか今年はみんなお手伝いしてくれる気もするし。
そしておせちも鹿ですw
こうして、ちょっとずつ喧嘩しながら妥協したり修正して、揃って丸を作る。

d0180447_10365491.jpg

いつも数の子はパパの担当。
大きな数の子を切るより、小ぶりの方が好きなのですが、皮むきが大変(汗)
今年は息子初めてのお手伝いです。
嬉しいなあこういう光景。

d0180447_10370328.jpg

今日が今年最後のゴミ出しの日。
なので昨晩に冷蔵庫の整理をしたのです。
ピールを漬けている瓶をどけると正月用の野菜が入るとわかったので、
この忙しい年末にピールを焼いてしまいました。
ダラダラ過ごすお正月のお菓子に案外いいかもしれないので、ま、いいか♪明るくなるしね♡

さて、今日は初めておせち料理に取り入れる「蛸の柔らか煮」を作ります。
この秋はいくらがバカ高くて買わなかった為、
正月用に冷凍しておくはずのいくらもなくて。
すると、真っ赤なものがないのですよねー。
彩りが寂しいので、蛸でも煮るかなと。
いつもあまり頑張らないことにしてるおせち料理作りですが、蛸を柔らかくするのはちょっと大変。
いくらを解凍するより、今年はちょっと手の込んだおせち料理作りです。

色々と優先順位の順番でやってきたら、あらら
年賀状書きは明日だな。
許してね。


[PR]
by africaj | 2017-12-30 11:01 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(0)

クリスマス・ゲーム大会

昨日は友人家族と6人で月いちゲーム大会のクリスマスパーティでした♪
午前中にパパが仕事だったので、午後から。

d0180447_21025605.jpg

まずはシャンパンでかんぱーい♡
ほんとに、あっという間にシャンパンが空にw

d0180447_21043855.jpg


オズボーンから「manzanilla(マンサニージャ)」が出てるの、知らなかったです。
スペインではヘレス・デ・ラ・フロンテーラっていう街で作られるシェリー酒。
少し離れたサンルーカル・デ・バラメーダという村で作られるものを「マンサニージャ」と
区別して呼ぶのです。
通好みと言われる「マンサニージャ」は、海の側なので微かな塩気があると言われてます。
マンサニージャの方が飲みやすく思えて私は好きっ。
オズボーンのものも、冷凍庫でギリギリまで冷やして飲んだら、きりっと辛口で美味しかったですー。

スペインでは「シェリー酒にはエビ」と相場は決まってるので、
エビのニンニク唐辛子炒めにレモンをきゅっと絞って肴に♪
これもあっという間に2本空いてしまった~(汗)

d0180447_21093819.jpg

友人が持ってきてくれたフライドチキン。
これがムフフの美味しさ。
ケチャップ、ソース、カレー粉、オイスターソース、総湯、胡椒にナツメグ&にんにく
美味しい美味しいってあっという間に食べつくしましたよw
レシピ教えてもらったのも嬉しかったなもし♡

d0180447_21095244.jpg

去年作ったバカラオを使っての、アンダルシアの街グラナダでよく食べられるサラダ。
塩まみれのバカラオを水洗いしてから、そのまま割いてサラダの塩気に使い、
そこにたっぷりのオレンジでこれがお酢の代わり。
そこに白髪ネギと黒オリーブ、ゆで卵を使ったサラダです。




先日作った鹿のパストラミと、カリン羊羹&チーズ。

d0180447_21102841.jpg

これも以前紹介したけれど、鹿肉の肉団子のアーモンドソース煮込み。




d0180447_21103904.jpg

友人の作ってきてくれたグラタン。
これは、ベーコンに山芋、長芋にエリンギ入って美味しかった~。

ついに赤ワインも空いちゃって、ゲーム前にすっかりベロベロでヘラヘラ状態w
まだ食べてるのに、息子が強引にカードを配りだして、
食べながら「大富豪」がスタートw

d0180447_21105928.jpg

家族3人以上でする「大富豪」って、学生の時以来かも。
やっぱり人数多いと面白い~っ。
え、私?
貧民→平民→富豪になりあがったもんねー☆

d0180447_21110812.jpg

閑話休題☆
考え続けて疲れた所で甘いものケーキは「パブロバ」です♪

d0180447_22290928.jpg


恒例のノートラ。
ベースがコントラクト・ブリッジなのですが、少し変形のパパの家に代々伝わるゲーム。
ついに、友人家族もルールに慣れてどんどん頭脳戦に。
これは何回でもやれるほど面白いなあ。
世界中にブリッジの愛好家がいるのがわかります。
今回はくーまの勝利であった☆

d0180447_21113934.jpg

今回の二度目の目玉登場☆
スペイン一時帰国の友人にもらった、イベリコ豚のハモン・セラーノ
イタリア帰りの友人にもらった、ペコリーノチーズ。
これはパルメジャーノみたいな味でした~♡

d0180447_21115515.jpg

最後は「ディクシット」。
2010年ドイツ年間ゲーム大賞受賞以後、世界中でブームを巻き起こしたというゲーム。
えげつなさもなく、サクサク終わっていく展開が気持ちよく、なによりすごい深いコミュニケーションゲームなのです。
が、こんなカードからひらめくお話や言葉をイメージするのですが、酔っぱらいで全然頭回らずw
いやあ、今年は大人なクリスマスを過ごしました~。



そして今年も残すはあと1週間もないのですねー(汗)
クリスマスが済んだら、本当に駆け足の数日間。
がんばりましょうね☆


[PR]
by africaj | 2017-12-25 22:22 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(0)

イブの朝。

メリークリスマス。

d0180447_10201152.jpg

イブは友人家族と楽しいゲーム会です♩


ところで、
これ、見て見て!
d0180447_10201923.jpg

ドライジン。
おんなじ店で買った、おんなじボトルなのに、
ええ〜!新しく買った方が微妙に大きいー!

デザインもぜーんぶ同じなのに何で何で?って間違い探しみたいだったけれど、
見つけました、たった1つ違うところ、発見‼︎
元々のボトルのアルコール度数が40%なのに、新しい大きい方が47%。
7%の差って凄くない?ビールが5%くらいよ?
しかも量が増えてるってw不思議なこともあるもんですねえ。





さて、
パーティー終わり、まったりしてる只今。イブももう夜。
あ、イブは、イブニングだから本当は今ですねw
これから「陸王」の最終回。
今期、一緒に感動したり泣いたりしてきたドラマ。
わくわく。

楽しい時間をお過ごしください☆

[PR]
by africaj | 2017-12-24 21:00 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

みなさん、こんにちは。
只今、エルサレムのベツレヘム上空にいます。

おおーっっ、あの集まりはもしかして、あの方が生まれたんでしょうか?!

d0180447_15565784.jpg

バラバラバラバラバラ・・・・・
もっと近づいてみましょうっ。

d0180447_15571953.jpg


傍らにいるのは、聖母マリアでしょうか。
その横には大天使ミカエルも!
じゃああのオムツをはいてるのが、もしや!!!
スペイン語では「ヘスス」、ヘブライ語で「イエス」、あの、

d0180447_15573978.jpg


ジーザス・クライスト・スーパースターがたった今お生まれになりましたーっ!
これはかなり大きな赤ちゃんだっ!
動物たちも祝福せんとばかりに取り囲んでおりますっ!

d0180447_15574814.jpg


おおっ!
向こうから東方の三博士の行列が見えます!
ガスパール、メルチョール、バルタサールの賢人たちが星に導かれてエルサレムに向かっておりますっ!!

d0180447_15575916.jpg

到着予定は1月6日早朝っ!
まだ馬小屋にたどり着くまで、今少しかかるとのことです。
1月5日夜は近隣の子供達の枕元にも贈り物が届けられるようです。
でも、悪い子には贈り物の代わりに炭が戸口に置かれるそうだから、今からいい子にしているように。

d0180447_15595581.jpg


という寸劇を、毎年スペインで繰り返しておりました。
あの国は、クリスマスツリーを持ってる家庭は少なく、12月24日にプレゼントをもらう習慣もTVの影響で最近始まったくらいで、
本来は24日ではなく1月5日夜に、サンタではなく東方の三博士が子供達にプレゼントを持ってきてくれるのでした。

この時期はこれを出さないと、なんだか落ち着かないのです。
一年間箱の中で待機してる彼らを、やっと今年も飾ってあげることが出来ました。
クリスマスが終わってもお正月飾りと同居して、1月6日まで三博士も馬小屋へ毎日近づけていくんですよー。
彼らを片付けた翌日が、七草粥を食べる、和洋折衷な年明けとなる我が家です♡


家の中もやっとクリスマス飾りを出しましたよー。

d0180447_16080748.jpg

あったかいにゃー♪

d0180447_16075597.jpg


かいちゃん用に編んであげたくつ下、以前は一瞬で脱ぎ去ったのでw
そのままツリーのオーナメントにしてましたが、あれれ、今年は履いてくれました♡
か~わ~い~♪ぷぷぷ。

d0180447_16082252.jpg

ツリーの置き場所も保管場所もないマンション暮らしなので、
山から枝を拾ってきて、ペンキで白樺に見立てて塗って・・・
パパと息子が作ってくれたのはもう5年前なんだなあ。

電気を消して、ツリーの明かりをみながら猫と過ごす夜が幸せな12月です♡



[PR]
by africaj | 2017-12-21 16:53 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(6)

今週、プチ家出してました。

発端は鹿。
前週に鹿足が2本来た!って書いた、次の週に鹿足が4本とその他もろもろが来たんです。

いや、前の鹿、食べきれてないし!
その前に、冷蔵庫に入らないし!

鹿足2本の時も、3人の方におすそ分けしてようやく冷蔵庫に入ったので(私のblogを日頃見てくれてる友人に
冷蔵庫どんだけでかいん?って言われたけど、うちの冷蔵庫小さめ350Lほどなんで 汗)
帰宅の電話を受けた瞬間からメールしまくって、もらってくださる方を探しましたよ。
遠方の方にも送れば人数も増えるのですが、
送るとなるとこれもまた下処理に梱包にかなりの手間だったりで、余裕ない時は取りに来れる人が嬉しく。

頑張って頑張って頑張って下処理と引取先探しして、翌日足1本持ち帰る猛者も現れたしw
なんとか全部有り難く分けられてほっとしたのに、気持ちはイライラ。
「鹿足4本とか持ち帰るな!!」
とブチ切れてしまったんでした。

パパには悪気がない。
むしろ、私が喜ぶと思ってたからパパもムッ。

4本が無理なら最初に言えばいいのに!

4本なんて未曾有の体験、判断できないわよっ!?

売り言葉に買い言葉になっちゃうと、一方的な言葉になっちゃうから互いへの思いやりが足りなくて、
さらに互いに傷付いて、言った言わないにもつれ込むと冬の乾燥した空気で、ぼーぼーよく燃えました~w
今までもいっぱい喧嘩してきたけれど、今回はなんだかちょっといつもと違う気が。
主張はどこまでも平行線。
ほぼ、男と女の考え方の差では?ってほど互いに噛み合わない。
とはいえ、ここまでになるようなたいした話でもない気もするという。
なんでかよくわからないままにこうなっちゃったので、どう収めたらいいのかもわからない。

互いが冷静になるまで・・・と、初めての家出。

「去年はくうま、
今年はあんたかいっw」
と言われつつ、姉の家に。

まさか、我が家から放り出された息子が東京に向かった去年のXデーと一緒だろうかと日記を見たら、
数日ズレてました。
よかったーw(日にちが一緒だったらちょっと恥ずかしい)

約束あった各方面に「家出した。予定が未定に~」って連絡したら、
案外と皆から「私も何回かしたことある」って返ってきて、驚きましたw

何日か後、
うちでは子供が喧嘩のジャッジをするって、息子にアドバイスをしてくれた夫婦がい、
息子が電話口で伝書鳩のようにお互いの言葉を伝えてくれたので、
感情をのせずに互いのお願いを受け止められて、水に流すことで収束したのでした。


解決したし、気持ちも晴れて、
せっかく東京だし少しゆっくりしてから帰ろうかなと思った矢先、
近所のスーパーから予約してたボラの卵が入ったから今日明日中に取りに来いって電話が入りw

1000円前後に値下がりしたら買うので連絡くださいって頼んでいたボラの卵。
未来のカラスミ6腹と、氷頭なます用に頼んでた鮭の頭3個抱えて帰宅となりました。

そして冷蔵庫に入れようとして・・・あ!入るスペースがないっ←猟期はメビウスの輪のような日々。
(しょうがないから、また夜中まで氷頭を取り出したり、料理できるものはもう火を通したりで回避)



でもね、
50を過ぎたんだからもう、無理やり体力まかせに自力で乗り切るとかやめようと反省しました。
私がイラッとしなければ、家族は平和・・・とか言われると、確かになーと思ったり。
鹿足も「1週間に1本!」が限界ってはっきりわかったので、もうこういう喧嘩もない・・・ことを祈るw



[PR]
by africaj | 2017-12-17 13:24 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(8)

先週末のことですが、秋のボードゲーム・ホームパーティをしました。
毎回、打ち合わせでわくわく。
「今回は何作ろうか~」
「もう季節はちまき?」
「じゃあ中華でいこう♪」
なにしようか、なに作れそう?って肉担当野菜担当って分担していって、
普段作るには時間かかりそうな「大物」にチャレンジしたりで、ゲームの他でもなんだか楽しい♡

実はちまきの話が出てきたのは、私がこの大量の「アンティークな竹皮」を相談してたからw

d0180447_10564059.jpg

スペインに住んでいた時、日本食材を買っていた中華食材屋で売ってた竹皮です。
えー、何年前の竹皮?って感じですよねwしかもすごい大量(むこうはなんでも大量売り)
スペインから持ち帰ってはや10年、買ったのはその前だしぃ・・・もう計算はやめようw
で、まだ使い切れずにこんなに持ってる私(ぽりぽり)
ちまき作る時に巻こうって思って買ったのですが、いざ作ってみると巻き方がわからなくて使えなかったのです(苦笑)
そう思うと、10年前ってまだ検索してもそこまで情報収集できなかったような?
今なら海外でもなんでも調べられそうですね。
友達が包み方知ってるって言ったので、ちまき作る時に教えて~って、今回に繋がったのでした♪

ちまきは、パパが横浜出身だからなのか、
お母さんは、料理は下手だったけどちまきだけは上手だったって言いながら、
スペインでよくちまきを作ってくれたもので、
竹皮代わりのアルミ箔にちまきを詰める作業だけ一緒にやってましたが、パパにお任せだったんです。
なのに今回「オレ仕事あるもん。レシピ渡すから自分で作って」って逃げられちゃって。ちぇ。

d0180447_10302387.jpg

竹皮は30分以上水に漬けるんだよーって言われて、浸水完了した竹皮。
パパのレシピに沿って用意したちまきの材料。
んー、すでに美味しそうです♡

d0180447_10303252.jpg

やっぱりアルミ箔より雰囲気出て良いなあ。ちまき♡
もう包めるから、この冬は年末年始ちまき三昧してみようかな。
作っておけば蒸すだけだから簡単なのに嬉しいし、すごく良いですよね?

d0180447_10303987.jpg

お友達は、「北京チキン」を作ってきてくれました。
もちろん皮も手作り♪

私は、にんにくの芽の豆鼓炒めと、辣白菜、卵とトマトの炒め物&冬瓜の中華スープを。
卵とトマトの炒め物ね、若かりし頃に北京から外モンゴル・ウランバートル行き長距離列車に乗って行った時、
明日から外モンゴルに入るって、内モンゴル(中国圏内)最後の夜に、
「今日が『野菜が食べられる最後の日(明日から遊牧民の肉の国)』だから、有り難く食べるぞー」って、メニュー見たら
それでもこれが唯一の野菜料理だったって、思い出の一品なのです。
ほんと、忘れられないw
しかも、トマトを卵と炒めるなんてその頃まだ知らなくて、美味しくてびっくりしたもんです。

d0180447_10304620.jpg

これは、鳥皮にハチミツ塗って焼き付けるんですって。
甜麺醤に、キュウリとネギ、大根のスライスのっけてぱくり。
きゃーお・い・し~♡

d0180447_10305361.jpg

ちまきも登場♪
「大きな椎茸とたけのこも入れなきゃ」ってパパにはダメ出しくらったけど(刻んでもち米に混ぜちゃった~)
どんなんでも、ちまきは最高に美味しいな♡

d0180447_10310478.jpg

今回は「Ticket to Ride(アメリカ横断列車ゲーム)」をやりましたよー。
カード引きながら、自分に来たミッションの線路をいかに繋いで高得点を狙うかってゲーム。
引き運がかなり左右するんですが、大人数だとけっこう楽しいんです♪

途中で、デザート。
友達は砂糖の代わりに白あんを使って焼いたパウンドケーキを持ってきてくれて、そば茶と。
私はシロップ煮白きくらげの冷やしたのになつめやクコをトッピングしたものを。

d0180447_10311156.jpg

ふう、って一息つくのには良い右脳全開ゲーム「Dixit」。
競い合いと全く違って、何度も飽きずに大人も子供もみんなが楽しめちゃう、よく考えられたゲーム。
しかも一回かかる時間がさくっと短いってのがまたいいし♪
2010年ドイツ年間ゲーム大賞をとってるのですが、詳しくはリンク先をどうぞ♪

そして、宴もたけなわではございますが、

d0180447_10312087.jpg

一昨年、去年とノーベル賞晩餐会で振る舞われた「福寿 純米吟醸」&からすみやりながらの~・・・
本日の本命ゲーム・コントラクトブリッジの変化形カードゲーム「ノートラ」に突入で、もっとたけなわ♪

さらに熱い夕方でありました♡
しかも前回鳴かず飛ばずだった私、大勝利~わーい。
なんかもう、気分は年末年始w


いや~ゲームってほんとに、いいもんですね!


[PR]
by africaj | 2017-11-05 12:00 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(2)

前半は東京、後半は我が家にいますが、今週はたくさん友人と会って色々な思考をもらいました。

ある日は、朝11時待ち合わせでスーパー銭湯に6時間もいたんですよw
「よもぎ蒸し」なるものを初めて体験しました~。
干し草のような香りが心地よくて
お風呂&サウナの後だったので、汗が吹き出て気持ちよかったなあ。
で、デトックス効果で終了後に溜まった汗が濁るとのことでしたが、私、全く透明。
「出にくいのか、身体がきれいなのか、ですね」って言われたの、それ全然診断になってない気が・・(苦笑)
お昼食べて、温泉1時間、よもぎ蒸し体験して、岩盤浴2時間くらいして、お風呂入って、ビール飲んだ日。
久々の友人とは、お風呂で近況報告しあう文字通り「裸の付き合い」が素直になれて好き☆
肉親を見送ったばかりの彼女と話していると、自分と親との関係も考えます。
親子でも幸せな関係と幸せとはいえない関係、皆様々。そしてもう乗り越え始めている年齢。

ある夜ベトナム料理屋で待ち合わせたのは、25年ほど前よく遊んだ会社の同僚、今もとても近い友人と、久々に会った友人と。
定年を意識する年齢までになると、若かりし当時を知る人々の会社人生にだいたい結論が出ているわけで。
仕事しはじめの20代では想像つかなかった「今」、四半世紀を経ると全てがある種の物語のよう。
すでに会社で中核を担う友人達の頼もしさも、嬉しい。
「中年」の時期って、自分の見てきた世界が、ミステリーに例えるとだんだん種明かし始まる後半って感じです。
私、面白い年齢まで来たんだなあ。

遊んでばっかりに見えますがw
障子の張替えとか片付けとか、家仕事もちゃんと頑張りましたよー。

d0180447_00110285.jpg

全長30cmくらいだった観葉植物の「幸福の木」、
これなんて40年でヤシの木みたいになっていて(汗)天井に着いちゃうほど。
売られていた時の直径20㎝しかない鉢のままが可哀想なので、とりあえず植え替えを。
これ、剪定して2つか3つに背を詰めれば良いのですってね。
生育旺盛になる5月~9月に枝を切って、傷口殺菌剤で切り口を保護し、
発根させて木を分けることができるそうなので、来年にチャレンジしてみます☆


戻った関西で、友人とおしゃべりした昨日。
やはり人間50年近く生きると、「子供時代から今」までの色んな情報で推理できるので、
昨日も深く面白かったです。
その中で印象に残ったのが、心理学を学んだ友人の言ったこの言葉。

「人間って、愛情が、例えば器に水が並々と注がれて溢れるくらいになって、初めて同じように他の人に分けてあげられるんだって。
つまり愛情が足りないと、他の人に愛情を分けてあげられないの」

いっぱい身の内に取り込んでようやく外に表現しだす。
才能とか、色んなことがそうよねって言ったら、
「でも、愛情だけは誰かに注がれない限り、自分じゃどうにもならないのよ」と。

切ない言葉でした。。。
親には出来て子供本人にはどうにもならないこと。
子供を育てる時に、知っておきたい大事なことかもしれないですよね。

d0180447_00521557.jpg

東京滞在から昨日までで読み上げた、この本。
ナチス・ドイツもの3冊目。
皆川博子を薦められたので、どの系統の人かも知らずに読み始めた700ページ弱の本。
わけも分からず読んだわりに、流れる文章、一度も興味を途切らせず読み手を引きずっていくwストーリーテラーで、
さらに最後、この本ってミステリーだったのかと気付かされてからは前のめり。夜更かしで読了。
須賀しのぶから始まったナチスドイツもの、彼女がジェットコースターストーリーと言われるのに対して、
皆川博子は興味を常に刺激しながら安定した上向きエスカレーターって感じでしたw
「神の棘」「また、桜の国で」「死の泉」3冊読むと、
二枚舌で巧みに他の国を踏み台に逃げ切り勝ち残るイギリス、資源に富むアメリカの節操のなさ。
持てる国達に暴走するまで追い詰められた資源ないドイツと、日本は似ているとよく言われるけれど、
国際関係で捨て駒に見なされた「武器も資源も持たない」ポーランドの辿った悲惨な歩みも、
日本は排除しきれていないわけで冷や汗。
今週選挙だから余計に考えさせられたかも、です。


p.s.
亀さん、面白かったから続きに進むよー。
次、「海賊女王」ね。



[PR]
by africaj | 2017-10-21 18:26 | 家族との時間・友達との時間 | Comments(4)